閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

ロボアドバイザーとは、投資家に代わりAIなどの人工知能が最適な銘柄を調べ、ポートフォリオの作成、売買などを行う『画期的な投資のサービス』です。みなさんもロボアドバイザーを使った国際分散投資で、資産を1億円にまで増やしましょう!

なお、資産運用、資金運用の方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

 

参考記事①:資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング 

参考記事②:資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。

 

これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 西日本地域専門で抜群の実績。24時間以内に仮審査対応。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

 

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

▊ はじめに|ロボアドバイザーとは?

 

ロボットアドバイザーとは(その名の通り)ロボットが、私たちに代わって投資を行う仕組みです。ただし「ロボット」と言っても、Pepper(ペッパー)のような実際のロボットが取引をするのでは無く、AI(人工知能)を使って取引を行っています。

 

ロボアドバイザーが、最適な銘柄を探し出してくれる

 

はじめに(私たち)投資家にいくつかの質問が投げかけられます。質問に対して答えると「希望に沿った」運用の仕方、最適な銘柄などを提供(提案)してくれる仕組みです。

 

ロボアドバイザーには「一任型/アドバイス型」の二種類があり、一任型を選択しないかぎり、預け入れた資産が勝手に(投資へと)使われる訳ではありません。

 

私たちの意見は常に尊重され「安全な運用」が行われるため、ロボアドバイザーを信頼し、資産運用サービスが利用できます。

 

また特定の証券会社では、世界の一流投資家や富裕層の「投資手法」をデータベース化し、ロボアドバイザー利用者が「資産を増やせるよう」サポートを行っています。

 

WealthNavi(公式サイト)より

 

こうしたサービスを利用すれば、従来の投資信託よりも安く(=人件費が掛からないため)、誰もが「世界トップクラスのテクニック」に沿って、資産運用が行えます。

 

またロボアドバイザーの多くは、国際分散投資を行い安定した「利回り」を目指しています。このため長期的に運用を行っても「着実な資産形成」が望めます。

 

▊ ロボアドバイザーと投資信託の違い

 

そもそも(従来の)投資信託とは、運用の専門家(ファンドマネージャー)が投資家から資金を集め、株式や債券、不動産などの投資・運用を行い、運用成果で得た利益を投資家に分配する仕組みです。

 

投資信託とは?(楽天証券)

 

一方「ロボアドバイザー」は従来のファンドマネージャーに代わり、 AI(人工知能)が資産運用を行います。

 

過去のデータやアルゴリズムに基づき、顧客にふさわしい金融商品を見つけてくれるほか、分散投資でリスクを軽減しながら、大きな利回りを目指す「自動型・投資信託サービス」となっています。

 

投資信託では、金融商品の選択、購入の手続き、ポートフォリオの見直しを「顧客自身が行う」必要があります。

 

しかしロボアドバイザーは、条件にマッチする銘柄の提示、ポートフォリオの自動作成ができるほか「投資一括契約」を結べば、ロボアドバイザーが自動で資産運用を行います。

 

こうしたサービスを利用すれば、投資が初めての方でも、気軽に資産運用が始められます。またパソコンやスマートフォンからカンタンにアクセスでき、窓口に出向く手間もなく、24時間好きなタイミングで運用状況が確認できるのもうれしいポイントです。

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

 

▊ 国際分散投資|4つの分散法でリスクを回避する

 

国際分散投資とは、国内だけでなく海外(先進国・新興国)も含めた世界規模で分散投資を行います。ひとつの国だけでは、国の経済や政治情勢などに影響を受けやすくなります。

 

しかし分散投資を行えば、変動性の異なる投資により一定のバランスを保ち、資産を安定して運用できます。以下に、国際分散投資の代表的な「4つの分散法」についてまとめてみました。

 

国際分散投資|4つの分散法
☑ 地域の分散
☑ 商品の分散
☑ 通貨の分散
☑ 時間の分散

 

それぞれの内容を順に解説しましょう。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

地域の分散

 

国際分散投資では、投資を行う「地域」も分散させます。国内と海外という区分だけでなく、新興国、発展途上国、先進国のほか、欧州やアジア、オセアニアなど、エリアを分散させて運用を行います。

 

商品の分散

 

商品の分散では「株式、債券、投資信託、年金・保険、預貯金、不動産」など、金融商品を分散させて運用を行います。

 

通貨の分散

 

通貨の分散とは円だけでなく、米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、トルコリラ、南アフリカランド扱う通貨を分散させることです(外貨建てMMFや外貨建て商品の購入も通貨の分散に分類されます)。

 

時間の分散

 

時間の分散とは積み立てなどに一定額を投資し、一時的な価格変動のリスクを分散させる方法のことです(例:長期投資・短期投資など)。時間を分散させることでも、投資のリスクを抑えて安定した運用が行えます。

 

▊ 国際分散投資のメリット・デメリット

 

続いて、国際分散投資のメリット・デメリットについて見ておきましょう。

 

国際分散投資のメリット

 

国際分散投資のメリットは(前項でも説明したとおり)リスクが分散できる点にあります。また、複数に投資を分散させることで相場全体の動きを気にする必要もありません。

 

その上、ロボアドバイザーという強い味方もいることから「間違った判断」を下すリスクも少なく、常に安定した状態で資産運用が行えます。

 

国際分散投資のデメリット

 

国際分散投資のデメリットは、集中投資で利益が狙えないことです。例えば「大幅に為替が変動した」時や「資産価値が大幅に上昇した」場合でも、分散投資なので大きな利益は望めません。

 

デメリット回避の方法

 

一般的に「国際分散投資は、ポジション管理に手間がかかる」という意見もありますが、本記事で紹介している「ロボアドバイザー」を利用すれば、ポジション管理のデメリットは回避できます。

 

 

▊ 国内の代表的なロボアドバイザーサービスを3つ紹介!

 

ここで、国内で利用できる「ロボアドバイザー」のサービスを3つ紹介しておきます。

 

国内で利用できる「ロボアドバイザー」のサービス(一例)
① WEALTHNAVI(ウェルスナビ)
② THEO(テオ)
③ 楽ラップ

 

①〜③のサービスについて説明します。

 

① WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)は、国内の預かり資産は600億円を突破! 運用者数No1のロボアドバイザーサービスです(2017年度/日本投資顧問業協会調べ)。

 

ここでは、1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」に基づき、世界の富裕層が利用する「金融アルゴリズム」に則った国際分散投資を行っています。

 

またWEALTHNAVI(ウェルスナビ)は、三井住友銀行グループ「SMBCベンチャーキャピタル」をはじめ、みずほ銀行、三菱UFJキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社(日本政策投資銀行グループ)から出資を受けるなど、大手金融機関・政府ベンチャーキャピタルによる全面バックアップを受けています。

 

参考記事:ロボットを使い資産運用のコンサルティングをする「ウェルスナビ」が約6億円を資金調達

 

WealthNavi(ウェルスナビ)

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)は手数料の体系も非常に分かりやすく、預かり資産の年率1%(税別)、3,000万円を超える取引については年率0.5%(税別)が掛かるだけで、取引ごとの手数料は一切掛かりません。

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)には、ポートフォリオ自動構築、自動積み立て、自動発注、自動再投資、自動リバランス、自動税金最適化(DeTAX)などのサービスがあります。

 

なお、WEALTHNAVI(ウェルスナビ)の詳細については、以下公式サイトを参照してください。サイトでは、最適な運用プランが1分で分かる「無料診断サービス」も利用できます。

 

参考リンク:WealthNavi(ウェルスナビ)

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

 

【メモ】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート

 

国内トップクラスの人気を誇るWealthNavi(ウェルスナビ)には利用者が多く、著名なブロガー、コラムニストもWealthNavi(ウェルスナビ)を使用し、運用レポートを公表しています。

 

例えば、ブロガーのイケダハヤト氏は「まだ仮想通貨持っていないの」というブログを運営していますが、仮想通貨のほかにも、ウェルスナビの運用実績も細かくレポートしています。

 

例えば2018年1月には、次のようなツイートをつぶやいています。

 

まだ仮想通貨持っていないの?(イケダハヤト氏ブログ)

 

参考リンク:まだ仮想通貨持っていないの?(イケダハヤト氏ブログ)

 

本記事の後半でも「ロボアドバイザーサービスの運用実績」が分かるサイトをいくつか紹介していますが、実際の数字を見ると(ロボアドバイザーサービス)は全体の利回りも良く、コツコツ実績を積んでいるブロガーやコラムニストが多く見られました。

 

② THEO(テオ)

 

THEO(テオ)は、投資一任型のロボアドバイザーサービスで、世界のさまざまなインデックスを、顧客ごとにマッチするよう効率良く組み合わせ国際分散投資を行います。

 

なおTHEO(テオ)の過去9年間の平均リターン率は5%と世界の経済成長率に並ぶ高い水準を誇ります、

 

Theo(テオ)

 

ちなみにTHEO(テオ)という名前は、画家のヴィンセント=ファン=ゴッホの創作活動を影で支えていた、弟のテオをイメージして名付けられました。

 

THEO(テオ)は月々1万円から投資を始めることができ、投資一任報酬は預り資産の年率1.0%(税別)と手数料も少ない上に、売買手数料や為替手数料も一切掛かりません。

 

また365日、24時間出金が申し込めるので、日中忙しい方でも気軽に国際分散投資がスタート出来ます。

 

THEO(テオ)の詳細については、以下の公式サイトを参照してください。ここではTHEO(テオ)のサービスが体験できる「無料診断」サービスも提供されています。

 

参考リンク:THEO(テオ)

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

 

③ 楽ラップ(楽天証券)

 

楽ラップとは、楽天証券による「ロボアドバイザー資産運用サービス」の名称です。

 

楽ラップの魅力は、業界で始めて「インターネット完結型の投資一任型運用サービス」を提供した点にあり、はじめに15個前後の選択式の設問に答えるだけで、自分にピッタリの投資スタイルが診断・国際分散投資がスタートできる点にあります。

 

なお楽ラップの「診断システム」は、新興FinTech企業のFinatext社と共同で開発が行われました。

 

また世界の大手投資家にアドバイスを行う、世界最大級の運用コンサルティング会社であるMercer(日本法人)が楽ラップにアドバイスを行ったほか、世界最大級の運用コンサルティング会社であるMercerの助言によりサービスを実施、国際分散投資による資産運用を強力にサポートしています。

 

楽ラップ

 

楽ラップを始めるには「10万円以上」の資金が必要ですが、運営管理費は年0.702%と低く、ファンド費用も「年0.288%」と低コストで国際分散投資が始められます。

 

楽ラップ|投資の「面倒くさい」をなくします

● 投資戦略

金融テクノロジー(FinTech)を活用して、最適な資産配分をロボがアドバイスします。お客様はアンケートに答えるだけです。

● 銘柄選び

銘柄選びに悩む必要はありません。徹底的にコストを抑えた専用ファンドのなかから、楽ラップが自動で売買をおこないます。

● 申込窓口

すべてパソコンやスマホで完結。
コンサルティングを受けにわざわざ外出する必要はありません。

出典:楽ラップ(楽天証券)

 

楽天証券「楽ラップ」の詳細は、楽天証券公式サイトにて確認を行ってください。ここでは、自分にあった運用コースが無料で診断できるなど、初心者の方に役立つサービスが提供されています。

 

参考リンク:楽ラップ(楽天証券)

 

 

▊ ロボットアドバイザーの仕組みは、世界に向けて拡大している

 

本記事では「日本のロボアドバイザーサービス」について紹介していますが、世界各国でもロボアドバイザーを使った資産運用が普及しています。

 

例えばアメリカでは、30兆円の資産がロボットアドバイザーによって運用されています(2016年)。またロボットアドバイザー投資信託サービスは更なる広がりを見せており、2020年には「約220兆円」にまで拡大することが予測されています。

 

ここまで急激に成長したのは、投資初心者でも簡単に始められること。またスマートフォンやタブレットから操作できる「手軽さ」が受けたのでしょう。

 

実際に貯金感覚で「ロボットアドバイザー投資信託サービス」を利用する10代〜20代の若者も増えています。

 

▊ 国際分散投資の注意点

 

最後に「国際分散投資の注意点」についてまとめておきます。

 

国際分散投資の注意点
① 為替リスク
② カントリーリスク
③ 信用リスク
④ 為替手数料

 

①の為替リスクとは、為替の変動によって投資額の価値が減ってしまうリスクを指します。
②のカントリーリスクとは、投資を行った国の情勢(政治や経済的状況)によって資産の価値が変動するリスクのことです。

 

③の信用リスクは、債券を発行した海外の公的機関、企業、金融機関などが財政悪化や経営不振により、利息などの支払いができなくなるリスクを指します。

 

④の為替手数料とは、その名の通り外国為替の売買で必要な手数料のことです。日本円を外貨に替える時や外貨から日本円に替える際、通常は「為替手数料」が掛かります。

 

国際分散投資を行う際には、これら①〜④の状況について注意しながら、投資を進める必要があります。

 

しかし、ロボアドバイザーサービス(投資一任型の場合)を利用すれば私たちが「何かを操作する必要」はなく、リスクの無い方法でAIが資産運用してくれるので安心です。

 

ロボアドバイザーサービスは、国際分散投資のデメリットを一挙に解決する画期的サービスと言えるでしょう。

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 国内ロボアドバイザー18社を徹底比較

 

最後に国内で利用できる「ロボアドバイザーサービス」を18社紹介しておきます。運用タイプ、投資対象、手数料、投資の最低金額などをそれぞれ比較してみてください。

 

国内ロボアドバイザー18社

サービス名 詳細
WealthNavi(ウェルスナビ) 【サービスの特徴】国内人気No.1のロボアドバイザーサービス。投資一任運用型で、国際分散投資を自動で運用してくれる。手数料も安く、初心者でも参加しやすいのが特徴。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:米国上場ETF

手数料:1%

最低投資金額:10万円

運営会社:ウェルスナビ

公式サイト:WealthNavi(ウェルスナビ)

THEO(テオ) 【サービスの特徴】1万円からスタート出来る国際分散投資サービス、ロボアドバイザーが「プロの投資家と同水準」の運用を自動で行う。手数料も1%と安く、投資初心者にも人気。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:米国上場ETF

手数料:年率1.0%(税別)

最低投資金額:1万円〜

運営会社:お金のデザイン

公式サイト:ロボットアドバイザーでお任せ運用 THEO

楽ラップ(楽天証券) 【サービスの特徴】楽天証券のロボットアドバイザー投資信託サービス、投資一任運用型なので、気に入った運用コースを楽天証券のAIが自動運用してくれるので便利。手数料は低い(年0.702%)が、最低運用資金は10万円からと初期費用が掛かる。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:0.702%

最低投資金額:10万円〜

運営会社:楽天証券

公式サイト:楽ラップ(楽天証券)

WealthNavi for 住信SBIネット銀行 【サービスの特徴】WealthNavi (ウェルスナビ)のサービスが住信SBIネット銀行で利用できる。最低投資額は、通称のウェルスナビよりやや高め(30万円より)。投資一任運用型なので、選択したコースをロボットが運用してくれる。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:米国上場ETF

手数料:1%

最低投資金額:30万円〜

運営会社:住信SBIネット銀行

公式サイト:WealthNavi for 住信SBIネット銀行(自動資産運用サービス)

WealthNavi for SBI証券 【サービスの特徴】WealthNavi (ウェルスナビ)のサービスが住信SBI証券で利用できる。最低投資額は、通称のウェルスナビよりやや高め(30万円より)。投資一任運用型なので、選択した銘柄は自動で運用してもらえるので初心者にもおすすめ。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:米国上場ETF

手数料:1%

最低投資金額:30万円〜

運営会社:住信SBI証券

公式サイト:WealthNavi for SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)

MSV LIFE 【サービスの特徴】資産運用業界で圧倒的なシェアを誇る米国バンガード社*の知見を活用、マネックスグループ、セゾングループが出資を行っている。投資一任運用型で、難しい知識は一切必要ナシ、東証上場ETFを自動で運用してくれる。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:東証上場ETF

手数料:0.991%未満

最低投資金額:1,000円〜

運営会社:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社

公式サイト:MSV LIFE : 一人ひとりに寄り添う資産運用サービス

8 Now!(エイトナウ) 【サービスの特徴】88米ドルからスタート(約1万円)できる国際分散投資として8ナウの名称が付けられた。追加費用無し、米国上場ETFに投資を行うのが特徴。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:米国上場ETF

手数料:0.88%

最低投資金額:1万円〜

運営会社:エイト証券株式会社

公式サイト:最もシンプルな国際分散型投資サービス8 Now!(エイトナウ)

クロエ 【サービスの特徴】ポートフォリオは50カ国、37セクター、4,324の株式・債券などで構成、1万円からスタート出来るカンタン国際分散投資

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:ETF株式

投資対象商品:東証上場ETF

手数料:0.88%

最低投資金額:1万円以上、1円単位

運営会社:エイト証券株式会社

公式サイト:エイト証券 | 1万円から始めるロボ・アドバイザー

ダイワファンドラップ 【サービスの特徴】従来のダイワファンドラップ(最低投資額300万円以上)をより手軽に利用できるようロボアドバイザーサービスを導入した。資産クラスに応じて1本ずつ、計9本のインデックス投資信託が行える。

運用タイプ:投資一任運用型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託(専用ファンド)

手数料:1.08%(年率、税込)

最低投資金額:50万円以上1万円単位(オンライン)

運営会社:大和証券

公式サイト:ファンドラップ|大和証券

SBIファンドロボ 【サービスの特徴】SBI証券のアドバイス型・国際分散投資サービス。同社「WealthNavi for SBI証券」が投資一任運用型なのに対し、こちらはアドバイスのみにサービスを絞ることで、より手軽に参加・運用できるのが特徴。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:SBI証券

公式サイト:SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)|SBI-ファンドロボ – Morningstar

fund eye(ファンドアイ) 【サービスの特徴】SMBC日興証券に口座開設しなくても無料で使用できる便利なサービス。手数料無料、カンタンな質問に答えるだけで最適な投資スタイルが診断できる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:SMBC日興証券

公式サイト:fund sys(ファンドアイ)SMBC日興証券

FUND ME(ファンド・ミー) 【サービスの特徴】30秒でカンタン診断。資産構成比、地域別構成比、過去チャート、将来チャート、ポートフォリオマップなど投資信託のポートフォリオを自動で作成。最新の金融技術を活用した投資信託が、口座管理料・手数料無料で利用できる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:SMBC日興証券

運営会社FUND ME®|カブドットコム証券(ネット証券会社)

野村のゴールベース 【サービスの特徴】カンタンな質問に答えるだけで、瞬時に自分にマッチする投資スタイルが見つかる野村證券のロボットアドバイザー投資信託サービス。投資対象商品は「のむラップ・ファンド」と言い、株、投資信託、債券、預金、保険、FXなどを扱う。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託(のむラップ・ファンド)

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:野村証券

公式サイト:野村のゴールベース | ロボアドバイザー – 野村證券

ロボのぶくん 【サービスの特徴】楽天証券がリリースした、スマホ専用ロボアドバイザーサービス。最低投資金額なし、手数料無料なので、同社「楽ラップ」よりも気軽に運用できる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:楽天証券

公式サイト:投信サービススマホロボのぶくん(楽天証券)

投信工房 【サービスの特徴】松井証券のロボアドバイザーサービス(スマホ対応)。利用料0円、100円の積み立てから参加可能。簡単な8つの質問に答えるだけで最適な投資スタイルが見つかる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:松井証券

公式サイト:松井証券の投信工房

SMART FOLIO(スマートフォリオ) 【サービスの特徴】みずほの資産運用ロボットが、それぞれの顧客に合う投資信託の形を提案。手数料無料、最低投資金額なしで気軽に利用できる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託(i-mizuhoインデックスシリーズ)

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:みずほ銀行

公式サイト:カンタン本格投資スマートフォリオ(みずほ銀行)

KALAIS(カライス) 【サービスの特徴】7つの質問に答えるだけで、マッチする投資スタイルをロボットが提案してくれる。手数料無料、最低投資金額も無く、初心者でも気軽に投資信託が始められる。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託(eMaxisバランスシリーズのみ)

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:東海東京証券

公式サイト:東海東京証券KALAIS(カライス)

PORTSTAR(ポートスター) 【サービスの特徴】三菱UFJ国際投信のロボットアドバイザー投資信託サービス。5つの質問に答えるだけで、リスク許容度に応じた5種類の資産配分から、最適な投資スタイルと投資先が診断できる(無料)。

運用タイプ:アドバイス型

投資対象:投資信託

投資対象商品:投資信託(eMaxisバランスシリーズのみ)

手数料:無料

最低投資金額:なし

運営会社:三菱UFJ国際投信

公式サイト:三菱UFJ国際投信のポートスター

 

ここまで紹介したサービスの中に「投資一任運用型」と「アドバイス型」がありましたが、どちらの方が利回りが高く運用できるのか。次項で詳しく解説しましょう。

 

 

▊ ロボアドバイザーを徹底検証|運用一任型 vs アドバイス型

 

ロボットアドバイザー投資信託サービスには、運用一任型とアドバイス型の二種類がありますが「主な機能」を比較してみたいと思います。

 

【運用一任型の特徴】

運用一任型は、投資商品やポーフォリオの提案、実際の資産運用までを「AIに完全にお任せできる」サービスです。

 

ただし「最低投資金額」は高めに設定してあり数万円~数十万円掛かることもあります。運用コストには「投資信託・ETFの信託報酬」が掛かるほか、サービス利用料が別途必要です。

 

また「つみたてNISA・NISA」ともに非対応(=ロボアドバイザーによるNISAの自動運用は不可)となっています。

 

【アドバイス型の特徴】

アドバイス型は、投資商品やポートフォリオの提案のみで「運用は自分」で行います。

 

最低投資金額は非常に安く、条件がないところや最低100円~1万円といった「わずかな資金」でも簡単に投資が行えます。

 

運用コストは投資信託とETFの信託報酬のみ発生します。NISAの運用に対応していますが、つみたてNISAは非対応となっています。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

 

楽天証券|二種類のロボアドバイザーサービスを比較してみました!

 

次に、運用一任型とアドバイス型をより具体的に比較するため、楽天証券のロボアドバイザーサービスを例に「どのような違いがあるのか」比較してみることにします。

 

楽天証券「投資一任運用型」ロボアドバイザーサービスの内容

 

楽天証券「投資一任運用型」ロボアドバイザーサービスは「楽ラップ」と言います。すべての作業を一任しているので、投資の戦略、銘柄選びは楽天のロボアドバイザーが売買と運用を行います。

 

楽天証券「投資一任運用型」ロボアドバイザーサービスの内容

 

またロボアドバイザーは、世界中のマーケット動向を調査し、ファンダメンタルズなどから「資産配分割合」をこまめに見直し、リスクを回避し「安全な資産運用」を行います。こうした正確性は、ロボアドバイザーならではの特徴と言えます。

 

楽天証券「楽ラップ」の最低出資額は「10万円以上」となっています。運用管理手数料は年0.702%(税込・年率)が最大値であり、1%以下の手数料で分散投資が行えます。

 

参考サイト:楽ラップ(楽天証券)

 

楽天証券「アドバイス型」ロボアドバイザーサービスの内容

 

楽天証券「アドバイス型」ロボアドバイザーサービスは「ロボのぶくん」と言います。

 

ロボのぶくんは、iPhone (iOS8.0 以上)とAndroid(OS4.2以上)に対応したスマートフォンアプリで「どのようにファンドを選んだらいいか分からない」といった顧客のために「おすすめの銘柄」を検索・紹介してくれるサービスです。

 

楽天証券「アドバイス型」ロボアドバイザーサービスの内容

 

ただし、ロボアドバイザー「楽ラップ」のように自動で資産運用するサービスではありません。あくまでもおすすめの銘柄を紹介し、ファンド情報や注文がスマートフォン上で操作できる・・・といったサービスです。

 

このため、ロボのぶくんの利用料は無料、最低出資額なども設けられていません。

 

参考サイト:ロボのぶくん(楽天証券)

 

▊ ロボアドバイザーで、どのくらい利益が出るのか検証してみよう!

 

ロボアドバイザーサービスを利用し「実際どのくらいの利益が出ているのか」ブログで紹介している個人投資家が存在します。投資の先輩達が、どのくらいの実績を上げているのか参考にしてみてください。

 

【ロボアドバイザーサービスで運用実績を公開しているサイト&ブログ】

・ CEO柴山のウェルスナビでの運用実績|ロボアドバイザーならWealthNavi

・ 【利回り公開】ロボアドバイザー投資のおすすめサービスを比較するよ(イケダハヤト)

・ ロボアドバイザー4社の9ヶ月間の運用実績を比較しました(1億人の投資術) 

・ ウェルスナビに1,000万円【評判ロボアドバイザー最新実績をブログで評価】

・ ロボアドバイザーの運用実績を徹底比較!一番実績が良いのはコレ(マネとも!)

・ 20代会社員の【THEO】運用実績はこんな感じです (ステップ・バイ・ステップ)

・ 【100万+積立3万の運用実績】評判のウェルスナビWealthNaviを解説 

 

成功者の例を見ると、ロボアドバイザーがいかに優秀で「頼れる存在なのかが」分かりますね!

 

▊ ロボアドバイザー利用の注意点|AIの運用にも一定の損失は出る

 

資産運用に「絶対」はありません。ロボアドバイザーのように「精度が高い運用」を行っても小さな損失が時々発生します。

 

また、リーマンショック級の大きな出来事があれば、資産が大きく目減りすることもあります。

 

ただし、長期運用を行うのであれば「細かく状況をチェック」するのではなく、長いスパンで「プラスになっていればOK」なので小さな損失については無視するくらいが丁度良いでしょう。

 

なお「長期投資で成功するコツ」については、以下の記事にて詳しく紹介しています。ロボアドバイザーを利用される方も「投資の参考」としてお役立てください。

 

参考記事:長期投資がオススメの理由は4つ!投資で自分の年金を調達しよう!

 

▊ 番外編|ロボアドバイザー以外のオススメ投資先は?

 

2018年〜2019年にかけて、注目度が高い「投資法」について、いくつか紹介しておきます。

 

注目度が高い投資① 積み立て投資

 

積み立て投資とは、月々1,000円〜10,000円といった少額をコツコツ積み立てし、投資信託、海外不動産、積み立てNISA、積み立て投資を扱うロボットアドバイザー投資信託サービスなどを利用し、資産運用を行う方法を指します。

 

参考記事:長期投資がオススメの理由は4つ!投資でつくる個人年金!

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

 

注目度が高い投資② ソーシャルレンディング

 

ソーシャルレンディングは「融資型・貸付型のクラウドファンディング」を意味し、利回り5%〜10%といった不動産特化型クラウドファンディング(=不動産特化型ソーシャルレンディング)には、大きな注目が集まっています。

 

以下の記事では、不動産特化型クラウドファンディング(不動産ソーシャルレンディング)の始め方、資産運用の方法を紹介しています。

 

参考記事:不動産特化型クラウドファンディングで資金調達に成功する3つのコツ!

 

注目度が高い投資③ 確定拠出年金

 

確定拠出年金とは私的な年金であり、現役時代に掛け金を積み立てして資産運用し、決められた時期に(老後の資金としての)積立金を受け取る制度です。

 

公的年金の受給額が十分でないいま、iDeco(イデコ)など私的な年金制度に大きな注目が集まっています。

 

またiDeco(イデコ)は、資金の受取時や運用時に「税の優遇」が受けられる等の点から「1日でもすぐに始めるべき」オススメの投資法と言えます。なおiDeco(イデコ)の仕組みについては、以下の記事にて詳しく取り上げています。

 

参考記事:国も推奨する「自分年金づくり」iDecoのメリット・デメリット!

 

※ なお、iDeco(イデコ)の他にも、NISAやつみたてNISA(2018年1月スタート)など税の優遇が受けられる長期資産運用も併用されると良いでしょう。

 

注目度が高い投資④ ICO(新規仮想通貨)への投資

 

ICO(Initial Coin Offering|新規仮想通貨公開)は今後、新たに発行される仮想通貨(トークン)を購入し、仮想通貨の売買益で利益を狙う方法です。

 

例えば、仮想通貨のイーサリアムはプレセール価格「約26円」からスタートしましたがその後、1ETH=9.1万円(2018年2月)にまで上昇しています・・・つまり「3,500倍」に仮想通貨の価値が上がってしまったのです。

 

仮想通貨の登場により、ICOの購入・運用で「大きな資産」を築くことが現実となりました。

参考記事①:ICO徹底ガイド!仮想通貨を利用した資金調達を成功させる10のアイデア!

 

なお仮想通貨の仕組み・運用の仕方については以下の記事でも詳しく取り上げています。

参考記事②:【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

 

【メモ】仮想通貨は、もうダメって聞いたけど・・・?

 

仮想通貨はもうダメ「危険だから取引すべきじゃ無い」といった意見もあります。しかし、仮想通貨事態が危険な訳ではありません。コインチェック問題、その他の理由で「仮想通貨取引」へのイメージは損なわれました。

 

しかし、仮想通貨の信頼性が揺らいだ訳ではありません。仮想通貨を扱う「取引所」に問題はあったかもしれませんが、ブロックチェーン技術がダメな訳でもなく、仮想通貨の安全性が損なわれた訳では無いからです。

 

実際に、仮想通貨は今後「新たなお金の仕組み」構築していきます。実際に世界のメガバンク、金融関係者は「仮想通貨が銀行を揺るがす」と発言しており『伝統的な金融機関はビットコインなどの技術について真剣に考え始めている』との内容が報道されています。

 

参考文献:仮想通貨は銀行を揺るがし得る・JPモルガン(Bloomberg)

 

いま仮想通貨を持っている方、底値で買い増しをした方は、コツコツ運用していくことで、仮想通貨の価値が現在の「数倍〜数百倍」にまで上がる・・・かも知れません。

 

もちろん投資に「絶対」は無いので、暴落するリスクもありますが、仮想通貨への期待や未来は閉ざされた訳ではなく、むしろ「今後どのように発展していくのか」大きな注目が集まっています。

 

▊ まとめ|ロボアドバイザーなら、初心者でも手堅く資産運用できる!

 

ロボアドバイザーには、自動で投資をしてくれる「投資一任運用型」のほか、無料で使える「アドバイス型」の二種類がありました。アドバイス型なら、自己資金が少ない方でもいますぐ「資産運用」が始められます。

 

また「投資一任運用型」についても1万円、10万円といった資金からスタートできます。AIのサポートを受け、利回りの高い資産運用ができるとうれしいですね!

 

みなさんもぜひ、スマートフォンやパソコンで「ロボアドバイザーサービス」の実力を体験してください。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と合わせて読みたい、お役立ち記事!

 

・ 資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

・ 長期投資がオススメの理由は4つ!投資でつくる個人年金!

・ ICO徹底ガイド!仮想通貨を利用した資金調達を成功させる10のアイデア!

・ ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

・ お金を稼ぐ方法ベスト30!あなたも短期で確実に稼げる&カンタンネット副業でお金儲けが出来る

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/15 22:13
    無料診断がされました。
  • 08/15 17:21
    無料診断がされました。
  • 08/15 17:06
    無料診断がされました。
  • 08/15 13:20
    無料診断がされました。
  • 08/15 13:10
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(78件)

1 2 3 4 5 16

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全455件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる