閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

新設1号ファンド組成時点から50億円の資金調達に成功|ジャフコから独立したBeyond Next Venturesとは?

Beyond Next Ventures株式会社2月8日、Beyond Next Ventures 株式会社(BNV)は独立系VC『Beyond Next Ventures1号投資事業有限責任組合』の総額50億円となる資金調達をクローズしたことを発表しました。
新卒時から11年間勤めた老舗VCの株式会社ジャフコを退職した代表取締役社長の伊藤毅氏は、2014年8月に大学発ベンチャー、技術系ベンチャーのシード期からのインキュベーション投資事業を行うことを目的にBNVを創業し、代表取締役に就任されました。
BNVは伊藤氏は同期入社の植波氏を加えたことで、体制の統一が上手くいき、機関投資家からも資金調達を行えたと伝えています。
同社は大学発の研究開発型ベンチャーを投資対象としているため、「少なくとも30億円ないと戦えない。だから意地でも金融機関に入って頂きたいと思っていました」と伊藤氏はTech Crunchの取材で語っています。
投資家が個人で独立系VCを立ち上げたのは珍しく、1号ファンドにも関わらず50億円もの資金を調達したことも例外的です。同社は今後、医療機器やハイテク素材、ロボットなどのベンチャー企業に投資していくとのことです。

 

BNVの事業モデルで研究開発型ビジネスを救う

すでにBNVでは3社に投資済みで、最終的には10〜15社のポートフォリオにしていく予定があります。
またシードマネーが必要な1社当たりに4、5億円程度の投資をする予定で、ジャフコ時代の経験から「大学のシーズには魅力的なものがある」と分かったことから、産学連携投資に力を注ぐそうです。
この4、5億円程度の投資規模にも意味があり、研究開発型ベンチャーでは黒字化するまで50〜100億円が必要となるようなケースがあるそうです。
一方ファンドサイズが10億円だと、シード期のベンチャー1社に投資できる金額は累計1億円程度になってしまうため、これでは追加投資ができなくなってしまうそうです。 苦労の末、可能性が出てきていても資金が続かず研究開発型ビジネスの「死の谷」に入ることが多々あるそうです。
「試行錯誤の時代でした。産学連携投資グループを引き継いだときに調べたのですが、初回投資で終わってしまっているケースが多くありました」と伊藤氏はTech Crunchで語っています。
このことから技術が面白いというだけで投資をしてしまう。そのような目利き時点での失敗も大学発ベンチャーには少なくなかったと振り返っています。
日本の技術系のエコシステムにある課題解決をVCの立場で行っていくそうです。

 

市場の流れと助成金プロジェクトで軌道に乗れるか?

Beyond Next Ventures株式会社伊藤氏はジャフコ時代、ロボットスーツで有名なサイバーダインの上場や、人工クモ糸を開発するバイオ新素材のSpiber株式会社への投資と社外取締役として、事業化支援を手掛けてきました。
ほかにも、リバーフィールド株式会社、株式会社キュア・アップの社外取締役を兼務するほか、超高速DNAシーケンサの「クオンタムバイオシステムズ」などへのリード投資にも関わってきたそうです。
ここ数年でユーグレナや伊藤氏が携わるサイバーダインなど大学発ベンチャーでも、ロールモデルとなる時価総額が1,000億円を超えるような企業が出てきたそうです。こうしたことから、大学発ベンチャーの領域にリスクマネーが流れつつあり、「これが自分の社会の中での役割」という思いに至ったのだとメディア取材に答えています。
BNVは、伊藤氏の経歴から研究開発型ベンチャーへの支援実績を評価されていて、JSTやNEDOからの認定を受けています。これは認定されたVCが支援するプロジェクトに対して、国が足りない部分を助成金として付ける仕組みです。
研究開発型ベンチャーの支援という意味で、そうでないVCに比べて競争力があり、投資を受けるベンチャーからも信頼に繋がっているのでしょう。
Beyond Next Venturesの力を借りて、大学発で世界に通用する日本の製品・技術が生まれてくるかどうか、今後に注目です。


 
Beyond Next Ventures株式会社 | 起業家と共に大学等の高度な技術シーズを実用化し新産業創出と人材輩出により社会に貢献します
http://beyondnextventures.com/

The following two tabs change content below.
proroom

proroom

建築系の大学を卒業後、住宅メーカーで注文住宅の営業として従事。その後、暮らし、不動産、ファイナンス、建築関係、ITスタートアップ関連のライターとして活動。資金調達プロには運営中期からライターとして携わり、資金調達ニュースのインタビューアーや1億円調達済み企業のまとめ記事を主に担当している。また、デッドファイナンス、エクイティファイナンス両方を経験していることで当事者目線で執筆活動を行えることが強み。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/24 08:51
    無料診断がされました。
  • 10/24 03:22
    無料診断がされました。
  • 10/24 03:08
    無料診断がされました。
  • 10/24 00:58
    無料診断がされました。
  • 10/24 00:52
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる