閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

儲かる投資信託&株|お金を増やす3つのポイント!

利息が付かない今の時代、銀行預金(定期も含めて)だけでは資産を増やすのは不可能です。今持っている資産を増やすためには儲かる投資の方法を知り「お金を増やす」テクニックを身に付けることです。本記事では『投資信託と株』で、お金を増やす3つのポイントを紹介します!

なお以下の記事でも、投資信託や株をはじめ、長期投資で資産を増やす方法について説明しています。本記事と合わせてご活用ください。

参考記事:長期投資がオススメの理由は4つ!投資で自分の年金を調達しよう!

 

その前に・・・これから起業される方、個人のプロジェクトを成功させるのに「資金が必要」な方には、短期的な資金調達先として、カードローンの利用をおすすめしています。

 

例えば、プロミスやアコム、アイフルなど「顧客満足度」が高いローンであれば、今すぐ「資金を調達したい」という方や「今日中にお金を借りたい」という方のニーズを満たしてくれます。

 

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今スグ資金調達できるので大変便利です。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

 

▊ はじめに|投資信託とは?

 

投資信託(とうししんたく)とは、投資家から資金を集め、運用のプロ(機関投資家など)が株式や債券などを投資する方法です。投資信託で運用益が出た場合、(投資家には)投資額に応じた利益が分配されます。

 

申し込み金を払うだけで、投資のプロが「利益が得られるよう」運用してくれるのは、投資初心者にとってうれしいサービスです。投資信託を利用すれば、難しい投資の手法を練ったり、投資をする手間からも解放されます。

 

投資信託の仕組み(一般社団法人|投資信託協会)

 

ただし投資信託は、元本が保証されていません。預けた資金が(最悪の場合)マイナスになる可能性もあります。投資信託を利用される方は「運用リスク」を理解した上で、申し込みを行ってください。

 

参考リンク:投資信託の仕組み(一般社団法人|投資信託協会)

 

▊ 投資信託の正しい選び方

 

投資信託の正しい選び方ですが、まずは「手数料が安い投資信託」を探してください。このほか、信託報酬(=投資信託の手数料)が安いところを選ぶようにすれば失敗しません。

 

信託報酬(しんたくほうしゅう)とは

投資家が信託財産の中から支払う費用。投資信託の運用・管理に必要な費用で、証券会社などの販売会社、投資信託会社などの運用会社、信託銀行に支払われる。運用実績にかかわらず支払われるもので、報酬額は商品によって異なるが、通常、総資産総額に対する年率で表示され、日割り計算で信託財産から差し引かれる。

デジタル大辞泉より

 

実は投資信託の「購入手数料」は、利用する信託会社によって異なります。資産を増やしたいのであれば、できるだけ手数料が安いところを選ぶべきです。「手数料無料」の信託会社を見つけて、利用するようにしましょう。

 

▊ ファンドの賢い選び方

 

ファンド(fund)とは、複数の投資家から資金を集めて資産運用する仕組みを指します。前項の「投資信託の選び方」でも説明しましたが、ファンドを選ぶときには『手数料が掛からないファンド』に申し込んでください。

 

例えば、毎月分配型ではないファンドや、分配金がないファンドを選べば、無駄な手数料を掛けることなく資産運用が行えます。

 

分配が行われるファンドは、投資信託の基準価格が下がってしまうのでNGです。同様に分配が行われるファンドも価値が下がってしまうので注意しましょう。ファンドを選ぶ時には(必ず)分配金がなく「自分に合ったファンド」をファンドを選ぶようにしてください。

 

もし「毎回選ぶのが面倒」という方は、定期購入でほったらかしにしたり、ロボアドバイザーサービスに「全ての運用を丸投げ」しておけばOKです。

参考記事:ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

▊ 投資信託の申し込みから、ファンド購入までの流れ

 

ここでは『投資信託の申し込みから、ファンド購入』までの流れをまとめておきます。

 

投資信託の申し込みから、ファンド購入までの流れ
STEP① 投資信託が行える、口座を開設する
STEP② 口座に資金を入金
STEP③ 投資信託(ファンド)を購入する

 

またSTEP①〜③の流れについて、補足を加えておきましょう。

 

投資信託・口座開設からファンド購入までの流れ(一般社団法人|投資信託協会)

 

STEP① 投資信託が行える、口座を開設する

 

まずは、利用する証券会社を選択し「口座開設」の申し込みをします。以下、国内の代表的な証券会社をピックアップしてみました。

 

【国内の代表的な証券会社】

・ 楽天証券

・ SBI証券

・ 岡三オンライン証券

・ マネックス証券

・ カブドットコム証券

・ SMBC日興証券

・ フィデリティ証券

・ GMOクリック証券

・ ライブスター証券

・ 松井証券

・ 立花証券

・ むさし証券

・ 内藤証券

・ 岩井コスモ証券

 

各業者ごとに特徴(手数料、扱うファンドの違いなど)があるので、よく比較した上で申し込みを行ってください。

 

STEP② 口座に資金を入金

 

口座開設ができたら、口座に資金を入金しましょう。ネットバンクを利用すれば、銀行の営業時間を気にすることなく、好きな時間に資金が預け入れできるので便利す。

 

STEP③ 投資信託(ファンド)を購入する

 

入金した資金が口座に反映されたら、いよいよファンドを購入しましょう(※ ファンドの選び方は、本記事前半を参照のこと)。

 

▊ 株取引で儲けるなら|割安株の運用がおすすめ!

 

国内株式は、初心者が最も取り組みやすい投資の方法です。株式投資では上場企業の株を購入し、投資を行いますが「株価の上下」で利益が狙えるほか、一定の株を保有することで「株主」として配当を受けたり、株主優待の特典を受けることができます。

 

株取引をはじめるなら、割安株の運用がおすすめ!

 

株取引にもいろいろな投資法がありますが、初心者に最ももオススメなのは「割安株の運用」です。

 

割安株の運用がオススメの理由

割安株への投資は5万円以下の運用からスタートでき、上手く引用できれば「3倍〜5倍の利益」が獲得できます。例えば、3,000円台で購入できる銘柄が、後に大きく成長を続け最終「20,000円台」の銘柄になる可能性もあります。

また目の付け所が良い投資家なら、株価10倍の銘柄を探し当てることもあるというのですから驚きです。実際に、株の情報サイトでは「儲かる割安株」の情報や高配当株のデータを次々と掲載しています。

資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

 

割安株を長期運用すれば、コツコツ資産を増やすことができます。実際に世界的な投資家も、割安株の運用で資産形成に成功しており初心者〜上級者にまでオススメできる方法です。このほかにも「株取引で儲けるコツ」を3つ紹介します。

 

株取引で儲けるコツは3つ
☑ 企業価値を計算して、割安株でコツコツ運用
☑ 割安株の投資パフォーマンスをこまめにチェックしよう
☑ 取引になれたら、成長性を軸に「高配当株」を探してみよう

 

なお、株取引をはじめ「投資の方法」については、以下の記事にて詳しく紹介しています。

 

参考記事:資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

 

▊ 投資信託&株でお金を増やす3つのポイント!

 

投資信託&株でお金を増やすポイント(儲けるコツ)は、大きく分けて3つあります。

 

投資信託&株でお金を増やす3つのポイント!
① 日本の優良企業に投資をする(地方にも目を光らせる)
② 欧米の先進企業に積極投資をする
③ 10年後20年後に成長しそうな「新興国株式」に投資をする

 

①〜③のコツについて、順に説明します。

 

① 日本の優良企業に投資をする(地方にも目を光らせる)

 

初心者が株で儲けるには「日本の優良企業」に投資をすることです。海外の「経営実態が分からない」企業に投資をするのは(ある意味)ギャンブル的行為ですが、国内の優良企業を発掘し投資を行えば、コツコツと資産が増やせます。

 

例えば「投資のプロ」は地方の割安な優良企業を発掘し、1年間で50%以上の収益を上げています。

 

シンプレクスの水嶋浩雅社長は「手間はかかるが、地方の企業経営者と話をするのは海外ではなくローカルな運用者でないと難しい」と話す。「日本という一国にこれだけ証券取引所があるのはユニークな状況だ」とし、地方の取引所やジャスダックなどに上場しているというだけで割安に放置されている企業に目をつけているという。

Bloomberg(ブルームバーグ)2017年8月9日掲載記事より

 

私たち投資家は、大手の株価や株主優待にばかり目を向けがちです。しかし「資産を増やす」目的で投資を行うのなら、地方の優良企業を見つけ、割安に放置されている企業へと投資を行い「資産を増やす」のが最も手っ取り早くリターンの大きな方法です。興味のある方は、上の参考記事をチェックしてみてください。

 

② 欧米の先進企業に積極投資をする

 

①では「日本の優良企業へ投資」するよう説明をしました。みなさんが、ある程度「国内の企業」に投資を行い、慣れてきたのならば「欧米の先進企業」に投資をしてみてください。欧米の先進企業は値動きが安定しており、投資先さえ間違えなければ、着実に資産が増やせます。

 

また、どの企業に投資すべきか「判断が難しい」という場合には、プロが運用する「投資信託」を活用すればOKです。最近では、ロボアドバイザーサービスを利用し、自動で運用してもらうといった方法もあります。

 

ロボアドバイザーサービスはAI(人工知能)が投資を行うほか、ポートフォリオの管理、利用者の意向に沿った方法で、国際分散投資を行うなど、便利な「自動運用機能」を兼ね備えています。

 

参考記事:ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

③ 10年後20年後に成長しそうな「新興国株式」に投資をする

 

①と②で投資を繰り返し行い慣れてきた段階で、10年後20年後に成長しそうな「新興国株式」に投資をしてみましょう。新興国への投資は、経済の発展とともに大きな「利益」となって返ってきます。実際に、正確な運用で知られるロボットアドバイザーの資産運用でも、全体の約10%を「新興国への投資」に充てているのが分かります。

 

NIKKEI STYLE|新興国投資 相場は好調だが、投資比率は15%までに

 

ただし、新興国への投資だけに限定すると、ファンダメンタルズの影響を受けやすいため危険です。リスクを避けるには、新興国と先進国へとバランス良く分散投資を行ってください。

 

UBS証券ウェルス・マネジメント日本地域最高投資責任者の青木大樹さんは「複数の新興国に分散投資するETFが望ましい」と助言しているわ。1つの国だけに投資するのは政治や経済のリスクが大きいから複数の国にリスクを分散させたほうがいいそうよ。投資の上級者にはインフラ整備の拡大で高成長を維持する見込みのインド、インドネシアなど1国への投資も勧めていたけどね。

NIKKEI STYLE|新興国投資 相場は好調だが、投資比率は15%までに

 

また新興国や先進国に限らず、海外と国内、都市と地方など「ミクロとマクロの両面」から、バランスの良い投資を心掛けるようにしましょう。

 

※ なお、事業資金やプロジェクトの実施に『資金が必要な方』には、短期的な資金調達先として、カードローンの利用がオススメです。

 

例えば、プロミスやアコム、アイフルなど「顧客満足度」が高いローンであれば、気軽に申し込むことができ、今すぐ「資金を調達したい」という方や「今日中にお金を借りたい」という方のニーズを十分に満たしてくれます。

 

また以下のローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今スグ資金調達できるので大変便利です!

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

 

▊ 投資信託で気をつけたい3つの注意点

 

投資信託で気をつけたい3つの注意点についてまとめてみました。

 

投資信託で気をつけたい3つの注意点
☑️ 投資先の見極め方
☑️ 相場が不調な時の切り抜け方
☑️ 元本確保型の罠

 

各項目について、順に解説します。

 

投資先の見極め方

 

投資の成功を左右するのは「投資先の見極め方」にあります。投資先を誤ると、せっかく貯めてきた資産が(大幅に)目減りすることでしょう。

 

ただ、専門家が運用する「投資信託」を利用すれば、ある程度リスクを抑えて資産運用が行えます。特に投資初心者の方は、自己流で投資をするのではなく、どのような手法で投資を行えば良いのか、アドバイザーの意見に耳を傾け「より確実な投資」ができるよう投資信託を活用してみてください。

 

このほか、ロボットアドバイザーの意見を参考にしても、ある程度、大きな利回りが期待出来ます。ロボアドバイザーサービスであれば人件費も掛からない上に、少ない手数料で投資できるのでオススメです。ロボアドバイザーサービスに興味のある方は、以下の記事をチェックしてみてください。

 

参考記事:ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

相場が不調な時の切り抜け方

 

相場が不調な時の切り抜け方ですが、分散投資を行えば(どこかの相場が不調であっても)バランスを取りながら着実に運用できます。

 

【バランス型(リスクコントロール運用)】

株式、債券、リートなど、複数資産を組み合わせて運用するバランス型ファンドの中でも、投資環境の変化を迅速に察知し、為替リスクも含めたファンド全体のリスク管理を図るタイプは、基準価額の動きが比較的穏やかです。

こうしたタイプは、「リスクコントロール型」とも呼ばれ、あらかじめ目標となるリスク水準を定めて運用を行う点が特徴です。単体で積極的なリターンは追求できませんが、過度なリスクを取っていない分、相場急変時にポートフォリオの「クッション」として機能してくれるのです。

楽天証券|不安定な相場に強い「守りの投信4本」

 

例えば、国内・海外、国内株式(ロング・ショート)、株式や債券、リートを組み合わせた方法など、投資信託にも「バランスを取って運用する方法」が多数存在します。投資の手法をマスターし、資産をコツコツ増やしていきましょう。

 

元本確保型にも、一定のリスクあり

 

投資信託にも「元本確保型」があります。例えば、預けた資産が3,000万円だとしたら「3,000万円が目減りしないよう」運用されるのが「元本確保型」の特徴です。

 

ただ、元本確保型の利率は2%以下と(他の投資信託に比べて)利率が低いので気をつけてください。また「元本確保型」を利用していても、国や地方自治体、銀行、保険会社が破綻した場合は(たとえ元本確保型でも)100%補償される訳では無いので注意しましょう。

 

▊ 投資信託のほかに「オススメの投資」ならコレ!

 

投資信託意外に、オススメの投資法や資産運用の方法については、以下の記事が参考になります。

 

【投資信託以外にオススメの投資法】

・ 資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

・ 国も推奨する「自分年金づくり」iDecoのメリット・デメリット!

・ 長期投資がオススメの理由は4つ!投資でつくる個人年金!

・ 資産運用で失敗しない7つのコツ!初心者のあなたも確実に1000万円増やせる

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

 

資産運用をお考えの方は、これらの中から「自分に在った資産運用法」を見つけてください。

 

▊ まとめ|投資信託なら、投資初心者でもカンタンに資産運用できる

 

今回は「投資信託」について説明をしました。投資信託を利用すれば、投資初心者でもカンタンに資産運用できます。老後やリタイア後の資金、生活費を増やしたい方は、ぜひ本記事を参考に資産運用を行ってみてください。

 

※ なお、事業資金やプロジェクトの実施に『資金が必要な方』には、短期的な資金調達先として、カードローンの利用がオススメです。

 

例えば、プロミスやアコム、アイフルなど「顧客満足度」が高いローンであれば、気軽に申し込むことができ、今すぐ「資金を調達したい」という方や「今日中にお金を借りたい」という方のニーズを十分に満たしてくれます。

 

また以下のローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、定期的な収入がある方であれば、今スグ資金調達できるので大変便利です!

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

■アコム 最大30日間金利0円

■アイフル 最短30分審査

 

本記事と合わせて読みたい!オススメ記事

・  資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

・  長期投資がオススメの理由は4つ!投資で自分の年金を調達しよう!

・ 【最新版】2017年~2018年最も儲けた「個人投資家」ランキングTOP30!

・  個人投資家ブログ30選!ランキングベスト10は誰?

・  ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/24 05:58
    無料診断がされました。
  • 06/24 04:02
    無料診断がされました。
  • 06/23 23:20
    無料診断がされました。
  • 06/23 23:19
    無料診断がされました。
  • 06/23 21:40
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(77件)

1 2 3 4 5 16

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全430件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる