閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット

「エンジェル投資家」とは、起業家のスタートアップを助ける個人投資家を指します。通常、創業後まもない起業家は、資金調達の面で苦労を強いられます。創業時は説明できる実績が 無いため、銀行や金融機関、ベンチャーキャピタルの融資を受けにくいからです…。こうした問題を解決するのが「エンジェル投資家」の役目です。

エンジェル投資家

金融機関やベンチャーキャピタルに比べて扱う金額は少ないですが、エンジェル投資家は、起業家に必要な資金だけでなく、人脈を生かしたビジネス面でのバックアップ、精神的サポートなど「次世代起業家を応援する」新しい投資の形を実践しています。

本記事では、起業家が「出資を受ける5つの秘訣」について説明します。また、エンジェル投資の仕組みや、投資を受けるメリットとデメリット、エンジェル投資に役立つ「マッチングサイト」を5つご紹介します。

なお、今すぐエンジェル投資家から1,000万円以上を調達できるサービスを資金調達プロで提供しています。ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

また、以下のビジネスローンはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

また以下のサイトにあなたの事業内容を投稿すれば、投資家からメッセージを受け取り、数1,000万円の資金調達をする事も出来ます。登録はカンタン1分で終わります。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

このサイトは資金調達プロの運営会社である株式会社ユービジョンが2017年3月8日にリリースしました。是非、利用してみて下さい。

 

エンジェル投資家とは?

もともと、欧米の演劇業界、アメリカのブロードウェイ、ハリウッドの映画業界では、事業を支援する個人支援家のことを「エンジェル」と呼んでいました。「エンジェル投資家」という言葉は、こうした背景に由来しています。

エンジェル投資家は、家族・友人間の融資と、金融機関融資の「中間に位置する存在」で、起業家のスタートアップに必要な資金を提供してくれます。金融機関やベンチャーキャピタルは審査が厳しい分、融資の金額は大きく設定します。

これに対して、エンジェル投資家の支援する金額は(日本円に換算して)500万円〜2,000万円といった少額融資が大半を占めます。日本ではまだ馴染みのない「エンジェル投資」ですが、海外ではベンチャーキャピタルに並んでメジャーな投資法として知られています。

エンジェル投資家の多くは、元起業家

エンジェル投資家の多くは、引退した起業家や実業家達です。エンジェル投資家は資金を提供するだけではありません。起業家の事業が軌道に乗るよう、一線で活躍する経営者を紹介したり、経営についてのアドバイスを行います。

投資家は出資をする代わりに、支援した会社の株を取得します。起業家の事業が上手く行けば、大きな利益が得られます。ただ、新規事業を軌道に乗せることは難しく、エンジェル投資は「失敗するリスク」を覚悟の上で支援する必要があります。

 

 エンジェル投資の歴史

シリコンバレーの発展を支えたのは、著名なエンジェル投資家達でした。今日私たちが知るGoogleやYahoo!、Facebook、Twitter、Appleなど、大手企業の成功は、エンジェル投資家の支えが無くては実現不可能でした。

日本でもエンジェル投資は少しずつ注目を集めるようになりました。実際に、IT分野で成功した元起業家達は、若手の起業や支援を積極的に行っています。

 

エンジェルリストが投資の歴史を変える?

「エンジェルリスト」とは、アメリカの投資家向け、巨大ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を指します。エンジェルリストでは、出資をしているエンジェル投資家と「過去の投資先」や出資状況が掲載されています。

また、投資家から他の投資家に呼びかけを行い、将来性のある起業への投資やスタートアップ支援を呼びかけることも可能です。

参考:AngelList(エンジェルリスト)

2012年まで、アメリカでは「不特定多数のエンジェル投資家を募ること」は、法律上禁止されていました。

しかし、オバマ大統領の署名した新しい法律(JOB ACT法)により、複数の投資家に向けた「ベンチャー企業の資金募集」を公開することが可能になり「エンジェルリスト」と呼ばれる、画期的なプラットフォームが形成されました。

エンジェルリストができたことで、これまで主流だったベンチャーキャピタルの介在は不要となり、個人同士の投資がより活発化しています。管理費を必要としない「エンジェル投資」は、ベンチャーキャピタルにとって「大きな脅威」になっています。

起業家が出資を受ける「5つの秘訣」

どんな会社や起業家にも(設立当初は)スタートアップ資金が必要です。自己資金が多く準備できれば良いのですが、大半の起業家は「目標額の4分の1〜2分の1程度」しか自己資金が調達できません…。

ここからは、起業家がスムーズに資金調達を成し遂げる「5つの秘訣」をご紹介しましょう。

《起業家が出資を受ける5つの秘訣!》

① ビジネスプランを真剣に考える

② メンターにしたい「尊敬する」起業家を見つける(メーリングリストを作る)

③ 100人に「起業について」積極的に話す

④ 著名な経営者100人にメールを送る

⑤ 経営者・起業家のアドバイスを受ける

①〜⑤について、以下で詳しく説明します。

 

 ビジネスプランを真剣に考える

まずは、ビジネスプランを作成しましょう。アイデアをブレインストーミングで練り、自分の考えを完結に分かりやすくまとめてください。

どんなに優れたアイデアも、言葉として相手に伝わらなければ、意味を持ちません。どのように売り上げに繋げていくのか、市場の流れや競合他社の調査、未来を見据えたビジネスプランについて、文章をまとめてみましょう。

 

● ビジネスプランに「長い文章」はNG!

長々と書いた文章は読みにくく、肝心な部分が相手に伝わりにくくなります。このため、伝えたいことはシンプルで分かりやすくする必要があります。オーディエンスを獲得する力は「ストーリー性」が重要です。

また、エンジェル投資家はアイデアだけでなく、人を見て投資を判断します。このため、ワクワクするストーリーや未来への期待、人としての魅力が今後の起業を左右します。

 

● 「魅力あるビジネスプラン」とは?

どのようにビジネスを進めていき、どのような利益が還元できるのか、具体的な金額はシンプルに伝えましょう。また、金額や利益だけでなく、起業することで叶う「幸福の度合い」を伝えるようにしましょう。

ユニークな才能と積極性が、エンジェル投資家の心を掴みます。夢は大きく、ただし成功のプランはシンプルで「成し遂げやすい」と感じてもらえるよう、伝えたい文章を構成しましょう。

 

  100人に「起業について」積極的に話す

次に、起業をすることについて、周りの家族や友人「100人を目標に」積極的に話していきましょう。話すことは夢を掴む第一歩になります。起業について話をすれば、関係する人脈や役に立つ情報、出会いの場が広がって行くからです。

 

周囲から「夢のような話が、叶うはずが無い…」と反対されたとしても、めげてはいけません。エンジェル投資家を見つけるのは、家族や友人以上に「説得のいる仕事」です。たとえ、家族や友人に反対されたとしても、起業のプランを話し続けましょう。

あなたの熱意が伝われば伝わるほど、周りの人たちはより協力的になり、有力な情報やコネクションを繋いでくれます。何より、夢を話すことにお金はいりません。

無料でどんどん大きなチャンスがやって来るのですから、躊躇している暇はありません。今日からでも、あなたの夢を伝播してみてください。

 

メンターにしたい「尊敬する」起業家を見つける(メーリングリストを作る)

次に、自分が目標とするメンターを探し、メーリングリストを作成しましょう。メンターとは「先駆者や指導者、目標とする人物」を指します。自らが「いつかは超えたい」と思える、業界のトップランナー達を知り、コンタクトリストの中にリストアップしてみてください。

同時に、ステップ2でお話した「100人から」も、良いレスポンスが得られるでしょう。メンターにふさわしい人物を教えてくれたり、実際に会うチャンスが来るかもしれません。

また、一人では思いつかないような優れたアイデアが、複数に人から寄せられるはずです。あなたが熱意を持って行動をすれば、人から人へ、未来に続く「希望の輪」がどんどん広がって行くでしょう。

 

著名な経営者やメンター100人にメールを送る

メーリングリストができたら、著名な経営者やメンターに「スタートアップ支援」に関するメールを送りましょう。メールの最初には必ず「突然メールを送る失礼」を詫びてから、簡単な自己紹介を作成しましょう。

メールを送る相手は、第一線で活躍する投資家や経営者達です。このため、一通一通、時間をかけてメールを読む暇はありません。いかに簡潔で読みやすく、相手の心を掴むかが「メール作成の肝」になります。シンプルで分かりやすい文章だけでなく「インパクトを与える文面」を作成しましょう。

文章の作成方法が分からない場合は、成功した起業家のインタビュー記事やエンジェル投資家の見つけ方など「先駆者からのアドバイス」を参考にしてみてください。こうした記事は、ビジネス系新聞のバックナンバーやWEBマガジンでも確認できます。

まずは100通送ってみて、1〜2通でもレスポンスがあれば、結果は大成功と言えます。

 

経営者・投資家のアドバイスを受ける

幸いにも経営者や起業家から返事が来たら、会える機会がもらえるか質問してみましょう。ここでも、貴重な時間を割いてもらうことにお礼を述べ、丁寧な対応(レスポンス)を心がけてください。

また、実際に会うことができなくても、SkypeやFacebook、Twitter等で対応してくれる可能性があります。

成功した起業家の多くは「若い頃、自分が苦労したこと」を思い出し、若手に対して、支援したいという心を持っています(例外もありますが…)。他にはないユニークなアイデアがあれば、どんどんアピールしてみてください。

熱意を持って経営者や成功者、第一線で活躍する投資家に話をすれば、未来の可能性はどんどん開いていきます。

※なお、エンジェル投資家からの調達は非常に時間がかかってしまいます。時間がない方はファクタリングやビジネスローンがオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

世界の著名な「エンジェル投資家」を一挙公開!

ここで、国内外の有名なエンジェル投資家を一部紹介しましょう。私たちが毎日目にする巨大企業も創業時は皆、エンジェル投資家の支援を受けて起業をしています。

 

世界の有名なエンジェル投資家

・ Jeffrey Bezos(Amazonの共同創業者兼CEO)
・ Marissa Ann Mayer(Yahoo!CEO)
・ Pierre Omidyar(eBay創設者)
・ Jack Dorsey(Twitter創業者)
・ Ram Shriram(Googleの創設期の投資家として知られる)
・ Peter Thiel(Max LevchinとPayPalを共同設立した人物)
・ Ron Conway(シリコンバレー随一のエンジェル投資家)
・ Reid Hoffman(Linkedinの設立者)
・ Dustin Moskovitz(Facebookの共同設立者)
・ Sean Parker(Facebookの初代CEO)
・ Gideon Yu(Facebookの元CEO)
・ Matt Mullenweg(Wordpress開発者)
・ Niklas Zennström(Skype創業者)
・ Paul Graham(Yahoo!ストアの原型を作った人物)
・ Vinod Kosla(Nextgen、Exiciteへの投資で有名になった投資家)
・ John Doerr(元Intelでセールスエグゼクティブ、投資家トップと呼ばれる人物)
・ Michael Moritz(元タイム誌の記者、シリコンバレーの大物投資家)
・ Yuri Milner(ロシア最大と呼ばれる投資家)
・ Li Ka-shing(東アジア最大の投資家)

また、経営者だけでなく俳優やミュージシャン、スポーツ選手の中にもエンジェル投資家として、有名な人物が多数存在します。

・ Jessica Alba(女優)
・ Ashton Kutcher (俳優)
・ Justin Bieber :(ミュージシャン)
・ Peyton Manning (NFLの選手)
・ Troy Carter(Lady Gagaの元マネージャー)
・ Michelle Phan(Youtuber)

最近では、20代の若きエンジェル投資家が活躍しています。特に、若くして財を築いた「セレブエンジェル」は、フォロワーやファンとのコネクションを活用し、新しい形の起業支援を行っています。

 

日本の代表的なエンジェル投資家(一覧)

海外だけではありません。日本にも、有名なエンジェル投資家が存在します。

・ 佐々木正(シャープ元社長)
・ 伊藤穣一(MITメディアラボ所長・投資家)
・ 松山大河(元アクセンチュア・ネットエイジ取締役、現在は投資家)

このほかにも、20代〜30代の日本のIT系起業家たちは、エンジェル投資家として、起業家の投資やサポートを積極的に行っています。投資先は海外の起業家がメインですが、今後は日本やアジアにも広く(投資)展開することが予想されています。

※なお、エンジェル投資家からの調達は非常に時間がかかってしまいます。時間がない方はファクタリングやビジネスローンがオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

エンジェル投資家から投資を受けるメリット・デメリット

ここでは、エンジェル投資家から投資を受ける「メリットとデメリット」について説明します。

エンジェル投資家から投資を受ける「メリット」

エンジェル投資家から投資を受けるメリットは、資金面だけではありません。元起業家として活躍したエンジェル達の知恵やアドバイスを受けることができます。また、幅広いコネクションを生かして、事業が軌道に乗るのを積極的にサポートしてくれます。

中には、経営のノウハウから精神面までメンター(指導者・助言者)として、精神的なサポートや育成を行うエンジェル投資家も多いです。

エンジェル投資家から投資を受ける「デメリット」

一定の距離を築くエンジェル投資家がほとんどですが、中には会社経営にまで首を突っ込むエンジェル投資家が存在します。資金を受けられるメリットと引換に「窮屈な思いをする」といった意見があるほか、株の所有率が多すぎるエンジェル投資家もいるようです…。

創業者の持ち分比率があまりにも低ければ(役員の追い出しなど)経営で問題を抱えるほか、会社売却で損をする可能性があります。

 

エンジェル投資のデメリットを回避する3つのポイント

海外の著名なエンジェル投資家は、デメリットを回避するため、次のようにアドバイスしています。

「安易な投資を受けるのではなく、可能な限り自己資金運営できるようにしなさい。自己資金で運営をすれば、売却時に損をしないで済むのだから…」と。

スタートアップは資金繰りに苦労しますが、自己資金で運営できれば、売却時に大きな資金が手に入ります。エンジェル投資家の投資を受ける際には、資金以外のコネクションや知識、人脈を得ることを優先しましょう。

また、エンジェルを募る際には「尊敬できる人物」から投資を受けるようにしましょう。仮に、尊敬できない投資家から支援が得られたとしても、経営で窮屈な思いをするだけです…。このほか、株価の配分や投資に関する約束事は双方に誤解の無い様(お互いが納得できるまで)何度も、話し合うようにしましょう。

自分が「いつかは超えたいと思える」人物ならば、資金以上の経営ノウハウや知識、業界への幅広いコネクションが得られます。エンジェル投資のメリットとデメリットを知って、より良い起業や資金調達のノウハウを身に付けましょう。

 

誰でも分かる! エンジェル投資家とベンチャーキャピタルとの違い

ここからは「ベンチャーキャピタルとエンジェル投資の違い」について説明します。ベンチャーキャピタルとエンジェル投資には、次のような特徴があります。

ベンチャーキャピタルの特徴

・ 長期間のプロセスを掛けて、投資先を選定する(審査が厳しい)
・ 扱う金額が大きい、最低でも2億〜3億円以上の投資額(資本金)になる
・ 投資先の会社で、役員の席を要求することが多い

エンジェル投資家の特徴

・ 短期間で「魅力のある」起業・人物に対して投資を行う
・ 扱う金額は500万円〜2,000万円程度と少額だが、資金調達がしやすい
・ 役員の要求や経営に首を突っ込む投資家は比較的少ない

 

ベンチャーキャピタルは出資金額が大きいのが特徴です。ただ、資本金を億単位で必要としない業種では「ベンチャーキャピタルの規模は、あまりにも大きすぎる」と敬遠します。また、ベンチャーキャピタルの出資は、審査から実施までに長い時間が必要です。

短期間で必要な資金供給を受けるには、エンジェル投資家のサポートが大きな役割を担います。しかし、エンジェル1名だけの資金では足りないこともあるでしょう。この場合は、複数のエンジェル投資家を募って共同出資を持ちかける方法があります。

また、経営が順調になった時点で、ベンチャーキャピタルや金融機関の出資を受ける企業も多く見られます。

 

クラウドファンディングとの違い・比較

アメリカだけで無く、国内でも「クラウドファンディング」の動きが活発化しています。クラウドファンディングとは、不特定多数の人物に少額の資金を募り、起業家をサポートする仕組みです。

クラウドファンディングのサポートする場は広く、起業家のスタートアップのほか、アーティストの支援、地域の復興支援、ブログの運営サポートなど多岐に渡ります。クラウドファンディングは、寄付金の額が非常に小さく、個人でも参加しやすいのが特徴です。ただ少額でも、多数の賛同が得られれば(エンジェル投資以上に)大きな金額が集まることも多いです。

クラウドファンディングは、インターネット経由で財源を得ることから「ソーシャルファンディング」と呼ばれることもあります。

 

 

● クラウドファンディングの見返りは「物やサービス」が多い

エンジェル投資と違い、クラウドファンディングの見返りは(生産した)物やサービスが多く、金銭で返ってくることはほとんどありません。また、スポーツ分野に特化したものや、企業間のマッチングに特化した独自のクラウドファンディングも多数存在しています。

※なお、エンジェル投資家からの調達は非常に時間がかかってしまいます。時間がない方はファクタリングやビジネスローンがオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

自らがエンジェルになり、スタートアップを支援する

支援を受けるだけでなく、自らが「エンジェル投資家」として、若手のサポートすることも可能です。エンジェルによる投資は、産業の発展や景気の回復に大きく役立ちます。このため、日本でも「エンジェル投資に対する税金の優遇」が受けられるよう法整備が進んでいます。

 

エンジェル税制で節税をする

みなさんは「エンジェル投資」で、節税が出来るのをご存じでしょうか? 投資家は経済産業省認可のベンチャーに投資をすることで、税金の優遇(控除)が受けられます。

この制度は、通称「エンジェル税制」と呼ばれており、投資時点では「二種類の優遇措置」が設けられています。

 

《 投資時に受けられる税金の優遇措置 》
① 優遇措置A・・・ベンチャー企業への投資額から5,000円引いた額を総所得額から控除できる。
② 優遇措置B・・・投資した金額100%を株式譲渡益から控除できる。

 

①の上限金額は、1,000万円もしくは総所得額の4割のどちらか低い方を上限金額とします。また②では、全額が控除できます。ただし、①と②の優遇は併用できず、どちらか一方が適用されます。また、優遇措置Aは平成20年4月1日以降の投資が条件で、それ以前の投資は②の優遇措置が適用されます。

売却時は所得税と住民税に置いて優遇措置が適用されます。損失が発生した場合は、翌3年間株式譲渡益と売却損益が相殺できます。このほか、利益が発生した場合は「平成20年4月30日」をポイントに優遇措置がことなります。

平成20年4月30日以前の株式は、譲渡益の半分の利益が優遇されますが、平成20年4月30日以降については優遇措置はありません(平成20年の税制改革において制度の廃止)。

参考:経済産業省「エンジェル税制について」

 

エンジェル税制・確定申告の仕方

次にエンジェル税制の手続き方法について、説明します。

① ベンチャー起業が、経済産業省認可の企業であることを確認する
② 経済産業省認可による認定後、確認書が発行される
③ ベンチャー企業から、投資家に向けて必要な書類(確定申告)を渡す
④ 投資家は確定申告の際「エンジェル税制」の必要書類を提出する

エンジェル税制の手続きは難しくありません。最近では、手続きを簡素化するため、経済産業省で「申請用紙のダウンロード」サイトを設けています。税制の手続きは、投資先に依頼して書類を受け取ってください。

参考:経済産業省「各種申請書類の様式ダウンロード」

 

 エンジェルと起業家、双方が満足する結果とは

エンジェル投資家と起業家の双方が「満足のいく結果」を出すには、資金以外の面で「強い信頼関係」を結ぶことです。双方に信頼関係が無ければ、事業を軌道に乗せることはできません。また、エンジェル投資家の側でも資金以外のネットワークや人脈を与えるのはもちろん、投資先への理解を深めることが重要です。

スタートアップの投資は、起業の成長や発展を見届ける喜びや楽しみがあります。また、自分のアドバイスやノウハウ、人脈を次世代に繋ぐという、影響力の活かせる投資方法です。

アメリカや欧米では、既に「広く知られた」投資方法ですが、今後は日本をはじめ、アジアや世界全体で大きな「エンジェル投資家」のネットワークが築かれることでしょう。

 

エンジェル投資家がネットで見つかる!マッチングサイト5つ

 

エンジェル投資家と企業家を結ぶ、国内の「マッチングサイト」を5つ紹介しましょう。

 

エンジェル投資家|エンジェル投資総研
グッドエンジェル
アップルーム
投資家と企業家のためのBusiness Matching
資金調達MATCHING 起業家と投資家をつなぐ

 

 

エンジェル投資家|エンジェル投資総研

 

平成23年9月に設立、マッチングサイトの草分け的存在。起業家へのインタビューやエンジェル投資家向けの

メールマガジン、情報提供なども積極的に行っている。1カ月あたり1,900円〜という価格は利用しやすく、会員数を伸ばしている。

 

エンジェル投資家|エンジェル投資総研

 

グッドエンジェル

 

起業家と投資家の情報交換の場として、掲示板の利用は「無料」としている。会員数が多い分「安全な相手かどうか」見極めが重要だが、本人確認を徹底するなど安全対策に力を入れている。

 

グッドエンジェル

アップルーム

 

起業家と投資家のマッチングサイトとして10年以上の歴史がある(2003年の5月から)老舗サイト。これまでの登録者数は1,000人を超え、メディアからの取材にも積極的に応えている。

 

アップルーム

 

投資家と企業家のためのBusiness Matching

 

無料で利用できるマッチングサイトとして人気が高い。ビジネス交流会を開催するなど、起業家と個人投資家の出会いを積極的にサポートしている。

 

投資家と企業家のためのBusiness Matching

 

資金調達MATCHING

 

比較的新しいサイトだが、サービスのわかりやすさ、サイトの使いやすさで人気を集めている。30日間の利用で、利用料は6,800円から。

 

資金調達MATCHING

※なお、エンジェル投資家からの調達は非常に時間がかかってしまいます。時間がない方はファクタリングやビジネスローンがオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

マッチングサイトの利用で「注意したい」こと

 

マッチングサイトの利用で気をつけたいことは、投資家のプロフィール(経歴)です。マッチングサイトに限らず、個人間の投資には大きなリスクが生じます。コンタクトを取る際には、自己責任で個人情報や会社の情報管理には十分注意を払ってください。

安全に取引をするために、相手をしっかり見ることが大切!

残念なことに、投資をうたった詐欺や事件が発生しています。投資先進国のアメリカでは、ベンチャー投資の法整備が既に進んでいますが、日本ではまだ、法の整備が追いついていない状況です。投資を受ける側はもちろん、投資をする側も「どのような人物と取引をするのか」相手のことをよく知ることが重要です。

安易に投資を受けたり、融資を持ちかけるのではなく「人として信頼できるかどうか」見極めるようにしましょう。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

個人投資家からの借入の関連記事(41件)

1 2 3 4 5 9

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全334件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる