閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【2018年最新版】カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードが作れる!

本記事では、カードローンで「審査を通す4つのコツ!」のほか、限度額100万円のローンカード作る方法について説明します。銀行や消費者金融、ビジネスローン専門の金融業者で『審査』を通し、限度額100万円のカードローンを手に入れましょう!

カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる

なお、審査に自信が無い方は、本記事を参考に『限度額100万円のローン』を申し込んでみてください。簡単なコツを掴むだけで『審査の難易度』は下がり、誰でも簡単にカードローン契約できますよ!

 

参考記事:【保存版】今すぐお金を借りる20の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

その前に・・・カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

 

なお、当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

※ 株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

目次

▊ はじめに|カードローンの種類

 

カードローンには、銀行系カードローン、消費者金融カードローン、信販会社のカードローンのほかにも、事業者カードローン(ビジネスローン)、法人カードローンなどさまざまな種類があります。

 

本記事で紹介するのは、使途自由なカードローン(別名:フリーローン)です。銀行や消費者金融、信販会社のカードローンは金利も低く、審査が速いなど、貸し付け条件の良さで人気があります。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ カードローンの限度額は、いくらまで設定できるの?

 

カードローンの限度額は、審査結果によって異なります。もちろん、各ローン毎に「最高〇〇万円」という上限が決まっていますが、上限内で「いくらの利用枠が設定されるのか」は、個人個人の信用状況によって変わります。

 

また消費者金融、銀行、ビジネスローン、日本政策金融公庫の融資、など金融機関別に『どのくらい融資が受けられる』のかは異なります。一般的に消費者金融のローンは「少額融資」がメインなので、多くとも500万円〜800万円が限度です(※ 中には、限度額100万円や200万円、300万円のローンもあります)。

 

これに対し、銀行ローンはやや利用枠が大きく、最高800万円〜1,000万円といったローンも多いです。そして、ビジネスローンや事業者ローンについては『ビジネスで必要な融資』なので、設備投資や運転資金に活用できるよう、数百万円〜数千万円単位で融資が実施されます。

 

中には、数億円の融資を行う事業者ローンもあり、日本政策金融公庫の融資についても設備投資の融資には、大きな金額が動きます。一般的に金額の大きなローンは、カードが発行されません。中にはカード発行型のビジネスローンもありますが、金額が大きくなれば「直接振込でやり取りする」パターンが多いです。

 

このほか、カードローンではありませんが、担保や保証人のいるローンは「利用枠の上限」が大きく設けられます。これは金融機関の貸し倒れリスクが無く、安心して融資が実施できるからです。不動産担保融資についてもカードローンとは異なりますが、土地の評価額に応じて数百万円〜数千万円単位のお金がやり取りされます。

 

▊ 「カードローン」審査が不安な方でも、お金は借りられる!

 

カードローン審査が不安な方でも『審査の傾向』と対策さえ立てていれば、お金は無事借りられます(※ カードローンの審査対策は本記事後半で詳しく解説します)。

 

また最近は、即日融資を行うローンも増えており、申し込みから最短30分で審査結果がわかります。当日中に必要なお金が受け取れると、生活費が足りない方はもちろん、冠婚葬祭や急な出張でお金が必要な方でも、安心してキャッシングできます。

 

そして、カードローンの中には一定期間『無利息でキャッシング』できるところもあり、契約から30日程度(長ければ180日)は、利息0円でお金が借りられます。

 

こうした『無利息期間』を活用すれば、必要な支払い日と給料日の間を穴埋めすることも可能です。資金繰りでお困りの方は、上手にカードローンを活用しましょう。

 

カードローンの審査難易度は、銀行&消費者金融どちらも「ほぼ同じ」なので安心!

 

一昔前までは、カードローンの種類によって審査難易度は大きく異なりました。しかし最近は、銀行も消費者金融も、それほど審査のハードルは変わりません。どちらも他社での返済や、借り入れ状況に問題がなければスムーズに審査が通ります。また、どのローンも最短即日〜翌営業日には必要な融資が受けられるでしょう。

 

ただし、審査を受ける前には必要な書類を全て手元に用意しておきましょう。例えば身分証明書や、場合によっては所得証明書(収入の状況を証明する書類)が必要です。最近は「所得証明書不要なローン」も増えていますが、自営業の方や借入金額の大きな方は、最新の所得証明書類が必要です。

 

所得証明書について

所得証明書は、「収入証明書」とも呼ばれ、前年の1月1日から12月31日までの1年間にどれくらいの所得(収入)を得たかを証明するための書類や証書のことをいいます。 会社員や公務員などの場合は、12月の年末調整の時に職場で受け取る「源泉徴収票」が最も一般的となっています。

出典:所得証明書とは|金融経済用語集 – iFinance-金融情報サイト

 

なお、多くのローンに共通する「収入証明書」を分かりやすくまとめてみました。

 

各ローン審査で共通して必要な「収入証明書」の一覧

源泉徴収票 発行されている最新年度の源泉徴収票を用意しましょう。
給与明細書 通常、住民税や地方税など「税額決定通知書」を提出しますが、入社が前年1月以降の方や地方税や住民税の記載がない方は、直近2カ月(一部カード会社は1カ月でもOK)分の給与明細書を提出します。またボーナスを受け取っている場合は、賞与証明書を用意しましょう。
市民税・県民税額決定通知書 現在発行されている最新年度の市民税・県民税額決定通知書を用意しましょう(※ ただし、市町村区によって同書類の呼び名は異なります)。
所得証明書 発行されている最新年度の所得証明書を用意しましょう(※ ただし、市町村区によって同書類の呼び名は異なります)。
確定申告書(第一表) 現在申告している、最新の確定申告書を用意します。

 

なお、給与明細書を利用される方は「記載内容が手書きかどうか」確認してください。もし、手書きの給与明細書を提出する場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要となるので注意しましょう。このほか、給与明細書に本人の氏名と発行年月日、月収、勤務先の名前が入っているかも必ずチェックしてください。

 

また『いざ審査を受ける時』には、慌てずに済むよう(本人確認書類や収入証明書など)必要な書類は、時間に余裕を持って準備しておいてください。

 

その前に・・・カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

 

なお、当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

※ 株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

▊ 銀行・消費者金融で借りられる「カードローン」について

 

カードローンは、既に沢山の方が利用されているでしょう。実際にキャッシングやローンの利用者は年々増加しており、若者や女性、シニア層の利用者も非常に多いです。カードローンは原則、少額融資を行う融資商品で、原則無担保・保証人不要で利用できます。

 

カードローン(Card Loan)とは?
銀行又は協同組織金融機関(以下「金融機関」と総称)が発行するカードを利用するローンである。カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れることができる。ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用することができる。

尚、カードを用いずにインターネットバンキングなどを利用してローン口座から普通預金口座への振替で資金を貸し付ける形態のみのローンもあるが、これはネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれ、カードローンとは異なる。

出典:Wikipedia「カードローン」より一部抜粋

 

また最近は、所得証明書(収入証明書)不要で利用できるローンが増えており、消費者金融の場合は50万円まで。銀行カードローンの場合は100万円〜300万円(中には500万円といった場合も)まで、収入を証明する必要がありません。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ カードローンは、どんな時に使うの?

 

カードローンを利用される方の多くは、生計費(=日常必要な生活費)として利用される方が多いです。また、レジャーや冠婚葬祭などを理由にお金を借りる方も増えています。

 

ただ、一人一人詳しく理由を聞くと、日常の生活費だけでなく、学費や教育費、留学費用、資格取得の費用、事業資金(=ビジネスに必要な運転資金、企業資金など)のほか、引越しに必要な費用、車の購入費用(マイカーローン)、住まいの購入費用(住宅ローン)などの理由があります。このほか、借金で首が回らなくなり、返済のためにお金を借りる方や、事故などの示談交渉でお金が必要な方など、理由は様々です。

 

2015年に金融庁が発表したデータによると、3年以内に借り入れを経験した方のクレジットカード会社のキャッシング・カードローンの利用理由は次のとおりです。

  • 生活費不足の補填:38.1%
  • 欲しいもののための資金不足の補填:28.5%
  • クレジットカードの支払い資金不足の補填:21.4%

生活費のためと欲しいものを購入するために、キャッシング・カードローンを利用される方が6割近いというデータになっています。その次に多いのが、21.4%の「クレジットカードの支払資金不足」を補うためです。返済のために新たに借り入れを増やすことは利息を増やしてしまうことに繋がるので、できるだけ避けることが望ましいです。

出典:どんな理由でカードローンを使う人が多いですか?(JCBカード公式サイト)

 

そして堅実な方の中には『今使っているローンの利息が高いので、低いローンへ切り替えたい』という方や、利息が高いクレジットカードのキャッシング分を『銀行ローンなど低金利融資で借り換えたい』という方もいらっしゃいます。

 

参考記事:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

▊ カードローンの種類は大きく分けて5つある!

 

カードローンと言えば、アイフルやアコム、SMBCモビット、プロミス、ノーローンなどの五社が有名ですが、これらのカードローンは即日融資にも強く(=審査が速い)金利が低い上に、返済の負担も少なく『信用できるローン会社』として人気があります。

 

日本の代表的カードローン五社
・  アイフル
・  アコム
・  SMBCモビット(株式会社SMBCモビット)
・  プロミス
・  ノーローン

※ 株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

▊ ローンには無担保型と有担保型の二種類がある

 

カードローンは大きく分けて二種類あります。一つ目は(最も一般的な)無担保型で、もう一つは不動産などを担保にする有担保型です。無担保型は、保証人や担保がいらないローンです。反対に有担保型は、不動産などの担保を元手に融資を行うローンです。

 

金融機関としては、不動産担保融資の方が(融資先が)返済できなくなった場合のリスクを回避できるので『安心』というのが正直なところです。同様に金融機関は、保証人を付けた融資や信用保証協会を介した融資の方が「貸し倒れにならない」という理由で喜んでくれます。

 

参考記事:不動産担保ローン20選!銀行の審査基準や金利で比較。おすすめ人気ランキング

 

ただし、私たち利用者(=債務者)の側からすれば、保証人や担保の無い融資の方が「嬉しい」に決まっています。まず、面倒な担保や保証人の設定や準備の必要がなく、気軽にキャッシングできるのは、何よりうれしいことです。なお、本記事では「無担保型」のローンを中心に説明したいと思います。

 

カードローンの種類

個人向けのカードローンは、担保を必要としない無担保型と、不動産や有価証券などを担保とする有担保型に大別される。いずれも用途は原則として自由であるが、事業資金として利用することはできない(事業資金として利用することができる個人事業主向けのカードローンを別に設けている金融機関もある)。

出典:Wikipedia「カードローン」より一部抜粋

※ 使途自由=生計費|生活費、レジャー資金、教育資金などに利用可

 

無担保型ローンの特徴は、保証人や担保が要らない代わりに「融資額は少なめに設定」されるという点です。これに対し、担保型は土地や建物など「不動産を担保」にするため、より大きな融資が受けられます。

 

また同じ「無担保型ローン」の中にも、さらに細かな種類があります。

 

ローンの種類(無担保型ローン)

種類 内容
フリーキャッシング(生活費、レジャー資金、教育資金などに利用可) 生計費|生活費、レジャー資金、教育資金などに利用できるローン。カードローンの中では最も人気が高い。生計費のほか、利用限度額が大きなローンはおまとめローンや借り換えローンとして代用されている。
目的ローン(使途が決まっている方限定)  旅行/教育費/ブライダル/マイカー購入/住宅購入など、あらかじめ資金の使い道が決まっている
ビジネスローン(事業資金) 事業性のある融資/事業資金に対して貸付が行われる。通常、同ローンは生計費との併用ができない(※ ただし、プロミス自営者カードローンのように一部例外もある)。
おまとめローン(貸金業法に基づくおまとめローン) 複数ある借入を一つにまとめるために出来たローン。多重債務者の救済が目的で、利用をすることで「返済負担の軽減」が望める。
借り換えローン 利息が高い他のローンから、低金利カードローンへの「借り換え」を目的にしたローン。利息は低いが、審査はやや厳しい。

 

各ローンについて、補足を加えて置きましょう。ここでは、人気が高いプロミスカードローン(SMBCグループ)を例に説明して行きます。

 

▊ フリーキャッシング・生計費(生活費、レジャー資金、教育資金などに利用可)なローン

 

フリーキャッシングは、生計費(生活費、レジャー資金、教育資金などに利用可)なローンです。生計費に使えるほか、目的ローンやおまとめローンの代わりにも代用できます。特に「利用枠が大きなローン」は、複数あるローンを一本化するのに向いています。

 

担保も保証人も不要のフリーキャッシング。「運転免許証」など本人確認書類をご用意いただければ、その場でご審査、その場でキャッシングが可能です。

出典:プロミスカードローン「フリーキャッシング」より

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

▊ 目的ローン(旅行/教育費/ブライダル/マイカー購入/住宅購入など)

 

目的ローンは、あらかじめ目的が決まった方に融資を行うローンです。

 

トラベルローン・旅行ローン画像:H.I.Sトラベルローン・旅行ローン

 

旅行費用(エアチケット/ツアー代金)や教育費用、ブライダルに必要な費用(挙式/ハネムーンなど)のほか、マイカーの購入、住宅購入費用もすべて「目的ローン」に分類されます。

 

教育資金や結婚資金など使い道が決まっている方へ、さまざまな用途にご利用いただける目的ローンのご紹介です。

出典:プロミスカードローン「目的ローン」より

 

このほかにも、結婚に必要な資金が借りられるブライダルローンも人気があります。

 

ブライダルローンは、「ウェディングローン」や「結婚費用ローン」とも呼ばれ、結婚に関わる費用に幅広く対応したローンのことをいいます。これは、結婚式や披露宴、新婚旅行、結納代、指輪代、新居費などの費用に使えるローンで、一部の金融機関では専用ローンを利用できますが、通常は幅広い資金使途に対応した「多目的ローン」や「フリーローン」、「カードローン」などを利用するケースが多いです。なお、専用ローンでは、本人のほか、親御様が借りられるものもあります。

出典:iFinance「ブライダルローン」より

 

目的ローンは、フリーキャッシングよりも借入限度額は少なめに設定されます。その代わりに、利息が低いローンや月々の支払い負担が少ないローンなど「貸し付け条件の良さ」で人気があります。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ ビジネスローン(事業資金)

 

ビジネスローンは、事業資金の調達に利用できる融資商品です。

 

年商1000万円~30億円程度の会社であれば、銀行のビジネスローンや信販会社系のビジネスローンがおすすめです。代表者を連帯保証人にする必要がありますが、借入の額も大きく、事業資金の調達にはおすすめです。

個人事業主の方、小規模事業を経営される方は、銀行系ローンやノンバンク系、ビジネスローン専門の金融機関を利用しましょう。借入のスピードも速く、フットワークの軽い資金調達が可能です。

出典:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

 

使途は「事業目的」に限定されますが、総量規制の対象外で融資が受けられるというメリットがあります。

 

自営者カードローンは最大で300万円までのご利用限度額で、自営者の皆さまを応援します。
必要なときだからこそ、スピード審査で当日中のご融資を可能にします。ご融資枠を作っておけば、急な資金が必要なときも安心です。

出典:プロミスカードローン「自営者カードローン」より

※ ただし、お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

このほかにも個人事業主向けの「自営者ローン」や、ビジネス専用のクレジットカードなど選択肢は沢山あります。

 

参考記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

 

▊ おまとめローン(貸金業法に基づくおまとめローン)

 

おまとめローン(別名:貸金業法に基づくおまとめローン)は、複数ある借入を一本化してくれる融資商品です。銀行のほか、消費者金融でも一部取り扱いがあります。

 

おまとめローンとは
多重債務者に借金を一括返済するための資金を融資する貸付商品。銀行や貸金業者などが扱う。

[補説]債務の一本化や金利負担の軽減をうたって勧誘するものがあるが、利息制限法による債務の減額や過払金の返還請求が可能かどうか、また、私的整理・個人再生・自己破産など他に適切な債務整理方法がないか、事前に検討する必要がある。

出典:goo辞書「おまとめローン」より一部抜粋

 

通常、消費者金融カードローンは年収の3分の1を超える融資は受けられません(※ 総量規制の対象であるため)。しかし、おまとめローンの場合は(消費者金融カードローンであっても)総量規制の対象外として融資が受けられます。

 

ひとつにまとめて計画的なご返済を! 複数あるローンを一つにまとめることで、お客さまの毎月のご負担が軽減されます。月々のご返済計画を見直し、お客さまに最適な返済プランをご提案いたします。

出典:プロミスカードローン「貸金業法に基づくおまとめローン」より

 

多重債務でお困りの方は「おまとめローンの利用」を検討しましょう。なお以下の記事では、人気おまとめローンを20社厳選して紹介しています。

 

参考記事:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

▊ 借り換えローン、乗り換えローン

 

借り換えローンは、おまとめローンと並び「債務を減らす」効果が高い融資商品です。

 

借り換えローンには、利息が高いローンから「低金利ローンへ乗り換える」目的があります。このため、他のローン商品よりも利息は低めに設定してあります。

 

借り換えは、高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れし直すことをいいます。これは、別の金融機関で新たにローンを組んで、現在借りているローンを一括返済するという仕組みで、その期待する効果は「総返済額の削減(利息の節約)」となっています。通常、個人の家計面では、住宅ローンの借り換えが身近なものですが、その他に複数のカードローンを「おまとめローン」などで一本化するという借り換えもあります。

出典:iFinance「借り換え」より

 

なお、以下の記事ではおまとめローンだけでなく、借り換えローンについても詳しく解説しています。

 

参考記事:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

補足:おまとめローンや借り換えローンの使い分け

 

おまとめローンや借り換えローンについて、楽天銀行の説明を参考に「使い分け」を考えてみましょう。

 

まとめ・おまとめローンとは何ですか?

カードローン・ローン・キャッシングなど複数社からの借り入れを、一社にまとめることです。楽天銀行なら、金利年1.9%~14.5%、限度額は最大800万円の範囲内でおまとめがご検討できます。

 

借り換え・借り換えローンとは何ですか?

カードローン・ローン・キャッシングなどの借り入れを、より条件のよい他社のカードローン・ローン・キャッシングに借り換えることです。楽天銀行なら、金利年1.9%~14.5%、限度額は最大800万円の範囲内で借り換えがご検討できます。

出典:楽天銀行「カードローンのおまとめ・借り換えについてよくある質問をまとめました」より一部抜粋

 

楽天銀行のように、銀行や金融業者によっては、利息や融資枠など「貸し付け条件」が同じローンがあります。ただし、ローン審査を申し込む際には「どのような目的で使用するのか」使途が聞かれます。

 

この場合、きちんと自らの目的を伝えて、おまとめローンや借り換えローンを使い分けるようにしましょう。使途に合った申込をすれば、審査の可決率(通過率)はより高くなるのでオススメです。

 

カードローンの仕組み

 

カードローンは、金融機関のキャッシュカードに後付できるものや、別途カードが発行されるものなど、様々な種類があります。

 

カードについて

カードローンで利用するカードは、金融機関の普通預金口座のキャッシュカードを利用することができるものと、専用のカードが別途発行されるものに大別される。後者の場合は、金融機関に預金口座を開設していない場合でも利用することができる。

出典:Wikipedia「カードローン」より一部抜粋

 

また最近は、カード発行が無い(カードレス取引)ローンも多く、パソコンやスマートフォンを使って取引が行われます。ネット手続きの良さは場所や時間を選ばず、キャッシングや返済が行える点です。

 

カードローンの審査方法

 

カードローン審査は、ネット申込が主流ですが、今でも電話やFAX、窓口での申込、郵送で手続きをする方がいらっしゃいます。保証人や担保は不要ですが、保証会社の審査が通過しなければカードローンは利用できません。

 

カードローンは、金融機関が指定する者(以下「保証会社」)が保証(機関保証)するため、保証人は不要であるが、申込の際は金融機関及び保証会社の両社が審査を行うこととなる。また、審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合は、カードローンを利用することはできない。

出典:Wikipedia「カードローン」より一部抜粋

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

カードローンの審査難易度

 

審査の可決(通過)率や審査難易度は、各カードによって異なります。また金融機関毎にも『審査難易度』が存在し、銀行カードローンは最も難しく、次いで信販会社、消費者金融カードローンの順に難易度はやさしくなって行きます。

 

▊ 100万円の融資が出やすいカードローンは?

 

数あるカードローンの中でも、最も高額融資が出やすいのは『銀行カードローン』です。銀行カードローンは審査の枠も大きく、中には「最高1,000万円」の融資に対応する銀行もあります。

 

審査が最も可決(通過)しやすいのは、30万円〜50万円までの少額融資

 

「審査難易度」の点で言うと、融資希望額「30万円〜50万円」に設定するのが最も審査可決率(=審査に通過する率)が高く、手続きに時間が掛からない方法です。

 

実際に、WEB完結など手続きが簡略化されたローンや、最短・即日融資できるカードローンについては「融資希望額が少なければ少ないほど」審査のスピードは速くなり、審査難易度も比例して低くなります(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

参考記事:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる 

 

100万円や100万円を超える高額融資は、どの金融機関も「審査が慎重になる」ので、総じて審査難易度も「やや高く」なります。このためカードローンで「高額融資を受ける場合」には、徐々に借入や返済実績を作っていき、カード会社が実施する「増枠」を待つのが一番です。

 

なおカードローンの利用限度額を「100万円に上げるコツ」は本記事の後半で解説しています。

 

 

補足:便利なインターネットキャッシング

 

融資をお急ぎの方は、キャッシュカードを使ったり、オペレーターに振込手続きを依頼するのではなく、便利な「インターネットキャッシング」を利用しましょう。インターネットキャッシングとは、オンライン上で、振込金額と振込先を指定し(※ 自分名義の銀行口座)借入をする方法を差します。

 

インターネットキャッシングとは?

インターネットキャッシングは、「ネットキャッシング」とも呼ばれ、キャッシング(現金の借入)の申込や審査、契約の手続きを、店舗まで出向くことなく、インターネットのみで完結できる仕組みをいいます。これは、通常、FAXやメールなどで、本人確認書類等を提出します。また、インターネットで手続きをすることにより、利用限度額の範囲内で繰り返し、借入や返済ができる便利な極度型ローンを指す場合もあります。

出典:iFinance「インターネットキャッシング」より

 

またネットを使ったキャッシングは、年中無休・24時間振込ができるので便利です。特に、カードローン会社と提携している「ネットバンク」なら、手続きから僅か数秒で振込が完結します。お急ぎの方は、インターネットキャッシングを利用し、ネット銀行口座へ振込をしましょう。

 

▊ カードローンを利用するメリット・デメリット

 

利用者が増えているカードローンですが、良い面もあれば「気をつけたい面」もいくつかあります。ここでは、カードローンを利用するメリットとデメリットを見ておきましょう。良い面と悪い面、それぞれの特徴を知って、上手にカードローンを使いこなしてください。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

カードローンを利用するメリット

 

カードローンを利用するメリットは、素早く必要な資金が調達できる点です。カードローンはもともと少額融資を目的にしており、即日融資に強いという側面があります(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

カードローンのメリット

☑ が貸金業者より低いものがほとんどである。

☑ 融資を行うのは銀行などの金融機関であって貸金業ではないので(貸金業であるクレジット会社や金融会社は保証業務を行う)、貸金業法の総量規制の適用を受けないことから、年収の 1/3 を超える借り入れも審査が通れば可能である。

☑ 勤務先によっては職域でメインバンクの総合口座とカードローンを持たされることがあり、通常のカードローンより低利であることがある。

☑ 金融機関によっては、カードローン返済に指定した普通預金口座が口座自動振替で残高不足となった場合、カードローン利用可能額の範囲で自動的に立て替える「自動融資」機能がある。

☑ 金融機関によっては、カードローン利用によって金融機関の優遇サービス(ATM時間外手数料の無料化など)の特典加算対象となる。

☑ 金利の高い消費者金融やクレジットカードキャッシングからの借り換えにも利用可能である。

出典:Wikipedia「カードローン」より

 

このため生計費はもちろん、目的ローンなどの融資も審査が速いのが大きなメリットです。また、ビジネスローンの中にも審査が速く、最短即日融資に対応したカードローンがあります。

 

カードローンを利用するデメリット

 

カードローンを利用するデメリットは、利用するサービスが便利な分「ついつい借入を増やしてしまう…」という点です。多額の債務を抱えないよう、借入は計画的に行ってください。また既に債務が増えすぎてしまった方は、おまとめローンや借り換えローンを利用して、借入の負担を軽減しましょう。

 

参考記事:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

▊ カードローン審査を通す4つのコツ

 

カードローン審査を高い確率で通すには、以下4つのコツを知っておくことです。①〜④の方法を実践すれば、カードローン審査は簡単にクリアできます(※ 個人差はあります)。

 

カードローン審査を通す4つのコツ
① 年収に見合った金額で申込をする
② インターネットから申込む
③ 銀行ローンでも必ず、所得証明(収入を証明する)書類を用意しておく
④ カード会社からの電話は早めに出る(素早く手続きを済ませる)

 

①〜④の内容について、順に解説しましょう。

 

① 年収に見合った金額で申込をする

 

審査を通すには、年収に見合った金額で申込をすることです。例えば、年収が300万円なのに「借入希望額300万円」と申請しても(年収に見合わないため)審査は通りません。

 

信販会社や消費者金融カードローンであれば「年収の3分の1」以下を目安に申込をしましょう。また銀行カードローンの場合も同様です。年収の3分の1以下で申込をすれば所得(収入)のバランスとつり合った借入額(利用限度額)と言えるでしょう。

 

利用限度額/利用可能枠

利用限度額は、銀行取引やクレジットカード、キャッシング、モバイル決済などで幅広く使われる用語で、一定期間(1日や1月、カード有効期間)に利用できる最高限度額のことをいいます。

(中略)その金額については、カードの送付明細(会員様控え)や利用代金明細などに記載されており、カードの利用の際には、自分の利用限度額を予め確認した上で使うことが必要です。

出典:iFinance(利用限度額/利用可能枠)

 

ただし、他社でたくさん融資を受けている方は、年収の3分の1(の金額)から現在のキャッシング利用分を差し引く必要があります。

 

例えば、年収が300万円の方は「最高100万円」が限度額になりますが、他社で20万円のキャッシングを利用していたら、現在の「利用可能額は80万円」に減額されます。ローンの借入は「年収に見合った金額」を指定してください。

 

利用限度額については、自分(カード会員)の方からカード会社に対して、「上げる」ことや「下げる」ことを依頼することもできます。通常、下げる場合には、特に審査はなく、依頼はすぐに受理され、主なメリットとして「不正使用された場合に被害を最小限に食い止められる」「カードの使いすぎを防ぐことができる」といった点が挙げられます。一方で、上げる場合には、必ず審査があり、最低半年間はカードの利用実績を積む必要があると言われています。

※海外旅行に行く場合など、一時的に利用限度額を上げることもできるので、その場合には、カード会社に相談してみるとよい。

出典:iFinance(利用限度額/利用可能枠)

 

たとえ初期利用枠が少なくても、利用実績を積んでいれば利用枠は(自動的に)上がります。また、海外旅行や特別な機会(結婚など)には、一時的に利用枠を増やすこともできるので(※ 期間は1〜2カ月程度)カード会社に相談してみてください。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

 

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

 

② インターネットから申込む

 

ローンを申し込む場合、必ずインターネット経由で申込をしましょう。パソコンやスマートフォンから手続きをすれば、他の方法(電話や店舗、郵送など)と比べて、審査手続きはスムーズに進められます。

 

特に即日融資を希望される方は、時間が掛かる方法では無く、自宅や出先からも手続きできる「ネット申込」を利用してください(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

参考:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる  

 

③ 銀行ローンでも必ず、所得証明書類(収入証明書)を用意しておく

 

銀行カードローンにおいては、所得証明書不要(収入証明書がいらない)ローンが増えてきました。

 

しかし、審査を受けるにあたって所得証明書を準備しないのは「無謀な行為」です。なぜなら、審査の状況によっては追加の資料や所得証明書が(高い頻度で)求められるからです。

 

審査途中で慌てずに済むよう(銀行カードローンを利用する場合も)必ず、最新の「所得証明書」を準備しておいてください。

 

稀に、古い所得証明書(※ 期限切れのもの等)や身分証明書を提出される方がいらっしいます。しかし、提出する各種書類は「最新のもの」で無ければ受理されません。身分証明書や証明書なども「3カ月以内」に取得したものを提出してください。

 

また所得証明書等の場合は、最新(給与明細の場合は2〜3カ月分、賞与証明書は最新1年分等)を準備しましょう。確定申告書の場合も最新の書類を準備してください。また、これらの書類は原本ではなく写し(コピー)を提出します。

 

このほか、パソコンやスマートフォンから申込をされる方は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した証明書類、もしくはスキャナーで取り込んだ書類を提出しても構いません。ネット申込であれば、オンラインで送信(アップロード/もしくはメール送信)できるので便利です。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

④ カード会社からの電話は早めに出る(素早く手続きを済ませる)

 

カード会社からの連絡を嫌う方は多いのですが、電話は出来るだけ「早めに出る」ようにしましょう。電話確認は平均3分、長くても5分程度で済みます。

 

審査が速く終わるよう、カード会社からの電話は忘れず取るようにしてください。

 

▊ カードローン審査と総量規制について

 

カードローンを利用する上で、切っても切り離せないものに「総量規制」があります。総量規制とは、以下のような貸付のルール(貸付基準)を指します。

 

総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

出典:総量規制とは(貸金業法について/日本貸金業協会)

 

総量規制の対象になるのは、クレジットカードのキャッシング利用分、消費者金融・信販会社等のカードローンのキャッシング分です。

 

一方、銀行カードローン全般、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者ローン、ビジネスローンなどは総量規制の対象外です。またクレジットカードのショッピング分は割賦販売法の適用ではあるものの、総量規制の対象外として扱われます。

 

総量規制(日本貸金業協会)画像:貸金業法について・総量規制とは(日本貸金業協会公式サイトより)

 

カードローン審査を受ける際にも「キャッシング利用分」の申告で、総量規制の対象外ローンを(誤って)カウントしないようにしましょう(※ 審査申込書にある「他社での借入件数・借入額」のこと)。

 

▊ カードローンで限度額を100万円以上にする2つのポイント

 

カードローン審査で、限度額を100万円にする2つのポイントを紹介します。

 

カードローンで限度額を100万円以上にする2つのポイント
① カードローン返済は必ず遅れないようにする
② 3カ月以上、良いクレジットヒストリーを積んで行く

 

① カードローン返済は必ず遅れないようにする

 

カードローンの返済は、必ず遅れないようにしましょう。返済の状況が良ければ「信頼度」が増し、利用可能額の増枠手続きもスピーディーに行われます。消費者金融カードローンの場合は契約から半年、銀行カードローンの場合は契約から1年程で増枠のチャンスが訪れます。

 

キャッシング枠

キャッシング枠は、「キャッシング利用枠」とも呼ばれ、クレジットカードにおいて、キャッシングで利用できる限度額のことをいいます。これは、カードの有効期限内において、カード会社が提供する短期・小口の即時融資を利用することができる与信枠のことを指し、この枠内であれば繰り返し借り入れをすることができます。

一般にクレジットカードには「総利用可能枠」が設定され、また内訳として「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が設定されており、例えば、総利用可能枠が100万円、ショッピング枠が100万円、キャッシング枠が30万円の場合、実際にクレジットカード枠を80万円使っている時、使用可能なキャッシング枠は20万円(=100万円-80万円)になるのでご注意ください。

出典:iFinance「キャッシング枠」より

 

利用枠を100万円上に増やしたい方は、返済期日に遅れないようにしてください(※ ただし、各カードによって増枠のタイミングは異なります)。

 

② 3カ月以上、良いクレジットヒストリーを積んで行く

 

①と共通しますが、3カ月以上良いクレジットヒストリーを積んで行ってください。クレジットヒストリーは、ローン審査に関わる重要な「個人信用情報」です。クレジットヒストリーが良ければ、100万円の増枠も出やすくなります。

 

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーは、「クレヒス」とも呼ばれ、クレジットカードやローン、キャッシングなどの利用履歴や返済履歴のことをいいます。これは、個人信用情報を収集・管理し、クレジット(消費者信用)業務を行う会社(会員)に提供している機関である「個人信用情報センター」に蓄積され、個人の信用格付(与信判断)の基準となるものです。

一般に本情報は、センターの会員である銀行やクレジット会社、消費者金融会社などが日々の与信業務などで自由に閲覧できるだけでなく、クレジットカードやローンなどを利用している個人も登録されている「自分の情報(信用履歴)」を開示請求することによって知ることができます。

出典:iFinance「クレジットヒストリー」より

 

同様に、カードローンの審査には「クレジットスコアリング」という用語があります。

 

クレジットスコアリングは、「スコアリングシステム」とも呼ばれ、統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます(中略)。

例えば、クレジットカードにおいては、申込をした顧客の信用度合を判断するため、自動的に統計解析を用いて行う「与信システム」のことを指します。具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

出典:iFinance「クレジットスコアリング」より抜粋

 

このように、途上与信が行われた場合にも、クレジットヒストリーやクレジットスコアリングが大きく関わってきます。特に100万円を超える「大口の融資」を希望される方は、大切にクレジットヒストリーを育てていってください。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

補足:住まいの形態が、クレヒスに大きな差を生むってホント?

 

実は、住まいの形態が「クレヒスに大きな差を生む」のをご存じでしょうか? クレジットカード会社、ローン会社は申込者に「資産や預貯金があるかどうか」を確認します。

 

例えば、クレジットカードの中で人気が高い楽天カードでは、以下のような条件で審査の可否を決定しています。

 

楽天カードは、資産があるかどうかをもとに審査の可否を決定します。審査の際、フォームに「預貯金額」を記入するのですが、ここで「貯金300万円」等資産を示しておけば(楽天カード側が)「何かあったとしても、預貯金からやり繰りして支払えるだろう」と判断します。このため、無職の方でも一定の預貯金さえあれば「審査の合格率」が高くなるのです。

出典:楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

 

カードローンの場合も同じです。預貯金やその他「資産」があれば「返済能力が高い」として、クレジットスコアリングのポイントに加算されます。

 

預貯金のほか、持ち家の有無、マイカーなども「資産」として判断されます。また同じ持ち家でも、ローンの返済中なのか、家族名義の家なのか、社宅なのか等、取得状況も審査の対象になります。

 

この中で最もクレヒスが良いのは「本人名義の持ち家」です。さらにローンの返済が終わっているか、一括返済している(または現金購入した)住まいはクレジットスコアリングに良い影響があり、カードローンやクレジットカードの審査においても優遇されます。

 

※ なお「カードローンはどれが良いのか分からない」という方や「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。なお、当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

モビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

自分の信用力をチェックしてみよう!

 

カードローンの審査が通るかどうかは、クレジットスコアリングを確認すればOKです。実は、クレジットスコアリングを調べるカンタンな方法があります。

 

信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方画像:信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方

 

実は、SBIホールディングスが運営するサイトにmyscore(マイスコア)というサイトがあり、ここでは年齢や収入の状況(年収、職種や勤続年数)のほか、家族構成、他社ローンの状況(借入件数、金額)や過去の借入状況を入力すると、自らのクレジットスコアリングがその場で判明します。

 

信用力の調査画像:信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方

 

myscore(マイスコア)は、SBIホールディングスが運営する「総合スコアサイト」です。ここでは、楽天カードのようなクレジットカードをはじめ、銀行や消費者金融、信販会社カードローンに必要な「自分自身の信用力」がチェックできます。

出典:楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

 

また、myscore(マイスコア)のサイトではクレジットスコアリングのほか、以下の銀行カードローンのクレジットスコアリングが確認出来ます。

 

my scoreでクレジットスコアリングが分かるカードローン会社(銀行)
・ オリックス銀行(オリックス銀行カードローン
・ 横浜銀行(横浜銀行カードローン
・ 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
・ 千葉銀行(ちばぎんカードローン「クイックパワー・アドバンス」
・ 中京銀行
・ 関西アーバン銀行
・ 大垣共立銀行
・ 北日本銀行
・ 南都銀行
・ 八千代銀行
・ 静岡中央銀行
・ 滋賀銀行

参考:【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ 

 

同様にmyscoreでは、消費者金融、信販会社のカードローンについても「審査が通るか」どうか確認可能です。

(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

my scoreでクレジットスコアリングが分かるカードローン会社(消費者金融)
・ アイフル(消費者金融大手)
・ アコム(三菱UFJ銀行系列・三菱UFJフィナンシャルグループ)
・ SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
・ セゾンファンデックス(セゾンカード)
・ 日本保証(ビジネスローン)
・ ビジネクスト(ビジネスローン)
・ 三井住友トラスト・ローン&ファイナンス
・ 三井住友銀行グループのSMBCモビット

 

このほかにも、myscore(マイスコア)ではクレジットカードのスコアリングも調査できます。審査が不安な方は、ぜひクレジットスコアリングが細かく分析できる「総合スコアサイト」myscoreを利用してみてください。

 

myscoreの特徴 1. 独自のスコアサービス
信用力の評価である「ローンスコア」と「クレジットスコア」、家計や資産・負債状況の評価である「キャッシュフロースコア」「バランスシートスコア」などあなただけのスコアを知ることができます。またスコア分布を確認することで、あなたのスコアと他のユーザのスコアを比較することもできます。

出典:myscore(マイスコア)公式サイトより

 

もちろんmyscoreで入力した個人情報は、個人を特定する情報は無く、信用情報機関にも登録されないので安心です。匿名でクレジットスコアリングが調べられるので、カードローンを利用される方は必ずチェックしてみてください(※ カード会社の簡易審査より、詳しい結果が分かるのでオススメ)。

 

信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方画像:信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方

 

ここで信用力(=クレヒス)が高ければ、限度額が高いローンは可決(通過)しやすくなります。またローン利用中の増枠審査も可決(通過)されやすくなるので「審査の目安」として活用できます。

 

参考:myscore(マイスコア)公式サイトより

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ 限度額100万円以上、口コミ評価が高いカードローン5選

 

ここで「限度額100万円以上」の融資が受けやすく、利用者の口コミ評価が高いローンを5枚紹介しましょう。

 

限度額100万円以上、口コミ評価が高いカードローン5選
・ オリックス銀行カードローン
・ 横浜銀行カードローン
・ 三井住友銀行カードローン
・ 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ 三井住友銀行グループのSMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

以下、各カードの特徴を簡単に補足しておきます。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローンは、ネット銀行の中でトップクラスの人気を誇る融資商品です。利用枠は最高800万円とゆとりがあり、利息は1.7%〜17.8%(実質年率)と貸し付け条件の良さでも評価が高いです。

 

オリックス銀行は「インターネット銀行」として営業を行っています。このため通常の取引は、店舗では無く、パソコンやスマートフォンを通じて行われます(※ 一部、住宅ローン等は例外あり)。

 

こうしたネット系銀行の良さは、実店舗を持たない分、利息や手数料で「利用者に還元している点」です。実際にオリックス銀行カードローンの利息を見ると「最低金利1.7%から」と、どこにも負けない低金利で融資を行っています。

 

オリックス銀行カードローンの利用枠と利息は、以下の通りです。

 

オリックス銀行カードローンの利用枠と利息(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額 最高800万円(10万円単位)
・ 利息(実質年率) 1.7%〜17.8%
・ 返済方式 残高スライドリボルビング方式
・ おすすめポイント オリックス銀行は実店舗(支店など)を持たない分、利用者に利息を還元し、お得な条件で借り入れできるようサービスを充実させている。年利1.7%からという超低金利で融資を行うなどローン業界では「貴重な存在」として認知されている。

 

オリックス銀行カードローンは、審査の難易度もやさしいので「審査に自信が無い」方にも(可決率、審査通過率の高さから)オススメできます。

 

参考サイト:オリックス銀行カードローン(公式サイト)

 

横浜銀行カードローン

 

横浜銀行カードローンは、神奈川・東京・群馬県内(前橋市、高崎市、桐生市)にお住まいの方が利用できる、銀行カードローンです。地域は首都圏に限定されますが、利用枠や利息など貸し付け条件の良さは全国トップクラスと言えます。

 

以下に、横浜銀行カードローンの詳細をまとめてみました。

 

横浜銀行カードローンの利用枠と利息(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額 10万円~1,000万円(10万円単位)
・ 利息(実質年率) 1.9%〜14.6%
・ 返済方式 残高スライド方式
・ おすすめポイント SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が審査を行うので、消費者金融カードローンの基準で銀行カードローンが取得できる⇒審査が通りやすい。

参考:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

横浜銀行カードローンは、融資枠「最高1,000万円」という大口融資に対応したローンです。また最小利用額は10万円からと、目的に合わせた借入が実現します。

 

横浜銀行カードローンは、首都圏で人気が高い融資商品で、現在はサッカー選手「長友祐都」氏がイメージキャラクターを努めています。横浜銀行カードローンが「おまとめローン」として人気なのは、年利1.9%〜14.6%という業界トップクラスの低金利を実現していること。そして、借り入れ限度額は10万円から、最高1,000万円までカバーしているという点にあります。

出典:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

なお、横浜銀行カードローンの審査は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が実施しているので、大手銀行の融資ながら「審査が通りやすい」人気カードローンです。

 

参考サイト:横浜銀行カードローン(解説記事)

 

三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローンは、最高800万円と利用枠は大きく、利息も4.0%〜14.5%と低金利で融資が受けられます。

 

三井住友銀行カードローンの利用枠と利息(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額 800万円(10万円単位)
・ 利息(実質年率) 4.0%〜14.5%
・ 返済方式 残高スライド方式
・ おすすめポイント 30分で審査結果が分かり、最短当日中のカード発行が可能! SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が審査を行うので、消費者金融カードローンの基準で銀行カードローンが取得できる⇒審査が通りやすい。

※ ただし、お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

参考:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

また三井住友銀行カードローンは、審査の通りやすさでも定評があります。

 

三井住友銀行カードローンは、子会社のプロミスが審査を行うため(SMBCコンシューマーファイナンス)最短30分で審査結果が分かり、申し込んだ当日中にカードが受け取れます。

(中略)ここでは最高800万円までの融資を年利4.0%〜14.5%で利用できるため、月々の返済負担も小さく済みます。実施に三井住友銀行カードローン利用者の多くは、他社からの借換や複数の債務を「おまとめする目的」で利用しています。

出典:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

「審査に自信が無い方」でも、三井住友銀行カードローンなら高い確率で可決(通過)するでしょう。

 

参考記事:三井住友銀行カードローンの詳細

 

※ なお「カードローンはどれが良いのか分からない」という方や「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。なお、当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

モビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

 

三菱UFJ銀行・バンクイックは、最短即日融資に対応したカードローンとして人気があります。

 

三菱UFJ銀行と言えば、国内を代表するメガバンクですが、カードローンの「バンクイック」は、最短30分で審査を行うほか、土日や祝日にも融資を行うなどきめ細やかなサービスで評価が高いです(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

バンクイックの利用枠と利息は、以下の通りです。

 

三菱UFJ銀行「バンクイック」の利用枠と利息(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額
10万円以上500万円以内(10万円単位)
・ 利息(実質年率) 1.8%〜14.6%
・ 返済方式 残高スライドリボルビング方式
・ おすすめポイント 最短30分で審査結果が分かるほか、最短・即日融資にも対応。ネットで申込をした後は、最寄りの三菱UFJ銀行にてカードの受け取りが可能。平日だけでなく土日祝日にも対応しているのでお急ぎの方にオススメ。

※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

参考:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

最低金利は「1.8%〜」とネット系銀行に負けない超低金利で融資を行っています。また上限金利も14.6%と、他のノンバンク系融資とは違い、月々の返済負担も少なく済みます。

 

また、バンクイックは最高500万円と利用枠にもゆとりがあり、フリーキャッシングだけでなく、おまとめローンや借り換えローンとして利用される方も多いです。

 

バンクイックが嬉しいのは、審査が最短30分で完了し、申し込んだその日の内にカードが受け取れる点です。パソコンやスマホから申し込んだ後は、最寄りの三菱UFJ銀行に自動契約機でカードと契約書を受け取ってください。先にネット申込を済ませておけば、無人契約機での手続きは「約10分程度」と(申し込みの)流れもスムーズです。

出典:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

大手メガバンクにも関わらず、自動契約機が使用できたり、審査は最短30分で結果が分かるなど、魅力の多いカードローンです。

 

参考記事:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

 

三井住友銀行グループのSMBCモビット

 

三井住友銀行グループのSMBCモビットに「おまとめローン」という商品はありませんが限度額800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。

 

■SMBCモビット 即日融資も可能

(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

 

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

SMBCモビットは、三井住友銀行でのATM手数料が無料です。ここではネット上だけで申込OKな「WEB完結サービス」のほか、電話連絡無し、郵送物無しのサービスが高く評価されています。

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行グループのSMBCモビット(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額 1万円~800万円
・ 利息(実質年率) 3.00%~18.00%
・ 返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
・ おすすめポイント 10秒簡易審査が人気、ネットだけで申し込めるWEB完結なら、面倒な電話連絡なしでローン契約可能。最短当日中の融資ができるので、申し込んだその日の内にキャッシングが利用できる。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

参考:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

電話連絡が苦手な方は多いのですが、SMBCモビットWEB完結のように、電話連絡の無いローンなら安心です。

 

SMBCモビットは、カードローン顧客満足度1位に選ばれた人気ローン

 

SMBCモビットは、2016年の「カードローン顧客満足度1位」にも選ばれています。

 

SMBCモビットカードローンはオリコン「2016年|カードローン顧客満足度ランキング」の1位にも選ばれており、利用枠の大きさや利息の低さなども手伝い(幅広い層の間で)おまとめローンや借り換えローンとして活用されています。

(中略)またSMBCモビットカードローンは、ネットだけで手続きが完結する「WEB完結」が人気で、一定の条件を満たせば本人や職場への電話連絡無し、郵送物無しで契約できます。

出典:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

SMBCモビットは最短即日融資にも対応しており「融資をお急ぎ」の方にもオススメできるカードローンです(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

参考記事:三井住友銀行グループのSMBCモビットの詳細

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ 限度額100万円以上、最短・即日融資できるカードローンはコレ!

 

カードローンの中には、申込をした当日中に融資が受けられるローン(=最短即日融資に対応したカードローン)があります。審査が速ければ最短30分で結果が分かり、契約についても「約1時間程度」でキャッシングが使えるようになります(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

限度額100万円以上、最短・即日融資に対応したカードローンはコレ!
・ 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ 三井住友銀行カードローン
・ 三井住友銀行グループのSMBCモビット
・ プロミス(SMBCグループ)

※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

 

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

プロミス(SMBCグループ)

 

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、最短・即日融資に対応しています(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。プロミスについては、すでにCMでもご存じの方が多いでしょう。プロミスは、初めての方は利息0円(最長30日間)のサービスが受けられる(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)ほか、審査は最短30分とスピードキャッシングを実施するローンです。

 

プロミスカードローンで最も嬉しいのは「利息0円」のサービスです。(プロミスの利用が)初めての方で、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですが、キャッシング初回の翌日から最長30日間は、無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)でキャッシングが利用できます。

また、プロミスではフリーキャッシング(生計費|生活費、レジャー資金、教育資金などに利用可)のほか、目的別に利用できるローン、自営者カードローン、おまとめ専用ローン(正式名称:貸金業法に基づくおまとめローン)を取り扱っています。

出典:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

このほかプロミスでは、カードローン業界初の「会員専用優待サービス・おとくらぶ」を実施しています。

 

プロミス・クラブオフサービス(おとくらぶ)画像:プロミスカードローン(クラブオフサービス・おとくらぶの紹介)より

 

おとくらぶは、株式会社リロクラブの提供する会員優待サービス(クラブオフサービス)の名称で、同様のサービスはアメリカン・エキスプレス・カードやその他、ステイタスの高いクレジットカード、一部上場企業の福利厚生サービスにも導入される、ハイクオリティな会員向けサービスです。

 

プロミス(クラブオフサービス・おとくらぶ)画像:プロミスカードローン(クラブオフサービス・おとくらぶの紹介)より

 

プロミスの会員は、この「クラブオフサービス」を無料で利用できます。以下は、アメリカンエキスプレスカードの会員向けクラブオフサービスのログインページですが、受けられるサービスは「プロミスおとくらぶ」と同じ、株式会社リロクラブがサービスを提供しています。

 

アメリカンエキスプレスカードの特典画像:アメリカンエキスプレスカード・会員専用優待サービス

 

無料で利用できる上に、アメリカンエキスプレスカードと同様の特典が受けられるのは「かなり太っ腹なサービス」と言えます。

 

プロミスを申し込まれた方は、会員専用ページにログイン(オンライン明細・各種手続きができるネット上のページ)した後「おとくらぶ入会」のボタンをクリックしてみてください。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

 

 

プロミスカードローンの内容を以下にまとめておきます。

 

プロミス(SMBCグループ)の利用枠と利息(貸付の基準)

項目 詳細
・ 利用可能額 500万円まで
・ 利息(実質年率) 4.5%~17.8%
・ 返済方式 残高スライド元利定額返済方式 最終借入後、原則最長6年9ヶ月・1~80回
・ おすすめポイント 銀行系列なので信頼度が高い。最高500万円まで、実質年利も4.5%からと銀行レベルの低金利が魅力。また、最短即日融資にも対応しているので、お急ぎの方も安心(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

参考:おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

 

またプロミスは、三井住友銀行内でも各種手続きが行えます。プロミスは全国に「お客様サービスプラザ」と呼ばれる窓口を設けており、各店舗ではプロミスの借入や返済(一括返済も可)、ローンに関する相談を受け付けています。

 

プロミスのお客様サービスプラザ

画像:プロミス「お客様サービスプラザ」公式サイトより

 

また支店によっては、お金に関するセミナーや各種イベント(地域の催しなど)を無料で開催しています。お客様サービスプラザの多くは「三井住友銀行の各支店」近くに設けられています。プロミスを利用される方は上手に活用してみてください。

 

参考サイト:プロミスカードローン/フリーキャッシング(公式サイト)

 

▊ 即日融資できるカードローンについて

 

最近は、即日融資(そくじつゆうし)できるカードローンの数が増えてきています。即日融資とは、申し込みをした当日中に融資を行うローンのことです。もちろん、審査が混んでいる時や書類の提出時間が遅くなった時には、当日中では無く、翌営業日に審査が持ち越されることがあります。

 

しかし、最短「今日中にお金が借りられる」というのは、ローン利用者にとっては「お金が素早く工面できる」という安心感を与えてくれます。また実際に、審査が速いローンと遅いローンでは「速いローン」の方に人気が集中しています。

 

『即日融資』をウリにするローンが増えています。即日融資とはその名の通り『申し込みをしたその日のうちに融資が受けられる』ローンのことです。企業によっては『スピードローン』や『スピードキャッシング』などの名称で貸付を行っています。

(中略)即日融資は、もともと消費者金融が得意とする「貸付の方法」でした。しかし、即日融資を求める声が年々多くなり、今では銀行や事業者ローン専門の会社でも「即日融資に対応」するところが増えています。

【保存版】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

なお、即日融資できるカードローンについては、以下の記事で徹底解説しています。ぜひ、本記事と合わせてチェックしてみてください(※ ただし、申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります)。

 

参考記事①:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

参考記事②:【保存版】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ カードローンの金利(利息)基準について

 

カードローンの金利や利息の基準(平均的な数値)は、消費者金融の場合は15%〜18%で、銀行ローンの場合は15%以下になることが多いです。

 

ただし、借入の金額が多い方は銀行ローン、消費者金融ともに10%以下になることがあります。特に利息(金利)が低いローンの場合は、5%以下の超低金利ローンもあるのでお得です。

 

3%〜5%といった金利(実質年利)でローンが利用できれば、返済の負担も少なく、毎月収入と生活費のバランスがギリギリの方でも、計画性を持ってローンを利用することができるでしょう。

 

また、お金が足りない時には、できるだけ利息が低いローンを利用しましょう。

 

特に、信用できる大手の銀行や消費者金融で、貸し付け条件(融資の基準)が良いローンを利用すれば安心です。

 

こうしたローンは保証人や担保の必要も無く、300万円〜500万円といった高額な融資にも対応しているので便利です。そして最近では、電話連絡が無く「ネット上だけで申し込みOK」なローンもあるので、日中忙しく、時間が無い方でも気軽にローンが利用できます。

 

カードローンの審査を通す方法については、以下の記事が参考になります。

 

参考記事①:【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

 

また即日融資で審査を通す方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

参考記事②:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

このほか、カードローンではありませんが、ネットでカンタンに申し込めるクレジットカードとして、楽天カードもおすすめです。楽天カードは、利用額や利用状況に応じて、楽天スーパーポイントが貯まるのでお得です。

 

参考記事③:楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

 

クレジットカードはキャッシング利息がやや高め(平均15%〜18%)で、審査に一週間程度時間が掛かりますが、ショッピングとキャッシングが同時に利用できるという点にメリットがあります。

 

みなさんもクレジットカードと低金利カードローンを上手に使い分けてみてください。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

▊ 審査が無いカードローンって、本当にあるの?

 

残念ながら答えはノーです。なぜなら、審査がないカードローンやクレジットカードは存在しないからです。各審査では、所得状況の確認や勤務先の面について詳しく調査が行われます。また、どのカードローンやクレジットカードも「本人に継続安定した収入があること」と言う、申し込み条件が定められています。

 

これは返済能力の確認を行うためで、カードローン会社が貸倒のリスクを負わないよう『所得面や支払い能力の調査』が行われているからです。

 

また、所得でウソを書いてもスグにばれます。なぜなら、私たちの個人情報や信用情報は、信用情報機関がデータを(各ローン会社、クレジットカード会社)に提供し、情報の信憑性が常にチェックされているからです。以下の三つは国内の代表的な信用情報機関です。

 

代表的な信用情報機関
日本信用情報機構(JICC)
CIC(シー・アイ・シー) 
全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

 

このため、年収100万円の方が「年収200万円」とウソをついてもすぐにバレてしまい、ウソをつくことで『信頼できない申込者』として評価を下げることになります。

 

私たちの信用情報は、信用情報機関にある他社での借入や返済状況、その他個人の情報(住所、年齢、家族構成、勤め先、年収、持ち家の有無、その他)をもとにチェックされています。(中略)なお、利用するカードローン、クレジットカードの契約書や貸し付け条件の書類を見れば(または公式サイトにも必ず記載しています)、どの信用情報機関を利用しているのかがすぐに分かります。

出典:【保存版】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

各信用情報機関の特徴を以下にまとめてみました。

 

日本信用情報機構(JICC)

 

日本信用情報機構は通称「JICC」と言います。国内で最も古い信用情報機関として知られ、主に消費者金融会社がJICCを加盟し、信用情報を活用しています。また銀行系列の消費者金融は、JICCのほか、全国銀行個人信用情報センターに加盟し両方のデータを審査に利用しています。

 

シーアイシー(CIC)

 

シー・アイ・シー(CIC)は信販会社やクレジットカードが加盟する信用情報機関で、正式名称を「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関CIC」と言います。またクレジットカードや信販会社以外にも、一部の銀行もシー・アイ・シーを利用し信用情報を活用しています。

 

全国銀行個人信用情報センター

 

銀行のカードローンやその他ローンは、全国銀行個人信用情報センターのデータを元に審査が行われます。このほかにも、信用保証協会、信用組合、信用金庫、農協も全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。

 

各信用情報機関への情報照会(みなさんの個人情報がどのように登録されているか情報開示を求めること)については、以下のページから手続きが行えます。郵送以外にもオンラインでカンタンに情報が確認できるので便利です。

 

信用情報機関・情報開示の問い合わせ先
情報開示手続きのご案内(JICC)
情報開示とは(自分の信用情報を確認)CIC
本人開示の手続き(一般社団法人・全国銀行協会)

 

※ 情報開示の手数料は1,000円程度です。各サイトにて最新の情報を確認してください。

 

申込書・申し込みフォームにも所得状況を書く欄がある

 

実際にカードローンを申し込むと「年収がいくらなのか」記入する欄があります。このほか、他社での借り入れ件数や、借り入れの総額について記入する欄が設けてあります。ここに正しく記入をすれば、いくらまで貸付可能なのかが(私たち素人にも)簡易的に判定できます。

 

貸付額の目安は、年収の3分の1以下です。例えば年収300万円円の方なら、限度額は100万円程度になります。

 

こうした貸付のルールは総量規制によって定められています。総量規制は利用者の借りすぎ、ローン会社の貸しすぎを防止するため定められた「融資&貸付に関する」法律です。

 

ただし、銀行カードローンについては総量規制の対象外であり、関わる法律も全く異なります。カードローンやクレジットカードは貸金業法により融資が行われますが、銀行カードローンについては銀行法のもと融資が実施されます。

 

銀行については最近規制が厳しくなりつつありますが、年収の3分の1とする「貸付に関する明確な決まり」はありません。

 

ただし、無制限に融資できるわけではなく、銀行ローンもおおよそ年収の3分の1程度が(貸付の)限度額と考えましょう。

 

インターネット上では「審査のないローン」の紹介サイトや「無審査で融資します」という個人の呼びかけなど、危険な言葉が毎日のように飛び交っています…。

 

しかし(冒頭でも説明した通り)貸金業者として登録している企業や銀行などの金融機関、その他信販会社等は必ず審査を行った上で貸付を行います。

 

このため「無審査融資」や「無審査ローン」と言う言葉を見かけたら、すぐに違法業者であると考え関わらないようにしてください。

 

このほかにも個人を装い、違法な貸付を行うヤミ金業者も存在します。こうした手口に騙されると、法定外の利息で融資が行われるため、完済できない状況が数ヶ月〜数年も続いてしまいます。

 

当たり前の事ですが、このような高利返済の状況が続くと私たちは破産してしまいます。みなさんもヤミ金融の罠にかからないよう、カードローンを利用する際は必ず大手カードローン会社や銀行、実績のある信販会社で融資を受けてください(※ 本記事で紹介しているローンであれば安全です)。

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

進化する「ローン審査」のカタチ

 

大手のローンをチェックすると、WEB審査や「3秒簡易審査」など、新しいサービスが次々と登場しています。WEB完結やWEB審査を実施するローンも「審査が無い」訳ではありません。

 

例えば、自動審査を導入しているところでも、簡易審査の後、必ず本社のスタッフが申し込み内容を確認し、問題がない申込者(過去の返済状況、現在の借入状況を信用状況に基づき判断し)融資を実施しています。

 

またWEB完結やWEB審査の場合は(あらかじめ)カードローン会社が指定する銀行に、口座を持っていることが申し込み条件になっています。

 

これは、銀行口座の情報からクレジットヒストリーや信用保証状況を確認しているからです。このため、一見「自動的に審査が行われている」ような場合も(シー・アイ・シーや日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターなど)の信用情報に基づき、厳格に審査が行われているのです。

 

ただし、オンライン上だけで完結する審査(WEB完結やWEB申し込みなど)は、融資額が少なく設定されるので注意しましょう。

 

例えば、某社のWEB完結ローンは、通常のフリーキャッシングとは異なり、最高でも30万円円程度しか融資できません。

 

もし、これ以上の融資(100万円〜300万円以上など高額融資)を希望する場合は、WEB完結ではなく、必ずスタッフによる友人審査を受けてください。

 

もちろん「有人審査」といえども、わざわざ店舗に出向く必要はありません。電話を通じ、スタッフに申し込み内容を確認してもらうだけでも「有人受付」となり、WEB完結申し込みよりも、高い融資可決が見込めます。

 

このため、自動審査やWEBの場合は「少額融資」に利用し、高額融資については(審査で)スタッフとやりとりできるよう分けて考えるようにします。

 

ビジネスローン(=事業融資)の場合も同じです。ネット上から申し込める「スピードローン」も多数存在しますが、より高額な融資を希望するのであれば、オンライン申し込みの後、直接店頭に出向くか電話で担当スタッフに状況を説明しましょう。

 

特に、事業目的で申し込む「ビジネスローン」は、現在の資金状況などを詳しく説明する必要があります。その上で「どのくらい資金が必要なのか」スタッフが的確に判断し、運転資金や設備投資など、必要な融資を実施してくれます。

 

実際、お金のことを話すのが苦手な方は多いですが、きちんと説明することで、思いのほかスムーズに資金調達できるでしょう。

 

また、パソコンやスマホで手続き出来る「WEB審査」は大変便利なサービスですが、一度でもスタッフと話す機会を設ければ、より良い条件で融資が受けられます。電話審査や在籍確認が苦手な方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

審査で必要な書類は、できるだけ早めに準備しよう

 

審査で必要な書類は、本人確認書類と(必要があれば)所得証明書類が求められます。身分証明書は、運転免許証や保険証、パスポートを提出するのが一般的ですが、最近ではマイナンバーなどを使い、身分証明する方も増えています。

 

その他、所得証明書類については「お勤めの形態」によって異なります。サラリーマンの方であれば、過去1年分の賞与明細や直近の給与明細で、証明できる可能性が高いです。

 

収入証明書による年収確認が必要なケース

当社のご利用限度額が50万円を超える場合
当社のご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

参考:三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」収入証明書ご提出のお願いより一部抜粋

 

また自営業の方は、青色申告書類や定額通知書などを以て所得の証明を行います。このほか、経営者の方についてはより多く必要書類が求められます。

 

特に、ビジネスローンについては、営業実態を示す書類や、決算書の提出など、申請書類の数やボリュームが多くなります。このため事業融資を受けるには、できるだけ時間に余裕を持って、必要書類の作成や準備を進めるようにしてください。

 

このほか、即日融資を希望される方は「何時までに書類を申請すれば」いいのか(当日中に受け取りの可否など)最初に確認しましょう。

 

カードローン会社によっては、午後2時まで(または午後2時半頃)までに、すべての手続きを済ます必要があります。また、これ以降の時間に申請をしても、当日中の受け取りは不可とする場合もあるので気をつけてください。

 

ただ最近は、土日や祝日でも営業するローン会社が増えてきており、夜8時頃までに申請すれば、当日融資できるローン(即日キャッシング)もあります。また、特定のローンはカード発行がなく、その場でネット振込(オンライン融資)することもあり、自宅から一歩も出ずに即日融資が受けられます。

 

ただし「ビジネスローン」については、より審査が慎重に実施されます。このため、カードローンや少額キャッシングよりも手続きや融資実施までに時間がかかるでしょう。

 

また、土日営業しないビジネスローンや事業融資専門の企業も多いため、時間には余裕を持って手続きを進める必要があります。

 

このほか、経営者の方で「資金ショート」が気になる方は、ビジネスローンや少額キャッシングだけではなく、日本政策金融公庫の融資や、地方自治体の補助金や助成金、信用保証協会からの融資、その他ファクタリングなどを上手く活用し、資金繰りの改善に努めてください。

 

資金調達先をいくつか分散させれば(例え)一つの資金がダメになった場合でも、資金ショート起こさずに済みます。また、売掛金であれば「最短即日」で現金化できます。また遅くとも、翌営業日には売掛金が買取ってもらえるので、ファクタリングも上手に活用してみてください。

 

このほか「審査のない資金調達」と言う点では、個人投資家から資金提供を受けると言うのも『賢いアイディア』と言えます。

 

以下は、日本最大級の個人投資家と起業家を結ぶマッチングサイトですが、こうしたサイトを利用すれば、経営者の方も必要な資金が、すぐに(=金融機関の審査なしで)調達できるので便利です。

 

日本最大級のビジネスマッチングサイトFounder(ファウンダー)画像:Founder(ファウンダー)公式サイトより

 

もちろん、こうしたマッチングサイトは、将来有望な起業家や経営者、優れた個人投資家のみ登録できるよう、サービスが整備・確率されているので安心です。

『信頼性の高い資金調達法』をお探しの経営者は、マッチングサイトを上手に活用してみてください。

 

参考サイト:エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

 

▊ 限度額100万円以上の人気ビジネスローンはコレ!

 

最後に、事業主の方に人気が高い「限度額100万円以上」の人気ビジネスローンを5枚紹介しておきましょう。

 

限度額100万円以上の人気ビジネスローンはコレ!
・ ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
・ オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にオススメ。
・ ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。
・ ビジネスエール500(日本保証)
・ CREST for Biz(個人事業者専用ローン)オリコ

 

いずれも限度額が100万円以上で、事業目的(=ビジネスローン)で利用できます。事業者の方はぜひ、ビジネスローンを上手に取り入れ、事業の拡大や運転資金の確保に活用してください。

 

参考記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

事業資金調達が厳しい時には、ビジネスローン以外の方法も検討しよう!

 

事業資金調達が厳しい時には、ビジネスローン以外の方法も検討しましょう。例えば、これから起業される方は、利息が低く貸し付け条件が良い『日本政策金融公庫の融資』を利用してみてください。

 

参考記事:【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣 

 

また、返済不要な補助金や助成金を申し込めば、資金繰りの悪化を一気に解消出来ます。ただし、補助金や助成金は「原則、後払い」なので資金の受け取りには時間が掛かります。このため、資金ショートの不安を無くすには、ファクタリングなども上手に併用しましょう。

 

※ 特に資金繰りでお困りの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの併用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

▊ まとめ|カードローン審査(100万円以上)を通すコツ

 

今回は、カードローン審査を通す方法や「限度額100万円のローンカード」を持つコツについて解説しました。カードローンには銀行や信販会社、消費者金融などさまざまな業者があります。また、負債が大きくなった方には、おまとめローンや借り換えローンの利用もおすすめです。

 

このほか、事業資金の調達には「ビジネス融資」専門のローンや金融業者もあります。みなさんも目的に合わせて「自分にふさわしいローン」を見つけてみてください。審査が速ければ「最短30分で審査」結果が出るほか、当日中に必要な現金がキャッシングできるので大変便利です♪

 

なお、カードローンはどれが良いのか分からないという方や、「みんなのオススメを教えて欲しい!」という方のために、以下『人気上位4社』のカードローンを紹介します。これらのカードローンは利息も業界最低水準(=トップクラスの低金利)で審査状況によっては即日融資も可能です(※ 詳細はリンクをクリックすれば確認できます)。

 

当サイトのイチオシはプロミスとSMBCモビットです。ぜひ、参考にしてみてください。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

SMBCモビットのおすすめポイントは3つ!

・ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1

(2年連続受賞です!!)
・三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
・WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が、株式会社SMBCモビットに変更になりました。

■アイフル 安心のキャッシング

 

合わせて読みたい関連記事

【保存版】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

・ 【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

・  今すぐお金を作る30の方法!お金がないピンチなあなたも1万円~100万円手に入れる方法まとめ

【個人事業主必見】自営のローン審査は厳しい!それでも借りる方法とは

プロミス申込方法まとめ:Webの入力方法や審査に通る5つのコツ!

プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/21 17:57
    無料診断がされました。
  • 11/21 16:16
    無料診断がされました。
  • 11/21 16:14
    無料診断がされました。
  • 11/21 14:32
    無料診断がされました。
  • 11/21 12:16
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(56件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全493件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる