閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

楽天4つ目となるVCを組成|国内スタートアップ対象の100億円規模で国内VCに肩を並べる

楽天政策や教育機関が整ってきたことでベンチャー企業が若干増加し、事業会社がCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を組成する例が増えていますが、運用資産額100億円という額を投じて楽天グループが『Rakuten Ventures Japan Fund』を立ち上げたことを1月27日に発表しました。この規模のファンドは国内で非常に大きなファンドの1つになります。
新経済連盟の代表理事を務め、楽天株式会社の創業者である三木谷 浩史氏もボードメンバーの1人としてCVCの運営に携わっています。同社広報部によると「スタートアップ企業の支援を通してネット業界をエンパワーしていくという三木谷の思いがある」とTech Crunchの取材に答えています。
今回の楽天ベンチャーズ・ジャパン・ファンド(楽天VJF)には、マネージング・パートナーであるサエミン・アン氏のもと、ホーギル・ドー氏がインベストメント・マネージャーとして運用することが決定しています。

 

楽天が持つ4つのVCの違い

これまでに楽天グループは『Rakuten Ventures』と名付け、アーリーステージ対象の2つのファンドを運用してきました。
1つ目は2013年から、シンガポールを拠点に置く海外向け投資ファンドで、東南アジア対象の1000万ドル規模のファンドです。2つ目は2014年から始めたアジア太平洋地域、イスラエル、米国企業を対象とした1億ドル規模のグローバル・ファンドです。
そのスタイルを維持してきたことで、これまでに東南アジア4社、米国4社、韓国1社の計9社に投資しています。
さらに直近では2015年11月に、金融テクノロジーを対象とした1億ドル規模のフィンテックファンド「Rakuten FinTech Fund」も組成しています。
三木谷氏は『この数年は国内でも起業の機運が盛り上がり、将来有望なスタートアップ企業が増えてきたため日本にフォーカスしたファンドが必要』と日経ビジネスで伝えていて、これが4つ目のファンドを立ち上げた理由になります。

 

4つ目は額も高額、エグジットも短期間

今回の楽天VJFはアーリーステージ投資に加えて、グロースステージも投資対象としているのが特徴で、広報部は『1億円以上の投資もあり得る』と説明しています。
気になる投資対象はIT関連事業を展開する日本のスタートアップ企業で、特に注力する領域などは定めていないそうです。
楽天のノウハウを通した支援の仕方として、会社経営や資金繰りに関わる雑務を楽天グループが肩代わりすることで「起業家が独自のプロダクト製作に専念できる環境を作る」と発表しています。しかし、同社は2年~3年でのエグジット(株式上場や他社への売却)を目指す予定で、起業家は短期間の猶予にかなりの重圧を感じるでしょう。
「投資先を楽天グループで買収する流れを想定しているのか」という日経ビジネスの質問に対しては「明確に考えてはいないが、自然と協業という形になっていくことはあるだろう」と語っています。

 

三木谷氏とホーギル氏の動きに注目

楽天VJFの運用資産額は100億円で、全額を楽天が出資するそうです。シンガポール拠点の楽天ベンチャーズが運営しますが、日本に担当者を常駐させ有望なスタートアップ企業を発掘していきます。
インベストメント・マネージャーのホーギル氏は東京を拠点としている韓国人で、以前は楽天グループでM&Aを担当していた方です。日本語、英語、韓国語が話せるので国内事業を進めるスタートアップへの投資に加えて、東南アジアや欧米市場をブリッジするような役割を果たしていくそうです。
サイバーエージェントがIPOするより前に買収されそうになった時に、三木谷氏がホワイトナイトになったことも有名で、ベンチャー企業に対して思い入れがあることが理解できるでしょう。

楽天

The following two tabs change content below.
proroom

proroom

建築系の大学を卒業後、住宅メーカーで注文住宅の営業として従事。その後、暮らし、不動産、ファイナンス、建築関係、ITスタートアップ関連のライターとして活動。資金調達プロには運営中期からライターとして携わり、資金調達ニュースのインタビューアーや1億円調達済み企業のまとめ記事を主に担当している。また、デッドファイナンス、エクイティファイナンス両方を経験していることで当事者目線で執筆活動を行えることが強み。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/24 03:22
    無料診断がされました。
  • 10/24 03:08
    無料診断がされました。
  • 10/24 00:58
    無料診断がされました。
  • 10/24 00:52
    無料診断がされました。
  • 10/23 22:39
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる