閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

エスワイシーのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

エスワイシー(正式名称:株式会社エスワイシー)は、年間9,500件もの申し込み件数を誇る事業者ローン専門の金融機関です。大口融資を希望される経営者の方には、迅速な融資スピードと担保・保証品不要のビジネスローンを提供する事業者として、非常に高い評価を受けてきました。

エスワイシーのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

参考リンク①:株式会社エスワイシー(公式サイト)

参考リンク②:エスワイシービジネスローン(資金調達プロ)

 

また、ビジネスローンの他、各種担保ローンサービス・手形割引サービスなど多くの事業者向けサービスを取り扱っており、企業向け融資におけるスペシャリストとしての地位を確固たるものとしています。

 

本記事では、株式会社エスワイシーの「ビジネスローン」の特徴ほか、そのメリットやデメリット、申し込みの方法などについて解説していきます。なおビジネスローン(事業融資)については、以下の記事も参考になります。本テーマと合わせて参考にしてください。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

目次

▊ エスワイシー・ビジネスローンとは?

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、「アイフルビジネスファイナンス」や「オリックスVIPローンカードBUSINESS」と同様、経営者の方の間でも非常に評価の高いビジネスローンとなっています。担保不要・最短2日での融資・資金使途は自由といった他社のビジネスローンにはないメリットも多く、事業のためにまとまった資金を必要としている経営者の方には、ぜひオススメしたいビジネスローンといえるでしょう。

 

それではここで、エスワイシー「ビジネスローン」の内容を簡単に説明しておきましょう。

 

エスワイシー「ビジネスローン」の内容

融資対象者法人の方 ※ 年商5,000万円以上
融資額300万円から、最高1億円まで
契約利率7.50%~15.00% ※ 融資額に応じて金利優遇あり
遅延損害金20.0%
担保・保証人原則不要(※ ただし、代表者が連帯保証人となる)。
返済方式一括または分割返済(元金均等払い)
返済期間・回数1ヶ月~3年/1回~36回
必要書類代表者本人の確認書類・決算報告書の一部(損益計算書、売掛金・買掛金内訳書)など

参考リンク:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

《エスワイシー独自のサービス》

① 融資の活用術についてアドバイスを行う

② ビジネスローンに関する相談・融資のシミュレーション・返済プランの提案を行う

③  他社からの借り換え・乗り換えについて返済負担を減らすプランを立ててくれる

④ 赤字決済・他社で断られた場合の相談、融資可決に向けたアドバイス

⑤ 融資が難しい場合、売掛金担保融資など、さまざまな方法を考えてくれる

 

※ 契約時の「印紙代」は実費(200円〜2,000円程度)となります。

 

▊ エスワイシービジネスローンの貸し付け条件

 

エスワイシービジネスローンの貸し付け条件をまとめておきます。

 

エスワイシーの貸し付け条件① 法人格を有していること

 

エスワイシーのビジネスローンには「貸付条件」は法人で、年商5,000万円以上の条件をクリアしなければ融資を受けることができません。

 

エスワイシーの貸し付け条件② 原則、保証人や担保は不要

 

申込の際には第三者による保証や不動産担保も必要なく、必要な事業融資を借り入れることが可能です。

 

エスワイシーの貸し付け条件③ 決算書と印紙代が必要

 

入会金や年会費等は必要ありませんが、契約時には決算報告書の1部に印紙代(契約時締結費用)が発生します。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

エスワイシーの貸し付け条件④ 融資枠は最高1億円までカバー

 

300万円から最高1億円まで借り入れることができます。実質年率は、7.5%から上限は15%です。エスワイシーの金利は、利用できる融資の額によって変動します。

 

また(エスワイシーの)大型ビジネスローンですが、こちらの貸付条件は「さらに細かな貸付条件」が設定されています。融資の対象となるのは法人で、年商2億円以上なければ融資が受けられません。原則、保証人や担保は必要ありませんが、決算報告書を提出する必要があります。そのかわりに融資の金額は非常に大きく、最小2,000万円から最高1億円までの融資に対応しています。

 

エスワイシーの貸し付け条件⑤ 最低金利7.5%と、低金利で融資が受けられる

 

金利は7.5%から、上限金利は15%です。実質年率は融資額に応じて優遇が行われます。

 

エスワイシーの貸し付け条件⑥ 最短2日で融資OK!スピーディーに資金調達できる

 

エスワイシービジネスローンは、最短2日で融資を実施してくれるため、まとまった事業資金や運転資金の借り入れに便利です。

 

参考:エスワイシービジネスローン(資金調達プロ)

 

▊ 株式会社エスワイシーとは?

 

株式会社エスワイシーは、主に事業主専用のローンを商品を提供する金融機関です。銀行など、他の金融機関で融資を断られてしまった事業者の方にも積極的な融資を行っていることでも知られており、経営者の方の間では非常に評価の高い企業となっています。エスワイシー側で公表している年間申込件数9,500件(平成26年分)を見るだけでも、この評価の裏付けを感じ取ることができるのではないでしょうか。

 

株式会社エスワイシーの企業概要

社名株式会社エスワイシー
所在地〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3丁目22番地 神田SKビル6F
代表取締役諏訪一行
TEL03-3861-1103
フリーダイヤル0120-360-666
FAX03-3861-3332
資本金5,000万円
取引銀行三菱東京UFJ銀行
事業内容企業向けローンサービス業
監査役諏訪治代
登録番号東京都知事(3)第31281号
当社が契約する
貸金業務にかかる
指定紛争解決機関
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル2F
TEL 03-5739-3861
加盟団体日本貸金業協会会員第005594号

参考:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

エスワイシーが高評価を受けている理由としては、「依頼者の条件にぴったりあったプランを提供できること」「取引前にその内容を事前に確認できること」「ビジネスローン・事業資金専用ローンにおいて10年以上のキャリアを積んだベテランスタッフが担当すること」「バックに複数の有力スポンサーがいること」などが挙げられます。

 

参考リンク:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

そのため、事業資金の資金繰りに悩む経営者の方にはぜひ利用を検討していただきたい金融機関といえるでしょう。また、エスワイシーの提供するローン商品は、担保不要・スピーディーな審査や融資・用途は自由など、メリットも多くなっています。初めて事業者ローンを利用する、という経営者の方も安心できる、というのも大きなポイントです。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンのメリット

 

エスワイシー「ビジネスローン」のメリットは、次の通りです。

 

エスワイシー「ビジネスローン」のメリット

① 電話やメール、FAXのみでお申込OK!来店不要で申し込み手続きが完結

② 担保や連帯保証人なしで借入が可能

③ 最短2日でのスピード融資

④ 資金使途は自由

⑤ 金融機関で条件変更を行っていても借入OK

⑥ 税金・社会保険料の滞納の滞納や赤字決済にも対応

 

①〜⑥の内容について、以下で詳しく説明します。

 

エスワイシービジネスローンのメリット① 電話やメール、FAXのみでお申込OK!来店不要で申し込み手続きが完結

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、電話やメール、FAX等で申し込みが可能です。その後の審査や契約までは来店の必要がありません。そのため、店舗への来店時間が取りづらい、忙しい経営者の方にもぴったりです。

 

エスワイシービジネスローンのメリット② 担保や連帯保証人なしで借入が可能

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、不動産などの担保や第三者の連帯保証人なしで借入が可能です。そのため、別途担保などを準備した時にかかる審査期間が不要となり、スピーディーな融資が期待できます。

 

エスワイシービジネスローンのメリット③ 最短2日でのスピード融資

 

他事業者では通常5日ほど必要となる融資期間ですが、エスワイシー「ビジネスローン」の場合は、たとえまとまった資金であっても最短2日で融資が可能です。そのため、急ぎでまとまった資金調達を希望する経営者の方にもオススメです。

 

エスワイシービジネスローンのメリット④ 資金使途は自由

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、あくまでも事業資金の範囲内であれば資金使途は自由な商品となっています。運転資金や事業拡大のための資金・一時的なつなぎ資金など、会社の経営状況にあわせて様々な用途に利用することができます。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

エスワイシービジネスローンのメリット⑤ 金融機関で条件変更を行っていても借入OK

 

銀行などの金融機関で借入をした場合、借入期間中に条件変更を行っている場合は、完済されるまで新たな融資を受けることはできません。またこのような場合、他の金融機関でも融資が難しくなりますので、会社の資金繰りが厳しくなることも考えられます。エスワイシーの「ビジネスローン」では、そのような状況でも融資を受けることができますので、会社経営のピンチにも十分に対応することが可能です。

 

エスワイシービジネスローンのメリット⑥ 税金・社会保険料の滞納の滞納や赤字決済にも対応

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、税金・社会保険料の滞納がある場合でも、借入が可能です。また、赤字決済がある場合も、それまでの実績や現在の事業の可能性を考慮に入れた上で審査が行われますので、安心して相談することができます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンのデメリット

 

それでは、エスワイシー「ビジネスローン」のデメリットについても、ここで確認をしておきましょう。エスワイシー「ビジネスローン」のデメリットは、次のとおりです。

 

エスワイシー「ビジネスローン」のデメリット

① 年商5,000万円以上の法人の方のみが利用可能

② 積極的なPR活動を行っていないため、他事業者と比較して情報が少ない

 

①、②の内容について、以下で詳しく説明します。

 

エスワイシービジネスローンのデメリット① 年商5,000万円以上の法人の方のみが利用可能

 

エスワイシーの「ビジネスローン」は、年商5,000万円以上の法人の方のみが利用可能な商品です。そのため、この売上額をクリアしていない法人の方が申し込むことはできません。

また、個人事業主やフリーランスの方も利用することができませんので、注意が必要です。

 

エスワイシービジネスローンのデメリット② 積極的なPR活動を行っていないため、他事業者と比較して情報が少ない

 

エスワイシーは、積極的なPR活動を行っていないため、インターネット上での口コミ情報などは、他の事業者に比べて少なめとなっています。そのため、「直接エスワイシーの企業ホームページを確認する」、「直接エスワイシーに電話などで問合せをする」といった方法で情報を手に入れる必要があります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンはこんな人におすすめ

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、どのような人にぴったりの商品なのでしょうか。ここで確認をしておきましょう。エスワイシー「ビジネスローン」は、こんな人におすすめの商品です。

 

① 年商5,000万円以上の法人

② 来店不要で融資を受けたい経営者の方

③ 大型の融資をスピーディーに受けたい経営者の方

④ ビジネスローン専門の金融機関をお探しの方

⑤ 担保や第三者保証人なしで借入したい方

 

①〜⑤の内容について、以下で詳しく説明します。

 

エスワイシー・ビジネスローンがおすすめできる人① 年商5,000万円以上の法人

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、年商5,000万円以上の法人の方向けのローン商品です。個人事業主の方やフリーランスの方、年商の基準を満たさない法人はご利用になれませんので、注意が必要です。

 

エスワイシー・ビジネスローンがおすすめできる人② 来店不要で融資を受けたい経営者の方

 

電話やメール・FAXの利用で、ローンの申し込みから審査・融資までが完結。そのため、常に時間に追われがちな忙しい経営者の方にはぴったりです。

 

エスワイシー・ビジネスローンがおすすめできる人③ 大型の融資をスピーディーに受けたい経営者の方

 

エスワイシーの「ビジネスローン」であれば、最大1億円までのまとまった融資を最短2日で受けることができます。同業他社の場合、最短5日からの融資となっているところが多く、急ぎで資金調達を行いたいという経営者の方にはぜひおすすめしたい商品となっています。

 

エスワイシー・ビジネスローンがおすすめできる人④ ビジネスローン専門の金融機関をお探しの方

 

エスワイシーは、ビジネスローンに特化した専門も金融機関です。中には、10年以上ビジネスローンに関わってきたスタッフもおり、安心して事業資金の資金調達を相談することができます。また、返済プランの提案なども積極的に行っていますので、利用についての不安のある方はぜひ一度問合せてみると良いでしょう。

 

エスワイシー・ビジネスローンがおすすめできる人⑤ 担保や第三者保証人なしで借入したい方

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、担保や第三者保証人が不要です。保証人が必要となる場合は、代表者の方が保証人として設定されますので、煩わしさもありません。また、担保の審査に時間がかかるということもなく、少しでも早めの融資を受けたい、という場合にもぴったりです。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの金利

 

7.50%~15.00%(実質年率)

 

エスワイシー「ビジネスローン」の金利は、ビジネスローンを提供する他事業者と比較しても低金利となっています。一般的に、他社の担保なしビジネスローンでは下限金利を8%から、上限金利を18%までと設定している商品が多く、これだけでもエスワイシーの「ビジネスローン」が低金利な商品となっていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。また、こちらの商品は、融資金額による金利優遇制度も用意されています。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの限度額

 

300万円から、最高1億円まで

 

エスワイシー「ビジネスローン」の限度額は、最高1億円までとなっており、他事業者と比較してもゆとりある融資額となっています。

1,000万円ほどを最大限度額としている事業者も多い中、「担保・保証人原則不要」でここまでの大型融資を受けられるエスワイシー「ビジネスローン」は、ぜひオススメしたい商品となっています。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの申込方法

 

エスワイシー「ビジネスローン」の申込方法は次の4つがあります。

 

① インターネットによる申込

② 電話による申込

③ FAXによる申込

④ 来店による申込

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

エスワイシー・ビジネスローンの申込方法① インターネット

 

エスワイシーホームページから24時間365日受付を行っていますので、大変便利です。ホームページ上の申込みフォームに必要事項を入力し、送信後、担当者より連絡がありますのでお待ち下さい。

 

エスワイシー・ビジネスローンの申込方法② 電話

 

フリーダイヤル0120-360-6666(平日9:30~18:30)にて申込を受付けています。スタッフと直接相談しながら融資について検討したいという方はこちらの利用もおすすめです。

 

エスワイシー・ビジネスローンの申込方法③ FAX

 

03-3861ー3332にて、インターネットによる申込と同様、24時間365日申込を受付けています。インターネットが利用できない方や日中忙しい経営者の方にはこちらもおすすめです。

 

エスワイシー・ビジネスローンの申込方法④ 来店申込

 

直接スタッフと相談しながら融資を検討したい、という方には来店による申込もおすすめしています。来店申込のメリットとしては、経験豊富なスタッフにより直接条件に沿った提案を受けることができるという点でしょう。なお、店舗は、エスワイシー本店(東京都千代田区)のみとなりますので、お近くに居住されている方であれば無理なく相談が可能です。来店の際は、あらかじめ電話にて予約をしておくと、スムーズな手続きにつながります。

 

参考:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの申込の流れ

 

エスワイシー「ビジネスローン」の申込の流れは次の通りとなっています。申込方法には、インターネット・電話・FAX・来店の4つの方法が用意されていますが、ここでは最もスピーディーに手続きができるインターネットによる申込を例にとって説明します。

 

エスワイシー「ビジネスローン」申込の流れ

 

① エスワイシー「ビジネスローン」ホームページより、申込フォームにアクセスし、必要事項を入力

② エスワイシーの担当者から、確認の連絡(申込フォームに記載した希望の連絡方法による)

③ 融資の審査

④ 審査通過後、必要書類をエスワイシーに送付

⑤ 融資の実施(最短2日)

 

※この間、原則来店不要(ただし、審査の状況によっては、担当者より来店を求められる場合も有り)

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、このように店舗への来店なしに事業融資を受けられますので、なかなか店舗に出向くことのできない忙しい経営者の方にとってはうってつけの商品といえるでしょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの担保と保証人

 

原則担保・(第三者)保証人ともに不要

エスワイシー「ビジネスローン」は、原則、担保・(第三者)保証人ともに不要な商品です。そのため、審査前に担保や保証人を準備する煩わしさがありません。ただし、利用にあたっては申込をされる代表者本人の方が保証人となる必要がありますので、あらかじめご承知おきください。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの融資スピード

 

最短2日

エスワイシー「ビジネスローン」は、最短2日での融資が可能となっています。融資の審査結果は電話にて、回答を受けることができますので、店舗に出向く必要もありません。他事業者で提供するビジネスローンの融資スピードが平均5日ほどと言われている中、エスワイシー「ビジネスローン」のスピーディーな融資は、資金繰りに悩む経営者の方にとって救世主的なものといえるでしょう。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの借入方法

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、指定口座への振込融資による借入となります。そのため、借入にあたって店舗に足をは運ぶ必要がなく、忙しい経営者の方にもぴったりのビジネスローンといえるでしょう。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの返済方式

 

エスワイシー「ビジネスローン」の返済方式には、次の2つが用意されています。

 

① 元金一括返済

② 元金均等返済

 

返済方式は、契約の際にエスワイシーの担当者と相談の上、決定します。返済が滞ることの無いよう、経営者の方自身が、無理のない返済プランを立てることが大切です。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの返済期間

 

1ヶ月~3年(1回~36回)まで

特に大型の借入をした場合は、上記期間内に返済が完了するよう、月々の返済額の設定を行いましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの遅延損害金

 

年20.0%

エスワイシー「ビジネスローン」は、万が一返済期日に遅れると、年利20.0%の遅延損害金を請求されます。また、返済が遅れることにより、他事業者のローンを利用したいという場合に、借入が難しくなる場合もあります。利用の際には、期日に遅れないよう、十分に注意しましょう。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの必要書類

 

エスワイシー「ビジネスローン」を利用するにあたっては、次のような書類が必要となります。

 

① 代表者の本人確認書類

② 決算報告書の一部

 

「① 代表者の本人確認書類」には、運転免許証や保険証・パスポートなど、一般的に身分証明書を呼ばれるものを準備しておくとよいでしょう。

「② 決算報告書の一部」には、損益計算書、売掛金・買掛金内訳書などを準備しておく必要があります。

た、この他に、審査状況によっては追加書類の提出を求められる場合もあります。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの保証会社

 

エスワイシー「ビジネスローン」の保証を行うのは、株式会社エスワイシーとなります。

なお、利用にあたっては、「第三者の保証人は不要」ですが、代表者の方自身が保証人となる必要があります。万が一、返済が滞った場合は、代表者の方自身が返済義務を負うことになります。

 

▊ 株式会社エスワイシーの店舗

 

株式会社エスワイシーの店舗は、東京都にある1店舗のみとなります。ローン申込・契約時は、原則、店舗に出向く必要はありませんが、エスワイシー側から要請があった場合は、店舗に出向いた上で手続きを行う必要があります。また、融資の対象は全国の法人となっていますが、店舗に出向いてスタッフと直接相談したいとお考えの場合には、東京近郊で事業を行われている方のほうが有利であるといえます。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンで利用可能なATM

 

エスワイシー「ビジネスローン」は、一般的なカードローンのように提携している金融期間ATMなどは公表されていません。そのため、利用可能なATMというものもありません。返済の際は、指定の口座へ直接入金することになりますので、契約の際にしっかりと確認をしておきましょう。

 

▊ エスワイシー・ビジネスローンの審査難易度

 

エスワイシー「ビジネスローン」の審査は、「年収5,000万円以上の法人」という条件さえクリアすれば、比較的やさしいといえるでしょう。その理由として、エスワイシー「ビジネスローン」が他事業者のビジネスローンと異なり、次の4点において柔軟な対応を実施してくれるためでもあります。

 

① 金融機関で条件変更を行っていても融資可能

② 赤字決済でも融資の相談が可能

③ 税金・社会保険料の滞納があっても融資対応OK

④ 返済途中でも追加融資が可能

 

「他事業者で融資を断られてしまった…」「融資にあたって不安な点も多い…」そのようにお考えの経営者の方は、ぜひ一度、エスワイシー「ビジネスローン」の利用を検討ください。

 

▊ 株式会社エスワイシー|その他サービス

 

ここまで、株式会社エスワイシーの「ビジネスローン」について、説明を行ってきましたが、最後に株式会社エスワイシーのその他サービスについても確認をしておきましょう。

 

株式会社エスワイシーのその他サービス

① 大型ビジネスローン年商2億円以上の法人が対象となるビジネスローン。融資額は2,000万円~1億円まで。金利は年7.5%~15.0%。エスワイシー「ビジネスローン」と同様、担保や第三者保証人が不要で、最短2日での融資が可能。
② 売掛金担保/債権担保ローン 年商5,000万円以上の法人の方が対象となる、売掛金を担保に融資を行うローン。融資額は300万円~1億円まで。金利は、年7.5%~15.0%。担保や第三者保証は不要。
③ 診療・調剤報酬担保ローン 法人の医療機関や調剤薬局の方が対象。融資額は300万円~1億円まで(最大融資額は、診療・調剤報酬の3ヶ月分まで)。金利は、年7.5%~15.0%。担保や第三者保証は不要。
④ 介護報酬担保ローン 法人の介護施設の方が対象。融資額は300万円~1億円まで(最大融資額は、診療・調剤報酬の3ヶ月分まで)。金利は、年7.5%~15.0%。担保や第三者保証は不要。
⑤ 不動産担保ローン法人の方が対象となる、不動産を担保に融資を行うローン。融資額は300万円~1億円まで。金利は、年7.5%~15.0%。担保として、不動産が必要。

 

その他、各種割引サービスとして、「手形割引サービス」「手形割引サービス」なども用意されています。これらの割引サービスは、他社と比較して割引率が良いことでも知られており、最短15分審査・現金化まで90分とスピーディーさも魅力の一つとなっています。

 

参考:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ ビジネスローンの理解に役立つ用語集

 

ビジネスローンの理解に役立つ用語をまとめてみました。分からない用語があれば、確認しましょう!

 

ビジネスローンの理解に役立つ用語集

用語意味
一括返済一括返済(いっかつへんさい)とは、ローンの借入やクレジットを分割ではなく、ひとまとめにして返済することを意味します。。クレジットカードやキャッシングなどのリボ払い、分割払いの支払いにおいて、余裕のある時に利用残高をまとめて支払うことを指したり、住宅ローンなどにおいて、まとまった資金で繰上返済すること。このほか、残存する債務の全てを一括で返済することや、一回払いによる返済も一括返済に含まれます。
違約金違約金(いやくきん)とは、債務の不履行があった場合に支払うことを、債務者が債権者にあらかじめ約束した金銭を指します。例えば、相手方に対して支払うと約束していたにも関わらず、建築請負契約や不動産売買契約の際に取り決めた内容に違反した場合に違約金が発生します。
売掛金担保ローン売掛金担保ローン(うりかけさいけんたんぽろーん)とは、企業の通常の営業活動などによって、商品やサービスを顧客に販売したものの、まだ受け取っていない代金を請求できる権利のこと指します。売掛債権は企業の資産の一つで、売掛金や受取手形も売掛債権に含まれます。なお、売掛債権とは契約により商品の供給、役務の提供等の債務を履行し、取引先への代金を請求する権利も含み、別名を売上債権や営業債権と言います。
運転資金運転資金(うんてんしきん)とは、経営で必要な資金のこと。具体的には商品の仕入や、経費の支払い、買掛金・支払手形の決済に必要な資金を指します。
延滞延滞(えんたい)は、ローンや借入の返済期限までに返済が完結せず、支払いが滞っている状態を指します。具体的には、契約時に指定した金融機関口座から返済額が引き落としできない状態を「延滞」または「遅延」と呼んでおり、長期の遅延は信用情報を損なう(傷付ける)ことにも繋がります。
元利均等返済元利均等返済(がんりきんとうへんさい)とは、住宅ローンや奨学金(学資ローン)などに見られる返済方式のこと。別名を元利均等方式や、元利均等返済方式とも呼んでいます。
期限の利益期限の利益(きげんのりえき)とは、期限が定められていることで、債務者が受ける利益のこと。具体的には、期限が付されていることによって、期限到来までの期間、債務者や契約者が債務の弁済などの義務や履行を免れることで「受ける利益」を意味します。通常、借金の返済期限が設定されている場合に、債務者は(期限が到来するまで)返済する義務はなく、返済を求められることもありません。
金融機関金融取引に関する業務を営む組織を指し、一般的には銀行、保険会社、証券会社、ノンバンクなどを指します。なお、国内の金融機関には日本銀行、政府系金融機関、都市銀行、地方銀行、信託銀行の一般銀行をはじめ、ノンバンク、中小企業金融機関(信用金庫、信用組合)、農林水産金融機関(農業協同組合、漁業協同組合)、証券会社、保険会社 (生命保険会社、損害保険会社など)などがあります。
銀行系ファイナンス会社銀行系ファイナンス会社とは、銀行と大手専業会社(信販会社も含む)が合弁した「金融業者」のこと。時期としては、2000年(平成12年)頃から2002年(平成14年)の間に設立されており、一般的には消費者金融(しょうひしゃきんゆう)の名で知られています。
債務者債務者(さいむしゃ)とは、お金を貸す側に対し給付義務をもつ人を指します。お金の貸し借りの関係では、お金を借りて返済する義務を負った人を債務者と呼んでいます。
資金繰り資金繰り(しきんぐり)とは、予定される支払いと代金回収のタイミングまでに、資金を調達し、支払い業務を円滑に行うことを意味します。資金が不足する場合には借入れなどによって資金不足を補いますが、ここでの資金とは現金、預金、有価証券のことで、すぐに現金できない定期預金や有価証券などの資産は含みません。
資金調達資金調達(しきんちょうたつ)は、必要な資金(例:事業資金、運転資金、生計費)などを工面すること。
事業資金事業資金(じぎょうしきん)とは、事業を営むのに必要な資金のこと。具体的には起業資金、運転資金、設備投資費用などを総じて、事業資金と呼んでいます。
商工ローン商工ローン(しょうこうろーん)は、ノンバンクが中小零細企業に対して行なう融資形態の一つで、担保をとりつつ連帯保証人も付けるという貸借契約を指します。
代位弁済代位弁済(だいいべんさい)とは、債務者に変わって債務を弁済することを意味します。
担保担保(たんぽ)とは、債務不履行に備え、債務者によって用意されるものを指します(例:土地、建物など)。
遅延損害金遅延損害金(ちえんそんがいきん)とは、当初支払うはずだった返済が遅延(延滞)した場合に支払う損害金のこと。
つなぎ融資つなぎ融資(つなぎゆうし)とは、借入までの期間を埋めるための融資を指します。例:住宅ローンのつなぎ融資など
抵当権抵当権(ていとうけん)とは、特定の債権を保全するための担保権(たんぽけん)を指します。
手形貸付手形貸付(てがたかしつけ)とは、手形を担保として融資を受ける方法を差します。
任意売却任意売却(にんいばいきゃく)とは、債務返済ができない場合、担保物件の処分を債権者と債務者で話し合い、競売など、強制的方法に頼らず任意売却することを指します。
根抵当権根抵当権(ねていとうけん)とは、抵当権の一種で、特定の債権を担保する抵当権とは区別されています。ここでは限度額を定め、一定範囲にある複数の債権を担保とし、同種の取引を繰り返しする金融機関と顧客間では多く用いられています。
根保証根保証(ねほしょう)とは、継続的な取引関係によって生じた不特定、かつ多数の債務のためにする保証のことを指します。
ノンバンクノンバンクとは融資専門の事業者や企業を指し、消費者金融会社・信販会社・リース会社・クレジットカード会社・住宅金融専門会社などを総じて「ノンバンク」と呼んでいます。ノンバンクでは、預金等の銀行業務を行わず、銀行融資や銀行借入と区別し「ノンバンク」と呼ぶようになりました。
ノンリコースローンノンリコースローンは、ローン返済ができなくなった時でも、担保になっている資産以外に債権の取り立てが及ばない非遡及型融資を指します。
ビジネスローンビジネスローンは別名を事業融資と呼んでいます。事業性のある目的で資金を借り入れることを指します。
ファイナンスファイナンスとは、会社が事業のために資金を調達すること。具体的にはエクイティファイナンス(株式を発行するなど直接金融によって資金を調達するもの)とデットファイナンス(銀行から融資を受けたり債権を発行したりすること)の二種類があります。
法定利息・法定利率法定利息・法定利率(ほうていりそく・ほうていりりつ)とは、法律上の規定に基づいて生じる利息のこと。
保証人保証人(ほしょうにん)は、債務者が債務を履行しない場合に、履行の責任を負う者を指します。ただし、保証人には「催告の抗弁権」 「検索の抗弁権」 「分別の利益」の権利が認められています。
保証料保証料(ほしょうりょう)は、金融機関が、債務者に対して信用保証会社に保証させる際、発生する手数料を指します(※ この場合の保証料は、債務者が負担する)。
みなし利息みなし利息(みなしりそく)とは、利息制限法の上限を超える金利において、契約書面や受取証書が交付されている場合「合法」とみなされる例外規定のこと。
未払い利息未払い利息(みばらいりそく)とは、変動金利型ローンで金利が上昇した歳、返済額を上回り未払いとなった利息を指します。
民事再生民事再生(みんじさいせい)とは、民事再生法に基づいた会社や個人を対象とした、再建型の倒産手続きを指します。
メディカルローンメディカルローンとは、医療関係の設備投資、運転資金を融資するためのローンです。
無担保無担保(むたんぽ)とは、担保不要な融資商品のことを指します。
約定金利・約定利率当事者の契約によって定められる金利(利率)のこと。
有価証券担保有価証券担保(ゆうかさいけんたんぽ)とは、株式・社債・金融債・投信信託など。財産権を表象するもので、そこに記載された権利の行使や移転がその証券によって実行されるものを指します。また有価証券を担保にした融資を「証券担保ローン」や「有価証券担保貸付」と呼んでいます。
与信与信(よしん)とは、相手の返済能力を信用して金銭やもの(例:リース)を貸与することを指します。
与信限度額・与信枠与信限度額・与信枠(よしんげんどがく・よしんわく)とは、融資などの限度額を指しており、別名を「与信枠」や「貸出限度額」とも呼びます。通常信用取引(カードローン、クレジットカード、その他融資)では、融資先や取引先の信用力の度合いに応じて融資の限度枠や利用可能額が決定されます。
リスクリスクとは損失が生じることや、将来の結果の不確実さを意味します(例:返済のリスク、元本割れのリスク)。例えば、資産運用においては、利益を得るか損失を出すか不確実さを「リスク」と呼んでいます。また債務者が「返済できるかどうか」不確実な場合は、「貸し倒れのリスク」や「債務リスク」などの危険が生じます。
リスケジュールリスケジュールとは、融資の返済が難しいとき、金融機関や銀行に対して借入条件更新(例:支払いを伸ばす、支払い予定日を延期する)をお願いすることを意味します。
利息利息(りそく)は、貸借した金銭に対して、一定の利率で支払われる対価を指します。
連帯保証人連帯保証人(れんたいほしょうにん)は、債務者(さいむしゃ)と連帯して債務を負担する者を指します。通常、連帯保証人(れんたいほしょうにん)には、「催告の抗弁権」 「検索の抗弁権」 「分別の利益」の権利が認められていません。このため、債権者は債務者に請求せずに、そのまま連帯保証人に請求できる仕組みです。
ローンローンには、カードローン、目的ローンなどの少額融資のほか、住宅ローンや、自動車ローンなど高額商品への貸し付るものがあります。ローンでは、購入したものの費用を分割で返済します。
和解和解(わかい)とは、別名を示談(じだん)と言います。具体的には、争いの当事者同士が譲歩し合い争いの停止を約束することを和解(または示談)と呼んでいます。裁判所でなされる和解は、調書に記載されると確定判決と同一の効力が生じます。
割増融資割増融資(わりましゆうし)とは基本条件で決まっている融資額に加えて、選択できる融資を指します。

 

 

参考:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

▊ 番外編|ビジネスローンのおすすめ記事15選

 

最後に番外編として、ビジネスローンの理解に役立つ記事を15本紹介しておきます。

 

 【2019年12月版】ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

アイフルビジネスファイナンス株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

【保存版】ネット銀行人気40行総まとめ!ビジネスローンが利用できる銀行

ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

【保存版】銀行ビジネスローン、今すぐ借りれる&低金利ローンを徹底比較!

信販会社ビジネスローン9社を「融資可能額」でおすすめ比較!

【最新】ビジネスローン人気5社を「使い勝手の良さ」で徹底比較!

共栄ファイナンスのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

湊屋商事のビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

エム・アール・エフのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

三鷹産業のビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

ワコーファイナンスのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

エスワイシーのビジネスローンとは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

 

▊ まとめ|エスワイシービジネスローンなら、資金繰りがスピーディーに改善できる!

 

今回は、「エスワイシー」の「ビジネスローン」をご紹介しました。「エスワイシー」の「ビジネスローン」は、「最短2日でのスピード融資」「来店不要で申し込み手続きが完結」「最大1億円までの大型融資が可能」とメリットも非常に多い商品であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

ビジネスローンの利用を検討している経営者の方は、「金融機関で条件変更」や「赤字決済がある場合」も柔軟な対応が可能な「エスワイシー」の「ビジネスローン」をぜひご検討ください。

 

参考リンク:株式会社エスワイシー(公式サイト)

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

新型コロナウイルス対策

【新型コロナ情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

その他

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

 

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/29 04:17
    無料診断がされました。
  • 09/29 04:14
    無料診断がされました。
  • 09/28 22:04
    無料診断がされました。
  • 09/28 22:03
    無料診断がされました。
  • 09/28 21:40
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

事業者ローンの関連記事(93件)

1 2 3 4 5 19

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,107件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる