閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

税理士法人 横浜総合事務所

私たちTEAM横浜総合事務所のモットーは"ざっくばらん"です。
経営者の一番身近なブレーンとして信頼をいただき、気軽に相談できる存在であること。プラス思考で明るくフットワークの良い対応でお客様と向き合うこと。専門分野にのみ特化するのではなく、お客様と同じ「経営者の視点」から課題を共有し、ビジョンの実現を全力でサポートすること。身近な距離感、柔軟な発想、スピーディーでポジティブな姿勢…
これらを兼ね備えることこそ、私たちTEAM横浜総合事務所が考える、"ざっくばらん" の精神です。

名前 税理士法人 横浜総合事務所
住所 神奈川県横浜市中区日本大通17 JPR横浜日本大通ビル10F
電話 045-641-2505
URL http://www.yoko-so.co.jp
事業内容 ・税務コンサル業務
・財務コンサル業務
・経営コンサル業務
・パーソナルFP業務
・その他外部ネットワークにより、企業経営と資産運用全般
対応エリア 神奈川県、東京都、その他
地図

まずは、自己紹介をお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA税理士法人 横浜総合事務所の泉です。大学を出て3年間は上場企業の電機メーカーで営業をしておりました。その後、会社を辞め、2年間ほど受験浪人を経て税理士試験を受け、会計事務所に就職しました。そして、31歳の時に自分で事務所をスタートさせました。平成元年の独立なのでちょうど27年目に入ったところです。最初、独立したての頃は人数が少なかったので、本当に自営業という形で1人で仕事をやっていました。その時にワタミフードサービス様を担当しており、株式の公開をするので手伝ってほしいという依頼を受けて、顧問税理士と経理財務部長を兼務して公開のお手伝いをしました。ワタミフードサービス様は第10期で店頭公開、第13期で1部上場という形で順調に会社として伸びていき、その間の2年ほどは経理部長の仕事をしました。今でもワタミグループ様とはお付き合いさせていただいています。その仕事の後、今度はFPの仕事をしようと思い、ファイナンシャルプランナーの仲間と共にFP協会の AFPやCFPの試験委員の仕事を何年かやりました。独立して10年くらい経ったところで人も増え、規模も大きくなってきたので、組織を自分でしっかりと作らなければいけないということになりました。しかし、自分が経営者になるというところで悩みがありました。どちらかというと一人で自由にやるのが好きなタイプだったんですね。それでも自分が経営者になろうという決心をして、そこからは順調に仲間もお客さんも増えて、お陰様で今の事務所があります。平成20年に法人化をしてちょうど50歳の時から事業承継をスタートさせました。今私は58ですけど、関連会社の社長を含め、40歳から下のメンバーが多くて非常に若い人が集まっている事務所です。平均年齢は32歳くらいで非常にエネルギッシュな職場ですね。3年後により大きな規模で仕事をやろうと考えているので、いろいろな組織変更をしたり、事務所の引越しも考えていて、大学の新卒の採用も積極的に考えています。プロ同士で仕事をやりたいという気持ちが強いので、今までは人をむやみに増やそうとは思わなかったのですが、ちょうど今は変革の時期ですね。

 

なぜ、資金調達のサポートを始めようと思ったのですか?

資金調達というより経営のお手伝いをしようというのが根本的な考えです。「お客様の経営と資金運用に関しては全てワンストップで対応する」というのがTEAM横浜総合事務所の合言葉です。そのためには、まず第一に自分の事務所がきちんと経営をするということを心がけています。先ほどもお話しした通り、私はTEAM横浜総合事務所の経営者です。相談に来てくださったお客様が横浜総合事務所みたいになりたいなと思うような経営計画やビジョン、ミッションをきちんと立ててPlan Do Seeをしっかりと回していくという経営をしていかなければなりません。それから、ワンストップで対応するためにはネットワークが重要だと考えています。例えば、弁護士や司法書士もいれば、社労士、人材派遣会社もあり、デザイン会社もあるという形で様々な会社とネットワークを組んでいて、お客様の困ったことはTEAM横浜総合事務所のネットワークの中で解決できるというネットワーク型の事務所を作っています。その中で資金調達という話ももちろん出てきます。しかし、横浜総合事務所のメインの仕事はお客様の経営計画、もっというとお客様の夢とかミッションの達成です。3年後・5年後のあるべきビジョンを明確にし、現状と3年後・5年後のギャップを埋めるための行動計画と数値計画を立てて、毎月Plan Do Seeを回しながら、お客様と一緒にビジョンを達成していくというのがあるべき姿です。だから、我々の事務所の経営理念は「お客様のビジョン実現をサポートする」ということなんです。その中で資金の問題や、人の問題など様々な問題がある中で、資金調達という手段があるわけです。経営計画の中で資金調達の話はどうしても出てくるので、資金調達についてアドバイスをさせていただいているわけですね。

 

御社の特徴や強みを教えて下さい。

さきほど少し話しましたが、我々の特徴はネットワーク型の総合事務所だということです。横浜総合事務所と顧問契約を結んでいるお客様は顧問税理士を持っていると同時に、顧問弁護士も顧問社労士も顧問不動産鑑定士も持っていると言えます。例えば、我々に問い合わせていただければ弁護士を紹介できます。しかも、横浜総合事務所からの紹介の場合については弁護士も最初の2時間は全部無料で対応してくれるというような約束をしています。だから、我々と顧問契約を結んでいるお客様は税理士だけでなく、他のネットワークも使えるので社労士や弁護士などとも顧問契約しているようなものなのです。また、同業種の事務所も我々は競争相手と思っていません。例えば、我々はある2つの会計事務所と提携関係を築いています。一つは全世界税務をやる事務所です。我々のお客様が日本以外で会社を作るとなった場合、その事務所を通せば国外の会計のことを対応できる仕組みになっています。もう一つ、国税局のOBばかりが集まった事務所とも提携しています。仮に税務調査で問題になった際、最後は税金の知識だけではなく、税務署内の取扱いの問題などもあるので、その時は事情に詳しいOBが出ていって対処します。このように他の会計事務所でも特徴がある事務所とはネットワークを組んでいます。そのため、我々を窓口としていただければ解決できないことは基本的にはありません。

 

最近、手がけた資金調達案件の事例があれば、差し支えない程度で教えて下さい。

事例は沢山ありますが、最近だと整体の個人の先生が会社を作って機能訓練型のデイサービスをやりたいと言うので、我々で事業計画を立て、国の創業補助金の調達をしたという例があります。また、フィットネスクラブのインストラクター業をやりたいというような案件もありました。それに対して事業計画を立て、やはり創業補助金を国からもらうというような内容でした。そのような案件は一年間の間で4、5件ありますね。それ以外ですと、業績が悪く、銀行からは一切の融資がストップされている会社のお手伝いなどもあります。やはり、経営計画、事業計画を立てて、銀行にそれをきちんと報告し、計画書通りに収益が改善して黒字が見えているということをちゃんと見せます。それによって銀行でバンクミーティングし、銀行が新規融資を行ってくれる、というような手助けをしています。また、最近ではある業種の開業パックというのを作っています。例えば、ある人が開業したいというときに商圏調査をして、周辺に同じような事業所がどのくらいあるか、顧客数がどのくらいか調査をし、そこで開業するか判断するために事業計画と経営計画を立て、資金調達の支援をして、あとは設計から始まって、ブランディングやデザインまで含めて全てを受け持ちます。つまり、ある人が起業したいというときに全体をカバーしてあげられるようなパックなのです。また、事業計画と経営計画をきちんと立てた上で資金調達する場合、我々は銀行と提携しているので、そういったお客様には優先して資金を出してくれるような仕組みもあります。さらに、株式を公開したい場合、私がベンチャーキャピタルの監査役をしているので、ベンチャーキャピタルに入って資金を提供して、株式上場・公開の支援も行います。

 

特に多い業界や得意とする分野はありますか?

我々は総合事務所なので本当に色々なお客様がいます。サービス業もあれば小売業もあって、どこかに特化しているということはほとんどないですね。しかし、社会全体の動きとして介護だとかデイサービスの仕事が増えてきているので、そういったお客様は多いですね。あとは割合的には飲食業が多いです。

 

起業を成功させる為のアドバイスがあれば、お願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA起業というと大きな話になりますね。我々は長い間ワタミ様とお付き合いがございます。渡辺社長が会社を作って第1期目の申告書にサインを出す時に売上が2億円ほど、正社員が4、5人の時に「5年後に店頭公開するから」とおっしゃっていました。話を聞いていたら、5年後に店頭公開するには3年後こうなって、2年後こうなって、1年後こうなって、だから1ヶ月後こうなって、1週間後こうなって、今週はこれをやらなければいけないと。つまり、目標設定から逆算して、今やるべきことを非常に明確にしていたんですね。その時に初めて「この会社は本当にそういう風になるのかな」と思い、実際に渡辺社長はそれを実現しました。経営をするために一番大事なことは夢やミッションです。何が何でもこういう風になりたい、そのために会社を作りたい。そこから逆算して、5年後こういう風になりたいというビジョンが明確にあって、そこと今の現状とのギャップをきちんとプライオリティーをつけて課題化して、それを経営計画に落とし込んでいく必要があります。その課題を一つずつ達成していくということが大事ですね。その中で資金が足りないという話が出てくるかもしれません。実は、中小企業のお客様の中には「経営」をしている方は1割か2割しかいません。残りの8割はなにをしているかというと「商売」をしているわけですね。今月は売上が良かった、今期は黒字だった、突然資金がなくなってしまった、では資金を借りようか。そういった短期的な視点での判断からは「経営」は成り立ちません。それは「商売」なわけです。ただ足りないからお金を借りるだけだと会社は潰れるだけです。そうではなく、売掛金を回収するだとか、飲食だったら人件費や仕入れを見直して、販促もこういう風にやれば良くなるといった視点が必要です。資金が無くなってきたら経営体質を見直すことで資金を生み出していかなければいけません。我々は資金調達を安易に手伝うようなことはしないようにしています。多くのお客様にはまず資金調達ではなく、他に資金をなんとかできる方法がないかというお話をしています。辛い時に資金調達を行うのはお客様を余計苦しめることになる可能性があるからです。資金というのは投資するためのものです。投資をすることによって、効果が生まれて、売上が増えていくというようなサイクルがあれば良いのですが、お金が足りないから資金調達というのは避けなければなりません。資金調達の本当のプロというのは安易に資金調達をするのをやめさせて、経営体質を改善する提案をするのが本当のプロだと考えています。

 

経営に関して泉様が考えるポイントがあれば詳しく教えていただけないでしょうか?

会社を作る人というのは多かれ少なかれ夢があります。一生に一度だけの特別な瞬間なわけです。しかし、その夢が本当に会社のミッションやビジョンなのかというのを突き詰めなければいけません。その時に重要なのが、自分にアドバイスを与えてくれる人や手本となる人、つまり良い影響を与えてくれる人と出会えるかということです。そういう人たちは何がやりたいのか、将来どうなりたいのかという質問をしてきます。そうすると、自分を整理してきちんとしたミッションやビジョンを持つことができます。しかし、そういった人と出会わないと、試行錯誤する過程を飛ばして、いきなり資金を借りるとか目の前のことだけを見るような人になってしまいます。だから、ビジョンとかミッションは非常に重要なのです。そこから逆算してどこに行きたいのかということがわかれば、我々もお手伝いできますが、「ただ儲かりたいです」というようにゴールが明確でない場合だと手伝いようがありません。最初はお金持ちになりたいというような入り口でも構いませんが、ずっとそういったビジョンでは成功は難しいです。仕事の中でいろいろな人と出会い、なぜそれをやるのかと考え、変わっていく必要がありますね。我々もお客様にとってそういう存在になりたいので経営計画をメインの仕事に据えているわけです。

 

最後にメッセージにがあれば、お願いします。

我々のコーポレートメッセージは「お客様のビジョン実現をサポートして日本の元気を作る」です。日本は人口もこれから減っていきますし、このままでは景気は悪くなって、日本の経済全体が停滞してしまいます。それをなんとかできるのは中小企業の社長しかいません。中小企業が元気になって、元気な日本を作りましょう!我々も死に物狂いでサポートします。

税理士法人 横浜総合事務所 へのクチコミ

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 02/25 23:12
    無料診断がされました。
  • 02/25 20:38
    無料診断がされました。
  • 02/25 20:23
    無料診断がされました。
  • 02/25 20:20
    無料診断がされました。
  • 02/25 16:52
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
  • プライバシーポリシーをご確認ください。
    同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
    同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

プライバシーポリシーをご確認ください。
同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

資金調達の専門家を地域から探す

資金調達の専門家をジャンルから探す

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる