会社が倒産する15の予兆・チェックリスト!いずれ潰れる会社の特徴や倒産寸前の雰囲気と経営者・社長の対策とは

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

会社 倒産 予兆 アイキャッチ

いずれ倒産する会社の特徴とは?

倒産寸前の会社はどんな雰囲気なんだろう?

会社が倒産する兆候チェックリストがみたい

この記事は上記のように会社が倒産する予兆や兆候を確認したい人向けの内容となっています

会社が倒産する予兆・兆候には15個のポイントがあり、大まかに「人の動き」「社内の動き」「取引先の動き」でもうすぐ潰れる会社かどうかを判断できます。

そこに勤めている従業員の方は潰れる会社を見分けることができるようになるので「会社が倒産しそうだから辞めたい」と決心することができますよ!

また、会社が潰れる時の特徴や実際に会社が潰れるまでの流れ、原因と対策について詳しく解説していきます。

会社の倒産リスクの見抜き方も紹介するので、今後の会社に対する不安がある人は、ぜひ最後までご覧ください!

会社が倒産する予兆をざっくりうと...
  • 人の動きからわかる会社が倒産する予兆は役員や経理の退職、社長が社内にいる頻度が低い、士業の訪問が増える、希望退職制度で退職者の募集を募っているがあげられる
  • 社内の動きからわかる会社が倒産する予兆はコスト削減、設備や機器のメンテナンス放置、固定資産の売却やリース変更、賞与の支払いが減少・なくなる
  • 取引先の動きからわかる会社が倒産する予兆は大口取引先との取引・契約終了、支払い時期を短縮の交渉、仕入れ先から取引や契約を断られる、仕入れ先に支払時期の延長交渉する、経営状態について心配される
  • 会社が倒産する原因は必要な資金がないため
  • 赤字続きでも資金繰りに問題がなく、支払いもできる会社は倒産しない
  • 会社の倒産予兆は財務諸表の損益計算書と貸借対照表で見抜ける
資金繰りの改善はファクタリングがおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

AGビジネスサポート

目次

人の動きからわかる会社が倒産する6つの予兆

会社 倒産 予兆 人の動き
倒産寸前の会社では、以下のように社内の人の動きが少々怪しくなります。

人の動きからわかる会社が倒産する6つの予兆
  • 役員が辞めていく
  • 経理部門の従業員が退職していく
  • 社長が社内にいる頻度が少なくなる
  • 経理責任者が金融機関に行く日が増えていく
  • 税理士や公認会計士の訪問日が増えた
  • 希望退職制度で退職者の募集を募っている

最初に、人の動きからわかる会社が倒産する6つの予兆を紹介します。

会社倒産の予兆① 役員が辞めていく

役員は内部事情について詳しいため、会社の業績が悪いと察した場合に辞めていくケースがあります。

そのため、役員は「会社の経営がうまくいっていない」「会社が倒産しそうだ」と見越した場合、そのまま辞めてしまいます。

会社の経営状態を知っているからこそ、会社にいるメリットを感じられずに辞めてしまうのです。

ただし、会社の倒産など関係なく、独立などを理由に辞める役員も少なくありません。

MEMO
役員が辞めたからといって会社が必ず倒産するとはかぎらないため、理由などなく辞めてしまう際には注意してください。

会社倒産の予兆② 経理部門の従業員が退職していく

会社の内情を把握している経理部門の従業員が退職した際も、注意が必要といえます。

経理部門は会社の預金や利益など、会社のお金を管理する側なので、悪い状態が続いていることもすぐに把握できるのです。

MEMO
もし、経理部門の従業員が次々と退職していく場合は、会社に倒産リスクがあると疑ってみるべきといえます。

会社倒産の予兆③ 社長が社内にいる頻度が少なくなる

会社倒産前は、社長が社内にいる頻度が少なくなります。

会社の経営が悪くなると、社長は金融機関で融資の相談や、取引先へ今後の仕入れ価格や支払い方法についての相談をします。

MEMO
これまで、ほとんど会社にいた社長が社内にいる頻度が減ってしまった場合は、会社に変化が起きている証かもしれません。

会社倒産の予兆④ 経理責任者が金融機関に行く日が増えていく

ほとんど外出しない経理責任者が、金融機関に行く日が増えているのは会社の経営状態が悪化しているためかもしれません。

経理責任者は社内で完結する仕事が多いので、経理責任者が金融機関に行く機会が増えた場合は、融資の相談をしていると考えられます。

また、通常は金融機関の担当者が会社まで来るため、融資の相談をする場合に関しては金融機関まで足を運ばなければなりません。

MEMO
頻繁に経理責任者が外出する場合は、会社が悪い状態だと判断できます。

会社倒産の予兆⑤ 税理士や公認会計士の訪問日が増えた

会社で顧問契約している税理士や公認会計士の訪問が増えた場合も要注意です。

よく士業が会社に出入りしている場合、会社に変化が起きている証でもあります。

税理士や公認会計士が訪問する理由は、金融機関での融資のお願いや支払いの減額交渉、取引先との支払い方法について相談するためです。

相談だけでなく、書類作成などを含めた作業が必要なので、訪問回数が増えているといえます。

MEMO
通常であれば、税理士や公認会計士が会社に来るのは月に1回程度なので、士業の出入りが増えた場合に倒産リスクがあると疑ってください。

会社倒産の予兆⑥ 希望退職制度で退職者の募集を募っている

会社の経営状態が悪化すると、会社側は人件費削減のために希望退職者の募集を募ります。

会社は一方的な決定による解雇や、給料減額は労働契約法上できません。

そのため、会社は穏便に人件費を削減するために希望退職制度を利用し、自主的に退職してもらうように働きかけます。

MEMO
希望退職者の募集を募ってから時間経過している場合は、倒産寸前といえるので、いつ倒産してもおかしくありません。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

社内の動きからわかる会社が倒産する4つの予兆

会社 倒産 予兆 社内の動き
次に社内の動きからわかる会社が倒産する4つの予兆を紹介します。

社内の動きからわかる会社が倒産する4つの予兆
  • コスト削減が厳しくなる
  • 設備や機器のメンテナンスが放置される
  • 固定資産の売却やリース変更
  • 賞与の支払いが減少・なくなる

会社で倒産リスクがある場合、人だけでなく会社全体の動きに変化があります。

社内の動きで怪しいと感じる場面があれば、経営不振かもしれません。

会社倒産の予兆⑦ コスト削減が厳しくなる

以前よりも、会社でコスト削減に対する姿勢が厳しくなった場合は、倒産寸前の可能性も否定できません。

ほとんどの会社が安定した経営のために、コスト削減の取り組みをしていると思います。

しかし、今までコスト削減に厳しくなかった会社が、あまりにも厳しくなった場合は疑ってください。

MEMO
例えば、エアコンの使用が厳しくなる、会社に必要な備品が支給されなくなり、自分で購入するように指示されるなどです。

会社倒産の予兆⑧ 設備や機器のメンテンナンスが放置される

会社にある設備や機器のメンテナンスが必要にもかかわらず放置される場合は、注意が必要です。

会社は設備にかけるお金がないため、そのまま放置しているといえます。

例えば、会社で使用しているコピー機などの機器のメンテナンスが減った、もしくはなくなったなどが挙げられます。

MEMO
メンテナンスにかぎらず、ウォーターサーバーや清掃業者との契約解約など、次々と設備が少なくなっているパターンもあります。

会社倒産の予兆⑨ 固定資産の売却やリース変更

会社が倒産にまで追い込まれている場合、保有していた固定資産の売却をする場合があります。

固定資産を売却してお金に換金するためなので、営業体制にも影響を及ぼす可能性もあります。

または、 営業に影響を及ぼさないために、固定資産をリース会社に売却してリースバックを行う会社もあります。

リースバックとは、固定資産をリース会社に売却後でも、毎月料金を支払うことで使用できる仕組みです。

MEMO
リースバックを利用しただけでは営業体制は変わらないため、リース変更だけで倒産リスクを見抜くのは難しいといえます。

会社倒産の予兆⑩ 賞与の支払いが減少・なくなる

会社から支給されていた賞与の減少・なくなってしまった場合は、倒産リスクは否めません。

会社が従業員の給料を減額するのは、労働契約法上認められていません。

しかし、ボーナスは会社が任意で支払うお金なので、例外を除いてボーナスカットは違法にはなりません。

会社の業績が著しく低下している、会社の業績不振の場合は賞与がいきなりゼロになる可能性があります。

MEMO
賞与の減少や、なくなった場合は会社の状態が悪いのはほぼ間違いないといえます。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

取引先の動きからわかる会社が倒産する5つの予兆

会社 倒産 予兆 取引先の動き
続いて、取引先の動きからわかる会社が倒産する5つの予兆を紹介します。

取引先の動きからわかる会社が倒産する5つの予兆
  • 大口取引先との取引・契約が終了
  • 取引先に支払い時期を短縮する交渉が始まる
  • 仕入れ先から取引や契約を断られる
  • 仕入れ先などに支払時期を延長するよう交渉する
  • 経営状態について心配される

倒産する前は社内だけでなく取引先との関係も変化するため、会社での動きをよく確認しておいてください。

会社倒産の予兆⑪ 大口取引先との取引・契約が終了

多くの中小企業が大口の取引先が主な収入源となっているケースがあるため、取引先との契約が終了した場合に注意が必要です。

もし、大口取引先との取引が終了してしまうと、資金繰りが困難になり、会社が倒産する可能性があります。

もしくは、会社の業績悪化により取引先との契約が終了してしまうパターンも考えられます。

どちらにしても、大口の取引先を失うと人件費はもちろんのこと、固定費の支払いなどが滞り会社を経営するのが難しいです。

MEMO
ただし、取引先からの収入源が分散している場合は、倒産リスクも低くなるので、焦って心配する必要はありません。

会社倒産の予兆⑫ 取引先に支払い時期を短縮する交渉が始まる

取引先に対して、支払い時期を短縮してもらうように交渉している場合、資金繰りが悪化に陥っていることを示しています。

会社が取引先に支払い時期に関する交渉をすると、取引先から不審に思われる上に、会社の評判が落ちてしまいます。

MEMO
このようなリスクを抱えながらも交渉しているため、会社の状態はかなり悪くなっていると思って間違いありません。

会社倒産の予兆⑬ 仕入れ先から取引や契約を断られる

会社の経営状態の悪化とともに、仕入れ先から取引や契約を断られるケースも少なくありません。

通常、仕入れ先からすると会社はお客の立場になるため、仕入れ先から取引を断るのは何かしらの原因があるためです。

その原因とは仕入れ先や会社の状況によって異なるものの、同業他社の間で悪い噂が立っている、もしくは信用情報の問題などが想定されます。

MEMO
取引停止までの影響はなくても、仕入れ先から支払条件を変更されることもあります。

会社倒産の予兆⑭ 仕入れ先などに支払時期を延長するよう交渉する

会社が仕入れ先に、支払時期の延長の交渉をする場合があります。

これまで問題なく支払っていたにもかかわらず、支払時期の延長の交渉をするようになったのは資金繰りが悪化しているためです。

しかし、仕入れ先も支払時期の延長に承諾するとはかぎりません。

MEMO
支払時期の交渉により会社の信用度が落ちてしまい、取引停止や支払条件を厳しくされることがあります。

会社倒産の予兆⑮ 経営状態について心配される

同業他社の間で、自社に関する悪い噂が立っていると、経営状態について心配されることがあります。

取引先が行う審査や信用情報、金融機関といった情報源から、会社に関する悪い情報が広まってしまうのです。

社外の人から経営状態を心配されて「もしかして会社の経営状態が悪い?」と気づくきっかけにもなります。

MEMO
よく経営状態を聞かれる場合は、会社の倒産ついて心配するべきといえます。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

会社が倒産する15の予兆チェックリスト

会社 倒産 予兆 15のチェックリスト
ここまで紹介した「会社が倒産する予兆」をチェックリストにしたので、いくつ当てはまっているのか確認してみてください。

  1. 役員が辞めていく
  2. 経理部門の従業員が退職していく
  3. 社長が社内にいる頻度が少なくなる
  4. 経理責任者が金融機関に行く日が増えていく
  5. 税理士や公認会計士の訪問日が増えた
  6. 希望退職制度で退職者の募集を募っている
  7. コスト削減が厳しくなる
  8. 設備や機器のメンテナンスが放置される
  9. 固定資産の売却やリース変更
  10. 賞与の支払いが減少・なくなる
  11. 大口取引先との取引・契約が終了
  12. 取引先に支払い時期を短縮する交渉が始まる
  13. 仕入れ先から取引や契約を断られる
  14. 仕入れ先などに支払時期を延長するよう交渉する
  15. 経営状態について心配される

上記のチェックリストにいくつか当てはまったからといって、必ず会社が倒産するとはかぎりません。

会社の状況をよく確認の上、これからどうするべきか判断することをおすすめします。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

会社が倒産する主な原因について

会社 倒産 予兆 主な原因について
なぜ会社が倒産してしまうのかというと、会社に必要な資金がないためです。

会社が倒産する原因として、会社が赤字続きと思われがちですが、実はそうではありません。

会社が黒字でも倒産するリスクはあるため、赤字が続いても必ず倒産するとはかぎらないのです。

売上が悪く赤字続きでも資金繰りに問題がなく、しっかりと支払いも済んでいる会社は倒産しません。

ただ、赤字になると会社の資金もなくなるため、人件費や固定費、仕入代金や借入したお金の返済も滞ってしまいます。

このような状態が続くと経営を維持するのが厳しくなり、結果的に倒産に至るのです。

会社側は経営を維持するために、固定資産の売却や人件費削減やコスト削減に取り組み、支払いや返済に充てていきます。

そのため、 会社が倒産する予兆として上記のような行動を起こし、会社が倒産しないように回避しようとするのです。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

財務諸表から会社が倒産する予兆を見抜くことができる?

会社 倒産 予兆 財務諸表で見抜くことができる?
会社の倒産予兆を財務諸表で見抜くことができます。

会社で財務諸表を見る機会がある場合は、これから倒産予兆を見抜くポイントを紹介するので、経営状態が心配な人は確認してみてください。

財務諸表のチェックポイントは「損益計算書」と「貸借対照表」

財務諸表とは
金融商品取引の対象になる企業の決算書のことです。

財務諸表は、会社が決算までの1年間の財政状態をまとめた書類であり、利害関係のある人に知らせる報告書としての役目を担っています。

税務署に法人税の申告をする際は、財務諸表の一部を提出することを義務付けられており、必ず会社でも作成しています。

財務諸表のなかでも財務三表と呼ばれる「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」が重要とされています。

その3つのなかでも、とくにチェックしておきたいのが「貸借対照表」と「損益計算書」です。

それぞれの説明をすると・・・

項目 詳細
貸借対照表 ・資産・負債・純資産の管理を目的とする
・財政状態がわかる
損益計算書 ・一会計機関の収益を費用の管理を目的とする
・経営成績がわかる

貸借対照表は、 会社が保有している財産の状況や固定資産、借入金などの負債の金額を示しています。

総資産に占める純資産の割合を自己資本比率と呼び、 総資産のうちの自己資本の割合が高ければ高いほど倒産リスクが低いといえます。

また損益計算書は、会社が1年間に計上した収益から費用を差し引いた利益や、利益の発生原因を確認するための書類になります。

最終損益がプラスであれば黒字で、最終損益がマイナスであれば赤字となります。

ただし、最終損益がマイナスであっても会社が倒産するわけではありません。

損益計画書で倒産予兆を知るための方法を、次の章で詳しく説明していきます。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

会社が赤字か黒字かを判断するには損益計算書をチェック!

会社 倒産 予兆 赤字か黒字かを判断するには損益計画書をチェック
会社の損益計画書で、 損益状況を確認して赤字なのか、または黒字なのか確認します。

もし、損益計画書で赤字になっている場合は、減価償却費に注目して見ていきます。

減価償却費の額が大きく赤字になっているのであれば、会社のお金は減少していないので心配ありません。

最終的な損失の額と減価償却費を比較して少ないと判断できる場合は、倒産リスクは少ないです。

MEMO
反対に減価償却費よりも、最終的な損失の額の方が大きい場合は、会社のお金が減少しているため注意が必要です。

自己資本低下、債務超過に陥っている会社は倒産のリスクが高い

己資本が低下している自場合は、倒産リスクがあるといえます。

さらに、資産の額よりも負債の額の方が大きく債務超過になると、倒産リスクの可能性が高まってしまいます。

自己資本が減少する原因には株主への配当金の支払いなどがありますが、損益悪化による自己資本の減少のケースが多いです。

また、資産が減少しているということは、会社の現金や預金、お金に換金できる固定資産が減少していることになります。

一方、負債の額は「今後支払わないといけないもの」になるため、将来的に会社のお金も減るということを示します。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

会社倒産の予兆に関するよくある質問

会社 倒産 予兆 よくある質問
会社倒産の予兆に関するよくある質問に答えていきます。

会社倒産の予兆に関するよくある質問
  • Q:いずれ潰れる会社の特徴はありますか?
  • Q:倒産寸前の会社はどんな雰囲気ですか?
  • Q:会社が潰れるまでに転職や貯金をした方が良いですか?
  • Q:会社が倒産しそうで辞めたいです。どうすれば良いですか?
  • Q:会社が潰れそう・倒産しそうな経営者・社長はどう動くべきですか?

「会社が倒産するかも・・・」とお悩みの人は、ぜひ参考にしてください。

Q:いずれ潰れる会社の特徴はありますか?

いずれ潰れる会社の特徴は、以下の通りです。

・優秀な人材がすぐに辞めてしまう
・給与や有給消化に関して問題がある
・ノルマが以前よりも厳しい
・社長の働き方に問題がある
・大口の取引先との契約が解除される

上記に当てはまる会社は職場環境が悪く、優秀な人材が次々と辞めていきます。

また、従業員が「社長の会社の経営方針についていけない」というパターンが多い印象です。

従業員が辞めていくことで、会社を経営するのが難しくなっていき、いずれ潰れてしまうと考えられます。

Q:倒産寸前の会社はどんな雰囲気ですか?

倒産寸前になると、会社の雰囲気が変わるといわれています。

例えば・・・
・以前に比べて社内の雰囲気が暗くなった
・経営者の様子がピリピリしている
・管理職の退職が増えた

などが挙げられますが、こちらは一部にしか過ぎません。

明らかに経営者がイライラして社内の雰囲気が悪くなったときは、業績悪化になっているのかもしれません。

Q:会社が潰れるまでに転職や貯金をした方が良いですか?

会社が潰れる、もしくは倒産しそうな場合は、転職と貯金はしておくべきです。

会社が倒産したら収入源がなくなってしまうので、大きい額の買い物を控えておくのがベストです。

また、新たな就職先を見つけるのも簡単ではないので、転職を検討しておくと心に余裕ができます。

Q:会社が倒産しそうで辞めたいです。どうすれば良いですか?

会社が倒産しそうという理由で辞めたい場合でも、慎重になって動いてください。

会社が倒産しそうでも、グループ企業との合併や、大口顧客との契約により経営状態が改善される可能性もあります。

そのため、「倒産しそうだから」と自己判断で慌てて退職するよりも、一旦落ち着いてから今後のことを考えていってください。

もし転職する際は、転職活動中に「倒産しそうだったから」と退職理由を口外するのは避けるべきです。

自分が勤めていた内部事情を話すのはマナー違反になり印象が悪くなるため、他の退職理由を探してください。

Q:会社が潰れそう・倒産しそうな経営者・社長はどう動くべきですか?

会社が倒産しそうな状況で、どうするべきか悩んでいる経営者・社長は、早めに弁護士に相談してください。

倒産について詳しい弁護士に相談し、なにを残せるのか、倒産にあたって必要なことを相談するのを忘れないことが大切です。

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

会社倒産の予兆 まとめ

会社 倒産 予兆 まとめ

会社倒産の予兆 まとめ
  • 社内の人の動きや雰囲気が変わる
  • 大口の取引先との契約が解除される
  • 仕入れ先から支払条件が変更される
  • 会社が倒産する理由は赤字だけではなく会社にお金がないため
  • 「損益計算書」と「貸借対照表」で倒産リスクを把握できる

会社倒産の予兆に関する解説をしました。

会社が倒産寸前まで業績が悪化すると、 社内全体の雰囲気や空気が変わるため、いち早く気づく人もいるはずです。

とくに、主な収入源となる大口の取引先との契約が解除された場合などは、誰もが倒産する危機を感じます。

しかし 「倒産するかもしれない」と慌てて退職するよりも、冷静になって今後の会社の動きを見てから判断していくべきといえます。

会社倒産の予兆 まとめ
  • 人の動きからわかる会社が倒産する予兆は役員や経理の退職、社長が社内にいる頻度が低い、士業の訪問が増える、希望退職制度で退職者の募集を募っているがあげられる
  • 社内の動きからわかる会社が倒産する予兆はコスト削減、設備や機器のメンテナンス放置、固定資産の売却やリース変更、賞与の支払いが減少・なくなる
  • 取引先の動きからわかる会社が倒産する予兆は大口取引先との取引・契約終了、支払い時期を短縮の交渉、仕入れ先から取引や契約を断られる、仕入れ先に支払時期の延長交渉する、経営状態について心配される
  • 会社が倒産する原因は必要な資金がないため
  • 赤字続きでも資金繰りに問題がなく、支払いもできる会社は倒産しない
  • 会社の倒産予兆は財務諸表の損益計算書と貸借対照表で見抜ける
資金繰りの改善はファクタリングがおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 赤字続きでも相談可能! ▼

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • q**i様が
    200万円を調達しました。

  • s******p様が
    600万円を調達しました。

  • v*****j様が
    500万円を調達しました。

  • l******q様が
    200万円を調達しました。

  • e****n様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング