サイト売買おすすめ7社を厳選!儲かるサイトの特徴や個人でも相場より高く売るポイントと失敗しないコツ

運営事務局
運営事務局
更新日2023/11/6
PR

サイト売買 おすすめ アイキャッチ

サイト売買とは?おすすめはどれ?

サイト売買って儲かる?
サイト売買失敗しないためのポイントは?

今回の記事では、上記のような疑問について解説します。

サイト売買とは、 会社や個人が所有をしているウェブサイトやコンテンツの売買取引を行う行為の総称 であり、別名でサイトM&Aと呼ばれることがあります。

一気に多額の資金が入るというメリットがある一方で、売り手の虚偽申告による損失が出る可能性も。

この記事では、 サイト売買の概要や利用するメリット・デメリット、個人でも利用可能なおすすめ7社 について解説します。

記事を読むことにより、どのサービスに申し込めば理想のサイト売買ができるかどうかがわかるので、ぜひ参考にしてくださいね!

サイト売買をざっくり言うと…
  • サイト売買とは、個人や企業が所有しているウェブサイトおよび構成されているコンテンツの売買を行うこと
  • サイトを高く売却するためには収益を出すキーワードで検索順位を獲得できているかなどの観点が必要になる
  • アクセス数が大きいサイトは評価されやすい
  • 収益が少なくてもコンテンツのクオリティが高ければ高い売却益となる可能性がある
  • サイトの売却価格は相場に近い金額に設定するのが重要

目次

サイト売買とは?

サイト売買とは
サイト売買とは、個人・企業が所有しているウェブサイトおよび構成されているコンテンツの売買を行うことであり、サイトM&Aと言われるケースもあります。

サイト売買の仕組みとしては、まずはサイト売買専門サイトで登録をして、買い手からのオファー待ちを行います。

オファーがあった場合は、現状のアクセス数や収益を元にして、 売却価格が決定して譲渡契約書にサインをして売買完了 というのが一連の流れです。

サイト売買は儲かる?表面利回りは200%を超えるケースも

サイト売買は表面利回りが200%を超えるケースもありますので、質の高いコンテンツを提供しているサイトであれば高く儲かる可能性があります。

サイト売買で得られる売却価格は、一般的な相場としてサイトが月間で叩き出す収益の1〜2年分です。

ただ、価値のあるコンテンツを提供していない場合は半年〜1年未満の売却価格に下落する可能性もあります。

より売却益を高くするためには、スキルおよび知識がその分必要となります。

サイトを高い価格で売買させるためには、以下の観点が必要です。

高額でサイトを売却するための必要な分析
  • 収益を出せるキーワードで検索順位を獲得できているか
  • 月間の収益は安定して出せているか
  • 将来的に検索順位が大幅に下落しないように対策がされているのか

サイト売却で儲けるためには、収益が継続して発生するかどうかを見極めることが重要です。

MEMO
また、将来的に伸びる可能性のあるサイトとアピールすることも、より多く売却益をもらうために大切なポイントになります。

サイト売買おすすめ7社を厳選!

サイト売買 おすすめ プラットフォーム 7選
この章では、サイト売買をするためにおすすめのプラットフォームについて7つ解説します。

サイト売買のおすすめプラットフォーム
  • サイト売買のおすすめ① ラッコM&A
  • サイト売買のおすすめ② ラッコマーケット
  • サイト売買のおすすめ③ A8 M&A
  • サイト売買のおすすめ④ サイトマ
  • サイト売買のおすすめ⑤ UREBA(ウレバ)
  • サイト売買のおすすめ⑥ サイト売買Z
  • サイト売買のおすすめ⑦ SITE STOCK

ぜひサイト売却先を見つけるためのプラットフォームを比較してください。

サイト売買のおすすめ① ラッコM&A

ラッコマーケット 公式サイト

画像引用:ラッコキーワード公式サイト

詳細 項目
売主手数料 無料
買主手数料 成約金額の5%
※最低55,000円(税込)〜
リーガルサポート ・契約書の自動生成
・弁護士無料でチャットの相談可能
・電子契約サービスとの自動連携
サイト移行代行サービス 16,500円(税込)から可能
ラッコM&Aがおすすめの人の特徴
  • 大手の安心したサービスを利用したい人
  • 新着情報をすぐにキャッチをしたい人

ラッコM&Aは、 売却手数料無料かつ弁護士に無料相談などを設けている サイト売買サービスです。

有名なキーワード選定ツールであるラッコキーワードを運営しているラッコ株式会社が運営をしており、2021〜2022年のサイト売買成約数が2年連続でNo.1を獲得しています。

特徴として高い集客力があり、ラッコのWEBサービスは累計で15万人以上が登録しています。

また、売却手数料が無料かつ着手金・掲載条件などの縛りもないので気軽に売却活動が可能です。

弁護士に対してチャットで相談が可能かつ弁護士監修の事業譲渡契約書の作成などの安心のリーガルサポートを無料で受けられるのも魅力的なポイントです。

新着情報のリアルタイム通知も便利なので、最新の取引情報をいつでもキャッチできるというメリットもあります。

サイト売買を利用するのであれば、ラッコM&Aは候補の一つになります。

サイト売買のおすすめ② ラッコマーケット

ラッコM&A 公式サイト

画像引用:ラッコマーケット公式サイト

詳細 項目
売主手数料 掲載:無料
売却手数料:売却金額の20%(税込)
買主手数料 無料
リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス なし
ラッコマーケットがおすすめの人の特徴
  • WordPressで運営されているサイトを探している・売りたい人
  • すぐにサイトを売却したい人
  • サイトの購入をすぐに行いたい人

ラッコマーケットは、最短で5秒でサイト購入、30秒で売却に出せる売買サイトです。

名前の通り、先ほど紹介したラッコM&Aと同じラッコ株式会社が運営をしており、異なるコンセプトで作られました。

ラッコマーケットの特徴は、成約スピードの高さであり、先ほど紹介した通りでサイト購入は最短5秒、売却は最短30秒で可能という点。

他にも、ラッコM&Aでは購入者側が売却手数料を支払う必要がありましたが、ラッコマーケットに関しては売却者が成約金額の2割を手数料として支払うなどの違いがあります。

取扱案件に関しても、 ラッコマーケットはWordPressで構築されているWEBメディアに限定されている のに対して、ラッコM&AはWEBやECサイト、アプリなどのオンラインビジネスなど、幅広く買取をしているといった違いがあるのです。

MEMO
ラッコマーケットを利用するのであれば、WordPressを利用したメディアの売却・購入になると覚えてください。

サイト売買のおすすめ③ A8 M&A

A8M&A 公式サイト

画像引用:A8 M&A公式サイト

詳細 項目
売主手数料 無料
買主手数料 直接取引:成約金額の5%
(最低手数料は50,000円〜)
仲介手数料:成約金額の10%
(最低手数料は50,000円~)
リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス WordPressの場合→サーバー移行代行:33,000円/1サイト
ドメイン移管代行:22,000円/1ドメイン
A8 M&Aがおすすめの人の特徴
  • A8.netの会員の方
  • 高い成約率のサービスを利用したい人
  • 直接買い手と交渉がしたい人

A8 M&Aとは、 A8.netの会員向けのサイト売買サービス です。

A8.netは国内最大級のアフィリエイトサービスであり、これまでにアフィリエイトメディア数が326万登録されているため、数多くの会員がいることがわかります。

それだけ買い手候補がいるため、 早めにサイト売却が完了する可能性も。

また、売却手数料は条件付きではあるものの無料なので、余計なコストを支払わずに済むのも魅力的なポイントですね。

買い手側は手数料がかかりますが、契約書のやりとりや交渉など担当者が完全サポートしてくれるので安心です。

MEMO
売り手の方で仲介者を介したくない人は、売り手の承諾を貰えば1対1で交渉ができるのも魅力的。少しでも価格をあげたいのであれば、直接交渉に出てみるのも一つの手です。

サイト売買のおすすめ④ サイトマ

サイトマ 公式サイト

画像引用:サイトマ公式サイト

詳細 項目
売主手数料 着手金:33,000円(税込)
仲介手数料:譲渡金額の20%相当金額(税込)
最低成果報酬:49万5,000円(税込)
買主手数料 着手金:33,000円(税込)
仲介手数料:譲渡金額の15%相当金額(税込)
最低成果報酬:49万5,000円(税込)
リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス 無料
サイトマがおすすめの人の特徴
  • 早めに成約をさせたい人
  • サポート費用を抑えたい人

サイトマは、 業界平均の3倍のスピードで売れる可能性の高い売買サイト です。

また、面談から弁護士による契約書の作成、サーバー、ドメインなどの移行作業に関しては全て費用が無料となっているのも魅力的なポイント。

通常の場合、サーバーやドメインの移行作業は3〜5万円の費用がかかりますので、もし移行時にサイトのデータを消去してしまうリスクがあると考えている方は、サイトマの担当者に依頼を投げることをおすすめします。

MEMO
サイト売買についてよくわからないという場合は、無料相談会を個別で実施しているので、相談してください。

サイト売買のおすすめ⑤ UREBA(ウレバ)

UREBA 公式サイト

画像引用:UREBA(ウレバ)公式サイト

詳細 項目
売主手数料 無料
買主手数料 直接:成約金額の5%
仲介:成約金額の10%
※サイト案件・ECアカウント案件:33,000円(税込)
※記事コンテンツ案件:55,000円(税込)
リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス 55,000円(税込)/案件
UREBA(ウレバ)がおすすめの人の特徴
  • SEOの検索で高順位を連発している人
  • サイトのマネタイズがそれほどできていない人
  • 直接交渉か仲介交渉の2択で迷っている人

UREBA」は、 コンテンツの質は高いもののマネタイズができていないようなサイト でも、サイト売買ができるサービスです。

特徴として、 仲介交渉・直接交渉を選択できる というものがあり、どれか一つしか選べないサイトが多い中で、UREBAの差別化しているポイントです。

交渉方法の選択肢を与えることにより「自分で交渉して早めに売却を狙うか」「仲介役に任せて確実に売却するか」の2択を選べます。

また、収益が発生していなくても記事コンテンツで検索順位の上位を連発しているようなサイトを「記事コンテンツ案件」として掲載し、アフィリエイト収益とは別軸での評価を行えます。

MEMO
UREBAは、マネタイズしている・していないサイトの如何にかかわらず一回無料査定にサイトを出してみるのはありです。

サイト売買のおすすめ⑥ サイト売買Z

サイト売買Z 公式サイト

画像引用:サイト売買Z公式サイト

詳細 項目
売主手数料 成約金額の3〜10%
※最低紹介手数料:55,000円(税込)
買主手数料 成約金額の3〜10%
※最低紹介手数料:55,000円(税込)
リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス サービスに直接お問い合わせください
サイト売買Zがおすすめの人の特徴
  • サイトの売却活動を知られずに行いたい人
  • 販売価格が1億以上になる大規模サイトを売却しようと考えている人

サイト売買Zは、 条件つきではあるものの非公開状態でサイト売却の手続きを進められるサービス です。

管理画面で交渉相手とやりとりをするのではなく、担当者が仲介して交渉を進めていくので、直接交渉をしたくないという方におすすめします。

また、「サイトの売却活動を他人に知られるとまずい…」という方向けに非公開で買主探しを行ってくれるというサービスも。

通常の場合、サイト売買サービスに買取情報を登録すると、買取一覧に出てきてしまうため、売却活動をしていることがばれてしまいます。

しかし、サイト売買Zを利用すれば 知人にサイトを売っていることをばれずに売却活動を進められます。

サイト売買のおすすめ⑦ SITE STOCK

SITESTOCK 公式サイト

画像引用:SITE STOCK公式サイト

詳細 項目
売主手数料 成約時手数料:成約金額(税抜)の10%+消費税
仲介手数料:110,000円(税込)

【直接交渉料金】
税込200万円未満:55,000円(税込)
税込200万円以上:成約時税抜の3%

買主手数料 成約時手数料:成約金額(税抜)の10%+消費税
仲介手数料:110,000円(税込)

【直接交渉料金】
税込200万円未満:55,000円(税込)
税込200万円以上:成約時税抜の3%

リーガルサポート 契約書作成
サイト移行代行サービス サービスに直接お問い合わせください
SITE STOCKがおすすめの人の特徴
  • 直接交渉をしたい人
  • 老舗企業に安心して任せたい人

SITE STOCKは直接交渉で買い手と値段を決めたい方におすすめのサイト売買サービスです。

2007年から運営をされており、15年以上にわたる取引で4,500件の経験豊富な取引実績がある老舗サイトです。

国内だけでも会員数が1万社以上となっており、様々な企業が登録しています。

SITE STOCKは、 非公開案件が多数ある点やベンチャーキャピタル・証券会社への人脈作りができる・売却するサイトのアナリティクスに関する資料作成の代行 のが大きな特徴。

なお、売り手・買い手共に仲介契約に場合は手数料が最低でも売却額から13%も取られるため、もし交渉に自信があるのならば「直接交渉」にするのをおすすめします。

サイト売買のメリット

サイト売買 メリット
この章では、サイト売買のメリットについて買い手目線と売り手目線で紹介します。

項目 詳細
【買い手目線】サイト売買のメリット ・サイト制作から収益化するまでの時間を短縮できる
・資産運用や投資として利用できる
【売り手目線】サイト売買のメリット ・多額の資金調達が可能
・成長が見込めるサイトに対してリソースを集中させられる

では、それぞれメリットとデメリットを見ていきます。

【買い手目線】サイト売買のメリット

買い手目線から見るサイト売買を利用するメリットは以下の通りです。

買い手目線から見るサイト売買のメリット
  • サイト制作から収益化するまでの時間を短縮できる
  • 資産運用や投資として利用できる

買い手から見るサイト売買最大のメリットは「 サイト立ち上げから収益化までの時間を短縮できる 」という点です。

一般的なサイト立ち上げから収益化に至るまでのプロセスは非常に長く、最低でも1年以上は見ておく必要があります。

しかし、すでにある程度の収益を出しているサイトを購入することで、収益化するまでの時間がかかるという課題を一発でクリアします。

また、Webサイトはインターネットが発達した現代において無限の可能性を秘めているビジネスツールです。

そのため、サイト買収からの利回りは200%に達することもあります。

サイトがうまくいけば投資した金額を 数年以内に回収することも不可能ではありません。

MEMO
サイトは検索順位を維持できれば恒久的に収益を出してくれる優れたツールなので、投資として十分に利用価値があります。

【売り手目線】サイト売買のメリット

売り手目線によるサイト売買のメリットは以下の通りです。

売り手目線によるサイト売買のメリット
  • 多額の資金調達が可能
  • 成長が見込めるサイトに対してリソースを集中させられる

サイトの譲渡金額相場は「サイトの月間収益の1〜2年分」とされており、少なくとも1年分の収益をサイト売却した場合は確保できます。

サイト売却額の計算方法は以下の通りです。

サイト売却金額の計算方法
月間収益:50万円

50(万円)×12(ヶ月)=600(万円)が売却金額として手にすることが可能

本来予定していた収入を前倒しで獲得できるのはサイト売買の最大のメリットと言えますね。

なおサイト売却をした際には、法人の場合法人税の対象、個人の場合は譲渡所得として計上されますので、確定申告の際に忘れず記帳してください。

また、不要なサイトを売却することにより、 本来売り上げを伸ばしていくべきサイトに対してリソースを集中させることが可能 となります。

サイト売却で選択と集中を行い、既存サイトの成長や新規サイトの立ち上げなど様々な選択肢を取れます。

サイト売買のデメリット

サイト売買 デメリット
サイト売買には複数のメリットがある一方で、デメリットも存在します。

この章では、買い手・売り手それぞれで発生するサイト売買に関するデメリットについて解説していきます。

項目 詳細
【買い手目線】サイト売買のデメリット ・虚偽申告による損失
・収益上昇の確証はない
【売り手目線】サイト売買のデメリット ・譲渡債権が回収できない可能性がある
・収益が安定しなくなる

読んでおかないと、あなたが損をする可能性があるのでぜひ参考にしてください。

【買い手目線】サイト売買のデメリット

買い手から見るサイト売買のデメリットは以下の通りです。

買い手目線のサイト売買に関するデメリット
  • 虚偽申告による損失
  • 収益上昇の確証はない

まず考えられるリスクとして、売り手側の虚偽申告による損失があります。

Webサイトはアクセス、売り上げ、利益などを総合的に勘案して売却金額が決まってきます。

そのため、個人間でのやりとりとなった場合は売り手側が虚偽データを持ち出して価値のあるサイトに偽装を仕掛けて、譲渡金額を釣り上げてくるケースも往々にして考えられるのです。

個人間でのやりとりにリスクを感じる場合は、サイト売買サービスを利用して適正な審査を受けたサイトを買取対象にするのがおすすめです。

また、サイトを購入したとしても収益が安定して確保できるという保証はどこにもありません。

なぜなら、検索エンジンは日進月歩で進化しており、いつでも検索順位が下落するリスクをはらんでいるからです。

そのため、あなた自身で買い手が提示をしたサイトの価値や将来性を見極める必要があります。

【売り手目線】サイト売買のデメリット

サイト売却の際に生まれるデメリットは以下の通りです。

売り手目線のサイト売買のデメリット
  • 債権未回収リスクがある
  • 収益が安定しなくなる

まずは、譲渡債権の未回収リスクがデメリットとして挙げられます。

譲渡金が未回収になる原因ですが「取引途中で買い手との連絡がつかなくなった」や「実は譲渡金を支払えるだけのお金が手元になかった」などがあります。

譲渡金を確実に受け取るためにも、 サイト売買は専門的なサービスを利用して確実に回収するように動くのがおすすめ です。

また、収益が安定しているサイトを売却した場合は、当然ですが収益源はなくなってしまいます。

収益が分散をしているのであればまだしも、売却するサイトに依存している場合は資金がショートするリスクがあるという点に注意してください。

MEMO
サイト売却を成功させるためには、売却してから「新サイト立ち上げのための資金充当」などの目的を定めてから行動に移すことをおすすめします。

【売り手】サイトを高値で売却したい人が知っておくべきポイント

サイト売買 売り手目線 高値 売却 ポイント
この章では、売り手目線でサイトを高い価格で売却したいと考えている方が知らなければならないポイントについて紹介します。

サイトを高値で売却したい人が知っておくべきポイント
  • アクセス数は伸びている・多いに越したことはない
  • 一定期間の売上が安定している
  • サイトを譲渡しても運用しやすい仕様になっている
  • サイトに掲載されているコンテンツのクオリティが高い
  • サイト売買のプラットフォームを必ず使う
  • サイトの売却価格は相場と近い金額に設定する

これから解説する6つのポイントを守らないと、損をする可能性がありますのでぜひチェックしてください。

アクセス数は伸びている・多いに越したことはない

サイトはアクセス数が伸び続けている・多いほど評価が高まります。

サイト売買を行う場合は、獲得しているキーワードの検索順位や月間のページビュー、セッション数などが公開されるため、 各種データの数字が伸びている・多めだと高値で売却できる可能性が高めです。

なお、サイトのページビュー数が伸びるのはトレンドによる流行ではなく、 年間を通じて安定したアクセスが見込めることが大切 です。

売り手はなるべく高い評価を受けるためにも、日々良コンテンツの公開、サイト更新、SNSでの発信、サーバー保守などこまめに施策を取り組んでいくことで、サイトを高値で売れるようになります。

一定期間の売上が安定している

アクセス数と一緒で、一定期間での売上が安定しているサイトも価値が上昇します。

なぜなら、 サイトの立ち上げから収益化までの長いプロセスを簡略化できるため です。

そのため、 売上が安定しているサイトは高値で売却されやすくなります。

MEMO
また、SNS集客を強化して、コストを削減しつつ売上を立てていくこともサイトを高値で売却するには欠かせない戦略の一つです。

サイトを譲渡しても運用しやすい仕様になっている

サイトを高値で売買するためには「 売却して他人が操作したとしても運用しやすい仕様になっている ことも重要なポイントです。

サイトの買い手は「サイトを買った後に今までと同様の形で運用ができるかどうか」も売却価格を決める基準として入れているケースが多いです。

そのため、サイト運用が属人化するほどに複雑な仕様の場合は買い手がつかなくなる可能性が高くなります。

サイトを運用しやすくするコツとしては、以下のような方法があります。

  • サイトを運用するにあたりマニュアルの作成を行う
  • サイト運営工程を簡略化するためにCMSを導入する

上記の通り、買い手がどのように考えるかを考慮しながらサイト設計をすることが大切な観点です。

サイトに掲載されているコンテンツのクオリティが高い

サイトに掲載されている記事などのコンテンツのクオリティが高いと判断されるサイトは、 買い手もつきやすく高値で取引できる可能性が高い です。

コンテンツのクオリティが高いサイトが好まれるのは、 専門性かつ独自性があり、SEO対策がされているので安定した収益を出せる可能性があるため です。

今はサイトが伸びていなくても、現時点でコンテンツのクオリティが高ければ「将来的に伸びる可能性がありそう」と判断されて、高値で取引されるケースもあります。

MEMO
先ほども解説した通り、検索エンジンの仕組みは日々変わっていくため、こまめなコンテンツの追加・サイト更新などの地道な努力がサイトを高値で売るためには必要です。

サイト売買のプラットフォームを必ず使う

サイト売買を成功させるためには、サイト売買を専門としているプラットフォームを必ず利用してください。

理由として、個人や企業間でサイト売買を行うと条件面での紛糾などで結果的に交渉が決裂して売却できないといったケースが往々にして考えられるからです。

一方で、サイト売買に関する仲介会社・マッチングサイトといったプラットフォームを利用することにより、 業者が売り手および買い手の間を取り持つので、スムーズに交渉が進む可能性が高くなります。

また、仲介会社やマッチングサイトに登録をしている買い手は必ずいるため、自分自身で探して見つけるよりも効率よく候補を見つけられます。

ただ、プラットフォームを利用すると手数料が発生するというデメリットが挙げられますが、これはサイト売却を成功させるためには必要な投資です。

サイトの売却価格は相場と近い金額に設定する

プラットフォームで開示するサイトの売却希望価格は、相場と近い金額に設定してください。

なぜなら、相場とあまりにもかけ離れた価格設定をしている場合は、買い手から敬遠をされてサイト売却ができないという状態に陥る可能性があるため。

一方、相場よりも安い売却希望金額にすると、安値で買い取られてしまい損をする結果になってしまいます。

サイト売買の相場はそれは運用年数・収益の安定性、月間でのセッション、ページビューなど様々な要素が絡んで決まります。

あなたのサイトがどれぐらいの市場価値があるのかは、査定サービスを使ってあらかじめチェックしておき、適正価格に設定してください。

【買い手】サイト売買で失敗したくない人が知っておくべきポイント

サイト売買 買い手目線 失敗しない ポイント
この章では、買い手がサイト売買に置いて失敗しないために知っておくべきポイントを解説します。

サイト売買で買い手が失敗しないために知るべきポイント
  • 1日に最低1回~2回は売出し中のサイトをチェックする
  • 直帰率が80%を超えるサイトは注意する
  • 自然検索のデータやアクセス推移のチェック
  • サイトに掲載されている文章・画像の著作権は大丈夫かチェック
  • 無料ブログの購入はおすすめしない

これから解説する5つのポイントを知らないと、収益が全く出ないサイトを掴まされるリスクもありますのでしっかりチェックをしてください。

1日に最低1回~2回は売出し中のサイトをチェックする

1日に最低でも2回は登録しているサイトで売却情報をチェックするのが大切です。

なぜなら、売り出されているサイトは常々更新をされており、しばらく見ないうちに他の事業者に買取されてしまっているというケースが往々にして考えられるためです。

良質なサイトは誰もが欲しがるため競争率が高く、買い手も早くつきやすい傾向にあります。

そのため、 サイト売買のプラットフォームに毎日入って新情報や案件などを仕入れることが、サイト売買成功への第一歩 となります。

直帰率が80%を超えるサイトは注意する

アナリティクスに出ている直帰率が80%を超えているサイトの購入は慎重になった方が良いです。

直帰率とは
全体の訪問者のうち、サイトの中の1ページしか見ずに他のサイトなどに出てしまったユーザーの割合を示したもの。

なぜならSNSなどでアクセス数を稼いで、商品購入などのコンバージョンに繋げづらいサイトになっている可能性が高いためです。

直帰率が30〜50%台で推移をしているサイトは優秀であり、売上が立つような動線をサイト内に張り巡らしている可能性が高いので、 どれぐらいの割合で1ページで離脱しているかをツールでチェックするのをおすすめ します。

自然検索のデータやアクセス推移のチェック

サイトの担当者から現状どのキーワードで検索順位が取れているかがわかる一覧表をもらってください。

理由として、現状どのキーワードが取れているから収益が出るまでの時間などの逆算ができるからです。

例として、「商品名」だけのKWで順位を取れていたら検索ボリューム大きくかつ購買意欲も高めのユーザーが多いので、 高い収益が期待されます。

MEMO
なお自然検索での順位は、ツールを利用することにより一瞬で全ワードを出すことができますので、効率を求める方はSEOツールの導入も検討してください。

サイトに掲載されている文章・画像の著作権は大丈夫かチェック

サイトに掲載されている文章や画像の著作権が大丈夫かどうかもチェックする必要があります。

なぜなら、コピペした文章や他社サイトから無許可転載をしている画像が発見された場合は、最悪の場合著作権侵害によりサイト閉鎖に追い込まれて、刑事告訴されてしまうことも考えられるからです。

刑事告訴されると、最悪の場合懲役刑か罰金刑が課される可能性がありますので、 購入前に文章や画像が大丈夫かどうかを競合のサイトなどと見比べておくことが大切 です。

無料ブログの購入はおすすめしない

無料ブログで独自ドメインにより運営しているサイトも売買に出されますが、購入はおすすめしません。

なぜなら、無料ブログはお金がかからない反面カスタマイズ性に欠けており、大きな伸びが期待できないためです。

収益を狙っていくのであれば、 WordPressを利用したサイトを購入することをおすすめします。

MEMO
WordPressでのブログ運用は、サイト規模にもよりますが一月当たり5,000円以下で運営できるので、無料ブログで収益が出ず疲弊するよりも大分ましだと言えます。

サイト売買に関するよくある質問

サイト売買 よくある質問
最後にサイト売買に関するよくある質問について回答をしていきます。

サイト売買に関するよくある質問
  • Q:サイト売買は個人でもできますか?
  • Q:サイト売買の相場や価格の計算方法が知りたいです
  • Q:サイト売買では契約書が必要ですか?
  • Q:サイト売買すると税金は発生しますか?

知らないと余計なお金の支払いが発生する可能性がありますので、必ず確認してください。

Q:サイト売買は個人でもできますか?

サイトの売買は個人でも可能です。

実際に個人ブログを育て上げて数千万という高値で売却したという事例もあるぐらいです。

ただ、サイト売買を行う場合は 理想の値段で売却するために、手数料を払ってでも仲介業者などのプラットフォームを利用することをおすすめ します。

Q:サイト売買の相場や価格の計算方法が知りたいです

サイト売却の相場は「直近半年の月間利益の平均×12〜24ヶ月分」です。

例として、半年間の月間利益の平均が100万円だった場合は、サイトの売却益として1,200〜2,400万円が手元に入り込んできます。

サイトの売却益は検索順位やコンテンツの質、メルマガの会員数、販売している商品の収益性などでさらに売却金額が上がる可能性もあります。

Q:サイト売買では契約書が必要ですか?

サイト売買時には契約書が必要です。

契約書を巻かないと後々振り込まれる金額が少ないなどのトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではないためです。

契約書は「事業譲渡契約書」と呼ばれるものであり、譲渡するサイトや売却価格、競業避止に関する条項などが明記されていますので、チェックしてください。

もし、契約書は巻く必要がないというようなことを相手が言ってきた場合は、悪質業者の可能性がありますので取引をしないのが正解です。

Q:サイト売買すると税金は発生しますか?

サイト売買による税金は売り手・買い手双方に発生します。

なお、それぞれが法人か個人なのかでも税率が変わってきます。

例として、法人がサイトを売却した場合は法人税に売却益が上乗せをされ、個人の場合は譲渡所得として、15〜30%前後の税率が発生する点は留意してください。

また、買い手側も購入したサイトが利益をあげた場合は法人・個人共に申告する必要があります。

サイト売買のまとめ

サイト売買 まとめ
サイト売買とは、売り手側からみると会社の資金調達を行うために、ご自身が保持しているサイトの売却を行う資金調達方法です。

サイト売却を行うと以下のような効果が期待されます。

サイト売買をしたことによる効果
  • 【買い手目線のメリット】収益化までの時間短縮
  • 投資・資産運用として使える
  • 【売り手目線のメリット】多額の資金調達が可能、成長が見込めるサイトに対してリソースに集められる

一方で、もちろん以下のようにデメリットもありますので注意してください。

サイト売買のデメリット
  • 売り手の虚偽申告による損失
  • 収益アップの保証はない
  • 収益が安定しない

サイト売買をする場合は、 売上の安定やアクセス数の増加 といった基準を元に、買収すべきかどうかを判断すべきです。

また、サイト売買の時は相場に近い金額を必ず設定してください。多すぎても他のお客様から敬遠されるためです。

この記事の7つ紹介したサイト売買事業者は、 いずれも実績多数 なので、ぜひ利用する際の参考にしてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • i******a様が
    1000万円を調達しました。

  • f***o様が
    800万円を調達しました。

  • g***r様が
    800万円を調達しました。

  • e***p様が
    1000万円を調達しました。

  • w**x様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング