アメックスビジネスカードで審査落ちする理由とは?審査期間や日数と審査落ちの場合の対策について

運営事務局
運営事務局
更新日2023/1/23

アメックスビジネスカード 審査 アイキャッチ

アメックスビジネスカード審査落ちする理由は?

アメックスビジネスカードの審査期間について知りたい!

アメックスビジネスカードは個人事業主でも審査に通るの?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

アメックスビジネスカードは、ステータスだけでなく実用性も兼ね備えた魅力的な法人カードです。

カードは3種類あり、年会費や付帯しているサービス、優待特典などに違いがあります。

富裕層しか持てないようなイメージがありますが、実際は 起業してすぐの人や個人事業主でも申し込み可能です。

ただし、審査に通るためには一定の基準を満たさなければならず、審査落ちしてしまう可能性は十分にあります。

そこで今回は、アメックスビジネスカードで審査落ちする理由や対処について、審査にかかる日数やメリットについても詳しく解説します。

これからアメックスビジネスカードの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

アメックスビジネスカードをざっくり言うと・・・
  • ステータスの高い法人カード
  • 付帯保険やサービス、優待特典が充実している
  • 審査は会社ではなく個人の信用が重要
  • 出張や旅行が多い人は特におすすめ

アメックスビジネスカードの審査基準は非公開

アメックスビジネスカード 審査 非公開
アメックスビジネスカードの審査基準は非公開となっており、詳しい判定基準は分かりません。

とはいえ、基本的にはどこのクレジットカード会社も、審査基準は非公開です。

審査基準は、クレジットカード会社ごとで細かく設けており、その基準をクリアできれば審査に通過できます。

なかでも、アメックスビジネスカードの基準は 「会社と個人の返済できる能力」と「確実な住所があるかどうか」を重視していると考えられており、そのほか安定した収入も必要です。

会社ではなく申込者個人の情報で判断している

アメックスビジネスカードでは、 審査の際に会社ではなく申込者個人をみて審査しているといわれています。

一般的な審査では、開業したてではなく設立から2〜3年ほど経過していることを条件にしていることが多くあります。

なぜなら、収益の有無や会社の安定性で審査をしているからです。

ただし、アメックスビジネスカードの場合は、開業して間もない個人事業主でも審査に通ったり、法人成りしたばかりでも作成できた事例があります。

そのため、会社ではなく個人で判断していると考えられるのです。

申込者の直近の利用状況や信用情報を重視しているので限度額がない

他社のビジネスカードには限度額がありますが、アメックスビジネスカードには、限度額の設定がありません。

アメックスビジネスカードでは、直近の利用状況や信用情報を重視しています。

信用情報とは
年収やクレジットカードなどのローン契約などについて、契約内容や支払い状況などを登録した個人情報のことです。

限度額は上限下限とも決まっておらず、申込者に適した限度額がその都度決定されます。

一般的に下限の限度額が大きければ大きいほど、審査が厳しくなりますが、申込者ごとに設定されるのであれば低い額で発行することも可能です。

利用できる目安額が小さければ、審査に通りやすくなるとも考えられるため、発行のハードルは下がる可能性があります。

アメックスのビジネスカードで審査落ちする理由は6つ

アメックスビジネスカード 審査落ち 理由
アメックスビジネスカードの審査にはいくつかの要件があり、満たない場合には審査落ちしてしまう可能性が非常に高くなります。

ここでは、アメックスビジネスカードで審査落ちしてしまう理由を6つ詳しく解説します。

審査に通るか不安な人は、ぜひ参考にしてみてください。

アメックスビジネスカードで審査落ちする理由
  • 申し込み資格・条件を満たしていない
  • 信用情報の状態が良くない
  • 事業の実態が不透明
  • 多重申込をしている
  • カード保有枚数が多い|利用残高多が影響
  • 本人確認書類の不備や提出漏れ

申し込み資格・条件を満たしていない

まず、アメックスビジネスカードの申し込みをする前に、申し込み資格や条件を満たしているかを確認することが大切です。

アメックスビジネスカードの申し込み資格や条件は以下の通りです。

  1. 20歳以上である
  2. 法人の代表または個人事業主である
  3. 一定以上の収入がある
  4. 個人属性に信用がある

20歳以上の法人代表または個人事業主であれば、アメックスビジネスカードへの申し込みができます。

また、 本業である必要もなく、副業の人でも申し込みが可能です。

本業でも副業でも申し込める条件として、一番重要なのが「一定の収入があるか」どうかです。

アメックスビジネスカードの場合、年収300万前後は必要であるといわれています。

そして、個人属性にも信用があることが重要で、個人事業主の場合であれば実態が不透明なフリーランスよりも、医師や弁護士などの方が信用度が高いとされています。

副業の場合では、本業先やどれだけの勤続年数があるかも重要です。

信用情報の状態が良くない

申し込みで非常に重要となるのが、個人の信用状態です。

これは、一般的なクレジットカードの申し込みでは重要な項目で、アメックスビジネスカードに限ったことではありません。

個人の信用情報とは、国内の全てのカード会社において、カードの申し込み審査の際に、信用情報機関に登録されている情報のことです。

照会は法的に定められた義務であり、必ず確認して判断します。

個人の信用状態が悪い場合には、信用情報機関に延滞などの情報が登録されることとなり、審査に大きく影響します。

また、延滞など以外にもカードを多く所有している、短期間に多数のカード会社に申し込みをしているなどもマイナスポイントで、審査落ちになる可能性が高いです。

事業の実態が不透明

事業の実態が不透明な場合も、審査落ちになりやすい要因です。

法人よりも個人事業主の方が、事業実態が本当かどうか判断しづらい面があります。

特に、事業の実態が不透明と判断されるのが下記の5つです。

事業の信頼性が疑われる材料5つ
・事業用の固定電話がない
・自社のホームページがない
・事業用の銀行口座がない
・開業届が提出されていない
・事業用の事務所がない

フリーランスや個人事業主は、スマホだけで仕事の連絡をとっている場合が多く、事業専用で使用できる固定電話がないことは一般的にはマイナスです。

また、専用の事務所がないことや、プライベートと共通ではない銀行口座をもっていないことも、公私混同だと評価されやすいとされています。

審査においては、どの項目を重視しているかはわかりませんが、個人事業主の開業届などは簡単に出せるので、準備できるものはしておくと安心です。

多重申し込みをしている

多重申し込みをしている場合も、審査落ちしてしまう可能性が高いです。

多重申し込みとは
短期間で複数枚のクレジットカードを申し込むことです。クレジットカード会社にとっては、貸し倒れしてしまうと判断されることが多いため、審査落ちの要因となります。

クレジットカードの申し込みは、記録として信用情報機関に6ヶ月間残ります。

この期間内に、複数社のクレジットカード会社へ申し込みをしていると、お金に困っているもしくは何かの不正をしているのではと疑われ、審査に通りにくくなってしまいます。

もしも短期間に申し込みをする場合は、最後に申し込みをした日から6ヶ月は空けるようにしてください。

カード保有枚数が多い|利用残高多が影響

クレジットカードの保有枚数が多いことも、不審な行動として疑われる可能性があります。

多くの枚数を保有しているだけでなく、持っているにも関わらず利用が少ないようであれば、アメックスビジネスカードも利用しないかもしれないと懸念される材料となります。

保有をしているカードの中で、利用が少ないまたは利用していないものがあれば、申し込みの際に処分するようにしてください。

また、保有枚数が多いだけでなく、カードの利用残高が多すぎる場合も注意が必要です。

申し込み後、支払える能力を超えるのではと判断されやすく、カードの枚数が多いことよりもマイナスになってしまいます。

まずは、現在保有しているカードの枚数と利用残高を確認しておくと安心です。

本人確認書類の不備や提出漏れ

本人確認ができないことも、審査に落ちる理由のひとつです。

本人確認書類については、下記の中からひとつを選んで提出します。

アメックスビジネスカードの本人確認書類
・運転免許証
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード(写真付き)
・健康保険証
・住民票の写し(発行日より6ヵ月以内)
・パスポート
・特別永住者証明書
・在留カード

個人事業主であれば、本人確認書類だけしか必要なく、決算書などの実績証明は不要なので準備に手間はかかりません。

それでも不備や提出漏れがある場合は、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

また、公式サイトには書類の宛先とアメックスビジネスカードの宛先が異なる場合も発行できないとの記載があります。

そのため、本人確認書類については宛先の確認をしっかり行ってから提出するようにしてください。

アメックスビジネスカードの審査に通過するポイント

アメックスビジネスカード 審査 通過ポイント
アメックスビジネスカードの審査に落ちることなく通過するためには、いくつかのポイントを押さえておくと安心です。

ここでは、申し込み前に行っておくべきポイントを6つご紹介します。

これからアメックスビジネスカードを持とうと検討している人は、まず、申し込みの前にポイントを確認しておいてください。

アメックスビジネスカードの審査に通過するポイント
  • 支払い能力(年収)を上げる
  • ブラックリスト状態の人は削除されるのを待つ
  • クレジットカードヒストリー(クレヒス)を積む
  • 事業実態に透明性を持たせる
  • 使っていないカードの削除や借入の整理
  • 申し込み時の書類や個人情報の提出では不備や虚偽に注意する

支払い能力(年収)を上げる

支払い能力が不安かつ年収が少ない人は、収益がアップしてから申し込むと審査に通過しやすいです。

開業してから少ししか経過していない頃は、まだ収益が安定しておらず不安な人が多いはずです。

このようなタイミングで申し込みをしても、スムーズに審査に通ることが難しい可能性が高いです。

事業の収益が上がり、安定した収入が得られるようになってから申し込む方が審査落ちを回避できます。

ブラックリスト状態の人は削除されるのを待つ

過去に延滞していたり、破産していたりする場合は信用情報にしっかりと残ります。

このようなブラックリストに載っている場合には、 情報の登録期間が過ぎて抹消されるのを待ってから申し込む方が審査に通過しやすいです

ただし、延滞などの情報がいつまで登録されているかは、信用情報機関によって異なります。

例えば、指定信用情報機関であるCICだと、クレジット情報の保有期間は「契約期間中及び契約終了後5年以内」とされています。

要するに、解消から最大5年は延滞や破産などの情報が残っているということです。

クレジット情報は、Webで簡単に開示請求できるので、気になる場合は申し込み前に確認をしてみてください。

MEMO
クレジット情報の保有に関して、全銀協の全国銀行個人信用センターの官報情報にある「決定日から10年を超えない期間」が最長期間となっています。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)を積む

過去の利用履歴を確認できるクレジットヒストリーは、アメックスビジネスカードの審査の際にも参考にしていると考えられています。

そのため、 カードの利用経験がない人は、比較的作りやすいといわれている個人カードに申し込み、利用実績を積み上げることがおすすめです。

クレジットヒストリーとは
クレジットカードやローンなどの利用履歴と、それに関する信用情報のことです。本人識別情報や契約内容の情報、また支払い状況などの情報が細かく記録されています。

利用した場合は、遅延なく支払うことで、良い状態のクレジットヒストリーを積むことができ信用度も上がります。

事業実態に透明性を持たせる

法人だけでなく、個人事業主でも専用の銀行口座や固定電話を用意して、事業実態に透明性を持たせることも重要です。

審査では、事業の実態が不透明な場合は、信用性が失われ審査落ちする可能性が非常に高いです。

特に、フリーランスの人は、電話番号や銀行口座をプライベートと分けていないケースが多いので、事業実態を判断するのが難しい面があります。

口座開設や固定電話に加えて、事務所の開設や公式サイトの立ち上げなどができれば、事業実態をしっかりとアピールすることが可能です。

使っていないカードの削除や借入の整理

クレジットカードを複数枚持っている人は、不要なカードがないかを確認してください。

不要なカードがあれば削除して、必要なものだけに厳選しておきます。

そのほか、キャッシングなどの借入を利用している場合は、返済処理をしておくと安心です。

借入の整理をしないまま申し込みをすると、たとえ審査を通過しても、カードの利用限度額は低めに設定される可能性があるので注意してください。

申し込み時の書類や個人情報の提出では不備や虚偽に注意する

申し込みには、本人確認などの必要な書類を提出しなければなりません。

書類の不備や虚偽などがあると、審査落ちする原因となります。

アメックスビジネスカードの審査では、会社の実績よりも申込者個人の与信を重視して審査をしているとされています。

そのため、提出書類の不備や虚偽は、申込者の信用力がないと判断されやすいのです。

アメックスビジネスカードの必要書類は、他の会社と比べてもそこまで多くはないので、しっかりと確認してから提出することが重要です。

アメックスビジネスカードの申し込みから審査、カードが届くまでの日数・期間

アメックスビジネスカード 審査 申し込み
アメックスビジネスカードの申し込みは、公式サイトから申し込みフォームに必要な情報を入力します。

申し込みフォームの主な内容
・氏名
・住所
・生年月日
・事業内容
・売上高
・年間所得
・法人名または事業所
・事業所の住所 など

フォームに入力した内容を元に審査が行われますが、発行はすぐには行われず1ヶ月ほど時間がかかるので注意してください。

審査は3週間~1ヶ月、本人確認から10日後程度で届く

審査の完了までは3週間から、長くて1ヶ月ほどかかるとされているため、時間に余裕を持って申し込みをしてください。

まず、本人確認のために審査の途中で送付物が届きます。

届出の住所に本人がいてきちんと受け取りができれば、審査の最終段階をクリアしたと判断され、約10日ほどでカードが送られてきます。

必要な提出書類は法人の場合、申し込み後に提出のお願いメールが届いた段階で提出します。

個人事業主に関しては、カードが届いてから本人確認書類を提出する流れとなっており、法人とは異なるので注意してください。

ただし、審査の進行状況によっては個人事業主でも事前に提出する場合があります。

アメックスビジネスカードどれを選ぶべき?グリーン・ゴールド・プラチナで比較

アメックスビジネスカード 審査 比較

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
券面 アメックスビジネスカード グリーン 券面 アメックスビジネスカード ゴールド 券面 アメックスビジネスカード プラチナ 券面
年会費 13,200円(税込) 36,300円(税込) 143,000円(税込)
ポイント還元率 0.3〜1.0% 0.3〜1.0% 0.3〜1.0%
限度額 審査基準により異なる 審査基準により異なる 固定での限度額は設けていない
国際ブランド アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
追加カード 複数枚発行可能:1枚6,600円(税込) 複数枚発行可能:1枚13,200円(税込) 複数枚発行可能:1枚13,200円(税込)/4枚まで無料
ETC 発行手数料無料で20枚まで(追加カード会員は1枚のみ):年会費550円(税込) 発行手数料無料で20枚まで(追加カード会員は1枚のみ):年会費550円(税込) 発行手数料無料で20枚まで(追加カード会員は1枚のみ):年会費550円(税込)
会計ソフト freee会計へデータ連携可能 freee会計へデータ連携可能 freee会計へデータ連携可能
電子マネー・スマホ決済 QUICPay・スマホ決済可能 QUICPay・スマホ決済可能 QUICPay・スマホ決済可能
交換可能マイル ANAやJALなど16社 ANAやJALなど16社 ANAやJALなど16社
発行スピード 2〜3週間ほど 2〜3週間ほど 2〜3週間ほど

アメックスの一般的な法人カードは、全部で3種類あります。

まず、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(以下グリーンカードと記載)は、13,200円(税込)と年会費が一番安く、出張などが多い人に役立つ特典やサービスがついている法人カードです。

原則、決算書や確定申告の提出が必要ないため、自社の収益がない時でも入手がしやすいカードといえます。

そのため、特に起業したての人や個人事業主などにおすすめです。

ポイントやマイルを貯めやすく、ビジネスで利用できる特典が充実しています。

特に、空港ラウンジを無料で利用できるサービスなどが多数用意されているので、出張や旅行が多い人にメリットが多いカードです。

ただし、分割ができず一括やリボ払いのみなので、支払いの際は注意が必要です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがおすすめな人
  • 起業して間もない人や個人事業主
  • 書類の手続きが面倒な人
  • 出張や旅行が多い人

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下ゴールドカードと記載)は、年会費が36,300円(税込)とやや高めでステータス性の高い種類です。

2021年8月からはメタルカードの発行が開始され、今までよりもさらにハイステータスなカードとなりました。

カードの利用可能枠は一律で制限がないため、経費の支払いで高額になる場合にも安心して利用ができます。

一般的にマイルの還元率は0.3〜0.5%が多いなか、最高で1.0%の還元率となるためマイルを貯めたい人には特におすすめです。

そのほか、ビジネスに活かすことのできる空港ラウンジサービスやグルメクーポンなどが充実しています。

年会費が36,300円(税込)と高めな点はデメリットですが、年会費以上の付帯サービスや特典が利用できるゴールドカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがおすすめな人
  • ステータス性が高いカードを求めている人
  • 高額の利用が多い人
  • マイルを貯めたい人

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(以下プラチナカードと記載)は、 3種類の中でも特に、付帯保険や特典が充実しているカードです。

まず特徴的なのが、ゴールドカードやグリーンカードと比較してもダントツで高い年会費の143,000円(税込)です。

プラチナカードのステータス性やサービスなどは非常に充実していますが、年会費が高いことで申し込みを躊躇してしまうことも少なくありません。

ただし、 法人カードであれば年会費は全額経費計上できるため、黒字決算であれば持ちやすいといえます。

プラチナカードは、VIP向けのサービスや優待特典が充実しており、ビジネスだけでなく幅広いシーンで役に立つカードです。

VIP向けのサービスとは
海外から日本語で各種相談が可能な無料のデスクサービス「ビジネス・プラチナ・カード・アシスト」や、世界1,000ヶ所以上のホテルで客室アップグレードやレイトチェックアウトなどの特典を利用できる「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」などがあります。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードがおすすめな人
  • 手厚い付帯保険が欲しい人
  • ステータス性が高いカードを求めている人
  • VIP向けの優待特典が欲しい人

アメックスビジネスカードのメリット

アメックスビジネスカード 審査 メリット
特典や付帯サービスが充実しているアメックスビジネスカードには、4つのメリットがあります。

それぞれのメリットを紹介するので、申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

アメックスビジネスカードの4つのメリット
  • 明細はオンラインで確認できるので経費管理が楽になる
  • クラウド会計ソフト「freee」と連携できる
  • 海外で役立つ特典や保険が豊富
  • ビジネスシーンごとに活用できる特典や付帯サービスも充実!

明細はオンラインで確認できるので経費管理が楽になる

法人カードとしての役割を持つカードであれば、経費管理の機能は欠かせません。

アメックスビジネスカードは、利用明細をオンラインで確認することができます。

利用した明細書が発行できるので、仕分けをスムーズに行うことが可能です。

さらに、明細はデータでのダウンロードも可能なので、経費管理が非常に楽になるメリットがあります。

クラウド会計ソフト「freee」と連携できる

アメックスビジネスカードは、クラウド会計ソフト「freee」とAPI連携が可能です。

MEMO
クラウド会計ソフト「freee」は、中小企業や個人事業主向けの会計ソフトなので使用している事業者が多くいます。

連携することでカードの明細データをソフトに取り込むことができるため、経理処理が簡単に行えます。

クラウド会計ソフト「freee」は、毎日の経理処理や決算などで利用できるため、業務の効率化に非常に役立ちます。

海外で役立つ特典や保険が豊富

アメックスビジネスカードは、海外出張で利用できる便利な特典や保険が豊富です。

それぞれの種類によって補償額は異なりますが、国内外共に手厚い旅行傷害保険が備わっています。

さらに、ゴールドカード以上になると、プロテクションというさまざまな損害保険も備わります。

プロテクションの種類と特徴
  • 購入した商品の返品額を負担してくれる「リターン・プロテクション」
  • 購入した商品の破損や盗難被害の損害を補償してくれる「ショッピング・プロテクション」
  • 予定していた出張やコンサートなどのキャンセル費用を負担してくれる「キャンセル・プロテクション」など

また、飛行機を利用の際に空港ラウンジを無料利用できることだけでなく、突然の病気や怪我で出張をキャンセルしなければならない場合も安心です。

そのため、海外への出張が多いビジネスマンにとっては、非常に嬉しいサービスです。

MEMO
ビジネスプラチナ会員には、世界の高級ホテルチェーンでの無料宿泊特典などもあり一層豪華な特典がついています。

国内外の旅行傷害保険がしっかりあることで、出張や旅行の手配から帰国後のサービスまで、快適に過ごせる特典がしっかりと備わっているビジネスカードです。

ビジネスシーンごとに活用できる特典や付帯サービスも充実!

ビジネスでよくある接待などで活用できる、特典や付帯サービスも充実しています。

例えば、さまざまなシーンで手助けしてくれるコンシェルジュサービスや、従業員への福利厚生導入などのサービスなどがあります。

そのほか、「クラブオフ」へ入会すれば、さらに宿泊施設やレストランなどが優待料金で楽しむことが可能です。

アメックスビジネスカードのクラブオフとは
法人を対象とした福利厚生プログラムの会員制クラブサービスのことです。レジャー施設やホテルなどの宿泊が優待価格で利用できます。

まとめ

アメックスビジネスカード 審査 まとめ
アメックスビジネスカードは、充実した特典やサービスが魅力的な法人カードです。

法人はもちろんのこと、個人事業主でも申し込み可能で、審査はそれほど厳しくありません。

ただし、条件によっては審査落ちする可能性も十分に考えられます。

まずは、申し込みの前に審査に通過できない理由や通過のポイントなどを確認しておくと安心です。

年会費はそれなりにかかりますが、高いステータスとコストパフォーマンスの良さは、特に出張の多いビジネスマンにおすすめです。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r****t様が
    500万円を調達しました。

  • a*****d様が
    400万円を調達しました。

  • c******l様が
    600万円を調達しました。

  • b****r様が
    100万円を調達しました。

  • i*****w様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング