閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド!

みなさんは、銀行借入時の「仕訳」について正しく理解されていますか? 本記事では初心者の方でもカンタンに分かるよう、銀行借入時の「仕訳」について解説するのはもちろん、銀行の借入金と支払利息が分かる『経理処理の方法』を徹底解説していきます。

なお、経理業務に役立つ「会計ソフトやクラウド会計サービス」については、以下の記事で詳しく紹介しています。経理業務をされる方は、ぜひ本記事と合わせてご覧ください。

 

参考記事:人気の会計ソフト・クラウド会計サービス10選(2017-2018年度版)

 

なお・・・銀行融資の審査は通常、1〜2か月程度時間がかかってしまいます。銀行の融資が間に合わない方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

▊ はじめに|銀行の借入金の「仕訳」とは?

 

銀行借入金の「仕訳」とは、どのような意味を持つのでしょうか?

 

そもそも仕訳(しわけ)とは?

 

まず「仕訳」について説明する前に、簿記の種類について説明します。簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があるのですが、「単式簿記」が取引を1つの科目に絞って記載するのに対し「複式簿記」では、取引を複数の科目に渡って記載する方法を指します。

 

なお、単式簿記と複式簿記の違いは、以下の図を見ることで理解できます(※ 大阪府の「公会計制度」を説明するための画像)。テーマは「新地方公会計制度」となっていますが、単式簿記と複式簿記の特徴や違いが良く分かります。

 

画像:大阪府公式サイト|相談室 新地方公会計制度について(1)複式簿記導入の必要性

 

今回テーマに取り上げた「仕訳」は(冒頭でも説明した通り)複式簿記において用いられます。仕訳(しわけ)とは、もともと『貸借で発生した取引』を勘定項目に分類することです。

 

仕訳(仕訳)
仕訳(しわけ、英: journaling)とは、複式簿記において、発生した取引を貸借の勘定科目に分類することである。
仕訳においては、資産・費用は借方、負債・純資産・収益は貸方に分類し、取引の貸借が分類されたとおりであればその勘定科目を増加し、逆であればその勘定科目を減少させるというルールがある。仕訳は仕訳帳へ記帳される。簿記一巡の手続きの上では、開始仕訳、(期首)再振替仕訳、期中仕訳、決算整理仕訳、決算振替仕訳の種類に分類される。
出典:Wikipedia「仕訳」より一部抜粋

簿記上の取引を行う際、全ての勘定は「借方」と「貸方」のいずれかに分類されるのですが、実際に「仕訳帳」に書かれた勘定科目を見てみると、左側に『借方』があり右側には『貸方』が記載されます。

 

言葉だけ聞いていても「難しそうで、全く頭に入ってこない…」という方も多いでしょう。実は「仕訳」にはカンタンなルールがあり、初心者でも覚えるのは難しくありません。

 

例えば、簿記の基礎講座でも「仕訳のルール」についてイラストや表などを使って、説明しています。以下の画像を見てください。ここでは【資産・負債・資本・費用・収益】を、どのように仕分けるのかが分かりやすく説明しています。

 

画像:実践編−1 簿記の仕訳のルールを身につけよう(スモビバ!)より

 

資産・負債・ 純資産・収益・費用の仕訳ルールが分かれば、勘定の仕訳は誰でもカンタンに理解できます。また両方を覚えなくとも「借方」か「貸方」いずれか一方のルールを覚えておけば、反対の仕訳は「残りを埋めるだけ」で済みます。

 

ここからは、サンプルを用いて「お金を借りたとき」や「お金を返したとき」はどのように仕訳をするのか(上のルールをもとに)より分かりやすく解説しましょう。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

お金を借りた時の仕訳

 

お金を借りた時の仕訳は、負債(債務)が増加するので、貸方に「借入金」を記入し、借方に調達した「現金」を記入します。

 

お金を返した時の仕訳

 

次に、お金を返した時の仕訳ですが、前項「お金を借りた時」の仕訳と反対の作業を行います。ここでは左の借方に「借入金」を記入し、右側の貸方に「現金」を記入します。

 

支払い利息の仕訳

 

次に「支払い利息」の仕訳ですが、まず貸方には「現金」を記入してください。そして左側の借方には【借入金/支払利息】を記入します。

 

借り換えの仕訳

 

借り換えについては「従来の借入を返済」とし、新規借入を新たに記入します。具体的には、貸方に新たな「長期借入金」を記入し、一方の借方には返済した「長期借入金」のほか、長期前払費用、租税公課、支払手数料をそれぞれ記入します。

 

出典:勘定科目仕訳帳|銀行借入の借換の勘定科目と仕訳より

 

なお「借換え」の仕訳については、以下のサイトが非常に分かりやすく解説を行っています。簿記の基礎を学びたい方にもオススメのサイトです。

 

参考サイト①:勘定科目仕訳帳 (確定申告に役立つ仕訳の知識が満載!)

参考サイト②:簿記(スモビバ!)

 

※ なお、銀行融が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ 銀行借入(銀行ローン)の仕訳処理について

 

銀行借入ローンの仕訳は、以下の項目によって構成されています。

 

銀行借入ローンの仕訳
☑️ 長期借入金
☑️ 短期借入金
☑️ 保証料の扱いについて
☑️ 印紙代の仕訳
☑️ 事務手数料の仕訳
☑️ 月々の返済仕訳

 

「仕訳」手順を順に説明しましょう。

 

銀行ローンの仕訳処理の手順

 

『銀行ローンの仕訳処理』ですが、左側の『借方』には以下の項目を記入します。

 

【借方】普通預金、租税公課、長期前払費用、支払い手数料

 

次に右側の『貸方』には、以下の項目を記入します。

 

【貸方】借入金、印紙代、保証料、借入事務手数料

 

借入した元金は「長期借入金」となります。そして差し引かれた印紙代については「租税公課」として分類してください。

 

租税公課(そぜいこうか)とは?
租税公課(そぜいこうか)は、租税及び、公的な負担金である「公課」を総称したものである。類似した概念に「公租公課」があるが、こちらは、租税のうち、法人税等を含まない。会計上は、費用勘定科目として計上されるものと法人税等として扱われるものがある。
出典:Wikipedia「租税公課」より一部抜粋

 

保証料については保証期間によって仕訳が異なります。保証期間1年以内のものは「支払い手数料」とします。また保証期間が1年以上の場合は「長期前払い金」として計上してください。このほか支払手数料(事務手数料)は「経費」として計上します。

 

 

▊ 銀行返済仕訳が分かれば、他4種類も同じ方法で仕訳できる!

 

実は「銀行返済仕訳」が理解できれば、以下4つの「仕訳」方法が自動的に理解できます。

 

・ 役員借入金の返済仕訳
・ 社員借入金の返済
・ 信用金庫の借入金返済
・ 取引先からの借入金の返済

 

なぜなら、上の勘定項目は「銀行からの借り入れ金」と同じになるからです。ここまで説明したことを踏まえ、それぞれの仕訳にチャレンジしてみてくださいね。

 

▊ 銀行借入|仕訳で役立つ!簿記勘定項目の用語集

 

ここでは、銀行借入の仕訳で役に立つ『簿記勘定項目の用語集』を作ってみました。簿記について「分からない用語」があれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

銀行借入|仕訳で役立つ!簿記勘定項目の用語集

区分 特徴
B/S 読み:balance sheet(バランスシート)

貸借対照表(たいしやくたいしようひよう)のこと。

C/S 読み:cash flow statement(キャッシュ・フロー・ステートメント)

キャッシュフロー計算書のこと。

F/S 読み:financial statement(ファイナンシャル・ステートメント)

財務諸表のこと。

P/L 読み:Profit&loss Statement(プロフィット&ロス・ステートメント)

損益計算書のこと。

預り金 読み:あずかりきん

他人から預かった金銭や借りた金銭のことを指す。

後入先出法 読み:あといれ さきだしほう

棚卸資産の評価方法のひとつで、商品を「最近の仕入から順に払い出されるもの」という前提で、仕入金額における期末在庫を計上する方法を指す。

一年基準 読み:いちねんきじゅん

別名をワン・イヤー・ルール(one year rule)と言い、貸借対照表において、資産や負債を「流動資産」または「固定資産」のどちらに区分するか判断するためのルール。

一部現金取引 読み:いちぶげんきんとりひき

伝票会計において、入金取引(もしくは出金取引)と、振替取引が同時に含まれることを意味する。

移動平均法 読み:いどうへいきんほう

棚卸資産の評価方法の一種で、仕入れ毎に在庫分を合算し、合計金額を合計数量で割った上で平均原価を求め『払い出し原価』とする方法を指す。

受取手形 読み:うけとりてがた

商取引において、給付の対価として受け取った手形のこと。

売上 読み:うりあげ

売上高や売上金ともいうが「特定の期間に商品を売り」商取引で得た代金の総額のこと。

売上原価 読み:うりあげげんか

売上に必要な、仕入れ原価や製造原価のこと。

売上債権 読み:うりあげさいけん

受取手形や売掛金のことで、商品やサービスを販売することによって得た対価のこと。具体的には、販売後に支払いの約束をする「金銭債権」のことを指す。

売上総利益 読み:うりあげそうりえき

別名、粗利益(あらりえき)とも言うが、売上高から仕入れ原価(もしくは製造原価)を引いたものを指す。

売上値引 読み:うりあげねびき

販売した商品に不良や数量不足、破損など「品質」に問題があった場合は、値引きを行い販売代金から控除すること。

売上戻り 読み:うりあげもどり

商品が返品された場合の勘定方法(例:商品の不良や品違いなど)具体的には、売上勘定と相殺することで「売上戻り」となる。

売上割引 読み:うりあげわりびき

売掛金など、売上債権が回収期日前に決済された場合の「割引額」を指す(※ 具体的には「営業外費用」として計上する)。

売上割戻 読み:うりあげわりもどし

別名「リベート」または「キックバック」と呼ぶ。一定期間に多量の取引をした得意先に対して「割戻し」を行うこと。「割戻し」は売上高等を基準とするが、通常は売掛金として相殺される。

売掛金 読み:うりかけきん

得意先との「債権」の一種で、商品の売上の未収金や加工、役務提供による営業収益の未収金を指す。

営業外損益 読み:えいぎょうがいそんえき

企業の営業活動以外の活動で発生した金額を意味する。なお、営業損益と営業外損益を合わせたものを「経常損益」と呼んでいる。

営業利益 読み:えいぎょうりえき

営業活動から生じた利益のことで、売上高から売上原価(または販売費)を差し引くことで「営業利益」が求められる。

英米式決算法 読み:えいべいしきけっさんほう

決算方法の一種で、総勘定元帳の各勘定口座を締め切ると同時に「繰越試算表」を作成すること(※ ここでは、資産や負債、純資産の残高を仕訳帳に記録しない)。

買掛金 読み:かいかけきん

通常取引で発生した「営業上の未払い金」のこと。または、仕入れ先からの商品や原材料仕入れにおいて、発生した債務を意味する。電気、ガス、水道料なども買掛金となる。

会計期間 読み:かいけいきかん

別名を事業年度(じぎょうねんど)という。基本的に1年間を区切りとし、財務諸表を作成する期間のこと。

貸倒れ 読み:かしだおれ

貸付金や売掛金が回収できず、債権者に損失が発生すること。

貸倒金 読み:かしだおれきん

倒産によって、売掛金た貸付金の債権が回収できなくなった場合、生じた損失のこと。

貸倒引当金 読み:かしだおれひきあてきん

取引先の貸し倒れのリスクに備え、一定割合を引き当てて費用計上できる金額のこと。貸付金残高などの債権に対し、一定額を積み立てておく行為を指す。

貸倒引当金繰入 読み:かしだおれひきあてきんくりいれ

貸倒引当金を繰入するため必要な費用のこと。

貸付金 読み:かしつけきん

貸付をした金銭、借用証書によって貸した債権など。

借入金 読み:かりいれきん

借入をした金銭、借用証書によって借りた債権などを指す。

仮受金 読み:かりうけきん

手付金や前渡金など、金額または勘定科目が確定していない入金のこと。流動負債に区分される。

仮払金 読み:かりばらいきん

仮に支払われる金銭のこと。勘定科目の一つで、流動資産に分類される。

為替手形 読み:かわせてがた

別名を為替(かわせ)や外国為替手形と呼んでいる。振出人が第三者である「支払人」に対し、手形所持人に一定金額を支払うことを委託した手形のこと。

勘定科目 読み:かんじょうかもく

別名を「科目」や「勘定」という。複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いられ、表示金額の名目をあらわす科目のこと。

間接控除 読み:かんせつこうじょ

別名を間接控除法(かんせつこうじょほう)や間接法(かんせつほう)と言う。勘定科目のうち「減価償却累計額」に累積し、減価償却費を控除すること。

キャッシュフロー計算書 読み:きゃっしゅふろーけいさんしょ

資金の発生原因とその使い道が分かるようにしたもので、表示方法には直接法と間接法がある。企業のキャッシュフローは通常、営業キャッシュフロー、財務キャッシュフロー、投資キャッシュフローの三種類に分類できる。

繰延資産 読み:くりのべしさん

支出された費用の効果が後年度にも及ぶ(役務提供の効果が将来にわたって続く)場合、数年度に渡って費用を分割償却し「資産」計上すること。

経過勘定 読み:けいかかんじょう

前払費用、前受収益、未払費用、未収収益などの種類がある。継続して役務提供を受ける場合や、提供を行う場合、適正な損益計算を行うため発生する勘定のこと。

経常利益 読み:けいじょうりえき

決算書類で発表される利益の一種で、経常利益は営業利益に営業外損益を加減( 利払いや利子収入を加減)すると求められる。

決算 読み:けっさん

一般的に企業が一定区間に得た収益と費用(収支損得)を算定し「財産状況」を発表すること。決算には、損益計算書と貸借対照表の二種類がある。

減価償却 読み:げんかしょうきゃく

長期間使用される固定資産の取得に必要な支出を、資産使用期間にわたって費用配分する会計における計算方法のこと。

関連語:減価償却累積額

減価償却累計額 読み:げんかしょうきゃくるいけいがく

減価償却費として計上した金額の累積額を指す。
関連語:減価償却費

原価法 読み:げんかほう

不動産鑑定評価基準によって、不動産の価格を求める手法のこと。

現金過不足 読み:げんきんかぶそく

現金の帳簿残高と実際残高において差額が生じるなど「不一致」が見られた場合、一時的に用いられる勘定科目のこと(=調整勘定)。

建設仮勘定 読み:けんせつかりかんじょう

有形固定資産の科目の一種で、固定資産へ振り返る前の仮勘定のこと。

減損会計 読み:げんそんかいけい

固定資産の実質的価値評価のことで、具体的には土地や建物など、企業が持つ固定資産を取得原価ではなく、現時点での実質的価値を評価すること(企業会計の手続き)を指す。

小口現金 読み:こぐちげんきん

小額の経費支払用に、各担当者に先渡する現金のこと。

固定資産 読み:こていしさん

貸借対照表における「借方の資産」の部の一種で、固定資産には「有形固定資産」と「無形固定資産」がある。

関連語:流動資産(りゅうどうしさん)

固定負債 読み:こていふさい

社債・長期借入金・退職給付引当金など、貸借対照表における負債の部(流動負債以外の負債)を指す。

財務諸表 読み:ざいむしょひょう

企業の財務内容を外部(利害関係者)に報告するため作成される計算書類(貸借対照表/損益計算書/剰余金計算書/キャッシュフロー計算書等)のこと。

先入先出法 読み:さきいれさきだしほう

先に仕入れた物や製造時期の古い棚卸資産を、順次払い出されたと想定し「仕入額」の期末在庫を計上する方法を指す。

先日付小切手 読み:さきひづけこぎって

実際に振出した日よりも先の日付で、振り出した小切手のこと。

雑益 読み:ざつえき

細々とした少額利益のこと。

雑損 読み:ざっそん

別名を雑損失(ざつそんしつ)という。営業外費用のうち、どの勘定科目にも当てはまらないものや、少額で独立した科目のこと。

仕入 読み:しいれ

再販売を目的として商品を購入すること。卸売業者などへ販売したり、製品化する目的で行われる。簿記会計では、物品を購入した場合は借方に「仕入」と仕訳し、仕入れの場合は「買掛金」とする。また現金購入の場合は「現金」勘定に仕訳を行う。

仕入帳 読み:しいれちょう

別名を買付帳(かいつけちょう)という。江戸時代以降に使われている、商業帳簿の一種。

仕入割引 読み:しいれわりびき

支払い期日前に「仕入債務」を支払った際、生じた「仕入代価」の割引を意味する。

自己宛為替手形 読み:支払人が本人(振出人と名宛人が同一)になっている為替手形のこと。

関連語:自己受為替手形

自己受為替手形 読み:じこうけかわせてがた

受取人と振出人が同一人物となる為替手形(かわせてがた)のこと。

資産 読み:しさん

金銭、土地や家屋、証券などの財産。または、企業が将来企業に収益をもたらすことや、所有する「経営活動に使用する財産」のことを指す。

試算表 読み:しさんひょう

各勘定の貸借の合計額または、貸借残高を記した表のこと。複式簿記では、仕訳帳から元帳へ「仕訳」が転記されるが、転記の正確性を確認するために試算表が作成される。

支払手形 読み:しはらいてがた

代金を支払うために振り出された手形のこと。掛け取引によって商品を購入した場合に使用される。

資本的支出 読み:しほんてきししゅつ

固定資産(設備や不動産)を修繕する場合「減価償却」として計上すること。

収益 読み: しゅうえき

企業の営業活動おいて、得られた「価値増加」のこと。

修繕費 読み:しゅうぜんひ

建物や設備の維持管理や、建物の設備の破損を原状回復するための修理費用(部品交換、維持費も含む)。

純資産 読み:じゅんしさん

別名を純財産(じゅんざいさん) という。勘定科目の区分の一つで、資産総額から負債総額を差し引いた額のこと。

商品有高帳 読み:しょうひんありだかちょう

商品ごとの在庫数量や金額が把握出来るよう、商品の仕入れや売上、返品があった都度毎に金額や数量、単価を記入する帳簿のこと。

生産高比例法 読み:せいさんだかひれいほう

見積総生産高を基準に計算する方法のことで、計算式は次の通り。
減価償却費 =(取得減価-残存価額)×当期の実際生産高 ÷ 見積総生産高

精算表 読み:せいさんひょう

会計に使用する計算書類の一種で、決算手続きをミスなく迅速に進めるため、残高試算表に表示されている資産、負債、資本、収益、費用から損益計算書欄と貸借対照表欄を分離した上で、決算修正、損益計算書、貸借対照表をひとつにまとめ『決算経過の相互関連性』を明らかにするという目的がある。

税引前当期純利益 読み:ぜいびきまえとうきじゅんりえき

会計年度における「税引前利益」のこと。経常利益に特別利益を足し特別損失を引くと求められる。

前期損益修正損 読み:ぜんきそんえきしゅうせいぞん

過年度の経理で起こった誤りを修正する際、生じた損失のことで「特別損失」として計上される。

関連語:前期損益修正益

前期損益修正益 読み:ぜんきそんえきしゅうせいえき

過年度の経理で起こった誤りを修正する際、生じた利益のことで「特別利益」として計上される。

関連語:前期損益修正損

総勘定元帳 読み:そうかんじょうもとちょう

勘定科目毎に、企業の全取引を記載する「勘定口座」を集めた会計帳簿(元帳)のこと。

租税公課 読み:そぜいこうか

損益計算書の費用項目、販売費や一般管理費として計上される項目であり、国税、地方税などの租税のほか、賦課金や罰金などの公課を指す。

損益計算書 読み:そんえきけいさんしょ

財務諸表の一種で、費用と収益とを対照して一表に表示した計算書のこと。一会計期間における企業の経営成績を明らかにするために作成される。

貸借対照表 読み:たいしゃくたいしょうひょう

別名をバランスシートという。財務諸表の一種で負債や資本、資産を記載することで企業の財務状態を明らかにするための書類。

退職引当金 読み:たいしょくひきあてきん

退職給付引当金のことで、従業員が退職する際必要な、一時金や企業年金を目的に会社が計上する費用を指す。

耐用年数 読み:たいようねんすう

別名を耐久年数(たいきゅうねんすう)という。機械や設備が、使用に耐えられる年数のこと。または、固定資産が使用可能な年数を意味する。耐用年数は、減価償却期間算定の基礎となる。

大陸式決算法 読み:たいりくしきけっさんほう

元帳の締め処理の方法で、各勘定残高を閉鎖勘定に振替えて締め処理を行うこと。

立替金 読み:たてかえきん

勘定科目において、金銭を一時的に立て替えた場合の科目。

他店商品券 読み:たてんしょうひんけん

他社商品券を受け取った場合の勘定項目。

棚卸減耗費 読み:たなおろしげんもうひ

別名を棚卸減耗損(たなおろしげんもうそん)とも言う。棚卸資産の在庫保有中に生じた紛失や破損、盗難による減少額を指す。

抽選償還 読み:ちゅうせんしょうかん

途中償還の償還方法であり、抽選により一部債券を償還する方法のこと。債権者平等の原則によって実施される。

直接控除 読み:ちょくせつこうじょ

有形固定資産の取得価格から、減価償却費を直接控除する方法のこと。別名を直接控除法(ちょくせつこうじょほう)や、直接法(ちょくせつほう)とも言う。

低価基準 読み:ていかきじゅん

決算期、資産の時価と取得時の原価を比較し、低い方の金額で評価する方法を指す。

定額資金前渡法 読み:ていがくしきんまえわたしほう

別名、インプレストシステムという。一定期間必要とする金額を見積もり、用途係に前渡しをすると同時に期間中必要となった支払い相当分を小切手で補給する方法を指す。

定額法 読み:ていがくほう

別名を定額償却(ていがくしょうきゃく)や、直線式償却法(ちょくせんしきしょうきゃくほう)とも言う。減価償却方法の一種で、固定資産の耐用年数の期間中、毎期同一額ずつ償却していく方法のこと。

訂正仕訳 読み:ていせいしわけ

誤った仕訳を見つけた場合、訂正のために切る仕訳のこと。

定率法 読み:ていりつほう

別名を定率償却(ていりつしょうきゃく)とも言う。減価償却を行う方法のひとつで、固定資産の未償却残高に毎期一定率を掛け、計算した額を償却することを指す。

手形貸付金 読み:てがたかしつけきん

金融機関の「貸付方法」の一種で、借用証書の代わりに借り主から貸し主あての約束手形を交付した金銭のこと。

参考記事:手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

手形借入金 読み:てがたかりいれきん

借用証書の代わりに、金融手形を用いて、資金を借り入れた資金のこと。または、この場合に用いる勘定科目を指す。

手形の裏書 読み:てがたのうらがき

満期日前に現金化をしたい場合、手形を保有する者が第三者に対し、手形を譲渡すること。

手形割引 読み:てがたわりびき

別名を割引(わりびき)や割手(わりて)という。
手形の所持人が、支払い期日前の手形を金融機関などのに裏書譲渡し現金化すること。この場合、期日までの利息や手数料を差し引かれる。

参考記事:手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

手形売却損 読み:てがたばいきゃくそん

銀行など金融機関に、期限前に受取手形を出した場合、取られる割引料のこと。費用は「手形売却損」として計上する。

当座借越 読み:とうざかりこし

小切手を振出したものの、当座預金残高を超過した場合の借越分(かりこしぶん)のこと。

当座借越契約 読み:とうざかりこしけいやく

限度額まで小切手が決済できるよう銀行と結ぶ契約のこと。関連用語:当座借越(とうざかりこし)

当座預金 読み:とうざよきん

小切手や手形の支払いのための預金で、原則として「無利息」で預けることになる。また当座預金の引き出しには、小切手や手形が使われる。

特別損益 読み:とくべつそんえき

非経常的な損益のうち、臨時的なものや巨額なもののこと。金額が小さいものや、毎期経常的に発生するものは営業外損益として区分される。

取替法 読み:とりかえほう

部分的な取替などに発生する取替費用を「収益的支出」として計上すること(方法)を指す。

名宛人 読み:なあてにん

荷物や証券において「受取人」として名前が指定された人のことをいう。

内部取引 読み:本店から支店(本社から子会社)へ利益を上乗せし、販売した時場合の利益額をいう。
内部利益  読み:ないぶりえき
荷為替手形 読み:にがわせてがた

自己を受取人、買主を支払人として振出される為替手形のこと。

二勘定制 読み:にかんじょうせい

当座預金が残高以上に減少した場合、当該超過部分を当座借越勘定を使って処理する方法のこと。

任意積立金 読み:にんいつみたてきん

会社の利益のうち、留保した積立金のこと。

売価還元法 読み:ばいかかんげんほう

商品を売価によって棚卸し、原価率を乗じた上で期末商品の原価を算定すること。

配当可能限度額 読み:はいとうかのうげんどがく

企業が株主に支払う配当金限度額のこと(例:資本金、資本準備金、利益準備金のほか、積み立てるべき利益準備金、開業費、試験研究費、開業費の超過額、時価評価した資産の評価差益など)

売買目的有価証券 読み:ばいばいもくてきゆうかしょうけん

時価変動によって、利益を得ることを目的として「有価証券」を保有することを指す。

販売基準 読み:はんばいきじゅん

販売時点に売上を計上する基準のこと。

販売費/一般管理費 読み:はんばいひ/いっぱんかんりひ

商品の販売に関して発生する費用のこと(例:販売員の給料や広告宣伝費、荷造発送費、配達費、保管費など)

引出金 読み:ひきだしきん

通常の損益によらない、純資産の増減を記録するための「勘定科目」で、評価勘定として分類される。

費用収益対応の原則 読み:ひようしゅうえきたいおうのげんそく

収益と費用を企業活動上の経済的因果関係に沿って把握すべきという考えで、期間損益計算上の基本原則となっている。

費用配分の原則 読み:ひようはいぶんのげんそく

過去の支出額または、将来の支出額を「当期」と「次期」以降の費用として配分する考え方をいう。

振出人 読み:ふりだしにん

手形・小切手を発行する者のこと。

参考記事:手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

不渡手形 読み:ふわたり手形

支払期日に決済されない手形のことで、2回不渡りを出すと銀行取引停止となり『実質的倒産』となる。また手形債務者によって拒絶された場合の手形を「不渡手形」と呼んでいる。

参考記事:約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ 

分記法 読み:ぶんきほう

「商品」や「商品売買益」など勘定を用いて記帳すること(商品売買の処理方法として使われる)。

平均法 読み:へいきんほう

単価の異なる資産を平均値によって算出すること、または平均的になるよう購入する計算方式のことを呼ぶ。

別段預金 読み:べつだんよきん

別名を雑預金(ざつよきん)とも言う。銀行業務によって発生する未決済や未整理、雑預り金など「一般預金」以外の資金を一時的に保管する勘定科目のこと。

別途積立金 読み:べっとつみたてきん

使用の目的が、限定されていない任意準備金のこと。

法人税等・課税所得 読み:ほうじんぜいとう・かぜいしょとく

法人税等とは、法人税・住民税および事業税などを意味し、企業の課税所得に基づいて計上される税金のことを指す。一方の課税所得とは「法人税法」におけるの当期純利益を意味する。

保険差益 読み:ほけんさえき

保険に付帯していた固定資産が滅失や損壊を受けた場合、受取保険金が(被害直前の)簿価を超えた場合の差額のこと。

前受金 読み:まえうけきん

得意先から商品やサービスを提供する前に、支払いを受けた際に用いる勘定科目のひとつで、流動負債として区分される。

前受収益 読み:まえうけしゅうえき

未だ提供されていないサービスについて受け取った額のこと。

前払金 読み:まえばらいきん

請負契約において、工事着手前に支払われる請負代金の一部のことで、別名「前渡し金」や「前渡金(ぜんときん)」ともいう。

前払費用 読み:まえばらいひよう

未だ提供されていないサービスについて支払った額のこと。例えば「支払利息」の場合、3月決算にも関わらず、次の8月まで支払利息を先に払った状態を指す。

満期保有目的有価証券 読み:まんきほゆうもくてきゆうかしょうけん

満期までの保有を目的とした、社債やその他の債券のこと。

未決算 読み:みけっさん

一時的な勘定のこと。取引途中のため金額や勘定科目が決まっていない場合に、この「未決算」処理が行われる。

未収入金 読み:みしゅうにゅうきん

別名を未収金(みしゅうきん)と言う。会計において、営業活動以外で生じた未回収の代金を指す。

未収収益 読み:みしゅうしゅうえき

サービスは提供済みだが、決算の時点で「代金支払いを受けていない」収益のこと。

未取立小切手 読み:みとりたてこぎって

取引銀行に対し「小切手の取立依頼」を行ったものの、取り立てが完了していない(未取り立て)の小切手を指す。

未取付小切手 読み:みとりつけこぎって

得意先に振出した小切手のうち、銀行に持ち込まれず「未決済の小切手」を指す。

未払金 読み:みばらいきん

サービスや商品の提供を受け「支払い義務」が確定している金額のこと。なお、仕入れ先から商品や材料費として使った費用は売掛金(うりかけきん)という。

未払費用 読み:みばらいひよう

契約に沿って「継続した財貨や役務の提供」を受ける際、財貨または役務を提供を受けたにも関わらず、対価が支払われていない費用のこと。

未渡小切手 読み:みわたしこぎって

小切手を振出したが、得意先等に渡していない小切手のことを指す。

約束手形 読み:やくそくてがた

別名:約手(やくて)とも言うが、振出人が、一定金額を一定の期日に支払うことを約束する手形のこと。この場合、振出人が支払い義務を追うため、手形の引き受けは行われない。

参考記事:約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

有価証券 読み:ゆうかしょうけん

手形/小切手/債券/商品券/株券/船荷証券/倉庫証券/貨物引換証など、財産権を持つ証券のことで、権利の移転・行使に原則として証券が必要なものを広く「有価証券」と呼んでいる。

有価証券運用損益 読み:ゆうかしょうけんうんようそんえき

勘定科目の一種で「有価証券売却損益」と、「有価証券評価損益」をまとめて表示する場合に用いられる方式。

有価証券売却損益 読み:ゆうかしょうけんばいきゃくそんえき

流動資産として計上されている「有価証券」を売却した場合、発生した利益または損失のことを指す。

有価証券評価損益 読み:ゆうかしょうけんひょうかそんえき

流動資産に計上されている「有価証券」を時価評価した場合、発生した利益や損益を「有価証券評価損益」という。

利益準備金 読み:りえきじゅんびきん

各企業が、決算期の利益を財源として積み立てる、法定準備金(ほうていじゅんびきん)のこと。

流動資産 読み:りゅうどうしさん

現金や営業活動によって短期間(一年以内)に現金化できる預金や売掛金、有価証券のほか、棚卸資産などの財産を指す。

流動負債 読み:りゅうどうふさい

別名:短期負債とも呼ぶが、短期間内に「支払期限」または「給付引渡期限」来る負債のことを言う。

 

※ なお、銀行融が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ 番外編|おすすめ経理・会計ソフト一覧

 

ここまで、会計における「仕訳」の基礎知識をお伝えしましたが、よりカンタンに経理や会計業務を進める『便利ツール』が存在します。それは一般に流通している、会計ソフトやクラウド会計サービスです。

 

会計ソフトを使用するメリットは、操作がカンタンなことに加え「直感的に仕訳ができる」点にあります。本項では、人気の経理・会計ソフトをいくつかピックアップして紹介しましょう。

 

個人事業主/中小企業経営者におすすめ|会計ソフト&会計サービス
クラウド会計ソフト freee
MFクラウド会計
勘定奉行シリーズ
弥生会計オンライン
ハイブリッド会計Crew(クルー)
税理士いらず
会計ソフト「FX2」 | TKCの会計ソフト
会計王18シリーズ|ソリマチ株式会社
かんたん!法人会計|MJSかんたん!シリーズ
Macの青色申告
ハイブリッド会計Crew(クルー)
個人事業主・フリーランスのための確定申告 平成29年3月15日締切分 ずっと無料! やよいの白色申告 オンライン対応
ちいさなビジネス経営の味方 クラウド会計ソフトfreeeで確定申告を1日で完了させる本
確定申告を簡単に自動化してラクする本 2017年版MFクラウド確定申告公式ガイド
自分でできる!確定申告の書き方 三才ムック vol.921
個人事業主・フリーランスのための青色申告 平成29年3月15日締切分 無料で使える! やよいの青色申告 オンライン対応 Kindle版

 

なお、経理・会計ソフトについては以下の記事で徹底解説しています。会計業務をより効率良く進めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:人気の会計ソフト・クラウド会計サービス10選(2017-2018年度版)

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

▊ まとめ|仕訳を知れば、経理処理はもっと楽しくなる!

 

今回は「仕訳」の仕組みや方法について紹介しました。仕訳は覚えれば覚えるほど「会計業務」が楽しく(帳簿作成の作業が)ラクになります。もちろん、会計事務所や会計ソフトのお世話になるのも良いですが、仕組みを知っておくだけでも経営の力が付き「自社の経営状況」が冷静に判断・分析できるように成長できます。

 

もちろん、急ぐ必要はありません。会計ソフトを使いながら、少しずつ「仕訳」や帳簿作成の方法を覚えていけば良いでしょう。

 

銀行融資の理解に役立つオススメ記事一覧

 

最後に本記事と併せてオススメの記事をまとめておきます。

 

・ 事業資金の借り換えの注意点!銀行融資で借り換えるメリット・デメリットとは?

・ 銀行融資枠(コミットメントライン)とは?追加融資を受ける5つのコツ!

・ 銀行融資の必要書類一覧|融資実現を叶える100%の準備ガイド!

・ 銀行融資担当者が「思わず融資したくなる」100%完璧な事業計画書の書き方ガイド!

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(実務編)

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(準備編)

・ 【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

・ 銀行融資完全ガイド・銀行との交渉は「5つのポイント」を守ればOK!

・ 銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

・ 【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

・ 銀行融資を100%成功させる近道は「コネと人脈」って、ホント?

・ 銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ

・ 【保存版】銀行融資を受ける為の12の秘訣。金融機関からの借入の審査対策!

・ 銀行融資の仕組み

・ 直接金融と間接金融(銀行融資について)

・ 銀行との付き合い方、銀行融資を活用するため良い関係を築こう!

・ 銀行融資(資金調達プロ)

 

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/17 19:44
    無料診断がされました。
  • 12/17 19:43
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:53
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:52
    無料診断がされました。
  • 12/17 18:51
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(105件)

1 2 3 4 5 21

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる