閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

銀行格付けは、事業資金だけでなく「会社の信用に関わる」重要な要素です。(外観や企業イメージが)立派に見えても、肝心の格付けがガタガタでは、取引先から信用してもらえません。まずは、銀行格付けの仕組みを知り、格付の回復に努めましょう。

本記事では、金融機関最大の難関と言われる「銀行格付け」の仕組みを徹底調査します。

 

その前に・・・銀行融資の審査は通常1カ月程度の時間が掛かります。さらに、格付けのアップを狙っていたら、どのくらい時間が掛かるのか分かりません…。このため銀行の融資が間に合わない方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。これらは、ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

「格付け」ができたのは、各企業を評価するため

 

学校では、生徒一人一人をテストの結果や、普段の生活態度をチェックし、数字やアルファベットを使って評価します。銀行などの金融機関も同様に、各企業の過去の取引内容(借入・返済・他社との取引件数)を見て、スコアリング(点数化)を行います。

 

信用格付け」は企業だけでなく、国の信用状態を表す指標としても使用されます。(中略)銀行による「企業格付け」では、アルファベットではなく、10〜12の段階に分類し、格付けが行われます。/出典:銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ (資金調達プロ)

 

格付けは、企業融資に限ったことではありません。私たちが普段使っている、クレジットカードやカードローンの利用にも「個人の信用情報」をもとに、信用格付け(スコアリング)が行われています。

 

 

例えば、成績の良い生徒が難関校をクリアできるように、格付けの良い企業(もしくは個人)は、ステイタスの高いカードを持てたり、貸し付け条件の良いローンが組めます。反対に、格付けが悪い企業や利用者は(スコアリングの結果)カードローンや事業融資が通らなくなります。

 

審査が通らないのは、審査申込者に「債務不履行」のリスクが見られるからです。また、融資担当者の態度を見ても、自社がどのような状況にあるのか「ある程度の予想」は立てられます。皆さんの会社は、優秀な取引先として評価されているでしょうか? 債務不履行に陥るようであれば、優秀な企業として評価されません。

 

債務不履行とは? 債務者が正当な事由がないのに債務の本旨に従った履行をしないこと。履行遅滞・履行不能・不完全履行の三つに大別される。デフォルト。 /出典:コトバンク「債務不履行」より

 

国家の経済状況を示す場合「デフォルトの危険性がある」などの表現を使いますが、個人や企業の間でも(返済できない危険性があれば)デフォルトリスクを抱えているという様に表現できます。私たち起業家が最も避けるべきは、債務不履行(デフォルト)の状況です。

 

財務が悪化しているようであれば、企業再生や事業再生の方法を試してみましょう。

 

例えば「事業再生」を利用すれば、過去の負債を圧縮し(資金繰りを改善して)会社を再建することが可能です。また、企業再生という方法を用いれば、法人格を持ったまま事業を続けることが可能です。/出典:【保存版】倒産後に活用したい 今すぐ借りられる資金調達先と「救済リスト30」(資金調達プロ)

 

会社の再建と「資金繰り改善」については、以下の記事を参照してください。

 

参考記事①:【保存版】倒産後に活用したい 今すぐ借りられる資金調達先と「救済リスト30」 

参考記事②:銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

 

銀行による「企業格付け」の仕組み

 

いよいよ本題である「企業格付けの仕組み」を解説しましょう。格付け自体は、国や企業、投資の分野でも使用されます。例えば、格付けの高い国は「政治情勢、経済が安定している」と捉えられ、国債の利回りは低くなります。しかし、格付けの低い国(例:ギリシャなど、事実上のデフォルト状況にある国)は、信用格付けと反比例して、国債の利回りが高く設定されます。これは、利回りを高くしないと「デフォルトリスクの高い債権」が買われないからです。

 

 

話を「企業格付け」に戻しましょう。金融機関は各企業の財務状況をチェックし、①〜⑩段階の区分で格付けを行います。格付けの表については、以下の表(出典:銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ)を参照してください。

 

 

格付けは表中のように10段階に分かれていますが、大まかに分類すると(融資可能な)正常先、要注意先、不良債権先の三種類しかありません。

 

【不良債権】 回収が著しく困難、または回収不能の債権を不良債権という。厳密には、貸出先の返済状況から判断する「リスク管理債権」「金融再生法基準で判断された債権」「銀行の自己基準で定められた不良債権」の総称である。3つの債権はそれぞれ計数的な判断、金融再生法、銀行の自己基準によって規定されている。/出典:コトバンク「不良債権」より

 

銀行から融資を受けるには「正常先」という評価を得なければいけません。要注意先では、審査が落ちる可能性が高く「不良債権先」と判定されると、一部の救済制度を除いて、どの金融機関からもお金が借りられなくなってしまいます(参考:【保存版】倒産後に活用したい 今すぐ借りられる資金調達先と「救済リスト30」)。

 

企業格付けの見直し時期はいつ?

 

企業格付けは以下のタイミングで「見直しの機会」がやってきます。見直しが実施されると、格付けが上がるか下がるか(もしくは現状維持か)変化が訪れます。

 

企業格付けの「見直し時期」について
① 年度末の決算時期
② 決算3カ月毎の四半期決算
③ 随時見直し(不定期に財務状況をチェックする=抜き打ち)

 

①と②は、ある程度(見直しの)タイミングが予測できますが、③の随時見直しは、融資の延滞が発生したり、取引先の倒産、財務状況の悪化によって格付けが変更されるため、私たちの予想通りには動いてくれません。

 

6e7129af8d1b951909e87bb816602cba_s

 

企業格付けは「年に一度しかない」という噂もありますが、これは真っ赤なウソです。企業格付けは「随時行われる」と考え、常に資金繰りや、財務状況を良くしておく必要があります。

 

企業に融資をする場合、二種類の格付けが重視される

 

銀行が企業融資を行う場合、以下二種類の格付けをチェックして、融資の実施を決定します。

 

銀行が「企業融資」で、チェックする格付けは二種類
① 企業格付け
② 融資案件ごとの格付け

 

①と②について、以下で詳しく説明しましょう。

 

① 企業格付け

 

企業格付けは、前項で説明したとおり「各企業」をスコアリングし、財務状況や他社との取引状況によって、決定された格付けを指します。

 

【スコアリング】 個々の見込み客が持つ、自社への将来的な「価値」を予測し、その価値に準じて順位をつけること。順位付けは、デモグラフィックデータやBANT条件と、マーケティングやセールスキャンペーンに対する見込み客の行動解析を組み合わせて行う。/出典:コトバンク「スコアリング」より

 

② 融資案件ごとの格付け

 

②の融資案件ごとの格付けとは、融資を申し込んだ際の「審査内容」によって格付けを決定することです。

 

 

このように銀行格の調査は、決算期の資料や財務状況だけで無く、複数の要素を総合的に判断し「信用格付け」を判定しています。

 

格付けを決定する要素は4種類ある

 

格付けを決定する要素は4種類あります。

 

格付けを決定する4大要素
① 安全性
② 債務の返済能力
③ 収益性
④ 成長性・将来性

 

①〜④の内容について、以下で詳しく説明しましょう。

 

① 安全性

 

安全性とは、デフォルトの危険性がなく、自己資本率、ギアリング比率、流動比率の3点で「バランスが良い」状態を指します。自己資本率とは、総資本のうち自らの資本がカバーしている比率を指します。自己資本率が40%以上あれば「会社は倒産しない」と言われています。反対に、資本率が低い会社は安全性の低い企業と評価されます。

 

 

ギアリング比率には、自己資本における「他人資本の割合」を意味します。

 

ギアリング比率は、「負債比率」や「レバレッジ比率」とも呼ばれ、企業財務の健全性(安全性)を見る指標の一つで、企業の自己資本に対する他人資本(有利子負債等)の割合を示す数値をいいます。これは、返済義務のある他人資本が、どれだけ返済義務のない自己資本でカバーされているかを示し、通常、100%(1倍)を下回ると財務が安定しているとされ、この数値が低いほど「借金の少ない会社」ということになります。/出典:iFinance「ギアリング比率」より

 

そして流動比率ですが、 流動資産(現金化しやすい資産)を流動負債(いますぐ支払うべき借入金)で割り「会社の支払い能力」を数値化したものです。

 

② 債務の返済能力

 

債務の返済能力とは、他社での借入や返済状況を示したものです。どのくらいの負債を抱え、あと何年返済する予定なのか、営業利益や受け取り利息、減価償却費、運転資金などから総合的に「債務が返せるかどうか」会社の支払い能力が調査されます。

 

③ 収益性

 

収益性の項目では、経常利益から売上高、総資本を用い「どのくらいの売上高があるのか」調査します。

 

収益性とは? いくらの資本を活用して、いくらの利益を出しているかの指標。収益性という場合は、資本利益率のことを指す場合が一般的。/出典:Hatena Keyword「収益性」について

 

収益性と①〜④の項目を見れば、どのくらいの返済能力があるのか、会社の経営状態が細かくチェックできます。

 

 

④ 成長性・将来性

 

成長性や将来性は、会社としての「未来」を確認します。売上高のほか、経常利益の成長率を見ることで、将来性のある企業なのか調査できます。

 

経常利益とは? 企業が通常の経済活動で毎期に経常的・反復的に生じる利益のこと。売り上げから本業にかかったコストを差し引いたのが営業利益であり、この営業利益に財務活動などの本業以外の損益を加えたのが経常利益である。企業本来の本業における強さを見るときには営業利益を見て、財務活動などを加えて企業全体の強さを見るときに経常利益を見ることになる。一般的には売上高経常利益率が、企業の収益力に関する基本的な指標とされている。/出典:コトバンク「経常利益」より

 

格付けで重要な要素は、以上の①〜④に集約されています。しかし、企業格付けはこれだけに留まりません。以下の要素を加えて、企業の価値を総合判断して『格付け』を決めます。

 

企業価値を総合判断するための材料
 ☑ 経営者の過去の経歴、経営能力
 ☑ 過去の借入・返済状況
 ☑ 販売の実績
 ☑ 技術・テクノロジー
 ☑ マスコミで掲載された記事など
 ☑ 業歴の長さ
 ☑ 財務の管理能力
 ☑ 取り組んでいる分野の成長性

 

上記以外にも、不動産資産、不渡り手形、回収不可能な掛け金、不良在庫(デッドストック)なども含めて、企業の格付けは細かく設定されています。もし、金融機関からの(返済)催促が多くなってきたら「自社の格付けが危険な状態」かもしれません。

 

ここまで取り上げた条件を1つ1つ確認し、会社の状況を客観的にチェックしてみましょう。経営の状況が悪化しているのなら、以下の記事を参考にして「格付けの改善」に取り組んでみてください。

 

参考記事:銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法 

 

補足:企業だけじゃ無い「銀行も格付け」されているって…ホント?

 

実は、格付けを受けているのは(私たち)企業だけで無く、金融機関もそれぞれ「預金・債務格付け」と「財務格付け」の二種類を受けています。

 

格付けとは、企業や債券の信用リスクを判断するための指標のことで、金融庁に登録された信用格付機関によって付与される。格付けは、「AAA」 「A-」などの記号によって表され、格付けが高いほど、将来的に倒産・破綻をする可能性が低く、債務を履行する能力が高いと見なされる。例えば、銀行の場合は、市場における地位や競争力、金融システムの安定性、経営戦略といった「事業基盤」と、収益力や貸出資産、運用資産、リスク管理体制などの「財務基盤」によって評価される。/出典:ZAI ONLINE 2016年1月25日掲載記事より

 

銀行格付けを見ると、どの銀行の評価が高く「どの銀行が危険な状態にあるのか」細かくチェックできます。

 

 

イギリスのEU独立が決定したことで、世界は『大きな経済的混乱』期を迎えています。各国の銀行格付けは、今後も目まぐるしく変化することでしょう。また、株価の急落に伴い、各社の輸出・貿易取引の状況が変わることから、企業の信用格付けにも激震が走るはずです…。みなさんも自社の状況だけでなく、他社や各金融機関の動向を見ながら、今後の経営方針について考えてみてください。

 

まとめ|銀行格付けは、複雑な要素によって決定されている

 

いかがでしたか? 今回は融資結果に大きく関わる(銀行による)企業格付けについて、解説しました。格付けの問題をクリアにして、自社のレベルを上げるよう努力しましょう。

 

※ なお、銀行融資では「運転資金が間に合わない!」という方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

関連情報【合わせて読みたい記事】

銀行融資を100%成功させる近道は「コネと人脈」って、ホント?

銀行融資完全ガイド・銀行との交渉は「5つのポイント」を守ればOK

ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/19 00:04
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:48
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:31
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:22
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(90件)

1 2 3 4 5 18

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全474件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる