売掛債権を早期に現金化するファクタリングとは?種類やメリット・デメリットとおすすめの優良業者3選

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/11/28

債権 現金化 アイキャッチ

売掛債権を早期に現金化するファクタリンとは?

債権譲渡とファクタリングの違いは?
ファクタリングは取り立てがやばいなどあるけど大丈夫なの?

この記事では上記のような疑問を解決する内容になっています。

売掛債権とは、支払いを受ける権利のことを指しており、例えばクライアントに依頼された業務を達成・納品などすることで、この権利を持つことができます。

請求書のようなものだと覚えておくだけで大丈夫です。

この売掛債権ですが、取引先によっては入金まで数ヶ月かかる場合もあり、事業を営む経営者の方は経験したことがある人もいるはず。

売掛債権は、ファクタリングというサービスを使うことで入金日よりも早く、手数料を引いた金額で現金化することが可能です。

「入金日まで運転資金が足りない」「給与を支払えない」「急な出費でお金がない」などの際に銀行で融資を受ける必要なく資金調達できます。

今回はそんな便利サービス「ファクタリング」の概要やメリット・デメリットと利用方法などについて詳しく解説していきます。

現在、資金繰りに悩んでいる経営者の方はこの記事で抱えているお金周りの問題を解決することができるようになるので必見です!

売掛債権を早期に現金化するファクタリングとは

債権 現金化 早期

売掛債権は早期に現金化することができます。

売掛債権を早期に現金化することをファクタリングと言い、 融資を利用せずとも素早く資金を調達可能 です。

ここでは、売掛債権を早期に現金化する手段であるファクタリングがなぜ近年注目されているのか、その背景について解説します。

ファクタリング
ファクタリングとは、売掛債権を早期に現金化する手段です。ファクタリングサービスを提供している業者に申し込みを行って、売掛債権譲渡契約を締結することで、期日よりも早く売掛債権金額から手数料を差し引いた現金を回収できます。

ファクタリングが近年注目される背景

ファクタリングが近年注目されている理由は、 ファクタリングが素早い資金調達が可能な方法だから です。

企業は、商品・製品・サービスを提供するとその対価として売掛債権を得られます。

売掛債権は、取引先から支払いが行われる期日が決まっているので、支払期日にならないと入金されません。

支払期日までは現金が得られないので、売上がたっても手元に現金が入るまでには時間が掛かかります。

つまり、 売上から入金まではタイムラグがある わけです。

タイムラグがある期間にも、仕入債務や借入金の返済など、会社は支払いを行わなければなりません。

タイムラグの間に支払いがあると、会社から資金がなくなって資金繰りが悪化してしまう可能性があります。

現金が手元になくなり支払いができなくなれば、会社は信用を失い、最悪のケースでは倒産してしまいます。

ファクタリングを利用すれば、タイムラグを埋めて、早期に売掛債権を現金化でき、資金繰りの悪化を防げるようになります。

ファクタリングのメリット

債権 現金化 メリット

ファクタリングサービスを利用することで企業が得られるメリットは以下の4つです。

ファクタリングのメリット
・期日よりも早く資金を回収できる
・貸付ではないので融資枠を利用しないで済む
・銀行融資と比べて審査が優しい
・売掛債権の貸倒リスクを軽減できる

ファクタリングサービスを利用すれば、取引先の支払い期日よりも早く資金を回収できるため、手元の現金が増え、資金繰りがよくなります。

手元の現金は銀行などの金融機関から融資などを通じて増やすこともできますが、融資を受けられる金額には限度があるのが普通です。

この点、ファクタリングサービスは、銀行融資ではなく、債権の早期回収であるため、限りある融資枠を使用しないで済みます。

売掛債権を早期に回収するだけなので、 自社の財務状況や経営成績とは関係なく資金を調達でき、銀行融資ほど審査は厳しくありません

売掛債権は、貸倒リスクがありますが、ファクタリングを利用して早期に債権を回収すれば、貸倒リスクを軽減できます。

用語テキスト
貸倒リスクとは、売掛債権が回収できないリスクのことを言います。

ファクタリングのデメリット

債権 現金化 デメリット

ファクタリングサービスを利用することで企業が被る可能性があるデメリットは以下の3つです。

ファクタリングのデメリット
・手数料がかかる
・ファクタリングサービスに依存しすぎると資金繰りが逆に悪化する
・ファクタリング事業者を装ったヤミ金融業者に騙される

ファクタリングサービスの利用には手数料がかかります。

たとえば、ファクタリングを利用しない場合、債権金額が100万円あれば、期日になると取引先から100万円分の支払いがあります。

しかし、ファクタリングを利用すると、債権金額である100万円から、一定の手数料をファクタリング事業者に支払わなければならないので、回収できる金額は手数料が差し引かれた金額となります。

MEMO
ファクタリング事業者によって手数料は異なるので注意してください。

このことは、 ファクタリングサービスを利用すればするほど手数料がかかり、回収できる資金が目減りする ことを意味しています。

結果として、ファクタリングサービスに依存すると、回収できる資金が目減りして、資金繰りが悪化する可能性があるわけです。

ファクタリングの人気を利用して高額な手数料をとろうとするファクタリング事業者もいるため注意する必要があります。

金融庁がファクタリングに関する注意喚起!

金融庁は、ファクタリングサービスの利用者に対して注意喚起を行っています(出典:ファクタリングに関する注意喚起|金融庁)。

ファクタリングサービスは近年急速に拡大していますが、 ファクタリング事業者のなかには、高額な手数料をとる悪徳な事業者も混ざっている のが現状です。

悪徳なファクタリング事業者に高額な手数料を支払ってしまうと、本来受け取る現金よりも少ない金額しか受け取れなくなります。

そうなれば、ファクタリングの利用によって余計に資金繰りが悪化してしまうので注意が必要です。

ファクタリングの種類

債権 現金化 ファクタリング 種類

ファクタリングサービスは大きく分けると以下の2つに分類できます。

・買取型ファクタリング
・保証型ファクタリング

名前は似ていますが、2つのファクタリングサービスはまったく性質の異なるもので、利用する場面も違うことを理解しておくことが大切です。

それぞれのファクタリングサービスについて説明していきます。

買取型ファクタリングの仕組み

買取型ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング事業者が買取るタイプのファクタリングサービスです。

ファクタリング事業者に売掛債権を買い取ってもらうことで、期日よりも早く売掛債権を現金化できます。

一般に、ファクタリングと言えば、買取型ファクタリングを指すことが多いです。

買取型ファクタリングが利用されるケースは、売掛債権の早期現金化のケース となります。

保証型ファクタリングの仕組み

保証型ファクタリングとは、売掛債権の回収をファクタリング事業者に保証してもらうタイプのファクタリングサービスです。

ファクタリング事業者に売掛債権を保障してもらうことで貸倒リスクを軽減できます。

取引先が倒産して売掛債権が回収できないリスクに備えるためのサービス です。

保証型ファクタリングが利用されるケースは、売掛債権の貸倒れリスクに備えるケースとなります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

債権 現金化 2社間ファクタリング 3社間ファクタリング

買取型ファクタリングは、ファクタリングサービスに何社の会社が関わるかに応じて、さらに細かく2つに分類できます。

・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、手数料などに違いがあるので、その違いを理解しておくことが大切です。

ここからは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの特徴について説明します。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングとは、ファクタリングサービスを利用する企業・個人とファクタリング事業者の2社間で取引が完結するファクタリングを言います。

売掛債権の支払いを行う取引先を巻き込まずにファクタリング契約が成立するため、 素早い資金調達ができる というメリットがあります。

一方で、ファクタリング事業者が取引先から売掛債権を回収できるかどうかは確定しないため、手数料は高くなる傾向があるというデメリットがあるので注意してください。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングとは、ファクタリングを利用する企業・個人、ファクタリング事業者、売掛債権の支払いを行う取引先の3社間で取引が完結するファクタリングを言います。

売掛債権の支払いを行う取引先を巻き込んでファクタリング契約を成立させなければならないので、時間がかかる傾向にあるというデメリットがあります。

一方で、取引先にあらかじめファクタリング事業者に債権を譲渡する旨が通知されることから、 ファクタリング事業者が売掛債権を回収できる可能性が高くなる分、手数料は安くなる というメリットがあります。

MEMO
ファクタリング事業者に債権を譲渡する旨、取引先に通知することを債権譲渡通知と呼びます。

ファクタリングサービスを提供する業者のタイプ

債権 現金化 業者 タイプ

ファクタリングサービスを提供する業者は数多く存在しますが、 ファクタリング業者にも得意・不得意があります。

上場企業のように売上規模の大きな会社を主なターゲットとしてファクタリングサービスを提供しているところもあれば、小規模事業者や個人事業主を主なターゲットとしている業者もいます。

法人・個人のどちらをターゲットとしてサービスを展開しているかによっても、業者のタイプは異なるのが普通です。

業者によって得意とする業界や分野があるため、自社が受けたいサービスを得意とする業者を利用する必要があります。

特に、以下の分野については明確に得意・不得意が分かれるので注意してください。

・診療報酬・介護報酬などのファクタリングサービス
・建設業のファクタリングサービス

以下では、それぞれのファクタリングの特徴を説明します。

診療報酬・介護報酬などのファクタリングサービス

診療報酬・介護報酬などのファクタリングサービスは、医療・介護サービスを提供している企業向けのファクタリングサービスです。

診療報酬債権、介護報酬債権、調剤報酬債権といった医療・介護サービスを提供している企業が保有している債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、早期現金化を実現するサービスとなっています。

医療・介護機関の売掛債権が現金化するまでには、通常、2〜3ヶ月程度の期間が必要です。

しかし、 診療報酬・介護報酬などのファクタリングサービスを利用することで、より短い期間で債権を現金化でき、資金繰りが楽に なります。

建設業に強いファクタリングサービス

建設業では、着工から入金までの期間が長くなる傾向があります。

建設業界では、工事依頼を受けて着工してから実際に売掛債権が現金化されるまで半年以上かかることも珍しくありません。

そこで、建設業界では、ファクタリングサービスを利用することで、売掛債権の早期現金化を図るケースが増えています。

建設業界では、工事の受注が増えれば増えるほど、材料費や外注費などの支出がかさみ、資金繰りが苦しくなるケースが多い です。

そこで、ファクタリングサービスを利用すれば、売掛債権の早期現金化が可能となり、資金繰りに余裕ができます。

売掛金が現金化されるまでの一般的な流れ

債権 現金化 流れ

ファクタリング業者が提供するファクタリングサービスを利用して売掛金が現金化されるまでには、一般に次のような流れを経ることになります。

なお、以下の流れは2社間ファクタリングの流れを示しています。

  1. 取引先に対する売掛債権の発生
  2. ファクタリング業者へファクタリングサービスに関する相談・問い合わせ
  3. ファクタリング業者とファクタリング契約の締結
  4. ファクタリング業者に請求金額の通知
  5. ファクタリング業者から早期で売掛債権の支払金を受領
  6. 取引先からの売掛金の支払いを受領
  7. 受領した資金をファクタリング業者に支払い

売掛金が現金化されるまでの期間は最速で即日ですが、ファクタリング事業者によって異なる ので、迅速な現金化が必要な場合はあらかじめファクタリング事業者に問い合わせてください。

売掛債権を現金化してくれるおすすめの優良ファクタリング業者3選

債権 現金化 おすすめ 業者

この章では、ここまでの説明を踏まえたうえで、売掛債権を現金化してくれるおすすめの優良ファクタリング業者を厳選して3つ紹介していきます。

サービス名 ファクタリングの種類 手数料 入金スピード 利用可能額 法人or個人 申し込み方法
ビートレーディング 2社間・3社間ファクタリング 100万円未満(10%~)
101~500万円(5%~)
501~1000万円(2%~)
1001万円以上(別途相談)
即日入金可能
(確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で完了)
3万円~7億円までの買取実績有り 法人可能、個人は個人事業主であれば可能 対面・オンラインともに可能
日本中小企業金融サポート機構 2社間・3社間ファクタリング 非開示(要問い合わせ) 非開示(要問い合わせ) 非開示(要問い合わせ) 法人可能、個人は個人事業主であれば可能 一部オンラインでの利用可能
labol(ラボル) 2社間ファクタリング 一律買取額の10% 即日入金可能 1万円~ 小規模事業者、個人事業主であれば可能 Web完結で申込可能

ビートレーディング

債権 現金化 ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングがおすすめの人の特徴
・ウェブ上で手続きを完結させたい人
・様々な書類を揃えるのが面等な人
・経験豊富なファクタリング事業者から資金を調達したい人
・法人・個人事業主

株式会社ビートレーディングは、2012年に設立されたファクタリング事業者です。

日本全国どこからでもファクタリングサービスを利用できます。

ファクタリング事業者として、取引実績3.7万社以上、累計買取額900億円(2022年3月時点)を達成するなど、経験豊富なファクタリング事業者であることが最大の魅力です。

オンライン契約を導入して手続きを簡素化し、最短5時間での入金を実現 しています。

ファクタリングを利用するにあたって審査の際に必要となる書類についても簡素化されているので、資金調達までの手続きも簡単です。

原則として、提出が必要な書類は、売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)と、売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)だけとなっています。

なお、賃金業を営む事業者ではないため、給与ファクタリングの取扱いはありません。

経験豊富なファクタリング事業者から資金を調達したい人にぴったりのファクタリング事業者です。

会社名 株式会社ビートレーディング
設立年 2012年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 最短5時間で入金が可能
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 手数料は2者間ファクタリングで4%~12%程度、3者間ファクタリングで2%~9%程度 調達額 3万円~7億円までの買取実績有り オンライン利用 可能 公式ホームページ https://betrading.jp/

日本中小企業金融サポート機構

債権 現金化 日本中小企業金融サポート機構公式サイト

日本中小企業金融サポート機構がおすすめの人の特徴
・はじめてファクタリングを利用する人
・ファクタリング以外にも相談したいことがある人
・資金調達についてまずは相談だけでもしてみたい人
・法人・個人事業主

日本中小企業金融サポート機構は、資金調達に関する斡旋及び仲介業務、並びに資金調達、資本政策、企業の財務及び事業再生等に関するアドバイザリー及びコンサルティング業務を遂行する事業者です。

ファクタリング事業だけではなく、様々な事業を展開しているのが特徴となります。

ファクタリング事業者として、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関として事業を展開しており、信頼度の高いファクタリング事業者です。

無料相談を受けて、その後、提案を受け、サービスを利用するかどうかを判断します。

相談だけなら無料ででき、ファクタリングのような資金調達の相談だけでなく、様々な経営の悩みに親身になって相談にのってくれるサービスを提供しています。

問い合わせ・相談のうえでのファクタリング利用となるので、入金までに少し時間がかかるものの、安心感のあるサービスが最大の魅力 です。

会社名 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
設立年 2017年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 当日中
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 個人事業主であれば可能 調達額 個人事業主であれば可能 オンライン利用 一部可能 公式ホームページ https://chushokigyo-support.or.jp//

labol(ラボル)

債権 現金化 labol(ラボル)公式サイト

labol(ラボル)がおすすめの人の特徴
・小規模事業者・個人事業主
・Web上で手続きを完結させたい人
・わかりやすい料金設定に魅力を感じる人
・即日入金を希望する人

labol(ラボル)は、株式会社ラボルが運営する小規模事業者、個人事業主に対するサービスに特化したファクタリング事業者です。

業界最速水準の最短60分での入金を実現しており、銀行の営業時間に制限されない24時間365日振込が可能となっています。

面談不要・Web完結で申込みが可能で、決算書・入出金明細・契約書などの面倒な書類は不要 です。

Web完結で簡単なのは、小規模事業者、個人事業主に特化したサービスを提供しているからで、独立直後でも新規の取引先でも、業種・職種問わず利用可能となっているのも魅力です。

電話や郵送は一切なしで利用でき、取引先に利用が知らされる心配もありません。

少額の利用でもリーズナブルに利用でき、手数料は一律10%と利用しやすくなっています。

振込手数料などの他の費用も一切かかりません。

会社名 株式会社ラボル
設立年 2021年
契約方法 2社間ファクタリング
入金スピード 即日入金可能
法人利用 可能(小規模事業者を推奨) 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 一律買取額の10% 調達額 1万円~ オンライン利用 Web完結で申し込み可能 公式ホームページ https://labol.co.jp/

債権と現金化のまとめ

債権 現金化 まとめ
この記事では、安心して利用でき、債権の早期現金化に実績のあるファクタリング業者を3社厳選してご紹介しました。

ファクタリングサービスを利用すれば債権を早期に現金化することができます。

ファクタリングは融資ではないので融資枠を利用せずに資金を調達可能です。

資金繰りに苦しんでいる方は、 ファクタリングを利用することで債権を早期に現金化でき、支払いのために資金を回せます

ただし、ファクタリングを利用するとファクタリング業者に手数料の支払いが必要となる点には注意が必要です。

ファクタリングサービスの利用者が増えている一方で、 金融庁が注意換喚起を行うなど、高額な手数料を要求する悪徳なファクタリング事業者も存在しているので、騙されないように してください。

騙されないようにするためには、ファクタリングの仕組みと、売掛金が現金化されるまでの一般的な流れを理解しておくことが大切です。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • o***v様が
    300万円を調達しました。

  • b***v様が
    800万円を調達しました。

  • n****u様が
    900万円を調達しました。

  • o**w様が
    700万円を調達しました。

  • w***l様が
    800万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング