閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

長期投資がオススメの理由は4つ!投資で自分の年金を調達しよう!

本記事では「投資で自分の年金をつくる」をテーマに、長期投資の具体的方法や「長期投資がオススメの理由」について徹底解説します。

30代〜40代までに「投資の知識」を身に付けておけば、リタイア後の資産は十分に形成できます。

 

なお以下の記事でも、国がおすすめする投資iDeco(イデコ)やNISA(ニーサ)について解説しています。投資初心者の方、老後の資金を準備したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事①:国も推奨する「自分年金づくり」iDecoのメリット・デメリット!

参考記事②:リタイア後の資金をラクに調達!退職金と公的年金のお得な受け取り方

 

また資産運用では無いですが、本業を持ちながら「副業で資産を形成する方法」については、以下の記事が役に立ちます。

 

それぞれの方法を併用すれば、余裕金を資産運用へと活かすことも可能です。

参考記事③:副業だけで年1,000万円稼げる!本業以上の年収を目指す6つのコツ

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。

 

これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 西日本地域専門で抜群の実績。24時間以内に仮審査対応。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

 

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

▊ はじめに|今投資を始めるべき理由

 

近頃では、小学生や中学生、高校生など、若いうちから「投資」を始める人がいます。トクにアメリカやヨーロッパでは、子どもに投資術を教える資産家が多く「お金との上手な付き合い方」や「資産運用について学ぶ機会」が積極的に与えられています。

 

世界の流れから、資産運用を始める日本人投資家が急増

 

国内でも20代〜40代の「個人投資家」が増えています。彼らは得た利益を生活費の足しにするほか、老後資金として確保するなど、豊かな生活を送るため『資産運用』に目を向ける方が増えています。

 

資産運用

 

また日本人の中にも「海外のように、お金の英才教育を行いたい」と考える層が現れ、都内には子どもを対象にした「キッズ版MBA」が開講しています。

 

10月開校のキッズ版MBA「dot.school」が3日、オープンスクールを開催した。

バイリンガルの教師がイギリスのお札を見せると、約30人の子どもたちはプリントに通貨記号「£」を書き込む。子どもたちが世界と出会い、生きる力をつけるためのキッズ版MBA、「dot.school(ドット・スクール)」。10月の開校を前に、小学校1~3年生を対象にしたオープンスクールが、東京都内で3日開催された。

出典:ホウドウキョク「キッズ版MBA「dot.school」が10月に開校」2017年9月4日掲載記事より一部抜粋

 

今「投資を始めるべき理由」

 

みなさんに今「投資をオススメしている」のは、高齢化社会社会が進み、老後の資金が貯蓄だけでは持たないということ。また、国も国民の投資を推奨している…といった理由があります。

 

セカンドライフが長くなるほど、生活費、レジャーなどのゆとり資金、ケア費用など、必要な老後資金はかさんでいきます。経済面の自助努力には、次のようなことが考えられます。

会社員は定年退職、自営・自由業の人は現役引退までに老後資金として、1000万円単位のお金を貯蓄しているはず。ですが、早い時期から貯蓄の取り崩し生活をすると、最後までお金がもたないかもしれません。

人生100年時代突入?老後の不安を軽くする3つの考え方(マイナビニュース|2018年2月2日掲載記事)より一部抜粋

 

現在は、個人拠出型年金、個人年金のほか、投資による「税のインセンティブ」がより充実するようになりました。

 

このほか各企業も得た利益をそれぞれ、配当に回す傾向が強くなっています。

 

また「海外への投資熱」も高まっており、発展する地域への投資は、世界経済成長の恩恵が受けられるなど(長期投資に)参加するメリットは大きいです。

 

長期投資は、長く使えば使うほど家計が潤いやすい

 

個人投資家間で大きな注目を集めているのが、長期投資です。長期投資は、ハイリスクハイリターンの投資とは異なり、じっくり資産を増やすのに向いた投資法となります。

 

また長期投資を長く使えば使うほど「資産が潤いやすい」といった特徴があり、老後の資産形成にも役だってくれます。これからは、本職での昇給や公的年金に対し、過度の期待を懸けるのは止めましょう。

 

 

私たちそれぞれの取り組みにより「健康で安全な生活」を送るための資金を蓄え、老後資金を準備することが「最重要課題」となります。長期投資を活用し、必要な資金をコツコツ手に入れて行きましょう。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 投資の種類(一覧)

 

ここで一般的な「投資」の種類を集めてみました。

 

投資の種類
① 国内株式
② FX
③ 国債
④ 国内投資信託
⑤ 国内不動産
⑥ 金
⑦ 先物
⑧ 預金
⑨ 年金商品
⑩ 外貨預金
⑪ 外国株式
⑫ 外国投資信託
⑬ 海外不動産
⑭ 仮想通貨

 

①〜⑭の内容(投資の方法)について、簡単に解説します。

 

① 国内株式

 

国内株式は、国内の企業が発行する株式の売買の価格差で、利益を上げる方法です。売買益のほか、企業からの配当金や株主優待などもあるなど「楽しみながら」投資が行えます。

 

② FX(エフエックス/外国為替証拠金取引)

 

FX(エフエックス)は、正式名称を「外国為替証拠金取引」と言います。預け入れした資金を「証拠金」として海外通貨を売買し利益(売買益/スワップ金利など)を狙う方法です。

 

③ 国債

 

国債(こくさい)は国が発行する債券のことで、銀行の預貯金より利息が付く点に特徴があります。満期は3年・5年・10年とあり、利息の受け取り時期も「半年ごとのサイクル」で設定できます。

 

④ 国内投資信託

 

国内投資信託は、資産運用のプロに「運用を任せる」方法で、国内の銘柄を売買し運用益を狙います。

 

⑤ 国内不動産

 

国内不動産とは、国内で取引される不動産に投資し、土地や建物の売買益をはじめ、賃貸収入(アパート・マンションの賃貸)で資産運用を行います。

 

⑥ 金(金取引/金預金)

 

金は「有事に強い存在」とされており、ファンダメンタルズ(各国の政治経済、その他情勢)に左右されにくい資産として人気があります。金自体に利息は付きませんが「価値の下がらない資産」として売買されています。

 

⑦ 先物(先物取引)

 

先物(さきもの)とは「先物取引」のことで、資源(エネルギー、農作物、金など)の将来の価格上昇を期待し「商品売買の約束」によってお金だけが取引される仕組みです。

※ 実際に物資やエネルギーが「現物取引」されるのではありません。

 

⑧ 預金(銀行預金)

 

預金(よきん)は、銀行にお金を預けて「利息」で運用をする方法です。銀行預金は1,000万円まで資金が保証されるなど、資産運用に伴うリスクはありません。

 

ただし国内の預金利息は低いため、海外に預金(=外貨預金)される方、海外の金融機関で定期預金を始める方が増えています。

 

⑨ 年金商品

 

年金商品とは、個人拠出型年金(iDeco)など、掛金を積み立て「年金資産」を築く資産運用の方法です。なおiDeco(イデコ)については、以下の記事にて詳しく説明しています。老後の資金づくりをされたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:国も推奨する「自分年金づくり」iDecoのメリット・デメリット!

 

⑩ 外貨預金

 

外貨預金とは、日本円以外の通貨で預金を行う方法です。利息の高い外国の金融機関に預金をすれば「高い利息」が付くほか「為替差益」でも一定の利益が狙えます。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

⑪ 外国株式

 

外国株式とは、海外の企業が発行する「株式」の売買価格差で、利益を狙う資産運用法を指します。

 

⑫ 外国投資信託

 

外国投資信託とは、資産運用のプロに資産を預けて運用する方法です(例:外貨MRFなど)

※ 国内には日経平均株価やTOPIXにおいて基準値以上のファンドを目指す「アクティブファンド」や日経平均株価やTOPIXと連動した運用を行う「インデックスファンド」などの投資信託があります。

 

⑬ 海外不動産

 

海外不動産とは、海外の不動産に投資を行い、土地や建物の売買益のほか、不動産による賃貸収入(アパート・マンションの賃貸)により資産を運用する方法です。

 

このほか「不動産特化型クラウドファンディング」や不動産ソーシャルレンディングを通じ、海外不動産に投資を行う方法もあります。

参考記事:不動産特化型クラウドファンディングで資金調達に成功する3つのコツ!

 

⑭ 仮想通貨

 

仮想通貨とは、Bitcoin(ビットコイン)などインターネット上で、物品やサービスの対価に利用できるバーチャルな通貨仮想通貨を売買し、利益を狙う投資法を指します。また自ら仮想通貨を発行し利益を得る「ICO」という方法(投資/資金調達)もあります。

 

参考記事:【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

 

この中で、長期投資に向いているのは、投資信託、株式、債券、国債」など「ローリスク・ローリターン」の投資です。

 

 

「ローリスク・ローリターン」の場合、得られるリターンは低いかもしれません。しかし安全に運用できるのが、この投資(=長期投資)の特徴です。

 

参考記事①: 資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

参考記事②:  資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング

 

「ローリスク・ローリターン」であってもコツコツ長期間投資をすることで、高い確率でのリターンが狙えます。本記事で紹介する方法をもとに「着実に資産」を増やしていきましょう。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

補足|仮想通貨って、これからどうなるの?

 

仮想通貨は、ハイリスク・ハイリターンの投資法です。価格は安定せず、一秒先にはどうなっているのか、投資のプロでも予測することは不可能です。

 

また、最近では、取引所の「セキュリティ面」にも問題が多く、取引所がハッキング被害に遭った場合、保有していた仮想通貨が盗まれるといった事件もありました。

 

もちろん仮想通貨も「投資の方法」として、ダメな訳ではありません。実際に、仮想通貨自体の信頼性は非常に高く、これから金融機関においても「外貨をよりスムーズに取引する」上で、欠かせない存在となるでしょう。

 

また各取引所も、これまで以上にセキュリティを強めており、仮想通貨を長期間保有することで、今後の値上がりも期待できます。

 

もちろん仮想通貨の売買に「絶対」はありません。取引の方法やセキュリティ対策が不十分な場合「資産を失うリスク」は誰にでも起こりうることです。

 

※ 仮想通貨の運用方法については、以下記事が大変参考になります。

 

参考記事:【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

 

 

▊ 長期投資にオススメ、4つの投資法

 

前項でも説明した通り、投資の種類には『株式、投資信託、社債、国債、FX、先物取引、仮想通貨』など、さまざまな種類がありますが、長期投資で最もオススメなのは「投資信託、株式、債券、国債」といったローリスク・ローリターンの投資です。

 

長期投資の種類
投資信託
株式
債券
つみたてNISA

 

本項では投資信託、株式、債券、積み立てNISAについて解説します。

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

投資信託(とうししんたく)

 

投資信託(とうししんたく)は、資産運用を投資のプロに任せる方法です。具体的には資産を預けて運用してもらい利益が出ると「投資金に応じた」利益が分配される仕組みです。

 

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

そもそも投資信託とは?(一般社団法人/投資信託協会)

 

投資信託の良さは、リスクを抑えて手間をかけることなく「安定して資産」が増やせる点にあります。

 

また「投資のプロ」が運用を行うため、私たちが少ない知識で運用するよりも確実に資産が増やせます。もちろん一定のリスクはありますが、ハイリスクハイリターンの投資よりも安心して資産運用が行えるため、投資初心者の方や若い方にもおすすめの方法です。

 

このほか、ロボアドバイザーサービスを利用し、より安価に投資信託や分散投資ができるようになりました。

参考記事:ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

投資信託、ロボアドバイザーによる資産運用を上手に使い分けてみてください。分散投資を行えば、よりバランスの良い資産運用が可能となります。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

株式投資(かぶしきとうし)

 

株式投資(かぶしきとうし)は、企業の発行する「株式」を購入し、売買価格差で利益を上げる資産運用の方法です。

 

野村證券|株式投資のしくみ

 

通常、株式が安い時に購入し、高い時に売ることで利益がでます。仕組みがシンプルなので根強い人気を誇ります。

 

債券(さいけん)

 

債券とは、国や公共団体、銀行、企業が「事業資金を調達するため」に発行する有価証券を指します。また債券のうち、代表的な国債(こくさい)とは「国が発行する債券」のことです。

 

債券(さいけん)

国や地方自治体、企業や海外企業、金融機関などが運用資金を調達するために発行する有価証券の一つに債権があります。発行する際にあらかじめ額面金額や利払い日、表面利率などの条件が決められており原則、利払い日には利息が受け取れる有価証券のことです。

出典:債券とは(東海東京証券)より一部抜粋

 

個人向け国債とは、個人が購入できる国債を意味し、国債には「一定の利息が支払われる」など安定した利回りが狙えます。

 

NISA/つみたてNISA

 

NISA(少額投資非課税制度)は2014年からスタートした制度で、国がビギナー向けに用意した「長期投資の方法」として人気があります。また2018年1月から始まった積み立てNISAをご存知でしょうか。

 

つみたてNISAは「国内にお住まいの20歳以上の方」であれば誰でも申し込むことができ、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。

 

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

つみたてNISA(金融庁)

 

積み立てNISAは、20年間の所得税が非課税にでき、個人投資家に対して「税の優遇」が行われます。このため30代または40代から始めることで、老後に向けた「資産形成」が可能となります。

 

NISAと積み立てNISAの詳細は、以下「金融庁」の特設サイトを参照してください。

参考サイト:NISA(ニーサ)とは?|金融庁

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 長期投資がオススメの理由

 

長期投資には、積立型や国際分散投資など様々な方法があります。また最近では、ロボアドバイザーを活用し、少ない手数料で確かな資産運用を行う方法も人気です。ロボアドバイザーによる「資産運用法」については、次の記事を参考にしてください。

 

参考記事:ロボアドバイザーを使った分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

長期投資のメリットは『長く続けるほどリターンが多くなる』点にあります。以下に、長期投資がオススメできる理由をまとめてみました。

 

長期投資がオススメの理由
① 貯蓄だけではリタイア後の生活が成り立たない
② 国の推奨する投資で、税の優遇が受けられる
③ 企業は得た利益を配当に回している
④ 海外投資|世界経済の成長で、資産が増やせる!

 

①〜④の理由について説明します。

 

① 貯蓄だけではリタイア後の生活が成り立たない

 

年金支給額に期待出来ないいま、貯蓄だけでは「安定した老後」は過ごせません。このため長期投資で「自己の年金」作ることが求められています。

 

② 国の推奨する投資で、税の優遇が受けられる

 

国の推奨する「長期投資」を利用すれば、利益の受取にも税の優遇が受けられるなど、お得なメリットがたくさんあります(例:NISAなど)。

 

③ 企業は、得た利益を配当に回している

 

各企業は「得た利益」を積極的に「配当」へと回すようにしています。長期投資を通じ「企業成長」の恩恵をどんどん受け取りましょう。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

④ 海外投資|世界経済の成長で、資産が増やせる!

 

海外投資では、世界経済の成長に合わせて「経済成長の恩恵」が受けられます。

 

2018 年を迎え、世界経済の成長も加速している。最新の「世界経済見通し (WEO) 改訂見 通し」では、2018 年と 2019 年の成長率の見通しをともに 3.9%に上方修正した。両年ともに、 昨年 10 月の見通しよりも 0.2%ポイント、また、昨年の経済成長率に対する IMF の現在の推 計よりも 0.2%ポイント高い数値となっている。
IMF国際通貨基金(2018 年1月22日)資料より

 

例えば、不動産特化型クラウドファンディングや不動産型ソーシャルレンディングなど、個人が「海外投資」や海外分散投資に参加できる機会が増えています。

 

参考記事:不動産特化型クラウドファンディングで資金調達に成功する3つのコツ!

 

▊ 長期投資成功のポイントは3つ!

 

長期投資で成功するため「必要なポイント」があります。まずは「投資の流れを体験すること」そして「投資の割合に上限を設けること」最後に「資産のチェックを年1回だけに限定する」の3点です。

 

長期投資成功のポイントは3つ!
① 投資の流れを体験する
② 資産のチェックは年1回だけにする
③ 投資の割合に上限を設ける

 

①〜③の内容について、説明します。

 

① 投資の流れを体験する

 

初心者が「投資で成功する」にはまず、投資売買の流れを経験してみることです。

 

投資を始めるには「知識を身に付けてから」という意見や「ある程度シミュレーションをしてから」という考えもありますが、練習ばかりでは、いつまで経っても投資を始めることができません…。

 

どんなに「たくさんの知識」を身に付けた方でも(実際、取引を始めると)慣れないことがあるでしょう。

 

しかし、いかなる投資・資産運用でも「小額から始める」ことで、売買の流れがより深く理解でき、堅実な運用方法が身に付くはずです。

 

もちろん、投資信託にすべてをお任せすれば安心ですが「自分で運用する」ことには大きな意味があります。例えば、自動車が「自動運転」できたとしても、同乗者が運転出来なければ、不足の事態に対処できなくなります。

 

これと同じように、実際に投資を行い「投資の知識」を身に付けることで、より堅実な運用方法が見つけられます。まずは、本項でおすすめしている株や社債などを購入し、現金化するところまで進めてみてください。

 

「投資」とは、買ってから売るまでが「ひとつの流れ」です。一度でも経験しておけば、投資への理解(または興味)はより深まるでしょう。そして実際に利益を出すことができれば、さらに深く「投資について学んでみたい!」と思えるはずです。

 

損失が出ても、次に活かすことが重要

 

投資のプロは利益よりも「リスクとどのように向き合うか」を大切にしています。投資で100%勝ち続けるのは不可能なことです。

 

このため損失はできるだけ少なく、利益を少しでも残すことができれば、投資としては「成功」したことになるのです。損失が出た場合も、深く落ち込むのではなく「投資の授業料」として、割り切って考えるようにしましょう。

 

手数料を比較することも重要!

 

ついつい忘れがちですが、投資をする歳には「どのくらい手数料が掛かるのか」も必ずチェックしておいてください。FX、株式に関係無く、利用する業者(証券会社など)によって取引の手数料は異なります。

 

手数料の安いところを探すのはもちろんですが、その中でも「投資の初心者」にとって、使いやすいサービスを選択してください。

 

また、手数料が高めでも「サービス内容が良ければ」取引業者として選択して構いません。長期的に運用し「元が取れる」のであれば、最も信頼できるところで取引をしましょう。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

② 資産のチェックは年1回だけにする

 

投資初心者の方は、こまめに「資産状況」をチェックをしがちです。しかし毎日・毎時間の値動きだけで一喜一憂するのは良くありません。

 

特に「長期投資」をされる方は、試算チェックを半年に1度、もしくは「年1回」程度に留めておきましょう。

 

「長期投資」に取り組んでいるのですから、値動きする度に、喜んだり、落ち込んだりするのは無駄なことです。特に「一時的な結果」しか見ていない人は、余計なことに手を出してしまうなど投資で失敗しがちです。

 

長期投資で結果を出す為には、あらかじめ「結果を確認する日」を決めておき、短期的な結果に翻弄されないようにしましょう。そして、資産を棚卸しするときには「銘柄ごとに収支」をチェックしてみてください。

 

このほか「積み立て貯金」もあれば、前年から何%プラスになっているか見てみましょう。ここでの数字が「前年比10%以上」であれば(投資として)良い結果が出せている証拠となります。

 

 

② 投資の割合に上限を設ける

 

長期投資の積み立て額は、私たちの所得に応じて自由に設定できます。月100円〜5,000円といった少額でも構いません。一般的な積み立て額は10,000円から50,000円程度でしょう。

 

中には、月100,000円以上投資する投資する人もいますが、投資の上限は「余裕金」の中から、無理のない金額で設定をしてください。

 

投資において、家計を逼迫(ひっぱく)するような金額を、投資する必要はありません。特に、投資初心者の方は5,000円〜10,000円の少額からスタートし「どのような流れで投資を行うのか」全体の流れを掴むことが重要です。

 

また「つみたてNISA」を希望される方も、無理のない金額で、できるだけ早い時期から積み立てを始めましょう。

 

幸いなことに国が推奨する投資には、つみたてNISAのほか、iDeco(イデコ)などラインナップも充実しています。このほか保険会社なども「個人年金保険」などを数多く取り扱っており、それぞれのライフスタイルにあった投資商品が見つかります。

 

投資できる金額は、年齢で変わる

 

前項③で、投資の上限は「余裕金」から設定すると説明しました。投資の金額は「100という数字」から、自分の年齢を引いた数字を「目安」にすれば良いと言います。

 

例えば30歳の方であれば【100 − 30=70】なので、保有する金融資産の約70%が投資の上限になる…という仕組みです。これなら年齢を重ねるにつれて投資に回す金額が少なくなり、よりリスクの低い長期投資が可能となります。

 

しかし、若いからと言って「資産の70%」を投資に回すのは勇気のいることです。このため「投資が怖い」という方こそ(本記事で紹介している)長期投資で、リスクの少ない資産運用が必要になるのです。

 

長期投資で結果が出るのには、最低でも10年かかります。経済の流れは常に「好調と不調」を繰り返しながら進んでいますが、長期投資はじっくり(根気よく)待つことが重要です。

 

短期投資は一時的に「資産が増える」メリットはありますが、長期投資はよりどっしりと構え、10年以上の長期サイクルでリターンを狙う投資法です。

 

こうしたメリットを生かすためにも30代、または40代の家から長期投資を始める必要があります。もちろん50代、60代の方でも「今すぐ」始めることで長期投資の恩恵が受けられるでしょう。

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 自分に合った投資商品を選ぶポイント

 

最後に『自分に合った投資商品』を選ぶポイントについて説明します。

 

返戻率(へんれいりつ)で利回りを確認しておこう

 

まず、年金タイプの金融商品は「返戻率」を確認しましょう。返戻率とはここまで支払った保険料に対して、満期時に受け取れる金額が何%あるのかを示したものです。

 

返戻率(へんれいりつ)とは、生命保険等の保険契約を途中解約した場合や、満期を迎えた場合の満期保険金を受け取る金額が、これまでに支払った保険料に対して何%あるのかを示すもの。通常は百分率(%)であらわされる。

出典:返戻率(金融経済用語辞典)より

 

各金融商品には「返戻率」が掲載されています。

 

ただし、投資額や積み立て額の表記方法は金融商品ごとに異なります。このため、返戻率を単純に比較(計算)するのは難しいのですが、分からない場合は(遠慮無く)保険や金融商品を扱う証券会社、担当者に質問してみてください。

 

それぞれの返戻率を見れば、ある程度の利回りが概算できます。まずは返戻率から、年間の利回りが「何%なのか」チェックしてみましょう。

 

返戻率 = 受け取り額÷支払い総額× 100%

 

返戻率を積み立て期間で割ってみると、支払総額を元本とし、単純な利回りが求められます。

 

受け取り方法をチェックしておこう

 

次に「受け取り方法」について、チェックしてみましょう。長期間積み立てた資金は一括受取のほか、分割、引き出し自由など、商品によって「利益の受取方」は異なります。

 

もし受け取り方法が「退職年と同じ年」になるのなら「退職所得控除」と合算できます。このほか分割で受け取る場合は、公的年金等控除と合わせて申告できるので手続きがラクです。
年金保険、年金信託、iDeco(イデコ)については、一括または分割で受け取れます。このほかNISAは、投資額のうち800円までは非課税で利益が受け取れるほか、引き出し方法も自由に選択できるので便利です。

 

投資を効率良く進めるためにも、契約前に「どのような条件で資産が増え、いつ受け取れるのか」確認・納得した上で長期投資を始めましょう。

 

▊ まとめ|将来のため、長期投資で資産を増やしておこう!

 

今回は「長期投資」で「自己の年金を作る」必要性について説明しました。公的年金に期待できない時代です。これからは長期投資に取り組み、自分の生活は自分で守れるよう「豊かな資産」を築いていってください。

 

【注意】資産運用は、確実な値上がり等を保証するものではありません。このため、投資を始める時には、正しい知識を身に付けるのはもちろんのこと、最新のデータなどを精査した上、ご自身の管理・責任の下で運用を行ってください。

 

※ なお、投資の結果を待っているだけの余裕が無いという方や、今スグ資金繰りを何とかしたいという方(資金調達をお急ぎの方)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

ファクタリングやビジネスローンであれば、最短即日〜翌営業日には資金調達できるので便利です。

 

さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいてください。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と合わせて読みたい、お役立ち記事!

 

・ 資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

・ 国も推奨する「自分年金づくり」iDecoのメリット・デメリット!

・ ICO徹底ガイド!仮想通貨を利用した資金調達を成功させる10のアイデア!

・ 【保存版】フィンテック革命の最新情報と、フィンテックで事業融資を100%成功させる方法

・ ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

・ お金を稼ぐ方法ベスト30!あなたも短期で確実に稼げる&カンタンネット副業でお金儲けが出来る

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/15 22:13
    無料診断がされました。
  • 08/15 17:21
    無料診断がされました。
  • 08/15 17:06
    無料診断がされました。
  • 08/15 13:20
    無料診断がされました。
  • 08/15 13:10
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(78件)

1 2 3 4 5 16

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全455件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる