閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

手形割引とは?手形割引を利用する3つのメリットと2つのデメリット

手形割引(てがたわりびき)とは『取引先から受け取った手形を現金化する方法』です。手形割引を利用すれば、資金ショートが回避できるほか、現金が素早く調達出来るので便利です。本記事では『手形割引を利用するメリットとデメリット』について解説します。

手形割引とは?手形割引を利用する3つのメリットと2つのデメリット

なお「おすすめの手形割引業者」については、以下の記事が参考になります。手形の処理でお困りの方や、資金不足が心配な経営者・個人事業主の方はチェックしてみてください。

 

関連記事①:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

関連記事②:【保存版】返済条件変更(リスケジュール)中に資金調達&融資を受ける方法3選!

 

その前に・・・手形割引は便利な方法ですが、手形で取引する限り「手形不渡」などのリスクは伴います。このため手形以外の方法で、より安全に資金調達されたい方には『ビジネスローン』の利用をオススメしています。

 

例えば、以下のローンであれば『ネット申込』で今すぐ審査してもらうことができ、来店の手間もありません。また、500万円程度の資金であれば「最短1日」で調達できるので安心です。お急ぎの場合は、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでみてください。手続きは「わずか10分」程度で終わるので、初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

▊ はじめに|手形割引(商業手形割引)とは?

 

手形割引(てがたわりびき)は、別名を「商業手形割引」と言います。

 

手形とは「決めた期日までに支払い」を約束した有価証券を指します。また手形割引とは「代金の代わりに受け取った」手形を期日前に現金化することを指します。

(中略)手形割引は銀行のほか、手形割引専門業者に依頼し「現金化すること」が可能です。また最近は、電子取引が広く導入されており、手続きは最短10分から最大でも60分以内と「取引のスピード化」がより進化し続けています。

出典:手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

 

手形を受け取った場合には「取引銀行を通じて換金する」のが一般的です。支払日までに一定の期間があっても、銀行は手形を預かり、支払期日になった時点で手形交換所に持ち出せるよう「期日の管理」を行います。

 

豊田雄平 公式サイト【Toyota Yuhei Official Website】より

 

銀行が、なぜ手形の管理を行うのか。それは「手形手数料を稼ぎたい」と考えるかあえです。手形取引の手数料は1,000円前後と(他の手続き手数料よりも)高く、各企業からまとまった手形を受け取れば(銀行にとって)大きな収益となります。

 

また受け取った手形が現金化されることで、各行の預金残高も引き上げられます。(銀行が)手形を一旦預かっておけば、万が一、債務者の返済が滞ってしまった場合でも「融資との相殺」に手形が活用できます。

 

手形と不渡りの問題

 

受け取った手形が不渡りを出した場合、割引を依頼した人が肩代わり返済を行う必要があります。一度現金化できたとしても肩代わり返済を行い、振出人や裏書人に対して、額面金額を請求するなど「取り立てに手間」が掛かります。

 

関連記事①:約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

関連記事②:約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

 

手形貸し付けとの違いは?

 

前項では「手形割引」について説明しましたが、手形貸付(てがたかしつけ)は、約束手形を担保として融資を受ける方法を指します。

 

手形貸し付けとの違いは?

 

ここで『手形割引と手形貸付の違い』を分かりやすくまとめておきます。

 

手形割引と手形貸付の違い

区分 内容
手形割引(てがたわりびき) 満期前の約束手形を第三者へ裏書譲渡し、換金すること。受け取れる額は、満期日までの利息に相当する額や手数料を差引いたものとなる。
手形貸付(てがたかしつけ) 代金の代わりに受け取った「約束手形」を使って融資を受けること。手形貸付のメリットは一般的な銀行貸し付けよりも審査が速く、スムーズに資金調達できる点にあり。

 

割引とは、約束手形を譲渡し「現金化」することです。一方の手形貸付は(金融機関が受け取った)約束手形に対して、手形金額に相当する額の貸付けをする仕組みを指しています。

 

なお、手形貸付のより詳しい役割や使い方については、以下の記事が参考になります。

 

関連記事:手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

 

※ 手形割引以外の方法で、より安全に資金を調達されたい方には『ファクタリングやビジネスローン』の利用がオススメです。また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても安心ですし、120%確実に資金ショートが回避する出来るので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 手形割引で、資金を調達するまでの流れ

 

手形割引で『資金を調達するまでの流れ』をまとめておきます。

 

手形割引で、資金を調達するまでの流れ(商工中金公式サイト)より

 

なお『手形割引で資金調達する方法』は以下の記事にて詳しく解説しているため、本記事では内容を省きます。

 

参考記事:手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

 

▊ 手形割引を利用する3つのメリット

 

手形割引を利用する3つのメリットは次の通りです。

 

手形割引を利用する3つのメリット
① 資金調達までのスピードが早い
② 支払期日が来ていない手形が現金化できる
③ 銀行融資が受けられ無い場合も利用可

 

①〜③の内容について、順に解説します。

 

① 資金調達までのスピードが早い

 

手形割引最大のメリットは『資金調達までのスピードが速い』ことです。手続きが早ければ、最短1日で資金調達ができるなど「資金ショートの回避」にふさわしい方法です。

 

② 支払期日が来ていない手形が現金化できる

 

手形の処理に困った場合も「手形割引」を利用すれば、今スグ必要な現金が手に入ります。

 

③ 銀行融資が受けられ無い場合も利用可

 

銀行融資が受けられ無い場合でも「手形割引」であれば、資金の調達が行えます( 銀行や金融機関から「融資が断られた」場合でも、手形割引が利用できる)。

 

※ なお、手形割引以外の方法で、より安全に資金を調達されたい方には『ファクタリングやビジネスローン』の利用がオススメです。

 

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても安心ですし、120%確実に資金ショートが回避する出来るので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 手形割引を利用する2つのデメリット

 

手形割引を利用する2つのデメリットを紹介します。

 

手形割引を利用する2つのデメリット
① 手形が不渡りになった場合、弁済が必要
② 弁済後はさらに資金繰りが悪化してしまう

 

①と②の内容について、見てみましょう。

 

① 手形が不渡りになった場合、弁済が必要

 

手形割引では(万が一)不渡りが出てしまうと、銀行や手形割引業者に対して弁済の義務が生じます。

 

② 弁済後はさらに資金繰りが悪化してしまう

 

①に続きますが、弁済を行った後には、これまで以上に資金繰りが悪化します。

 

手形割引を利用する2つのデメリット

 

このため①と②の問題を解決するには、弁済の必要が無いファクタリングなどの方法で資金調達をすると良いでしょう。手形割引とファクタリングの違いについては、次項で詳しく解説しましょう。

 

▊ 手形割引とファクタリングの違い

 

手形割引とファクタリングは「債権を現金にする」という点で非常に似ているのですが、両者には大きな違いがあります。

 

まず、手形割引は「融資の一種」として扱われます。これに対しファクタリングは「売掛金の信頼性」に重視を置いており、回収できる債権であれば「売掛金を買い取ってくれる」仕組みです。

 

手形割引とファクタリングを比較した場合、ファクタリングの方が手数料はやや高めです。ただし、万が一手形が不渡りになっても弁済の必要が無いのは、ファクタリング最大のメリットと言えます。

 

なお、ファクタリングで売掛債権を現金化する方法については、以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

※ ファクタリングなど「手形割引以外の方法」で、より安全に資金を調達されたい方には『ファクタリングやビジネスローン』の併用がオススメです。

 

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても安心ですし、120%確実に資金ショートが回避する出来るので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 番外編|手形割引で知っておきたい用語集

 

ここでは、手形割引を利用するにあたり「知っておきたい用語」についてまとめておきます。

 

手形割引で知っておきたい用語集

用語 内容
手形(てがた) 約束手形(受取手形)のこと。
手形割引(てがたわりびき) 受取手形を金融機関や手形割引業者に持ち込んで、現金を調達すること。
仕訳(しわけ) 経理において、取引を資産、負債、資本、費用、収益に分類し、決められた勘定科目を使い記録していく一連の流れを「仕訳」という。
会計(かいけい) 金銭や物品の出入りを管理すること、または代金を勘定したり、支払うことを指す。
手形割引業者(てがたわりびきぎょうしゃ) 支払期日までの利子や手数料を差し引きし、手形を買い取る業者のこと。
受取手形(うけとりてがた) 勘定科目の一つで、流動資産に区分される。手形を保有している場合には受取手形、そうでない場合には売掛金として仕訳を行う。
支払期日(しはらいきじつ) 約束手形の支払い期日(=締切日)のこと
科目(かもく) あるものを区分した一つのことで、会計では、複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いる表示金額の名目である「勘定科目」を指す。
簿記(ぼき) お金やものの出入りを記録するための方法を指し、会計学よりも会計における実務に近い部分を担当している(例:資産・負債・純資産の増減を管理、収益や費用の記録など)。
受取人(うけとりにん) 手形の振出人から手形を受け取る人を指す。
裏書(うらがき) 手形を他人に譲渡すること。
裏書人(うらがきにん) 手形を他人に譲渡する人を指す。
裏書の抹消(うらがきのまっしょう) 社名の入っている裏書き(=被裏書)については、抹消の上裏書人に変換する必要がある。
裏書禁止手形(うらがききんしてがた) 裏書譲渡ができない手形のこと。
裏書人の義務(うらがきにんのぎむ) 裏書人は、手形が不渡りになった場合も支払い義務を負う。また手形の所持人は裏書人に対して支払いの請求が行える。
為替手形(かわせてがた) 約束手形とは異なり、振出人は支払人に「支払いの委託」を行い、手形金が支払われる。
仮差押え(かりさしおさえ) 時間の経過とともに財産の散逸が懸念される場合、仮差押えによって債権の保全が行われる。
仮執行宣言(かりしっこうせんげん) 手形訴訟が行われ、原告が勝訴した場合に出される仮執行宣言のこと。仮執行宣言が出されると、ただちに強制執行が可能となる。
偽造手形(ぎぞうてがた) 他社になりすまして、偽の手形を作成し振り出すこと。
共同振出(きょうどうふりだし) 複数で手形を振り出すこと。
拒絶証書不要(きょぜつしょうしょふよう) 手形の裏書きにある文言のことで、この部分に拒絶証書がなければ(満期時)裏書人に支払いが請求できる。
公示催告(こうじさいこく) 手形が紛失や盗難に遭った場合、手形を無効とする「除権判決」を裁判所で行うが、除権判決を行うため「手形受取人は一定期間に届け出を行うよう」官報などに公告を行うこと。届け出がなければ「除権判決」を経て、手形は無効となる。
小切手(こぎって) 振出人の預貯金口座から券面に表示されている金額のこと。
先日付小切手(さきひづけこぎって) 将来の特定の日付を振出日とする手形のこと。
時効(じこう) 法律で定められた期間を経過して、権利が失効すること。手形請求の時効は、振出人の場合手形の満期日から3年。裏書人は手形の満期日より1年で時効となる。
支払人(しはらいにん) 引受人(=支払い義務がある)とも言う。振出人から指示を受けて、手形の「支払人」欄に署名を行うと支払人が「引受人」となる。
商業手形(しょうぎょうてがた) 商取引で振り出される手形のこと。
除権判決(じょけんはんけつ) 手形の紛失や盗難が起こった場合、裁判所で手形を無効にする手続きのこと。
白地手形(しらじてがた) 振出人の署名以外の部分が空欄になっている手形のこと。ただし、銀行で取り立てる際には、すべての欄が記入されている必要がある。
人的抗弁(じんてきこうべん) 契約不履行が起こった場合など、債務者が債権者に対して(手形の)支払いを拒否すること。
善意取得(ぜにしゅとく) 盗難や紛失の事実などを知らずに、裏書きした手形を取得し、手形の権利者になること。
線引小切手(せんびきこぎって) 表面に二本の線を引いた小切手のことで、線引き小切手を受け取った銀行は自行や自行の取引先でのみ小切手の支払いが行える。
支払猶予(しはらいゆうよ) 振出人が期日までに資金の準備ができない場合、裏書人の同意のもと手形の期日を変更したり、新たな期日で再度手形を振り出すこと。
遡求(そきゅう) 手形が不渡りになった歳、全ての裏書人に対して手形の請求を行うこと(=遡求権の行使)。
台風手形(たいふうてがた) 支払期日が長い手形のこと。台風の到来するサイクルが「210日」であることにちなんで名付けられた。
単名手形(たんめいてがた) 受取人が空欄になっている約束手形のこと。
手形訴訟(てがたそしょう) 手形を呈示しても支払いが行われない場合、振出人と裏書人に対して訴訟を行うこと(2〜3ヶ月で判決がでる)。強制執行が出来るため、取り立ての手段として有効。
手形用法(てがたようほう) 手形を振り出す際、手形要件で必要な記入・訂正の方法など「手形作成のルール」を指す。
統一手形用紙(とういつてがたようし) 金融機関で統一された、手形専用の用紙を指す。
当座貸越(とうざかしこし) 当座預金を開設すると、銀行は一定の金額まで「預金残高以上の立て替え」を行う。
当座預金(とうざよきん) 当座預金口座に預け入れた預金のこと。
取引停止処分(とりひきていししょぶん) 6ヶ月の間に2回不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けること。
被裏書人(ひうらがきにん) 手形を裏書人から譲り受ける人を指す。
引受人(ひきうけにん) 手形の支払人を指す。
振出地(ふりだしち) 手形を振り出した場所のこと。
振出人(ふりだしにん) 手形を交付する人物のこと。
振出日(ふりだしび) 振出人が手形を振り出した日のこと。
不渡り(ふわたり) 銀行が手形金の支払いを拒否した場合「不渡り」となる。
不渡事由(ふわたりじゆう) 不渡りになった理由のこと。0号不渡りは、手形の形式不備で不渡りが出ること。1号不渡りは、資金不足や取引がないことで不渡りが出ること。2号不渡りは、契約不履行や手形の紛失、盗難などの問題で振出人が支払いを拒絶した場合に起こる不渡りのこと。
不渡処分(ふわたりしょぶん) 6ヶ月のうち2回不渡りを出すと銀行取引ができなくなる(=銀行取引停止処分)。取引停止は実質的「倒産」となるので、不渡りを出さないようにする。ただし6ヶ月が経つと、前回の不渡りの効力は消滅となる。
不渡届(ふわたりとどけ) 手形が不渡りになった場合、支払銀行が手形交換所に対して「不渡り届け」を出すこと。
不渡付箋(ふわたりふせん) 不渡りが出た手形に「なぜ不渡りになったのか」理由を書いて付箋を付けること。
変造手形(へんぞうてがた) 正式な手形以外の変造(=振出人以外の人物によって期日や金額が書き換えられること)手形のこと。
補充権(ほじゅうけん) 手形の一部要件を空欄とし、後で権利が補充できる手形のこと(例:手形の受取人、振出日が空欄など)。
保証人(ほしょうにん) 手形の裏書きには、保証人(署名を行う)を付けることがあり、保証人は振出人と同じ責任を負う。
補箋(ほせん) 裏書人が多すぎてしまい、手形の裏書き欄に書き切れなくなった際、裏書き専用の紙(=補箋のこと)を貼って裏書きを書くことを指す。
回し手形(まわしてがた) 手形の所持人が裏書きを譲渡し、被裏書き人に回す手形のこと。
マル専手形(まるせんてがた) 高額な商品を分割で購入する際、分割支払い回数分の手形を振り出すこと(別名を回り手形と言う)。
融通手形(ゆうづうてがた) 資金を融通するために振り出す手形のこと

 

このほか、手形割引、売掛債権、ファクタリングで分からない用語があれば、直接銀行やファクタリング業者に問い合わせてみても良いでしょう。また銀行やファクタリング業者の公式サイトでも、売掛債権の取り扱い方法や手続きの方法について詳しく解説しています。

 

※ なお、手形割引以外の方法で、より安全に資金を調達されたい方には『ファクタリングやビジネスローン』の利用がオススメです。また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても安心ですし、120%確実に資金ショートが回避する出来るので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 手形割引業者&ファクタリング業者の正しい見つけ方

 

最後に、手形割引業者&ファクタリング業者の「正しい見つけ方」についてまとめておきます。

 

手形割引業者の探し方

 

手形割引で失敗しないためには、経営者の間で評価が高い業者を選ぶようにしましょう。以下の記事では、おすすめの手形割引業者を厳選して紹介しています。

参考記事:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

手形割引業者&ファクタリング業者の正しい見つけ方

 

ファクタリング業者の探し方

 

以下の記事では、人気の高いファクタリング業者だけをピックアップし、紹介しています。みなさんに合うファクタリング業者を探してみてください。

参考記事:ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説。安い優良会社選びと交渉の秘訣

 

▊ まとめ|資金繰り改善なら、手形割引よりもファクタリングがおすすめ

 

いかがでしたか? 今回は「手形割引」を中心に説明しましたが、資金繰りの改善であれば、手形割引よりも(リスクが少ない)ファクタリングの利用がおすすめです。

 

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても安心ですし、120%確実に資金ショートが回避する出来るので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と合わせて読みたい!オススメ記事

・ 【保存版】返済条件変更(リスケジュール)中に資金調達&融資を受ける方法3選!

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ リスケジュールで銀行返済をストップさせる5つのコツとメリット・デメリット

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/22 15:49
    無料診断がされました。
  • 06/22 15:45
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:58
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:53
    無料診断がされました。
  • 06/22 14:05
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(37件)

1 2 3 4 5 8

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全430件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる