法人口座開設を断られる・作れない理由5つ!作れないとどうなる?審査基準や再申し込みの対策と審査がゆるい銀行

運営事務局
運営事務局
更新日2024/2/29
PR

法人口座開設 断られる アイキャッチ

法人口座開設断られる・作れない理由は?

法人口座は作れないとどうなる?全滅した人でも通る審査がゆるい銀行はある?
法人口座開設で審査落ち後の再申し込み対策は?

この記事では、上記の不安や疑問を解決します。

法人口座開設を断られる・作れない理由は、資本金が少なすぎたり、公式サイトや固定電話がないなど複数あります。

これらの理由は、資本金を増資したり公式サイトや固定電話を設置するなど、対策を取ることが可能です。

また、法人口座が作れないと社会的信用が低くなり、融資を断られる原因になります。

この記事を読んで、法人口座開設のポイントをおさえておき、審査通過へと役立ててください。

法人口座開設を断られるをざっくりいうと...
  • 法人口座開設を断られる理由には①登記場所がバーチャルオフィス②履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる③資本金が100万円以下と低すぎる④公式サイトがない・連絡先が携帯電話⑤許認可が必要な事業だが未取得の5つ
  • 法人口座開設の審査がゆるいは嘘!事業所の場所や事業内容・事業目的、資本金の金額固定電話や公式ホームページなど細かくチェックされる
  • 法人口座開設に必要な書類は履歴事項全部証明書・会社の定款・会社の印鑑証明書・代表者の本人確認書類の4種類!
  • 法人口座開設に必要な場合がある書類には会社の運営実態がわかる資料・建物登記簿謄本、もしくは賃貸借契約書・事業の許認可が確認できる書類・法人設立届出書・青色申告の承認申請書なども用意する
  • 法人口座開設を断られた時の対処法は個人利用などで既に取引のある金融機関で相談する・取引先の人に紹介してもらう・他社の銀行に申し込んでみるの3つ
  • 法人口座開設が可能な金融機関の種類は都市銀行・ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫・ネット銀行の5種類
  • 法人口座で審査落ちした人が、再審査する際にやるべきことは銀行の担当者に理由を聞いてみる・再審査する前に売上実績を上げる・会社のHPやパンフレットなど信頼が上がる書類を用意する・取引先との契約書や請求書を持参する・許認可の証明書を用意する
法人口座開設は住信SBIネット銀行がおすすめ!
住信SBIネット銀行

  • 住信SBIネット銀行は振込手数料を抑えたい・早急に資金調達をしたい人におすすめ!
  • 借入条件のお知らせを受け取っている法人は決算書要・最短即日融資可能な「dayta」サービスが利用できる
  • 法人・個人からの振込10件/月以上か法人デビットカードの利用金額10万円/月以上で振込手数料が最大10回まで優遇!
  • 対応ATMはセブン銀行・ローソン銀行・イオン銀行・イーネットなど多数で便利
  • 審査時間や口座開設にかかる日数は最短2週間~3週間!

▼ 手数料優遇や融資サービスがすごい! ▼

目次

法人口座開設を断られる・作れない理由5つ


法人口座開設を断られる・作れない理由は以下の5つです。

法人口座開設を断られる理由
  • 登記場所がバーチャルオフィス
  • 履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる
  • 資本金が100万円以下と低すぎる
  • 公式サイトがない・連絡先が携帯電話
  • 許認可が必要な事業だが未取得

個人口座開設とは異なり、法人口座開設をするためには審査が必要です。

審査に通過することで、法人口座開設ができるため、 断られる理由を具体的に知り、審査通過へと繋げてください。

理由① 登記場所がバーチャルオフィス

法人口座開設を断られる・作れない理由1つ目は「 登記場所がバーチャルオフィス 」です。

バーチャルオフィスでも開設できる金融機関もありますが、登記場所が確認できる会社と比較すると法人口座開設を断られる可能性が高いです。

断られる理由として、 法人口座を利用した悪質な詐欺などの犯罪行為を防止するため と言われています。

MEMO
バーチャルオフィスに加えて、法人設立して間もない・実績がない場合は法人口座開設はさらに難しい

理由② 履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる

法人口座開設を断られる・作れない理由2つ目は「 履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる 」です。

事業目的がたくさんあると、銀行側からすると「一体この会社は何をしているのかわからない」と思われ、結果的に信用できないと判断されてしまう可能性があります。

事業目的は会社の信頼性を考え、実際の事業と比較し多すぎる場合は、事業目的の見直し を行ってください。

理由③ 資本金が100万円以下と低すぎる

法人口座開設を断られる・作れない理由3つ目は「 資本金が100万円以下と低すぎる 」です。

資本金が100万円以下と低すぎる場合、取引量の少ない会社とみなされ てしまい、法人口座開設を断られる可能性が高くなります。

銀行は、口座を維持するコストもかかるため、取引量が少ない会社の口座開設をするメリットはありません。

また、資本金の最低金額は銀行によって異なるため、事前に問い合わせをすることをおすすめします。

資本金が100万円以下の方は、資本金を増資することで法人口座開設を断られる可能性は下がります。

理由④ 公式サイトがない・連絡先が携帯電話

法人口座開設を断られる・作れない理由4つ目は「 公式サイトがない・連絡先が携帯電話 」です。

会社の公式サイトがなかったり、連絡先が携帯電話のみの場合は、信用力に問題があると判断 され、法人口座開設を断られる可能性があります。

法人口座開設で必ず公式サイトが必要とは限りませんが、公式サイトがあると有利になる傾向があります。

MEMO
公式サイトで確認される事項は、法人名・連絡先・役員の名前・取扱商品・サービスやその内容など

また、連絡先が携帯電話のみの場合は、 固定電話の契約をすることで会社の信用力にも繋がります。

公式サイトや固定電話がないと、法人口座開設で断られやすいため、準備してから口座開設の申し込みを行ってください。

理由⑤ 許認可が必要な事業だが未取得

法人口座開設を断られる・作れない理由5つ目は「 許認可が必要な事業だが未取得 」です。

例えば、旅行業・介護事業・飲食店・自動車整備などは、業務の許認可が必要です。

許認可とは
ある特定の事業を行うために必要な手続きのこと
所定の行政機関で申請、法律で定められている内容の許認可を取ることで事業が行える

許認可が必要な事業の会社は、許認可の取得ができていないと法人口座開設はできないため、まずは 行政機関で許認可の取得を行ってください。

法人口座を作れないとどうなる?

法人口座 作れない どうなる
法人口座を作れないと、以下のような面で不便になります。

法人口座が作れないデメリット
  • 融資を受けにくくなる
  • 会計処理が複雑になりコストが余計にかかる原因となる

まず、法人口座を作れないと融資を受けにくくなる可能性があります。

理由として、法人口座がないと融資担当者に「会社に問題があるのか」という印象を持たれるからです。

もし融資を受けられない場合、会社の事業拡大などに支障が出る可能性があります。

また、個人口座に会社のお金を入れると、個人の取引と混じってお金の流れがわかりづらいです。

結果として、売上や利益の計算がしづらくなり、会計処理に余計な時間とコストがかかります。

MEMO
ここまでの理由により、法人口座を作らないと会社運営で弊害が出るので、法人口座を別で作るのがおすすめです。

法人口座開設の審査がゆるいは嘘!審査基準について

審査基準で大切なポイント
  • 事務所の場所
  • 事業内容、事業目的
  • 資本金の金額
  • 固定電話や公式ホームページ

法人口座開設の審査は、決してゆるくはありません。

審査基準で大切なポイントを5つ解説するので、それぞれしっかりと理解し改善できる内容は改善をしてから、法人口座開設の申し込みを行ってください。

事業所の場所

法人口座開設をする際、事務所の所在地が必要になりますが、 銀行は事業所の場所を重視します。

そのため、以下の場合は審査に悪影響があるため注意してください。

審査に悪影響が出る場合
  • バーチャルオフィス
  • 登記場所と業務を行う場所が異なる
  • 同一住所で過去に法人が犯罪をしていた

事務所の場所がバーチャルオフィスや、登記場所と業務を行う場所が異なる事務所は、審査基準を満たさない可能性があります。
MEMO
引っ越したばかりで家賃の支払い実績がないと、さらに審査落ちしやすくなる

事業内容・事業目的

事業内容は明確にし、事業の実態が説明できる資料(事業計画書や提案資料など)を用意しておく必要があります。

注意点として、履歴事項全部証明書に、事業内容・事業目的が多すぎることは、審査の段階で不審に思われてしまいます。

「将来的にこの事業もしたい」など、設立時に複数記入してしまう方もいますが、銀行側には「何が主な事業内容なのかわからない」と捉えられてしまいます。

結果的に、銀行は申込者に対し、不信感を抱いてしまうため審査で不利になる可能性もあるため、事業内容・事業目的の記載には注意してください。

資本金の金額

資本金が1円など、低すぎると信用性が低く、法人口座開設の審査基準を満たすことは難しい です。

資本金は、事業を始める時の元手となったお金ですが、資本金が多い会社ほど信頼度は高くなります。

法人口座開設を検討している場合、最低でも100万円の資本金を用意しておくのがおすすめです。

また、 資本金が100万円以下の場合、増資が可能であれば増資を行ってから法人口座開設の申し込み を行うことで、審査基準を満たす可能性が高くなります。

固定電話や公式ホームページ

法人の実態があるかどうか確認する方法のひとつとして、固定電話や公式ホームページを確認 する場合があります。

銀行は、法人の実態を慎重に確認をする必要があるので、固定電話や公式ホームページは審査において重要なポイントとなっています。

MEMO
銀行の場合、固定回線の有無が要件に設定されていることがある
ネット銀行の場合、ホームページの有無が重要なケースもある

固定電話や、公式ホームページ(簡易的なものでも問題ない)の準備 をしておくことで、審査基準を満たすことへと繋がります。

法人口座開設に必要な書類一覧


法人口座開設に必要な書類
  • 履歴事項全部証明書
  • 会社の定款
  • 会社の印鑑証明書
  • 代表者の本人確認書類

法人口座開設に必要な場合がある書類
  • 会社の運営実態がわかる資料
  • 建物登記簿謄本、もしくは賃貸借契約書
  • 事業の許認可が確認できる書類
  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書

法人口座開設の審査は、年々厳しくなっているため、上記のようなさまざまな書類提出が必要です。

金融機関によって必要書類は異なるため、申し込みをする金融機関に直接確認を行ってください。

法人口座開設を申し込む際は、 事前に問い合わせを行い必要書類を揃えておくことで、スムーズに申し込みが行えます。

法人口座開設の流れ


メガバンクとネット銀行の法人口座開設の流れを、具体的な例をもとにそれぞれご紹介します。

ネット銀行だけでなく、条件によってはメガバンクの手続きもネットで完結することも可能 です。

なお、銀行や金融機関に応じて、手続き方法や口座開設までの期間は異なるため、口座開設を検討している金融機関に確認してください。

法人口座をメガバンクで開設する流れ

法人口座をメガバンクで開設する流れ(三井住友銀行の場合)

STEP1
公式サイトの口座開設ページからメール登録

STEP2
返送されたメール内のURLで必要事項を入力

STEP3
必要書類の郵送もしくはアップロード

STEP4
オンラインで最終確認

STEP5
印鑑届の送付

STEP6
口座開設手続き完了

混雑状況によって口座開設までの期間は異なりますが、 必要書類提出から1ヶ月程度要する場合があります。

また、来店不要のケースと必要なケースがあるので、自社がどちらに該当するか確認してから申し込みを行ってください。

Webのみで完結するケース
  • 法人格が「株式会社」
  • 事業内容が投資事業、金融業、特定目的会社以外
  • Webで手続きされる方が代表者
  • 謄本(履歴事項全部証明書)の住所で、郵送書類の受け取りが可能(転送不可)

法人口座をネット銀行で開設する流れ

法人口座をネット銀行で開設する流れ(GMOあおぞらネット銀行の場合)

STEP1
公式サイトの口座開設ページから会社情報を入力

STEP2
事業内容申告と必要書類の郵送もしくはアップロード

STEP3
口座開設手続き完了

審査後、4~5営業日程で入力した住所にカードが送付されます。
混雑状況によって、口座開設までの期間は異なりますが、 最短で申し込みの当日に審査が完了し利用可能となります。
MEMO
下記の条件を満たした場合、最短即日に口座開設できる
・取引責任者と代表者が同一
・自撮り動画(セルフィー)での本人確認

法人口座開設を断られたらどうする?


法人口座開設を断られた時の対処法
  • 個人利用などで既に取引のある金融機関で相談する
  • 取引先の人に紹介してもらう
  • 他社の銀行に申し込んでみる

法人口座開設を断られたから、諦めて個人口座を利用しようとしている方は、まずはこれらの対処法を行ってください。

個人利用などで既に取引のある金融機関で相談する

個人利用などで既に取引のある金融機関の場合、信用力がある可能性があるため相談してみてください。

個人利用の例
  • クレジットカードの引き落とし
  • 保険、定期預金、住宅ローン
  • 過去の給与受け取り

もともと個人利用している金融機関なら、取引がない金融機関よりも法人口座開設をしてもらえる可能性はあります。

個人利用で既に取引がある顧客からの相談の場合、 金融機関は前向きに対応してくれる可能性が高いため一度相談してみてください。

取引先の人に紹介してもらう

取引先の人に紹介してもらうと、通常の申し込みと比べて、法人口座が開設できる可能性は高くなります。

既に銀行と取引を行っている取引先の人に紹介してもらうことで、金融機関から信頼を得やすくなります。

MEMO
金融機関が企業に対して「別の企業を紹介してほしい」と相談しているケースもある

取引先の人に紹介してもらうことで、必ず法人口座が開設できるとは限りませんが、 信用力が高まるため法人口座開設の手続きがスムーズになる可能性があります。

他社の銀行に申し込んでみる

都市銀行(メガバンク)は、一般的に審査基準が厳しいと言われているため、他社の銀行に申し込んでみてください。

法人口座開設が可能な金融機関は、主に以下の5つにわけられています。

法人口座開設が可能な金融機関
  • 都市銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • ネット銀行

上記の中で、都市銀行は審査基準が他より高いと言われています。
MEMO
都市銀行の中でも、規模が極めて大きい銀行が「メガバンク」と言われている

都市銀行で口座開設がしたい方は、まずは 地方銀行や信用金庫などで取引実績を作ってから、改めて申し込みを行ってください。

法人口座で審査落ちした人が再申し込みする際にやるべきこと


法人口座で審査落ちした人が再申し込みする際にやるべきことを5つご紹介します。

再審査する際にやるべきこと
  • 銀行の担当者に理由を聞いてみる
  • 再審査する前に売上実績を上げる
  • 会社のHPやパンフレットなど信頼が上がる書類を用意する
  • 取引先との契約書や請求書を持参する
  • 許認可の証明書を用意する

審査落ちした人は、再審査する際にやるべきポイントをおさえておき、審査通過の可能性を高めてください。

銀行の担当者に理由を聞いてみる

銀行の担当者が、審査落ちした理由を教えてくれる場合があります。

銀行によって、審査落ちの理由を聞けない場合もありますが、もし聞ける場合は理由を参考にして改善してから再審査を行ってください。

審査落ちの理由と改善についての例
  • 資本金が少ないことが原因の場合、増資してから再審査を行う
  • 固定電話がないことが原因の場合、固定電話を契約する

銀行に審査落ちの理由が聞ける場合には、理由を聞いて改善を行ってから再審査をしてください。

再審査する前に売上実績を上げる

再審査する前に売上実績を上げることで、銀行からの信用度が増し、審査に通過しやすくなります。

同じ銀行で再審査する場合、最低でも半年ほどは開けた方がいいとされているため、その間に売上をあげておくことをおすすめします。

また、売上実績が上がると資本金の増資も可能になります。

まずは、 審査落ち後は売上実績を上げて、増資できる場合は増資を行ってから再審査の申し込みを行ってください。

MEMO
資本金が低いことは、審査落ちする原因のひとつでもある

会社のHPやパンフレットなど信頼が上がる書類を用意する

会社のHPやパンフレットなどを作成しておくことで、銀行からの信頼が上がります。

法人口座は、マネーロンダリング(資金洗浄)として犯罪組織に利用されやすいため、概要を詳しく確認できるHPやパンフレットがあると、信頼が上がり有利になります。

マネーロンダリング(資金洗浄)とは
犯罪により手に入れた収益の出どころや、持ち主をわからなくする行為

会社概要や事業内容を記載した、HPやパンフレットを用意すると、信頼が上がることへと繋がります。

取引先との契約書や請求書を持参する

取引先との契約書や請求書は、事業を行っていることの証明となる効果が高い ため、再審査の際に持参してください。

審査落ちした理由が不明、もしくは事業を行っているかどうかわからない理由で審査落ちした場合は、契約書や請求書を持参することが審査通過の可能性を高めます。

MEMO
金融機関によっては、必要書類として契約書や請求書が必須な場合もある

取引先の名称や契約内容、金額が記載された書類は、事業実態を確認できるため、再審査に有利に働いてくれる ため持参して再審査を行ってください。

許認可の証明書を用意する

行政機関の許認可が必要な業種の会社は、許認可の証明書を用意 し、再審査の際に持参してください。

許認可が必要な業種の例
  • 旅行業・旅行代理店
  • 中古車販売
  • リサイクルショップ
  • 介護事業
  • 飲食業
  • 不動産業

許認可が必要な事業は多数あり、許認可の種類や申請先がそれぞれ異なります。

自社が、許認可が必要かどうか確認し、許認可が必要な場合は、許認可を取ってから再審査を行ってください。

MEMO
許認可が必要な事業でありながら、許認可を得ず事業をすると、刑事的罰則が科せられるため注意

創業期におすすめの法人口座5選【法人口座全滅した人必見!】

基本情報 GMOあおぞらネット銀行 住信SBIネット銀行 PayPay銀行 楽天銀行 ゆうちょ銀行
月額利用料 無料 無料 無料 無料 無料
口座開設日数 最短即日 最短2週間~3週間 3日~10日 3日~7日程 審査後に開設
振込手数料(他行あて) 145円 145円 160円 3万円未満:150円
3万円以上:229円
他金融機関振込:165円
【総合振込】
他金融機関:165円
審査時間 最短即日 最短2週間~3週間 3日~10日 3日~7日程 最短1ヶ月
24時間振込当日扱い 不可 当日23時59分まで(他行に振り込む場合は、金融機関の取り決めにならい反映される) 不可 不可 ATM・ゆうちょダイレクト・ゆうちょBizダイレクトの場合:それぞれの取扱時間内
窓口の場合:それぞれの郵便局や銀行の営業時間内
融資金利 年利0.9%~14.0% 借入利率については、借入条件のお知らせにてお客さま毎に通知いたします
固定金利
年利1.8%~13.8% 固定・変動金利(楽天銀行所定の利率)
融資限度額 最大1,000万円 最大3,000万円 最大1,000万円 最大1億円
対応ATM セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソン銀行
イオン銀行
イーネット
セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ローソン銀行
E-net
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ローソン銀行
E-net
ステーションATM
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ビューアルッテ
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行など
Pay-easy対応 可能 不可 可能 可能 可能

創業期で法人口座開設を検討している方に、 おすすめな銀行5選を紹介します。

それぞれの銀行によって、審査時間や口座開設までの日数などが異なります。

法人口座に申し込んでいるが、開設できず困っている方はぜひ参考にしてください。

GMOあおぞらネット銀行

基本情報 詳細
月額利用料 無料
口座開設日数 最短即日
振込手数料(他行あて) 145円
審査時間 最短即日
24時間振込当日扱い 不可(振込指定日当日の19時までの受付が当日扱い)
融資金利 年利0.9%~14.0%
融資限度額 最大1,000万円
対応ATM セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
Pay-easy対応 可能
GMOあおぞらネット銀行がおすすめな人の特徴
  • すぐに口座開設を行いたい
  • コストをおさえて利用したい
  • 日本政策金融公庫から借入金がある人
  • 小規模企業に加入している人

GMOあおぞらネット銀行は、最短即日で審査完了・口座開設が可能な、スピード感のある法人口座 です。

最短即日開設の条件
  • 取引責任者と代表が同一
  • 自撮り動画(セルフィー)での本人確認

GMOあおぞらネット銀行の開設の申し込み手続きは、ハンコレス・ペーパーレス・郵送レスで完結するため、手間がかからず開設ができます。

口座維持費用は一切かからず、振込手数料は、当社宛は無料・他行宛145円と業界再安値水準であり、コストをおさえて利用可能。

また、日本政策金融公庫の借入金返済や、小規模企業共済の掛け金の引き落とし口座に利用できます。

GMOあおぞらネット銀行は、 最短口座開設当日から振込可能であり、コストをおさえて利用できることが特徴 の法人口座です。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

基本情報 詳細
月額利用料 無料
口座開設日数 最短2週間~3週間
振込手数料(他行あて) 145円
審査時間 最短2週間~3週間
24時間振込当日扱い 最短即日(ただし、受取人の口座反映は送金先の金融機関によって異なる)
融資金利 借入利率については、借入条件のお知らせにてお客さま毎に通知いたします
固定金利
融資限度額 最大3,000万円
対応ATM セブン銀行
ローソン銀行
イオン銀行
イーネット
Pay-easy対応 不可
住信SBIネット銀行がおすすめな人の特徴
  • 振込手数料を抑えたい人
  • 早急に資金調達をしたい人

住信SBIネット銀行は、 振込手数料が最大10回まで優遇されるサービス です。

「振込優遇プログラム」とは、条件を満たすと振込手数料が無料となる特典です。

以下の条件を一つでも満たすと利用できます。

  • 条件①:他の法人や個人からの振込が10件/月以上
  • 条件②:法人デビットカードを利用金額が10万円/月以上

また、借入条件のお知らせを受け取っている法人限定で、決算書など不要で借入できる「dayta」というサービスを提供しています。

「dayta」はインターネットで申込ができ、最短当日融資が可能なので、すぐにお金が必要な法人におすすめです。

ただ、住信SBIネット銀行は地方税納付などで使われる「Pay-easy」と連携をしていないため、法人口座から税金支払いができない点は注意してください。

PayPay銀行

基本情報 詳細
月額利用料 無料
口座開設日数 3日~10日
振込手数料(他行あて) 160円
審査時間 3日~10日
24時間振込当日扱い 不可
融資金利 年利1.8%~13.8%
融資限度額 最大1,000万円
対応ATM セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ローソン銀行
E-net
三井住友銀行
Pay-easy対応 可能

PayPay銀行がおすすめな人の特徴
  • アプリで便利に管理をしたい
  • 事業の支払いサービスにPayPayを導入している
  • お金の動きを簡潔化したい

PayPay銀行は、法人(同一住所)に対し、最大20口座まで開設でき、1口座につきVisaデビット付キャッシュカードを1枚発行可能 な法人口座です。

部署ごとに口座開設して明細を分けて管理したり、拠点ごとに開設して売上の入金や支払いを便利にすることが可能です。

また、PayPayの売上金のサイクルが、他の銀行と比較して早いため、PayPayの支払いサービスを導入している場合にもおすすめ。

登録の金融機関 設定できる振込サイクル
PayPay銀行 当日末締め 翌日振込
※翌月1日に振込
その他の金融機関 当日末締め 翌々営業日振込
※翌月第2営業日に振込

引用:PayPay銀行公式サイト

さらに、口座確認・振込はビジネスアプリ、重要小名取引に使うワンタイムパスワードの発行はトークンアプリが利用できるなど、アプリが充実しています。

PayPay銀行は、アプリが充実しており、Visaデビット付キャッシュカードが発行できるため、お金の動きが把握しやすい法人口座 です。

楽天銀行

基本情報 詳細
月額利用料 無料
口座開設日数 3日~7日
振込手数料(他行あて) 3万円未満:150円
3万円以上:229円
審査時間 3日~7日程
24時間振込当日扱い 不可
融資金利 固定・変動金利(楽天銀行所定の利率)
融資限度額 最大1,000万円
対応ATM セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ローソン銀行
E-net
ステーションATM
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ビューアルッテ
Pay-easy対応 可能
楽天銀行がおすすめな人の特徴
  • 複数口座の申し込みを行う予定
  • 振込サービスが充実している法人口座を探している
  • お得にビジネスデビットカードを利用したい

楽天銀行は、最短5分でWeb申し込みが完了し、振込サービスが充実している法人口座 です。

振込サービス
  • 一括振込:最大30件までまとめて振込
  • 給与・賞与振込:1回の依頼で最大3000件までの振込に対応
  • 総合振込:Webにアップロードするだけで、最大3000件振込可能
  • 口座確認サービス:振込先の指定した口座や口座名義に間違いがないか、まとめて確認

また、口座残高内で即時決済可能な、「JCBビジネスデビットカード」が利用でき、利用金額の1.0%がキャッシュバックされるため、とてもお得です。

MEMO
JCBビジネスデビットカードは、審査不要でオンライン決済可能

楽天銀行は、充実した振込サービスやお得なビジネスデビットカードがあり、便利かつお得に利用できる法人口座 です。

ゆうちょ銀行

基本情報 詳細
月額利用料 無料
口座開設日数 審査後に開設
振込手数料(他行あて) 他金融機関振込:165円
審査時間 最短1ヶ月
24時間振込当日扱い ATM・ゆうちょダイレクト・ゆうちょBizダイレクトの場合:それぞれの取扱時間内
窓口の場合:それぞれの郵便局や銀行の営業時間内
融資金利
融資限度額
対応ATM みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行など
Pay-easy対応 可能
ゆうちょ銀行がおすすめな人の特徴
  • 事業規模が小さい会社を経営している人
  • 手数料を安く抑えたい人
  • 自己資金で仕事を完結できる人

ゆうちょ銀行は、法人口座をどうしても開設したいと考えている方におすすめの銀行です。

この銀行は、審査基準がメガバンクよりも低いとされているので、他行で断られてしまった法人でも口座開設できる可能性があります。

また、振込手数料はメガバンクよりも安めに設定されているので、取引先などへの送金の際にお金を取られづらいというメリットがあります。

ただ、法人口座の預金残高の上限は1,300万円と、少なめです。

さらに、ゆうちょ銀行は法人向けの融資サービスを提供していないので、事業拡大に不利と言えます。

MEMO
ゆうちょ銀行の法人口座は、自己資金でビジネスを完結できる事業者などにおすすめのサービスです。

法人口座開設を断られる理由に関するよくある質問

任意整理 しない方がいい よくある質問
法人口座開設を断られる理由に関するよくある質問をご紹介します。

よくある質問を確認しておくことで、法人口座開設をよりスムーズに手続きすることへと繋がるため、ぜひ参考にしてください。

Q: 三菱UFJ銀行の口座開設を断られた理由はなんですか?

三菱UFJ銀行に限らず、法人口座を断られる理由は、主に以下の5つ です。

法人口座開設を断られる理由
  • 登記場所がバーチャルオフィス
  • 履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる
  • 資本金が100万円以下と低すぎる
  • 公式サイトがない・連絡先が携帯番号
  • 許認可が必要な事業だが未取得

口座開設を断られた際の状況が、これら項目に当てはまるものがないか確認してみてください。

上記の断られる理由に当てはまる場合、対策を行うことが可能 なため、改善してから再度申し込みを行ってください。

Q: 個人ですが、楽天口座開設で断られる理由は?

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に規定された、疑わしい取引に該当する可能性のある取引と判断された場合 です。

これは、楽天銀行に限らず、どの銀行でも口座開設で断られる理由となっています。

具体的な事例は、下記の通りです。

事例1:多額の現金(外貨を含む)または小切手により、入出金(有価証券の売買、送金および両替を含む)を行う取引。
特に、顧客の収入、資産等に見合わない高額な取引、送金や自己宛小切手によるものが相当と認められる場合にもかかわらず敢えて現金による入出金を行う取引。

引用:金融庁

また、楽天銀行は、もともと「イーバンク銀行」という名称であり、このイーバンク銀行でなにか取引事故を起こしている場合は、銀行独自の取引ブラックリストに入っている可能性もあります。

個人で楽天銀行に断られる理由は、 銀行口座が犯罪に関する疑わしい取引に該当する可能性や、銀行独自のブラックリストに入っている可能性があります。

Q: 銀行口座開設を拒否することは違法じゃないの?

銀行口座開設を拒否することは、違法になりません。

銀行口座開設を拒否するには、相応の理由がある場合がほとんどのため、審査落ちをした銀行の担当者に理由を聞いてみることをおすすめします。

法人口座開設に審査落ちした方は、審査落ちするポイントをおさえておき、再度申し込みを行ってください。

また、 法人口座の審査が不安な方や審査落ちを避けたい方は、赤字決算や創業期の企業でも柔軟に対応してくれる「あおぞらネット銀行」をおすすめ します。

Q:個人が銀行口座開設できない理由は?

個人が銀行口座開設をできない理由として、以下が挙げられます。

  • すでに同じ銀行に法人口座を開設しているから
  • 過去5年以内に暴力団などに所属をしていたから
  • 過去に自分の口座が犯罪に使われてしまったから
  • 申し込んだ際に、書類に不備があったから
  • 愛犬などのペット名義で口座を作ろうとしたから

反社会勢力や犯罪に巻き込まれるケースは稀なので、大抵の場合は書類のミスなどが口座開設を断られる要因となります。

そのため、住所や電話番号などに記載ミスがないか確認してから、書類を銀行に提出してください。

法人口座開設を断られる理由 まとめ


法人口座開設を断られる理由を確認しておくことで、対策を立てることができます。

法人口座開設を断られる理由のまとめ
  • 法人口座開設を断られる理由には①登記場所がバーチャルオフィス②履歴事項全部証明書の事業目的が多すぎる③資本金が100万円以下と低すぎる④公式サイトがない・連絡先が携帯電話⑤許認可が必要な事業だが未取得の5つ
  • 法人口座開設の審査がゆるいは嘘!事業所の場所や事業内容・事業目的、資本金の金額固定電話や公式ホームページなど細かくチェックされる
  • 法人口座開設に必要な書類は履歴事項全部証明書・会社の定款・会社の印鑑証明書・代表者の本人確認書類の4種類!
  • 法人口座開設に必要な場合がある書類には会社の運営実態がわかる資料・建物登記簿謄本、もしくは賃貸借契約書・事業の許認可が確認できる書類・法人設立届出書・青色申告の承認申請書なども用意する
  • 法人口座開設を断られた時の対処法は個人利用などで既に取引のある金融機関で相談する・取引先の人に紹介してもらう・他社の銀行に申し込んでみるの3つ
  • 法人口座開設が可能な金融機関の種類は都市銀行・ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫・ネット銀行の5種類
  • 法人口座で審査落ちした人が、再審査する際にやるべきことは銀行の担当者に理由を聞いてみる・再審査する前に売上実績を上げる・会社のHPやパンフレットなど信頼が上がる書類を用意する・取引先との契約書や請求書を持参する・許認可の証明書を用意する

また、創業期は法人口座開設がなかなかスムーズに行かないケースもあります。

そのため、 メガバンクなどではなく、以下の創業期におすすめの法人口座で申し込みを行うことをおすすめ します。

法人口座開設を断られる理由を確認しておき、改善しておくことが審査落ちを防ぐことが可能になります。

法人口座開設は住信SBIネット銀行がおすすめ!
住信SBIネット銀行

  • 住信SBIネット銀行は振込手数料を抑えたい・早急に資金調達をしたい人におすすめ!
  • 借入条件のお知らせを受け取っている法人は決算書要・最短即日融資可能な「dayta」サービスが利用できる
  • 法人・個人からの振込10件/月以上か法人デビットカードの利用金額10万円/月以上で振込手数料が最大10回まで優遇!
  • 対応ATMはセブン銀行・ローソン銀行・イオン銀行・イーネットなど多数で便利
  • 審査時間や口座開設にかかる日数は最短2週間~3週間!

▼ 手数料優遇や融資サービスがすごい! ▼

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • g***r様が
    800万円を調達しました。

  • e***p様が
    1000万円を調達しました。

  • w**x様が
    700万円を調達しました。

  • n******q様が
    1000万円を調達しました。

  • a******c様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング