任意整理のデメリットがやばい?人生終わり?しない方がいい?ブラックにならないケースとしなければよかった人の体験談

千田紗代
千田紗代
更新日2024/1/29
PR

任意整理 デメリット アイキャッチ

任意整理デメリットとは?クレジットカードが作れなくなる?

任意整理すると人生終わり?しない方がいい?

任意整理しなければよかった人の体験談が知りたい

任意整理を検討しているけど、デメリットや人生終わりなどネガティブなワードがネット上では目立つので、「手続きしない方がいいのでは?」と悩む人も多いです。

任意整理とは
債務整理のひとつ。利息カットや返済期間の見直しと支払い負担の軽減など行い、3年~5年で借金完済を目指す手続きのこと。

借金を免除する手続きではなく、借金の返済額を減額する手続きであり、裁判所も関与しないことから短時間で任意整理できるなどのメリット があります。

また、過払い金の返還により残りの元本を減額できたり、遅延損害金の支払いが不必要になったりすることも。

一方で任整理に応じない業者も存在するので誰でも任意整理できるとは限りません。

今回は、任意整理するデメリット・メリットについて詳しく解説していきます。

クレジットカードなどの金融取引や生活に及ぼす影響、家族に知られることもないかどうかなどについてまとめているので、任意整理を検討している人は参考にしてください!

任意整理のデメリットをざっくりいうと...
  • 任意整理のデメリットは信用情報がブラックになことや返済中の高価なモノは回収される可能性、連帯保証人が借金を肩代わりするなど主に3つが挙げられる
  • 任意整理のメリットは借金の返済額が減る・お金のストレスが軽減できる・裁判所が関与しないので、手続きが簡単で時間もかからない・過払い金が戻ってくることもある・家や車を手放す必要がない・職業制限がない・家族に知られることもないなど
  • 任意整理した方がいい人の特徴は継続した収入があり、借金の元本を3年~5年で返済可能・通常の借金の他、連帯保証人付きの借入・車・住宅ローンの借入がある・家族や職場に内緒で借金問題を解決したい・大きい額ではない借金を滞納し、一括請求がきている人
  • 任整理しない方がいい人は利息カットした借金を3年から5年の分割払いで完済ができない・カットできる利息や遅延損害金よりも任意整理にかかる費用の方が大きい・奨学金や住宅ローンなど金利が低い借金・完済から5年以内に、お金を借りることができないと困る・任意整理が2回目の人
  • 借金相談をしてから任意整理を行うまで平均で3ヵ月〜5ヵ月程度かかる
  • 任意整理で後悔した人の体験談には質素な生活をしてれいればそもそも返せた・月々3万の支払いが6万になった・ETCが作れないのが痛い・返済額が大して変わらなかった・おまとめローンでよかったという人もいる

債務整理 診断チャート

はたの法務事務所がおすすめな人
はたの法律事務所 バナー
>>> とにかく安く任意整理したい人におすすめ! <<<

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人
  • はたの法務事務所[債務整理]

目次

任意整理のデメリットは3つ

任意整理 デメリット

任意整理は債務を最小限にできますが、ローンが組めないなどのデメリットがあります。

特に、家族を連帯保証人にした場合、任意整理を行うと家族が賠償責任を負うなど迷惑を掛ける可能性もあります。

任意整理のデメリットはどのような事があるのか詳しく解説します。

任意整理の3つのデメリット
  • 任意整理のデメリット① ブラックリストになる
  • 任意整理のデメリット② 返済中の高価なモノは回収される可能性
  • 任意整理のデメリット③ 連帯保証人が借金を肩代わりすることに

任意整理のデメリット① ブラックリストになる

一つ目のデメリットは、個人信用情報に事故歴がつくブラックリストになります。

ブラックリストになるとクレジットカードの作成や住宅ローンなどを組むことが難しいです。

特に盲点になりやすいのが、携帯電話の割賦払いができなくなり、高い端末代を一括で支払う事態になります。

任意売却を行うと車の買い換えや住宅購入も難しくなるので、将来的に大きな買い物を希望する方は検討することをおすすめします。

任意整理のデメリット② 返済中の高価なモノは回収される可能性

二つ目のデメリットは、自動車や不動産などの資産性がある物品を回収されることもあります。

クレジットカードやショッピングローンを使って物品を購入した場合、購入品の所有権は借入先になります。

しかし、ローン支払中に債務整理をすると、借入先の判断により購入品を回収される事態も考えられます。

特に、趣味で購入したモノは回収される可能性が高いので、任意整理前に 手放すか所有し続けるかを決めておくのが良いです。

任意整理のデメリット③ 連帯保証人が借金を肩代わりすることに

三つ目のデメリットは、連帯保証人をつけた場合、保証人が借金を肩代わりすることになります。

ローンによっては連帯保証人をつける借入は多いですが、任意整理を行うことで連帯保証人に請求が来ます。

連帯保証人が付いた借金を任意整理することで保証人に請求がいき、迷惑を掛けてしまうことになります。

任意整理を検討する際に、 連帯保証人がいる借金は手続きしないなどの配慮が必要です。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理すると人生終わり?最大のメリットは返済負担が軽減される点にある

任意整理 デメリット 人生終わり

任意整理は、 金銭的な信用は失いますが社会的信用は失わないので、人生は終わりではありません。

手続きによっては、家や車を手放さずに借金を軽減できる点や過払い金が戻る事例もあるので、お金のストレスを解消できます。

さらに、自己破産との違いは手続きに時間がかからなければ、制限職種もないので、転職する必要もありません。

むしろ、 借金で生活が困難になっている方の生活再建を支援する解決方法と言えます。

そして、任意整理を行うメリットとしては、下記の状況があります。

任意整理を行うメリット
  • 借金の返済額が減る
  • お金のストレスが軽減できる
  • 裁判所が関与しないので、手続きが簡単で時間もかからないない
  • 過払い金が戻ってくることもある
  • 家と車を手放す必要がない
  • 職業制限がない
  • 家族に知られることもない

特に、車と家を手放す必要がない点と家族に知られることなく手続きができるのは安心材料と言えます。

借金のストレスを抱えているよりも、まずは借金の専門家に任意整理について相談することをおすすめします。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

メリット・デメリットからわかった任意整理した方が良い人の特徴

任意整理 デメリット した方がいい人

任意整理のメリット 任意整理のデメリット
利息や遅延損害金を減額できる 信用情報に事故情報が登録される
毎月の返済額を減額できる クレジットカードが作れなくなる
連帯保証人に請求が来る場合がある 車や家などの資産が回収される場合がある
誰にも知られずに手続きできる 3年から5年の分割払いで完済する必要がある

債務整理の中でも任意整理に向いている人は、 複数借入をしているけど、返済可能な収入があること です。

他にも、4つの特徴を挙げましたので、詳しく解説します。

任意整理に向いている人の特徴
  • 継続した収入があり、借金の元本を3年~5年で返済可能である
  • 複数借入をしているが、連帯保証人付きの借入・車・住宅ローンの借入がある
  • 家族や職場に内緒で借金問題を解決したい
  • 大きい額ではない借金を滞納し、一括請求がきている

継続した収入があり、借金の元本を3年~5年で返済可能である

任意整理は36回〜60回の分割払いで返済するので、安定的な収入がある方が手続きできます。

毎月借金を返済しているけど、 元金が減らないという方が債務整理を行うことで、返済額の減額効果があります。

最大60回の支払いで返済可能であれば、効率良く借金を完済することが可能です。

複数借入をしているが、連帯保証人付き・車・住宅ローンの借入がある

任意整理は、 債務整理したくない借入を外して手続きが出来る ので、連帯保証人が付いている借入や車または家のローンを外すことができます。

家族に迷惑を掛けたくない方、家と車といった生活上必要な物品を手放したくない方にとって最適な債務整理方法です。

家族や職場に内緒で借金問題を解決したい

任意整理は原則、家族や職場に請求が来ることがないので、誰にも知られずに手続きできます。

特に、誰にも知られずに任意整理をしたい方は、 弁護士や司法書士に依頼することが多いです。

郵送物などの書類は、 すべて弁護士や司法書士経由で来ることになっている ので安心して手続きできます。

大きい額ではない借金を滞納し、一括請求がきている

借金を滞納している場合は、金融機関によっては一括請求されますので、任意整理で分割払いの交渉をすることも可能です。

債務整理は、利息だけでなく遅延延滞金も無くすことができるので、 ローンの支払いを滞納してしまった場合にも債務整理できます。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理の無料相談から完済までの流れ

借金の支払いが苦しくなり、任意整理を検討する方は無料の借金相談を活用して手続きを行う方が多いです。

借金相談を経て、 任意整理の申請から債務完済までの流れ は下記の通りになります。

任意整理の無料相談から完済までの流れ
STEP1
弁護士や司法書士に借金相談をする

STEP2
債権者に受任通知の送付を行う

STEP3
上限金利の引き直し計算を行う

STEP4
引き直し計算を元に和解案の提示を行う

STEP5
貸金業者と和解交渉を行う

STEP6
和解内容を確認するための合意書を作成する

STEP7
和解内容に基づいて支払いを開始する

STEP8
完済

借金相談をしてから任意整理を行うまで平均で3ヵ月〜5ヵ月程度の時間を要することが多いです。

そして、任意整理後から和解内容に基づいて支払いを開始し、3年〜5年程度かけて返済していきます。

借金相談から任意整理を行うまでの時間は数ヶ月間ですが、完済までの時間はかなり長いことを覚えておいて下さい。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理を検討している人への注意点

任意整理 デメリット 注意点
任意整理には、注意点があり、任意整理の仕組みについて理解することが大切です。

特に重要なことは、任意整理後も毎月の返済が続くので、安定した収入がないと手続きできない点にあります。

そして、任意整理に応じない貸金業者も実在するので、 借入先が任意整理に応じない事業者なのかも確かめる必要があります。

この章では、任意整理を行う上での注意点について解説します。

任意整理を検討している人への注意点
  • 収入がなければ任意整理手続きができない
  • 任意整理に応じない業者も存在する

収入がなければ任意整理手続きができない

任意整理は手続き後も返済を行う必要があるので、収入がない方は任意整理をすることができません。

任意整理で行えることは、利息や遅延損害金をゼロにできますが、手続き後も毎月の支払いは続きます。

借入先は、債権者に収入があることを確認するので、必ず収入のある状況で任意整理の申請をします。

任意整理に応じない業者も存在する

任意整理は、法的に認められる手続きですが、中には対応しない業者も存在します。

業者(債権者)の理由としては、 債務整理は必ず対応しなければならないという義務がないからです。

このような業者は、一部の貸金業者や貸金業者を廃止し、債権回収のみを事業としているみなし貸金業者が多いです。

この章では、任意整理に応じない見なし貸金業者と貸金業者の表にまとめてました。

任意整理に応じない業者
  • 任意整理に応じないみなし貸金業者一覧
  • 任意整理に応じない貸金業者一覧

任意整理に応じないみなし貸金業者一覧

みなし貸金業者とは、貸金業登録を抹消し、債権回収業務を行っている事業者です。

以前、 貸金業者を行っていたけど、経営上の理由で廃業し、債権回収のみを行っているなど様々な事情があります。

任意整理に応じないみなし貸金業者を一覧でご紹介します。

任意整理に応じないみなし貸金業者
みなし貸金業者 本社所在地
アペンタクル株式会社 栃木県
株式会社ギルド 大阪府
株式会社クレディア 静岡県
株式会社日本保証 東京都
CFJ合同会社 東京都

任意整理に応じない貸金業者一覧

任意整理に応じない貸金業者もあり、特に地域の貸金業者に多い傾向にあります。

過去に任意整理に応じなかった貸金業者を一覧にしていますので、紹介します。

任意整理に応じない貸金業者
貸金業者 本社所在地
フクホー株式会社 大阪府
株式会社しんわ 福岡県
有限会社プラン 大阪府
ライオンズリース株式会社 愛知県
株式会社スペース 大阪府
AZ株式会社 京都府
株式会社アイシンクレジット 青森県
株式会社MEDS CLN(メッズクラン) 北海道
レイクALSA(株式会社新生フィナンシャル) 東京都

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理はやばい?しないほうがいいケースについて

任意整理 デメリット しないほうがいい人

任意整理がやばいと言われる理由は、債務整理を行っても返済額が変わらないケースや逆に支払いが多くなったというケースもあります。

特に、手続きにかかる費用が大きい点や金利が低い借金の場合任意整理に向いていないです。

さらに、任意整理に向かない債務を整理したことによって、デメリットの影響を大きく受けて、損出をする場合も多いです。

ここでは、任意整理をしないほうがよい理由を5点紹介します。

任意整理しないほうがよいケース
  • 利息カットした借金を3年から5年の分割払いで完済ができない
  • カットできる利息や遅延損害金よりも任意整理にかかる費用の方が大きい
  • 奨学金や住宅ローンなど金利が低い借金
  • 完済から5年以内に、お金を借りることができないと困る
  • 任意整理2回目

利息カットした借金を3年から5年の分割払いで完済ができない

任意整理は、利息を軽減した金額を最大で60回払いの分割払いで完済するのが条件となります。

しかし、最大60回で分割払いで支払額が高い場合、完済することが難しくなるので、任意整理はおすすめできません。

最大60回で分割払いで完済できない場合は、個人再生や自己破産といった債務整理も検討する必要があります。

カットできる利息や遅延損害金よりも任意整理にかかる費用の方が大きい

任意整理は基本的に弁護士や司法書士などの手続きの専門家にお任せすると、費用が発生します。

報酬料は、1社につき3万円~10万円+減額報酬(10~20%)程度とかなり高額な費用がかかります。

手続きを専門家に依頼する場合は、相見積もりをとって検討することをおすすめします。

奨学金や住宅ローンなど金利が低い借金

奨学金と住宅ローンは金利を低く設定しており、利息部分が軽減されても元金の比率が多いので、債務整理に向かないです。

債務整理を行っても、毎月の支払額の軽減効果がないので、減額のメリットがありません。

そして、住宅ローンと奨学金は借入先に、 支払額の見直しの相談に応じてくれる可能性 があります。

住宅ローンと奨学金などの金利が低い借金は、 支払額の見直し相談をすることをおすすめします。

完済から5年以内に、お金を借りることができないと困る

任意整理によって債務を完済してから5年以内はブラックリストになり、他の借入が難しくなります。

完済しても5年以内は、車の買い換えや住宅の購入を検討している方>ローンを組むことが難しいので、債務整理はおすすめできないです。

さらに、自分名義で事業資金を借入している方にとっても追加の借入ができなくなります。

大きな買い物を控えている方や事業の拡大を予定している方は手続きを控えるか、おまとめローンの活用を検討することをおすすめします。

任意整理2回目

任意整理は、貸金業者の合意があれば何度もできますが、任意整理をしたことのある貸金業者に二度目の任意整理を行うのは難しいとされています。

貸金業者は、利息によって利益を確保する必要があるので、一度は任意整理を認めた債務者に対して、2回目も任意整理されると厳しく対応します。

本来、貸金業者は申込人の信用を持ってお金を貸していますので何度も利息を軽くしてほしいと言われると信用を失います。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

「任意整理しなければよかった」と後悔した人の体験談

任意整理 デメリット 体験談

任意整理を行ったけど、逆に支払額が多くなった、おまとめローンで良かったという声もあります。

さらに、任意整理を行ったことで生活上、不便を感じている方もいます

この章では、任意整理で後悔した方のポストを集めましたので、参考にすることをおすすめします。

任意整理で後悔した人の体験談
  • 体験談① 質素な生活をしてれいればそもそも返せた
  • 体験談② 月々3万の支払いが6万になった
  • 体験談③ ETCが作れないのが痛い
  • 体験談④ 返済額が大して変わらなかった
  • 体験談⑤ おまとめローンでよかった

体験談① 質素な生活をしてれいればそもそも返せた

任意整理を行った方の体験談に多いのは、自分の家計の見直しができていなく反省の言葉を述べるケースです。

日々の家計の管理をしていなく、むやみに借入をしている方もいますが、 借金をしっかり返済することで任意整理が防げたと考えます。

本来、ローンやクレジットカードは計画的な利用を行うべきですが、無理な借入を行うと債務整理を行う末路になります。

ローンやクレジットカードを使う際は、計画的な利用を心がけることが肝心です。

体験談② 月々3万の支払いが6万になった

https://twitter.com/SATOCHA_tensai/status/1626041045682368517

任意整理は、原則36回〜60回の分割払いで返済をするので、返済期間の長い借入は支払額が多くなる可能性があります。

返済期間の長い借入は利息部分が多く、月々の返済額が少ないですが、任意整理を行うことで期間が短縮され、毎月の返済額が増えます。

借入額が多く、返済期間が長い借金は、返済シミュレーションを行ってから検討することを推奨します。

体験談③ ETCが作れないのが痛い

ETCカードは車に乗っている方には便利なアイテムですが、クレジットカードを契約していないと使えません。

任意整理を行うとクレジットカードが作れないので、当然ETCカードも発行できなくなります。

最近では、 デビットカードに付随したETCカードや、デポジット式のETCカードがあるので、クレジットカードなしでも発行できます

また、レンタカーショップでETCカードを借りるという方法もありますので、クレジットカードに頼らない方法を模索すると良いかもしれません。

体験談④ 返済額が大して変わらなかった

任意整理によって軽減される部分は、利息と遅延損害金になります。

低金利のローンや元金部分が大きい借入の場合、利息部分が少ないので、支払額が変わらないこともあります。

利息部分を削減した場合の返済計画や借金相談を行うなど、情報収集によって債務整理する選択を避けられたかもしれません。

任意整理を検討する際は、メリットとデメリットを理解し手続きを行うことをおすすめします。

体験談⑤ おまとめローンでよかった

おまとめローンとは、複数の借入を借り換えすることでローンを一本化できるローンです。

借入状況によって異なりますが、 複数借入をまとめることで支払額を軽減することができます。

任意整理は<借入のブラックリストに載りますが、おまとめローンは、月々の支払いを遅延しなければブラックリストになりません。 借入を延滞していないことが条件になりますが、おまとめローンという選択肢も借金を軽減する一つの方法になります。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理のデメリットに関するよくある質問

任意整理 デメリット よくある質問
任意整理のデメリットや体験談、不向きの方について解説しましたが、任意整理後の生活について多くの質問が寄せられています。

この章では任意整理のデメリットに関するよくある質問について解説します。

Q:アコムは任意整理に応じないってほんと?

アコムでは借入状況によって任意整理に応じないケースもあります。任意整理に応じない条件は下記の通りです。

  • 安定した収入がない
  • 5年(60回払い)で完済できない

任意整理は安定した収入があることが前提条件なので、収入が不安定な方は応じないこともあります。

さらに、任意整理は最大60回払いで完済できない借入も対応しません。

アコムが任意整理に応じないというよりも、任意整理が難しい方の対応を行わないということを指します。

Q:債務整理したら携帯が買えないってほんと?

結論から言うと、任意整理後は携帯端末の分割購入ができないのは本当です。

携帯端末購入時に割賦払いを利用する際は、個人信用情報を確認しますが、債務整理中の場合は審査に落ちます。

そのため携帯端末の購入は、一括払いで購入することになります。

万が一、不慮の事故で端末が故障した場合、大きな出費をすることになる<ので注意が必要です。

Q:任意整理でブラックにならないケースはありますか?

任意整理を行ってもブラックにならないケースが2つあります。

  1. 利息の差引計算で借金が残らない
  2. 完済した借入先に対しる過払い請求を行う

一つ目は、利息の差引計算で借金が残らないケースです。

利息の差引計算とは、法定と取引金利を超える金利で借入した場合、法定利息を適用することで利息の計算をし直すことです。

計算を行い、払いすぎた利息は元金に充当し、完済されるためブラックリストになりません。

二つ目は、完済した借入先に過払い請求をした場合です。

完済した借入先が法定金利以上に取引し、利息の差引計算によって払いすぎた利息を請求することができます。

過払い金請求を行ったとしても、支払いが停止になることはないので、ブラックリストになりません。

Q:任意整理するデメリットにクレジットカードは影響しますか?

任意整理後は、契約していたクレジットカードは使えなくなります。

さらに、新たにクレジットカードを作ろうとしても審査に落ちてしまい、作ることができません。

近年、ECサイトでのショッピングや公共料金の支払いをクレジットカードで決済する方が多く、生活に欠かせなくなりました。

しかし、クレジットカードが作れない方でも、デビットカードやQRコード決済といった決済方法は任意整理した方でも使えます。

クレジットカードに頼らない決済方法が増えてきていますので、検討するのも良いです。

Q:任意整理は家族に与えるデメリットはなんですか?

任意整理を行う事で、家族に債務の請求が来ることはないので、デメリットはありmせん。

しかし、家族が連帯保証人になっている借入の場合、任意整理を行うと保証人となる家族に請求がきます。

家族に迷惑を掛けたくない場合は、 保証人がついている債務を外して任意整理すること ができます。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

任意整理のデメリット まとめ

任意整理 デメリット まとめ
任意整理を行うことで、ブラックリストに載ること、資産性の高いモノの回収リスクがある、連帯保証人に請求が来るなどデメリットがあります。

しかし、任意整理を行っても社会的信用を失うことがなく、支払いの不安を軽減でき、誰にも知られずに手続きできるなどのメリットもあります。

また、任意整理は債権者を選んで手続きできるので、 家や車のローンがある方や連帯保証人がいる借入がある方におすすめです

しかし、任意整理は誰でもできる訳ではなく、36回〜60回の分割払いで完済するので、安定した収入がある方が条件になります。

そして、任意整理で借金の軽減効果がない方もいるので、借金相談を活用して自分に向いているのかも確かめることも大切です。

任意整理のデメリット まとめ
  • 任意整理のデメリットは信用情報がブラックになことや返済中の高価なモノは回収される可能性、連帯保証人が借金を肩代わりするなど主に3つが挙げられる
  • 任意整理のメリットは借金の返済額が減る・お金のストレスが軽減できる・裁判所が関与しないので、手続きが簡単で時間もかからない・過払い金が戻ってくることもある・家や車を手放す必要がない・職業制限がない・家族に知られることもないなど
  • 任意整理した方がいい人の特徴は継続した収入があり、借金の元本を3年~5年で返済可能・通常の借金の他、連帯保証人付きの借入・車・住宅ローンの借入がある・家族や職場に内緒で借金問題を解決したい・大きい額ではない借金を滞納し、一括請求がきている人
  • 任整理しない方がいい人は利息カットした借金を3年から5年の分割払いで完済ができない・カットできる利息や遅延損害金よりも任意整理にかかる費用の方が大きい・奨学金や住宅ローンなど金利が低い借金・完済から5年以内に、お金を借りることができないと困る・任意整理が2回目の人
  • 借金相談をしてから任意整理を行うまで平均で3ヵ月〜5ヵ月程度かかる
  • 任意整理で後悔した人の体験談には質素な生活をしてれいればそもそも返せた・月々3万の支払いが6万になった・ETCが作れないのが痛い・返済額が大して変わらなかった・おまとめローンでよかったという人もいる

債務整理 診断チャート

はたの法務事務所がおすすめな人
はたの法律事務所 バナー
>>> とにかく安く任意整理したい人におすすめ! <<<

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人
  • はたの法務事務所[債務整理]

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • b****f様が
    500万円を調達しました。

  • m******c様が
    400万円を調達しました。

  • d***d様が
    600万円を調達しました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング