200万借りたい!用意する方法や必要な年収と注意点、おすすめのカードローン

千田紗代
千田紗代
更新日2024/5/27
PR

200万 借りたい アイキャッチ

200万借りたい!用意する方法は銀行?

無職・ブラックリストで200万借りたい...

200万借りるのに必要な年収は?金利の計算も知りたい

1つの金融機関から200万~300万円借りるなら銀行カードローンがおすすめです。

しかし、審査に自信がない人は大手消費者金融カードローンに複数社申し込むことで200万円借りることも検討する必要があります。

今回は、 200万借りたい人向けに用意する方法や必要な年収と注意点 について詳しく解説していきます。

おまとめローンで300万借りたい人の対策や無職・ブラックリストが借りれない理由などまとめているので参考にしてください。

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

目次

200万借りたい!大金を用意する方法3選

200万円 借りたい 方法
200万円という金額は、まとまった貯蓄がない限り、すぐに準備するのは難しいと考えます。

多くの方は、 金融機関のローンを活用して資金調達する方が多いです。

ここでは、200万円を借りるための方法を3選紹介します。

200万借りたい!大金を用意する方法3選
  • 200万用意する方法① カードローン
  • 200万用意する方法② 目的別ローン
  • 200万用意する方法③ フリーローン

200万用意する方法① カードローン

カードローンは、貸し手側でカードを発行し、 提携ATMや振込入金で24時間365日借入できます。

審査時間は最短即日で完了する金融機関が多く、カードレスで借入できる業者や無人審査機でカードを発行します。

申込は、本人確認資料と年収がわかる資料が準備できれば、すぐに借入するための審査を行います。

最近では、カードレスで借入できる業者も多いので、ATMに行かなくてもスマホの操作だけで借入可能です。

200万用意する方法② 目的別ローン

目的別ローンとは、 使用用途が決められているローンで、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどがあります。

カードローンとの違いは、使用用途が限られている点や、決まった金額を一度しか借入できない点が挙げられます。

200万円を借入するためには、本人確認資料と収入資料の他に使用用途がわかる見積書の提出が必要です。

200万用意する方法③ フリーローン

フリーローンは、使用目的が限られていないローンで、 決まった金額を一回限り借入できます。

カードローンは、カードを保有することで限度額の範囲内で何度も借入できますが、不利ローンは、返済期間が決まっています。

さらに、フリーローンはカードローンより低金利で借入できる商品が多いため、個人信用情報に問題無い方や明確な借入理由がある方におすすめです。

200万借りるならカードローンがおすすめ!

200万円 借りたい カードローン
3つのローンの特徴について解説しましたが、 カードローンは、お金の使い道が自由な点や時間を問わず、限度内で利用可能です。

例えば、急にお金が必要になった時に、カードがあればすぐに資金調達できます。

ここでは、200万円の借入にカードローンがおすすめな理由を詳しく紹介します。

200万借りるならカードローンがおすすめの理由
  • 借入金額が高額になるほど低金利になる
  • 借りたお金の使い道は基本自由
  • 保証人や担保は不要で借入れできる
  • 時間や場所を問わずに借入れ・返済が可能

借入金額が高額になるほど低金利になる

カードローンは借入金額によって適用金利が異なり、 借入金額が高額になればなるほど、金利が低くなります。

目的別ローンやフリーローンの場合、200万円借りた場合の適用金利は残高にかかわらず、同じ適用金利で返済します。

しかし、カードローンの場合、借入金額が高いと適用金利が低くなるのが特徴です。

低い金利で借入したい方は、カードローンを活用するのがおすすめです。

借りたお金の使い道は基本自由

カードローンは、 お金の使い道が自由である金融機関が多く、事業性融資でなければ、どのような目的でも借り入れできます。

目的別ローンは、購入目的が証明できる書類を提出する必要がありますが、カードローンは、本人確認資料や収入資料の提出で申し込み可能です。

個人用の使い道であれば、自由に借入できる点もカードローンの強みです。

保証人や担保は不要で借入れできる

カードローンの申し込みには、 保証人や担保を設定する必要がないケースが多いです。

200万円を借りるためには、保証人もしくは不動産等の担保を設定することが多いですが、カードローンは、保証金や担保なしで借り入れできます。

急に借り入れをしたい時や、保証金や担保がない方にカードローンはおすすめです。

時間や場所を問わずに借入れ・返済が可能

カードローンは、 カードを保有することで自社もしくは提携先のATMで借入れや返済ができます。

1枚のカードで深夜の時間帯でもコンビニのATMで借り入れすることができ、緊急性が伴う資金の借入には最適です。

また、ネットバンキングを活用することでカードレス発行もできるため、外出せずにお金を借り入れできます。

200万円を借りたい時のカードローン会社の選び方

200万円 借りたい 選び方
カードローンは、年収によって異なりますが多くの消費者金融や銀行で200万円を借入できます。

特に、 金利の低さやサービスの使い勝手は会社によって違いがあるため、金利だけでなく自分のライフスタイルに合わせて選ぶこともおすすめです。

ここでは、200万円を借りたい時のカードローン会社の選び方を解説します。

200万円を借りたい時のカードローン会社の選び方
  • 低金利な金融機関を選ぶ
  • 融資までのスピードで選ぶ
  • 利便性や使い勝手で選ぶ

低金利な金融機関を選ぶ

返済負担を軽減できるように、 低金利で借入できる金融機関を選ぶのがおすすめです。

200万円を借入するには、毎月の返済額が3〜4万円と大きい金額を支払う必要があり、家計の負担になります。

ローン返済で苦しまないように、金利の比較と返済シミュレーションを立てて、計画的な返済ができる金融機関選びが重要です。

融資までのスピードで選ぶ

カードローンを提供している金融機関では、 融資までスピーディーに借入できることも重要です。

最近では、最短即日もしくは60分以内で融資できる金融機関も増えて来ており、サービスの差別化になっております。

急に200万円を準備する必要がある方は、最短即日で借入できる金融機関をチェックするのもおすすめです。

利便性や使い勝手で選ぶ

近年、スマートフォンの普及により、カードを発行せずにアプリの操作で借入できる金融機関も出てきました。

そして、 借入場所が専用ATMのみに限らず、提携ATMで借入と返済ができるサービスも出てきたので、24時間265日利用できるようになっています。

急な資金が必要になった方や営業時間内専用ATMに行けない方は、コンビニATMで引き出しできる金融機関を選ぶのもおすすめです。

さらに、職場への電話確認が不要な金融機関や郵送物を発送しない金融機関も増えてきました。

誰にも知られずに借入したい方は、 電話や郵送物の有無も金融機関選びの一つになります。

200万借りたい時は銀行と大手消費者金融どちらがおすすめ

200万円 借りたい どっち
200万円を借りるためには、銀行か消費者金融、どちらのカードローンが良いのか比較したい方も多いです。

結論からいうと、 銀行は金利の低さ、消費者金融は審査時間のスピードの速さに強みがあるので、ご自身のニーズで選ぶのがおすすめです。

この記事は、銀行と消費者金融のカードローンの特徴について具体的に解説します。

200万借りたい時は銀行と大手消費者金融どちらがおすすめ?
  • 200万円を低金利で借りたい人は銀行カードローン
  • 200万円を即日で借りたい人は大手消費者金融カードローン

200万円を低金利で借りたい人は銀行カードローン

銀行カードローンは、金利の低さを優先して借りたい方におすすめします。

銀行の 最低適用金利は1%台の銀行が多いですが、消費者金融の最低適用金利は3%台になります。

金利が1.0%と3.0%の差は、毎月の返済額や総返済額に大きな差があるため、金利の低さを優先する方は銀行カードローンを推奨します。

しかし、銀行のデメリットは、お客様の属性をより詳細に審査するために日数がかかることです。

そして、借入したい銀行の口座がない場合は、カードの発行に日数がかかる場合や郵送物が発生するため、使い勝手が悪くなることもあります。

MEMO
銀行カードローンは借りたい銀行の口座を保有していなくても借入可能です。

200万円を即日で借りたい人は大手消費者金融カードローン

200万円がすぐに必要で、夜でも借入したい方は大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

大手消費者金融の最低適用金利は銀行より高いですが、 審査スピードが30分以内で回答する会社もあるため、その日のうちに資金を手に入れることができます。

さらに、申込から融資まで全てアプリやWebで完結できるため、誰にも会わずに借入ができます。

200万借りる際の審査は厳しい!

カードローンに限らず、200万円を借りるためには審査を受けなければなりません。

審査は、 個人の属性・借入金額・年収を総合的に見て、借入しても返済可能かを判断します。

さらに、カードローンの審査を受けるには、総量規制を考えると借入金額の3倍以上の年収が必要です。

ここでは、200万円借りる際の審査条件について解説します。

200万借りる際の審査条件
  • 200万借りるのに必要な年収は最低600万円
  • カードローンで200万円借りる際の必要書類

200万借りるのに必要な年収は最低600万円

総量規制の観点で考えると200万円を借入するためには、最低600万円の収入が必要です。

消費者金融カードローンでは、 総量規制が適用されるため、年収の3分の1以内の借入額に限られます。

銀行カードローンは総量規制の対象外になりますが、消費者金融の審査より厳しい審査が行われます。

200万円を借入するためには、最低でも600万円以上あることと他の借入がないことも望ましいです。

カードローンで200万円借りる際の必要書類

カードローンで200万円を借入の申込をするためには、 審査を行うために書類を提出する必要があります。

銀行または消費者金融で求められる必要書類は下記の通りになります。

カードローンを借りる際の主な必要書類

  • 本人確認資料(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 収入が確認できる資料(会社員は前年の源泉徴収票の写し、自営業者は確定申告の写しなど)

特に収入資料は、普段の生活で目に付かない書類なので、申込する前にあらかじめの準備をおすすめします。

【即日可】200万円を借りたい人におすすめの大手消費者金融カードローン3選

大手消費者金融ビル 渋谷宮益坂

銀行と消費者金融のカードローンについて解説しましたが、 200万円を借入したい方におすすめの大手消費者金融のカードローン3選を紹介します。

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット アコム レイク
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし 最大30日
(初回契約)
30日・60日・180日※5
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分 最短20分※1 最短25分
利用限度額※2 1万円~800万円 1万円~500万円 1万円~800万円※3 1万円~800万円※2 1万円~500万円
Web完結 可能 可能 可能 可能 可能
専用アプリ あり あり あり あり あり
自宅郵送物 なし なし なし なし なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし 原則、電話による在籍確認なし 原則、電話による在籍確認なし 原則、在籍確認なし※4 原則、電話による在籍確認なし
イメージ プロミス
アコム ロゴ
レイク ロゴ

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
※4:原則、電話での確認はせずに書面や申告内容での確認を実施。
※5:申込方法や契約金額で異なります。

今回、おすすめの大手消費者金融カードローンを選定させて頂いた基準は下記の通りです。

おすすめの大手消費者金融カードローンの選定基準
  • 審査の時間が最短30分以内
  • 24時間265日借入ができる
  • 原則、電話の在籍確認がない

プロミス

プロミス 公式サイト

プロミスの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間(初回契約)
融資スピード※1 最短3分
利用限度額※2 1万円~500万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

プロミスがおすすめ人の特徴
  • Web申込で管轄したい
  • 早く資金を借入したい
  • 返済日を選びたい

プロミスは、最短3分で審査が完了し、スピーディーに借入できるサービスが支持されています。

初めてのご利用される方は、30日間の無利息期間があるため、早めに返済したい方におすすめです。

プロミス 渋谷宮益坂店

さらにカードが無くても専用のアプリで、借入手続きができるため、ATMに行かなくても利用できます。

返済日も4つの指定日から選べるため、給料日に合わせてた返済が可能です。

アイフル

アイフルの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間(初回契約)
融資スピード※1 最短18分
利用限度額※2 1万円~800万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要


アイフルがおすすめ人の特徴
  • カードレスで借入したい
  • 無利息期間がある
  • Webで全て完結したい

アイフルは、CMでお馴染みの大手消費者金融で、テクノロジーを使ったサービスを提供しています。

審査は最短18分で回答できるため、スマホアプリを活用し、カードレスで借入できるサービスもあります。

アイフル 渋谷宮益坂店

借入できる場所は、アプリの他にも店舗や提携ATMでも借入可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットの基本情報 詳細
金利(年率) 3.0%~18.0%
無利息期間 なし
融資スピード※1 最短30分
利用限度額※2 1万円~800万円
Web完結 可能
専用アプリ あり
自宅郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。


SMBCモビットがおすすめ人の特徴
  • カードレスで申込したい
  • Webで全て完結したい
  • 無人審査機で申込したい

SMBCモビットは、三井住友カード傘下の大手消費者金融で、三井住友銀行のローン無人審査機での申込もできます。

申込方法がWebで全て完結したい方から無人審査機で申込したい方まで幅広いサービスを提供しています。

審査スピードも最短30分とスピーディな融資が可能なので、早めの資金調達を行いたい方に最適です。

【低金利】200万円を借りたい人におすすめの銀行カードローン3選

200万円 借りたい 銀行

詳細情報 楽天銀行スーパーローン 三井住友銀行カードローン みずほ銀行カードローン
金利 1.9%~14.5%(実質年率) 1.5%~14.5%(実質年率) 2.0%~14.0%(実質年率)
無利息期間 なし なし なし
審査時間 数日 数日 数日
融資限度額 10万円〜800万円 10万円〜800万円 10万円〜800万円
Web完結 可能 可能 可能
申込対象年齢 満年齢20歳以上62歳以下の方 満年齢20歳以上満69歳以下の方 満年齢20歳以上満66歳未満の方
専用アプリ なし なし なし
自宅郵送物 あり 原則なし あり
在籍確認 あり あり あり
毎月の返済額 2,000円 1,000円 2,000円
口座開設 不要 不要 不要
借り換え/おまとめ 可能 可能 可能

ここでは、低金利で200万円借りたい人におすすめの銀行カードローンを紹介します。

今回の銀行カードローンの選定基準は下記の通りになります。

おすすめの銀行カードローンの選定基準
  • 審査時間が最短即日回答
  • 銀行口座がなくても申込可能
  • インターネットで借入できる

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの基本情報 詳細
金利 1.9%~14.5%(実質年率)
無利息期間 なし
審査時間 数日
融資限度額 10万円〜800万円
Web完結 可能
申込対象年齢 満年齢20歳以上62歳以下の方
専用アプリ なし
自宅郵送物 あり
在籍確認 あり
毎月の返済額 2,000円
口座開設 不要
借り換え/おまとめ 可能
楽天銀行スーパーローンがおすすめ人の特徴
  • 楽天ポイントを貯めている
  • 楽天銀行の口座を保有している
  • インターネット申込ができる

楽天銀行カードローンは、楽天銀行の口座がなくても専用カードで借入ができるのが特徴です。

さらに、 楽天会員ランクに応じた審査優遇や初回利用で楽天ポイントが付与されるサービスもあります

楽天会員の方や楽天ポイントを貯めて生活している方におすすめです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの基本情報 詳細
金利 1.5%~14.5%(実質年率)
無利息期間 なし
審査時間 数日
融資限度額 10万円〜800万円
Web完結 可能
申込対象年齢 満年齢20歳以上満69歳以下の方
専用アプリ なし
自宅郵送物 原則なし
在籍確認 あり
毎月の返済額 1,000円
口座開設 不要
借り換え/おまとめ 可能
三井住友銀行カードローンがおすすめ人の特徴
  • 4つの返済日が決められる
  • 毎月の支払いを抑えたい
  • 三井住友銀行の口座を持っている

三井住友銀行カードローンは、 Webや銀行内の無人審査機で手軽に申込ができるのが特徴です。

返済日も4つの返済日から決めることができるため、ご自身のライフスタイルに合わせた返済サイクルを立てることができます。

三井住友銀行の口座を保有している方は、キャッシュカードで借入可能なので、新たにカードを発行せずに利用可能です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの基本情報 詳細
金利 2.0%~14.0%(実質年率)
無利息期間 なし
審査時間 数日
融資限度額 10万円〜800万円
Web完結 可能
申込対象年齢 満年齢20歳以上満66歳未満の方
専用アプリ なし
自宅郵送物 あり
在籍確認 あり
毎月の返済額 2,000円
口座開設 不要
借り換え/おまとめ 可能
みずほ銀行カードローンがおすすめ人の特徴
  • ・みずほ銀行の口座を持っている
  • 毎月の返済額を抑えたい
  • みずほダイレクトを活用している3

みずほ銀行カードローンは、 今回紹介した3つの銀行の中でも毎月の支払いが低いのが特徴です。

200万円借入をしても、返済の負担を減らしたい方は選択肢として選ぶのもよいです。

みずほ銀行の口座を保有している方は、みずほダイレクトを通じて借入可能なので、みずほ銀行や提携先ATMで手軽に借入できます。

200万円を借りる際の注意点

200万円 借りたい 注意点
200万円を借りる際には、 審査の通過や返済後の家計の負担に対する不安を抱える方も少なくありません。

特に、借入したローン会社がヤミ金業者や悪徳業者で、トラブルにあったという声も多いです。

ここでは、200万円借りる際についての注意点を詳しく解説します。

200万円を借りる際の注意点
  • 信用情報に傷はないか確認してから申し込む
  • 毎月返済できる金額、完済までの期間をチェックしておく
  • 家族や親族に一部借りれないか相談してみる
  • ヤミ金などの違法業者は利用しない

信用情報に傷はないか確認してから申し込む

信用情報とは、 申込人のクレジットカードやローンの延滞履歴と返済事故の有無が表示されている情報です。

銀行や消費者金融などの金融機関では、個人信用情報機関に加入しており、審査時に借入した履歴を閲覧できます。

他の金融機関で延滞を繰り返している場合や債務整理を行っている場合は、事故を起こしている履歴が残り、信用情報に傷がつきます。

信用情報に傷がつくと、200万円借入できなくなるため、あらかじめ個人信用情報の開示を行うなどして信用情報の傷があるかを確認することを推奨します。

毎月返済できる金額、完済までの期間をチェックしておく

200万円借入した場合には、 毎月の返済できる金額や完済までの期間をシミュレーションし、返済計画を立てることを推奨します。

毎月の返済額は、2万円台の銀行があれば、消費者金融では最大で4万円の業者もあります。

そして、カードローンの返済で忘れないでほしいのは、残高スライド方式を採用している業者が多いことです。

残高スライド方式とは
残高によって返済額が変わる返済方法です。残高が減るごとに一定額の金額が下がるが、返済期間が長くなる特徴があります。

返済期間を短くしたい方は、臨時返済を検討するなどして計画的に返済するといいです。

家族や親族に一部借りれないか相談してみる

200万円をカードローンで借入すると、毎月の万単位の大きなお金を返済することになります。

返済負担を軽減するためには、 家族や親族に、借入できないか相談するのも1つの方法です。

お金を借り入れる経緯や借入理由を、家族や親族が納得するように説明し、 滞りなく返済すると約束した上で借りることをおすすめします。

ヤミ金などの違法業者は利用しない

お金を借りる業者には、違法な利息を請求して営業する貸金業者もいますので、ヤミ金などの違法業者を利用してはいけません。

多くの消費者金融では、都道府県に貸金業者の登録を行っていますが、中には届出を行わない業者もいます。

このような業者は、法外な利息の請求や強引な債権回収を行うため、トラブルに遭遇する可能性もあります。

貸金業者を選ぶ際は、 貸金業者の登録の有無、上限金利が15%以下に設定されているかを確認することが必要です。

MEMO
200万円を借り入れた時の上限金利は15%以下になります。

200万円借りたいに関するよくある質問

200万円 借りたい よくある質問
ここまで、200万円を借りるためのおすすめの金融機関や注意点を解説しましたが、借入方法や貸してくれる方について質問が届いています。

そして、200万円借入した際の返済シミュレーションや計算方法について疑問を持っている方も多いです。

ここでは、 200万円借りたいに関するよくある質問 について解説します。

200万円借りたいに関するよくある質問
  • ・Q:200万借りたいけどブラックリストや無職は厳しい?
  • Q:200万貸してくれる人には誰がいますか?
  • Q:おまとめローンで300万借りたいのですが、可能ですか?
  • Q:200万円借りた際の金利や利息の計算方法は?

Q:200万借りたいけどブラックリストや無職は厳しい?

ブラックリストの方や無職の方が200万円のローンを申し込みしても、 返済能力が無いと見なされるため、借入するのが厳しいです。

カードローンに限らず、安定した収入が証明できないと金融機関の審査通過は難しくなります。

さらに、金融機関では審査の際に個人信用情報の閲覧を行いますが、延滞を繰り返している場合や返済事故がある場合は審査を通さないケースが多いです。

無職やブラックリストの方は、200万円をローンで借入するのは難しいと考えた方が良いです。

Q:200万貸してくれる人には誰がいますか?

200万円はかなり大きい金額と認識する方も多いため、まずは自分にとって親しい方に相談することをおすすめします。

親しい方で考えられる方は家族や親族に頼る方もいますが、なかには知人に借入する方もいます。

200万円でカードローンを借入すると返済が長期化し、利息が増えて総支払額が大きくなります。

利息を掛けずに200万円借入したい場合は、信頼関係を崩さないように家族・親族・知人に依頼します。

Q:おまとめローンで300万借りたいのですが、可能ですか?

おまとめローンは、総量規制の対象外になる場合が多いため、審査に通ることで年収の3分の1以上でも借入可能です。

但し、おまとめローンの利用には下記の条件があります。

おまとめローンの利用条件

  • 貸金業者で借入した借金であること
  • 金融機関が設定する限度額内であること

申込方法は、カードローンと同じで本人確認資料と収入資料に加えて、現在借入をしている会社の返済予定表を提出します。

さらに、融資が実行した際には、ローンをまとめたことを証明するために前の借入先の完済証明書を提出しなければなりません。

Q:200万円借りた際の金利や利息の計算方法は?

200万円を借りた場合の金利は、申込者の属性によって異なりますが、 銀行で14.5%以内、消費者金融で15%以上が多いです。

ここでは、金利15%・毎月5万円を返済した場合のシミュレーションを下記の表に紹介します。

200万円借りた場合の返済シミュレーション
月々の返済額 50,000円
返済期間 56ヶ月(4年8ヶ月)
返済総額 2,789,895円
総利息額 789,895円

そして、利息の計算方法は下記の通りの計算式になります。

利息の計算方法
借入残高×借入利率(実質年率)÷365日×ご利用日数=利息

利息は、 期間が短ければ短いほど支払額が少なくなります が、無理に臨時返済を行うと家計の負担になります。

まずは、借入する前に利息の計算を行ってから、シミュレーションを立てて返済することを強く推奨します。

200万借りたいのまとめ

200万円 借りたい まとめ
200万円を借りる方法として、ローンを活用する方が多いですが、 その中でも自由度が高く借入できるカードローンがおすすめです。

カードローンは、 銀行や消費者金融で提供しておりますが、金利が低く借入したい方は銀行、速く借りたい方は消費者金融と選ぶのが良いです。

但し、200万円を借入する前に、審査を受ける必要がありますが、総量規制を考えると必要年収は600万円以上になります。

さらに、200万円を借入する場合、適用金利が10%になる場合が多いので、利息計算や返済シミュレーションをしてからの借入を推奨します。

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)※1■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f**u様が
    1000万円を調達しました。

  • l***b様が
    300万円を調達しました。

  • a****k様が
    1100万円を調達しました。

  • q***e様が
    400万円を調達しました。

  • r******w様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング