閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

ファクタリングは、銀行融資よりも圧倒的にスピードが早く、銀行融資よりも審査が甘いなどのメリットがあります。このため、ファクタリングで会社の資金繰りを劇的に改善することができます。

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

既に銀行から目いっぱい借り入れしてしている方や、審査が通りにくい方にもファクタリングはおすすめの手段です。

 

もしあなたの会社が、銀行もビジネスローンも借り入れできなくなってしまったらどうしますか? 

 

通常、企業が資金調達をする方法として、すぐに頭に浮かぶのが銀行からの融資という人が大多数ではないでしょうか。他にもビジネスローンなど耳にする機会は多いはずですが、それらからの融資や、補助金・助成金の望みも絶たれた時にどうしたらよいのでしょうか。

 

そんな時にはファクタリングがあります。この記事ではその方法を紹介します。

 

まず、銀行の事業資金融資は多くの中小企業が利用している最もポピュラーな資金調達手段で、金利も低く設定されています。しかし銀行融資には「審査が厳しい」「審査に時間がかかる」という致命的な欠点があります。

 

参考記事:【最新版】ファクタリングとは?ファクタリングの意味と売掛金買取で資金調達に成功する10の法則!

 

実は、私は銀行員として数多くの事業資金融資を取り扱ってきましたので、融資ができない企業の相談にも数多く乗ってきました。そのような企業には、結果銀行としては融資できなかったのですが、別の有力な資金調達手段をご紹介したことがあります。それがファクタリングです。

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングを図解で説明

 

以下は、ファクタリングを図解で説明したものです。

 

ファクタリングを図解で説明

 

いま、企業経営者にとってファクタリングという資金調達手段をしっかりと理解しておくことは企業の資金繰りのために非常に重要です。この記事ではファクタリングの概要やメリット・デメリットについて徹底解説を行います。最後まで読み、資金繰り改善に動き出せばあなたの会社の業績もグーンと改善することでしょう。

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングによる資金調達とは?

 

ファクタリングとはそもそもどのような資金調達手段なのでしょうか?

 

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収(債権の管理・回収)を行う金融業務をいいます。 これは、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。

ファクタリングとは(iFinance)

 

ファクタリングは外部からの資金調達手段ではあるものの、融資ではありません。一言で言えば「会社が持っている売掛金などの売上債権を売却して資金化する方法」と言えます。それではファクタリングの概要をご説明していきます。

 

ファクタリングとは、売掛債権を売却する方法

 

売上債権とは、売上は発生しているものの、未入金の債権です。このため、将来的には取引先からお金を受け取る権利ということもできます。ファクタリングは、この債権をファクタリング会社に売却して、売掛金の期日前に資金化する方法です。

 

せっかく売上があっても入金にならないと企業には資金が入ってきません。資金がなければ会社は様々な支払いができないのですが、ファクタリングを利用することで、企業は売掛金を早期に資金化することができるため、会社の資金繰りに役立てることができるのです。

 

ただし、ファクタリング会社も無料で売掛金を買い取ってくれるわけではなく、ファクタリングには銀行融資の際に発生する以上の手数料が必要になります。

 

ファクタリングと銀行融資は何が違う?

 

銀行にもファクタリングのように売掛金などの売上債権を活用した融資は存在します。では、ファクタリングはこれらの銀行の融資制度とどのような点で異なるのでしょうか?

 

売掛債権担保融資や手形割引はお金を借りること

 

銀行にも売上債権を活用した融資制度が主に2つあります。それが売掛債権担保融資(ABL)手形割引です。売上債権担保融資と手形割引は、どちらも売掛金や手形などの売上債権を銀行に担保に入れてお金を借りる方法です。

売上債権担保融資では、銀行に対する返済は取引先からの入金があったら自社で銀行に返済しなければなりません。

 

一方、手形割引は割引に出した手形が期日になった場合には、銀行が手形の取立を行い、手形が無事決済された場合にはそれで返済終了となりますが、手形が不渡りになった場合には自社に返済義務が発生します。

どちらも融資ですので、貸借対照表には借りた金額は「負債」として計上されます。要するに借金が増えてしまうのです。

 

しかし、ファクタリングは、売掛金などの資産を単純に売却することです。このため、貸借対照表上は「売掛金」という資産が「現金」という資産に変わるだけですので借金が増えるわけではありません。

 

ABL 手形割引 ファクタリング
形態 融資 融資 売上債権の売却
返済方法 自社が銀行に返済 銀行が手形を取立てて返済 2社間か3社間で異なる
担保 売掛金などの売上債権に担保を設定 受取手形を銀行が担保にとる なし

 

参考記事①:【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

参考記事②:手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

審査基準は取引先の与信状況

 

銀行融資の場合、審査の基準となるのは「自社の与信状況」です。お金を借りようとしている会社の貸借対照表や損益計算書から財務状況や収益状況を分析し、その会社の安全性や収益性や成長性を審査して、「お金を貸しても安全な会社か」「融資によってその会社は成長(経営改善)できるのか」ということを主眼として審査を行います。つまり、銀行融資は自社の業況が悪い場合にはお金を借りることが難しくなるのです。

 

しかし、ファクタリングは売上債権の売却ですので、売却後にファクタリング 会社に決済を行うのは、取引先である売掛先の企業です。このため、ファクタリングにおいて主な審査の対象となるのは取引先の与信状況になります。

銀行融資とファクタリングの最も大きな違いが、審査対象が自社なのか取引先なのかという違いです。

 

欧米ではファクタリングが一般的

 

日本では手形割引やABLという融資制度がファクタリングよりも一般的ですが、欧米では売上債権を担保にお金を借りるこれらの方法よりもファクタリングの方が一般的です。日本の企業文化ではまだまだ市民権を得ていないファクタリングですが、欧米ではポピュラーな方法で、最近は日本でも資金調達手段として徐々に浸透し始めています。

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングの基礎知識を覚えておこう!

 

ファクタリングは、売上債権をファクタリング会社に売却して早期に資金調達を行う方法ですが、これを知っているだけでは、実際にファクタリングを行うには不十分です。ファクタリングを行う前に以下の2点だけは絶対に理解しておく必要があります。下記の2点を理解しておかないと、取引先の信用を失ったり、後から思わぬ形で会社に損失が発生する可能性があるためです。

 

ファクタリング取引の方法

 

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つの方法があります。

 

2社間ファクタリング

債権の流れ02

 

2社間ファクタリングは、売掛金の期日になったら取引先が自社に決済を行い、そのお金をそのままファクタリング会社に自社が支払うという方法です。

取引先→自社→ファクタリング会社

という流れで売掛金の決済を行います。

 

3社間ファクタリング

債権の流れ01

 

一方、3社間ファクタリングとは、売掛金の期日になったら取引先が直接ファクタリング会社へ決済を行う方法です。

 

取引先→ファクタリング会社

 

という流れで売掛金の決済を行います。

 

ファクタリングの取引方法による違い

 

まず2社間ファクタリングの場合、取引先は自社に資金決済を行うため、ファクタリングをしたという事実を取引先に知られることはありません。しかし、ファクタリング会社からすると、1度資金が自社を経由するため、自社が決済資金を持ち逃げしてしまうというリスクがあります。

 

このため、一般的に2社間ファクタリングの方が手数料が高くなります。

 

一方、3社間ファクタリングは取引先が直接ファクタリング会社へ資金決済を行うため、ファクタリング会社からすると2社間ファクタリングよりもリスクが低いため手数料が低くなります。しかし、事前に取引先にファクタリングをしたということを知らせる必要があるため、取引先にはファクタリングをしたということがバレてしまい、自社の信用が失われる可能性がある点がデメリットです。

 

つまり、取引先との関係性によって2社間か3社間かを使い分けることが重要です。

 

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先(売掛先企業への通知) 取引先へは通知しない 取引先へ通知する
返済方法 自社がファクタリング会社に返済 取引先がファクタリング会社に返済
手数料 高い 低い

 

ファクタリングには、債権求償権なしと債権求償権あり

 

仮にファクタリング後に売掛先の倒産や資金ショートによって売掛金が決済されなかった場合にはどうなるのでしょうか?これに大きく影響するのが「債権求償権」です。

 

債権求償権ありのファクタリングの場合→売却した売掛金を自社が賠償しなければならない

債権求償権なしのファクタリングの場合→自社には責任が及ばない

 

つまり、債権求償権なしのファクタリングを行えば、その後は取引先が売掛金代金を決済しようがしまいが自社には関係ないことになります。

 

しかし、当然、債権求償権なしのファクタリングの方がファクタリング会社にはリスクが高いことになります。このため債権求償権なしのファクタリングは手数料が高くなるのです。

取引先の業況によっても債権求償権ありとなしを使い分けるようにしましょう。

 

債権求償権なし 債権求償権あり
売掛金が決済されない場合 ファクタリング会社が責任を負う 自社が責任を負う
手数料 高い 低い

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングの6つのメリット

 

ファクタリングは銀行融資と比較して6つのメリットがあります。時に急いで資金が必要なときや、会社の業況が悪く銀行審査に通らない時にファクタリングは大きな力になります。

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

ファクタリングは融資よりも資金化が早い

 

ファクタリングは資金化までに時間がかかりません。早い会社だと最短即日で資金化してくれますし、平均的にも1週間以内では資金化可能です。

銀行融資の場合には早くて1週間で、平均的には2週間程度の時間が必要になります。このため、銀行融資を待っていては自社の資金繰りが間に合わないという場合にはファクタリングはとても重宝する資金調達手段です。

 

2社間ファクタリングは取引先にバレない

 

日本の商慣習では「売掛金はきっちりと取引先に対して支払うものだ」という風潮があります。このため、売掛金を売却するファクタリングをしたことが取引先にバレてしまうと、古い考えを持っている取引先の場合には「会社の資金繰りが大変なんじゃないか」などと疑われて、以後の取引に支障をきたす可能性もあります。

 

しかし、2社間ファクタリングを選択すれば取引先に知られることなく、ファクタリングを行うことができるため、会社に対してネガティブなイメージを持たれる心配はありません。

 

ファクタリングは、担保・保証人不要

 

銀行融資は未だに担保主義という考えが根強く残っており、収益力のある会社でも銀行からプロパー融資(保証会社や保証協会の保証をつけない融資)を受ける場合には不動産担保を要求されることが少なくありません。

しかし、ファクタリングには担保も保証人も不要です。売掛金さえ持っていれば資産のない企業でも、資産のある企業と平等に審査を受けることができます。

 

ファクタリングを利用すれば、取引先のデフォルトリスクを排除できる

 

バブル崩壊期には連鎖倒産という事態がよく起こりました。取引先が倒産し、その取引先の手形が不渡りになったり売掛金が不良債権化し、自社の資金繰りが悪化し、自社も倒産してしまうというケースです。売掛金や手形の最も怖い点はこの点で、取引先の業況が急に悪化した場合は、予定されていた入金がなくなってしまうということです。

 

しかし、債権求償権なしのファクタリングを選択すれば、取引先がデフォルトしてもそのリスクは全てファクタリング会社が負ってくれるというメリットがあります。

 

ファクタリングは、自社に信用がなくても資金化できる!

 

ファクタリングの審査の対象となるのは自社ではなく、売掛先です。ファクタリング会社とすれば、売掛金の決済を受けることができるかどうかが重要ですので、ファクタリングする会社の業況よりも、その売掛金が決済されるかどうかの方に重きが置かれます。

 

このため自社の信用が悪くても、優良企業の売掛金さえ保有していれば売掛先企業の信用によって資金調達することができる可能性があります。銀行から融資を断られた企業でも、保有する売掛金によっては融資を受けることができる可能性が高いと言えます。

 

なお、3社間ファクタリングの場合には1度自社を資金が経由するため、業況の悪い会社ほど資金を持ち逃げするリスクが高くなります。3社間ファクタリングでは、自社の与信審査が原因で審査に通らないことがありますが、2社間ファクタリングの場合には自社は決済に関与できないため、業況が悪くてもファクタリングに成功する可能性が高くなります。

 

ファクタリングで、経理業務を効率化できる

 

売掛金の管理というのは、経理にとっても非常な手間になります。取引先ごとに売掛金を管理し、残高はいくらか、入金分と未入金分はいくらか、その金額通りに請求を行い、頻繁に口座残高を確認し、領収書の発行も必要で、書類による督促だけでなく、電話や訪問でも督促が必要な場合もあります。

 

ファクタリングを行うことの隠れたメリットがこの売掛金の管理業務を効率化することができるという点です。経理業務の効率化のために恒常的にファクタリングをしている企業も存在しますし、欧米でファクタリングが普及している理由の1つのも経理業務の効率化という観点も存在します。

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングの2つのデメリット

 

ファクタリングには銀行融資には存在しないメリットがいくつもあるとご紹介しました。しかし、デメリットがないわけでもありません。ファクタリングはコストが高いという点が最大のデメリットです。

 

ファクタリングは手数料が高い

 

ファクタリングの手数料は2社間と3社間で異なります。

 

2社間ファクタリングの手数料は10%〜20%強

3社間ファクタリングの手数料は1%〜5%

 

程度が相場です。

 

2社間ファクタリングの場合には、ファクタリング会社のリスクが高くなるため、手数料が圧倒的に高くなります。また、3社間ファクタリングの場合も5%程度の手数料が発生することが一般的で、1%もの低額手数料になるのは、同じ会社と何度もファクタリングを行い、取引を繰り返していった場合のみです。

 

なおファクタリング会社の審査に通った場合、入金される金額は手数料が差し引かれた額となります。例えば、1,000万円の売掛金を手数料10%でファクタリングするのであれば手数料100万円が差し引かれた900万円が入金となります。この100万円は営業外費用となり、手数料が高ければ高いほど経常利益を圧迫することになります。ちなみ銀行の事業資金融資の金利は1%後半から3%前半くらいです。

 

銀行融資と比較して資金調達コストが高くなり、経常利益は圧迫されることになるため注意しましょう。

 

参考記事:ファクタリングにかかるコスト全容!ファクタリング手数料を最小限に抑える秘訣とは?

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

3社間ファクタリングは取引先にバレる

 

3社間ファクタリングは、取引先がファクタリング会社に売掛金代金を決済します。そのため、事前に取引先にファクタリングを行うことを知らせる必要があります。先ほども述べたように、取引先に知られることによって、取引先からの自社の信用が下落することもあります。また、地域の経済界というのは以外なほど世界が狭いもので、他社の噂話などはすぐに地域に広まってしまいます。

 

筆者も銀行員時代には、仲の良い経営者と話すと地域の会社の業況などはひと通り把握することができました。このため、3社間ファクタリングを行うと「あの会社は業況が悪い」などという自社に不利な噂が広がってしまう可能性も否定できません。

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

 

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングで銀行評価が上昇する?

 

ファクタリングを行うことで企業に対する銀行の評価が上昇するケースがあります。ファクタリングを行うと、資金繰りが円滑化して、バランスシートが軽くなるため、銀行員が企業を評価する際の重大なポイントを改善させることができるのです。

 

ファクタリングは資金繰りが円滑化する

 

売掛金とはすでに売り上げた売上の未入金分です。しかし、企業は先に商品や材料を仕入れてそれを販売して営業しているため、当然ながら仕入れなどの支払期日は売掛金の入金よりも先に到来することになります。この自社の支払い期日と、売上の入金までの時間的なズレを資金ギャップと言います。

 

資金ギャップを埋めるために会社には常に現金が必要になるものです。
例えば、1ヶ月分の運転資金が100万円で、入金が2ヶ月後であるならば、少なくともこの会社は2ヶ月分の運転資金である200万円を手元に持っておかなければ会社を回していくことはできません。これが銀行が企業を評価するにあたって重要なポイントです。

 

毎月、支払と入金がバランスよく入ってくる会社は毎月の資金繰りがプラスになります。毎月の資金繰りがプラスになっている企業に対して銀行は「資金繰りに問題ない」と判断し、企業の評価は向上します。

 

例えば毎月の資金繰りが10万円プラスの会社は、毎月10万円の返済にも耐えられるということですので、毎月10万円以内の返済金の融資であれば、「返済に問題ない」と判断され審査に通過できる可能性が高くなります。

 

このため、売掛金の入金サイトは短いほうが良いとされています。売掛金の入金サイトが短い場合には資金ギャップが短くなるため、その分資金繰りはプラスになりやすいためです。ファクタリングはまさに売掛金の入金サイトを短くして、即現金化する作業ですので、ファクタリングを行えば、会社の資金繰りは劇的に改善することになります。

 

仮に、売掛金のすべてをファクタリングに回している会社は、現金商売をしていると同じことですので、飲食店やサービス業のように、運転資金融資の必要がないという状態になることになります。このため、銀行員目線で見れば「毎月確実に現金が入ってくるため、返済に問題ないと判断することができる」という理論が成り立ち、設備資金融資などを行いやすくなるのです。

 

ファクタリングには、貸倒引当金が必要ない

 

会社は売掛先などが突然デフォルトしても大きな損失が急に発生しないように、売掛債権に対して一定の引当金を費用化して計上することがあります。取引先のリスクに合わせて引当金の割合は異なりますが、大抵は売掛金の5%程度を費用計上しなければなりません。

 

ファクタリングを行えば、自社の売掛金を減少させることができますので、その分貸倒引当金の費用を計上する必要がありません。貸倒引当金は売掛金が回収できれば戻ってくる費用ですが、それでも短期的にみれば貸倒引当金の費用化とファクタリング手数料はある程度相殺できる効果があります。

 

ファクタリングは、バランスシートのオフバランス化につながる

 

ファクタリングは売掛金という資産と現金という資産を交換する方法です。このため、貸借対照表が大きくなることはありません。しかし、借入は借入金という負債勘定が増えて、その分現金が増えることになります。そのため、借入金の分だけ貸借対照表は大きくなってしまいます。

 

今は、貸借貸借表をできるだけ小さくして、バランスシート(貸借対照表)のオフバランス化をすることが理想的な経営と銀行は評価する傾向にあります。不要な資産を持っていると、その分だけ維持費などのコストも発生するため、効率のよい経営ができないと考えられているためです。

 

また、借入金というのは利息の発生する負債ですので、有利子負債とも呼ばれます。有利子負債が多ければその分銀行の評価は低くなりますし、銀行からの借入可能額も少なくなってしまいます。

 

なお、銀行は銀行以外のノンバンクからの借入がある企業に対しては著しく低い評価を行います。貸借対照表上でノンバンクからの借入があることが発覚すると、「よほどお金に困っている」とか「隠れた借金があるのかもしれない」という疑義を持たれてしまい、場合によっては当該企業の格付けが下落することもあります。

 

ファクタリングは民間企業からの資金調達ですが、借入ではないため貸借対照表には計上さえず、ノンバンクからの融資に比べて銀行からの評価が下落するリスクがありません。ファクタリングは借入ではなく、外部から資金調達ができる方法ですので、貸借対照表が大きくなることもなければ、有利子負債が増えることもありません。銀行評価を下げずに資金調達ができるのです。

 

ファクタリング|経常収支の悪化には注意

 

ファクタリングの手数料はばかになりません。先ほど述べたように、場合によっては手数料だけで100万円を超えることもあります。

 

ファクタリング手数料は営業外費用に該当し、会社の経常収支を圧迫します。ファクタリングは貸借対照表のオフバランス化には繋がる資金調達方法ですが、収益を計算する損益計算書の費用負担は大きくなってしまいます。売掛金の支払期日は数ヶ月先というのが一般的です。

 

ちなみに銀行融資の利率は1年間に発生する金利です。そのため、1,000万円を金利5%で3ヶ月だけ借りた場合に発生する利息は、1,000万円×5%÷12ヶ月×3ヶ月=125,000円です。しかし、ファクタリングに発生する手数料率は期間に関係なく、売掛金×手数料率が必要になります。

 

このため、3ヶ月先が支払期日の売掛金1,000万円を手数料率5%でファクタリングした場合には500,000円の手数料が必要になります。

 

同じ金額で同じ利率でも銀行融資とファクタリングでは費用負担額が全く異なります。本当に数ヶ月先の資金繰りのために高額の手数料を払う必要があるのかどうか、よく検討する必要があります。

 

また、高額の手数料によって経常収支が赤字に転落しないかどうかをしっかりと確認することもとても重要です。

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングの優良業社を見極めよう!

 

ファクタリングの優良業社を見極めが重要です。

 

 

ファクタリングをする際にどの業者を選択するのかは、ノンバンクからお金を借りるよりも非常に重要です。ファクタリング業者の中には悪徳業者も数多く存在します。

 

ファクタリングには法的規制が存在しない

 

お金を融資するノンバンク(貸金業者)は貸金業法という法律によって業務が規制されています。また、貸金業者は金融庁への登録が必要な業種です。このため、法令を遵守している業者でないと金融庁の登録を受けることはできません。お金を貸す業者の中には確かに闇金も存在しますが、貸金業法と金融庁の登録制度のおかげで利用者は闇金かどうかを比較的簡単に見分けることができます。

 

しかし、ファクタリング業者に関しては規制する法律が何もないのが実情です。

 

ファクタリング業者の中には優良業者も存在しますが、闇金に近い悪徳業者も存在します。悪徳業者の手口は、手数料だけ先に要求し売掛金代金を支払わない業者、異常に高い手数料を要求する業者など様々です。貸金業者などのように、悪徳業者か否かを見分ける法的な手段がないのがファクタリング業者ですので、優良企業かどうかの見極めは自分の手で行うしかありません。

 

優良企業を見極めるためには以下のポイントをあげることができます。

 

ファクタリングは、取扱額が大きい会社を選択しよう

 

ファクタリング会社によって取扱額の上限が100万円とか200万円が上限となっているものもあれば、数億円規模のファクタリングにまで応じている会社もあります。基本的には取扱額が大きな業者ほど、資本金も充実しており、真面目な会社であると考えることができます。

 

反対に、取扱額が少ない会社は、大きな規模のファクタリングは行っておらず、場合によっては手数料目的で最初からファクタリングに応じるつもりがない会社というケースも考えられます。

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

ファクタリング手数料が20%以内の業者を選択しよう

 

手数料率からも優良な業者か否かを知ることができます。手数料率が20%を超えている業者には要注意です。場合によっては30%以上の手数料を要求してくる業者も存在します。

 

しかし、ファクタリングの手数料は、売掛先企業や自社の与信審査によっては高額の手数料が必要になる場合もあります。このために一概に手数料20%以上は悪徳業者であると断じることはできませんが、手数料20%以上というのは明らかに高い手数料です。

 

そのため、このような手数料を提示された場合には、他の業者にも見積もりを出し、手数料20%以上が適正な手数料か否かを比較して、どちらか一方が異常に高い場合には、その業者とは取引をしないほうがよいでしょう。

 

ファクタリングは、2回目以降の利用で手数料が下がらない業者には要注意

 

ファクタリングは最初の取引時には手数料が高く、取引を重ねるごとに手数料が低くなっていくものです。ファクタリング会社も恒常的に使ってもらうことで収益の確保につなげることができるためです。このため、2回目以降に同じ会社でファクタリングを行う場合には手数料が下がることが一般的です。

 

しかし、2回目以降の利用なのにもかかわらず手数料が下がらない場合、手数料引き下げの交渉を行ってもそれに応じてもらえない場合には、悪徳企業とまでは言うことはできませんが、少なくとも優良企業とも言えないでしょう。

 

このような場合には、他のファクタリング会社に連絡をし、事情を話し、見積もりを出してもらうようにしましょう。ファクタリング会社は数多くありますが、優良企業がどこか、手数料の相場がどのくらいなのかという明確な基準はありません。そのため、複数の業者に見積もりを出して、自分が納得できる会社と取引をするのが最良の方法です。

 

ローンの場合には、ただ申し込みをするだけで信用情報に申し込み情報が記録される(個人ローンの場合)ため、安易に複数の業者に申し込むということはできません。しかし、ファクタリングの場合には何社に申し込みをしたとしても信用情報に記録が残るということはありません。

 

急いで資金が必要な時こそ、悪徳業者に付け込まれる可能性があります。しかし、そのような場合でも2社以上から見積もりをとったほうが得策です。

 

ファクタリングは、契約書がない業者とは取引しない

 

ファクタリングする時には必ず契約書を締結し、契約書を発行しない業者とは絶対に取引をしないようにしてください。悪徳業者は、取引開始時には債権求償権なしと言っておきながら、後から債権の求償を求めてくるような場合があります。

 

いずれにせよ、まともな業者はファクタリングのような取引をする前には必ず契約書を締結するものですので、契約書の締結がない業者は悪徳業者だと思って差し支えありません。

 

また、契約書があっても、自社に不利な文言や説明時には聞かされていないような文言がないかどうかチェックすることも絶対に忘れないようにしてください。

 

面談時の印象も大切に

 

ファクタリング会社の担当者と面談や電話をした際の印象も非常に重要です。ファクタリングにも審査がありますので、必ず資金化できるなどということは絶対にありません。しかし、悪徳業者は、以上に親切に「必ず資金化する」などという雰囲気を匂わせてきます。

 

確定的な文言をいう業者、また、「今決めてくれれば手数料を低くする」などの検討の余地を与えない業者も悪徳業者の可能性が非常に高いと言えます。このような業者とも取引はしてはいけません。自分がファクタリング会社の担当者と応対した時の印象を大切にし、印象が悪い業者とは取引をしないほうがよいでしょう。

 

・ 【最新版】ファクタリングとは?ファクタリングの意味と売掛金買取で資金調達に成功する10の法則!

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリング大手|オススメのファクタリング業者

 

ファクタリング業者の中で、中小企業経営者の間で人気が高くオススメの業者をまとめてみました。

 

・ ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)

・ ビジネクストのファクタリングサービス

・ ワダツミ株式会社のファクタリングサービス

・ オリックスのファクタリングサービス

・ SMBCファイナンスのファクタリングサービス

・ 東京スター銀行のファクタリングサービス

・ 百十四銀行のファクタリングサービス

・ 株式会社三共サービスのファクタリングサービス

・ 三田証券のファクタリングサービス

・ トップマネジメントファクタリングのファクタリングサービス

・ ライジングインベストメントのファクタリングサービス

・ 浜銀ファイナンスのファクタリングサービス

・ 関西アーバン銀行のファクタリングサービス

・ りそな決済サービス株式会社のファクタリングサービス

・ 三菱UFJファクターのファクタリングサービス

・ みなと銀行のファクタリングサービス

・ 中京銀行のファクタリングサービス

・ 武蔵野銀行のファクタリングサービス

 

ファクタリングの専門用語集|ファクタリングの基礎知識

 

ファクタリングで必要な用語、良く使われる用語については、以下の記事が役立ちます。

 

おすすめ記事:ファクタリング用語集(【最新版】ファクタリングとは?ファクタリングの意味と売掛金買取で資金調達に成功する10の法則)

 

ぜひ本記事で分からないこと、ファクタリング業者の契約上知らない用語があればチェックしてみてください。

 

ファクタリングの理解に役立つオススメ記事(まとめ)

 

最後に、ファクタリングについて取り上げている記事を『資金調達プロ』の中から集めてみました。

 

【ファクタリング】

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

ファクタリングと電子登録債権の違い

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

このほか、手形割引については以下の記事が参考になります。

 

【手形割引】

・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

・ 約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

ぜひ、本記事と合わせて売掛金を使った「事業資金の参考」としてお役立てください!

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

まとめ|ファクタリングは資金化が早く、与信の向上や銀行評価向上に効果あり!

 

ファクタリングとは売掛金などの売上債権を売却して資金化する方法です。融資ではないため以下のメリットがあります。

 

① 資金化が早い

② 売掛先の与信審査で資金化できる

③ 銀行評価が向上する

 

しかし、手数料が銀行融資と比べて非常に高くなることがあるという点がデメリットです。このため、銀行融資と賢く使い分けることが重要です。

また、ファクタリング会社の中には悪徳業者も数多く存在します。悪徳業者に騙されないために、怪しいと思ったら複数の業者から相見積もりをとるなどして自分の身は自分で守ることが求められます。

 

※ なお事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/17 19:44
    無料診断がされました。
  • 12/17 19:43
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:53
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:52
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:51
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(56件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる