閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

新しく、審査やカード発行すらすることなしでお金を借りることができるかも?
お金を借りる方法としてさまざまな借り入れ先がありますが、クレジットカードでもお金を借りることができることをご存知でしょうか?

通常、クレジットカードはショッピングに利用するイメージで、カードローンなどと比べると比較的カンタンに作成することができるものですが、実際カードを利用してお金を借りることができるようにするためには、注意しなければならないこともあります。
そこで、クレジットカードでお金を借りたい場合におすすめのクレジットカード会社、その他利用する際のポイントなどについて説明していきたいと思います。

 

1. クレジットカードでお金を借りるってどういうこと?

通常、ネットショッピングなど、ショッピング全般で利用されることの多いクレジットカード。このクレジットカードには、お金を借りることにも利用できる「キャッシング」という機能があります。
そこで、ここでは、クレジットカードのキャッシングとは一体どのようなものなのか、確認していきたいと思います。

 

クレジットカードのキャッシングってどんなもの?

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードを利用してお金を借りる事を言います。
この「キャッシング」、手持ちのクレジットカードを使って全国の金融機関・コンビニATMまたはインターネットから気軽に現金を引き出すことができますので、いざ急に現金が必要になったという時に対応できる、大変便利なサービスなのです。
特に他のローンと異なる点として、融資を受けるにあたって別途審査を受ける必要がないというところ(ただし、すでにキャッシング機能のついたクレジットカードを持っている場合のみ)。そのため、すぐに現金が必要になった!という場合にも即利用することができるのです。
もし、新規にクレジットカードを作成する場合には、審査を受け、カードの契約OKとなった段階で初めてキャッシングが利用できます。ただしこの場合、申し込みからキャッシング開始までは1週間ほどみておく必要があります。

 

クレジットカードの「キャッシング枠」

クレジットカードでのキャッシングを受けるためには、クレジットカード作成時に「キャッシング枠」を設定しなければなりません。ショッピングに利用するための枠は「ショッピング枠」と呼ばれ、「キャッシング枠」とは異なるものです。

また、この他の用語として「利用限度額」と呼ばれるものがあります。これは通常、「利用限度額」は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」を合算したものとなります。
例えば、「利用限度額」が50万円に設定されているクレジットカードを利用している場合、「ショッピング枠」が30万円であれば、「キャッシング枠」は20万円となります。

なお、「キャッシング枠」0円を希望する場合は、クレジットカード作成時に申請すれば、「キャッシング枠」無しのカードを作成することができます。ただし、この場合は、クレジットカード・キャッシングをすることはできませんので注意しましょう。

 

どうすればクレジットカード・キャッシングができるの?

では、どうすればクレジットカードでのキャッシングが利用できるのでしょうか。
方法としては、次の2つとなります。
・全国の金融機関ATM・コンビニATMからのキャッシング
・インターネットを利用したネットキャッシング

それでは、それぞれの方法について確認していきましょう。

 

ATMからのキャッシング

クレジットカードでキャッシングをする場合、全国の金融機関ATM・コンビニATMで、通常のキャッシュカードでの現金引き出しと同様の操作を行うことにより、簡単に利用することができます。これがATMからのキャッシングです。
キャッシング方法はカード会社により異なりますが、ATMで行うおおまかな手順としては以下のようになります。

●利用手順
1. 初期画面から「お引出し」または「クレジットカード」「その他」を選択
2. カードをATMに挿入し、暗証番号を入力
3. 希望のお取引き(返済方法など)を選択
4. 希望の金額を、1万円単位で入力
5. 最後に、カード、利用明細書、現金を受け取る

 

インターネットからのキャッシング

これは通称、ネットキャッシングと呼ばれているものです。
ネットキャッシングは、直接クレジットカード会社に融資の依頼をすることにより、指定の銀行口座へ現金を振り込みしてもらう、という形になります。
口座引落しの際の残金不足に対応するには、直接口座に現金を振り込みしてもらえるネットキャッシングは大変便利なサービスです。

このネットキャッシング、利用の流れは一般的に次の通りとなっています。

1.カード会社のホームページから、会員ページへログイン
2.ネットキャッシングの申し込み・パスワードの入力
3.希望の借入額を入力し、「キャッシング一括」か「リボ返済」を選択
4.申込内容と振込先口座に間違いがないか確認
5.現金が指定口座に振込まれる

 

クレジットカードのキャッシングで他にかかる費用はある?

ところで、クレジットカードでキャッシングをするにあたっては、他にどのような費用が必要となるのでしょうか。
一般的には次のような費用が別途必要となる場合が多くなっています。

・金利
キャッシングをした金額にかかる利息です。クレジットカード・キャッシングの場合、年15%~18%前後が一般的な水準となっています。

・ATM利用手数料
ATMを利用してキャッシングをする際に必要となる手数料です。各金融機関により異なりますので、事前によく確認しておくとよいでしょう。

・返済手数料
繰上げ返済などを行う場合に別途必要となる手数料です。

これらの費用は、利用するクレジットカード、もしくは借りた期間によって額が異なります。
ATMを利用せずに、ネットキャッシングを利用する場合は、融資金の振込手数料がかからない会社もありますので、そちらも検討してみるとよいでしょう。よりお得にキャッシングを利用したい場合は特におすすめです。

その前に・・・ある程度まとまった金額が必要な方、クレジットカード枠が足りない方はプロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用がオススメです。これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

2. クレジットカードでのキャッシング、そのメリット・デメリットは?

それでは、クレジットカードでお金を借りるにあたってのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのか、この点について説明していきます。

 

メリット

クレジットカードでキャッシングをする上でメリットとなる点は次の3つの点が挙げられます。
・全国の金融機関・コンビニATMから24時間365日、気軽に現金を引き出せる
・海外では、提携ATMを利用し、現地通貨が引き出せる
・すでに手持ちのクレジットカードを利用するので、キャッシングの利用に審査が不要

特に、「新たな審査が不要で」「全国の金融機関・コンビニATMから24時間365日、現金を引き出せる」という点は、冠婚葬祭など急な出費にも即座に対応できるというクレジットカード・キャッシング最大のメリットといえるでしょう。
また、海外では提携ATMから現地通貨を引き出すことができますので、あまり現金を持ち出さず、海外でキャッシングを利用しながら旅行を楽しみたい!という方にもぴったりです。現地でのキャッシングは、場合によっては両替所で現地通貨と両替をするよりもお得なことがあるようですよ。海外旅行の際には、自身のクレジットカードでキャッシングをした際の返済額と照らし合わせながら検討してみるといいですね。

しかし、このようなメリットがある反面、クレジットカードのキャッシングには次のような
デメリットもあります。

 

デメリット

クレジットカードでキャッシングをする上でのデメリットには、次のような点が挙げられます。

・キャッシングの際の利息はカードローンと比較して高めの設定
・キャッシングではショッピング時につくポイントがつかない
・キャッシングを利用することにより、ショッピング枠が減ってしまう

一般に、クレジットカードのキャッシングは、年15%~18%前後に設定されているところが多く、これは、カードローンの金利と比較しても高い水準といえるでしょう。これは、消費者金融系カードローンにも匹敵する金利でもあります。
また、キャッシングでは、ショッピングでのクレジットカード利用時にはついてくるポイントの付加サービスも利用することができません。そして、キャッシングを利用することにより、すでに定められているショッピング利用の枠が減ってしまいますので、利用の際には注意が必要です。

 

 

3. クレジットカードでキャッシングしたお金、返済は?

クレジットカード・キャッシングで借りたお金はどのように返済していけばよいのでしょう?
ここでは、キャッシングの返済方法について説明していきます。

 

キャッシングの返済方法にはどのようなものがあるの?

クレジットカード・キャッシングは、大きく分けて次の3つの返済方法があります。
・一括払いでの返済
・リボ払いでの返済
・随時返済(繰り上げ返済)

 

一括払いでの返済

一括払いでの返済は、毎月各カード会社で定められた返済期日に「指定の銀行口座からの引き落とし」または「ATMまたはインターネットからの入金」で返済する形式です。
「指定の銀行口座からの引き落とし」の場合、多くは、ショッピングで利用した金額とあわせて「キャッシング利用分+利息」が引き落とされます。カード会社の多くがこの形式を取っています。
「ATMまたはインターネットからの入金」の場合は、全国の提携金融機関ATMやインターネットを利用して、指定の返済日までに入金返済をする方法になります。この場合も、入金額は「キャッシング利用分+利息」となります。

 

リボ払いでの返済

リボ払いでの返済は、借り入れた額に対して設定された一定額を月々返済していく方式です。返済の度に最終借入日から返済日までの利息が発生しますので、返済期間が長引くほど、利息分の負担が増えることになります。
このように、月々の支払いは、一定となるため楽になる反面、利息の支払いによって最終的に損をしてしまった…ということになりがちなのがリボ払いの辛いところ。少しでも利息の負担を減らすためには、余裕のある時の繰り上げ返済利用がおすすめです。

 

随時返済での返済

随時返済での返済は、いわゆる繰り上げ返済にあたるものです。
資金に余裕がある時、毎月の引き落とし日とは別に、提携金融機関ATMから入金することにより、都合のよい金額を返済することができます。
また、繰上げ返済をおこなえば、返済額分が元金にあてられるので返済期間も短くなり、結果的に支払う利息も少なくなります。(ただし、随時返済を利用する際には、別途返済手数料が必要となる場合もありますので、利用の際には事前に確認をしておくとよいでしょう。)
早めの完済を目指すためにも、積極的な随時返済の利用をおすすめします。

 

もし返済に遅れた場合はどうなるの?

では、もしキャッシングの返済が遅れてしまった場合は、一体どのような流れとなるのでしょうか。
一般的には次のような措置がとられますが、これは他のローン(消費者金融・銀行など)と同じような形となっています。

カード会社指定の返済期日に返済が確認できなかった場合、ハガキや電話による督促

まだ支払いが確認できない場合、督促状の送付

それでも支払いが確認できない場合は、
自宅訪問や裁判所への提訴・給料の差し押さえ・一括での返金請求

このように、返済に遅れることにより、文書の送付や電話での連絡などで、自宅や職場に借り入れが知られてしまうリスクもあります。周囲に内緒で借り入れをしている場合は、返済遅れには特に注意しましょう。また、金融事故情報として信用情報機関への登録の対象にもなってしまいます。

なお、延滞をしてしまった場合、こちらも他ローンと同様に、延滞の日数分の遅延損害金(年利約20%)が課されることになります。うっかり返済日を忘れてしまった!いう場合でも、この遅延損害金の対象となってしまいます。決して無視できない金額ですし、無駄な利息を少しでも支払わなくても済むようにしたいものです。また、延滞日数が増えれば増えるほど、加算される利息の額も増えていきます。そのため、返済期日の管理はしっかりとしておくことをおすすめします。

 

もし返済に遅れそうになったら?

とはいえ、どうしても引き落とし日までにお金を用意することができない…といった場合が発生してしまうかもしれません。その場合は、一体どうしたらよいのでしょうか。
その場合は、まず、自分から正直に返済に遅れる旨を連絡することが大切です。カード会社から督促の電話が入るのに比べ、あらかじめこちらから延滞の可能性や返済可能な期日を先方に伝えておくことで、格段に相手方への印象がよくなります。また、前もって連絡を入れ支払日を約束しておき、きちんと支払いを行えば、延滞金はかかってしまうものの、以降、督促の電話がかかってくることはありません。

その前に・・・ある程度まとまった金額が必要な方、クレジットカード枠が足りない方はプロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用がオススメです。これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

 

4. クレジットカード・キャッシング、カードローンとの違いは?

クレジットカード・キャッシングとカードローン、カードを利用してお金を借りる、と言う点で似た両者ですが、実は違いがあります。
その違いはどのようなものなのか、ここで確認しておきましょう。

 

どのような違いがあるのか?

クレジットカード・キャッシングとカードローンとの違いには、「専用カードの有無」「限度額の大きさ」「借り入れスピード」「返済方法」「金利」「海外での利用」といった点が挙げられます。

クレジットカード・キャッシング カードローン
専用カードの有無 なし(クレジットカードを利用) ある(カードレス商品もあり)
限度額の大きさ 少ない 多い
借入スピード 早い 遅い
返済方法 少ない 多い
金利 高い 銀行系は低いが、消費者金融系は高め
海外での利用 可能 不可

 

専用カードの有無

クレジットカード・キャッシングではそのまま手持ちのクレジットカードが利用できるのに対して、カードローンの場合は専用カードを作成しなければならない商品が多くなっています。

 

限度額の大きさ

クレジットカード・キャッシングの場合、多くても100万円位を限度とするものが多く、どちらかというと少額融資向けのイメージとなります。対して、カードローンはゆとりある融資枠を持つ商品が多く、最大800万~1,000万円くらいの高額融資を受けられるものも多くなっています。

 

借入スピード

カードローンの場合、融資を受けるにあたって、審査・契約が別途必要となるため、クレジットカード・キャッシングと比べて時間がかかる傾向にあります。

 

返済方法

クレジットカード・キャッシングは一括払いが基本となっているのに対して、カードローンは、多くの会社でリボ払いを採用しています。また、カードローンはコンビニやインターネットバンキングでの返済も可能となっているものも多いため、返済方法も多彩といえるでしょう。

 

金利

クレジットカード・キャッシングのほうが高めの設定となっており、銀行系カードローンであれば、カードローンのほうがよりお得に利用できる場合が多いようです。消費者金融系カードローンの場合であれば、クレジットカード・キャッシングとさほど変わらない金利での利用となるでしょう。

 

海外での利用

クレジットカード・キャッシングは、海外でもキャッシングを受けることが原則可能となっていますが、カードローンの場合は国内のみの対応となっています。
そのため、海外でキャッシング機能を利用したいという方にとっては、クレジットカード・キャッシングは向いているといえるでしょう。

 

クレジットカード・キャッシングとカードローン、どちらがおすすめ?

それでは、クレジットカード・キャッシングとカードローン、どちらを利用するのがよいのでしょうか?
上記の表の通り、クレジットカード・キャッシングは限度額が少なめで、すでに所持しているカードを利用して融資を受けることが可能です。そのため、「少額でも良いので、急ぎでお金を必要」という方にぴったりといえるでしょう。また、海外での利用も可能となっているため、海外でキャッシングを受けたいという方にも向いています。また、銀行系カードローンと比較すると、金利が高めとなっているため、早めの返済ができることも条件になってくるでしょう。
なお、カードローンの場合は、ゆとりある限度額が設定されている商品が多いため、「借りたい金額が大きい」方向けとなっています。無利息期間サービスなど、お得な金利サービスも用意されているため、少しでも金利を抑えて融資を受けたいという場合にもおすすめといえるでしょう。コンビニATMやインターネットバンキングなどを利用した返済をしたいという場合も、カードローンのほうがおすすめです。

 

 

5. クレジットカードでのキャッシング枠、増額したい場合にはどうする?

さらに大きな融資枠でゆとりあるキャッシングできるよう、キャッシング枠を増額したい!、そうお考えの場合は、どのようにすればよいのでしょうか。
ここでは、キャッシング枠増額を希望する方のために、その方法について説明していきたいと思います。

 

キャッシング枠の増額方法

キャッシング枠を増額するには、「カード会社からの案内」もしくは「利用者からの希望」、このいずれかにより可能となります。

 

カード会社からの案内による増額

この場合、カード会社側で選んだ「利用実績が有り、返済実績もよい、優良な顧客」相手に増額案内の連絡を行います。
このときに利用者側がそのまま増額を希望すれば、正式な審査を経てキャッシング枠が増額されます。

 

利用者からの希望による増額

利用者からキャッシング枠の増額を希望する場合は、インターネットもしくはお電話での申し込みにて可能となります。
申込後、増額審査に通過すると、限度額の増額が行われます。
審査は、電話・メールでの回答となるところが多く、回答は早くて申込後数10分ほどとなります。ただし、2・3日~1週間ほどを要するカード会社もあるようですので、増額の希望がある場合は事前に審査時間を確認し、余裕をもった申し込みをするとよいでしょう。

 

増額審査の内容は?

キャッシング枠の増額を申請した際に行われる増額審査。どのようなことが審査の対象となるのでしょうか。
一般的には、次のような内容について審査が行われているようです。

・利用実績(どのくらいの金額を利用してきたか、どのような目的で利用していたかなど)
・返済実績(遅延なく返済が行われているか、金融事故を起こしていないかなど)
・信用情報(信用情報機関に登録されている情報など)
・資金の用途(どのような目的に利用するために増額を申請したか)

このうち、あまりにも利用実績が少ない、または返済に滞りがあった場合などは、増額の申請が見送られる可能性が高いでしょう。
また、信用情報機関に登録される信用情報は、債権整理など、内容によって5~10年ほど記録が残ってしまいます。心当たりのある場合は、この期間、増額の申請は見送ったほうがよいでしょう。

 

大体いくらくらいまで増額は可能?

通常、10万円~30万円くらいであればインターネットもしくは電話での申し込みで、比較的簡単に増額することができます。
ただし、50万円以上の増額となる場合、所得証明書(源泉徴収票や給与明細など)の提出を求められますので、申し込み前にあらかじめ準備をしておくと、手続きがスムーズです。
なお、このように審査にさえ通過すればキャッシング枠の増額は簡単です。しかし、枠を増額したことにより、必要以上につかいすぎてしまったり、他社ローンとの兼ね合いで総量規制の問題に引っかかってしまうと、かえって自分の首をしめてしまう結果にもなりかねません。増額を検討する際にも、無理のない利用が可能か、しっかり見極めた上で申請することをおすすめします。

その前に・・・ある程度まとまった金額が必要な方、クレジットカード枠が足りない方はプロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用がオススメです。これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

 

6. キャッシングにおすすめのクレジットカードを発行している会社は?

ここでは、キャッシングにおすすめのクレジットカードについてご紹介します。
「キャッシング枠」と「審査」にスポットをあてたおすすめカードとなりますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

キャッシング枠の大きなクレジットカード

ここでは、キャッシング枠の最高額として、ゆとりある金額が設定されているクレジットカードとしてACマスターカード(アコム)をご紹介します。

 

ACマスターカード(アコム)

ACマスターカードはアコムが発行するクレジットカードで、クレジットカードでありながら、ショッピング枠とカードローン機能を有した商品です。
ショッピング枠は最大300万円、カードローン機能として最大500万円の借り入れが可能となっており、合算するとなんと800万円の利用ができる心強い内容となっています。
審査も大変早く、年会費無料・最短即日でカードの発行が可能。その際は、最寄りのアコム店舗にある自動契約機を利用するとよいでしょう。
国内キャッシングは、コンビニをはじめ、アコムATM・提携ATMで利用可能。マスターカードとの提携もありますので、海外ショッピングでも利用することができます。また、カードローン機能を利用しての海外キャッシングもOKとなっており、大変利用価値の高い便利なカードといえるでしょう。
ただし、ACマスターカードのデメリットとして、返済の際の手数料が高めであること、クレジットカードとしても利用したい場合は、ポイントや付帯サービス面での期待ができないということが挙げられます。
利用申込の際には、その点も考慮して検討をするとよいでしょう。

●商品概要

商品名 ACマスターカード
利用対象となる方 ・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
・その他アコムの基準を満たす方
金利 年10.0%~年14.6%
最大限度額 10万円~300万円(クレジットの最大限度額)
※クレジットとカードローンの利用合計の上限は800万円まで
申込方法 インターネット、モバイル、郵送、電話、窓口、自動契約機
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
借入方法 インターネット、ATM(全国の提携金融機関。セブン銀行、イオン銀行)
返済方式 定率リボルビング方式
返済方法 口座引落、インターネット、ATM(全国の提携金融機関。セブン銀行、イオン銀行)、銀行振込、アコムATM
約定返済日 35日ごとの支払か毎月支払のいずれかを選択
特徴 <メリット>
・カードローン・キャッシング機能とクレジット機能あわせて最大800万円の融資枠
・年会費は無料
・最短即日で発行可能(自動契約機コーナーを利用の場合)
・海外でのキャッシング利用も可能
・利用明細がアコムホームページで確認できる
・Mastercard加盟店でショッピングの利用が可能
<デメリット>
・支払いがリボルビング方式のみの取り扱いのため、手数料が高額
・クレジットカードに付帯するサービス(ポイントサービス、各種保険)が用意されていない。

参考サイト:ACマスターカード(公式サイト)

 

 

審査がカンタンなクレジットカード

ここでは、なかなかクレジットカードを作成しにくい専業主婦や学生の方のために、審査に通過しやすいクレジットカードをいくつかご紹介します。
ここで紹介するカードは、カード作成のための審査がカンタンなため、回答も早めで、すぐにでもクレジットカード・キャッシングを利用したい!という方におすすめです。ただし、審査のハードルが低い分、どうしてもキャッシングの限度額は低めに設定されています。

 

専業主婦・無職の方向け

専業主婦・無職の方おすすめのカードには、次のようなものがあります。

・楽天カード
・イオンカード
・Yahoo! JAPANカード
・セディナ ハローキティデザイン

これらのカードは、審査の難易度も低く、その分回答・カードの作成についての早さが魅力となっています。また、無職の方でもある程度の預金があればカードを作れるものも多く、大変心強いカードといえるでしょう。
なお、これらの中には、年会費無料のカードも多いため、経済的負担を少なくカードを持ちたいという方にはまさにうってつけの内容となっています。
金利については、限度額も低くなっている分、年18.0%ほどと高い水準となっているので注意しましょう。
なお、以下は、これらのカードについて、主な特徴を挙げたものとなります。カードを選ぶ際の参考にされるとよいでしょう。

カード名 特徴
楽天カード ・キャッシング枠:5万円・10万円・20万円・30万円・40万円・50万円
・金利:年18.0%
・年会費永年無料
・最短即日発行
<その他サービス>
・楽天市場で買い物をした場合は、ポイント4倍サービス
・入会時には各種ポイントサービスキャンペーンあり
イオンカード ・キャッシング枠:1,000円~300万円
※イオン銀行ATMでは1千円単位で、その他提携ATM・CD機、及びネットキャッシング・テレフォンキャッシングでは、1万円単位で利用可能
・金利:年7.8%~18.0%
・年会費無料
・インターネットで申込後、イオン店頭でのカード即日発行サービスあり
<その他サービス>
・イオングループでのカード利用で、ポイント2倍
・お客さま感謝デーはイオングループでの買い物代金5%OFF
Yahoo! JAPANカード ・キャッシング枠:審査により決定した枠
※審査により利用可能枠が異なる
・金利:年18.0%
・年会費永年無料
・最短即日での審査回答、カード発行までは1週間を要する
<その他サービス>
・Tポイントプレゼントサービス(入会時、利用時)
セディナ ハローキティデザイン ・キャッシング枠:5万円~200万円
・金利:100万円未満の場合年18.0%、100万円以上の場合年15.0%
・初年度年会費無料
・インターネットから申込可能、カード発行までは1週間ほどを要する
<その他サービス>
・ポイントを貯めるとハローキティグッズと交換できる、女性にうれしいカード

 

学生の方向け

学生の方向けクレジットカードは数多く用意されていますが、ショッピング機能は用意されていても、キャッシング機能がついていないものが大半となっています。
その中でも、学生の方でも利用できるキャッシング機能付きクレジットカードとしては、次のようなものがよく知られています。

・三井住友VISAクラシックカード(学生)・クラシックカードA(学生)
・学生専用ライフカード

これらは、年会費無料で審査スピードも早く、審査難易度も低いカードとなっています。そのため、学生の方でもクレジットカード作成のハードルが低いものとなっているのではないでしょうか。学生の方でも急な出費でどうしても現金が必要になってしまった、というときのために、あらかじめこのようなカードを検討しておくのもおすすめです。
ただし、キャッシング枠については、最大限度額0~10万円ほどとなっているものが多いため、キャッシングの際は、あくまでも少額で借りることを前提にしておいたほうがよいでしょう。
以下にこれらのカードの特徴について、簡単にまとめましたので、カード利用の際の参考にしてください。

カード名 特徴
三井住友VISAクラシックカード(学生)・クラシックカードA(学生) ・キャッシング枠:0万円~5万円
・金利:年15.0%
・クラシックカード(学生)の場合、年会費在学中無料
・クラシックカードA(学生)は、初年度年会費無料
・インターネットで最短3営業日発行
学生専用ライフカード ・キャッシング枠:0万円~10万円
・金利:年15.0%
・年会費無料
・最短3営業日発行
<その他サービス>
・海外ショッピング利用キャッシュバック
・学生用プログラムの用意(海外旅行傷害保険、学生専用問い合わせ窓口)
・LIFEサンクスプレゼント(ボーナスポイントサービス)

 

 

7. クレジットカードのキャッシング、住宅ローンの審査に影響するって本当?

このように気軽に利用できることが売りのクレジットカード・キャッシングですが、このキャッシングが住宅ローンの審査に影響するかもしれない…そんな話を聞いたことはありませんか?この話、実際のところはどうなのでしょうか。
これから住宅ローンを組むことを検討しているが、クレジットカードでキャッシングをしているため、住宅ローンが利用できるか不安…そのようなことを心配されている方、是非参考にしてみてください。

 

キャッシングをしていると、住宅ローンが組めない?

「クレジットカードのキャッシングをしていると、住宅ローンの審査に通りづらくなる」巷でささやかれるこんな情報がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。
クレジットカードのキャッシングは、先程も述べた通り、消費者金融と並ぶほど高金利の借り入れです。また、そのような人は、複数の借り入れがある場合がありますので、住宅ローンを審査する側としても融資に慎重になる傾向があります。
ただし、現在の借入件数や借入額・所得や利用限度額と借入額、毎月の返済額等に問題がないことがわかれば、審査の上、住宅ローンを組むことは可能となっています。また、現時点で、キャッシングを利用している場合、自身の年収に対する年間の返済額(住宅ローンの借入金額+その他のローンの合計額)が住宅ローンの返済比率内に収まれば、審査の上では問題ないとされているようです。
なお、キャッシングを生活費の補填などとして、毎月常習的に利用している場合などは審査の際、事情を確認されることもあるようですので、注意しましょう。

 

過去にキャッシングをしたことは、住宅ローンを組むにあたって影響するの?

それでは、過去のキャッシングをしていた場合は、住宅ローンの審査に影響するのか?これは状況によるといえるでしょう。
例えば、「過去に利用していて、延滞もなく完済している」といった場合、これは全く住宅ローンの審査にあたって影響はありません。借りた分について、きちんと期日内に返済を行ってくれる優良な顧客という情報が残っているので、住宅ローンの審査においては有利に働く場合もあります。
ただし、「過去に利用していて、延滞があった。しかし完済した」この場合はクレジットカードの信用情報機関(CIC)での延滞記録が残る5年間のうちは、審査に通過することが難しくなるかもしれません。ただし、この5年以降は情報が一旦きれいな状態となりますので、住宅ローンの利用もできるようになるでしょう。
なお、「過去に利用していて、延滞があった。そして現在も返済していない」という場合は、個人信用情報の延滞記録により、住宅ローンの審査には通過できないと考えておいたほうがよいでしょう。
「たかがクレジットカードのキャッシング」と侮ると、いざ高額ローンを組もう!とした時に命取りとなる場合があります。日頃から計画的な利用を心がけましょう。

 

 

8. クレジットカードでの現金化って、キャッシングとは違うの?

「クレジットカードで現金化」のポスターや張り紙。街中でみかけることはありませんか。
でも実はこれ、絶対やってはいけない違反行為なんです。以前と比べ、取り締まりが強くなっていますが、現在でもこの「クレジットカードでの現金化」を行っている業者は数多く存在しています。

 

そもそも「クレジットカードでの現金化」って何?

「クレジットカードでの現金化」とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作り出す、ということを指します。この仕組みはざっくり言うと、次のようになっています。

現金化業者が利用者にクレジットカードで実態の無い商品を購入させる

カード決済した金額から手数料を差し引きし、利用者に現金を振り込む

このように、「クレジットカードでの現金化」は、「クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得る」行為となり、クレジットカードでのキャッシングとは全く別物となっています。

 

なぜ「クレジットカードでの現金化」は違反行為なのか?

ではなぜ、「クレジットカードでの現金化」は違反行為といわれているのでしょうか?
それは原則、「クレジットカードのショッピング枠現金化」は、カード会社の規約に違反する行為となるためです。そのため、発覚すれば即カードの利用停止や、会員権利の剥奪、カード会員の退会等を求められることもあります。
そして、現金化の業者は、貸金業法や出資法違反に問われて検挙される可能性が高くなります。利用者側も契約違反行為に問われることにもなりかねません。
万が一、クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった場合でも、違法な「ショッピング枠現金化」だけは絶対にしないようにしましょう。

その前に・・・ある程度まとまった金額が必要な方、クレジットカード枠が足りない方はプロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用がオススメです。これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/17 15:12
    無料診断がされました。
  • 11/17 15:11
    無料診断がされました。
  • 11/17 15:02
    無料診断がされました。
  • 11/17 14:21
    無料診断がされました。
  • 11/17 10:49
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(55件)

1 2 3 4 5 11

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全490件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる