10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣

日本政策金融公庫は「銀行からの資金調達が難しい個人事業主や中小企業」に対して、積極的に融資を行っており、会社経営者や個人事業主にとっては『心強い存在』です。

 

ここでは、日本政策金融公庫で事業資金の融資の審査を17年半担当していたプロが、日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つの「借入申込のコツ」について、同庫の審査の「内部の仕組み」とともに徹底的に解説します。これを読めばあなたの融資の成功率はグーンと上がるでしょう。

日本政策金融公庫

また補足として、日本政策金融公庫における各制度の概要や、公庫を利用するメリットとデメリット、準備の進め方について解説を行います。事業資金や、起業(スタートアップ)資金の調達にお役立てください。

 

なお、公庫の融資審査は通常1~2か月程度かかってしまいます。公庫の融資が間に合わない方は以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。オンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。
【3位】ORIX CLUB CARD 最大500万円融資可能。個人事業主にオススメ。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。

 

100%融資を可決させるコツは3つ

 

まずは、本記事のメインである「日本政策金融公庫で100%融資を受けるコツ」を3つ紹介しましょう。以下の3点をしっかり覚えておけば、日本政策金融公庫の審査に通る可能性は、大幅にアップします。

 

日本政策金融公庫で100%融資を可決させる3つのコツ
① まずは、300万円程度の小口融資で審査を受けてみよう!
② 審査担当者の「プレゼン」を手伝おう!
③ 申込金額による保証人の能力の考え方を知ろう!

 

①〜③について、詳しく見ていくことにしましょう。

 

① まずは、300万円程度の小口融資で審査を受けてみよう!

 

個人事業主の方や中小企業の経営者の方にお勧めなのが「300万円程度の小口融資」です。初めて融資を申し込んだ場合、通常の申込よりも審査は慎重に行われます。このため「200万円の融資を希望」してみても「100万円しか可決されない」というケースも珍しくありません。

 

「借入の実績」を作るという意味でも、最初は「小口融資からスタート」するのが良いでしょう。初回よりも二回目、三回目の申込の方が、日本政策金融公庫からの信頼は厚くなります。初回よりも(二回目以降の審査は)希望する金額がスムーズに可決されやすいものです。

 

日本政策金融公庫との付き合いは「長い目」で見ましょう。地道に、コツコツと信頼関係を築くのが「審査を100%通す」一番の近道です。大口融資を希望される方も(最初の段階では)小口融資で、審査や借入の経験を積んでおいてください。   事実、日本政策金融公庫の平均融資単価というのは700万円程度といわれています。これはあくまでも平均の金額です。実際には大口の融資が平均の金額を引き上げていますので、最頻値(もっとも数的に多い)の融資金額は300万円から500万円といったところでしょう。  

 

さらに申込金額については、「申込金額が妥当なものであるかどうか」も大切な点です。一律に「300万円で申しこめばよい」というわけではありません。ポイントとなるのは、「資金使途(借入金の使いみち)」と「事業の規模」でしょう。

 

資金使途については、大きく分けて「仕入れや諸経費の支払い」などに使う「運転資金」と、「車両や機械の購入」などに使う「設備資金」があります。運転資金については、事業の規模に対して過大であったり過小であったりしないかが見られます。   例えば仕入れに使う資金だとしたら、月々の仕入れ代金の数か月分が妥当な金額でしょう。

 

もちろん、妥当な金額は業種によっても変わってきます。例えば町の飲食店のように、毎日即金で現金が入るような業種であれば、それほどの仕入れ資金は必要にならないはずです。逆に仕入れの単価が高かったり、在庫を長く持つ傾向にある業種であれば、より多くの仕入れ資金が必要になるかもしれません。   設備資金についても同様に、過大であったり不要な投資であったりしないかが見られます。鮮魚店が配達用の車両を購入したいと言えば理屈は通りますが、美容室が顧客の送迎用に高級車両を購入したいと言ったら難しいかもしれません。

 

日本政策金融公庫は「事業資金のみを融資する専門の機関」であり、資金の使いみちと金額の大小についてはきちんと見られます。「何となく」で申込金額を決めると、審査の時に苦労することになるでしょう。日本政策金融公庫の融資では「保証人を求められる」ケースが多いです。ただし、女性に関しては特例が設けられており「300万円までの小口融資に関しては、原則保証人や担保無し」で融資が受けられます。

 

女性でこれから起業される方、企業間もない女性の方は「女性向け小口融資制度」に申込をしてください。日本政策金融公庫が積極的に取り組んでいる融資制度であり、保証人無しで融資が受けられます。   参考「女性向け小口創業特例制度」一般の方(女性以外の方)が保証人を探すのなら、同じ「日本政策金融公庫で融資を受けている」人を探されることをお勧めします。

 

実は、事業融資の審査は本人だけでなく、保証人の返済能力についても「慎重に審査が実施」されます。このため、日本政策金融公庫と付き合いのある事業主がいれば、審査はよりスムーズに(審査が)通りやすくなるのです。   また、日本政策金融公庫で融資を受けた方なら、保証人に対する理解も大きいはずです。

 

保証人が必要な場合は、既に「日本政策金融公庫で融資を受けている」人の中から候補者を探しましょう。

 

なお、公庫の融資審査は通常1~2か月程度かかってしまいます。公庫の融資が間に合わない方は以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。オンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。
【3位】ORIX CLUB CARD 最大500万円融資可能。個人事業主にオススメ。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。

 

② 審査担当者の「プレゼン」を手伝おう!

 

日本政策金融公庫に融資を申し込んだ場合、通常は支店に一度出向き、審査担当者と「面談」をすることになります。以降、融資が決まるまでのやり取りは、基本的にこの審査担当者が窓口になります。

 

面談では、取引先の名前や資金使途や決算書の不明な点など、かなり突っ込んだことまで聞かれます。これらについて、審査担当者が納得できるようにあなたは答えなくてはいけません。   しかし、スラスラと答えられないといけないなどということは全くありません。言いよどんだり間違ったことを言ってしまうこともあるでしょう。

 

あるいは、経理担当者に確認しないと分からないこともあるかもしれません。それは問題ありません。   大切なのは、「あなたの企業の弱点とセールスポイント」を「審査担当者が上司に説明できるように」真摯に答えることです。

 

あなたが直接顔を合わせるのは、おそらく審査担当者だけでしょう。しかし審査担当者は、あなたの企業が審査を通過できるように、決裁権限を持つ上司にいわば「プレゼンテーション」をしてくれる立場なのです。

 

ですからその「プレゼン」が上手くいくようにあなたはできる限りの「資料」を提供するべきなのです。   説明したくないことや、自分にとって不利な話もあるかもしれません。しかしそれを審査担当者に隠すべきではありません。あなたの企業の弱点とそれをも上回るだけのセールスポイントが審査担当者に伝われば、審査担当者はあなたのために頑張って「プレゼン」をしてくれることでしょう。   審査担当者は、基本的にはあなたの味方なのです。

 

③ 申込金額による保証人の能力の考え方を知ろう!

 

日本政策金融公庫という機関は、いわば「国が経営する金融機関」です。ですから政府の方針や社会通念の変化などにより、融資制度が新設されたり廃止されたりという可能性はあり得ます。

 

しかし「融資をするにあたって、保証人が必要になる」という基本姿勢は、おそらく大きくは変わらないでしょう。(既に述べたように、保証人が不要の融資制度もあります。)   そこであなたが行き当たりがちなのが、「土地を持っているけれど、年金暮らしの父親」と「賃貸マンションに住んでいるけれど、一流企業に長年勤める兄」と、果たしてどちらが保証人にふさわしいのか、という選択肢です。

 

結論から申し上げると「申込金額により、ケースバイケース」といったところでしょうか。   例えば、200万円の融資を毎月4万円の50回払いで返済するケースと、1000万円の融資を毎月20万円の50回払いで返済するケースとでは、保証人に求められる能力は違ってくるでしょう。   あなたが前者のような借り入れを望むのであれば、保証人はお兄さんの方がふさわしいかもしれません。

 

お金を貸す側としては、万が一あなたへの融資の返済が滞っても、毎月4万円の返済ならばお兄さんが肩代わりしてくれる、と考えるでしょう。   他方、後者のような借り入れを望むのであれば、お父さんの方がふさわしいかもしれません。毎月20万円の返済を肩代わりできるサラリーマンはなかなかいないでしょう。

 

お金を貸す側としては、土地を処分して一括で返済してくれる可能性があるお父さんの方が融資をしやすい、と考えるでしょう。   もちろん実務上は、お兄さんとお父さんの二人に保証人になってもらったり、お父さんの土地に抵当権(いわゆる担保)を設定する、というケースも考えられます。

 

なお、公庫の融資審査は通常1~2か月程度かかってしまいます。公庫の融資が間に合わない方は以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。オンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。
【3位】ORIX CLUB CARD 最大500万円融資可能。個人事業主にオススメ。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

書類作成と準備の進め方

 

日本政策金融公庫の「書類作成と準備の進め方」については、以下の記事をご覧ください。
日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

 

日本政策金融公庫からの借入概要について

 

日本政策金融公庫からの「借入概要」については、以下の記事をご覧ください。各制度の詳細(申し込み条件等)を詳しく紹介しています。
日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

 

日本政策金融公庫のメリットとデメリット

 

日本政策金融公庫のメリットとデメリットについては、以下の記事をご覧ください。
日本政策金融公庫のメリット・デメリット総まとめ

 

まとめ

 

いかがでしたか? 今回は主に、「日本政策金融公庫から融資を受けるコツ」についてご説明しました。一般的に日本政策金融公庫は、
・融資が受けやすく ・借入金利も低い
という大きなメリットがあります。まだ、利用をしたことがないという方も、ぜひ一度利用してみられることをお勧めします。

 

日本政策金融公庫の資金調達・関連記事

日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

日本政策金融公庫のメリット・デメリット総まとめ

日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

銀行からの融資を引き出す9つのコツ!あなたも1000万円借入できる

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

公的融資制度の関連記事(27件)

1 2 3 4 5 6

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全298件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ