10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

Makuake(マクアケ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

Makuake(マクアケ)は、Amebaブログでおなじみ、株式会社サイバーエージェントのグループ会社です。日本のクラウドファンディングサイトとしては、後発のサービスですが、2015年9月の時点では、飲食分野とプロダクト部門(新製品の企画や制作)、映画制作のジャンルで、国内No.1の資金調達に成功しています。

download

Image via Unsplash

Makuakeがここまで急成長を遂げたのは、Amebaブログをはじめとした、株式会社サイバーエージェントのさまざまなコンテンツを使った情報発信力、そしてサポートの手厚さにあります。実際に多くの有名人や企業も、Makuakeで資金調達に成功しています。

 

● ふるさと高知にサイバラ電車を走らせたい!漫画家・西原理恵子の観光PR大作戦!

● 食で新しい日本を表現する。世界No.1の店で修行したシェフがレストラン「セララバアド」オープン!

 

また2014年には、Makuake参加者のひとりが、当時のクラウドファンディング「国内最高額」となる「3132万6500円」の資金調達に成功しました。このほか、10件以上のプロジェクトが1,000万円以上の資金調達に成功しており、2015年にはMakuakeで最も高額な「3,622万4,000円」の資金調達を記録しています(アニメ映画の支援プロジェクト)。

 

本記事では、Makuakeの特徴や効果的な使い方、口コミや評価の9要素から「Makuakeの全サービス」を徹底分析しています。本記事は、日本一「Makuakeに詳しくなれる」ページを目指し作成しました。

 

ネットでの資金調達を検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。また、ネットで資金を集める方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

参考記事①:資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

参考記事②:クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選! 

 

その前に・・・クラウドファンディングには、企画が通るまでに一週間、立ち上げた企画に「資金が集まるか分かる」までに、平均1〜2カ月の時間が掛かってしまいます。

このため、クラウドファンディングでは「資金調達が間に合わない」とお悩みの方には、以下のような「口コミ評価の高いビジネスローン」の利用がオススメです。これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、クラウドファンディングよりも手軽で便利に資金調達できます。お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

このほか、既に起業されている方の中で、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている経営者の方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用がオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

Makuake(マクアケ)の役割

 

Makuake(マクアケ)は、Amebaのグループ会社「株式会社サイバーエージェントクラウドファンディング」が立ち上げた(クラウドファンディング)サービスです。世界的に急成長する「クラウドファンディング市場」を日本にも定着させるべく、常時200件以上の案件を同時進行させています。

 

「Makuake(マクアケ)」は、アイデアやプロダクト、サービスなどの「幕開け」を群衆で応 援するクラウドファンディングサービスだ。サイバーエー ジェントが2013年に設立した子会社、サイバーエージェント・クラウドファンディングが同年8月に開始し、現在日本最大の同種サービスの一つになった。 /引用:SankeiBiz「【日本発!起業家の挑戦】「Makuake」 日本特有の使われ方 」より

 

Makuake(マクアケ)

Makuake(マクアケ)公式サイトより

 

Makuakeでは「購入型」のクラウドファンディングサービスを実施し、起業やビジネス、ファッション、プロダクト、教育、アート、社会貢献、地域活性、世界一周、スポーツ、出版、演劇、ゲーム、音楽、マンガ・アニメなど、あらゆるジャンルのプロジェクトと、賛同してくれるサポーター(出資者)をマッチングするサイトです。購入型は、支払った金額に応じて、希望する商品やサービスが受け取れる仕組みです。

 

これまで「必要な資金」は、銀行や金融機関で融資を受けるのが一般的でした。しかし、Makuakeをはじめとする「クラウドファンディング」では、金融機関を通さず、支援者から直接「支援金」を集められます。また、資金だけではありません。企画を支えるファンは、今後のビジネスを動かす「事業の共同体」です。良いファンを取り込んで、ビジネスや企画を大きく成功させましょう。

 

Makuakeが支持される理由は「3つの強さ」 にあった!

 

Makuake(マクアケ)が支持される理由は、以下の3点にあります。

 

Makuake(マクアケ)が人気の理由は3つ!
① プロモーション力の強さ
② マーケティング力の強さ
③ パートナーシップの強さ

 

上記「3つの強さ」について、簡単に説明しましょう。

 

① プロモーション力の強さ

 

Makuakeは、株式会社サイバーエージェントのグループ内に留まらず、テレビや雑誌、Web上など、幅広いメディアとの繋がりを使って(プロジェクトの)情報を一気に拡散します。同社のように「巨大なネットワーク」を利用すれば「一個人の小さな取り組み」でさえ、めざましいスピードで伝達され、それぞれのプロジェクトが効率良くPRできます。

19cbaa370a0c3c07b6b790c8b472b1dc_s

 

特に、ブログやニュースコンテンツ、TwitterやFacebookなど「情報発信力の高いツール」を利用すれば、各団体や企業の取り組みを効率良くアピールすることが可能です。こうした仕組みに精通するのが、Makuakeの親会社である『株式会社サイバーエージェント』なのです。

 

② マーケティング力の強さ

 

Makuakeの利用者はMakuakeアナリティクスという機能が利用できます。このサービスは、どのような人たち(職業や性別、済んでいる地域)がにアクセスし、サポートを行っているのか、細かな分析が行える便利なツールです。

Makuakeアナリティクス/Makuake公式サイトより

Makuakeアナリティクス/Makuake公式サイトより

 

「Makuakeアナリティクス」を使えば、世の中のニーズが分かり、商品の開発や新しいサービスの企画に情報を役立てることが可能です。

 

Makuakeアナリティクス(公式サイト)

 

最近では「ビッグデータ」と呼ばれる、個人の消費傾向、好み、行動を分析した「顧客情報」が大きな注目を集めています。ビッグデータが手に入れば、消費者の傾向にマッチする商品やサービスが予測でき、スピーディーに「ヒット商品」が開発できるからです。

 

【ビッグデータとは?】 データの発生元は、フェイスブックやツィッターなどのSNS上で日々大量に発信される情報やスマートフォンのGPS情報などが挙げられる。<中略>これにより、人々の個別の行動パターンをこれまで以上に詳細にリアルタイムに解析することができるようになり、渋滞解消や省エネルギーなど社会的・環境的な課題の解決にも役立てることが可能<中略>ビッグデータを資産としてビジネス利用するために重要となる。/出典:ITトレンド「ビッグデータとは」

 

Amebaを率いるサイバーエージェントでは、幅広いネットワークを利用し(私たちの)マーケティング分析に役立つデータを情報提供しています。ビジネスにおいて、顧客情報は最も大きな財産です。事業をされる方は、ビッグデータをいち早く入手し、今後の事業やプロジェクトに役立ててください。

 

③ パートナーシップの強さ

 

Makuakeでは、1案件につき1名の専属スタッフがサポートを行います。パートナーシップが強くなれば、1案件毎の成功率も高まり、資金調達もしやすくなります。

 

一つのプロジェクトに対して、実績あるMakuakeスタッフが一人担当します。これまでに培ってきた豊富なノウハウを提供するとともに、皆様にとって信頼できる最高のパートナーとしてプロジェクトを成功へと導きます。/出典: Makuake公式サイト「PARTNER」

 

また、パートナーシップの強さは、担当者だけではありません。(②の項目でも説明しましたが)Makuakeは「サイバーエージェント」を通じ、膨大なネットワーク網を築いています。一例として、同社の全事業を簡単に説明しましょう。2016年3月現在、サイバーエージェントでは、以下の事業を展開しています。

 

株式会社サイバーエージェントの主な事業と、主要関連企業(子会社)

区分 詳細
メディア事業 ・ Ameba(アメーバ)
・ 株式会社AbemaTV
・ AWA株式会社
・ 株式会社AMESTAGE
・ 株式会社7gogo
・ 株式会社マッチングエージェント
・ 株式会社BookTable
・ 株式会社Uniface
・ 株式会社タクスタ
インターネット広告事業 ・ 株式会社CyberZ
・ 株式会社CAリワード
・ 株式会社サイバーバズ
・ 株式会社マイクロアド
・ 株式会社AMoAd
・ 株式会社CCPR
・ 株式会社CyberBull
・ 株式会社CyberSS
・ 株式会社シロク
・ 株式会社WAVEST
・ 株式会社シーエー・アドバンス
・ 株式会社App2go
・ 株式会社RightSegment
・ CA ADVANCE Vietnam Co., Ltd.
・ 株式会社渋谷クリップクリエイト
・ 株式会社Complesso
ゲーム事業 ・ 株式会社Cygames
・ 株式会社サムザップ
・ 株式会社ジークレスト
・ 株式会社アプリボット
・ 株式会社グリフォン
・ 株式会社グレンジ
・ 株式会社GOODROID
・ 株式会社アールフォース・エンターテインメント
・ 株式会社グリーンモンスター
・ 株式会社Craft Egg
・ 株式会社プレイモーション
投資育成事業 ・ コーポレートベンチャー・キャピタル事業
新規事業 ・ 音楽配信サービスAWA
・ コミュニティサービス「755」
その他事業 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング
株式会社Woman&Crowd
・ 株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ
・ 株式会社シーエー・モバイル
・ 株式会社ウエディングパーク
・ 株式会社CA Tech Kids
・ 株式会社サイバーエージェントウィル
・ 株式会社ハシゴ

参考:株式会社サイバーエージェント(公式サイト)

 

サイバーエージェントと言えば、Amebaブログやゲームの印象が強いのですが、近年は「4つの大きな事業」と、複数の子会社を抱える「一大企業」へと成長を遂げました。またサイバーエージェントのゲーム関連企業は14社あり、それぞれApp StoreGoogle PlayGREE(グリー)、LINE(ライン)、Mobage(モバゲー)にもコンテンツを提供し、莫大な収益を上げています。

 

株式会社サイバーエージェント公式サイトより

株式会社サイバーエージェント公式サイトより

 

こうした「サイバーエージェント帝国」の巨大な繋がりを使えば、コンテンツやゲーム内の広告にも、Makuake内のプロジェクトや「注目のプロジェクト」が告知できるでしょう。ネットワークの広さを活用すれば、PR力は無限大に広がります。

 

これまでMakuakeでは、1,000件以上のプロジェクトをサポートしてきており、実際に数々のヒット製品が生まれてきております。そのような背景を受け、Makuakeを通じて消費者の“製品を買う瞬間”に向き合い続けてきた弊社の経験・知見、またMakuakeユーザーへのインタビューを元に、新製品をヒット化させる販売戦略立案のサポートを実施させて頂きます。/出典:MAKUAKE NOTE「企業向け新製品開発サポートプログラム「Makuake Enterprise」2016年1月25日掲載

 

サイバーエージェントの新しい試み

 

サイバーエージェントは、Makuakeで培ったノウハウと経験を活かして「 Makuake Enterprise」と呼ばれる新しいサービスを2016年1月から開始しました。  Makuake Enterprise(マクアケ エンタープライズ)では、Makuakeで得られたビッグデータを活かし、新製品の開発のほか、消費者への効果的なプレゼ ン方法の提案、SNSやAmebaなど、サイバーエージェントのサービスを駆使した「集客サポート」を行っています。

 

参考:MAKUAKE NOTE/企業向け新製品開発サポートプログラム「Makuake Enterprise

 

df1d0897afb04c4dc05eacbe24c6a312_s

 

※ ここまで、Makuakeの特徴について説明しましたが「イマイチ、申込条件が合わないな」と感じられた方(=経営者)は、ファクタリングやビジネスローンを利用してください。ファクタリングやビジネスローンであれば、最短1日で資金調達できるので安心です。また資金調達の成功を確実にされたい方は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう「ファクタリングとビジネクストの両方」に今から申し込んでおいて下さい。平行して申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

Makuake(マクアケ)の主な特徴

 

Makuakeのキャッチコピーは「サイバーエージェントが行うクラウドファンディング」です。サイバーエージェントをブランド化し、他社サービスとの差別化を図っているのです。他サイトとの違いについては(Makuake代表取締役の)中山亮太郎氏が、以下のように説明しています。

 

サイバーエージェントグループが運営しているサービスになるため、会員が3000万人を超えるAmebaとの連携含め、グループで保有している様々な資産を活用でき、そのメディア力、告知力は大きな強みとなります。さらに、数十、数百というサービスを運営してきたサイバーエージェントグループだからこそ、保有しているノウハウやコミュニティ運営術も大きな武器となります。/出典:MFクラウド「Makuake中山社長が解説!クラウドファンディングをビジネスに活かせ!!」より

 

株式会社サイバーエージェントの代表取締役 藤田 晋(ふじたすすむ)氏といえば、日本を代表する企業家の一人です。もともと、藤田氏はベンチャーに理解にある人物で、個人で100億円規模の投資をするなど(一経営者として)優秀な起業家を支援している人物です。その藤田氏率いるサイバーエージェントが、クラウドファンディング事業に乗り出したことで、2013年以降、各界から大きな注目を集めています。

 

サイバーエージェントが10月より、新たな部署を設置して積極的なベンチャー投資を展開することが明らかになった。<中略>新部署で投資の対象とするのは、ミドル、レイターステージの企業。金額もケースバイケースとなるという。現時点でファンドは組成しないが、最大100億円程度の予算を確保し、月1件程度の出資を進めていく。/出典:CNET JAPAN「サイバーエージェントが“藤田ファンド”を開始へ–100億円規模でベンチャーに投資」

 

またMakuake(株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング)は、国際経験豊かな中山亮太郎氏が代表を努めています。

 

ビジネス+IT /2015年09月18日掲載「Makuake代表が語る、クラウドファンディングの未来は「欲しいモノを作れるかどうか」だ」記事より

ビジネス+IT /2015年09月18日掲載「Makuake代表が語る、クラウドファンディングの未来は「欲しいモノを作れるかどうか」だ」記事より

 

中山亮太郎氏は、2006年にサイバーエージェントに入社、以後ベトナムでスタートアップ(起業支援)融資に携わるなど、ベンチャーキャピタリストとして活躍しました。

 

ベンチャー‐キャピタリスト(venture capitalist) ベンチャービジネスが発行する株式への投資を行い、資金を提供すると同時に、経営コンサルティングを行う個人。/出典:コトバンク

 

ここでMakuakeと、運営する「株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング」の基本情報について、見ておきましょう。

 

区分 詳細
代表取締役 中山亮太郎
企業の設立年 2013年5月1日
会社名と所在地 CyberAgent Crowd Funding, Inc.  株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング
東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル
問い合わせ先 Makuake内「問い合わせフォーム」よりコンタクト可能
事業内容 クラウドファンディングサイトの運営
提携する企業 サイバーエージェントの関連企業、その他(※ 本記事、後半に詳細あり)
クラウドファンディングで扱うテーマ ファッション、アート、音楽、スポーツ、スタートアップ、社会貢献、地域活性化、世界一周、ゲーム、アニメ・漫画、出版、その他多数
取引金額 全体の金額は非公開だが、映画・飲食・プロダクト案件では、業界トップの資金調達を達成(2015年9月)
出資者数 非公開
過去の取引件数 約1,000件以上
公式サイト https://www.makuake.com/ 
Facebook https://ja-jp.facebook.com/makuake 
Twitter Makuake Twitter

(2015年-2016年のデータをもとに作成)

 

Makuakeでは、国内の有名企業と提携(タイアップ)を行っています。例えば、クラウドソーシングで有名な「クラウドワークス」のほか、ISETAN(伊勢丹)(百貨店)、総合PR会社のベクトルグループ城北信用金庫、文化放送等があります。また、ユニークなところでは、神奈川県が「県内のものづくり」を推進するため、Makuakeとパートナーシップを結びました。

 

Makuakeが提携(パートナーシップ)を結んだ企業の一例

種類 種類
・ 神奈川県 ・ クラウドワークス
・ スペースマーケット ・ Time mart(タイムマート)
・ 文化放送 ・ ISETAN(伊勢丹)
・ Amadana ・ 城北信用金庫
・ 村田製作所 ・ ベクトルグループ(PR事業)

 

Makuakeの新しいパートナーシップや提携については、以下のページを参照してください。

 

Makuake(マクアケ)からのお知らせ/ニュースレターなどを掲載

 

このほかMakuakeを運営する「サイバーエージェントクラウドファンディング」では、スタッフブログを開設しています。ここでは、最新のクラウドファンディングに関するニュースや注目のプロジェクトなど、役に立つ情報が提供されています。Makuakeに参加される方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

サイバーエージェントクラウドファンディング・スタッフブログ(Ameba)

 

b24c403eb686ba0ae049c422bbf0ed31_s

 

Makuake(マクアケ)の歴史

 

Makuake(マクアケ)が設立されたのは、2013年5月1日です。国内のクラウドファンディングサイト、READYFOR?(レディーフォー)CAMPFIRE(キャンプファイヤー)からは、約2年の遅れをとっていますが(READYFOR?CAMPFIREはともに2011年に設立)、「2年で1,000案件」を成功させるなど、クラウドファンディングサイトの中では急成長を遂げた企業として知られています。

 

Makuake(マクアケ)の歩み
2013年:サイバーエージェントの「クラウドファンディングサービス」Makuakeとして、サービスを開始
2014年:Makuakeのプロジェクト「世界一のメンズフェイシャルエステを造り、日本の男はカッコいい!未来を創る」が、国内最高の資金調達額「3,139万6,500円」を記録(その後記録を更新)
2015年:設立より2年で1,000件以上のプロジェクトに携わる。1,000万円超えのプロジェクトも続々と出始める。片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化応援企画が、3,622万4,000円の資金調達に成功!
2016年:Makuakeのデータを活かしたビジネスコンサルティングなど、経済界からも「新しいビジネス」の成功例として大きな注目を集める。

 

ここで、Makuake(マクアケ)で過去に成功したプロジェクトを4つご紹介しましょう。

 

①  プロジェクト名:世界一のメンズフェイシャルエステを造り、「日本の男はカッコいい!」未来を創る

 

BULK HOMMEは、世界一の美容メーカーを目指す若い(設立間もない)企業です。Makuake上では「男性向けフェイシャルエステサロンの設立」をめざし、サポーター募集が行われました。

 

Makuake公式サイトより

Makuake公式サイトより

 

当初3,000万円の資金提供を呼びかけていましたが、最終的には243人の支援者と「3,139万6,500円」もの資金が集まりました。この数字は、2014年の時点で「国内クラウドファンディング史上最高額」として記録されています(※ その後、記録は更新される)。

 

BULK HOMME(Facebook)

 

片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援

 

片渕須直監督/こうの史代原作の長編劇場用アニメを実現すべく立てられた企画ですがMakuake史上最も多い資金を調達したプロジェクトとしても知られています。当初の目標金額は2,000万円でしたが、最終的にはサポーター数3374人、調達金額3,622万4,000円もの資金が集まりました。映画は2016年に公開され、女優「のん」の復帰作(旧名:能年玲奈)としても話題を集めています。

 

劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式Twitter

 

あなたの夢が今、カタチになる。至高の3DプリンターMAESTRO 限定先行販売!

 

インタービジネスブリッジ合同会社は「卓上型3Dプリンタの開発と販売」を目的に、支援を呼びかけました。

 

Makuake公式サイトより

Makuake公式サイトより

 

当初の目標金額は1,000万円でしたが、最終的には2倍以上の「2,756万2,000円」もの資金調達に成功しています。このプロジェクトのアイデアは既に製品化されており、以下のページで購入が可能です。

 

インタービジネスブリッジ合同会社/ATOM MAESTRO(購入ページ)

 

《世界最小クラス》ポケットサイズの折りたたみ椅子を日本に広めたい!

 

メディアブリッジ株式会社が提案したのは、デンマークのデザインプロダクト「世界最小サイズの折りたたみ椅子」を日本で製品化するプロジェクトでした。

 

Makuake 公式サイトより

Makuake 公式サイトより

 

企画当初は「30万円の資金」を希望していましたが、最終的にはサポーターが4,322人が集まり「2,802万7,500円」もの資金が調達できました。製品は現在制作中ですが、既に多くのファンが、日本での製品化を待ち望んでいます。

 

Facebook:www.facebook.com/sitpack(製品の紹介ページ)

 

※ なお、Makuakeの事例を見ても「自社に合うかどうか自信が無いなあ…」と思われた方(=経営者)には、ファクタリングやビジネスローンの利用をオススメしています。ファクタリングやビジネスローンは、クラウドファンディングのように「プロジェクトが達成できなかった」という問題は起こらないので安心です。また、資金調達の成功を確実にされたい方は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう「ファクタリングとビジネクストの両方」に今から申し込んでおいて下さい。平行して申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

Makuake(マクアケ)のメリットを5つ紹介

 

クラウドファンディングサイトの「Makuake」には、大きく分けて5つのメリットが存在します。

 

Makuake(マクアケ)のメリット
① Amebaを運営するサイバーエージェントの巨大なネットワークを活かした、PRや宣伝効果が狙える!
② Amebaブログの利用者など、グループ全体のサービスから、効率良く支援者が集められる
③ サイバーエージェント以外のメディアでも、取り上げられるチャンスが多い
④ 決済方法が多彩で、支援者が参加しやすいシステム
⑤ 専任スタッフがサポートしてくれるなど、サービスが手厚い

 

①〜⑤について、簡単に解説しましょう。

 

① Amebaを運営するサイバーエージェントの巨大なネットワークを活かした、PRや宣伝効果が狙える!

 

本記事の冒頭でも説明した通り、Makuakeの親会社「サイバーエージェント」は、幅広いネットワーク網を持っており、プロジェクトの情報拡散を効果的に行います。スピーディーな資金調達を狙うのなら(Makuakeのような)発信力の強いサイトが有利です。

 

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s

② Amebaブログの利用者など、グループ全体のサービスから、効率良く支援者が集められる

 

Amebaブログを使用中の方はご存じかもしれませんが、ブログコンテンツの「ログイン画面」や「ブログ画面」には、一般のニュースだけで無く、MakuakeをはじめとしたAmeba関連のニュースや、最新記事が表示されます。こうしたコンテンツを利用して、サイバーエージェントのグループ全体から、サポーター(支援者)がスピーディーに集められます。このため「企画が目に触れない」という心配が無くなります。

 

③ サイバーエージェント以外のメディアでも、取り上げられるチャンスが多い

 

②の項目と共通しますが(アメーバだけでなく)Makuake自体も、PR会社と業務提携を結んでいます。このため、サイバーエージェント以外の場所でも、効果的にPR活動が行えます。

 

④ 決済方法が多彩で、支援者が参加しやすいシステム

 

Makuakeは、以下の決済方法に対応しています。

● クレジットカード

● コンビニ払い

● 銀行振込

● ネットバンク振込

Makuake公式サイト「決済方法を選択する」より

Makuake公式サイト「決済方法を選択する」より

支払いの選択肢が多ければ、その分サポーター(支援者)は、企画に参加しやすくなります。また、企画が成立しなかった場合は、決済が行われないため「リスク0で」プロジェクトに参加できます。

 

また、参加する側にもリスクはありません。参加費や掲載費は一切無料で、プロジェクトが成功した場合のみ20%の「手数料」が発生します。

 

手数料掲載料は無料ですが、プロジェクトが成功した場合、プロジェクト実行者に対して集まった支援総額の80%が支払われ、残り20%はMakuakeの手数料(クレジットカード決済手数料は弊社負担)となります。/出典:Makuake 公式サイト「新しいスタートを切ろう」より

 

⑤ 専任スタッフがサポートしてくれるなど、サービスが手厚い

 

記事の前半で説明したとおり、Makuakeは「参加者のプロジェクトが成功するよう」企画の書き方や提案の仕方、効果的なPR方法を二人三脚で作成してくれます。

 

Makuake公式サイトより

Makuake公式サイトより

 

文章力の無い方、プレゼンが苦手な方は、Makuakeスタッフに、どんどん質問や相談を投げかけてみましょう。文章だけで無く、ビジュアル的な問題(写真や動画の作成)についても「より良いアドバイス」が得られます。

 

Makuakeで良くある質問や、企画の立て方については、以下のページが参考になります。プロジェクトを申し込む前に、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

Makuake 公式サイト「新しいスタートを切ろう」

 

※ なお、「ここまで見ても、クラウドファンディングに興味が湧かない」という経営者の方には、より速く簡単に資金調達ができる、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

Makuake(マクアケ)のデメリットとは

 

Makuakeのデメリットは「利用者や過去の実績」が見えにくい点です。特に、過去の契約件数は「約1,000件」という表示があるものの、総取引額や終了したプロジェクトの合計件数は分かりにくい仕組みです。

 

こうした問題をクリアしているのが、国内最大規模のクラウドファンディングサイトREADYFOR?です。READYFOR?のサイトを確認する限り、頻繁に利用者数や取引の総額、過去の取引件数を更新し続けています。

 

READYFOR? 公式サイト「クラウドファンディングとは?」

READYFOR? 公式サイト「クラウドファンディングとは?」より

 

取引件数や利用者数、取引件数がこまめに更新されていると、資金を希望する側はもちろん、支援者も安心して参加することができます。

 

Makuakeには、ブログやニュースなどさまざまなコンテンツ、独自のメディアがあります。今後は、利用者全体の「調達額」や利用者の数が、細かく報告されると「より信頼度の高い」サイトとして、コンテンツ利用者も急増するでしょう。

 

参考サイト:READYFOR?(日本で最初にできたクラウドファンディングサイト)

 

Makuake(マクアケ)の使い方

 

Makuake(マクアケ)の使い方を簡単に説明しましょう。Makuakeでは、以下のジャンル(全20種類)において、プロジェクトを立てる側(資金を必要とする人)と、サポーター(支援者)をマッチングしていきます。

 

Makuakeが扱うプロジェクトの種類(全20種)

種類 種類
・ スタートアップ ・ プロダクト
・ ファッション ・ フード
・ テクノロジー ・ レストラン・バー
・ コスメ・ビューティー ・ アート・写真
・ 映画・映像 ・ アニメ・マンガ
・ 音楽 ・ ゲーム
・ 演劇・パフォーマンス・ダンス ・ お笑い・エンターテイメント
・ 出版・ジャーナリズム ・ 教育
・ スポーツ ・ 地域活性化
・ 社会貢献 ・ 世界一周

 

Makuakeで『資金を調達したい人』は、以下のステップで、手続きを進めてください。

 

プロジェクト開始までのステップ 内容
① エントリーシートの記入 Makuake上にある申込フォームから、住所や氏名、相談内容を簡単に書いて送信。担当者から連絡が来たら、より詳しいプロジェクト内容を書いて再度提出。
② 審査 プロジェクトが「掲載するにふさわしいか」審査される。審査が通らなかった場合は、Makuakeスタッフとともに企画を立て直すことも可能。
③ プロジェクト記事の入稿 審査通過後、掲載する原稿や記事、写真(必要があれば動画作成もOK)などを準備し、掲載を行う。
④ プロジェクトの一般公開 Makuake(マクアケ)にて支援者の募集がスタート!

 

次にMakuakeで『支援したい人』は、どのようにサイトを利用するのか説明します。

 

まず、Makuake上の「探す」のページから、興味のあるコンテンツを検索しましょう。ジャンルは、プロダクトやファッション、アート、社会貢献など、さまざまなテーマが用意されています。 クラウドファンディングサイトとしては、ほぼ全てのジャンルを網羅しているので、応募できないジャンルは存在しません(※ ただし、社会一般的に公序良俗に反するテーマは除きます)。

 

Makuake「プロジェクトを探す」

 

支援する相手が決まったら「申し込むコース」を選択してください。同じようなジャンルでも、支援金の大きさは1,000円や数万、数十万円など、プロジェクトによって異なります。支援するコースを選択したら、申込から3日以内に入金を行いましょう。

 

998db2ccce254b794a7f3bfdfcd5bccb_s

 

もちろん、プロジェクトが成立しなかった場合は、申込金の決済(支払い)は行われません。リスクなく参加できるので、気になるテーマがあれば、積極的に参加してみてください。

 

また、応援したい人が決まったら、資金を払うだけでなく、TwitterやFacebookを通じて応援をしていきましょう。情報を拡散することで、自分以外のサポーター(支援者)も集まりやすくなり、プロジェクトの成功率が、より一層高まります。

 

Makuake審査の可決率について・どのくらいの企画が通るのか?

 

参加者にとって、最も気になるのが「自分のプロジェクトが掲載されるか?」という点です。Makuakeにも審査があり、申込のうち約3割が「掲載を断られる」と言います。しかし「掲載不可」に関する心配は無用です。

 

断られた案件の大半は「企画の練り直し」を行い、無事掲載がされています。万が一、最初の企画が掲載されなかったとしても、Makuakeスタッフのサポートを得て「より魅力的な企画」に修正し直しましょう。

 

引用:プロジェクトの見せ方やリターン設計の仕方など、特徴をいかに打ち出していくかというのはノウハウが重要になってくるので、担当者がついてサポートをする 体制になっています。ジャンルごとに専門の担当者がいるので、ジャンルごとのノウハウがたまっていき、より良いアイデア出しのお手伝いもできます。/MarkeZine(マーケジン)Makuakeに聞く、マーケティングツールとしてのクラウドファンディングの可能性

 

Makuakeの審査については、以下のページが参考になります。

 

参考:Makuake「よくある質問」公式サイトより

 

※ なお、Makuakeの審査に自身がない方には、より確実でスピーディーに事業者が調達できる、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

Makuake(マクアケ)を100%上手く使いこなすコツ3つ!

 

Makuakeを100%上手く使いこなすコツは3つあります。

 

Makuake(マクアケ)を「使いこなすコツ」3つ!
① ビジュアルとキャッチコピーで、支援者を惹きつける工夫を!
② 資金の使い道を明確にして、見える化する
③ 動画を使って効果的なPRを!

 

① ビジュアルとキャッチコピーで、支援者を惹きつける工夫を!

 

魅力的な写真、プロジェクトの内容が視覚的に分かるようなイメージ画像は、多くの利用者を呼び寄せます。 キャッチコピーも重要ですが、テキスト(文章)だけでなく「視覚的に訴える」ことの重要性を理解しましょう。

 

7add2835b189eb063870f3642da06392_s

 

閲覧者の中には、文章を読むのが苦手な人もいるでしょう。しかし、ビジュアルで分かりやすく説明をすれば、訴求力のある(PR効果が高い)ページが作れます。

 

② 資金の使い道を明確にして、見える化する

 

支援した側が安心できるよう、資金の使い道は明確にしましょう。グラフや表を使って分かりやすくすると「信頼性の高い企画」として、評価されます。

 

③ 動画を使って効果的なPRを!

 

①のビジュアル面をより発展させて、動画撮影にチャレンジしてみましょう。最近では、スマートフォンやタブレットを使って、簡単に動画が作成できます。動画は、写真や文章を超える、強力なPRツールです。

 

実際に、Makuakeで高額な資金調達に成功した人の多くは、動画を作成し(Makuake上で)プレゼンテーションを行っています。

 

動画はクラウドファンディングのプロジェクトの魅力を伝えるとても有効なツールです。kickstarter school によると、ビデオを作成したプロジェクトは50%の確率で成功しており、作成していないプロジェクトは30%の成功確率です。/引用:MAKUAKE NOTE「これで支援額倍増!?魅力が伝わる動画をつくるためのtips」

 

撮影した後は、動画編集ソフトを使うか、アプリを利用して「魅力ある映像」に仕上げましょう。サイトへのアップロード等に関しては、Makuakeの担当者に相談してみてください。

 

Makuake公式サイト「Makuakeスタッフに相談する」

 

Makuake(マクアケ)の口コミと評判について

 

最後にMakuake(マクアケ)の口コミと評判について、利用者の口コミを3件ご紹介しましょう。

 

口コミ①:「白熱電球の美しさをLEDで」Siphon戸谷氏

会社には「クラウドファンディングで最初の発注にかかるコストをまかなおう」と提案しました。<中略>クラウドファンディングだったら、最初は売れた分だけつくればいい。そのあたりが会社に提案したメインの理由です。社長も、ユーザーの反応を見てから製品化ができるクラウドファンディングの仕組みを気に入って、「うちみたいなメーカーにはぴったりだよね」と。/引用:「白熱電球の美しさをLEDで」成功の舞台裏・Siphon戸谷氏インタビュー

 

口コミ②:築100年の古民家を宿にリノベーション!!芦川ぷらす・保要佳江氏

販促等を協力してくれたスターティングメンバーの一人が見つけてきて、資金調達というよりも宣伝効果を期待してクラウドファンディングを実施することにしました。<中略>お金が集まることはもちろんですが、何より宣伝効果になります。/引用:「築100年の古民家を宿にリノベーション!!芦川ぷらす・保要佳江さんインタビュー」

 

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

 

口コミ③:腕時計ブランドKnot 遠藤氏

私はMakuakeをはじめる半年くらい前からKnotの準備をすすめていたんですが、Makuakeのページをつくる過程の中で、改めてKnotのコンセプトや今後の売り方・訴求ポイントの整理ができたし、スタッフの意見も取り入れられました。/引用「Makuakeが終わったところが本当のはじまり。Knot遠藤氏インタビュー」

 

上記以外にも、本サイト(資金調達プロ)では、Makuakeで500万円以上の資金調達に成功した株式会社Secual/代表取締役CEO 青柳和洋氏のインタビュー記事を掲載しています。ぜひ、Makuakeでの資金調達の参考にしてみてください。

 

インタビュー記事/クラウドファンディングサイトMakuakeで500万以上の資金調達を達成(資金調達プロ)

 

【まとめ】Makuake(マクアケ)

 

今回は、Makuake(マクアケ)の特徴やメリット、口コミを徹底解説しました。Makuakeは企業のPR力だけでなく、ビジュアル面、サポート面でも「総合評価の高い」サイトです。スタートアップ資金や運転資金の調達に、Makuakeのようなクラウドファンディングサイトを活用するのは、非常に良いアイデアと言えます。

 

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

また、国内のクラウドファンディングサイトについては、以下の記事で「優良な50社」をピックアップし、それぞれのサービス等を比較しています。ぜひ、本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!(資金調達プロ)

 

※ なお、既に起業されている方の中で「クラウドファンディングは、手続きに時間が掛かるので、資金調達が間に合わない…」とお困りの方には、ファクタリングやビジネスローンがオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

《 合わせて読みたい!》

資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

個人投資家からの借入の関連記事(41件)

1 2 3 4 5 9

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全320件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ