銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?審査基準や審査時間と通らない理由、審査に落ちた時の対策

運営事務局
運営事務局
更新日2024/4/15
PR


銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?

銀行カードローンの審査基準や審査時間が知りたい!

銀行カードローン審査に落ちる理由は?

結論からいうと、銀行カードローンの審査は厳しいです。

銀行カードローンの特徴として、低金利でお金を借りることができるため、審査基準が大手消費者金融カードローンに比べて高くなっています。

また、 審査時間も数日かかるケースが多く、即日融資できないため、至急お金が必要という方は消費者金融カードローンがおすすめ です。

今回は銀行カードローンの審査基準や通らない理由について詳しく解説していきます。

記事では、銀行カードローンに審査落ちした際の対策などもまとめているので銀行カードローンを検討している人はぜひ参考にしてください!

▼ 審査が不安な人におすすめカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

目次

銀行カードローンの審査基準は非公開!チェックされるポイントとは

銀行カードローン 審査 審査基準
銀行カードローンの審査基準は非公開ですが、 申込者が安定して返済できるかを重視して審査が行われます。

審査時にチェックされるポイントを、事前におさえておくことで審査通過率があがります。

チェックされるポイント
  • 安定した収入があるか
  • クレジットカードやローンの履歴(信用情報)
  • 家族構成や勤続年数などの属性
  • 他社借入状況
  • 他社申し込み状況

審査基準① 安定した収入があるか

安定した収入があるかどうかは、 返済の継続に直接関係してくることなので、非常に重要 です。

そのため、安定した収入がある正社員と比較して、個人事業主の方は「収入に不安がある」とみなされ審査が不利になると考えられます。

また、専業主婦の方も申込可能な銀行カードローンもありますが、その場合は同一世帯に安定した収入があるか確認されます。

申込可能な対象者は銀行カードローンによって異なりますが、いずれも安定した収入があることが重要です。

MEMO
個人事業主の方は、安定した収入源を確保し収入の安定性を示すことが重要。

審査基準② クレジットカードやローンの履歴(信用情報)

クレジットカードやローンの履歴が確認できる 「信用情報」は、審査時に必ず確認されます。

信用情報では、クレジットカードやローンの借入状況・借入金額・契約状況・返済状況などが記載されており、返済の遅延や滞納記録が残っていると審査通過しにくくなります。

MEMO
一般的に延滞履歴は、完済してから5年間情報が保存される。

審査時には、必ずクレジットカードやローンの履歴が確認されるため、信用情報に延滞履歴などがある人は一定期間経過してから申し込みしてください。

審査基準③ 家族構成や勤続年数などの属性

家族構成や勤続年数などの、 申込者に関する属性は細かく確認されます。

銀行カードローンで重視される代表的な属性
  • 年齢
  • 勤務先や雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 毎月の家賃・住宅ローン
  • その他の借入状況

確認される属性は各銀行によって異なりますが、主に上記の属性が申し込み時に申告が必要となります。

申込者に関する属性は、銀行カードローンの審査時において、継続した返済能力があるか判断するための重要な詳細情報です。

審査基準④ 他社借入状況

年収に対して他社借入額が多くないか、信用情報にて確認されます。

銀行など、賃金業者に該当しない金融機関での借入は総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の借入も可能です。

しかし、返済能力を超えない融資を行うための目安として、各銀行で独自の内部基準や自主規制が定められています。

そのため、他社借入額が多いと希望額よりも低くなったり、審査落ちする可能性が高くなります。

MEMO
賃金業者に該当しない金融機関は、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫などがある。

審査基準⑤ 他社申し込み状況

他社の銀行や消費者金融への申し込み状況は、審査時に確認される項目です。

申し込みを行うと、「申し込み履歴」が信用情報に6ヶ月間記録されます。

そのため、複数のカードローンに申し込みを行った場合、審査時に「多数の申込み履歴があり、相当お金に困っている」と判断され、審査通過率が下がることに繋がります。

複数のカードローンに申し込みを行うことは可能であり、「何社まで問題がない」といった明確な基準はありませんが、審査落ちの原因となるため1社に絞り込むことをおすすめします。

銀行カードローンの審査は厳しい!厳格化による変化

銀行カードローン 審査 厳格化
銀行カードローンの審査は、2018年の厳格化により下記のような変化がありました。

厳格化による変化
  • 警視庁のデータベースへ照会
  • 50万円以上の借入には収入証明書の提出が必須に
  • 銀行独自で審査体制構築

これらの厳格化は、申込者にとって非常に重要な内容となっています。

以下の各章でそれぞれ解説するので、銀行カードローンの審査を検討している人はぜひ参考にしてください。

警視庁のデータベースへ照会

銀行カードローンの厳格化により、2018年1月から 審査時に「警視庁のデータベースへ照会」を行うことが必要 となりました。

警視庁のデータベースへ照会により、「申込者が暴力団関係者ではないかどうか」について確認ができ、結果的に暴力団組織への資金流入を防ぐことへと繋がります。

流れとしては、融資の申し込みを受けた際の氏名や生年月日などをもとに、本店の端末からオンラインでデータベースの照会を行います。

照会により暴力団関係者に該当した場合は、同姓同名の可能性などもあるため、改めて各都道府県警察に個別照会して情報を確定させます。
引用:暴力団情報銀行に提供 新規個人融資を拒否 警察庁|日本経済新聞

しかし、警視庁のデータベースへ照会の回答に時間がかかるため、銀行カードローンは即日融資に対応できないという弊害が発生してしまいます。

MEMO
警視庁のデータベースへ照会が行われるまでは、銀行側が独自にデータベースを作成したり、不審な場合に都道府県警察に個別に相談していた。

50万円以上の借入には収入証明書の提出が必須に

収入証明書の提出を求める基準を厳格化することにより、 50万円以上の借入には収入証明書の提出が必須 となりました。

収入証明書の提出が行われると、銀行側は収入状況や返済能力をより正確に把握することができ、結果的に過剰融資により返済不能へと陥ることを防ぐことへと繋がります。

しかし、年収に対して高額の借入を希望する人にとっては、審査通過しにくくなるとデメリットを感じてしまうと考えられます。

50万円以上の借入には収入証明書の提出が必要になることは、申込者が返済不能に陥らず安心して借入ができることに繋がる審査の厳格化です。

MEMO
審査が厳格化される以前は、「300万円以上の借入を希望する人のみ収入証明書の提出」「収入証明書不要」といった銀行が多く見受けられた。

銀行独自で審査体制構築

近年では、独自で審査体制を構築している銀行があります。

従来の銀行カードローンでは、保証業務の委託を受けている保証会社が審査をしており、そこで審査通過すれば融資が受けられました。

しかし、「保証会社だけでなく、銀行独自で審査の体制を構築すべき」といった意見から、独自の審査を追加する銀行が増えました。

審査の厳格化により、独自の審査を設けている銀行カードローンでは、「保証会社の審査」に加えて「銀行独自の審査」いずれも両方を審査通過する必要があります。

そのため、銀行独自で審査体制構築をしている銀行カードローンの審査は、従来と比較して審査基準が厳しくなる傾向があります。

MEMO
審査が厳しすぎると、銀行も保証会社も貸付がなかなかできなくなるため、極端に審査が厳しくなる変化が起こる可能性は低い。

銀行カードローンの審査に通らない理由は信用情報にある

銀行カードローン 審査 信用情報
信用情報に問題がある場合、銀行カードローンの審査を通過することができません。

信用情報とは
信用情報機関が管理している、借入の申し込みや契約などに関する情報のこと。

以下の各章では、審査に通らない理由は信用情報にあることについてそれぞれ詳しく解説します。

「なぜか審査に落ちた」「過去に延滞した気がする…」といった疑問や不安をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

審査に通らない理由
  • 他社借入の返済やクレジットカードの延滞
  • 多重申し込みしている
  • 債務整理した履歴がある
  • 年収など虚偽情報で申込・申告した
  • 安定した収入がない

審査に通らない理由① 他社借入の返済やクレジットカードの延滞

過去に他社借入の返済やクレジットカードの延滞した情報が、信用情報に登録されていると審査通過できません。

一般的に、返済が2〜3ヶ月以上継続して遅れた場合は、信用情報に事故情報が登録されます。

延滞遅延の事故情報は、長い場合だと契約終了後(完済後など)から5年経過しないと削除されません。

過去に他社借入の返済やクレジットカードの延滞をした方は、完済から一定期間経過するまでは審査落ちの原因となるため、その間の申し込みは控えた方がいいです。

審査に通らない理由② 多重申し込みしている

短期間に多重申し込みをすると、信用情報に多数の申し込み履歴が登録され、信用情報がマイナスに働いてしまいます。

明確な基準があるわけではありませんが、一般的には「1日に数件立て続け」「1〜3ヶ月に3社以上」といった申し込みは、多重申し込みと判断されると考えられています。

「審査落ちが心配」などといった不安から多重申し込みをするケースが多いですが、結果的に審査を非常に不利にすることへと繋がるので、1社にしぼることをおすすめします。

審査に通らない理由③ 債務整理した履歴がある

自己破産などの債務整理をすると、信用情報のブラックリストに登録されます。

ブラックリストに登録される期間は、信用情報機関や契約・借入の時期によって異なりますが、完済してから5〜10年の一定期間が経過すると債務整理した情報は削除されます。

信用情報に債務整理した履歴があると審査通過できないため、該当する人は一定期間経過してから銀行カードローンの申し込みをしてください。

MEMO
完済後の過払い金返還請求の場合は、事故情報に登録されない。

審査に通らない理由④ 年収など虚偽情報で申込・申告した

年収など虚偽情報で申込・申告したことが発覚した場合、契約前なら審査落ち、契約後だと利用停止や契約解除になる可能性が高いです。

年収は収入証明書、他社借入情報は信用情報機関、勤務先は在籍確認などで確認されるため、申込時は正しい情報を申告してください。

虚偽情報での申込・申告は審査落ちの原因となるので、審査が不安な方は銀行カードローンよりも比較的審査に通過しやすい消費者金融カードローンの利用を検討してください。

審査に通らない理由⑤ 安定した収入がない

銀行カードローンは返済能力の有無が重要なので、安定した収入がないことは審査落ちの原因となります。

審査では、年収・雇用形態・勤続年数などの一定基準から、収入が途切れるリスクがないか判断されます。

そのため、年収が高くても個人事業主や非正規雇用の場合は、「返済能力が低い」と判断されてしまい審査が不利になります。

安定した収入がないと審査落ちする原因になったり、少額融資の場合でも直近2ヶ月分程度の収入証明書の提出が求められるなど、審査が厳しくなる傾向があります。

銀行カードローンの審査に落ちた時の対策

銀行カードローン 審査 対策
銀行カードローンの審査に落ちた時の対策を5つ解説します。

審査に落ちた方は、「とりあえずお金が必要だから」という理由で新たに申し込みをする前に、以下で紹介する対策を確認しておくことで、審査通過率を上げることができます。

他社借入は減らすか完済する

他社借入を減らすか完済してから再度申し込みをする ことで、審査落ちを繰り返さないことへと繋がります。

審査落ちの原因として、年収に対して借入総額が多いことが挙げられます。

そのため、できる限り他社借入を減らすか完済をしてから、再度申し込むことをおすすめします。

どうしてもお金が必要という状況ではない方は、まずは返済を進めるか完済をしてから再度申し込むことで、審査通過率をあげることが可能です。

MEMO
複数社から借入をしている人は、他社借入を1本化する「おまとめローン」の利用がおすすめ。

借入希望金額は必要最低限にして申し込みする

借入希望金額が多いほど審査が厳しくなるので、 必要最低限にして申し込み をしてください。

「借入希望額が少ないと困る」という方は、多額の借入希望金額で申し込み、審査落ちを繰り返すよりも、 審査通過してから増額申請で利用限度額を増やす ことが賢明です。

銀行カードローンの審査に落ちた時は、まずは借入希望金額を必要最低限にしておき、審査通過を優先することで審査落ちを繰り返すことへの対策がとれます。

MEMO
契約後の増額審査は利用状況も重要視されるため、しっかりと返済を継続することは増額審査がより有利に働く。

信用情報の開示請求をする

過去に延滞や滞納をした方は、 信用情報の開示請求をして情報を確認 することで審査通過の対策がとれます。

「過去に延滞や滞納をしたことが原因で、審査落ちしたのかもしれない」という方は、個人信用情報機関に問い合わせを行い、開示請求することで自身の情報を確認できます。

「過去に信用情報に問題があり完済した方は一定期間が経過するのを待つ」「現在進行形で信用情報に問題がある方は改善を行う」といった対策をとることが審査通過にとって非常に重要です。

信用情報に問題がある状態では審査通過ができないので、開示請求を行い、原因を理解したうえで対策を行ってください。

大手消費者金融に申し込みする

銀行カードローンの審査落ちした方は、 比較的審査通過しやすい大手消費者金融に申し込む ことをおすすめします。

いずれのカードローンも、審査基準は非公開であり、審査が甘いカードローンはありません。

しかし、大手消費者金融の新規成約率は40%前後と高い結果が出ているため、借入のハードルが低めであると考えられます。

引用:アイフル月次推移|アイフル公式
引用:アコム月次推移|アコム公式

「審査落ちしたけどカードローンの利用がしたい…」という方は、大手消費者金融への申し込みを検討してみてください。

MEMO
無利息期間を用意している大手消費者金融を活用することで、銀行カードローンよりも金利をおさえることが可能。

半年以上期間を空けて、再申し込みする

審査落ちしてから半年以上期間を空けてから再申し込みをする ことで、審査に通過する可能性があがります。

同じ金融機関で期間を空けずに再申し込みをしても、審査には通りません。

カードローン会社によっては、下記のように半年以内の再申し込みを推奨しない文面を記載しているケースもあります。

過去6ヶ月以内にお申込をされたお客さまのお申込はご遠慮いただいております。
過去6ヶ月以上前にお申込いただいた方については、再度お申込いただけますが、審査の結果によってはご融資できない場合もございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

引用:時間や在籍確認などについて|楽天銀行

審査落ちした場合は、半年以上期間を空けてから再申し込みをしてください。

その間に、審査落ちした原因として考えられる内容を、できる限り改善しておくことをおすすめします。

銀行カードローンの申し込みから審査までの流れ

銀行カードローン 審査 流れ
銀行カードローンの申し込みから審査は、以下のような流れで進んでいきます。

STEP1
カードローンの申し込み

インターネットやインターネット以外(電話や契約機)から申し込みをします。

銀行によって申し込み方法が異なるため、あらかじめ確認しておいてください。

WEBの場合は申し込みフォームの必要事項に入力し送信、郵送の場合は書類に記入し郵送することで申し込みが完了します。

STEP2
本人確認書類の提出

本人確認書類を郵送やWEBの書類提出サービスで提出します。

必要に応じて収入証明書を提出する必要があるため、事前に確認し必要であれば用意しておくことで、よりスムーズに手続きが完了します。

STEP3
審査の実施

申し込み情報・提出書類の確認と信用情報の照会が行われ、返済能力に問題がないか、いくらまで融資が可能か審査で判断します。

加えて、警察庁のデータベースへ照会をして、申込者が暴力団関係者との関与がないか調査が行われます。

審査の結果は、申し込み時に申告したメールアドレスもしくは電話で伝えられます。

STEP4
在籍確認の実施

銀行カードローンは、基本的に勤務先への電話で在籍確認が実施されます。

在籍確認では、申込者が申告した勤務先で働いているか確認する重要な項目であり、確認が取れないと審査が完了できません。

そのため、繋がらない場合や確認がとれない場合は、審査完了が遅れたり審査落ちすることへと繋がるので、必ず繋がる電話番号を申告をしてください。

在籍確認により申込者の就労が確認できれば、審査が完了します。

銀行カードローンの審査時間は2日~10日程度が一般的

銀行カードローン 審査 審査時間
銀行カードローンの審査時間は、一般的に2日〜10日程かかります。

審査が遅いことは審査落ちとは直結しませんが、一体なぜ2日〜10日という審査時間の差があるのか、以下の各章で詳しく解説するのでぜひ参考にしてください。

MEMO
銀行カードローンは、警視庁のデータベースへ照会する必要があるため、即日融資に対応していない。

即日融資希望の方は、消費者金融の利用がおすすめ。

銀行カードローンで審査時間が早い人と遅い人の違い

銀行カードローンで審査時間が早い人と遅い人の違いは、 申し込み情報内容や口座の有無 が関係しています。

審査時間が早い人の特徴
  • 年収が高い
  • 正社員や公務員
  • 勤続年数が長い
  • 他社での借入がない
  • 返済トラブルがない
  • 提出書類や申し込み情報に不備がない
  • もともと口座開設がしてある
審査時間が遅い人の特徴
  • 個人事業主や非正規雇用者
  • 他社での借入がある
  • 過去にローンなどの返済の滞納・延滞をしたことがある
  • 提出書類や申し込み情報に不備がある
  • 口座開設が必要
  • 郵送で申し込みをした

上記のように、申告した情報の内容によっては審査に時間がかかる可能性があります。

理由として、返済能力の有無が大きく影響しているためです。

また、申し込み条件で口座開設が必須の場合、口座を持っていない人は新規口座開設する手続きが生じます。

そのため、 返済能力が高いと判断されたり、もともと申込先の銀行口座を持っている人は、審査時間が早くなる 傾向にあります。

「審査時間が長い=審査落ち」ではないが、落ちることもある

審査時間が長い場合でも、審査落ちするとは限りません。

審査時間が長くても、無事に審査通過した申込者も多数いるので安心して審査結果を待ってください。

ただし、虚偽申告・安定した収入がない・複数社から借入をしているといった場合は、長い審査時間を経て審査落ちする場合もあります。

銀行カードローンでは、保証会社の審査に加えて銀行独自で審査体制を構築している場合があり、より慎重な審査が行われております。

そのため、銀行カードローンの審査には時間がかかる場合があり、審査時間が長いことが審査落ちに繋がることはないと考えられます。

即日融資でお金を借りたい人は大手消費者金融カードローンがおすすめ!

銀行カードローン 審査 大手消費者金融

銀行カードローンは、即日融資に対応していないため、 即日融資でお金を借りたい人は上記の大手消費者金融カードローンがおすすめ です。

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット アコム レイク
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし 最大30日
(初回契約)
30日・60日・180日※5
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分 最短20分※1 最短25分
利用限度額※2 1万円~800万円 1万円~500万円 1万円~800万円※3 1万円~800万円※2 1万円~500万円
Web完結 可能 可能 可能 可能 可能
専用アプリ あり あり あり あり あり
自宅郵送物 なし なし なし なし なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし 原則、電話による在籍確認なし 原則、電話による在籍確認なし 原則、在籍確認なし※4 原則、電話による在籍確認なし
イメージ プロミス
アコム ロゴ
レイク ロゴ

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
※4:原則、電話での確認はせずに書面や申告内容での確認を実施。
※5:申込方法や契約金額で異なります。

各大手消費者金融カードローンについて、それぞれ詳しく特徴の解説をするので「できるだけはやくお金を借りたい」という方はぜひ参考にしてください。

アイフル


アイフルの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間(初回契約)
融資スピード※1 最短18分
利用限度額※2 1万円~800万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

アイフルがおすすめな人の特徴
  • 契約後すぐに借り入れる
  • 融資までのスピード感を重視
  • 周囲の人に知られるリスクを下げたい

アイフルは、最短18分で審査が完了・最大30日間無利息で融資が受けられる カードローンであり、スピード感も低コストも重視したい人におすすめです。

無利息が適用される期間は、契約日の翌日から30日間となっているため、「契約してすぐにお金を借りたい」という人に向いています。

また、本人確認方法を「スマホでかんたん本人確認」もしくは「銀行口座で本人確認」で行うと、郵送物を一切なしにすることも可能。

さらに、カードレスの選択やアプリのアイコン変更もできるため、周囲の人に知られるリスクを軽減できます。

アイフルは、融資までのスピード感もあり、すべての取引がスマホひとつで行える利便性の高いカードローンです。

MEMO
スマホアプリがあれば、原則24時間365日、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで取引が可能。

SMBCモビット


SMBCモビットの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 なし
融資スピード※1 最短30分
利用限度額※2 1万円~800万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。


SMBCモビットがおすすめな人の特徴
  • Tポイントをお得に貯めたい
  • 借入をLINE Payに直接チャージしたい
  • 安心感を持って利用したい

SMBCモビットは、メガバンクである三井住友銀行系列の消費者金融 なので、はじめて消費者金融カードローンを利用する人もより安心感を持って利用できます。

申し込みから最短30分で審査が完了・即日融資が可能であり、契約完了後最短3分で指定口座への振込が行われます。

指定口座への振込以外にも、手数料無料でLINE Payへ直接チャージできるため、手間なくキャッシュレス決済の利用も可能。

また、Tポイントが返済額の利息分200円につき1ポイント付与・返済にも利用可能なため、「お得にカードローンを利用したい」という人にもおすすめです。

注意点として、無利息期間がないので、できるだけ利息をおさえて借入したい人は他の消費者金融を検討してください。

SMBCモビットは、最短30分で審査が完了し、LINE Payに直接チャージ・Tポイントが貯まることが特徴のカードローンです。

プロミス

プロミス 公式サイト

プロミスの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間(初回契約)
融資スピード※1 最短3分
利用限度額※2 1万円~500万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要


プロミスがおすすめな人の特徴
  • コストをおさえてお金を借りたい
  • Vポイントをお得に貯めたい
  • 融資までのスピード感を重視

プロミスは、上限金利が17.8%であり、他社の消費者金融よりも低めに設定されている ため、少額融資希望の方はコストをおさえて借入ができます。

また、無利息期間が「初回借入の翌日から30日間」のため、契約後すぐに借りる予定がない人も無駄なく無利息期間の活用が可能。

さらに、サービスの利用でVポイントが付与されるため、「できるだけお得にお金を借りたい」という人にとてもおすすめです。

Vポイントの貯め方 ポイント数
プロミスとはじめてのご契約 500ポイント(契約手続き完了日から60日以内にVポイントへの申し込みが必要)
Vポイントへのお申込 500ポイント
プロミス公式アプリでの会員サービスへのログイン 月1回10ポイント
毎月のご返済 利息200円ごとに1ポイント(遅延利息は対象外)

引用:新ポイントサービス|プロミス公式サイト

プロミスは、最短3分で融資が可能かつ、無利息期間・Vポイントの付与・上限金利が低いなど、利点が多いカードローンです。

銀行カードローンの審査に関するよくある質問

銀行カードローン 審査 よくある質問
銀行カードローンの審査に関するよくある質問について、7つご紹介します。

よくある質問を確認することで、審査通過率をあげることにも繋がるためぜひ参考にしてください。

Q:銀行カードローンで審査が甘いランキングはありますか?

いずれのカードローンも審査基準は非公開ですが、審査が甘いカードローンはありません。

審査が不安な人は、 銀行カードローンよりも比較的審査通過しやすい消費者金融カードローンの利用がおすすめ です。

新規成約率は40%前後など、高い結果が出ている大手消費者金融もあるため、審査が甘いということではありませんが借入のハードルが低めであると考えられます。

審査が甘い銀行カードローンはないので、審査が不安な人は大手消費者金融の利用を検討してみてください。

Q:審査に通りやすい銀行カードローンの特徴は?

審査に通りやすい銀行カードローンの特徴は、主に下記の3つ です。

審査に通りやすい銀行カードローンの特徴
  • 金利が他社よりも比較的高め
  • 保証会社が消費者金融会社
  • 保証会社が2社以上ある

保証会社が消費者金融会社だと、金利が他社よりも高めに設定されるケースが多いですが、その分審査通過率が高い傾向にあります。

また、保証会社が1社ではなく2社以上など複数ある場合、審査を受けるチャンスが多いため、審査通過の可能性もあがります。

審査に通りやすい銀行カードローンを利用したい人は、上記の審査に通りやすい特徴3つを確認して、該当する銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

Q:ネット銀行カードローンの審査は甘いってほんとですか?

ネット銀行カードローンも、他のカードローン同様に審査が甘いものはありません。

ネット銀行は、消費者金融と同じ「賃金業法」という法律によって定められています。

そのため、賃金業法の総量規制により、年収の3分の1を超える貸付をすると賃金業法違反になります。

ネット銀行カードローン含めどのカードローンでも、甘い審査は存在せず、申込者の返済能力を超えないよう慎重に審査が行われます。

MEMO
銀行カードローンは、「銀行法」であり、総量規制についての明記はないが、基準として年収の3分の1以内の貸付をしている場合が多い。

Q:住宅ローン審査が通らない驚きの理由とは?

住宅ローン審査が通らない理由は、主に以下の内容です。

住宅ローン審査が通らない理由
  • 返済能力が低い
  • 健康状態に問題がある
  • 購入物件の資産価値が著しく低い
  • 借入時の年齢が高い

住宅ローンの審査では、完済時の年齢や担保評価、健康状態などさまざまな項目で審査が行われるため、審査落ちする理由もさまざまです。

金融機関により、「団体信用生命保険の加入が必須」など融資条件があるため、住宅ローンの検討をしている方は融資担当者に審査通過のためのアドバイスをもらうことをおすすめします。

Q:銀行カードローンの審査は土日でも行われますか?

銀行カードローンの審査は、営業時間内しか対応していない銀行が多く、その場合土日は審査が行われていません。

そのため、できるだけはやくお金を借りたい場合は、審査対応時間内に申し込みを行う、もしくは土日の審査対応可能な消費者金融カードローンの利用を検討してください。

銀行カードローンは土日祝日の審査を行っておらず、翌営業日以降の対応となる場合が多いため、事前に審査日について確認してから申し込むことをおすすめします。

Q:審査が早い銀行カードローンはありますか?

審査が早い銀行カードローンは、以下の5つです。

審査が早い銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン:最短当日
  • 三井住友銀行カードローン:最短翌営業日以降
  • みずほ銀行カードローン:最短翌営業日以降
  • オリックス銀行カードローン:最短3営業日以降
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」:最短翌営業日以降

上記の銀行カードローンの審査時間は、いずれも比較的はやい傾向にあるため、できるだけはやく銀行カードローンの審査結果を知りたい人におすすめです。

銀行カードローンは、消費者金融と異なり即日融資には対応していませんが、審査結果は最短当日にわかる銀行もあります。

Q:じぶん銀行カードローンは土日も審査を実施していますか?

じぶん銀行カードローンは、土日の審査も実施しています。

平日は9:00〜20:00、土日祝日は9:00〜17:00の間に申し込みを完了すると、最短1時間で仮審査結果がメールで届きます。

なお、じぶん銀行カードローンの仮審査は土日も実施していますが、申込の時間帯や混雑状況によっては翌営業日以降になるため、時間に余裕を持って申し込むことをおすすめします。

MEMO
じぶん銀行カードローンのドメインは、「@jibunbank.co.jp」なので、受信制限をしている場合は受信できるよう設定しておいてください。

銀行カードローンの審査 まとめ

銀行カードローン 審査 まとめ
審査が甘い銀行カードローンは存在せず、比較的審査が厳しい傾向にあります。

銀行カードローンの審査基準は非公開ですが、審査時にチェックされるポイントをおさえておくと、審査通過率をあげることにも繋がります。

銀行カードローンの審査時にチェックされるポイント
  • 安定した収入があるか
  • クレジットカードやローンの履歴(信用情報)
  • 家族構成や勤続年数などの属性
  • 他社借入状況
  • 他社申し込み状況

また、他社借入の延滞やクレジットカードの延滞があったり、債務整理した履歴があると審査落ちするので、該当する人は期間を空けてから申し込みをしてください。

銀行カードローンの審査に落ちた時は、以下の対策を行うことをおすすめします。

銀行カードローンの審査に落ちた時の対策
  • 他社借入は減らすか完済する
  • 借入希望金額は必要最低限にして申し込みする
  • 信用情報の開示請求をする
  • 大手消費者金融に申し込みする
  • 半年以上期間を空けて、再申し込みする

銀行カードローンの審査が甘いところはないので、 審査が不安な方は新規成約率が高い大手消費者金融がおすすめ です。

▼ 審査が不安な人におすすめカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r**m様が
    800万円を調達しました。

  • l***h様が
    200万円を調達しました。

  • o***o様が
    1100万円を調達しました。

  • c****w様が
    1000万円を調達しました。

  • j****l様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング