閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

みなさんは『手形割引』をご存じでしょうか? 手形とは「決めた期日までに支払い」を約束した有価証券を指します。また手形割引とは「代金の代わりに受け取った」手形を期日前に現金化することを指します。資金繰りが上手く行かない時には、手形割引でスピーディーに資金を回収しましょう。

手形割引

本記事では、商取引に役立つ手形割引の仕組みをはじめ「4つの手順」であなたもスグに手形を換金・現金化する方法を解説します。

 

なお「資金繰りの改善」には手形割引だけでなく、ファクタリングサービスなど「最短1営業日内」に資金が手に入る便利な方法もあります。経営者の方は本記事と合わせて、以下の記事もチェックしてみてください。

 

参考記事①:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

参考記事②:売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

その前に・・・手形割引には「不渡」という大きなリスクが伴います。このため、より安全で確立に資金を調達されたい方には「ビジネスローン」の利用がオススメです。

例えば、以下のビジネスローンであれば「ネット申込」で、今すぐ審査してもらうことができ、来店の手間もありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で資金調達できるので便利です。お急ぎの場合は今すぐ、以下のリンクから申込をしましょう。手続きは「わずか10分程度」で終わるので、初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達できます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

はじめに|手形割引がオススメできるのはこんな人!

 

手形割引がおすすめできるのは、以下の方です。

 

手形割引がおすすめできる人
☑ 早急に現金が必要な経営者の方
☑ 手形を受け取ったものの、支払いサイクルが遅くお困りの方
☑ 手形の「払出人」に信用があり、手形の現金化が見込める方
☑ 新たな借入を増やすよりも、持っている手形を「今すぐ活用したい」という方

 

手形割引は銀行のほか、手形割引専門業者に依頼し「現金化すること」が可能です。また最近は、電子取引が広く導入されており、手続きは最短10分から最大でも60分以内と「取引のスピード化」がより進化し続けています。

 

 

上の動画は、東信商事の手形割引サービスを紹介したものです。手形割引で資金調達をする流れが良く分かるので、チェックしてみてください。

 

手形割引で「換金・現金化」する4つの手順

 

まずは、本記事のメインテーマである「手形割引で換金・現金化する」4つの手順について説明しましょう。

 

手形割引で「換金・現金化」する4つの手順
① 申込
② 審査
③ 契約書類の作成
④ 現金化

※ 各業者によって、手続きの流れは若干異なります。

 

①〜④について、順に解説します。

 

① 申込

 

手形割引は来店、電話、FAX、メールなどで申込できます。最近では、スマートフォンからも簡単に申し込めるようになりました。

 

② 審査

 

審査は最短で5分〜15分、長くても60分以内には「見積もり結果」が分かります。

 

③ 契約書類の作成

 

契約書類の作成には、必要な書類があります。まず、割引を依頼する手形、会社の実印(印鑑証明書)、会社の謄本、代表者の身分を証明する書類(運転免許証やパスポートなど)が必要です。

 

このほか、業者によっては決算書等事業に関する資料、法人の場合は商業登記簿謄本も別途必要になります。ただし、スピーディーな対応を心がける業者は、決算書類なしで割引をしてくれる事があるので、見積もりの段階で「どのような書類が必要なのか」確認した上で申し込むようにしましょう。

 

また、お急ぎの場合は書類を通常の郵送ではなく、速達で送るか直接来店するようにしましょう。最短で書類が受理されれば、当日〜翌日中には手形の現金化が可能です(業者によっては、郵送をした翌営業日に現金化してくれる場合もあり)。

 

④ 現金化

 

書類が受理され契約が成立となれば、最後に資金を受け取り「手形割引」の手続きは完結となります。次項からは、より専門的に「手形割引」の仕組みやメリット・デメリット等を詳しく解説していきます。

 

※ なお手形割引以外の方法で、安全に資金調達されたい方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンであれば、手形のように不渡のリスクも無く、安全かつ確実に資金が調達できます。

 

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に申し込んでおいて下さい。両方に申し込んでおけば(万が一どちらかの審査に落ちても)確実に資金ショートは回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

そもそも「手形割引」とは?

 

手形割引とは「今から●か月後の●月●日に代金を支払います」と約束をした手形(=支払いの証書)であり、本来支払うべき代金を「先延ばしにしている」のが主な特徴です。

 

手形割引(てがたわりびき)とは、満期前の手形を第三者へ裏書譲渡し、満期日までの利息に相当する額や手数料を差し引いた金額で換金することである。手形割引を依頼したものを割引依頼人、手形を割引いたものを割引人、割引かれた手形のことを割引手形(わりびきてがた、略称は割手)という。

出典:Wikipedia「手形割引」より

 

例えば、あなたの会社(A社)が、B社に物を売ったとしましょう。B社は本来であれば、今すぐ商品代金を支払う必要があります。しかし支払いサイクルや会社の資金繰り等の問題から「金額の支払いを約束した」約束手形を発行します。

 

手形割引とは

画像:株式会社フジコー(公式サイト)より

 

約束手形を発行したB社のことを「振出人」と言います。振出人とは、手形を発行する人のことです。一方、手形を受け取る側は「受取人」と呼んでいます。

 

手形には手形金額、受取人、提出人(=振出人)の記名と捺印、支払いの期日、支払場所が記入されています。もちろんA社の資金繰りに問題がなければ、期日まで支払いを待っていても問題はありません。しかし、資金繰りが大変な時に代金の回収サイクルが遅くなると、自社の経営に悪い影響が出てきてしまいます…。

 

そこで活用したいのが手形割引業者です。業者は事実上「手形を担保」にして資金の融資行います。一定の手数料や期日までの日数分掛かった「利息」が差し引かれますが、その場で現金化できるので、資金繰りが今すぐに解消できます。

 

参考記事:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

手形割引の手数料、受け取り日は?

 

手形割引の手数料は、利用する業者や金融機関によって異なります。手数料は信用度の高い企業(上場企業等)であれば、年3.0%の割引率で手形割引が行われます。しかし中小〜それ以外の企業に関しては、8.0%〜10.0%を超える割引レートが適用されるほか、与信状況や額面、期日によって条件は変わってきます。

 

手形割引で失敗しないためには、利用する金融機関や業者が示す「手数料と年利」をチェックし、受け取り額からいくら差し引かれるのか必ず確認してから申し込むようにしてください。

 

手形割引と融通手形との違い

 

融通手形とは「現実の取引が無いにも関わらず、振り出される手形」を指します。こうした手形は、主に「お金の貸し借り」の為に降り出される手形で、会社同士がお互いに融通手形を発行し合うケースも見られます(=馴合手形または、書合手形と言う)。

 

さらに分かりやすく説明すると、資金が必要な会社が、別の会社に「手形を貸して欲しい」と頼んで融通手形を出してもらい手形割引で現金を調達する流れで「融通手形」が使用されます。

 

(前略)現金を必要とする被融通者が融通者との間で融通契約を結び、手形による決済を必要とする債務はもともと存在しないのに、手形を振り出して、それを手形割引等で現金化して消費し、手形の満期までに支払のための現金を準備して手形の支払に充てることになる。

出典:Wikipedia「融通手形」より

 

世間で「手形を貸した、貸して貰った」というような場合は「融通手形」取引のことを指しています。融通手形の発行は、自社の資金繰りを悪化させる危険性が高いです。どんなに親しい間柄でも、他社に手形を融通するのは止めておいてください。

 

※ なお手形取引のようにリスクある方法ではなく、より安全に資金調達されたい方にはファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンであれば、手形のように不渡のリスクも無く、安全かつ確実に資金が調達できます。

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に申し込んでおいて下さい。両方に申し込んでおけば(万が一どちらかの審査に落ちても)確実に資金ショートは回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

でんさいなら、最短30分で資金が調達できる

 

でんさいとは「電子記録債権の略称」で、一般的には「電子手形」の名称で知られています。でんさいは従来の手形に代わる、新しい金銭債権の仕組みとして広く導入されています。

三井住友銀行「でんさい」の説明

画像:三井住友銀行「手形割引とでんさい」の比較説明より

 

でんさいのメリットは手形を紛失することがなく、搬送費などの余分なコストを掛けずに済むことです。また、でんさいには印紙税が課税されないほか、支払い手段が一本化できるので、複数の支払い手段を効率良くまとめられます。

 

電子記録債権は、手形・指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です(手形・指名債権を電子化したものではありません)。電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件です。

出典:でんさいネット(全国銀行協会)

 

手形割引のメリット

 

手形割引のメリット振出す側と受け取る側に分けて説明します。

 

振出す側のメリット

 

振出す側は、支払時期が延ばせるので「資金繰りのコントロール」ができます。また、金利が掛からないので期日が来るまで支払いを先延ばしにできるというメリットがあります。

 

受け取る側のメリット

 

口約束で「いつまでに払う」と言われるよりも、手形があれば確実に現金回収できるので安心です。また、手形割引を利用すれば、当初の時期よりも早く現金化ができるので(経営の面でも)助かります。

 

このほか、手形を受け取った側は(立場上)振り出した側に対し、契約などの場で「有利に交渉できる」可能性があります。もちろん取引内容によって変わりますが、支払いの延期を受け入れる代わりに「新たな交渉」に乗り出すことも可能です。

 

手形割引のデメリット

 

続いて、手形割引のデメリットについて見てみましょう。

 

振出す側のデメリット

 

手形を振り出すと、金額に応じた印紙税が必要になります。また、手続きをする金融機関によって異なりますが、一部手形帳作成費の費用も掛かってくるので注意が必要です。

 

そして、手形の振り出しで最もリスクが高いのが「手形の不渡り」です。例えば、期日までに支払いができないと、受取人に「手形の額面」を支払うこともできず手形の不渡りが発生します。

 

一度不渡りを出すと、手形交換所の規則に基づいて「不渡り処分」を受け、すべての金融機関に通知されます。6カ月以内に2回目の不渡りを出すと銀行取引が停止され、当座預金取引と融資を2年間受けることができなくなってしまいます。事実上の倒産と見なされ、社会的信用を失うことも。/出典:塚越商事株式会社「手形決済のメリットとデメリット」より

 

手形が不渡りになると、銀行から融資が受けられなくなるので、倒産の危機に直面します。

 

受け取る側のデメリット

 

手形があれば「確実に現金回収できる」と言えども、取引先が倒産をしたり、不渡りを出してしまうと手形が「ただの紙切れになる」危険性があります。また最悪の場合、現金が1円も解消出来ないという大きなリスクがあるので、取引をする際には十分注意をする必要があります。

 

手形割引の審査方法

 

手形割引の審査では「振出人の信用度」のほか、倒産防止共済に加入しているかどうか、手形が本物かどうか詳しく確認を行います。また、審査の際には裏書人(受取人)の項目も欠かさずチェックします。

 

このほかにも、振出日、支払い日、振出員、社判、注文書などの商取引書類(手形の裏付けを取る)などを合わせて確認し、総合判断した上で「割引可能かどうか」最終決定を下します。

 

手形割引に必要な書類

 

手形割引を依頼する場合には、預金口座や会社に関する書類、印鑑証明書、決算書、納税証明書、代表者の身分証明・所得証明書などが必要です。

 

● 預金口座(普通預金口座・当座預金口座)が確認できるもの

● 会社に関する書類(登記簿謄本、不動産登記簿の原本など)

● 代表者に関する書類(住民票、運転免許証などの本人確認書類)

● 印鑑証明書(法人と代表者の分)

● 決算書3期分、会社の納税証明の申告書、代表者の収入が証明できる源泉徴収書

出典:堀越商事株式会社「手形割引に必要なものは?」より抜粋

 

ただし「スピーディーな審査」を売りにする業者は、手形や実印、会社の謄本、身分証明書だけで割引してくれることもあります。

 

※ なお手形割引以外の方法で、安全に資金調達されたい方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンであれば、手形のように不渡のリスクも無く、安全かつ確実に資金が調達できます。

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に申し込んでおいて下さい。両方に申し込んでおけば(万が一どちらかの審査に落ちても)確実に資金ショートは回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

どちらに依頼する? 銀行 vs 業者

 

銀行と手形割引業者の違いを簡単にまとめてみました。

 

項目 銀行 手形割引業者
① 審査の基準 依頼人の信用状況や決算書によって審査を行う。 手形や振出人の信用状況を確認し、審査を行う(受取人の信用状況は問わない)。
② スピード 約3営業日 最短30分〜1営業日内に手続き可能
③ 担保 場合によっては、預金のほか不動産抵当権が必要になる 。 原則不要
④ 割引枠 一定の割引枠が設定されるため、増枠を希望する場合は別途担保が必要になる。 手形によって判断するが、基本上限なしで資金調達できる。
⑤ 手数料 手形取り立て料と消費税を合わせても平均750円〜1,000円未満 手形取り立て料と消費税を合わせても平均750円〜1,000円未満
⑥ 対応する時間 銀行の営業時間のみ 夕方まで対応、銀行よりも営業時間は長い

 

上記の通り(銀行よりも)専門の手形割引業者の方が、より「柔軟な審査とサービス」を実施していることが分かります。特に、資金繰りで現金調達をお急ぎの方は(手続きに)時間の掛かる銀行では無く、専業の手形割引業者に依頼した方が、現金化はスムーズに進められるでしょう。

 

人気の手形割引業者は、ここで探そう!

 

日本貸金業協会に加盟している「手形割引業者」は、全国で53社(平成26年3月末の調査)と、銀行や他の金融機関の数に比べてわずかな数しかありません。しかし、資金繰り改善で失敗をしないためには「口コミ評価」が高く、優良とされる業者を利用するのが一番です。

 

一例として、人気の手形割引業者を一部ご紹介しましょう。

 

順位 社名
1位 日栄倉庫
2位 株式会社日証
3位 日本保証
4位 大黒屋
5位 東信商事

 

また以下の記事では、経営者の間で評価が高く、割引料や割引率でお得な業者をランキング形式で「20社」厳選して紹介しています。

 

参考記事:

① 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧(前半)

② 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧(後半)

 

手形割引とファクタリングの違い

 

手形割引のほかにも、至急現金を手に入れる方法として「ファクタリング」の利用がおすすめできます。なぜなら、ファクタリングは業者が「売掛債権」を買い取ってくれるので、私たちは返金する必要がなく、仮に不渡りを起こした場合でもファクタリング業者がリスクを負うなど(※ その分手数料は高めに設定される)安全に資金調達をサポートしてくれます。

 

なお、ファクタリングの詳しい申込み方法については、以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

手形割引業者、当サイトオススメの手形割引サービス(まとめ)

 

手形割引業者、当サイトオススメの手形割引サービスをまとめてみました。

 

龍実商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

イチビルの手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

ヤエス商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

フジコーの手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

クレイリッシュの手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

塚越商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

リプルの手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

大輝の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

入江倉庫の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

豊和商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

大黒屋の商業手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

東信商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

 

『手形割引業者を探す』際の参考にしてみてください。

 

番外編|手形割引の理解に役立つ「おすすめ記事」一覧

 

最後に、手形割引の理解にも役立つ『おすすめ記事』をいくつかまとめておきます。一部、売掛金買取の記事もあるので、ファクタリングに興味のある方もぜひ、参考にしてみてください。

 

【手形割引関連】

・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

・ 約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

【ファクタリングの基本】

・   経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

・   ファクタリングと電子登録債権の違い

・   資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・   ファクタリングによる手形削減と4つの効果

・   個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

・   売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

 

【ファクタリングの仕組み】

・   ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

・   あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

・   【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

・   ファクタリングで良くあるトラブル5例と優良業者の見分け方

・   三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

・   ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣

 

【ファクタリングで資金調達をする方法】

・   【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

・   ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

・   【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

・   ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

・   ファクタリング|債権流動化による注意点と知っておきたい3つの事

・   【徹底解説】ファクタリングを利用した資金サイト調整法

 

まとめ|手形割引とファクタリングを上手に使い分けよう!

 

今回は手形割引について、詳しく解説しました。手形割引は便利な制度ですが、手形が不渡りになるリスクも潜んでいるので注意が必要です。手形割引のデメリットが気になる方は、上手にファクタリングを利用するなどして、資金繰り改善に努めてください。

 

※ なお手形割引以外の方法で、安全に資金調達されたい方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンであれば、手形のように不渡のリスクも無く、安全かつ確実に資金が調達できます。

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方に申し込んでおいて下さい。両方に申し込んでおけば(万が一どちらかの審査に落ちても)確実に資金ショートは回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/25 09:16
    無料診断がされました。
  • 09/25 03:43
    無料診断がされました。
  • 09/25 00:04
    無料診断がされました。
  • 09/24 19:36
    無料診断がされました。
  • 09/24 19:31
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(53件)

1 2 3 4 5 11

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全466件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる