閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

銀行借入の金利|金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!

銀行借入の中には、金利1%以下という「超低金利ローン」が存在します。そこで、本記事では『金利1%以下の銀行ローン』で審査を通す4つのコツについて紹介しましょう。中小企業経営者の方は、事業資金調達の参考としてお役立てください!

なお以下の記事でも、中小企業経営者の方が資金調達を成功させる方法について、徹底解説しています。ぜひ本記事と合わせてチェックしてみてくださいね。

 

参考記事:【保存版】中小企業事業者の資金調達を「100%成功させる」6つのコツ! 

 

その前に・・・銀行融資の審査は通常1〜2か月の時間がかかってしまいます。銀行の融資が間に合わない方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 西日本地域専門で抜群の実績。24時間以内に仮審査対応。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

▊ はじめに|銀行借入の平均的金利について

 

銀行借入(=銀行融資)には、もともと「低金利で安心できる」といったイメージが定着していますが、中小企業経営者の方が「銀行融資」を利用する場合、平均1%〜3%代の金利で融資を受けることが多いです。

 

金利の幅は、各企業の経営状態によっても変わりますが、銀行の種類や融資商品の違い、制度融資・プロパー融資の違いによっても「設定される金利」は異なります。実際に企業として「高い信頼」を勝ち取れば、1%以下の低金利で融資が受けられます。

 

▊ 銀行借入の金利(基礎知識)

 

ここからは、銀行借入の金利を「基礎知識」を交えてお話ししましょう。

 

銀行融資の貸出基準金利について

 

銀行融資の貸出基準金利は、大きく分けて二種類あります。

 

① 短期プライムレート
② 長期プライムレート

 

①と②の内容について、さらに詳しく説明します。

 

① 短期プライムレート

 

短期プライムレートとは、通称「短プラ」とも言われています。これは金融機関が優良企業に対し、短期(1年以内の期間)で融資を行う場合、適用される最優遇貸出金利(プライムレート)のことを指します。またここでの金利以外にも、信用リスクに応じて「上乗せ金利」が設定されます。

 

(前略)一般に短期プライムレートは、全国的にはメガバンク(都市銀行)のレートが一つの基準となり、各都道府県においては有力地銀のレートが一つの基準となります。また、各企業への短期の貸出金利(融資金利)については、本レートをもとに信用リスク等の大きさに応じて上乗せ金利を付加して決定されるほか、個人向けの変動金利型の住宅ローンや教育ローンなどの貸出金利も、本レートを基準(指標)に半年毎に利率の見直しが行われます(店頭金利は短プラに1%上乗せした水準)。

出典:iFinance「短期プライムレート」より

 

プライムレートが適用されるのは、超優良企業に限られます。財務状況が悪い企業やリスクのある企業には融資は実施されません。

 

② 長期プライムレート

 

長期プライムレートは、通称「長プラ」とも言われており、短期プライムレートより長期間にあたる「1年以上の期間」適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。短期プライムレート同様、金利は信用リスクによって上乗せが行われます。

 

長期プライムレート(ちょうきぷらいむれーと)とは日本の金融における用語で、民間金融機関が企業に対して期限1年以上の融資をする際に最低限度となる金利(最優遇金利)のことである。略称は長プラ。

金利自由化以前には金融関係者の協議によって決められており、「長期信用銀行の発行する5年物金融債の利率+0.5%」を基準とするのが慣例であった。

出典:Wikipedia「長期プライムレート」より

 

なお①と②の「短期/長期プライムレート」のヒストリカルデータは、日本銀行公式サイトの「預金・貸出統計」の中で、より詳しく確認できます。

 

参考リンク①:長・短期プライムレート(主要行)|日本銀行

参考リンク②:長・短期プライムレート(主要行)の推移|日本銀行

 

銀行「金利」を決定する4つの要素

 

メガバンクに限らず、銀行融資の『平均金利』を出すのは難しいことです。なぜなら銀行の金利は、資金調達コストや銀行の経費、貸し倒れのリスクによって決定されているので「コレ!といった正解が無い」からです。銀行の金利は、次に要素をもとに決定されています。

 

銀行の金利を決定する要素
☑️ 資金調達コスト
☑️ 銀行の経費
☑️ 貸し倒れのリスク
☑️ 利益

 

各項目について、以下で詳しく解説しましょう。

 

資金調達コストとは?

 

資金調達コストとは、企業が資金を調達する際必要な費用のことで、別名WACC(ワック)と呼んでいます。

 

WACC(Weighted Average Cost of Capital)

WACCとは、資本コストの代表的な計算方法で、借入にかかるコストと株式調達にかかるコストを加重平均したもの。Weighted Average Cost of Capitalの略で、加重平均資本コストともいう。実際に資金を1円調達するのにいくらのコストがかかっているかを示すのが加重平均資本コスト(WACC)。

ビジネスではWACC以上の利回りをあげることができれば負債コストと株主資本コストの両方をカバーし、債権者と株主を共に満足させることができる。そのため、WACCを、超えなければならないハードルになぞらえて、ハードル・レートと呼ぶこともある。

出典:グロービズ経営大学院「MBA用語集」WACCより

 

企業が資金を調達するには、銀行借入のほか、増資や内部留保などの方法があります。この中で『最も資金調達コストが安い』のは銀行からの借入です。なぜなら、増資をするには「会社からの役員報酬」が不可欠となり、所得税や社会保険料、住民税などのコストが掛かってきます。また、内部留保をする場合にも同様に「税金のコスト」も掛かってくるからです。

 

一方『銀行借入』はどうでしょうか? 銀行の借り入れは、自己資金以上の資金調達をも可能にします。また事業資金が調達できれば、事業の成長スピードを高め「自己資金を投じる以上の効果」がスピーディーに発生します。

 

画像:Weighted Average Cost of Capital (WACC) より

 

こうした理由から、銀行借入は「コストパフォーマンスの良い資金調達手段」として各企業が率先し、取り入れているのです。

WACCの求め方(計算式)

 

資金調達コストは、別名『資本コスト』とも呼ばれます。資本コストは、企業が資本を調達・維持するために必要なコストのことで、比率は%(パーセンテージ)によって示されます。WACCの計算式はやや複雑ですが、大まかには【銀行からの借入費用や株式発行に必要な費用、社債発行費用】によって求められます。

 

例えば、ある企業のWACCは以下のように計算します。

 

WACCは以下の式により求めることができる。

WACC=D/D+E × rD × (1-T) + E/D+E × rE

D:負債総額
E:株式の時価総額(=株価×発行済み株式数)

例えば、資金調達の60%を負債、40%を株主資本に依存している企業があるとする。この企業の(平均)負債コストが5%、株主資本コストが15%、法人税率が40%とすると、WACCは次の式で求められる。

WACC=6%×5%×(1-0.4)+40%×15%=7.8%

出典:グロービズ経営大学院「MBA用語集」WACCより

 

なお、資本調達コスト(資本コスト)やWACCについてさらに詳しく知りたい方は、以下のサイトを参考にしてください。

 

参考サイト:企業の資金調達コスト意識は高まるか(大和総研グループ)

 

銀行経費(ぎんこうけいひ)とは?

 

銀行経費(ぎんこうけいひ)とは、銀行の運用に必要なコストを指します。例えば「銀行業務を行う」には、行員の人件費はもちろん、店舗の運営コスト、融資に必要な事務処理の経費、宣伝費など、さまざまなコストが掛かって来ます。銀行経費は、これらの費用を全て含めたものです。

 

貸し倒れのリスクとは?

 

貸し倒れのリスクとは、別名「信用リスク」と呼ばれます。信用リスクはその名からも分かる通り、融資先が「倒産する確率」を示しています。また、金融機関は各企業の決算書・確定申告書をもとに『企業の格付け』を行い信用リスクをチェックします。

 

参考記事:【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

 

各企業の格付けは1〜10の段階でランク付けが行われ、融資先の信用度に応じて「融資するかどうか」が決定されます。また貸し倒れのリスクが少ない企業については(格付けが高くなるのはもちろん)利息の面でも、優遇措置が取られます。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

利益について

 

ここでの「利益」とは、金融機関の利益を指します。銀行は慈善団体ではありません。働いている行員や業務を継続するためにも、安定・継続した「利益」を出す必要があります。なお、銀行の利益(=収益)は、融資商品、各種サービスに掛かる手数料収益、預かり資金の運用による収益、外国為替売買による運営利益によって成り立っています。

 

企業の経営状況が良ければ、1%台の低金利が設定される!

 

融資を受ける企業の格付けが『Aランク』であれば、銀行融資のレートも1%台にまで引き下げられます。例えば『三期連続黒字』など経営状況の良い企業には、より良いレートが適用されるのです。

 

▊ 銀行借入の金利が最も低いのはどこ?金利1%以下のローンを集めてみました

 

ここからは、借入金利が低い銀行をジャンル別(都市銀行/地方銀行/信用金庫/信用組合)に紹介します。なお表中には「金利1%以上」のローンも含まれています。ただ、どの融資商品も低金利で「返済負担の少ない」ものばかりです。経営者の方は「どのローンが自分に合いそうか」確認をしてみてください。

 

① 都市銀行の借入金利一覧

 

まずは、都市銀行の事業融資(ビジネスローン)とそれぞれの利息を見てみましょう。

 

都市銀行の借入金利一覧

銀行名 ローン名 借入の利率(年利)
三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 2.125%
三井住友銀行 クライアントサポートローン 2.35%~9.00%
三菱UFJ銀行 ① 融活力

② TKC戦略経営者ローン(企業防衛)

③ 平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災の被害「災害復旧支援資金」

④ 平成28年台風第10号の被害「災害復旧支援資金」

⑤ 平成29年7月5日からの福岡県、大分県における大雨災害
「災害復旧支援資金」

① 2.35%~9.00%

② 1.475%~9.00%

③ 1.475%

④ 1.475%

⑤ 1.475%

りそな銀行 ① ビジネスローン・スーパーダンク

② 平成29年7月5日からの大雨による災害 復旧支援融資制度(事業資金)

① 14.0%

② 1.475%

 

三井住友銀行、三菱UFJ銀行のローンは最低金利が2%台と「低金利」融資を実現しています。また、りそな銀行のビジネスローンは「固定金利」のため14.0%という数字を設定していますが、ノンバンクや消費者金融に比べると(比較的)良い金利が与えられています。

 

② 地方銀行の借入金利一覧

 

次に、全国地方銀行の事業融資と「借入金利」を見てみましょう。地方銀行は数が多いため、ややリストが膨大になりましたが、みなさんが『お住まいのエリア』毎に該当するローンと金利を比較してみてください。

 

地方銀行の借入金利一覧

銀行名 ローン名 借入の利率(年利)
足利銀行 ニュービジネス支援資金 1.20%~2.00%
岩手銀行 起業・創業サポートローン<Start Up!>マル保プラン 1.30%
大垣共立銀行 岐阜県林業・木材産業改善資金 公式サイトを確認のこと
京都銀行 きょうとNPO支援連携融資制度 0.50%
紀陽銀行 【地方創生】大阪信用保証協会付創業支援融資「頑張る未来応援融資」 2.00%
熊本銀行 震災関連融資「FFG震災支援復興資金」 0.60%~0.80%
京葉銀行 TKC戦略経営者ローン 1.40%
佐賀共栄銀行 円滑化借換資金 1.30%
滋賀銀行 スピードローンジャストサポート「災害復旧プラン」(台風18号被害) 1.45%〜2.90%
七十七銀行  災害対策ローン(緊急災害融資)秋田県内の大雨被害 事業者向け緊急災害融資(オリックス口) 0.70%~1.975%
清水銀行 静岡県制度融資「農業近代化資金」 0.40%~1.00%
十六銀行 ① 養鶏場における鳥インフルを受けての特別融資
「エブリサポート21:鳥インフル特別プラン」② 養鶏場における鳥インフルを受けての特別融資
「エブリサポート21:インフル特別プラン」 (養鶏農家)
①  1.475%

② 1.475%

大光銀行 平成28年糸魚川市大規模火災の被災者向け災害特別対策融資 事業所災害復旧資金 1.175%
大正銀行 ① 大阪府提携型高齢者向け事業 開業応援融資

② 大阪府提携型地域医療応援融資(プロパー型)

③ 大阪府提携型地域医療応援融資(保証協会保証型)

④ 地域経済活性化資金「まいど!大正です」(プロパー型)

① 2.20%

② 1.875%

③ 1.25%

④ 2.150%

中京銀行 ① TKC連携事業者貸出「太鼓判」

② 女性経営者応援資金

③ 中京・エコ・ビジネスローン

① 0.40%~1.40%

② 1.20%~1.40%

③ 0.85%

中国銀行 ① 緊急特別融資(東北地方太平洋沖地震災害口)

② 新規創業制度(結芽:ゆめ)

③ 鳥取県中部を震源とする地震による被災「災害復旧融資」

④ 平成28年熊本地震 災害復旧融資

① 1.175%

② 1.10%~1.25%

③ 1.20%~1.90%

④ 1.20%~1.90%

筑波銀行 ① 被災されたお客さま向け振興支援融資
事業者向けローン ECOローン② 被災されたお客さま向け振興支援融資
事業者向けローン 振興支援ローン③ 被災されたお客さま向け振興支援融資
事業者向けローン 復興支援ローン
① 1.350%

② 1.850%

③ 1.850%

栃木銀行 TKC戦略経営者ローン 1.35%~4.10%
鳥取銀行 ① 地域振興ファンド活力

② 地域振興ファンド活力 健康経営プラン

③ 地方創生応援融資制度 成長分野強化ローン

④ 地方創生応援融資制度 創業者応援ローン

⑤ 地方創生応援融資制度 地方創生応援ローン

① 1.50%

① 0.90%

① 0.70%

① 1.00%

① 0.70%

トマト銀行 TKC提携ローン「絆」 0.90%~1.50%
名古屋銀行 ① 愛知県融資制度・経済環境適応資金 創業等支援資金

② 企業力強化応援団

① 0.750%〜1.500%

② 1.80 %

八十二銀行 ① 経営上手<めぐみ>

② 創業応援資金<テイクオフ>

① 1.475%~1.975%

② 0.775%~2.675%

東日本銀行 ① スーパービガー

② ニュービガー

③ 医療サポートローン

① 1.15%

② 0.975 %

③ 1.00%

百十四銀行 経営安定融資長期資金(香川県制度融資) 2.10%
福岡銀行 ① 震災関連融資「FFG震災支援復興資金」

② 福岡県緊急経済対策資金(平成29年7月大雨災害)

① 0.60%~0.80%

② 0.90%

福島銀行 ふくしま復興特別資金(福島県信用保証協会保証) 1.50%
北越銀行 糸魚川市大規模火災 災害特別融資 災害対策資金 1.175%
三重銀行 東日本大震災 被災者支援 災害関係特別保証 0.975%
みちのく銀行 TKC戦略経営者ローン 1.50%~6.25%
もみじ銀行 「ふくやまワーク・ライフ・バランス認定業者」向け融資制度 0.975%~1.975%
山形銀行 ① 開業支援資金【一般開業】

② 再生可能エネルギー発電事業促進資金

③ 産業活性化支援資金

④ 産業立地促進資金

⑤ 地域産業振興特別資金

① 1.20%

② 1.30%~1.60%

③ 1.60%

④ 0.70%

⑤ 1.00%〜1.40%

山口銀行 「ふくやまワーク・ライフ・バランス認定業者」向け融資制度 0.975%~1.975%

 

なお、ここで紹介したのは「地方銀行」のうちほんの一部に過ぎません。詳しい情報は、最寄りの金融機関(=地方銀行)にてお尋ねください。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

③ 信用金庫の借入金利一覧

 

次に、信用組合の借入金利を見てみましょう。信用組合の数も非常に多く、全てを書き出すことは困難です。このため本項では、代表的な信用組合の「借入金利」についてのみ取り上げて見ました。

 

信用組合の借入金利一覧

銀行名 ローン名 借入の利率(年利)
京都中央信用金庫 ① 京都中信 創業スタートダッシュ

② スタートダッシュ・ツイン

③ 中信 スピードスター

④ 京都中信 京町家ビジネスローン

⑤ 京都中信「クイックサポート」

⑥ スペシャルファースト

⑦ エコビジネスローン

⑧ 自然災害対策ローン

⑨ スーパーエコローン<ビジネスタイプ>

⑩ スーパーエコローン<省エネタイプ>

⑪ ベンチャーローン

①〜⑪の金利は、公式サイトを確認のこと

【京都中央信用金庫の金利一覧】

城南信用金庫 ① 城南中小企業会計活用・応援ローン

② 節電・新エネルギー推進ビジネスローンエナジーシフト

③ 城南商店街活性化ローン

④ 医療関連施設・設備向け融資“メディカルケア・ローン

⑤ 介護施設向け融資“ライフケア・ローン

⑥ 保育施設向け融資“キッズケア・ローン

⑦ 地域再開発ローン

① 公式サイトを確認のこと

② 1.40%〜2.40%

③〜⑦公式サイトを確認のこと

【城南信用金庫の金利一覧】

岡崎信用金庫 ① おかしん事業活性化ローン

② おかしん事業活性化アパートローン

③ おかしん創業支援資金

④ 商工会議所ローン

⑤ おかしん機械活用ローン

⑥ 流動資産担保融資保証制度

⑦ おかしん海外進出支援ローン

※ 上記以外のローンについては、直接金融機関にお尋ねください。

①〜⑦の金利は、公式サイトを確認のこと

【岡崎信用金庫の金利一覧】

埼玉県信用金庫 ① さいしんVIPファンド

② さいしんサポートローン応援宣言<開拓者>

③ さいしんサポートローン”応援宣言”

④ さいしんサポートローン応援宣言<ドクターα、β、γ>

⑤ さいしんアパートマンションローン

⑥ さいしんコミュニティサポートローン

各ローンの金利は、公式サイトを確認のこと

【埼玉県信用金庫の金利一覧】

多摩信用金庫 ① たましん課題解決取組融資Winシリーズ「Win Pro」

② たましん課題解決取組融資Winシリーズ「Winトラスト」

③ たましん課題解決取組融資Winシリーズ「Winパートナー」

④ たましん課題解決取組融資Winシリーズ「Winニューパートナー」

⑤ たましん創業支援特別融資「ブルーム」

⑥ たましん女性・若者・シニア創業サポート融資「ブルームPlus」

⑦ たましん トライⅡ

⑧ たましん 超長期ローン「チャンピオン」

⑨ たましんNPO事業支援ローン

⑩ たましん公的補助金つなぎ融資

⑪ たましん事業者カードローン「大黒さん」

⑫ 信用保証協会保証付事業者カードローン「ビッグサム」

⑬ 当座貸越「ビッグライン」

①〜⑬の各ローンの金利は、公式サイトを確認のこと

【多摩信用金庫の金利一覧】

尼崎信用金庫 ① あましん創業支援融資

② あまがさき技術サポート融資

③ ひょうご中小企業技術サポート融資

④ 設備資金

①〜④の各ローンの金利は、公式サイトを確認のこと

【尼崎信用金庫の金利一覧】

城北信用金庫 最新の融資商品やサービスは、公式サイトを確認のこと 左に同じ

【城北信用金庫の金利一覧】

京都信用金庫 ① 京信ハイスピードローン
② 京信CCL融資制度(地域相互扶助融資制度)その他、状況に合わせてふさわしい融資商品を紹介(公式サイト、または最寄り京都信用金庫本店・各支店にお問い合わせください)。
左に同じ

【京都信用金庫の金利一覧】

大阪シティ信用金庫 ① 成長性強化支援資金

② 地域活性化資金

③ 海外展開支援資金

④ 円安・エネルギーコスト対策資金

⑤ 設備応援資金

⑥ 即決型協会融資「 CS ファンド F1 」 など

⑦ 介護事業所開設サポートローン

⑧ 新規創業支援融資「スタート」

⑨ 経営革新支援融資「チャレンジ」

⑩ 公社保証付シティオーナーズローン

⑪ 歯科開業資金融資デンタルサポートローン

①〜⑪の各ローンの金利は、公式サイトを確認のこと

【大阪シティ信用金庫の金利一覧】

岐阜信用金庫 ① 企業活性化支援ローンⅠ
② アグリビジネスローンⅠ
③ ビジネスローン無保証人融資制度
④ NPO法人支援ローン
⑤ 機械担保ローン
⑥ 車両担保ローン
⑦ TKC経営者ローン
⑧  創業応援ローン(H30.3.30まで)
⑨ 商品概要説明書
①〜⑨の各ローンの詳細と金利は、公式サイトを確認のこと

【岐阜信用金庫 の金利一覧】

大阪信用金庫 ① 誕生
② だいしん創業支援ファンド“この街のホームドクター”
③ カイゼン
④ カイゼンII
⑤ ビジネスローン「じんそく」
⑥ 個人事業者向けローン「おおきに」
⑦ 機械担保融資「マシンサポート」
⑧ 商工会議所連携ビジネスローン「タイアップ」
⑨ ポケット事業者ローン
⑩ ポケット事業者カードローン
⑪ エコカンパニー<ソーラー>
⑫ エコカンパニー
⑬ 設備投資応援融資
⑭ 大阪応援融資・介護ビジネス応援融資
⑮ ニュー大阪湾R
⑯ 働き方改革支援融資「いきいき」
⑰ 金融機関提案型融資「インバウンド事業応援融資」
⑱ 金融機関提案型融資「事業性評価対応融資」
①〜⑱の各ローンの詳細と金利は、公式サイトを確認のこと

【大阪信用金庫の金利一覧】

 

なお『信用組合』や『信用金庫』の仕組みや違いについて知るには【一般社団法人・全国信用金庫協会】のサイトが役に立ちます。

 

参考記事:信用金庫と銀行・信用組合との違い(一般社団法人・全国信用金庫協会)

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

④ 信用組合の借入金利一覧

 

信用組合は、非常に数が多く全国に151カ所の組合が存在します。このため各組合毎の融資や金利について把握をするのは(現実的にも)難しい状況です。信用組合や信用金庫、銀行の違いは以下の通りです。

 

画像:信用金庫と銀行・信用組合との違い(一般社団法人・全国信用金庫協会)

 

そこで本項では、全国の「信用組合一覧」と問い合わせ先のみ紹介しておきます。みなさんがお住まいのエリアで該当する信用組合を見つけてみてください。各サイト(=リンク先)には、さらに詳しい融資や利息の情報(貸し付け条件)が記載されています。

 

全国の信用組合一覧
北央信用組合(北海道)
札幌中央信用組合(北海道)
ウリ信用組合(北海道)
函館商工信用組合(北海道)
空知商工信用組合(北海道)
十勝信用組合(北海道)
釧路信用組合(北海道)
青森県信用組合(青森県)
杜陵信用組合(岩手県)
岩手県医師信用組合(岩手県)
石巻商工信用組合(宮城県)
古川信用組合(宮城県)
仙北信用組合(宮城県)
秋田県信用組合(秋田県)
北郡信用組合(山形県)
山形中央信用組合(山形県)
山形第一信用組合(山形県)
山形県医師信用組合(山形県)
福島県商工信用組合(福島県)
いわき信用組合(福島県)
相双五城信用組合(福島県)
会津商工信用組合(福島県)
茨城県信用組合(茨城県)
真岡信用組合(栃木県)
那須信用組合(栃木県)
あかぎ信用組合(群馬県)
群馬県信用組合(群馬県)
ぐんまみらい信用組合(群馬県)
群馬県医師信用組合(群馬県)
埼玉県医師信用組合(埼玉県)
熊谷商工信用組合(埼玉県)
埼玉信用組合(埼玉県)
房総信用組合(千葉県)
銚子商工信用組合(千葉県)
君津信用組合(千葉県)
あすか信用組合(東京都)
全東栄信用組合(東京都)
東浴信用組合(東京都)
文化産業信用組合(東京都)
東京証券信用組合(東京都)
東京厚生信用組合(東京都)
東信用組合(東京都)
江東信用組合(東京都)
青和信用組合(東京都)
中ノ郷信用組合(東京都)
共立信用組合(東京都)
七島信用組合(東京都)
大東京信用組合(東京都)
第一勧業信用組合(東京都)
警視庁職員信用組合(東京都)
甲子信用組合(東京都)
東京消防信用組合(東京都)
東京都職員信用組合(東京都)
ハナ信用組合(東京都)
朝日新聞信用組合(東京都)
神奈川県医師信用組合(神奈川県)
神奈川県歯科医師信用組合(神奈川県)
横浜幸銀信用組合(神奈川県)
信用組合横浜華銀(神奈川県)
小田原第一信用組合(神奈川県)
相愛信用組合(神奈川県)
新潟縣信用組合(新潟県)
新潟鉄道信用組合(新潟県)
興栄信用組合(新潟県)
新栄信用組合(新潟県)
さくらの街信用組合(新潟県)
協栄信用組合(新潟県)
三條信用組合(新潟県)
巻信用組合(新潟県)
新潟大栄信用組合(新潟県)
塩沢信用組合(新潟県)
糸魚川信用組合(新潟県)
山梨県民信用組合(山梨県)
都留信用組合(山梨県)
長野県信用組合(長野県)
富山県医師信用組合(富山県)
富山県信用組合(富山県)
金沢中央信用組合(石川県)
石川県医師信用組合(石川県)
福泉信用組合(福井県)
福井県医師信用組合(福井県)
静岡県医師信用組合(静岡県)
丸八信用組合(愛知県)
信用組合愛知商銀(愛知県)
愛知県警察信用組合(愛知県)
名古屋青果物信用組合(愛知県)
愛知県医療信用組合(愛知県)
愛知県医師信用組合(愛知県)
豊橋商工信用組合(愛知県)
愛知県中央信用組合(愛知県)
岐阜商工信用組合(岐阜県)
イオ信用組合(岐阜県)
岐阜県医師信用組合(岐阜県)
飛騨信用組合(岐阜県)
益田信用組合(岐阜県)
三重県職員信用組合(三重県)
滋賀県民信用組合(滋賀県)
滋賀県信用組合(滋賀県)
京滋信用組合(京都府)
大同信用組合(大阪府)
成協信用組合(大阪府)
大阪協栄信用組合(大阪府)
大阪貯蓄信用組合(大阪府)
のぞみ信用組合(大阪府)
中央信用組合(大阪府)
大阪府医師信用組合(大阪府)
大阪府警察信用組合(大阪府)
近畿産業信用組合(大阪府)
毎日信用組合(大阪府)
ミレ信用組合(大阪府)
和歌山県医師信用組合(和歌山県)
兵庫県警察信用組合(兵庫県)
兵庫県医療信用組合(兵庫県)
兵庫県信用組合(兵庫県)
神戸市職員信用組合(兵庫県)
淡陽信用組合(兵庫県)
兵庫ひまわり信用組合(兵庫県)
島根益田信用組合(島根県)
朝銀西信用組合(岡山県)
信用組合岡山商銀(岡山県)
笠岡信用組合(岡山県)
広島市信用組合(広島県)
広島県信用組合(広島県)
信用組合広島商銀(広島県)
呉市職員信用組合(広島県)
両備信用組合(広島県)
備後信用組合(広島県)
山口県信用組合(山口県)
香川県信用組合(香川県)
土佐信用組合(高知県)
宿毛商銀信用組合(高知県)
福岡県庁信用組合(福岡県)
福岡県医師信用組合(福岡県)
福岡県南部信用組合(福岡県)
福岡県中央信用組合(福岡県)
とびうめ信用組合(福岡県)
佐賀県医師信用組合(佐賀県)
佐賀東信用組合(佐賀県)
佐賀西信用組合(佐賀県)
長崎三菱信用組合(長崎県)
長崎県医師信用組合(長崎県)
長崎県民信用組合(長崎県)
佐世保中央信用組合(長崎県)
福江信用組合(長崎県)
熊本県医師信用組合(熊本県)
熊本県信用組合(熊本県)
大分県信用組合(大分県)
宮崎県南部信用組合(宮崎県)
鹿児島興業信用組合(鹿児島県)
鹿児島県医師信用組合(鹿児島県)
奄美信用組合(鹿児島県)

 

このほか、融資や貸付の詳細については、最寄りの信用組合にお問い合わせください。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

その他、商工中金のローンについて

 

商工中金は、正式名称を『商工組合中央金庫』と言い、政府と民間が共同で出資する特殊な金融機関を指します。商工中金は個人向けサービスや投資家向け事業のほか、法人や個人事業主に向けて融資(貸付)を行っています。

 

商工組合中央金庫の業務
・ 融資業務
・ 預金業務
・ 資金証券業務
・ 国債業務
・ 総合金融サービス
・ 債券業務
・ 信託代理業務

参考:商工組合中央金庫(公式サイト)

 

知らない方も多いのですが、商工中金は「日本一格付けが高い銀行」であり、信頼性の高い融資を実施しています。以下に商工中金のビジネスローン(概要)についてまとめてみました。

 

商工中金のビジネスローン概要

区分 内容
ローンの名称 商工中金「一般的な融資」
融資の期間 原則として設備資金15年以内(うち据置期間2年以内)、運転資金10年以内(うち据置期間2年以内)
限度額 最高 7億2,000万円
※ ただし、運転資金は、最高2億5,000万円まで
利息(実質年率) 1.3%~1.8%(基準利率)金融情勢により変更がありますので、窓口に相談のこと。※ ただし「借入条件」によっては特別利率が適用され、優遇が受けられると0.40%〜1.15%で事業融資が受けられます。

 

このように、商工中金のローンは低金利(1.3%~1.8%の基準利率)で融資額も大きく、事業資金の調達にはピッタリの融資商品です。中小企業経営者の方は『商工中金のローン』も合わせて活用してみてください。なお、以下の記事では商工中金のローンについて詳しく解説しています。

 

参考記事①:商工中金(商工ローン)の融資審査を通す4つのコツ!あなたも1000万事業資金を借入できる 

参考記事②:【2018年最新版】商工中央金庫で有利に融資を受ける方法まとめ

 

▊ 国の融資(日本政策金融公庫)が、超低金利で中小企業経営者にオススメ!

 

前項では『商工中金のローン』について取り上げましたが、日本政策金融公庫の融資も「利息が低く良い条件で融資が受けられる」のでオススメできます。例えば、日本政策金融公庫の融資は(次のような条件で)貸付が行われています。

 

日本政策金融公庫で申し込める融資(一例)

日本政策金融公庫の主な融資制度 内容 貸付限度額 金利
普通貸付 最もスタンダードな融資制度、事業者のほとんどが利用できる。 4,800万円まで(特別設備資金は7,200万円まで) 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと
金融環境変化対応資金(セーフティーネット貸付) 取引している金融機関の破綻などで、資金繰りが困難な場合に受けられる融資制度 別枠で、最高4,000万円まで 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと
取引企業倒産対応資金(セーフティーネット貸付) 取引先企業の破綻などで、資金繰りが困難な場合に受けられる融資制度 別枠で、最高3,000万円まで 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと
経営環境変化対応資金(セーフティーネット貸付) 経営の悪化している際、受けられる融資 別枠で、最高4,800万円まで 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと
新規開業資金 事業の新規立ち上げ、もしくは事業開始7年以内に利用できる融資制度 最高7,200万円(運転資金は4,800万円まで) 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと
女性、若者、シニア起業家支援資金 女性、30歳未満の若者、55歳以上のシニア世代が利用できる融資制度 最高7,200万円(運転資金は4,800万円まで) 国民生活事業(主要利率一覧表)を参照のこと

 

なお、上の融資制度以外にも、以下のような「融資」が実施されています。

 

● 再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)

● 中小企業経営力強化資金

● 企業活力強化資金

● IT活用促進資金

● 地域活性化・雇用促進資金

● 海外展開・事業再編資金

● 事業承継・集約・活性化支援資金

 

日本政策金融公庫の融資や審査については、以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説! 

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!

 

さて、本記事のメインテーマである「金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ」について説明します。

 

金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!
① 銀行金利のメカニズムを知る
② 会社の格付けをアップさせる!
③ 会計ソフトを利用し、会計業務を徹底管理する
④ 会計事務所から「お墨付き」をもらう!

 

①〜④の解説は、次の通りです。

 

① 銀行金利のメカニズムを知る

 

金利を効果的(かつ効率的に)下げるには「銀行金利がどのような仕組み」で成り立っているのか知ることが重要です。もちろん、複雑な計算式を覚える必要はありません。ただ、理屈や仕組みを知っているだけでも、利率や利息への理解が深まり今後の『経営』面で大いに役立ってくれます。

 

また知識を深めることは、利息等の無駄をなくして「どの融資制度が、自社の経営状況に合っているのか」見極める目を養ってくれます。

 

以下の記事では、銀行借入の仕組みや利息の計算方法を徹底解説しています。ぜひ銀行金利のメカニズムに触れてみてください(サッと流し読みするだけでもOKです)。

 

参考記事①: 銀行借入の利率について知ろう!中小企業が金利を下げて資金調達を成功させる6つのコツ

参考記事②: 銀行借入の「利息計算方法」を徹底解説!計算が苦手な初心者でも銀行金利が100%分かる

 

② 会社の格付けをアップさせる!

 

会社の格付けが高くなれば、融資審査が通りやすいのはもちろん、金利の優遇が行われます。

 

例えば「超優良企業」と判断された場合は、中小企業の平均金利よりもずっと良いレート(1%以下)の低金利が実現します。格付けをアップするには、先に自己資本比率を高めて「企業の信頼」を築いて行くことです。

 

参考記事①: 【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

参考記事②: 銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ

 

また、株式を公開したり格付け会社の調査を積極的に受けることも、信頼を形成する上で欠かせないことです。

 

参考記事③:5分でわかる上場の全て。株式公開・IPOのメリット・デメリットなど徹底まとめ 

参考記事④:帝国データバンク評点を上げる5つのコツ!企業信用調査51点以上で銀行が営業にやってくる

 

③ 会計ソフトを利用し、会計業務を徹底管理する

 

便利な会計ソフトを味方に付けて、会計業務を徹底管理しましょう。会計ソフトやクラウド会計サービスは、無料で使えるものもあり、正しく帳簿を付けるのに役立ってくれます。精度の高い帳簿や『正しい会計業務』は、銀行から信頼を得る上で重要なポイントです。

 

参考記事:人気の会計ソフト・クラウド会計サービス10選(2017-2018年度版)

 

④ 会計事務所から「お墨付き」をもらう!

 

①〜③のSTEPに沿って、作成した帳簿や決算書は、会計事務所にお願いをして「正確な書類である」というお墨付きをもらいましょう。

 

具体的には、書面添付制度や記帳適時性証明書を発行してもらうことで『帳簿計算の正確性』が証明されます。これらの手続きについては、以下の記事で詳しく取り上げています。

 

参考記事:銀行借入の必要書類は8種類!事業融資を100%実現する重要事項を徹底解説!

 

このほか、以下の記事では『銀行ローンの審査対策』を中心に、融資を受けるコツを徹底解説しています。本項①〜④の重要項目に加えて必ずチェックしておいてください。

 

参考記事:銀行から融資を受ける!審査を通す9のコツ。あなたも1000万円借入できる

 

▊ 銀行借入「低金利」ローンの申し込みで注意したいポイント

 

銀行(低金利ローン)融資の申し込みで、最も注意したいのは『どこに申し込むか』という点です。

 

どんなに低金利であっても「どこでも良い」という訳ではありません。ローンを利用するのは、数ヶ月〜数年と長いお付き合いになります。利用をする金融機関は必ず、信頼性が高く「取引にふさわしい」相手(または融資制度)を選びましょう!

 

▊ 融資実施までの「スピードが速い」ローンはどれ?

 

残念ながら、銀行ローンは審査から融資実施までに1カ月〜2カ月程度の時間が掛かってしまいます。また信用保証付きの融資や国の制度融資も同様です。どの方法も『貸し付け条件』は良いのですが、融資実施までに時間が掛かるのが、一番のネックです…。

 

このため、融資実施までの「スピードが速い」ローンを利用するには、事業融資専門のローン会社を利用したり、ノンバンクのビジネスローンを上手く組み合わせることです。また、資金繰り悪化を一時的に改善する目的で、ファクタリングなどを取り入れるのも賢い方法と言えるでしょう!

 

ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

 

このほか、根本的に「経営改善をはじめたい」という方は、ベンチャーキャピタルや投資家から出資を受けるのも良いでしょう。個人投資家は資金調達の相手としてだけでなく、これまでの経験を活かして経営のアドバイスを積極的に進めてくれます。

 

また「ベンチャーキャピタルはハードルが高い」という方には、クラウドファンディングサービスの利用がオススメです。

 

参考記事:クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

 

クラウドファンディングならネット上で、不特定多数の支援者から資金が集められるので「銀行融資」よりもハードルは低いです。事業資金を今すぐ調達したい方はぜひ利用してみてください。

 

▊ まとめ|銀行借入以外にも、優れた資金調達方法がある!

 

いかがだったでしょうか? 本記事では「低金利銀行ローン」で審査を通すコツを紹介しました。ただ、銀行借入以外にも優れた「資金調達方法」は多数存在しています。

 

中小企業経営者の方、個人事業主の方は、銀行ローンやビジネスローン、国の制度融資、個人投資家からの出資などを組み合わせ「自社経営に役立つ」方法を上手にプランニングしてみてください!

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と合わせて読みたい『役に立つ』記事!

銀行借入の利率について知ろう!中小企業が金利を下げて資金調達を成功させる6つのコツ

銀行借入の「利息計算方法」を徹底解説!計算が苦手な初心者でも銀行金利が100%分かる

銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド

【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/17 19:42
    無料診断がされました。
  • 08/17 18:56
    無料診断がされました。
  • 08/17 17:51
    無料診断がされました。
  • 08/17 15:53
    無料診断がされました。
  • 08/17 14:29
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(79件)

1 2 3 4 5 16

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全455件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる