閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

帝国データバンク評点を上げるコツ!企業信用調査51点以上で銀行が営業にやってくる

資金調達プロの人気記事  NEW

帝国データバンク評点を上げる5つのコツ!

 

帝国データバンクの評点をアップすれば、金融機関から信頼を得ることができ、事業資金の調達がしやすくなります。実際に、企業信用調査が51点以上になれば『銀行が営業にやって来る』と言われています。

 

本記事では『帝国データバンク評点を上げる5つのコツ!』と題し、帝国データバンクの仕組みや、企業信用調査を51点以上にするコツを伝授したいと思います。事業資金の調達でお困りの方は、ぜひ今後の参考としてお役立てください!

 

帝国データバンクって何?という方向けに、以下記事で詳しく解説しています。

 

この記事を書いた専門家(アドバイザー)

著者情報|資金調達プロ資金調達プロ

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンクとは?

 

帝国データバンクは、日本最大手の信用調査会社です。TDBの略称で、既にご存じの方も多いでしょう。帝国データバンクは企業信用調査を実施する企業です。

 

帝国データバンクの事業内容

 

帝国データバンクの主な事業内容は、企業の信用調査をメインに、信用リスク管理サービス、データベースサービス、マーケティングサービス、電子商取引サポートサービス、出版など様々な業務を行っています。

 

帝国データバンク 画像:帝国データバンク(公式サイト)より

 

帝国データバンクが行う「企業信用調査」とは、取引先の状況を知るために利用されています。

 

例えば、皆さんの取引先が経営悪化や債務超過に陥っていたら、私たち企業にとっても「大きなダメージ」が生じますよね? こうしたリスクを回避するのが、信用調査によるデータです。

 

企業信用調査とは

新規取引先候補に対しては「取引可否判断のため」、既存取引先に対しては「継続的に取引を行うため」の情報を入手するための調査であり、情報がないため取引できないことや、不必要に厳しい支払条件を課したりすることを防いで、商取引の円滑化をはかるものです。

出典:帝国データバンク(公式サイト)より

 

以下の図で分かる通り、帝国データバンクは独自に調査を行い、依頼をした側に調査結果を報告します。また『信用レポート』を作成し、調査対象の企業が「どのような状態にあるのか」細かく状況をと伝えます。

 

帝国データバンクによる企業信用調査画像:帝国データバンク(公式サイト)より

 

帝国データバンクの調査は、いつどこで行われるかは依頼者以外には分かりません。(例えば)みなさんの会社にいきなり、帝国データバンクによる信用調査が入るかも知れません。また、帝国データバンクに(依頼者が誰なのか)質問をしても、依頼側の情報は一切明かされません。

 

また、帝国データバンク=「企業信用調査」というイメージが強いのですが、帝国データバンクでは以下の事業を展開しています。

 

■企業信用調査
TDBは企業信用調査業界トップとしてシェア60%超を誇るリーディングカンパニーです。(当社調べ)

■データベース事業
日本最大級の企業データベースを保有しています。

■出版
企業・経済・業界の動向や倒産情報、注目企業の紹介など幅広く情報発信しています。

■コンサルティング&マーケティング
お客さまのニーズ一つひとつに合わせたオーダーメイドのマーケティングサービスです。

出典:2018年マイナビ採用情報「帝国データバンク」より一部抜粋

 

また、帝国データバンクの職種は以下の4部門に登録されています。

 

●  シンクタンク・マーケティング・調査
●  専門コンサルタント
●  出版
●  サービス(その他)

 

帝国データバンクの評点を上げるメリット

 

以下に、帝国データバンクの評点を上げるメリットをまとめてみました。

 

帝国データバンクの評点を上げるメリット
☑️ 銀行や金融機関から信頼が得られる
☑️ 大手企業と取引をする機会に恵まれる
☑️ 取引先から「安全な企業」として認められる
☑️ 新たなビジネスチャンスが生まれる
☑️ 社内の意識が高まる

 

このように帝国データバンクの評点を上げることで、得られる経営上のメリットは計り知れないほど大きいです。

 

ただ、経営状況の悪い企業が『悪い評点』を受けた場合、金融機関との関係、取引先からの評価が下がるのは間違いありません。このため、帝国データバンクの調査を『受けるべきか、断るか』は各企業の状況によって、判断が異なります。

 

みなさんの会社が、信用情報の面で問題が無く、銀行や金融機関『取引先との関係を良好にしたい』のであれば、ぜひ帝国データバンクによる『企業信用調査』を快く受けてください。

 

銀行が営業にやってくる状態とは?

 

『銀行が自ら営業にやってくる』のは、帝国データバンクによる「評点」が高く、金融機関から信頼されている状態を指します。具体的には、評点で言えば平均以上(※ 評点の基準は、本記事前半を参照のこと)の状態にあれば、取引をする上で問題はありません。

 

Aランク(86 ~100点)
Bランク(66 ~ 85点)
Cランク(51 ~ 65点)

 

中小企業経営者の方なら、評点が「Cランク」より上の位置にあれば十分です。実際に、90点以上は超超優良企業(国内トップクラスの大手企業)であり、81点以上で黒字を出す超優良企業、66点より上で、経営状況が抜群に優れた中小企業〜大手がこの位置を占めるでしょう。

 

また60点以上あれば、中小企業でもかなり優良な企業として見られます。また、評点50点以上でも「健全な状態にある企業」として金融機関、銀行が安心して融資をしてくれるレベルになります。

 

帝国データバンクの発表によると、評点で最も多い(平均点)は40点台と言われています。

 

何点の企業が多いのですか?景気動向にも左右されますが、40点台の企業が最も多くなっています。出典:帝国データバンク「評点とは」より

 

みなさんの評点は、何点になるでしょうか? 次項で取り上げる「評点を上げるコツ」をもとに、高い評点が得られるように努めましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンク評点とは?

 

評点とは、帝国データバンクが各企業を100点満点で評価した点数で、以下の要素を元に企業の評点を決定しています。

 

帝国データバンクの評点でチェックされる「信用要素」

信用要素内容
業歴企業がどのくらいの業歴があるのか「継続性」を評価する項目。業歴が長ければ長いほど評価は高くなる。

配点:1~5点

資本構成財務状況が安定しているか評価する項目

配点:0~12点

規模経営規模を評価する項目。具体的には「年間の売上高」や、従業員数などを元に調査を行う。

配点:2~19点

損益決算報告書などから会社の損益を評価する項目

配点:0~10点

資金現況業況や収益、支払状況、回収状況、資金調達余力などを調査する項目

配点:0~20点

経営者経営者の資産や経営経験、人物像を評価する項目

配点:1~15点

企業活力企業活力を調査する項目で、人材や取引先、生産、販売力のほか、将来性もチェックされる。

配点:4~19点

加点/減点上の項目でカバーできない部分を評価する項目

配点:加点の場合+1~+5点、原点の場合-1~-10点

 

上の項目により、信用程度は以下のようにランク付けされます。

 

帝国データバンクによる信用程度のランク付け
Aランク(86 ~100点)
Bランク(66 ~ 85点)
Cランク(51 ~ 65点)
Dランク(36 ~ 50点)
Eランク(35 以下点)

 

本記事で紹介している『評点51』というのは、上の表では『Cランク』に位置します。

 

企業信用調査の内容

 

帝国データバンクによる『企業信用調査』では、以下5つの流れで調査が行われます。

 

帝国データバンクによる企業信用調査・5つのステップ
STEP①:調査の申し込み(電話)
STEP②:調査開始(社内で聞き取り)
STEP③:聞き取り内容の他、保有するデータより分析
STEP④:調査報告書の作成
STEP⑤:調査の報告

 

各ステップの内容について、簡単に解説しておきます。

 

STEP①:調査の申し込み(電話)

 

(信用調査の)依頼を受けた帝国データバンクは、調査対象となる企業に『調査依頼の電話』を掛けます。もし、企業が調査に応じる様であれば、来社の日時を決定(約束を)します。

 

STEP②:調査開始(社内で聞き取り)

 

帝国データバンクの調査員が会社を訪問し、データや数字では分かたない部分の聞き取り調査を実施します。

 

STEP③:聞き取り内容の他、保有するデータより分析

 

聞き取り調査で得たデータのほか、帝国データバンクが保有するデータ、その他最新の情報をもとに、総合的にデータを分析し、各企業の信用情報を作成していきます。

 

御社から直接お聞きしたお話をベースに、商業登記簿などの公的情報や一般に公表されている情報、また帝国データバンクが保有する最新のデータなどを総合的に分析し、調査報告書を作成して、ご依頼企業に提出します。

出典:帝国データバンク(公式サイト)より

 

本記事のテーマである『評点』もこれらのデータに基づき、作成されます。

 

STEP④:調査報告書の作成

 

ここまでのデータや資料から、クライアントに提出する『調査報告書』を作成します。

 

STEP⑤:調査の報告

 

最後に、依頼者に調査報告を行い『調査報告書』を提出することで、調査は一旦終了となります。

 

もちろん「すべての調査」は、ここで終わりではありません。帝国データバンクの調査は依頼されたデータだけでなく、自社管理するデータのため、各種調査が(必要に応じて)継続実施されます。

 

帝国データバンクが来たとしても、調査を断ることは可能

 

帝国データバンクが来たとしても、調査を断ることは可能です。なぜなら、帝国データバンクは民間の企業であり、質問をされた場合も『任意でお願いをしている』に過ぎません。

 

実際に、帝国データバンクによる信用調査を断る企業もあります。帝国データバンクが会社に訪問してきた場合「以下のような目的」を持って、コンタクトを行っています。

 

なぜ、当社を調べているのですか?

原則として、弊社のお客さまからの依頼指示によって企業信用調査を行っています。

ただし、弊社データベースに登録させていただいた企業の情報は随時、信用調査目的等で閲覧利用するお客さまがいらっしゃるため、なるべく新しい情報をお届けするよう、定期的に更新取材をさせていただいています。

このような依頼者・利用者と貴社が円滑に商取引を行っていただくことを目的としています。

出典:帝国データバンク(公式サイト)より一部抜粋

 

このように、帝国データバンクによる調査が来たということは『取引先のどこかが、私たち企業の信用状況を探りたい』と考えている現れです。

 

みなさんは、帝国データバンクが調査に来た場合、できる限り丁寧に対応することです。なぜなら、調査を断った場合、正確な評点を付けてもらえないというデメリットがあります。

 

また、信用情報が無ければ、取引をしてくれない企業もあるので、データを隠すメリットはどこにもありません。実際に、信用保証協会には真摯に情報開示する方が(資金調達、他社との取引などを踏まえても)得られるメリットは大きくなるでしょう。

 

帝国データバンクに依頼をするのは、銀行や保険会社などの金融機関、大手商社など

 

帝国データバンクによる『企業信用調査』を依頼するのは、銀行や保険会社などの金融機関、大手商社などの卸売業が大半を占めます。帝国データバンクへの調査費用は、依頼をする側が支払うものであり、調査を受ける企業が支払う費用は一切ありません。

 

帝国データバンクによる企業信用調査は、会員のみ利用できる

 

帝国データバンクによる企業信用調査は、登録をした会員にしか利用できません。なぜなら『誰もが入会できる』様なサービスなら、企業の情報が悪用されかねないからです。帝国データバンクの取得したデータは、第三者に不正利用されないよう厳重に管理が行われます。

 

帝国データバンクによる信用調査の費用

 

気になる調査費用ですが、調査門合表1枚あたり24,000円から、新規調査の場合は別途、出張調査料金や不動産登記閲覧料金などの「付帯料金」が発生します。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンクの調査報告書、サンプルを見てみよう

 

前項で紹介した評点のほかにも、企業が調査を依頼し、帝国データバンクが作成する『調査報告書』と呼ばれる書類があります。

 

調査報告書では、各企業の会社概要のほか、取引銀行、財務状況、担保設定など細かなデータまで確認できます。

 

報告書に含まれる内容
● 代表者・・・社長の経営経験、リーダーシップを判断します
● 系列・沿革・・・将来を占う指針となる企業の歴史
● 業績・・・最大6期の業績から収益性をチェックします
● 取引先・・・支払い・回収の条件、取引先との関係など
● 取引銀行・・・メインバンクとの関係、資金調達力など
● 資金現況・・・必要な資金の確保、不良債権など
● 現況と見通し・・・企業の現在と将来像
● 財務諸表・財務諸表分析・・・企業経営の健全度
● 不動産登記写・・・担保設定状況など

出典:帝国データバンク・企業信用調査「サービス内容」より

 

なお、以下の画像は帝国データバンクが公表している「調査報告書」のサンプル(一部)です。画像にあるのは「架空の企業」ですが、画像下にある「評価」を見ると、該当する企業の評点が「何点なのか」なのか一目で分かります。

 

帝国データバンクによる調査報告書(サンプル)

 

なお評点を見る方法としては、以下の6つがあります。

 

・ 信用調査報告書
・ 企業概要データCOSMOS2
・ 企業定点観測サービス SAFETY
・ COSMOSNET 信用調査報告書の企業概要ページ
・ COSMOSNET COSMOS2(企業概要)基本データ
・ COSMOSNET COSMOS2(企業概要)フルデータ

 

評点に関する『良くある質問』は、帝国データバンクの公式サイトを参照してみてください。

 

参考リンク:評点とは/帝国データバンク公式サイト

 

帝国データバンク評点を上げる5つのコツ

 

以下に、帝国データバンクの評点を上げる5つのコツをまとめてみました。

 

帝国データバンク評点を上げる5つのコツ
① どのような調査が行われるのか把握しておく
② 決算書を調査会社に公開する
③ 正確な数値を記載する
④ 説明の仕方をシミュレーションしておく
⑤ 銀行融資に強い専門家を同席させる(会社の名刺を持たせる)

 

①〜⑤の内容について、順に解説します。

 

① どのような調査が行われるのか把握しておく

 

まず、本記事の冒頭で説明したような『評点の目安』について、キチンと把握することです。そして、帝国データバンクの調査に応じることが(評点アップにおいて)プラスに働くことを理解しましょう。

 

調査内容や目的を知っておけば、突然調査を受けた場合も慌てず、冷静に対処できます。

 

② 決算書を調査会社に公開する

 

調査会社には『決算書』をきちんと公開しましょう。決算書や、その他帝国データバンクが求める資料を隠してしまう方、質問に答えない方、怪しい態度を取る方は、評点を正確に付けて貰えません。

 

また一旦『悪い評点』が付いてしまうと、他の企業からの信頼を失い、挙げ句の果てには金融機関から融資をしてもらえないという、最悪の状態に陥ってしまいます。

 

このため普段から、決算書対策は万全にし、いつ調査が入っても見せられる「決算書」を作りましょう。なお、決算書対策については以下の記事が役に立ちます。

 

参考記事①:決算対策5つの秘訣!自己資本比率を40%以上にして金融機関からの借入を増やす 

参考記事②:中小企業の決算対策!銀行が必ず融資したくなる決算書の13項目とは?

 

③ 正確な数値を記載する

 

②の決算書にも通じるポイントですが、情報を求められた場合には、正確な数値を伝える(もしくは記載)する様にしましょう。

 

正しいデータや資料の作成は、自社の信頼を高める効果があります。調査会社との付き合いに限らず(他社との)取引のためにも、正確な数値やデータを出すよう心がけてください。

 

④ 説明の仕方をシミュレーションしておく

 

帝国データバンクによる企業信用調査がいつ入っても、慌てずに済むよう、説明の仕方はシミュレーションしておきましょう。ウソがあってはいけませんが、自社の良い点をストレートに『言葉』として表現するのは、思った以上に難しいことです。

 

また、話し下手な方は(いざという時)スラスラと言葉が出ないかもしれません。

 

みなさんは調査を受けた時、言葉足らずで後悔しないよう、普段から「言葉で伝える」練習をしておいてください。また、本項①〜③の部分をしっかり抑えておけば、説明の際にも慌てず冷静に対応できます。

 

⑤ 銀行融資に強い専門家を同席させる(会社の名刺を持たせる)

 

④の部分を補う方法として、銀行融資に強い専門家を調査に同席させておけば安心です。ただ、第三者を同席させると(帝国データバンクから)嫌がられるので、同席者には会社の名刺を持たせておくと安心です。

 

そして、①〜④までの内容を踏まえて「自社の状況」が正確に伝えられるよう、120%の力を出して真摯に受け答えをしてください。きちんと対応をすれば、代表者の評価項目(評点の一部に含まれる)にも良い影響が与えられます。

 

ここまでのポイントをきちんと抑えておけば、帝国データバンクの評点は50%を超えるでしょう。もちろん、決算書やその他必要な書類は制度を高めて、いつでも出せる状態に整えておくことです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンクの会社概要

 

帝国データバンクは、全国47都道府県に83箇所の拠点を持つ、大規模な調査会社です。

 

帝国データバンクの会社概要画像:帝国データバンク(公式サイト)

 

以下に、帝国データバンクの企業情報をまとめてみました。

 

帝国データバンクの企業情報

商号株式会社帝国データバンク
代表者後藤 信夫
本社所在地〒107-8680 東京都港区南青山2-5-20
資本金9,000万円
従業員数3,200名(うち調査員1,700名)
売上高506億円(2016年9月期)
事業所全国83カ所
創業年月日1900(明治33)年3月3日
設立年月日1987(昭和62)年7月13日

 

帝国データバンクの創業は1900年と古く、100年以上の歴史を持つ企業です。

 

帝国データバンクの業務画像:よく見られている商品・サービスランキング(帝国データバンク)

 

また、帝国データバンクは自社が得た情報をデータベース化しており、日本全国の企業情報を管理し、次の事業を行っています。

 

帝国データバンクのデータを活かした事業
・ 新規取引先や顧客を開拓のためのデータ活用サービス
・ 取引先や顧客を管理のためのデータ活用サービス
・ 取引先の信用を見極めるための企業信用調査
・ 企業情報・業界や市場の動向調査
・ コンサルティングサービス、マーケティング戦略

 

なお、詳しい商品やサービス内容は、以下のページを参照してください。

 

参考リンク:帝国データバンク「商品・サービス」紹介

 

帝国データバンクデータで分かる、日本企業の姿

 

帝国データバンクは、調査によって得られた様々な情報を緻密にデータベース化しています。例えば、帝国データバンクの公式サイトでは、全国の企業の収益推移や社長の出身地、企業の倒産や創業情報、企業間取引の寿命など、ユニークなデータまで収集しています。

 

帝国データバンクの調査結果画像:帝国データバンク(公式サイト)

 

こうしたデータを日々集めているのは、帝国データバンクに所属する1,700人の調査員です。彼らは、1日あたり地球1周分の距離を移動し※(調査員全員の総移動距離)1カ月に換算すると地球22週分の距離を駆け巡り、日本全国の企業を調査して周っているのです。

 

帝国データバンクの業務は、依頼された情報を依頼者に提供するだけに留まりません。先程ご紹介した、全国の企業に関する情報は一部、帝国データバンク公式サイトでも公表しています。

 

これらのデータを見れば、日本企業のリアルな姿が数字やグラフ、イラストによって分かりやすく理解できます。

 

参考:日本企業のトリビア(帝国データバンク)

 

このほか、帝国データバンクでは国内の景気・経済動向記事をこまめに掲載しており、ビジネスに役立つ最新データが無料でチェックできます。

 

参考リンク①:景気・経済動向記事 新着一覧(帝国データバンク)
参考リンク②:業界情報記事 新着一覧(帝国データバンク)

 

このほか、帝国データバンクでは各業界ごとに最新の景気・経済動向を調査・リリースしています。みなさんに関連する業界の情報をぜひ一度、のぞいてみてください。

 

帝国データバンク|最新の景気・経済動向を調査(業種別)

① 金融【業種】銀行/生命保険/損害保険/リース

● 金融業界、今後の動向
● 金融業界の業界情報
● 金融業界の倒産速報

② 建設・不動産【業種】住宅/不動産/建設

● 建設・不動産業界、今後の動向
● 建設・不動産業界の業界情報
● 建設・不動産業界の倒産速報

③ 食品【業種】加工食品/酒類

● 食品業界、今後の動向
● 食品業界の業界情報
● 食品業界の倒産速報

④ 繊維【業種】繊維/アパレル

● 繊維業界、今後の動向
● 繊維業界の業界情報
● 繊維業界の倒産速報

⑤ 紙パルプ【業種】洋紙・板紙製造

● 紙パルプ業界、今後の動向
● 紙パルプ業界の業界情報
● 紙パルプ業界の倒産速報

⑥ 出版・新聞【業種】出版社/出版取次店

● 出版・新聞業界、今後の動向
● 出版・新聞業界の業界情報
● 出版・新聞業界の倒産速報

⑦ 石油化学製品【業種】石油化学製品・製造

● 石油化学製品業界、今後の動向
● 石油化学製品業界の業界情報
● 石油化学製品業界の倒産速報

⑧ エネルギー【業種】石油精製元売り/一般電気事業者/卸電気事業者

● エネルギー業界、今後の動向
● エネルギー業界の業界情報
● エネルギー業界の倒産速報

⑨ 医療【業種】医薬品製造/介護サービス・有料老人ホーム

● 医療業界、今後の動向
● 医療業界の業界情報
● 医療業界の倒産速報

⑩ 金属【業種】高炉/銅・鉛・亜鉛精錬

● 金属業界、今後の動向
● 金属業界の業界情報
● 金属業界の倒産速報

⑪ 機械【業種】産業機械製造/工作機械製造/建設機械製造

● 機械業界、今後の動向
● 機械業界の業界情報
● 機械業界の倒産速報

⑫ 輸送機械【業種】自動車製造/造船

● 輸送機械業界、今後の動向
● 輸送機械業界の業界情報
● 輸送機械業界の倒産速報

⑬ 家電・情報機器【業種】家電製造/家電小売/半導体製造

● 家電・情報機器業界、今後の動向
● 家電・情報機器業界の業界情報
● 家電・情報機器業界の倒産速報

⑭ 流通【業種】総合商社/百貨店/スーパーマーケット/コンビニエンスストア/ドラッグストア・調剤薬局

● 流通業界、今後の動向
● 流通業界の業界情報
● 流通業界の倒産速報

⑮ 運輸【業種】トラック輸送/鉄道/航空

● 情報・通信業界、今後の動向
● 情報・通信業界の業界情報
● 情報・通信業界の倒産速報

⑯ 情報・通信【業種】インターネットサービス/ソフトウェア開発

● 情報・通信業界、今後の動向
● 情報・通信業界の業界情報
● 情報・通信業界の倒産速報

⑰ サービス【業種】外食産業/広告/人材派遣・職業紹介/教育サービス/放送

● サービス業界、今後の動向
● サービス業界の業界情報
● サービス業界の倒産速報

⑱ 玩具・ゲームソフト【業種】玩具メーカー/玩具・ゲームソフト製造

● 玩具・ゲームソフト業界、今後の動向
● 玩具・ゲームソフト業界の業界情報
● 玩具・ゲームソフト業界の倒産速報

 

みなさんも一度、帝国データバンクのデータを確認されてみてはいかがでしょうか? 思わぬところから、経営のヒントが見つかるかもしれませんよ!

 

補足|帝国データバンクを装う、第三者の訪問に注意!

 

最近、帝国データバンクの調査を名乗る、無関係な第三者が「企業情報」を不正に抜き出したり、データを悪用するケースが報告されています。こうした「帝国データバンクの調査」を偽った団体や個人に騙されないよう、必ず電話や調査依頼を受けた場合には(相手の)身元確認を徹底してください。

 

また「おかしいな…」と感じたら、帝国データバンクの各事務所に問い合わせをするか(実際に詐欺などの被害に遭った場合は)最寄りの警察署に相談を行ってください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンクの調査、他の経営者はどう思っているの?

 

帝国データバンクからの調査は『気分の良いものでは無い』と答える経営者の方は多いです。もちろん、評点がアップすれば他社との取引や資金調達もしやすくなるでしょう。

 

しかし、初対面の調査員に会社のことを包み隠さず打ち明けるのは、緊張をすることです。また調査が入った時点で「他社から信頼されていないのか!」と憤慨する経営者の方も多いと聞きます。

 

実際に、帝国データバンクが公表しているインタビュー記事でも「やっぱり最初は、気分のいいものではなかった」と答える経営者もちらほら見かけます。

 

帝国データバンクさんの調査を受けたのは、5年くらい前でした。「なんで調査を受けないといけないの?」と思う反面、「とにかく会わないといけないのではないか」とも思ったのを覚えています。それでもやはり、気持ちが良いものではありませんでした。初対面の人に「家のローンはいくらですか?」、「貯金はどれくらい?」、「給料はいくら?」と訊かれて気持ちが良くなる人は、なかなかいないですよね。また、取引先からも信用されていないのかなぁとも思いました。

出典:帝国データバンク「信用調査を受けた方へのインタビュー1」より一部抜粋

 

しかし、多くの経営者は調査をきっかけにして「自社の強み」に気が付いたり、新たな取引先の開拓に成功、資金調達が上手く行くなど、ポジティブな展開を迎えています。例えば、前のインタビュー記事の後半部分では、以下のような意見が記されています。

 

実は、調査を受けてからだいぶ時間が経って「あのとき御社に調査をかけたのは、私なんですよ」と取引先から言われたことがあります。調査を受けた当時、弊社の販売が伸びており、仕入れ量も増えていたので、その取引先では審査する必要があったのでしょう。必要なときに、必要な取り引きがスムーズに行えたのも、帝国データバンクさんの調査を受けたからなのかもしれませんね。

出典:帝国データバンク「信用調査を受けた方へのインタビュー1」より一部抜粋

 

みなさんも最初は、緊張をしたり嫌な気持ちになるかもしれませんが、この後『良い展開』を迎えるためにも、帝国データバンクによる企業信用調査は気持ちよく、受け答えするようにしましょう。

 

帝国データバンクにコンサルティングを依頼する

 

帝国データバンクから調査を受けるだけでなく、コンサルティングや業界調査を依頼することができます。こうしたサービスを利用すれば、企業の経営力を底上げし、結果的には金融機関や取引先の信頼を得ることに繋がります。

 

機会があれば、帝国データバンクの提供サービスを上手に活用してみてください。以下に『帝国データバンクに依頼できるサービス』を一覧として、まとめてみました。

 

帝国データバンクに依頼できるサービス

① 企業概要データベース COSMOS2【内容】企業プロフィールを収録した「企業概要ファイル」など、6つのサポートファイルを使用し、条件に合わせたデータを提供するサービス。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先や顧客を管理したい

② 企業の関係性データ(取引先・関連会社)【内容】当該企業の主要仕入先および得意先の企業コードをCD-Rに収録して提供するサービス。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先や顧客を管理したい

③ 営業ターゲットリスト【内容】帝国データバンクの膨大な企業情報を元に、目的に合わせたオリジナルの企業リストを作成するサービス。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

④ Data Drive【内容】帝国データバンクのデータ運用ツールで、企業概要データや企業財務データ、信用調査報告書など、帝国データバンクの企業情報と合わせて一括管理するサービス。

【目的】自社保有データの可視化

⑤ 業界・市場調査【内容】目的に合わせて帝国データバンクが業界市場調査の結果をデータ化し提供するサービス。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑥ 官公庁向けサービス【内容】官公庁に代わり、各種調査・調査研究(実績)、各種分析・研究、事務局運営事業を行う。

【目的】取引先や顧客を管理したい/新規の取引先や顧客を開拓したい

⑦ ISO取得支援サービス【内容】ISO 9001認証取得、ISO 14001認証、ISO 27001、プライバシーマーク認証取得の支援、その他、ビジネスプラン構築やフランチャイズ本部構築支援を行うサービス。

【目的】取引先や顧客を管理したい/新規の取引先や顧客を開拓したい

⑧ コンサルティングサービス【内容】帝国データバンクの企業調査を行う上で形成された人脈や経験をもとに、依頼者の目的、希望に合わせてふさわしいコンサルティングを実施するサービス。

【目的】取引先や顧客を管理したい/新規の取引先や顧客を開拓したい

⑨ 帝国データバンク会社年鑑【内容】全国の有力・優良14万社の最新企業情報を収録した「会社年鑑」の発行(広告掲載可能)。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先の信用を見極めたい

⑩ TDB REPORT/業界動向【内容】帝国データバンクが年6回、偶数月に発行する総合経営情報誌(デジタル版もあり)

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑪ 全国企業あれこれランキング【内容】毎年10月に発行する「全国企業あれこれランキング」の出版(購入申し込み)

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑫ TDBキャッシュフロー分析統計【内容】毎年12月中旬に帝国データバンクが発行する、キャッシュフローの全てが分かる書籍(2冊セット)

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先や顧客を管理したい

⑬ 全国企業財務諸表分析統計【内容】毎年11月末に帝国データバンクが発行する、全国企業財務諸表分析統計データを掲載した書籍(書店では購入不可、帝国データバンクで注文のこと)。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先や顧客を管理したい

⑭ 帝国タイムス【内容】帝国データバンクが毎月5日、15日、25日に発刊している業界の動向・調査状況を掲載した新聞タイプの情報サービス(広告掲載可)。帝国データバンクの会員には無料で配布している。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑮ 法定電子公告調査サービス【内容】電子公告調査をオンライン上で申し込めるサービス。

【目的】電子公告の手続きをスムーズにする

⑯ インターネット決算公告サービス【内容】決算公告を帝国データバンクのWEBサイトに掲載するサービス

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑰ 企業サーチ登録サービス 登録くん【内容】企業プロフィール、PRメッセージ、イメージ画像を帝国データバンクのサイトに掲載するサービス

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい

⑱ 取引先ポートフォリオ分析【内容】自社の取引先を、取引額・評点(帝国データバンクの信用評価)を基準に分析してくれるサービス。取引先の状況が可視化できるので便利。

【目的】取引先の信用を見極めたい/新規の取引先や顧客を開拓したい

⑲ TDB企業サーチ【内容】帝国データバンクが提供する、データベース、各種資料、会社情報取得サービスが利用できる。

【目的】取引先や顧客を管理したい/新規の取引先や顧客を開拓したい

⑳ 企業財務データベース COSMOS1【内容】目的に合わせて、上場・非上場企業の決算書データ、各種財務比率を収録した財務データベース、その他必要なデータを帝国データバンクが作成してくれるサービス。

【目的】新規の取引先や顧客を開拓したい/取引先や顧客を管理したい

㉑ TDB INDEX【内容】「企業概要データベース COSMOS2」に収録されていないデータを取得、顧客管理の効率化をサポートするサービス(※ COSMOS2との併用がおすすめ)。

【目的】取引先や顧客を管理したい

㉒ 顧客データベース構築【内容】社名や住所など、帝国データバンクの基準で取引先データを名寄せし、帝国データバンク(TDB)企業コードを付加するサービス。

【目的】取引先や顧客を管理したい

㉓ 企業信用調査【内容】調査したい企業の信用状況を帝国データバンクが調査報告書にまとめ、報告書を作成(提供)するサービス

【目的】取引先の信用を見極めたい/新規の取引先や顧客を開拓したい

㉔ 海外企業信用調査【内容】帝国データバンクの提携する海外の調査会社が、調査したい企業の信用状況を調査、報告してくれるサービス(※ 基本英語での提供、ただし韓国・台湾・中国の企業については日本語で報告)。

【目的】取引先の信用を見極めたい/新規の取引先や顧客を開拓したい

㉕ 企業定点観測サービス SAFETY【内容】気になる企業の動向や変化を1年間にわたり継続して帝国データバンクが情報を提供してくれるサービス。

【目的】取引先の信用を見極めたい/取引先や顧客を管理したい

㉖ インターネット取引先管理サービス C-モニタリング【内容】気になる企業を登録すれば、帝国データバンクが与信管理情報を報告してくれるサービス。

【目的】取引先の信用を見極めたい/取引先や顧客を管理したい

㉗ 倒産予測値【内容】調査したい企業の1年以内に倒産する確率を帝国データバンクが予測し、数値化した「倒産予測値」を毎月提供してくれるサービス。

【目的】取引先の信用を見極めたい/取引先や顧客を管理したい

㉘ 企業価値評価サービスValue Express【内容】こちらが指定する企業の価値評価、評価過程、各種分析など全6画面が閲覧できる情報サービス。

【目的】取引先の信用を見極めたい/新規の取引先や顧客を開拓したい

㉙ 倒産速報【内容】登録した携帯電話やスマートフォンに、メールで直接、取引先の倒産情報をいち早く知らせてくれるサービス。

【目的】取引先の信用を見極めたい/取引先や顧客を管理したい

㉚ インターネット企業情報サービスCOSMOSNET【内容】帝国データバンクの保有するデータの中から、ビジネスに必要なあらゆる情報を検索、取得できるサービス。

【目的】取引先や顧客を管理したい/新規の取引先や顧客を開拓したい

㉛ 帝国ニュース【内容】全国各地の倒産企業の負債額、原因などの概要をリポートした情報誌(全国向けの日刊版だけでなく、各地域に特化した情報満載のブロック版、県版もあり)。

【目的】取引先の信用を見極めたい/新規の取引先や顧客を開拓したい

㉜ 江戸川区電子入札対応電子証明書【内容】江戸川区の電子入札に参加するための電子証明書

【目的】電子入札(江戸川区に限る)

㉝ TDB Symantec 電子認証サービス Class2【内容】シマンテック社の電子認証技術とコラボレートによる電子証明書サービス。

【目的】自社のセキュリティ対策

㉞ TDBサーバ証明書発行サービス【内容】TDBサーバ証明書を導入しサイトに掲載、自社のセキュリティ対策証明と信頼性をアピールするサービス。

【目的】サーバ証明書の発行・掲載

㉟ シマンテックセーフサイト【内容】セキュリティサービスシマンテックと共同で、マルウェアのスキャン、ウェブサイト自身に「ノートン™セキュアドシール」を掲載するセキュリティサービス。

【目的】自社のセキュリティ対策

 

このように、帝国データバンクの事業は「信用調査」だけでなく、さまざまなサービスで私たちの経営をサポートしてくれます。

 

このほか『ビジネス講座』を定期的に開催し、以下のテーマで各分野の知識が習得できます。

 

帝国データバンクの『ビジネス講座』一覧

これから始める与信管理「与信管理」に関する基本的な考え方や、具体的な方法を解説する。与信管理の基礎知識の確認にも役立つ(全19回)。
実践マーケティング講座以下4回の講座で、市場分析と情報活用、顧客選別を中心に、具体的(=実践的)を分かりやすく解説する。

第1回:マーケティングとは『ニーズに応えて利益を上げること』
第2回:マーケティングの基本プロセス「R・STP・MM・I・C」
第3回:調査(R)ステップにおける「マクロ環境分析」~その1~
第4回:情報の種類と活用方法

IFRS実務対応IFRS導入や、実務上の悩ましい論点、注記開示、先行導入した企業へのインタビュー等「IFRS実務対応」について、ポイントを絞って分かりやすく解説する講座(全35回)。
知的資産経営のススメ知的資産の実践的な把握・活用方法について、企業支援の第一線で活躍する専門家が、事例を交えながら解説する講座(全14回)。
いま注目の企業価値評価企業経営で重要な「企業価値」の考え方や評価方法を分かりやすく解説する講座(全10回)。
中小企業のM&A活用法中小企業のM&Aを具体的にわかりやすく解説する講座(全8回)。
取引構造分析帝国データバンクによる、企業間取引データの可能性、最近話題のデータ分析、取引構造分析の事例を紹介する講座(全12回)。

 

興味のある方は、最新の講座、開催情報は以下のページで確認を行ってください。

 

参考リンク:帝国データバンク「ビジネス講座」講座一覧

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

帝国データバンク以外の信用調査会社

 

帝国データバンク以外の信用調査会社を紹介します。

 

  • 東京商工リサーチ
  • 信用交換所
  • 東京経済
  • 金融工学研究所
  • AGS
  • リスクモンスター
  • クレディセイフ

 

各機関、どのような特徴があるのか解説します。

 

東京商工リサーチ

 

株式会社東京商工リサーチは、東京都千代田区に本社を置く、日本で2番目に大きい信用調査会社です。帝国データバンクに次ぐ日本第2位の信用調査会社であり、日本全国に82拠点(8支店、74出張所)を有しています。

 

国内外の企業の信用調査を主な業務とし、収集した企業情報を基にしたデータベース、情報事業(倒産集計、セミナーなど)、出版事業などを行っています。

 

同社は現在、400万社を超える国内最大級のデータベースを保有しており、インターネットを通じて企業情報(未上場企業を含む)を閲覧できる「tsr-van2」サービスや、企業の詳細な企業情報を提供する「TSRレポート」などで知られています。また、同社が収集した情報は、日経テレコンなどの販売会社でも利用されています。

 

1994年には、世界最大級の信用調査会社であるDun & Bradstreet(D&B)社と提携し、国内外の信用情報を一元的に提供しています(世界200カ国以上、2億社以上のデータベースを保有)。2007年には、合弁会社Dun & Bradstreetを設立しました。2007年、合弁会社Dun & Bradstreet TSR Ltd.を設立しました。

 

2012年、当社はDun & Bradstreet TSR株式会社の全事業を引き継ぎ、日本におけるD&B製品サービスの唯一の提供者となりました(日本では唯一の提供者です)。また、D&Bと共同で、1996年から世界で最も広く使われている企業コードの一つであるDUNS番号の日本での発行を管理しています。

 

参考リンク:東京商工リサーチ(公式サイト)

 

信用交換所

 

信用交換所は、4つの信用調査会社のグループです。4社は、大阪、東京、名古屋、京都に拠点を置いています。4社とも企業の信用調査を専門としています。帝国データバンクや東京商工リサーチとは異なり、グループ会社はそれぞれの地域で活動しています。

 

  • 企業の信用調査
  • 信用情報誌の発行
  • 会社案内などの出版物の発行
  • 企業情報のデータベース提供
  • オンラインサービスによるビジネス情報の提供

 

参考リンク:信用交換所(公式サイト)

 

東京経済

 

東京経済株式会社は、調査会社であり、企業情報やコンサルティングサービスを提供しています。東京経済は、帝国データバンク、東京商工リサーチに次ぐ、日本で3番目に大きな信用調査会社です。

 

東京経済は、帝国データバンク、東京商工リサーチに次ぐ、日本で3番目に大きな信用調査会社です。国内に30の事業所を持ち、2007年には業界で初めて全事業所でISO27001の認証を取得しています。

 

参考リンク:東京経済株式会社(公式サイト)

 

金融工学研究所

 

金融工学研究所は、様々な金融機関や投資顧問会社、事業会社に対して、様々な金融リスクの評価結果の提供、評価手法やモデルの研究・開発、評価手法や管理手法のモデルの研究・提供を行っています。

 

金融工学研究所は、上場企業向けには格付け推定モデル「RADAR」、信用リスク評価モデル「DEFENSE」、中堅・中小企業向けには日経テレコン21「日経金融工学企業リスク情報」(通称RiskRIC)などがあります。幅広い規模・業種の評価モデルを提供しています。

 

参考リンク:金融工学研究所(公式サイト)

 

AGS

株式会社AGSは、埼玉県さいたま市浦和区に本社を置く独立系システムインテグレーターです。同社は、旧協和銀行および埼玉銀行(現・りそな銀行および埼玉りそな銀行)の顧客にコンピューティングサービスを提供するために設立された子会社をルーツとしており、銀行や自治体のサービスにおいて幅広い経験を持っています。

 

また2004年2月までは、情報システム会社(旧あさひ銀行総合システム株式会社)として、主にりそなグループの銀行に計算機のアウトソーシングサービスを提供していました。

 

参考リンク:AGS(公式サイト)

 

リスクモンスター

 

リスクモンスターは、与信管理支援ASP・クラウドサービス、与信管理に関するコンサルティングサービス、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ変換サービスなどのBPOサービス、教育関連 その他多数のサービス事業を展開しています。同社は東京証券取引所第二部に上場しています。

 

同社は、2000年に日商岩井株式会社(現・双日株式会社)のクレジット部門の社員3名によって設立されました。(現在の双日株式会社)。) 同社は、経営判断に不可欠な与信管理業務の効率化を目的に、与信審査部門のアウトソーシング会社として設立されました。また、同社は東京商工リサーチの企業データベースをマザーデータベースとして利用しています。

 

このほか与信管理支援サービスに加えて、販売支援サービスを提供するために、子会社のリスモン・マッスルデータ株式会社を設立しています。人事・総務支援サービスでは、eラーニングのサイバックス株式会社への出資や、ソフトブレーン株式会社との提携を行っています。

 

参考リンク:リスクモンスター(公式サイト)

 

クレディセイフ

クレディッドセーフ・ジャパン(CSJP)は、欧州の大手信用調査会社であるクレディッドセーフ・グループの日本法人です。同社の事業は、企業の信用調査およびオンライン企業情報サービスの提供です。

 

CSJPは、1997年にノルウェーで設立されて以来、欧州全域で事業を拡大し、現在、英国、米国、ドイツ、フランス、オランダなど12カ国16拠点で1,500人以上の従業員が働いています。

 

また3億2,000万件以上のビジネスプロファイルを保有し、年間1億1,000万件以上のビジネスインテリジェンスレポートを世界中の10万人以上のお客様に提供しています。本サービスは、2016年に東京都と福岡県にアジア初のオフィスを開設しました。

 

参考リンク:クレディセイフ(公式サイト)

 

海外企業の格付け

 

世界には数十社の格付け会社がありますが、その中でも有名な国際的な格付け会社を厳選してご紹介します。

 

  • S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
  • Moody’s(ムーディーズ)
  • Fitch Ratings(フィッチ・レーティングス)

 

S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)

 

S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は、S&Pグローバル社(NYSE:SPGI)の一部門で、金融商品、企業、政府に関する信用意見や投資情報を提供する世界最大の信用格付機関です。同社は、米国ニューヨークに本社を置き、世界26カ国に拠点を置いています。

 

企業や銀行などの金融機関(株式や債券の発行者)の信用力を評価しており、2013年には世界のGDPの約5%に相当する3.5兆ドル(約357兆円)の債務に信用格付けを付与しました。

 

参考リンク:S&P(公式サイト)

 

Moody’s(ムーディーズ)

 

Moody’s(ムーディーズ)通称ムーディーズは、ムーディーズ・コーポレーションの債券信用格付事業であり、ムーディーズの伝統的な事業と歴史的な名称を表しています。

 

商業および政府機関が発行する債務証券に関する国際的な金融調査を行っており、スタンダード&プアーズ、フィッチ・グループとともに、ビッグ3と呼ばれる格付機関のひとつです。

 

参考リンク:Moody’s(公式サイト)

 

Fitch Ratings(フィッチ・レーティングス)

 

Fitch Ratings(フィッチ・レーティングス)は、英国ロンドンおよび米国ニューヨークに本拠を置く民間企業で、金融商品、企業、政府に対する独立した信用格付けを提供しており、金融商品、企業、政府に対する独立した信用格付けを提供しています。

 

参考リンク:Fitch Ratings(公式サイト)

 

まとめ

 

今回は帝国データバンクと、帝国データバンクによる企業信用調査について解説しました。みなさんも評点をアップし、取引先や金融機関から信頼される企業を目指しましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

※ 本記事に関する質問・お問い合わせは、以下のフォームにて受付しています。

 

資金調達プロ(お問い合わせ)

 

 

資金調達プロ「お金の」アンケート

副業に関するアンケートを実施|国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロ

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが副業に関するアンケートを実施

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが、ビジネスローン(事業融資)に関するアンケートを実施

クラウドファンディングの利用状況調査 資金調達プロが「クラウドファンディング」のアンケートを実施!

経営者や個人事業主でもほとんどの人が知らない?ファクタリングと手形割引に関するアンケート

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが副業に関するアンケートを実施

カードローンのイメージは怖い・嫌い?資金調達プロが「カードローン」の意識調査を実施!

 

スキルアップにおすすめの国家資格一覧

上級システムアドミニストレータ試験

ITストラテジスト試験

ITサービスマネージャー試験

プロジェクトマネージャ試験

アプリケーションエンジニア試験

情報処理安全確保支援士

テクニカルエンジニア(データベース)試験

情報セキュリティマネジメント

ウェブデザイン技能検定

応用情報技術者試験

ITパスポート試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

情報セキュリティスペシャリスト試験

システム監査技術者試験

システムアーキテクト試験

ネットワークスペシャリスト試験

基本情報技術者試験

情報セキュリティーアドミニストレータ試験

テクニカルエンジニア(システム管理)試験

データベーススペシャリスト試験

テクニカルイラストレーション技能士

広告美術仕上げ技能士

税理士試験

公認会計士試験

社会保険労務士試験

中小企業診断士試験

貸金業務取扱主任者

キャリアコンサルタント

通関士

通訳案内業

旅行業務主任者/旅行業務取扱管理者

ファイナンシャル・プランニング技能士試験

金融窓口サービス技能士試験

公認心理師

精神保健福祉士試験

 

海外の有名な投資家

 Neil Shen

Bill Gurley

Jim Goetz

Hans Tung

Mary Meeker

Neeraj Agrawal

Eric Paley

 

日本の有名な投資家

佐藤裕介

中川綾太郎

高野秀敏

赤坂優

家入一真

川田尚吾

有安伸宏

古川健介

日本の有名な個人投資家

CIS氏(森貴義氏)

BNF氏(小手川隆氏)

 

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

財務省【公式】Twitter

経済産業省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式Facebook

内閣府【公式】Facebook

厚生労働省【公式】Facebook

金融庁【公式】Facebook(学生向け)

財務省【公式】 Facebook

経済産業省【公式】Facebook(学生向け)

消費者庁【公式】Facebook

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式LINEアカウント

金融庁 経済対策 サポート!

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

Youtube

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

厚生労働省【公式】Youtube

日本年金機構【公式】Youtube

消費者庁PR動画

法務省【公式】Youtube

マイナンバー制度【内閣官房・内閣府】

国民保護チャンネル

財務省【公式】Youtube
※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

カテゴリー

公的融資制度

資産運用

金融機関からの借入

個人投資家からの借入

ベンチャーキャピタルからの出資

助成金・補助金

事業者ローン

ファクタリング

カードローン

クレジットカード

親族・知人からの借入

ネット銀行

ネット証券

FX・投資

お金を稼ぐ・副業

フリーランス

その他

お金を借りる

お金を作る

お金を稼ぐ

お金をもらう

お金を増やす

ネット副業

カードローン

クレジットカード

三井住友カード

楽天カード

ファクタリング

ビジネスローン

おまとめローン

銀行融資

請求書買取

フリーランス

日本政策金融公庫

クラウドファンディング

マクアケ

投資・資産運用

個人投資家

仮想通貨

法人の節税

ニュース

ガイド

オフィス

ランキング

コラム

ポリシー

プライバシー

サイトマップ

運営元

資金調達プロ

 

 

【資金調達プロ】YouTubeチャンネル


資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram

□ 資金調達プロのFacebook

□ 資金調達プロのnewspicks

□ 資金調達プロのAmebaブログ

□ note|資金調達プロ

 

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集

ビジネス関連|ニュースサイト一覧

労働問題の解決に役立つサイト一覧

上場・IPO・証券取引関連情報

お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧

公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧

中小企業・起業に役立つサイト一覧

官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫

クラウドファンディング協会

信用保証協会

日本信用情報機構(JICC)

CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

金融庁

中小企業庁

日本弁護士連合会

フリーランス協会

一般社団法人 全国銀行協会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人日本クレジット協会

JCCA 日本クレジットカード協会

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

資金調達プロで紹介している金融機関

イオン銀行

auじぶん銀行

楽天銀行

PayPay銀行

新生銀行

住信SBIネット銀行

ソニー銀行

あおぞら銀行

GMOあおぞらネット銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

りそな銀行

ゆうちょ銀行

横浜銀行

埼玉りそな銀行

千葉銀行

静岡銀行

常陽銀行

東京スター銀行

関西アーバン銀行

スルガ銀行

北洋銀行

北海道銀行

みちのく銀行

岩手銀行

北日本銀行

秋田銀行

仙台銀行

北都銀行

きらやか銀行

荘内銀行

山形銀行

大東銀行

東邦銀行

福島銀行

常陽銀行

筑波銀行

足利銀行

栃木銀行

東日本銀行

神奈川銀行

第四北越銀行

北越銀行

富山銀行

北陸銀行

北國銀行

福井銀行

福邦銀行

長野銀行

八十二銀行

大垣共立銀行

十六銀行

静岡銀行

静岡中央銀行

清水銀行

愛知銀行

中京銀行

名古屋銀行

第三銀行

百五銀行

三重銀行

滋賀銀行

京都銀行

池田泉州銀行

大正銀行

但馬銀行

みなと銀行

南都銀行

紀陽銀行

山陰合同銀行

鳥取銀行

島根銀行

中国銀行

トマト銀行

広島銀行

もみじ銀行

西京銀行

山口銀行

阿波銀行

徳島銀行

徳島大正銀行

香川銀行

百十四銀行

伊予銀行

愛媛銀行

高知銀行

四国銀行

北九州銀行

筑邦銀行

西日本シティ銀行

福岡銀行

福岡中央銀行

佐賀共栄銀行

佐賀銀行

十八親和銀行

長崎銀行

熊本銀行

肥後銀行

大分銀行

豊和銀行

宮崎銀行

宮崎太陽銀行

鹿児島銀行

南日本銀行

沖縄海邦銀行

琉球銀行

旭川信用金庫

大阪信用金庫

京都信用金庫

京都中央信用金庫

きのくに信用金庫

近畿労働金庫

但陽信用金庫

富山信用金庫

のと共栄信用金庫

山形信用金庫

三井住友信託銀行

日本政策金融公庫(公式サイト)

全国の日本政策金融公庫

 

資金調達プロで紹介しているクレジットカード

オリエントコーポレーション

クレディセゾン

JCB

セゾンファンデックス

ビジネスパートナー

三井住友カード

全日信販

三菱UFJニコス

楽天カード

JCB CARD W

Orico Card THE POINT

イオンカードセレクト

dカード

三井住友カード

dカードGOLD

ビックカメラSuicaカード

セブンカード・プラス

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

au PAY カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

JCB CARD W plus L

三井住友カード プラチナプリファード

JCBゴールド

楽天ゴールドカード

リクルートカード

ダイナースクラブカード

ビュー・スイカカード

 

記事の理解に役立つ関連リンク

金融庁

経済産業省

日本弁護士連合会

全国銀行協会

JICC日本信用情報機構

日本信用情報機構

カードローンおすすめ比較&人気ランキング

ネット銀行, インターネットバンキング, 銀行比較, おすすめネット銀行

 

■ shikin-pro.com 2021

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

Amebaブログ|資金調達プロ

Amebaブログでも情報を発信しています。

note|資金調達プロ

資金調達プロのTommyのnoteです。

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

にほんブログ村 経済ブログへ

にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。
JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/23 12:32
    無料診断がされました。
  • 10/23 12:00
    無料診断がされました。
  • 10/23 11:54
    無料診断がされました。
  • 10/23 10:22
    無料診断がされました。
  • 10/23 06:08
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(194件)

1 2 3 4 5 38

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,518件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる