でんさいとファクタリングの違いをわかりやすく解説!両者のメリット・デメリットやおすすめな人の特徴

運営事務局
運営事務局
更新日2023/1/23

でんさい ファクタリング 違い

でんさいファクタリングって何が違うの?

でんさいとファクタリングのそれぞれのメリットデメリットがわからない
でんさいファクタリング、どっちを利用するのがおすすめなの?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

でんさいとファクタリングは どちらも債権譲渡のために利用されている仕組み です。

しかし、でんさいとファクタリングには多くの違いがあり使い方を間違えてしまうと損をしてしまう場合も

なので、でんさいとファクタリングの違いをきちんと理解することが大切です。

そこで今回は、でんさいとファクタリングの違いを徹底的に解説します。

この記事を読むことで、 でんさいとファクタリングの違いが理解でき、お得に使い分けられるようになります。

でんさいとファクタリングの違いをざっくり言うと・・・
  • でんさいファクタリングは、仕組み・ネットワーク、保証の観点で違いがある
  • ファクタリングは売掛債権の早期現金化する仕組み
  • でんさいは取引当事者間で債権・債務を管理しやすくする仕組み

ファクタリングとでんさいの違い

でんさい ファクタリング 違い

でんさいファクタリングには以下の観点からみると大きな違いがあります。

ファクタリングとでんさいの違い
  • 仕組み
  • ネットワーク
  • 保証

以下では、それぞれの観点からその違いについて詳しく解説します。

ファクタリングとでんさいの違い① 仕組み

ファクタリングとでんさいは、その仕組みが根本的に異なっているので注意が必要となります。

でんさいは、 債権・債務に関する取引を電子化したもので、債権・債務に関する取引を円滑に行えるようにするための仕組み です。

一方、ファクタリングは、 ファクタリング事業者を通じて、保有する債権を早期に現金化するための仕組み です。

ファクタリングとでんさいの違い② ネットワーク

でんさいは、株式会社全銀電子債権ネットワーク(「でんさいネット」)によって運営されています。

でんさいネットは、全国銀行協会100%出資によって設立されたもので、1,300を超える金融機関が参加しています。

このことからわかるように、 でんさいネットは、広く銀行間の決済システムとして活用されている決済ネットワーク です。

そのため、でんさいを利用すれば、日本全国どこでも同じように決済ができます。

一方、ファクタリングは、ファクタリング事業者を通じた債権の早期現金化の仕組みです。

でんさいネットのような共通のネットワークのようなものはないので、 ファクタリング事業者ごとに様々な契約方法が存在 します。

全銀電子債権ネットワーク
全銀電子決済ネットワーク(でんさいネット)とは、電子記録債権法に基づく電子記録債権記録機関が運営するネットワーク。このネットワークを活用することで、債権・債務に関する取引の効率化が実現されています。

ファクタリングとでんさいの違い③ 保証

でんさいを利用すると、債権を譲渡する企業は取引先から譲渡債権の支払いが行われなかった場合、 原則、取引先に代わってその債務を保証しなければなりません

これは保証債務と呼ばれ、でんさいを利用した場合、この保証債務を原則として債権を譲渡する企業が負う必要があります。

そのため、でんさいでは、貸倒れリスクは移転できません

一方、ファクタリングは、債権をファクタリング事業者に譲渡したあとは、債務を保証する必要はありません。

保証債務はないものの、その分の手数料をファクタリング事業者に支払うことになります。

そのため、ファクタリングは、貸倒れリスクを移転可能です

貸倒れリスク
債権が回収できないリスクのこと。ファクタリングを利用する場合、譲渡された債権が回収できなくなっても譲渡元である企業が保証する必要はありません。一方、でんさいを利用する場合、譲渡元である企業が保証しなければなりません。

ファクタリングとでんさいの共通点はシステムを活用して譲渡できる点

でんさい ファクタリング 違い 共通点

ファクタリングとでんさいは、それぞれ、別のシステムを活用して、債権を譲渡する仕組みという意味で共通しています。

それぞれの仕組みを簡単に定義すると以下のようになります。

  1. ファクタリングとは売掛金を早期に現金化する仕組み
  2. でんさいとは債権・債務を電子化して企業同士の効率的な取引を可能とする仕組み

ここでは、ファクタリングとでんさいのそれぞれの仕組みについて詳しく説明します。

ファクタリングとは?売掛金を早期に現金化するサービス

ファクタリングとは、売掛金のような売掛債権を早期に現金化する仕組みのことを言います。

ファクタリングでは、ファクタリング事業者に取引先から期日までに受け取る予定の債権を早期にファクタリング事業者に譲渡して、期日よりも早く現金を受け取れます。

ただし、 ファクタリング事業者に手数料を支払わなければなりません

ファクタリング事業者ごとに、債権譲渡に至るプロセスは様々です。

でんさい(電子登録債権)とは?手形割引との違い

でんさい(電子登録債権)とは、債権・債務を電子化して企業同士の効率的な取引を可能とするための仕組みのことを言います。

でんさいは、あくまでも企業が保有する債権・債務の決済を効率化するための仕組みです。

たとえば、ある企業が請求書を発行すると、取引先はこの支払に応じなければならない義務を負います。

でんさいを利用すると、この債権・債務が電子化されて、インターネットを通じて現金の受け取り・支払いが可能となります。

でんさいを利用することで、手形割引も可能です。

手形割引を利用すれば、支払い期日が到来していない手形を銀行に持っていくことで、支払い期日よりも前に銀行から資金を調達できます。

でんさいを利用すれば、この手形割引もインターネットを通じて銀行とやり取り可能です。

手形割引は、従来、手形という現物を必要としたため利便性が低かったものの、 でんさいを利用することで、インターネットを通じて利用可能 になっています。

ファクタリングのメリット・デメリット

でんさい_ファクタリング 違い メリット デメリット

ファクタリングのメリットをまとめると以下のように整理できます。

ファクタリングのメリット
・ファクタリング事業者を通じて誰でも利用できる
・償還請求されない
・担保・保証人不要で資金調達できる

一方で、ファクタリングのデメリットをまとめると以下のように整理できます。

ファクタリングのデメリット
・手数料が高い
・取引先に知られるとトラブルになるケースがある
・審査が厳しい

ここからは、ファクタリングのメリットデメリットについて詳しく説明します。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、ファクタリング事業者が利用者の売掛債権を早期に買い取り、その対価として現金を支払います。

そのため、 でんさいネットのような仕組みに加盟していなくとも利用可能 です。

請求書などの売掛債権さえあれば、一定の条件のもとで誰でも利用可能です。

また、取引先が倒産して売掛債権が貸倒債権となった場合でも、 ファクタリング事業者に対して弁済(償還)を行う必要はありません。

ファクタリングでは、ファクタリング契約において売掛債権の償還請求権を設定しないのが一般的です。

さらに、ファクタリングの場合、ファクタリング利用者はファクタリング事業者に対して債権を譲渡する際に担保保証人を立てる必要はありません。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングは、ファクタリング事業者が売掛債権が回収できないリスクを負います。

そのリスク分、利用者はファクタリング事業者に対して手数料を支払わなければなりません。

ファクタリング事業者によって手数料は異なるので、しっかりと事業者ごとの手数料をチェックすべきです。

また、取引先によっては債権譲渡を禁止しているケースもあります。

ファクタリングは債権の早期現金化するための仕組みなので、取引先に資金繰りが苦しいと思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

さらに、ファクタリングの利用には審査があります。

ファクタリング事業者によって審査内容は異なるため審査の準備に手間がかかります。

でんさいのメリット・デメリット

でんさい ファクタリング メリット デメリット

でんさいのメリットは以下のとおりです。

でんさいのメリット
・手数料が安い
・汎用性が高い
・登録があれば手続きが簡単

一方で、でんさいのデメリットをまとめると以下のように整理できます。

でんさいのデメリット
・保証・弁済の責任を負う
・普及率が低い
・融資同様の審査が必要

ここからは、でんさいのメリットデメリットについて詳しく説明します。

でんさいのメリット

でんさいは、手形割引のように、金融機関で割り引きできます。

でんさいは、でんさいネットというネットワークを利用した債権・債務の管理を容易にするための仕組みです。

そのため、利息制限法内で債権の早期現金化ができ、 ファクタリングと比べて手数料は安く済みます

また、でんさいネットは汎用性の高い仕組みで、多くの企業が利用している仕組みです。

でんさいネットに加入していれば誰でも同様の操作を行うことで簡単に債権譲渡を行える という意味で、汎用性も高いというメリットがあります。

ファクタリングとは異なり、決済の際に書類の提出などを求められないので、決済の手続きも簡単です。

でんさいのデメリット

でんさいを利用して銀行に債権を買い取ってもらった場合に、取引先が倒産すれば、その債務を保証しなければなりません。

つまり、弁済(償還)しなければならないのです。

ファクタリングと異なり、 でんさいを利用すると債務の保証と弁済を行う必要があります

でんさいは、債権・債務を持つ企業同士の取引を円滑にするための仕組みです。

でんさいネットを利用しますが、でんさいネットはあまり普及していないのが現状です。

特に、中小企業・個人事業主への普及率はあまり高くありません。

でんさいを利用することで、債権を利用して金融機関などから資金の提供を受けられますが、自社の財務内容などの審査が行われるのが普通です。

したがって、 ファクタリングと比較すると審査は厳しくなります

でんさいとファクタリングはどっちを利用すべき?

でんさい ファクタリング 違い おすすめ

でんさいとファクタリングには、それぞれメリットデメリットがあります。

目的に応じて使い分けることが大切です。

以下は、でんさいとファクタリングの特徴を整理した表です。

でんさい割引 ファクタリング
コスト面(手数料等) 安い 高い
利便性(契約等) 簡単 煩雑
汎用性(導入等) 低い 高い
貸倒リスク(弁済の責任) 自社が負う ファクタリング事業者が負う

でんさいがおすすめな人

でんさいネットにすでに加入している場合、 でんさいを利用した方が手数料を抑えて資金を調達可能 です。

また、追加的な書類の提出等も必要ないので、簡単な手続きだけで債権を現金化できます。

したがって、でんさいは次のような人におすすめです。

でんさいの利用がおすすめな人
  • 手数料を抑えたい人
  • 簡単な手続きで済ませたい人

ファクタリングがおすすめな人

でんさいネットに加入していない場合で、資金を素早く調達したい場合は、ファクタリングを利用するのがおすすめです。

ファクタリングは、ファクタリング事業者に債権を譲渡する契約を結ぶため、 原則として利用者は貸倒れリスク(保証リスク)を負いません

したがって、ファクタリングは次のような人におすすめです。

ファクタリングの利用がおすすめな人
  • とにかく資金を融通したい人
  • 貸倒リスクを負いたくない人

でんさいとファクタリングの違い まとめ

でんさい ファクタリング 違い まとめ
でんさいとファクタリングはどちらも 債権譲渡のために利用できる仕組み です。

でんさいは、でんさいネットと呼ばれるネットワークへの加入者だけが利用できる仕組みです。

したがって、でんさいネットに加入してないと利用することができません。

当然、でんさいネットへの加入にもお金が必要となりますし、債権者・債務者の双方がでんさいネットに加入していなければ利用できません。

一方、ファクタリングは、ファクタリング事業者が提供する売掛債権の早期現金化のための仕組みなので、誰でも利用することができます。

でんさいは、ファクタリングと比べると債権譲渡に伴う手数料は安く済みますが、誰もが利用できるものではないので、利便性に欠けるというデメリットがあるので注意が必要です。

ファクタリングは、ファクタリング事業者を通じて誰でも利用可能なので利便性が高いものの、手数料が高くつき、利用のための手続きも煩雑です。

でんさいとファクタリングのそれぞれの違いを理解して、 目的に合った仕組みを利用することが大切 です。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • w****r様が
    1000万円を調達しました。

  • l***r様が
    500万円を調達しました。

  • k***g様が
    200万円を調達しました。

  • i****u様が
    600万円を調達しました。

  • s****v様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り7社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング