無担保ローンとは?種類やメリット・デメリット有担保ローンとの違い

運営事務局
運営事務局
更新日2023/2/27
PR

無担保ローンとは アイキャッチ

無担保ローンとは?

無担保ローンにはどんな種類がある?

無担保ローンのメリット・デメリットは?

こちらでは、無担保ローンに関する不明点にお答えしていきます。

無担保ローンとは、一言で伝えると担保なしで借り入れできるサービスです。

そもそも担保の意味や、担保の有無で審査や借入額に影響はあるのか、など無担保ローンの仕組みを知りたい人は多いはずです。

そこで今回は、 無担保ローンの基本情報から、種類やメリット・デメリットまで紹介します。

有担保ローンとの違いも説明しているので、無担保ローンとどちらを選ぶべきなのか判断材料としてこちらを参考にしてくださいね!

無担保ローンをざっくり言うと・・・
  • 無担保ローンは担保なしで借入可能
  • 無担保ローンには数種類ある
  • 審査から融資までの時間が短い

無担保ローンとは?担保なしで借入できるローン商品のこと

無担保ローンとは
無担保ローンは、担保が不要のローンのことを指します。

担保とは、債務者(お金を借りる側)が返済を滞納した時のために、債権者(融資する側)に渡しておく権利や物品のことです。

債務者が返済をできなくなった際に、債権者は担保を換金して債務を回収します。

上記のような担保を不要とする無担保ローンは、担保価値を調べる審査がないため、融資までの期間が短くなります。

MEMO
担保の提供を求められるローンのことを「有担保ローン」と呼びます。

無担保ローンの種類

無担保ローンとは 種類
無担保ローンは数種類あるため、目的に応じて使い分けしてください。

無担保ローンの種類は下記の通りです。

無担保ローンの種類
  • 一般的な借入「カードローン」
  • 借入金の用途が自由な「フリーローン」
  • 車(マイカー費用)や奨学金、住宅ローンなど目的がある借入は「目的ローン」
  • クレジットカード付帯のキャッシング
  • 一定金額を毎月返済する「ショッピングリボ」複数社の借入を一本化する「おまとめローン」

それぞれのローンの特徴や使い道について紹介します。

一般的な借入「カードローン」

一般的によく利用されているカードローンは、無担保ローンの一つです。

銀行や消費者金融、クレジットカードが提供しているローンであり、 設定された限度額内であれば何度でも借り入れ可能です。

融資を受けている目的が事業性資金でなければ、使用目的は自由です。

また、 申込みから融資を受けるまでの期間が短く、早ければ即日でお金の調達ができます。

融資までのスピードの早さと、ATMで借り入れできるのがカードローンの特徴です。

借入金の用途が自由な「フリーローン」

フリーローンは銀行が提供している無担保ローンで、カードローン同様で目的は問いません。

カードローンとの違いは、 一度の融資でまとまった金額のお金を借り入れできることです。

ただし、繰り返し借り入れはできないため、追加で借り入れをする場合は、再度契約を必要とします。

車(マイカー費用)や奨学金、住宅ローンなど目的がある借入は「目的ローン」

目的ローンは銀行が提供する無担保ローンで、利用目的が決まっている金融商品のことです。

主な目的ローンは下記の通りです。

目的ローンの種類
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 医療用ローン
  • ブライダルローンなど

目的ローンでは、用途を証明する書類が必要ですが、 まとまった融資と金利が低いなどのメリットがあります。

クレジットカード付帯のキャッシング

クレジットカードには買い物時に利用するショッピング枠と、お金の借り入れができるキャッシング枠の2種類があります。

クレジットカードにはほとんどの場合にキャッシング枠が付帯しており、限度額内で借り入れが可能です。

しかし、借入限度額が低い上に金利が高い設定になっていることが多いです。

まとまった融資はできませんが、 キャッシング枠の審査にさえ通過すれば、ATMなどで借り入れができます。

一定金額を毎月返済する「ショッピングリボ」

ショッピングリボも無担保ローンに含まれます。

ショッピングリボは、クレジットカードのショッピング枠で買い物をした際、利用金額や回数に関係なく月々の支払い額が一定になる方法です。

ショッピングリボは分割払いと勘違いされがちですが、分割の場合は3・5・6回と回数を指定して支払うことを指します。

一方ショッピングリボは、 ショッピング枠の限度額内であれば分割払いのような回数に縛りがなく、決まった支払額を月々返済する仕組みになっています。

複数社の借入を一本化する「おまとめローン」

おまとめローンは、複数社から借り入れしているローンを一つにまとめるサービスです。

利用しているローンをまとめることで、 従来の返済額や金利を軽減する方法となります。

また、 返済先が一箇所になるため、さまざまな金融機関に振り込む手間がなく、返済額の管理がしやすいなどの特徴があります。

無担保ローンのメリット

無担保ローンとは メリット
無担保ローンには、有担保ローンにはないメリットがあります。

無担保ローンのメリット
  • 無担保ローンは保証人も不要であるケースが多い
  • 有担保ローンよりも審査・入金までの時間が早い
  • Web完結対応しているので利用しやすい

それぞれのメリットについて解説します。

無担保ローンは保証人も不要であるケースが多い

無担保ローンは、 保証人も不要で気軽に申し込めるケースが多いといえます。

有担保ローンでは、保証人や抵当権などの用意をしなければなりません。

しかし、無担保ローンでは担保はもちろんのこと、 場合によっては保証人も不要なので、保証人を探す手間がありません。

保証人を探すには家族や親族に相談したり、保証人となった人の負担も大きいので抵抗がある人も多いはずです。

MEMO
自身の判断でいつでも好きな時に利用できるのが、無担保ローンの大きなメリットです。

有担保ローンよりも審査・入金までの時間が早い

前述した通り、 無担保ローンは審査から入金までのスピードが早いのが特徴です。

無担保ローンが融資までの時間が短い理由として、担保・保証人の審査が不要なので審査時間を短縮することができます。

MEMO
無担保ローンの場合は、ローンの種類によるものの、基本的な審査基準は本人の信用性を重視する傾向にあります。

Web完結対応しているので利用しやすい

無担保ローンのなかでも、カードローンの多くはWeb完結に対応しています。

担保の審査が不要ということから、申込みから融資までの全ての手続きをWeb上で完了します。

スマートフォンやパソコンから必要書類をアップロードすると、提出された書類をもとに金融機関は審査を進めます。

MEMO
カードローンではカードが郵送で送られてくるケースもありますが、自宅にいても全ての手続きを行えます。

無担保ローンのデメリット・注意点

無担保ローンとは デメリット
続いては、無担保ローンのデメリットと注意点について紹介します。

無担保ローンのデメリット
  • 有担保ローンと比べると審査基準が高い
  • 有担保ローンと比べると金利が高い

無担保ローンはメリットばかりのように思われますが、有担保ローンよりも悪い点はいくつかあります。

無担保ローンを利用する際の注意点として解説していきます。

有担保ローンと比べると審査基準が高い

無担保ローンは有担保ローンよりも、申込者の他社での借入金額や職業、信用情報のみで審査が行われます。

返済能力や信用度などを重視しているので、クレジットカードの遅延や滞納、他社ローンの利用の有無を調べます。

とくに、過去滞納していた場合は審査に通るのは難しく、 申込者の状況次第で有担保ローンの方が利用しやすいことがあります。

MEMO
無担保ローンを利用したい人は、事前に信用情報の開示をしておくと、審査に影響あるかどうか把握できます。

有担保ローンと比べると金利が高い

有担保ローンよりも、無担保ローンの方が金利が高く設定されています。

有担保ローンでは事前に担保を提供するので、万が一返済できなくなった時は、担保を換金して融資したお金の回収をします。

無担保ローンでは担保の提供がないので、お金を回収するあてがなく、債権者にとってはリスクが高くなります。

担保が不要な分、リスクに備えて金利を高めに設定しているといえます。

無担保ローンの注意点として、金利が高ければ高いほど借入額に加えて、利息金額が増えるので返済額も高くなります。

MEMO
あらかじめ金融機関の公式ホームページなどにある「返済シミュレーション」で計算し、今後の返済額や返済期間の確認をおすすめします。

無担保ローンに関するよくある質問

無担保ローンとは 無担保ローンに関するよくある質問
無担保ローンを利用するにあたって、審査に関する不明点や利用方法などわからない人も多いと思います。

これから無担保ローンに関するよくある質問に答えていくので、参考にしてください。

Q:無担保ローンの選び方は?

無担保ローンの選び方は利用する方法によって選んでください。

ローンの種類ごとに限度額や金利、目的に縛りがあります。

車や教育費など明確な使い道があれば目的ローンを選び、すぐにお金が必要な場合はカードローンを選ぶのがおすすめです。

Q:すぐにお金が必要なので、審査基準が緩い無担保ローンを教えてください

基本的に審査基準が緩いローンはないとされていますが、即日融資OKなカードローンであれば急な出費にも対応できます。

さらに、 24時間申し込めるWeb完結のカードローンを選ぶのがおすすめです。

Q:転職したばかりだと審査落ちするってほんと?

無担保ローンでは、提出された申込者の勤務年数や年収に基づき審査を行います。

転職したばかりの状態で申し込みはできても、収入が安定してないと判断されて、審査に不利な場合があります。

審査で不利とされる短い勤務年数をカバーする方法として、希望借入額を少なめに提示することです。

希望借入額が少なければ返済の負担が軽減され、債権者からすると貸し倒れリスクも低くなります。

MEMO
勤務年数がネックになっている人は、希望借入額を少額にして申し込みをしてください。

Q:無担保ローンの返済が遅れるとどうなりますか?

無担保ローンで融資を受けて、一定期間を過ぎても返済しないままだと信用情報に登録されます。

有担保ローンでは返済が滞った時に備えて担保を差し出しますが、担保のない無担保ローンでは資金を回収する当てがありません。

そのため返済しないままだと電話や郵送で督促が行われ、61日以上の滞納となった場合に信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報に登録された後も返済義務はあるので、そのまま放置するのはNGです。

MEMO
最悪の場合、訴訟や財産差し押さえなどの処分が行われます。

まとめ

無担保ローンとは まとめ

無担保ローンとは まとめ
  • 無担保ローンは担保不要で融資が受けられる
  • 無担保ローンは数種類あるため、目的に合ったローンを選ぶこと
  • 保証人も不要な場合が多い
  • 入金スピードが早く、Web完結できるローンが多い
  • 有担保ローンよりも審査基準が厳しく、金利が高い傾向にある
  • 転職して間もない人は審査時に不利となる

無担保ローンの意味や仕組みについて解説しました。

無担保ローンは有担保ローンよりも申し込みまでのハードルが低く、気軽に利用できるローンです。

無担保ローンの選び方は状況によりますが、利用目的が定まっている人は、目的に合った無担保ローンを選択してください。

また、利用時の注意点として、申込者の属性や信用度で審査を行うため、審査基準がやや厳しいといえます。

他社のローンやクレジットカードに滞りがないように返済すれば、無担保ローンの借り入れも難しいことではありません。

これらのメリットやデメリットを踏まえた上で、無担保ローンを利用してくださいね。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k******q様が
    300万円を調達しました。

  • u*****h様が
    600万円を調達しました。

  • s******w様が
    1100万円を調達しました。

  • i**h様が
    300万円を調達しました。

  • j*****i様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング