閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【30分で30万円借りる】安心の銀行カードローン・キャッシング

メガバンクも個人に対して貸し付けしてくれるって、知ってました?

消費者金融系カードローンと同様、人気の高いカードローンといえば銀行カードローンでしょう。
メインバンク系の銀行カードローンでは、最短で30分、どんなに時間がかかっても当日中には融資が受けられますので、急ぎでお金を借りたいという方にもぴったりです。
ここではそんな銀行カードローンについてくわしくみていきましょう。

1. 銀行カードローンってどんなもの?

銀行カードローンは、メインバンクやネットバンク、地方銀行などの銀行が提供しているカードローンです。
消費者金融などが発行する消費者金融系カードローンと原則、内容は同じものとなりますが、融資のスピード・審査の難易度・申し込み方法などの点において異なります。ここではこれらの点に着目しつつ、銀行カードローンと消費者金融系カードローンとの違いや特徴について確認しておきましょう。

融資のスピード

メインバンク系・ネットバンク系カードローンでは、審査には最短で30分ほど、長くて数時間のところが多いようです。逆に地方銀行が発行するカードローンですと、審査に1週間もかかってしまうところもありますので、注意しましょう。
融資に関しても同様で、メインバンク系・ネットバンク系カードローンは最短即日融資のところも多いようです。
そのため、早めの融資を希望している方は、審査や融資のスピードを確認した上で条件に該当するローンを選ぶようにしましょう。

 

審査の難易度

銀行カードローンは消費者金融系カードローンと比較して一般的に審査が厳しめだといわれています。
消費者金融系カードローンのように、成約率がインターネット上で公開されているものは少なく、正確な数字として表すことはできませんが、一般的に20~30%の審査通過率といわれていますので、申込者の中でも利用できる人は10人に2、3人ほどと考えると良いでしょう。
この理由として挙げられているのが、銀行カードローンの審査には、銀行の間に「保証会社」として、銀行とは別に審査を行う会社が入っていることがあります。
保証会社は主に、消費者金融や信販会社となりますが、銀行での本審査の前にこの保証会社の審査をクリアすることが必要となるわけです。
例えば、人気の銀行カードローンでもある三菱東京UFJ銀行が発行する「バンクイック」は、保証会社としてアコムがはいっており、仮審査の段階でこのアコムの審査をまず通過しないことには以降の手続きまで進むことすらできなくなっています。

 

申し込み方法

Webやモバイル・FAX・郵送・ご来店・自動契約機でのお申し込みが一般的となっています。
その他、契約がある場合は、銀行が提供するインターネットバンキングよりお申し込みをすることも可能です。Webによるお申し込みやインターネットバンキングを利用したお申し込みを利用すると、店舗へ来店することなく、融資を受けることもできますので、周囲の人にローンの利用を知られたくないという方にもおすすめです。インターネットバンキングを利用の際は、あらかじめネットバンキングの手続きをしておく必要があります。
自動契約機を利用する場合は、オペレーターと直接会話しながら申し込み・契約を進めることができます。即日融資にも対応している商品がありますので、ぜひご利用ください。
なお、地方銀行のカードローンを申し込む際には、メインバンクやネットバンクのカードローンを申し込む場合と比較し、お申し込みや契約の際に、店舗に足を運ぶ必要が多いものもあります。そのため、地方銀行のカードローンは、店舗が自宅や勤務先の近くにある方が、より利用しやすいローンといえるでしょう。

2. おすすめの銀行カードローンは?

数ある銀行カードローンの中でも、「金利の低さ」が特にうれしいおすすめの4つのカードローンをご紹介します。

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン

みずほ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

それでは、それぞれの商品について、より詳細に見ていきましょう。

※ なお上記ローンのほかにも、初めてカードローンでおまとめをされる方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用がオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

プロミスを申し込んだことのある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

 

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン

ネットバンクの中でも圧倒的な低金利、即日融資がうれしい「住信SBIネット銀行 Mr.カードローン」。
最大のメリットは、うれしい年0.99%~14.79%の圧倒的な低金利といえるでしょう。
所定の条件を満たした場合(SBIカードの利用、SBI証券の利用、当社住宅ローンの残高など)は、基準金利より最大年0.6%引下げといううれしいサービスも用意されています。
「店舗を持たないネット銀行だからこそ実現できる金利」と自らアピールしている内容にしっかりと応えるうれしいカードローンといえるのではないでしょうか。
すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている方であれば、最短60分で仮審査完了・最短即日で融資可能となっていますので、お急ぎでの融資を希望している方にもぴったりです。また、口座を持っていない方でも、口座開設と併せて申し込むことができますので大変便利な商品となっています。ただし、この場合は、最大で融資までに2週間ほど要することもありますので、ご注意ください。
また、借り入れの際の手数料は、いつでも何度でも0円でOK。全国にあるATM(イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)で利用可能となっていますので、場所を選ばずどこでも融資を受けることが可能です。
なお、お申し込みは、インターネットのみの対応となっています。上記の低金利は、お電話や郵送での申込方法を用意していないため、フリーダイヤルやオペレーターを用意するコストを省いた結果ともいえるでしょう。そのため、インターネットに慣れている人で、極力低金利でお得な商品を希望している方にとっては、これ以上ないカードローンでもあります。逆に、インターネットに使い慣れていない人にとっては、利用しにくく、申し込みだけでなく、借り入れや増額審査の申請についても使いづらさを感じるかもしれません。そのため、ある程度、インターネットに使い慣れた方向けの商品ともいえるでしょう。
仮審査通過後の成約率についての公表はありませんが、現時点では、利用にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社もしくは住信SBIネット銀行カード株式会社いずれかの保証が必要となっています。そのため仮審査時に、どちらかの審査に通過しなければなりません。過去のSMBCコンシューマーファイナンスまたは住信SBIネット銀行カードの発行するローンで、延滞事故などがあった場合は、仮審査に通過する可能性が低くなりますので、お申し込み前に確認をされることをおすすめします。

●商品概要

審査スピード最短即日融資スピード最短即日
※ただし、口座作成とあわせて申し込む場合は、最大2週間ほどかかる場合もあり借入方法インターネット、ATM(イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)

商品名 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
利用対象となる方 次の条件をすべて満たす個人の方
・ 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・ 安定継続した収入のあること
・ 外国籍の場合、永住者であること
・ 保証会社の保証を受けられること
・ 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
金利 年0.99% ~ 年14.79%(変動金利)
※所定の条件を満たした場合(SBIカードの利用、SBI証券の利用、当社住宅ローンの残高など)は、基準金利より最大年0.6%の金利優遇制度あり
最大限度額 10万円~1,200万円(プレミアムコース)
10万円~300万円(スタンダードコース)
申込方法 インターネット
返済方法 口座引落、インターネット、ATM(イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)
約定返済日 毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
特徴 <メリット>
・年0.99%~14.79%、圧倒的な低金利
・住信SBIネット銀行の口座を持っている方であれば、最短60分で仮審査完了、最短即日で融資可能
・借入手数料は無料
<デメリット>
・お申し込みはインターネット対応のみ
・住信SBIネット銀行の口座がない場合、融資に2週間ほどを要する

参考サイト:住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
(公式サイト)

 

みずほ銀行カードローン

メガバンクの発行するカードローンの中でも、低金利がうれしい「みずほ銀行カードローン」。
年2.0%~14.0%の圧倒的な低金利、最大限度額800万円の大型融資が可能な商品となっています。
みずほ銀行の住宅ローンを利用されている方であれば、基準金利より金利を年0.5%引き下げるサービスがついており、条件に該当する方にはおすすめのカードローンといえるでしょう。「住信SBIネット銀行 Mr.カードローン」もそうですが、同じ金融機関内のサービスを利用している方に優遇サービスがあるというのは、銀行カードローンのメリットでもありますよね。
メガバンク系カードローンでありながら、みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば、Web完結申し込みが可能で来店も不要となっており、なかなかカードローン申し込みの時間が取れない方にはおすすめの申し込み方法となっています。もちろん、その他郵送やお電話・窓口でのお申し込みも受け付けていますので、こちらもぜひご利用ください。
カードローン利用時には、みずほ銀行のキャッシュカードにローン機能を付加する形のカードを選択することができます。そのため、ATMで利用時にも周囲にカードローンの利用を知られることもありません。通常のキャッシュカードでの現金引き出し時と同様にカードを使用することが可能となっています。また、キャッシュカードにローン機能を付加する形であれば、ローン口座開設後、お持ちのキャッシュカードですぐに現金を引き出すこともできるので、早めの融資を希望している方にもぴったりです。
カードローンで借り入れをされる際は、みずほ銀行ATMだけでなく、コンビニATMもご利用OK。コンビニATMは、月4回までは、手数料無料で利用することもできます。
なお、みずほ銀行の口座をお持ちでない方が、カードローンのお申し込みをされた場合、口座開設の手続きを踏まなくてはならないため、2週間から最高4週間ほど、時間がかかってしまいます。そのため、すでにみずほ銀行の口座を持っている方におすすめのカードローンとなっています。
また、「みずほ銀行カードローン」は、その金利の低さゆえ、審査の厳しさが有名なカードローンともいわれています。仮審査は、保証会社である、大手信販会社株式会社オリエントコーポレーションによって行われますが、過去にオリエントコーポレーション発行の商品で金融事故を起こしている場合などは、審査の通過が難しくなります。

●商品概要

審査スピード直接問い合わせの必要あり融資スピード直接問い合わせの必要あり借入方法インターネット、ATM(全国の提携金融機関、セブン銀行・イーネット・ローソンATM)

商品名 みずほ銀行カードローン
利用対象となる方 ・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
金利 年2.0%~年14.0%
最大限度額 10万円~800万円
申込方法 インターネット、モバイル、郵送、電話、窓口
返済方法 口座引落、インターネット(みずほダイレクト)、ATM(全国の提携金融機関、セブン銀行・イーネット・ローソンATM)
約定返済日 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
特徴 <メリット>
・年2.0%~14.0%の圧倒的な低金利
・最大800万円のゆとりある融資枠
・みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば、Web完結申し込み可能
・カードローン機能を、既に持っているキャッシュカードに付加できる
<デメリット>
・みずほ銀行の口座を持っていない場合、2週間~4週間ほど要することもある

参考サイト:みずほ銀行カードローン(公式サイト)

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行が発行するカードローン、「バンクイック」。
こちらも下限金利年1.8%が大変魅力的な商品となっています。
インターネットで24時間申込可能、さらに三菱東京UFJ銀行の店舗に設置されているテレビ電話を利用いただくと、その場で専用ローンカードの発行&融資が可能となっています。
しかもその所要時間はなんと「最短40分」という驚きのスピード。
少しでも早く融資を受けたい、急いでいるという方にとってはぴったりの商品といえるでしょう。
利用の際にも、三菱東京UFJ銀行・全国の提携コンビニATMでの手数料が無料となっているため、手数料を気にせずカードローンを利用したいという方にもうってつけですね。
ただし、当商品は三菱東京UFJ銀行・全国の提携コンビニATMのみで取引可能、即日融資対応は店頭のテレビ窓口のみの取り扱いとなっていますので、その点については注意が必要です。

●商品概要

審査スピード最短即日(最短30分)融資スピード最短即日(最短40分)借入方法インターネット(三菱東京UFJダイレクト)、ATM(三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)

商品名 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
利用対象となる方 ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方で、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方。
・原則安定した収入がある方。
金利 年1.8%~ 年14.6%
最大限度額 10万円~500万円
申込方法 インターネット、モバイル、電話、FAX、郵送、テレビ窓口
返済方法 口座引落、インターネット(三菱東京UFJダイレクト)、ATM(三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM)
約定返済日 「35日ごとのご返済」と「希望の毎月指定日返済」のどちらかを選択
特徴 <メリット>
・インターネットで24時間いつでも申し込み可能
・テレビ窓口での申込の場合、その場で専用カードを発行
・年1.8%~年14.6%の低金利
・三菱東京UFJ銀行・提携コンビニATMで利用手数料が無料
・毎月の返済日を指定できる
<デメリット>
・即日融資対応はテレビ窓口のみの取り扱い
・三菱東京UFJ銀行・提携コンビニATMのみで取引可能

参考サイト:三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック(公式サイト)

 

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ネットバンクの先がけでもあるジャパンネット銀行が発行する「ネットキャッシング」。
すでにジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、平日14時までの申込手続き完了で、当日融資可能と、急ぎでお金を借りたい!という方のニーズにもぴったり合った商品となっています。
下限金利は年2.5%からとなっていますので、少しでも低金利で借り入れを受けたいという方にとってもうってつけの内容といえるでしょう。
融資は最大1,000万円までとなっていますので、大型融資を希望する方にもぴったりです。
また、「ネットキャッシング」初回契約の方に限り、30日間無利息となるサービスもうれしいところですね。
返済の日付も自身の都合にあわせて設定できますので、大変使いやすい銀行カードローンといえるのではないでしょうか。
ただ、原則、この「ネットキャッシング」は、申込をはじめ借り入れや返済などもインターネットを利用した取引となるため、インターネットを普段使いなれない、という方にとっては少し利用しづらい商品となってしまうかもしれません。
ただ、それを差し引いても、非常に使い勝手の良い商品であるため、ジャパンネット銀行と既に取引がある、または日頃からインターネットでお金のやり取りをしている、という方にはおすすめしたいローンとなっています。

●商品概要

審査スピード最短即日
※平日14時までに申込手続きが完了した場合のみ融資スピード最短即日
※ジャパンネット銀行の口座を持っている場合のみ借入方法インターネット、ATM(三井住友銀行、セブン銀行、ローソンATM、イーネットなどの提携金融機関)
※ATM利用の際には、インターネット操作にて普通預金口座に入金された現金を引き出すという形となる

商品名 ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
利用対象となる方 次の条件をすべて満たす個人の方
・申込時年齢が20歳以上70歳未満であること
・安定した収入があること
・ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っていること
・指定の保証会社の保証を受けられること
金利 年2.5% ~ 年18.0%(変動金利)
最大限度額 10万円~1,000万円
申込方法 インターネット
返済方法 口座引落、インターネット、ATM(三井住友銀行、セブン銀行、ローソンATM、イーネットなどの提携金融機関)
約定返済日 毎月1~28日、月末のうちいずれかを選択
特徴 <メリット>
・最高1,000万円までの融資が可能、金利年2.8%~。
・初回借入日から30日間は、何度利用しても無利息。
・ジャパンネット銀行の口座を持っている方であれば、平日14時までの申し込み手続き完了で当日中入金が可能。
・返済日が自身で設定できる。
<デメリット>
・取引がインターネット中心となっているため、普段使いなれない場合は利用しづらい。

 

参考サイト:ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

(公式サイト)

※ なお上記ローンのほかにも、初めてカードローンでおまとめをされる方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用がオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

プロミスを申し込んだことのある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

 

3. 銀行カードローンは総量規制の対象外ではあるが…

総量規制(そうりょうきせい)という用語を耳にすることが多いと思いますが、これは、「貸金業法」という法律によって定められたもので、借り入れをする人個人の借入総額が、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。
現在、銀行カードローンは、総量規制の対象外となっているので、収入がない方でも、借入制限なく申し込みをすることができるようになっています。消費者金融系カードローンの場合では、申し込みを断られてしまう専業主婦の方が「申込OK」となっているのはそのためです。
しかし、その反面、自身の返済能力を超えた借り入れをしてしまったり、複数のローン会社で借り入れを繰り返す多重債務者の方も増えているのです。昨今では、銀行カードローンでの自己破産者の増加が社会問題化していることは、ニュースなどでご存知の方も多いでしょう。
そのため、銀行の中でも、大手メガバンク系では、自主的な借り入れの規制を行うところも出てきています。今後、さらに規制が厳しくなることも考えられますので、銀行カードローンを利用する際には、そのあたりを念頭においてお申し込みをされることをおすすめします。

 

 

4. 銀行カードローンの利用は周囲に気づかれにくい?

消費者金融系カードローンと比べて利用に抵抗を感じにくい銀行カードローン。「銀行の発行する商品だから大丈夫」といった安心感や信頼性から、支持を受けやすく、着実に利用数を伸ばしてきたカードローンともいえるでしょう。
申し込みの際も通常銀行に行く場合と変わらず店舗へ出向くことができますので、たとえ知り合いにばったり会ったとしても利用を気づかれにくい商品ではありますよね。
また、勤務先への在籍確認などで電話連絡の際も銀行名での問い合わせとなりますので、電話を受けた人も違和感を感じにくいといえるでしょう。
ただ、そのような銀行カードローンでも周囲に利用を気づかれてしまう場合もあるようです。
例えば、銀行カードローンの中でも申し込みの際、銀行に設置してあるローン契約機を利用可能となっているものを利用したところ、ついばったり知り合いと鉢合わせてしまった…というパターン。
また、利用明細や返済に遅れた際の督促状が自宅に郵送され、家族が郵便物を開封してしまい、利用が知られてしまったというパターンもあります。
では、こういったことにより、銀行カードローンの利用を気づかれないようにするには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。それには、次の点に注意して利用を検討することをおすすめします。

・申し込みの際にはローン契約機の利用は避け、Web完結型ローンの利用を検討する
・ローン会社からの郵便物を届かないように設定する

それでは、これらの詳細な内容についてみていきましょう。

 

申し込みの際にはローン契約機の利用は避け、Web完結型ローンの利用を検討する

銀行カードローンの中でも、「三井住友銀行カードローン」や新生銀行「レイク」は、お申し込みの際に自動契約機の利用が可能な商品です。
ただし、ローン申込時に自動契約機を利用することにより、周囲の人にローンの申し込みを知られてしまう可能性もあるわけで、絶対に他人にローンの利用を知られたくない!という場合には、自動契約機を利用した申し込みはしないほうが賢明といえます。
その場合には、お申し込みから契約までの手続きがWebで完結する、Web完結型ローンの利用がおすすめです。
しかし、銀行カードローンは、契約時に来店が必要な商品が多く、なかなか取り扱いのある商品を探すのが難しいかもしれません。
銀行カードローンの中でもネットバンク系銀行のカードローン(オリックス銀行カードローン・住信SBIネット銀行「MR.カードローン」)にはそのような商品が多く、積極的な取り扱いを行っていますので、Web完結型ローンを利用したい場合は、そのような商品を検討してみるのもよいでしょう。

 

ローン会社からの郵便物を届かないように設定する

ローン会社からのローン関連の書類が自宅に郵送され、うっかり家族に開封されてしまったりすると、その時点でローンの利用がバレてしまいます。そのため、ローン関係の郵便物については注意が必要です。
特に利用明細については、お申し込みの際に郵送もしくはWeb明細が選択できるものもありますので、その点にも注意しながら申し込むとよいでしょう。絶対にバレたくない!と考えている場合は、Web明細の利用がおすすめです。
また、銀行カードローンの中には、現在利用しているキャッシュカードと一体になっているものもありますので、自宅にローンカードが郵送されてくることを避けたいという方は、こういった商品の利用も検討されるとよいでしょう。キャッシュカード一体型の商品は、通常の現金引き出しと同じように利用できるため、利用の際にもローンの利用を周囲に気づかれにくいというメリットもあります。

 

 

5. 銀行カードローンで審査に落ちやすい人はどういう人?

消費者金融系カードローンと比較して審査が厳しめといわれる銀行カードローン。
このような人は審査落ちしやすいと言われています。

 

他社ローンで過去に事故記録がある

他社ローンで過去に事故記録がある場合、銀行カードローンの審査の通過は難しくなります。
過去のローン借り入れで、万が一延滞事故や任意整理・自己破産などがあった場合は、1年~10年の間、情報が信用情報機関(JICC、CIC、JBA)に信用情報として記録され続けることとなりますので、注意が必要です。この中でも、自己破産の場合はかなり重く、最長10年間記録が残り続けます。この期間はたとえ新規にローンを申し込んだとしても審査を通過することができません。
ちなみに、このような事故記録は、延滞した料金を完済した日から数えます。そのため、返済が終わり、該当の期間が過ぎた段階で事故情報から削除されます。

 

他社ローンを利用して複数の借り入れをしている

銀行カードローンは、総量規制の対象外となっており、他社からも借り入れをしていたとしても年収の3分の1を超えていなければ特に問題になることはなく、借り入れが可能です。
しかし、他社ローンを含め複数の借り入れをしているということは、「多重債務者」の印象を与えてしまい、審査の上では不利に働いてしまうのです。
利用者が他社でどれくらいのローンを申し込んでいるかについては、ローン申し込みのあった会社が信用情報機関に問い合わせをした時点でわかってしまいます。身に覚えのある方は、せっかく申し込んだローンの審査に引っかかってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

 

同時期に他社ローンも含め複数のローンに申し込んでいる

いわゆる「申込ブラック」といわれる状態になっている人のことを指します。
ローンの審査をする側からすると、短期間で複数ローンに集中的に申し込む人は、「お金に困っている人」という印象が強く、お金を貸す側でもかなり警戒するものです。
「お金に困っている人」にお金を貸すということは、貸したお金がそのまま戻ってこない可能性だってあります。銀行側としては、貸し倒れ状態になってしまうこともあり、これは損失として計上されてしまいます。この状況だけは避けたいと考えているのです。
「どうしてもすぐにお金が必要、だからカードローンに申し込みけれど、審査に通過できるか不安…」という思いから、手当たり次第、複数のローンに申し込んでしまうという人も見受けられますが、これは、お金を貸す側にあまりいい印象を与えない、ということを肝に銘じておきましょう。
同時に申し込みをするのは、せめて2社くらいでとどめておいたほうが良さそうです。

 

 

6. 銀行カードローンで返済を延滞してしまった場合はどうなるのか?

消費者金融系カードローンと同様、返済を延滞してしまった場合は、銀行カードローンも「延滞」と言う取り扱いになります。
この場合、以降、どのような形で取り扱われるのか、ここで説明していきたいと思います。

 

銀行カードローンで延滞してしまった場合の流れとは?

銀行カードローンの場合、銀行と借り入れをしている本人の間に保証会社が入っています。
もし借り入れをしている本人が返済遅れをするようなことがあると、保証会社から支払いが確認できなかった旨の連絡があります。はじめに携帯への電話連絡があり、その後も延滞が続く場合はハガキというところもありますし、いきなりハガキによる連絡が来るところなど、その対応は様々です。
家族に内緒で借り入れをされている方などは、この際、借り入れがバレてしまう場合もあります。
電話での連絡があると、入金期日を指定され、この期日までに入金ができなかった場合は再度連絡が来ることになります。
返済遅れが何度も続くと、最終的には、延滞分の一括返済を求められることもあります。

 

返済遅れが何度もあると、借り入れができなくなる

1~2回といった数回の返済遅れの場合、以降の借り入れができなくなるというわけではありませんが、さらに延滞の回数を重ねると、借り入れ自体が不可となってしまいます。
また、このような延滞の情報は信用情報機関の情報としても記録されてしまうので、他のカードローンに申し込んだとしても、審査に通過することが難しくなり、新たな借り入れもできなくなってしまいます。

 

遅延損害金が発生してしまう

銀行カードローンの場合も、返済に遅れた場合は、延滞の発生した日から遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金については、各銀行により異なりますが、年20%近くに設定されているものが多いのではないでしょうか。遅延損害金については、日割り計算となり、通常の金利よりも高めの設定となりますので、万が一、延滞により支払う必要が出てきてしまった場合は、早め早めに支払うことをおすすめします。

 

どうしても返済に遅れそうなったらどうすればよいのか

返済に遅れそうになったら、なるべく早く借入先の銀行に連絡することをおすすめします。
支払いの督促が来る前に、こちらから連絡を入れておくことにより先方への印象が変わります。場合によっては、その後の対応などについての相談に乗って貰える場合もありますので、自分のほうからアクションを起こすほうが賢明です。
くれぐれも支払い確認の連絡から逃げたり無視するようなことはないようにしましょう。

 

 

7. 銀行カードローンでの「保証会社」、その業務内容とは?

銀行カードローンの場合、消費者金融系カードローンとは異なり、仮審査や保証が「保証会社」という別会社によって行われていることは先にも述べた通りです。
ではこの「保証会社」、実際にはどういった業務をしているのか、みなさんはご存知でしょうか?
ここでは、銀行カードローンにおける「保証会社」の役割やその業務内容について説明していきたいと思います。

 

銀行カードローンでよく聞く「保証会社」、実態はどのような会社?

銀行カードローンでは、カードローンの申込審査や後に説明する保証業務について、銀行本体ではなく、大手消費者金融会社などが担当しています。
例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はアコム株式会社、三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンス会社などです。みなさん一度はCM等で耳にされたことのある消費者金融なのではないでしょうか。
これがいわゆる「保証会社」とよばれるもので、その本来の業務である消費者金融ビジネスや信販ビジネスで長年培ってきたノウハウを活かしながら、銀行の代わりに融資のリスク管理を行っているのです。銀行側としては、このリスク管理業務について、保証会社へ金利のうちの幾分かを保証料として支払う形となります。保証会社としても、この保証料を銀行から受け取ることにより、ビジネスが成り立っているということにもなります。

 

「保証会社」の業務って?

銀行カードローンにおける保証会社が主に行うのは、保証業務です。保証業務とは、主に銀行カードローンへの申込者に対する審査を行い、保証するかどうかを決定し、いわゆる保証人の代わりとなることをいいます。銀行カードローンは、原則、「保証会社による保証を受けることのできる方」が申し込みの条件となっており、この条件をクリアできない場合は、カードローンを利用することができないという仕組みになっています。
ところで、この「保証会社による保証」、一体どういったことを意味するのか、みなさんご存知でしょうか?
これは、「保証を受けた人が返済できなくなった場合に、代わりに全額を弁済する手続きを行うこと」を指しているのです。例えば、銀行カードローンで50万円の借り入れがあり、この返済が一定期間滞納されるとします。保証会社はここで、この50万円の返済の肩代わりをし、カードローン利用者の代わりに銀行に対して滞納された残金の一括返済を行います。
これが、「代位弁済」といわれているもので、この措置を保証会社に取られてしまうと、利用者にとっては不利な状況となってしまうのです。
まず、「代位弁済措置をとった」という情報が、全国銀行協会の運営している個人信用情報機関「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」に金融事故情報(いわゆるブラック情報)として、5年間はリストに残されてしまいます。そして、この情報が記録されている期間、新たなクレジットカードやローンの審査に通過することは難しくなります。
また、「代位弁済」を保証会社に行ってもらった後は、銀行カードローン利用者は銀行ではなく、保証会社への返済を行っていくのですが、この返済は原則、一括返済を求められるといわれています。
保証会社により、分割での返済の相談に乗ってくれるところもあるようですが、滞納分をまとめて支払わなければならなくなる分、より厳しい措置をとられる可能性があるということを念頭に入れておくほうがよさそうです。

 

 

8. メガバンクと地方銀行のカードローン、どちらがおすすめ?

銀行カードローンというと、大手メガバンクのカードローン商品をイメージしがちですが、実は、地方銀行も数多くのカードローン商品を提供しています。
どうしても広告の目立つメガバンクの商品に目が行きがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。メガバンクにはない地方銀行のメリットも探りつつ、よりおすすめなカードローンについて、検討してみたいと思います。

 

メガバンクと地方銀行のカードローン、その違いは?

メガバンクと地方銀行のカードローンには、どのような違いがあるのでしょうか?

 

審査・融資スピード

まず第一に挙げられるのが、審査や融資スピードの違いでしょう。
メガバンクのカードローンは、審査が早く、最短即日での融資が可能なものもあります。そして、このスピーディーさがメガバンクカードローン最大のメリットともいえるでしょう。
一方、地方銀行のカードローンの場合は、審査に2・3日~1週間ほどを要するものもあります。それに伴い、融資にも時間がかかるため、仮審査申し込みをしてから現金が手元に入るまで1週間から10日はみておく必要があるのです。

 

カードローンの申し込み方法

メガバンクのカードローンは、全国どこでも、対象の金融機関の本支店がある地域であれば、お申し込みが可能となっています。また、インターネットを利用した、来店不要の申し込み方法(Web完結申込)を採用しているところも多く、周囲に気づかれることなくお申し込みをすることもできます。
一方、地方銀行のカードローンは、あくまでもその地銀の本支店がある範囲に居住している方や勤務している方のみの申し込みだけを受け付ける形となります。そのため、条件に該当しない方は利用することができません。また、申し込み時に来店が必要な商品が多く、カードローンの申し込みをしているところにばったり知り合いと遭遇…ということもあり得るのです。

 

カードローンの利用方法

メガバンクのカードローンは、全国どこでも、対象の金融機関ATMの存在する場所であればそのまま利用OKです。そのため、転勤などで住所が移動しても、住所の変更手続きさえすれば、利用することができます。
地方銀行のカードローンは、対象のエリア外に出てしまうと、利用が提携金融機関・コンビニのATMからとなります。その際には、別途利用手数料がかかってしまう場合もあります。

 

審査の通りやすさ、その他の対応

地方銀行カードローンの場合、メガバンクと比較し、地域密着型で地元の方により融通をきかせた対応をしてくれるところも数多く有ります。
特に、地方銀行では、該当の銀行の口座を持っていたり、給与振込口座などに指定している場合などは、カードローンの審査により通りやすいといった話もあるようです。これは、金融機関ですでに申込者の情報をある程度把握しているということもあります。
また、地元で名のしれた有名企業などに勤めている場合も、審査の際、優遇措置があることもありますので、地方銀行で融資を受けたい場合は、これが有利に働きます。

 

メガバンクと地方銀行のカードローン、どちらを選ぶ?

それでは、メガバンクと地方銀行のカードローン、どちらを選ぶのがよいのでしょうか?そのポイントとしては、次のようなことが挙げられます。

 

ポイント1:早めの融資を希望しているかどうか

早めの融資を希望している場合は、審査や融資スピードでメリットのある、メガバンクのカードローンを選ぶと良いでしょう。全体的に地方銀行カードローンは、審査・融資に時間がかかる傾向にあります。
ただし、最近は地方銀行でもスピードに力を入れている商品(「横浜銀行カードローン」や「千葉銀行カードローン」など)もありますので、このような商品の利用も検討してみるとよいかもしれません。

 

ポイント2:周囲に申し込みが知られたくないかどうか

周囲にカードローンの申し込みが知られたくない場合は、来店不要で契約までOKな金融機関も多いメガバンクのカードローンがおすすめです。
地方銀行のカードローンにもそのような商品が無いわけではないのですが、やはりまだまだ契約時に来店が必要な店舗も多く、カードローン申し込み時に周囲に申し込みを見られてしまう可能性も多いといえます。

 

ポイント3:広範囲のエリアで利用を考えているかどうか

日本全国どこでも利用できるほうが良い、など広範囲のエリアでの利用を考えている場合は、全国に本支店のあるメガバンクのカードローンがおすすめです。地方銀行カードローンの場合は、営業エリア外の場所で利用する場合、提携金融機関やコンビニのATMで利用しなければならないものもあります。その場合、別途手数料が必要となってしまうため、広範囲のエリアで利用したい場合は、メガバンク系カードローンのほうがより利便性も高いといえるでしょう。

 

ポイント4:審査に通過しやすいローンを希望するかどうか

地方銀行では、該当の銀行の口座を持っていたり、給与振込口座などに指定している場合、より審査に通過しやすくなる傾向があります。それは先程も述べた通り、地方銀行のほうでも申込者本人の情報を把握しているためでもあります。
そういった意味では、今まで付き合いのなかったメガバンクでのカードローンを申し込むより、すでに付き合いのある地方銀行カードローンの利用を検討するほうが、よりスムーズな利用につながります。

※ なお上記ローンのほかにも、初めてカードローンでおまとめをされる方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用がオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

プロミスを申し込んだことのある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■J.Score 日本初のAIスコア・レンディング

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 07/20 01:22
    無料診断がされました。
  • 07/19 23:39
    無料診断がされました。
  • 07/19 23:04
    無料診断がされました。
  • 07/19 22:54
    無料診断がされました。
  • 07/19 21:14
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(37件)

1 2 3 4 5 8

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全448件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる