閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】無職・失業中でもあきらめない!お金を借りる方法まとめ

アルバイトや失業中、主婦の方でも一時的に借り入れをする方法をご存知でしょうか?
今現在職が無い無職や失業中の方がお金を借りるにはどうすればよいか?ということを詳しくご説明します。


急にお金が必要になった、生活費が底をついてしまった…様々な事情でお金を借りたい!というシーンはありますよね。特に、安定した仕事についていない、無職や失業中の方であれば、なおさらそのような場面に遭遇してしまうことはあるのではないでしょうか?
しかし、一般的に、職を持たない無職や失業中の方ほど、融資を受けることが難しい傾向にあるといえます。
無職や失業中の方で、お金を借りたいのだけれどなかなか借りることができない…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

その前に・・・正社員ではないからといってカードローンを諦めている方、実は借り入れできる可能性があります。アルバイトや主婦の方にはオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐクリックして申し込んでください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

※    お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

1. そもそも無職や失業中の方がお金を借りにくいのはどうして?

そもそも、お金を貸す企業(=貸金業)から無職や失業中の方がお金を借りにくいといわれるのはどうしてなのでしょうか。
それは、「無職や失業中の人はお金を返す能力がないとみなされるため」といった理由があると考えられます。
貸金業者側としては、やはり貸したお金が返ってこないという状況はどうしても避けたいところでしょう。
貸したお金が返ってこない状況は、貸金業者側からみると、会社からみると不利益にあたり、「貸し倒れ」となります。
貸金業者としては、このような「貸し倒れ」の状況は起こしたくないため、結果として無職や失業中といった「定職についていない人」は融資の審査に通過することが難しく、お金を借りにくいということになってしまうのです。

 

 

 

2. それでも無職や失業中の人がお金を借りるにはどうすればいいのか?

それでは、このようなお金を借りるにあたって不利な状況におかれがちな無職や失業中の人がお金を借りるには、一体どうすればよいのでしょうか。
それには、次のような方法を取ることがおすすめです。

・とにかく職に就く
・自治体の公的融資制度を利用する
・生命保険を利用してお金を借りる
・親戚や知人からお金を借りる

それでは、これらの方法について簡単に確認していきましょう。

 

とにかく職に就く

先程も述べたとおり、無職や失業中の方は、安定した仕事についていないことが多いため、貸金業者としてはお金を貸す事をためらいます。
そもそも貸金業者がお金を貸す時の条件として「安定した職についていること」ということが記載されていることはよくご存知のところでしょう。
そのため、まず、貸金業者からお金を借りるためにはまず職につく、ということが挙げられるでしょう。
中には、就業形態を問わず、派遣社員、パートやアルバイトでも借入OKという商品もありますので、正社員にはなかなかなれない…という方でもあきらめず、条件にあったものを探してみると良いでしょう。

 

自治体の公的融資制度を利用する

無職や失業中といった、仕事のない人にとって頼りになるのが自治体の公的融資制度です。自治体の公的融資制度は、どうしても収入が少ない方が優先となるため、厳しい条件も比較的クリアしやすいといえるでしょう。
仕事に就いていないため、貸金業者からなかなかお金を借りることができない…そういった場合には、まず自治体の公的融資制度について検討をしてみるとよいでしょう。

参考記事:【目からウロコ】自治体でお金を借りるためのすべて

 

生命保険を利用してお金を借りる

すでに生命保険に加入している方であれば、生命保険を利用してお金を借りる、という方法をとることもできるでしょう。
生命保険を利用してお金を借りる方法は、一般的に「生命保険契約者貸付制度」を利用して、生命保険の解約返戻金の一部を担保にすることにより、生命保険会社から貸付を受ける制度のことを指します。
この場合、仕事の有り無しにかかわらずお金を借りることができますし、お金を借りるにあたっての審査もないため、安心して貸付を受けることができます。

参考記事:【生命保険の前借り】意外なお金の借り方?!

 

親戚や知人からお金を借りる

安定した職に就いていない方にとって、最も手っ取り早くお金を借りる方法として真っ先に思いつくのが、この「親戚や知人からお金を借りる」という方法かもしれません。
親戚や知人からお金を借りるにあたっては、安定した仕事に就いているかいないかということについて、特に問題になることもないでしょう。
ただしその反面、今まで築き上げた大切な人間関係にヒビが入る場合もありますので、気軽にお金の貸し借りをすることは勧められることではありません。
親しい間柄であればあるほど、思いも寄らないトラブルに発展する場合もありますので、実際にお金を借りる場合にはある程度慎重になることが重要です。

参考記事:【保存版】トラブルなく親戚・知人からお金を借りる方法まとめ

 

 

 

3. 無職や失業中の人がお金を借りる方法

それでは、先程説明をした中から、お金を借りる方法として挙げた次の3つ「自治体の公的融資制度を利用する」「生命保険を利用してお金を借りる」「親戚や知人からお金を借りる」について、その具体的な方法をみていきましょう。
現時点で安定した職についていない、そのため生活に困窮している…といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

自治体の公的融資制度

国や市区町村などの自治体が用意する公的融資制度は、様々な事業で、民間の貸金業者からお金を借りることができない場合、「無利子~1.5%」という超低金利で自治体から貸付を受けることができる制度です。
この公的融資制度には様々なものが用意されていますが、中でも無職や失業中の人が利用できるものは、次のものとなります。

・生活福祉資金貸付制度
・求職者支援資金融資制度
・母子福祉資金貸付(父子・寡婦)
・緊急小口資金貸付




それぞれの貸付制度について簡単に解説しておきましょう。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、主に低所得者層・障害者世帯・高齢者世帯に対して行う融資制度です。
ここでいう低所得者層とは、安定した職に就くことが難しく、「市町村民税非課税程度・生活保護法に基づく生活扶助基準の1.7倍程度」の収入が基準となっており、なおかつ生活に必要な資金を他の民間の貸金業者から借り入れることができない、という方が対象となります。
また、障害者の方や高齢者の方も、安定した職に就くことは難しいと考えられているため、この融資制度の対象となっています。
なお、この制度で借り入れることができるのは、生活に必要な資金、福祉資金、教育支援金、不動産借入に必要な資金となります。
その他の用途では貸付を受けることができませんので注意しましょう。
また、この制度で貸付を受ける際は、まず、申込者の住所地で、なおかつ制度を実施する自治体の社会福祉協議会窓口に相談に行くことが必要です。この相談で、申請OKとなった場合のみ、貸付の申し込みをすることができます。
貸付の審査も社会福祉協議会により行われ、その際に追加の書類の提出を求められる場合もあります。公的な貸付となるため、審査は民間の貸金業者と比べて厳しめと思っておいてよいかもしれません。
貸付を受けられるようになるには、申し込みから1ヶ月~1ヶ月半程度は必要とされており、急ぎで資金が必要な方にはあまり向いているといえません。
本当に急ぎでお金が必要、という場合は、とにかく職を探して、民間の貸金業者を利用することをおすすめします。
ただ、民間の貸金業者よりも圧倒的な低金利で貸付を受けられるという点では、金銭的な余裕がない無職や失業者の方にとって非常にありがたい制度といえるでしょう。

 

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度は、職業訓練を受ける方で、受講中の生活資金が不足しそうな場合に利用できる制度です。この制度は、職業訓練受講給付金の決定を受けられる方や、ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けられた方のみ利用することができます。
現在仕事に就いていないが、上記の条件に該当する人であれば申請が可能ですので、職業訓練受講中の生活費に困窮する場合などはぜひ申し込みを検討してみましょう。
こちらも保証料込みで年3.0%の低金利設定となりますので、カードローンなど民間のローンと比較してもお得に貸付を受けることができます。
なお、こちらは申し込みの際、ハローワークからの手続きとなりますので、ご注意下さい。

 

母子福祉資金貸付(父子・寡婦)

母子福祉資金貸付(父子・寡婦)は、20歳未満の児童を扶養している母子・父子家庭、寡婦の方の経済的自立を支援するための貸付となります。
こちらも職に就いているかいないかは、申請の際に問題になることはありません。
あくまでも現在の生活状況が審査の基準となります。
相談・申し込みは住所地の自治体にある福祉相談窓口です。
なお、こちらの制度は、申し込みから貸付まで2~3ヶ月は必要となりますので、急ぎで貸付を受けたいという方には不向きかもしれません。

 

緊急小口資金貸付

緊急小口資金貸付は、生活福祉資金貸付のうちの一つで、主に生計の維持が困難となった場合に緊急または一時的に貸し付ける資金のことを指しています。
こちらはあくまでも緊急の貸付で、額も10万円までと制限がある制度となりますので、これ以上の金額を借りたいという場合には不向きといえるでしょう。申し込みから貸付までは、5日~1週間ほどを要しますので、その点を考慮に入れた利用をするとよいでしょう。

 

生命保険を利用してお金を借りる

生命保険に既に加入している方であれば、たとえ今現在安定した仕事に就いていない場合でもお金を借りることができます。生命保険を利用してお金を借りる方法は、生命保険契約者貸付制度を利用した貸付となります。
生命保険契約者貸付制度は、生命保険を解約した際に受け取ることのできる解約返戻金の一部を担保に、保険会社から貸付を受ける制度です。
生命保険にも様々な種類の保険が用意されていますが、このうち、解約返戻金を受け取ることのできるものは終身保険や養老保険・学資保険などの貯蓄型の生命保険といわれるものになります。
掛け捨て型の生命保険には、解約返戻金がないため、生命保険契約者貸付制度を利用してお金を借りることはできません。特に、掛け捨て型生命保険の場合、保険料が低めに設定されているものも多いため、気軽に保険の申し込みをしてしまう場合も多いので、注意しましょう。
生命保険解約返戻金を利用してお金を借りることのメリットとして、「貸付を受けるための審査を別途受ける必要がないこと」や「既に契約している保険を解約することなく、貸付を受けることができる」ということ、また「使いみちについての確認がないこと」などが挙げられます。
生命保険契約者貸付制度は、現時点で決まった仕事に就いていない方ほど、無理なくお金を借りることが可能な、利用価値のある貸付制度ともいえるでしょう。

 

親戚や知人からお金を借りる

自治体の公的融資制度に申し込んではみたが断られてしまった…、生命保険に加入していないので生命保険契約者貸付制度を利用することは難しい…そのような方がお金を借りる最後の手段として検討できるのは、親戚や知人からお金を借りる、ということになるのではないでしょうか。
親戚や知人の場合、お互い気心がしれた間柄、ということもあり、お金を借りるにあたって審査が必要、ということもないでしょうし、お金を借りるまでに時間がかかる、利息が発生する、といったことも少ないでしょう。
そのようなことを考えると、仕事が無く生活費にも困っている、といった方にとって、もっとも手っ取り早く、そして気軽にお金を借りるために、親戚や知人からお金を借りる、というのは真っ先に思い浮かぶ方法かもしれません。
ただし、気心のしれた間柄であればあるほど、お金を借りるにあたっては様々なことに注意しなければならないと考えておきましょう。
特に、お金の貸し借りにおいて注意しなければならないことは、人間関係のトラブル・もつれです。そのため、どんなに親しい間柄であってもお金の貸し借りをする際は、借用書の作成をしておくことをおすすめします。また、借用書の中でも、お金の貸し借りについてはより細かい記載のある金銭消費貸借契約書の作成が有効です。
単なる口約束と比べ、記憶違いからくるトラブルも未然に防ぐことができるため、ひいては自分の身を守るための手段としても活用することができます。

その前に・・・正社員ではないからといってカードローンを諦めている方、実は借り入れできる可能性があります。アルバイトや主婦の方にはオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐクリックして申し込んでください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

※    お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

4. 無職や失業中の人がお金を借りる以外に合法的にお金を手に入れるには?

それでは、無職や失業中の方が、お金を借りるという方法をとらず、合法的にお金を手に入れる方法を取る場合にはどのようなものがあるか?について考えてみましょう。
何が何でもすぐにお金が必要…、とにかく切羽詰まっている…という方にとって、時間がかからず、そして合法的にお金をゲットできる方法は大変魅力的ですよね。いざという時のために、またぜひ今すぐ必要な資金を手に入れるためにも、参考にしてみてください。

 

無職や失業中の人でも、合法的にお金を手に入れる方法にはどのようなものがあるの?

たとえ無職や失業中の方でも、無理せず、合法的にお金を手に入れる方法として、次のようなものが挙げられます。

・古本やDVDなど不用品を売る
・せどり(Amazonを利用した電脳せどりも含む)
・ポイントサイトを利用する
・クラウドソーシングで作業
・イラストのネット販売
・ネーミング公募に参加
・スマホアプリのレビュアーになる
・治験バイトへの参加
・パズル作家
・キュレーションサイトに参加
・ブロガーになる
・民泊ビジネス
・農業の収穫スタッフバイト
・失業給付金を受け取る

などなど…
知恵を絞れば、あなたがもし今安定した仕事に就いていなかったとしても、お金を手に入れる方法はいくらでもあることがわかります。
今お金が無くて困っているあなたは、是非これらの方法を実践してみましょう。

それでは、ここからは「無職や失業中の方でも合法的にお金を手に入れる方法」についてどのようなことをするのか、その内容を確認しておきましょう。

 

古本やDVD、ブランド品などの不用品を売ってお金をゲット!

例えば、使わなくなった古本やDVDを最寄りの買取ショップに持ち込むと、最短1時間ほどでお金を手にいれることができます。
もちろんその額は、持ち込んだ商品により異なりますが、1万円~10万円までの査定がつくこともありますので、即金でお金を作りたい!という方にもおすすめです。
ブランド品などの高額商品の場合は、ブランド買取に特化した専門業者を利用すると、さらに何十万円という高額査定がつくこともありますので、ぜひ利用してみましょう。
特に自宅に眠っているブランド品がある方にとっては、即金で大金が手に入るチャンスです!
その他、スマートフォンや携帯電話も機種によっては数万円の値が付く場合もありますので、使っていないスマホや携帯電話が自宅にないか、探して見るのもいいですね。

 

せどり(Amazonを利用した電脳せどりも含む)でお金をゲット!

せどりとは、古本屋や中古屋で見つけた掘り出し物の商品を転売することにより、利益を得る方法のことを指します。
転売にぴったりな掘り出し物をうまく見つけるためには、せどり用の仕入れツールの利用がおすすめです。
取引相手さえ見つかれば即、転売による利益が手に入りますので、とにかく早くお金がほしいという方にもぴったりです。
せどりの中でも最も人気がある方法は、BOOKOFFなどの実店舗で購入した商品を、Amazonや海外オークションサイトeBayを利用して転売する、というものです。この方法では、利益率の高い商品をうまく見つけることによって、月100万円もの収入を得ている人もいます。

 

ポイントサイトを利用してゲットしたポイントを換金!

コツコツとポイントを貯めることが苦にならない方であれば、ポイントサイトを利用してみるのもよいでしょう。
ポイントは、ポイントサイトの新規登録や、ゲーム、動画の視聴をするだけで貯まります。
貯まったポイントは電子マネーや現金などに換金できますので、大変便利です。
ただ、換金額を大きくするためには、毎日コツコツと取り組むことが大切ですので、根気が必要です。
換金のタイミングは、利用するポイントサイトによって異なりますが、最短数日~1ヶ月ほどとなります。

 

クラウドソーシングで作業して報酬をゲット!

クラウドソーシングとは、インターネットを利用した仕事発注システムのことを指します。
近年は「ランサーズ」や「クラウドワークス」など、大手のマッチングサイトも存在し、利用者も増える傾向となっています。
クラウドソーシングでは、アンケートなどの単発の作業の他、Webライティングやプラグラミング、イラストやロゴマークの作成、データ収集、文字起こしなどなど……、様々な案件が掲載されていますので、自分にぴったりの作業を見つけることもできるでしょう。
また、クラウドソーシングは海外・国内などの場所を問わず、仕事ができる、という点でも大変魅力的です。特に、仕事を探しているが、地方在住のため、なかなか希望の仕事にありつけない…といった方にとっても適した方法といえるでしょう。

 

イラストのネット販売で報酬をゲット!

先にご紹介したクラウドソーシングと似ていますが、もし絵やイラストを描くことが得意な方であれば、そのイラストをインターネットで販売し、報酬としてお金を受け取る、という方法もあります。
特に、近年はスマホアプリを対象としたイラストの需要が高まっているとのことで、今までなかなか作品を発表する場の無かったという方でもアピールする機会が増えています。

 

ネーミング公募に参加して報酬をゲット!

インターネット上のクラウドソーシングサイトでもよく募集している案件として、店舗や企業の名称を考えて報酬を得るネーミング公募というものがあります。
アイディアを出すことが好きな方にとっては、大変やりがいのある仕事なのではないでしょうか。
報酬の支払いは、通常のクラウドソーシングサイトでの支払いと同様、1ヶ月ほどがかかりますので急いでお金が必要という場合にはあまり向いていませんが、楽しみながら仕事をして、報酬も受け取りたい!という方にはうってつけといえそうです。

 

スマホアプリのレビュアーになって報酬をゲット!

スマホアプリのレビューを募集しているサイトで、アプリを利用した感想などをレビューすることにより、報酬を受け取ることができます。
アンケートに答えたり、ゲームを利用することで、お金までもらえてしまう…というものですので、空き時間にコツコツと実践することで、1ヶ月で数万円のお金を手に入れることも可能です。

 

治験バイトへの参加で報酬をゲット!

新薬の開発における安全性を確認するために行われ、その代わりに報酬を得るという治験のバイトですが、健康上の問題がなければ誰でも参加することができます。
ただ、治験バイトに参加するにあたっては、短くても2・3日、長くて2週間ほどの拘束時間がありますので、その点を納得した上での応募がおすすめです。
報酬の受け取りは、治験後のデータ収集完了後支払われます。そのため、今すぐまとまったお金が必要という方には不向きかもしれません。
ただし、1回のバイト参加で20万円ほどの報酬を受け取ることも可能ですので、比較的割の良い方法といえるでしょう。

 

クイズ・パズル作家になって報酬をゲット!

クイズやパズルを作ることが好きであれば、自作の問題を専門雑誌の出版社に応募することにより、報酬を受け取ることもできます。
近年はスマートフォンのパズルやクイズのアプリなどでも自作の問題を募集にしていますので、そちらに応募してみるのもよいでしょう。
ただ、1件の報酬額は数千円~となり、クイズやパズルの作品を仕上げるにあたっては数日を要しますので、短期間で多くの報酬を得ることは難しいといえます。
即金でお金を手に入れたい場合は、他の方法も検討してみるとよいかもしれません。

 

キュレーションサイトに参加して報酬をゲット!

Naverまとめといった大手キュレーションサイトに参加し、インターネット上の既存の記事をまとめることにより、報酬をゲットする方法もあります。
報酬は、まとめページのプレビュー数によって支払われますが、GoogleやYahoo!といった検索サイトでページの順位が上位に表示されるほど、このプレビュー数は増える傾向にあります。
キュレーションサイトで記事まとめ作業を行うには文章力は必要ありません。ただ、日頃から世の中の流れに敏感になっておくことで、より多くのプレビュー数を稼ぐことができますので、結果として報酬を稼ぐことができます。

 

ブロガーになって報酬をゲット!

文章を書くことが好きな方であれば、自分でブログを運営し、広告収入を得ることでお金を手に入れることもできるでしょう。
ブログを書く人をブロガーといいますが、人気ブロガーになれば月100万円単位の高額報酬を手に入れることも可能です。
ブログの広告収入は、運営しているブログが閲覧されている数によっても変わります。閲覧数が多くなればなるほど、ブログ内に貼り付けた「広告表示ツール」を読者にクリックしてもらえる確率も高くなり、効率よくアフィリエイト報酬を得ることができるのです。
ただ、報酬については、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)から振込を受けるまでに1ヶ月ほどは必要です。そのため即金でお金が必要という場合には、他の手段を検討してもよいでしょう。

 

民泊ビジネスに参入してお金をゲット!

最近話題の民泊ビジネスに参入し、個人の自宅や空き部屋を上手に活用することで大きな利益を得ている方もいます。
初めて民泊ビジネスをはじめるという方でも、月100万近くの報酬を得ている方もおり、海外からの観光客も多い日本では、注目のビジネスとなっています。
条件に該当する部屋を準備することができれば、最短1日から報酬を手にすることもできますので、手っ取り早くお金を手に入れたいという方にもオススメです。

 

農業の収穫スタッフバイトで報酬をゲット!

自然や野菜好きな方であれば、農業の収穫スタッフバイトに応募してみるのもよいでしょう。収穫作業は、農業についての知識がなくても気軽に参加できますので、体力がある方にもおすすめです。
特に、高値で取引されるブランド野菜の場合は、収穫作業に参加するだけで月50万円ほどの報酬を受け取ることも可能です。

 

失業給付金を受けて、生活の再建を図る

会社を辞めて失業をした、という方であれば、ハローワークに失業給付金の申請をすることにより、生活の再建を図るのもよいでしょう。
失業給付金の給付額や給付時期は、以前勤めていた勤務先を自己都合で辞めた場合と会社都合で辞めた場合、また、以前もらっていた給与額によって異なりますが、1ヶ月にまとまった金額が受け取れるため、お金のことでハラハラすることがなく、安心して求職活動を行うことができます。
ただし、給付金の受け取りには、申請から3ヶ月を要する場合もあります。即日~1週間ほどといった早めの受け取りは不可となっているため、すでに生活が困窮しているような場合には注意が必要です。

以上のことから、無職や失業中の方でも、あきらめずに「合法的にお金を手に入れる方法」がたくさんあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
この他にも、自分のところから出ていくお金を少しでも減らす、という観点から、「常日頃から無駄なお金を使わず、節約をする」ことでひとまずの対応策とすることもできるでしょう。

 

 

 

まとめ:無職や失業中の人でも無理なくお金を手に入れることは可能!

いかがでしたか?
たとえ、あなたが無職や失業中といった状況におかれているとしても、無理なくお金を手に入れることは十分に可能、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
確かに、安定した職に就いていない場合、民間のローンの審査では不利になることも多く、なかなかお金を借りることができない…と悩むことも多いでしょう。
これを解決するには、もちろん早く職を探す!ということが一番良いのですが、なかなか仕事が見つからない…そういった場合には、ぜひここに書かれていることを実践してみてください。
特に国や自治体の公的融資制度は、無職や失業中といった、生活に困窮している方ほど、有利な制度でもあります。民間のローンと比較して圧倒的な低金利となっているため、条件に該当する方は、ぜひとも利用をおすすめします!

その前に・・・正社員ではないからといってカードローンを諦めている方、実は借り入れできる可能性があります。アルバイトや主婦の方にはオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐクリックして申し込んでください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

※    お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/22 15:49
    無料診断がされました。
  • 06/22 15:45
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:58
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:53
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:05
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(77件)

1 2 3 4 5 16

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全430件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる