オリコビジネスカードGoldとは?審査基準やポイント還元率と限度額、オリコ EX Gold for Bizと比較

運営事務局
運営事務局
更新日2023/3/6
PR

オリコビジネスカードGoldとは

オリコビジネスカードGoldポイント還元率は?

オリコビジネスカードGold審査は厳しい?

オリコビジネスカードGoldはオリコEX Gold for Bizと何が違う?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

オリコビジネスカードGoldとは、 法人名義で契約する事業経費決済用の法人カード です。

利用限度額の高さや、年会費の安さを重視する法人におすすめできます。

今回は、オリコビジネスカードGoldの申し込みを検討している人に向けて、どのようなカードなのか、審査基準や申込資格はどうなのか、メリットやデメリットは何なのかを詳しく解説します。

この記事を読むと、オリコEX Gold for Bizとの違いなど、オリコビジネスカードGoldの詳細を理解したうえで申し込みの検討が可能です。

オリコビジネスカードGoldの申し込みを検討している人はぜひ参考にしてください。

オリコビジネスカードGoldをざっくり言うと・・・
  • オリコビジネスカードGoldは、 法人名義で契約する事業経費決済用の法人カード
  • 審査次第で最高1,000万円の利用限度額が設定される
  • 最大20枚発行できて年会費も安め
  • ポイントサービスがない点がデメリット
  • オリコビジネスカードGoldは、 利用限度額の高さや年会費の安さを重視する法人におすすめ!

オリコビジネスカードGoldとは?法人経費支払い対象のカード

オリコビジネスカードGoldとは

総合評価
年会費 初年度無料
2年目以降は1枚につき2,200円(税込)
ポイント還元率
ポイント名
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
ショッピング保険:補償期間90日、年間最高100万円、免責金額1万円
対応スマホ決済 Apple Pay(QUICPay)
おサイフケータイ対応スマートフォンはiDとQUICPay
追加カード(メンバーカード) 最大20枚
ETCカード 年会費無料
空港ラウンジ

オリコビジネスカードGoldがおすすめの人の特徴
  • ビジネスゴールドカードでも年会費が安いカードがほしい人(法人)
  • 設備仕入れなど高額の経費決済にカードを利用したい人(法人)
  • Mastercardのビジネス優待を利用したい人(法人)

オリコビジネスカードGoldは、 法人名義で契約する法人専用のビジネスカード です。

利用限度額は2期分の決算書を提出するなどにより、審査に応じて最高1,000万円まで設定される特徴があります。

ポイントサービスがない点はデメリットですが、比較的安い年会費で空港ラウンジを無料で利用できたり、最大20枚まで発行できたりする点がメリットです。

オリコビジネスカードGoldの審査基準・申込資格

オリコビジネスカードGoldとは 審査基準 申込資格
オリコビジネスカードGoldの審査基準申込資格を紹介します。

特にオリコビジネスカードGoldの申込資格は誤解されることが多く、誤ったまま申し込みをしてしまうと無駄な手間や時間を使ってしまいます。

申し込みを検討している人は、確実に把握してください。

オリコビジネスカードGoldの審査基準・申込資格
  • 申込資格は法人
  • 審査基準は非公開だが審査難易度は甘い傾向

申込資格は法人

オリコビジネスカードGoldの申込資格は、法人です。

法人名義で契約して発行される法人カードなので、法人代表者や個人事業者の名義では契約できません。

MEMO
ただし、法人の代表者はオリコビジネスカードGoldを利用してオリコに支払う負債などについて、連帯保証人になります。

もしオリコが発行する法人カードを検討しているなら、 法人代表者はEX Gold for Biz M(個人契約型)を、副業やフリーランスを含む個人事業主ならEX Gold for Biz S(個人契約型)を検討するのがおすすめ です。

審査基準は非公開だが審査難易度は甘い傾向

オリコビジネスカードGoldの審査基準は非公開ですが、 審査の難易度は甘い傾向にあると言われています。

審査難易度が甘い傾向にあると言われているのは、信販会社が発行している点と、申し込みにあたって法人の決算書が必須ではない点からです。

クレジットカードは多くの会社が発行していますが、なかでも信販会社は審査に通過しやすいと言われています。

明確な根拠があるわけではありませんが、オリコは1954年に創業した信販業界のフロントランナーであり、審査のノウハウが高いことも要因の1つだと考えられます。

また、オリコビジネスカードGoldは利用可能枠300万円以下であれば決算書の提出は不要です。

決算書の提出が必須とされているビジネスカードと比べると、審査難易度は甘い傾向にあると推測できます。

MEMO
ちなみに、ライフカードビジネスは希望限度額が200万円を超える場合に2期分の決算書の提出が必要です。

オリコビジネスカードGoldの申し込み必要書類

オリコビジネスカードGoldの申し込みに必要な書類は、入会申込書のほか、 法人と法人代表者の本人確認書類、利用可能枠300万円超の場合は2期分の決算報告書 です。

法人の本人確認書類は登記事項証明書、法人代表者の本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカードなどを指します。

利用可能枠300万円超なら2期分の決算報告書が必要となるため、創業したばかりの法人は基本的に300万円以下です。

オリコビジネスカードGoldの申し込みに必要な書類
  • 入会申込書
  • 法人の本人確認書類
  • 法人代表者の本人確認書類
  • 利用可能枠300万円超の場合は2期分の決算報告書

オリコビジネスカードGoldをもつメリット

オリコビジネスカードGoldとは メリット
オリコビジネスカードGoldをもつメリットは、 法人契約のゴールドカードとして年会費が安い ことなどが挙げられます。

オリコビジネスカードGoldのメリットを5つ紹介しますので、申し込みを検討するうえで参考にしてください。

オリコビジネスカードGoldをもつメリット
  • 年会費は初年度無料!翌年以降2200円と安い
  • メンバーカード(追加カード)は最大20枚まで発行可能!
  • 限度額が最大1000万円なので資金繰りで役立つ!
  • 個人単位で利用明細のチェックができる!
  • 年会費無料でETCカードも発行できる

年会費は初年度無料!翌年以降2,200円と安い

オリコビジネスカードGoldの 年会費は初年度無料で、翌年以降も2,200円(税込) と法人契約のゴールドカードとしては年会費が安い点がメリットです。

従業員を含めて10枚保有した場合、オリコビジネスカードGoldは年会費22,000円(税込)である一方、三井住友ビジネスゴールドカードでは年会費30,800円(税込)と年間8,800円(税込)の差が生じます。

法人が契約できるクレジットカード 年会費
オリコビジネスカードGold 初年度無料
翌年以降は1枚につき2,200円(税込)
三井住友ビジネスゴールドカード 11,000円(税込)
2枚目以降は1枚につき2,200円(税込)
NTTファイナンスBizゴールドカード 11,000円(税込)
2枚目以降は1枚につき2,200円(税込)
JCBゴールド法人カード 11,000円(税込)
オンライン入会で初年度無料
2枚目以降は1枚につき3,300円(税込)
ライフカードビジネスゴールドカード 初年度無料
翌年以降は1枚につき2,200円(税込)

メンバーカード(追加カード)は最大20枚まで発行可能!

オリコビジネスカードGoldは、最大20枚まで発行可能です。

一方で、オリコが発行する法人代表者向けのビジネスカード(個人契約)は、本会員1枚と追加カード3枚の最大4枚までしか発行できません。

そのため、オリコビジネスカードGoldは従業員が4人以上いる場合、つまり 5枚以上発行したい場合に適しています。

MEMO
なお、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドも、法人代表者や個人事業主向けの個人契約カードでありながら代表者を含めて最大20枚まで発行できます。

限度額が最大1,000万円なので資金繰りで役立つ!

オリコビジネスカードGoldの最大のメリットといえる特徴は、審査によって 利用限度額が最高1,000万円まで設定可能であることです。

利用限度額1,000万円は、主要な法人契約のクレジットカードとしては最高水準です。

高額の経費もクレジットカードで支払えるため、たとえば設備投資にも対応できます。

MEMO
クレジットカードで支払うと現金払いよりも最大で2か月ほど決済を遅らせることができるので、資金繰りも改善することが可能です。

また、法人に与えられる利用限度額のほかに、カードごとに個別の利用限度額を設定することもできます。

オリコビジネスカードGoldは、これまで利用限度額が不足してやむなく現金払いをしていた法人におすすめのビジネスカードです。

ただし、オリコビジネスカードGoldは利用してもポイントが付与されない点に注意が必要です。

法人が契約できるクレジットカード 利用限度額 年会費
オリコビジネスカードGold 1,000万円 初年度無料
翌年以降は1枚につき2,200円(税込)
三井住友ビジネスゴールドカード 300万円 11,000円(税込)
2枚目以降は1枚につき2,200円(税込)
NTTファイナンスBizゴールドカード 200万円 11,000円(税込)
2枚目以降は1枚につき2,200円(税込)
JCBゴールド法人カード 250万円 11,000円(税込)
オンライン入会で初年度無料
2枚目以降は1枚につき3,300円(税込)
ライフカードビジネスゴールドカード 500万円
500万円超も相談可
初年度無料
翌年以降は1枚につき2,200円(税込)

個人単位で利用明細のチェックができる!

オリコビジネスカードGoldは最大20枚発行でき、 カードごとに利用明細をチェックできます。

会員向けWebサービスの「eオリコサービス」に登録すると、Webでカードごとの利用日や利用先、利用金額を確認可能です。

どの従業員がどのようにカードを利用したかわかるため、無駄遣いをしていないかなどのチェックができます。

年会費無料でETCカードも発行できる

オリコビジネスカードGoldは、 年会費無料でETCカードを発行できる 点もメリットです。

社用車で有料道路を利用する機会が多い場合、ETCカードを利用すると現金の取扱いが減るため会計処理の負担を抑えられます。

そのほか、ETCカードは現金払いよりも支払いを遅らせることができる点、ETC割引を受けられる点などもメリットです。

ただし、法人が契約できるクレジットカードでETCカードの年会費が無料のカードは珍しくありません。

Mastercardビジネスアシストなどビジネスで役立つ特典もある

オリコビジネスカードGoldは、 Mastercardビジネスアシストなどビジネスで役立つ特典 を利用できます。

Mastercardビジネスアシスト
Mastercardビジネスアシストとは、国際ブランドであるMastercardが旅行会社のJTBや福利厚生サービス提供会社のベネフィット・ワンなどと提携して提供しているビジネスに役立つ特典パッケージです。

クラウド経費精算システムの経費BANKを初期費用半額かつ月額料金3か月無料で利用できたり、フルカラー刷り放題の複合機のレンタル料金を20%割引で契約できたりします。

ただし特典の内容は変更される可能性があるため、最新の情報はMastercardビジネスアシストの公式ページで確認してください。

そのほか、オリコビジネスカードGoldは「Mastercard T&E Savings」の対象カードであるため、対象レストランでは2名以上の利用で1名分の料金が無料になる「ダイニング by 招待日和」も利用できます。

オリコビジネスカードGoldをもつデメリット

オリコビジネスカードGoldとは デメリット
オリコビジネスカードGoldをもつデメリットもあるので紹介します。

メリットだけでなく ポイント還元や年会費に関するデメリット も把握したうえで、実際にオリコビジネスカードGoldを申し込むかどうか検討してください。

オリコビジネスカードGoldをもつデメリット
  • ポイントサービスがないので、ポイント還元率は0%
  • 2年目以降は年会費が発生してしまう

ポイントサービスがないので、ポイント還元率は0%

オリコビジネスカードGoldにはポイントサービスがないため、ポイント還元率は0%です。

オリコビジネスカードGoldと同様の法人契約できる法人カードには、個人契約カードにある特典はないものの、法人向けにポイントサービスを提供していることが一般的です。

MEMO
たとえば、NTTファイナンスBizゴールドカードにはカード利用金額の1%がポイント還元されるサービスがあります。

たまったポイントは電子ギフトやマイルに移行できるので、コスト削減に利用可能です。

仮に年間200万円カードを利用するとき、NTTファイナンスBizゴールドカードなら2万円分のポイントをためられますが、オリコビジネスカードGoldではためられません。

ただし、オリコビジネスカードGoldは利用限度額が最高1,000万円といったメリットもあります。

キャッシュフローの改善や会計処理の負担を抑えることを重視するか、ポイント還元を重視するか でカード選びをすることがおすすめです。

2年目以降は年会費が発生してしまう

オリコビジネスカードGoldの年会費は初年度無料であるものの、2年目以降は1枚につき2,200円(税込)と年会費が発生してしまいます。

もっとも、 法人契約のビジネスカードのなかでは年会費の負担は低め です。

オリコビジネスカードGoldとオリコ EX Gold for Bizの違い

オリコビジネスカードGoldとは オリコ EX Gold for Biz 違い
オリコはオリコビジネスカードGoldのほかにも、EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ)という法人カードを発行しており、それぞれカードの仕組みに違いがあります。

大きな違いは、オリコビジネスカードGoldは法人名義で契約するカード、EX Gold for Bizは個人名義で契約するカードといった違いです。

法人代表者向けのEX Gold for Biz Mは最大4枚しか発行できませんが、オリコビジネスカードGoldなら最大20枚発行できます。

また、オリコでは個人の利用限度額は300万円まで、法人の利用限度額は1,000万円までです。

しかし一方で、 オリコビジネスカードGoldはEX Gold for Bizにあるポイントサービスがなく、分割払いやリボ払い、キャッシングを利用できません。

MEMO
利用限度額や発行枚数を重視するならオリコビジネスカードGold、ポイントサービスや分割払い、リボ払い、キャッシングを重視するならEX Gold for Bizを選ぶことがおすすめです。

カード名称 オリコビジネスカードGold EX Gold for Biz S EX Gold for Biz M
券面 オリコビジネスカードGold 券面 EX Gold for Biz S 券面 EX Gold for Biz M 券面
対象者 法人 個人事業主 法人代表者
年会費 初年度無料
翌年以降は1枚につき2,200円(税込)
初年度無料
翌年以降は2,200円(税込)
初年度無料
翌年以降は2,200円(税込)
2枚目以降は無料
利用限度額 1,000万円 300万円 300万円
キャッシング 100万円
分割・リボ払い
ポイント還元率 0.5% 0.5%
ポイント名 暮らスマイル 暮らスマイル
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
ショッピング保険:補償期間90日、年間最高100万円、免責金額1万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
ショッピング保険:補償期間90日、年間最高100万円、免責金額1万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
ショッピング保険:補償期間90日、年間最高100万円、免責金額1万円
対応スマホ決済 Apple Pay(QUICPay)
おサイフケータイ対応スマートフォンはiDとQUICPay
Apple Pay(QUICPay)
おサイフケータイ対応スマートフォンはiDとQUICPay
Apple Pay(QUICPay)
おサイフケータイ対応スマートフォンはiDとQUICPay
追加カード(メンバーカード) 最大20枚 1枚 4枚
本会員1枚とメンバーズカード3枚
ETCカード 年会費無料 年会費無料 年会費無料
空港ラウンジ

オリコビジネスカードGoldがおすすめの人
  • 法人名義でカードを契約したい人(法人)
  • 300万円を超える利用限度額をほしい人(法人)
  • 事業経費決済カードを5枚以上発行したい人(法人)

EX Gold for Bizがおすすめの人
  • 個人名義でカードを契約したい人
  • 事業経費決済でポイントをためたい人
  • 事業経費決済でリボ払いや分割払いをしたい人

オリコビジネスカードGoldのまとめ

オリコビジネスカードGoldとは まとめ
オリコビジネスカードGoldは、 個人事業主や法人代表者ではなく、法人名義で契約する事業経費決済用の法人カード です。

申し込みには、法人の登記事項証明書と代表者の本人確認書類が必要です。

オリコビジネスカードGoldには、2期分の決算報告書などを提出することによって、審査次第で最高1,000万円まで利用限度額が設定される特徴があります。

また、最大20枚発行できて年会費も他社が発行する法人契約カードと比べても安めなので、従業員が比較的多い法人にもおすすめです。

ポイントサービスがない点はデメリットですが、利用限度額の高さや年会費の安さを重視する法人は、ぜひオリコビジネスカードGoldを検討してください。

オリコビジネスカードGoldのおさらい
  • オリコビジネスカードGoldは、法人名義で契約する事業経費決済用の法人カード
  • 申し込みには法人の登記事項証明書と代表者の本人確認書類が必要
  • 審査次第で最高1000万円の利用限度額が設定される
  • 最大20枚発行できて年会費も安め
  • ポイントサービスがない点がデメリット
  • オリコビジネスカードGoldは、利用限度額の高さや年会費の安さを重視する法人におすすめ!

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l**t様が
    300万円を調達しました。

  • y****i様が
    500万円を調達しました。

  • e**x様が
    800万円を調達しました。

  • a****a様が
    1000万円を調達しました。

  • r***y様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング