閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

クラウドファンディング内で、炎上や誤解、金銭トラブルを回避する方法3つ!

クラウドファンディングは「新しい時代の資金調達法」として、大きな注目を集めています。しかし「ネット上の取引」は誤解も生まれやすく、企画立案者と支援者、運営会社の間で、さまざまなトラブルを招いています。一度トラブルに巻き込まれると(問題を解決するまでに)膨大な時間や労力が必要になります。

本記事では、クラウドファンディング内で「トラブルを回避する方法」と、問題が起こった場合の「効果が高い解決法」をご紹介したいと思います。なお、クラウドファンディングの仕組みについては(本記事と合わせて)以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事【保存版】フィンテック革命の最新情報と、フィンテックで事業融資を100%成功させる方法

 

※ クラウドファンディングは、資金調達までに平均1カ月(準備も含めれば2カ月)以上の時間が掛かります。もしも、起業後『運転資金が足りない』という方には、ビジネスローンの利用がおすすめです。

 

例えば以下のようなビジネスローンを利用すれば、ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

また既に「月々200万円」以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

クラウドファンディングの代表的なトラブルの例

 

クラウドファンディングサービスは、私たちの資金調達をより便利でスピーディーなものへと変えてくれました。しかし(クラウドファンディング)サービス内でのトラブルは、運営側に多数報告されています。また、トラブルの原因になるのは、企画を立ち上げる側だけでなく、支援する側、運営する側など(単独ではなく)複数のケースが存在します。

 

例えば、支援する側が起業家を騙したり、起業家が支援者を騙すなど、トラブルの内容は複雑化しています。また、運営側の問題で(サイトの閉鎖、倒産など)、クラウドファンディング自体が消えて無くなることもあります。

 

(前着)「人々による」ファンディングはベンチャー・キャピタルや銀行に頼らなくていい資金集めの新たな方法として注目されている。ところが、プロジェクトの実績が増えるにつれて、いろいろ問題点も見えてきた。(中略)詐欺事件もよく起こっている。「こんなプロジェクトをやります」というプロ級のデモ・ビデオをまことしやかにアップして、資金を集めてドロンしてしまうのだ。/出典:NEWS WEEK 2013年12月21日掲載記事「現代のパトロン」クラウド・ファンディングの落とし穴」より

 

そして、クラウドファンディングで最も気をつけたいのは「著作権の問題」です。クラウドファンディング上では、たくさんの起業家、研究者、アーティストが新しいアイデアやビジネスモデルを発表します。しかし、ネット上で「最新のアイデアや企画」を披露するのには、大きなリスク(デメリット)が伴います。

 

もっと高度なリスクもある。たとえば、大切なIP(知的財産)をみんなに公開してしまって、真似されてしまうというケース。大切に育んだいいアイデアを公開したばかりに、制作や製造のプロが横取りして簡単に作ってしまう。また、クラウド・ファンディングで失敗すると、なかなか立ち直れないらしい。/出典:NEWS WEEK 2013年12月21日掲載記事「現代のパトロン」クラウド・ファンディングの落とし穴」より

 

特に、新商品のアイデアやビジネスモデル、アート作品のコンセプト、デザインの作風などは、第三者から模倣されやすく、著作権の問題でトラブルに発展しがちです。もし、模倣した側が特許を取得したらどうなるのでしょうか…? せっかく作品を発表したのに、自身の著作権が(他人に)奪われてしまうのは最も悲しく、避けるべきことです。

 

海外のクラウドファンディングに参加しよう!資金調達を120%成功させるヒント

 

 

クラウドファンディングの代表的なトラブルの例

 

以下に、クラウドファンディング上で「良く見られるトラブルの例」を5つまとめてみました。

 

クラウドファンディングの代表的なトラブルの例
① 同業者やライバルによる嫌がらせ・風評被害
② コミュニケーション不足による誤解
③ 目的が理解されず、ネットで炎上
④ 目標達成後の商品・サービスの受け渡しでトラブルに
⑤ アイデア・著作に関する問題

 

①〜⑤について、以下で詳しく説明しましょう。

 

 

同業者やライバルによる嫌がらせ・風評被害

 

きちんと対応していても、なぜか「根拠のない噂や風評被害に悩まされる…」という方がいらっしゃいます。これは、同業者やライバルからの嫉妬や、嫌がらせが原因かも知れません…。

 

【風評被害】 根拠のない噂のために受ける被害。特に、事件や事故が発生した際、不適切な報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが受ける損害のこと。[補説] 例えば、ある会社の食品が原因で食中毒が発生した場合、その食品そのものが危険であるかのような報道のために、他社の売れ行きにも影響が及ぶことなど。/goo辞書「風評被害」より

 

ネット上で言われのない噂、誹謗中傷でお悩みの方は、毅然とした態度を取るとともに(できるだけ早めに)サイト運営者に相談を取りましょう。みなさんは「何も悪いことをしていない」のですから、堂々と対処する必要があります。

 

また「根拠のない噂であることを」論理的に説明したり、リアルな現状を伝えるのも『誹謗中傷の解消』には効果的です。嫌がらせの書き込みが見られる場合は、特定のIDをブロックをするか、運営側に依頼して(噂の発信者に対し)法的手段も辞さないことを、はっきり宣言してしまいましょう。

 

実は活動を妨害するのは、ライバルや同業者だけに限りません。「ただ、ムシャクシャしていたから誹謗中傷をした」という、愉快犯も存在します。

 

「ネット炎上」に参加するつもりで投稿したことがある人がどれくらいいるか調べると、その比率はわずか4%、意図せずに参加した経験がある人(5%)を加えても全体の1割に満たず、参加しようと思ったことがない人は84%となっている。参加した理由のトップは「不正や不公平を感じたから」(57%)だった。/出典:共同通信社2016年5月27日掲載記事「“ネット炎上” 積極的に参加した経験者はどれくらい?」より

 

上の例の通り、ある調査では「全体の約5%」が、炎上活動に参加したことがあることが分かりました。わずか5%と言えども、1,000人のユーザーがいれば、うち50人はネット炎上に参加しているのですから驚きです…!

 

ネットでの騒ぎが収まらない場合は、警視庁のインターネットトラブル窓口に相談をするか、風評被害専門のプロに任せて「悪質なユーザー」を一掃してください。

 

参考①:警視庁「インターネットトラブル」について

参考②:サイバー犯罪相談窓口「インターネット安全・安心相談」

 

コミュニケーション不足による誤解

 

コミュニケーション不足は、ユーザーとトラブルになりやすいので、注意が必要です。 支援者は、各プロジェクトの進捗状況を楽しみにしています。しかし、発案者からのニュースやメッセージが少ないと、支援した側は「騙されたのかな…」と不安な気持ちになってしまいます。

 

お金を出した側を不安にさせるのは、最も避けるべきことです。特に金銭が絡むと、大きなトラブルに発展しやすく、コミュニケーション不足が思わぬ炎上を招いてしまいます。筆まめで無く「メッセージを書くのが苦手…」という方も、上手な文章は必要ありません。どのようなメッセージでも良いので、写真などを添えて「プロジェクトの現状」を報告するようにしましょう。こまめに更新すれば、支援者も安心して応援を続けてくれます。

 

言いたいことが上手く伝わらず、炎上した例

 

会話をしていても、思っていることを100%伝えるのは不可能です。またメールやネット上だけで「言いたいことを伝える」のも、限界があります。有名人や著名人のブログやTwitterが炎上するのも同じです。ここでは、言いたいことが曲がって伝わり、ユーザーやファンに誤解を与えることで、大きなトラブルへと発展するのです。

 

一般人との距離を縮める手軽なコミュニケーションツールとして、芸能人も多く利用するツイッター。(中略)そのいっぽうで、ツイッターの書き込みが発端となり、ユーザーと揉める芸能人も少なくはない。最近では「芸能人のツ イッター疲れ」も話題になっているほどだ。/出典:エキサイトニュース2015年12月28日掲載記事より

 

クラウドファンディングでは(各クラウドファンディングのサイト上だけでなく)、TwitterやFacebookを使って、やり取りを行います。しかしSNSのツールでは、字数の制限があるなど、言いたいことが上手く伝わらず「誤解が生じやすい」ので、注意しましょう。

 

 

 

目的が理解されず、ネットで炎上

 

ある大学生が「世界を回りたいので資金を集めている」と、クラウドファンディング上で告知をしました。しかし大学生のプロジェクトは、事業計画の内訳に透明性が無かったため「ただ遊びたいだけで、資金調達しているのでは?」と周囲から、大きな誤解を招いてしまいました。

 

【炎上】(比喩的に)インターネット上のブログなどでの失言に対し、非難や中傷の投稿が多数届くこと。また、非難が集中してそのサイトが閉鎖に追い込まれること。祭り。フレーム。フレーミング。/goo辞書「炎上」より

 

インターネット利用者は、お金の問題についてシビアな目を持っています。参加者(出資を集める側に)悪意は無かったとしても、少しのズレが大きな誤解となって、火の無いところに煙り(デマや噂)を作り、さも「大きな事件」が起こったかのように、サイト炎上を起こしています。

 

 

みなさんは、お金の問題で(支援者に)誤解を与えないよう、表現方法や企画内容については十分注意し、掲載するようにしましょう。また、分からないことは何でも運営に相談し、サポートを受けながら「透明性のある計画書」を作成してください。

 

メモ:プロジェクト達成後も、お金の使い道は「透明性」を心がけて!

 

プロジェクトが達成した後も、利用者に誤解を与えないよう、できるだけまめに「お金の使い道」を(支援者に対し)報告するようにしましょう。 支援者は「支援金が有意義に使われている」と知れば、ますます満足し、あなたのファンとして長く、応援を続けてくれます。

 

ここで、報告を怠ると『あらぬ誤解』を与え、サイト炎上の危険性があります。社会人になった気持で「報告・連絡」は常に細かく、迅速に対応するようにしましょう。

 

目標達成後の商品・サービスの受け渡しでトラブルに

 

目標達成後も、商品の受け渡しが遅くなったり、輸送途中の破損・遅延などが原因で、さまざまなトラブルが発生しています。

 

企画が終了した後は、なるべく早く「御礼のメッセージ」や、手渡すべき品(もしくはサービス)が届くよう手配しましょう。支援者は、アイテムの到着を楽しみに待っています。周囲の期待を裏切らないよう、良き事業者や企画立案者として「正しい行動」を取るようにしてください。

 

アイデア・著作に関する問題

 

アイデアや著作物の取り扱いには、十分注意しましょう。せっかくオリジナリティの高い作品や商品を生み出しても、第三者が素早く「アイデアを盗む」危険性があります。特に、デザインやアート新商品の開発では、特許権が侵害されないよう「取引内容」には、十分注意を払ってください。

 

クラウドファンディングサービスの中には、特許のエキスパートが在籍する企業があります(例:kibidangoなど)。法律の問題は、素人では太刀打ちできません。大きなトラブルにならないよう、事前の著作権管理法を知り『プライベートと音の区分』を決めておきましょう。

 

トラブルを解決する方法3つ!

 

ここまでは、良くあるトラブルについてお話しました。本記事の最後は「クラウドファンディングでトラブルを解決する方法」を3つ紹介しましょう。困った事が起こったら、本項の情報を参考に、問題解決法に取り組んでみてください。

 

トラブルを解決する方法3つ!
① 運営にサポートを頼む
② 誠意を持って対応する(誤解を解くため、きちんと謝罪する)
③ プロにトラブルの解消(鎮火)を依頼する

 

①〜③について、以下で詳しく説明しましょう。

 

運営にサポートを頼む

 

利用者とのトラブル、企画の進行上困ったことがあれば、自己解決せず運営へのサポートを依頼しましょう。どのクラウドファンディングも「成功した場合の手数料」に、サポート費用を含めています。

 

 

また、All or Nothing(成功しない企画には、費用が発生しない)型の企画は、費用を支払うことなく、必要なサポートが受けられるので安心です。

 

誠意を持って対応する(誤解を解くため、きちんと謝罪する)

 

愉快犯の場合は、対処が難しいのですが、通常の支援者であれば「キチンと話す」ことで、問題の多くが解決できます。

 

 

最も避けるべきは、説明をごまかしたり、逃げたりすることです。有名人や著名人のトラブル解決法を見ても分かるように、きちんと説明をする人物に対しては、余計な炎上、誹謗中傷は起こりません。誠意をもって対応できるよう、冷静にメッセージを伝えてみましょう。

 

プロにトラブルの解消(鎮火)を依頼する

 

残念なことに、どんなに頑張っても「騒ぎが収まらない」ことがあります。このような場合は、プロに炎上の鎮火作業を依頼しましょう。企業によって価格、料金は異なりますが、ネットトラブルを専門に扱う業者が存在します。

 

 

ただ、業者の質もピンキリです。利用者の口コミ等を参考に「良い業者」を見つけ、鎮火作業を依頼するようにしましょう。

 

クラウドファンディングを安全に利用するため、役立つオススメ記事

 

クラウドファンディングを安全に利用するため、役立つオススメ記事をあつめてみました。

 

資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

 

Makuake(マクアケ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

【2018年最新版】クラウドファンディングとは?プロジェクトで資金調達・支援・投資を受ける3つのコツ!

【最新版】クラウドファンディング「資金調達額」ベスト100(1位から100位まで)

クラウドファンディング内で、トラブルを回避する方法3つ!

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

本記事で取り上げた、クラウドファンディングサービスのほか、人気のあるサービスをまとめてみました。

 

【国内のクラウドファンディングサービス】

 

Makuake(マクアケ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

GREEN FUNDINGの口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

COUNTDOWN(カウントダウン)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

ShootingStar (シューティングスター) 口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

WESYM(ウィシム)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

FUNDIY(ファンディー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

Motion Gallery(モーションギャラリー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

FAAVO(ファーボ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

【海外のクラウドファンディングサービス】

Kickstarter(キックスターター)クラウドファンディングの口コミ・評判を9要素から徹底解説

 

なお、クラウドファンディングサービスを「選ぶのが難しい」という時には、以下の記事が参考になります。

 

 

まとめ|クラウドファンディングで、トラブルに巻き込まれたら運営に相談すればOK!

 

本記事では、クラウドファンディングのトラブルに巻き込まれない方法と、トラブルの解決法を紹介しました。ネット取引は便利な反面、気をつけるべきこともたくさんあります。

 

 

まずは、支援者との関係が良好になるよう、コミュニケーションの取り方や、企画の進め方に注意しましょう。また快適にサービスが使えるよう、セキュリティ対策は万全に実施してください。このほか、問題が解決しそうにない時には、クラウドファンディングの運営に相談をすればOKです。一人で悩まず周りに相談し、問題の解決を目指しましょう。

 

※ なお、既に起業をされた方で「運転資金が足りない」という方には、ファクタリングやビジネスローンの利用をオススメしています。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。良ければ資金調達の参考にしてみてください。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と併せて読みたいオススメ記事

【話題の資金調達方法】最新のクラウドファンディングまとめ

飲食業をはじめる! クラウドファンディングで資金調達すべき4つの理由

不動産特化型クラウドファンディングで資金調達に成功する3つのコツ!

【保存版】ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディングで資金調達を120%成功させる5つのコツ!

株式投資型クラウドファンディングの評判を比較!FUNDINNO/GoAngel/エメラダ・エクイティ

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/19 00:04
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:48
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:31
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:22
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

個人投資家からの借入の関連記事(59件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全474件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる