関西3地銀でATM相互利用無料に メガバンクでもATMの共通化や店舗自体の削減・小型化も

山脇 佑介
山脇 佑介

地銀

この写真はイメージです。

【この記事の要約】

☑ 関西みらい銀行・池田泉州銀行・滋賀銀行がATMの相互利用を無料

☑ ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」でも手数料無料に

☑ メガバンクでもATMの共通化や店舗自体の削減、小型化が加速

 

関西を地盤とする株式会社関西みらい銀行(大阪市中央区、菅哲哉代表取締役社長)と株式会社池田泉州銀行(大阪市北区、鵜川淳代表取締役頭取兼CEO)、株式会社滋賀銀行(滋賀県大津市、高橋祥二郎取締役頭取)の地方銀行3行は11月8日、平日昼間の時間帯でATMの利用手数料を相互に無料にすると発表しました。

 

関西みらいフィナンシャルグループの関西みらい銀行(社長 菅 哲哉)は、池田泉州銀行(頭取CEO 鵜川 淳)ならびに滋賀銀行(取締役頭取 高橋 祥二郎)と平日8:45~18:00のATM利用手数料を相互に無料とすることで合意し、2022年1月17日(月)よりサービスを開始いたします。
引用:2021年11月8日|株式会社関西みらい銀行

 

各行のATMを使いやすくすることで、顧客の利便性向上を図ります。

将来的なATM台数の削減による経費カットを見据え、ライバル関係にある3行が手を組んだ形となります。

 

平日昼間の時間帯でATM相互利用を無料に

同様のサービスは池田泉州銀行、滋賀銀行の両行間で2017年12月から導入しており、関西みらい銀行が合流する形となります。

 

2022年1月17日から平日午前8時45分~午後6時の時間帯で、他行のキャッシュカードでの引き出しや振り込みのATM手数料110円を無料にします。それ以外の時間帯は220円が110円になります。

 

関西みらい銀行のATMは現状293カ所・740台あり、今回の提携で3行の顧客が利用できるのは合計897カ所・1889台に広がります。

 

ステーションATM「Patsat」でも利用手数料が無料

関西みらい銀行は今回の提携と同時に、阪急電鉄株式会社(大阪市北区、杉山健博代表取締役社長)と池田泉州銀行グループが共同で設立した株式会社ステーションネットワーク関西(大阪市北区、上戸健司代表取締役社長)とも提携し、同社が運営するステーションATM「Patsat(パッとサッと)」においても、2022年1月17日より平日午前8時45分~午後6時の時間帯でATMの利用手数料を無料にすると発表しました。

株式会社ステーションネットワーク関西(社長 上戸 健司)および株式会社池田泉州銀行(頭取 CEO 鵜川 淳)と、株式会社関西みらい銀行(社長 菅 哲哉)は、ステーションネットワーク関西が運営するステ ーション ATM「Patsat(パッとサッと)」の利用に関して提携し、2022 年 1 月17日(月)よりサービ スを開始いたします。
引用:2021年11月8日|株式会社ステーションネットワーク関西

 

「Patsat」は、2000年9月に阪急梅田駅 3 階に設置されたのを皮切りに、阪急電鉄や阪神電気鉄道、北大阪急行電鉄、南海電気鉄道、泉北高速鉄道、Osaka Metro、神戸市営地下鉄の主要駅の駅構内外やコンビニエンスストア、商業施設など、81駅 108カ所に131台設置されているの駅の ATMの愛称です。

 

池田泉州銀行をはじめ、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、但馬銀行、紀陽銀行、滋賀銀行、イオン銀行、京都信用金庫、大阪シティ信用金庫、JAバンク兵庫の各キャッシュカードでも平日午前8時45分~午後6時の時間帯は手数料無料で利用することができ、今回の関西みらい銀行との提携により、平日日中の手数料無料の金融機関は11金融機関となります。

 

データ参考:株式会社関西みらい銀行「池田泉州銀行ならびに滋賀銀行とのATM無料相互開放について」

 

関西みらい銀行は今回の2つの提携により、大阪府内や滋賀県内でのATMネットワークが飛躍的に拡大します。

 

ATMの共通化だけでなく店舗削減の流れも

ATM削減はメガバンクをはじめ各行で進んでいます。

 

全国銀行協会の調べによりますと、2019年には3大メガバンクと呼ばれている株式会社みずほ銀行株式会社(東京都千代田区、藤原弘治取締役頭取)と三菱UFJ銀行(東京都千代田、三毛兼承取締役頭取執行役員)、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区、髙島誠頭取CEO)、さらには株式会社りそな銀行(大阪市中央区、岩永省一代表取締役社長)、株式会社埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市、福岡聡代表取締役社長)の合計ATM台数・約2万3000台を、異業種参入組の代表格である株式会社セブン銀行(東京都千代田、舟竹泰昭代表取締役社長)のATM台数(約2万5000台)が上回っています。

 

また、同年9月22日には、三菱UFJ銀行と三井住友銀行で店舗外ATMの共同利用を開始しました。

 

2019年9月22日より、三菱UFJ銀行と店舗外ATMの共同利用を開始します。
引用:2019年9月22日|株式会社三井住友銀行

 

さらに、三菱UFJ銀行は2020年には、2023年度末までに店舗数を17年度比で4割減らす計画を発表。

三井住友銀行も2022年度までに店舗の構成を見直し、個人向けの資産運用などの相談業務を中心にした小型店舗を5%から70%までに増やす方針を明らかにしています。

 

このように、メガバンクの間でもATMの共通化や店舗自体の削減、小型化が図られており、今回の関西みらい銀行の提携同様、各行は今後もATMや固定費の大きい店舗の効率化が急務となりそうです。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • p******x様が
    800万円を調達しました。

  • g**t様が
    500万円を調達しました。

  • j***r様が
    1000万円を調達しました。

  • w*****j様が
    700万円を調達しました。

  • y**a様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り3社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング