閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

銀行融資をスムーズに受けるには「資金繰り」を改善し、経営状況を良くする必要があります。まずは、資金表(資金繰り表・資金運用表・資金移動表・キャッシュフロー等)を元に「資金の過不足」が無いか確認しましょう。

 

例えば、資金表を上手く活用すれば、今後のお金の流れを予測し、資金繰りをラクにすることができます。本記事では、銀行融資をスムーズに受けるため「資金繰りを改善する」2つのステップと、「資金繰りを改善する」5つのポイントについて、詳しく解説します。また、記事の後半では「銀行との取引」で注意すべきポイントも、合わせて紹介します。

 

その前に・・・銀行融資の審査は「通常1カ月程度」時間がかかってしまいます。このため『銀行の融資が間に合わない』という方は、ビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。例えば、以下のビジネスローンは『ネット申込』で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

このほか『資金繰りでお困りの方』は以下の記事も合わせて、ご覧ください。

 

参考記事:

・ 銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる3つのコツ 

・【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント

・【経営者必見】資金繰りがわかる!上手にムダを改善する7つの方法

 

資金繰りの改善とは?

 

そもそも「資金繰り」とは、一定期間における資金の流れを予測・把握することを指します。また、資金繰り改善とは、資金の流れをスムーズにし、資金繰りをラクにすることを言います。

 

ここでいう資金とは、現金や預金、有価証券など、すぐに支払いに使えるもののことをいい、同じ預金でも、すぐに解約する事ができない定期預金や現金化に時間のかかる不動産は資金には含まれません(中略)資金繰りとは、経費などの支払いに対応できるよう会社に入ってくるお金と出ていくお金の管理を行い資金の流れをコントロールしていくことを指します。/出典:日本ビズアップ株式会社「資金繰りとは」

 

資金繰りが滞ってしまうと、必要な現金が用意できず、業務が滞ってしまいます。このため、資金繰りに困った企業は至急、資金調達をする必要があり(調達が)間に合わない場合は、不渡りや倒産の事態に追い込まれてしまいます…。

 

25ee05fe760dd68e3cfd67b4019f5e91_s

 

資金繰りの流れには「正のスパイラル」と「負のスパイラル」の二種類があります。一旦、資金繰りに困窮すると、負のスパイラルから脱却するのに苦労をします。しかし、売り上げがアップし、新しい事業に潤沢な資金が投入できれば「正のスパイラル」に突入し、長期間に渡って理想的な資金繰りが続けられます。

 

まずは、資金繰りが悪化しないよう、早めに原因を解明し、資金繰り改善について検討しなければなりません。資金繰り改善が難しい場合は、会計士や税理士など「プロに任せる」のも、ひとつのアイデアです。また、長期的安定を望むのなら、経営者も参加して、共に資金繰り改善に取り組む必要があります。

 

「資金繰りを改善する」3つのステップ

 

まずは、現状をチェックするためにも「資金繰りを改善する」3つのステップについて説明しましょう。

 

資金繰りを改善する2つのステップ
① 3〜6カ月先の資金不足をチェックする
② 資金繰りの悪化原因を調べる
③ 利益を確保する

 

①と②について、以下で詳しく説明します。

 

① 3〜6カ月先の資金不足をチェックする

 

まず、資金繰り表を使って、目先3〜6カ月先の資金不足をチェックしてみてください。ここで、資金が不足するようなら不渡りを出さないよう、資金調達を調整する必要があります。

 

② 資金繰りの悪化原因を調べる

 

次に資金繰りを悪化させている原因を調べてみましょう。在庫や赤字経営、投資の失敗、取引先の問題、売上債権回収、仕入れ債権支払いの中で、問題がある箇所をピックアップし、原因箇所を具体的に把握しておいてください。

 

③ 利益を確保する

 

最後に、利益を確保できるよう「利益が向上するためのアイデア」を書き出してみましょう。②の原因をプラスに転換できるよう、赤字事業のテコ入れもしくは撤退、利益率の分析、市場や製品戦略の見直し、固定費の引き下げを具体的にプランニングします。

 

赤字経営からの脱却(利益の確保) 赤字経営からの脱却は、資金繰りの改善策としてではなく、まさに経営課題として取り組むべきものだろう。前述したように、利益と資金繰り(のプラス)は最終的に一致することから、利益こそが資金繰り改善の源泉となることを忘れないようにする。/出典:中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」より

 

③で作った改善案を元に、次項「資金繰りを解消する5つの行動」に進んでください。

 

資金繰り悪化を解消する5つの行動

 

前項「資金繰りを改善する」3つのステップで、重大な問題が見つかった方は、具体的に資金繰りを改善する方法(本項)を実践してみましょう。「資金繰り悪化を解消する行動」は5つあります。

 

銀行融資「資金繰りを改善する」5つのポイント
① 売掛債権を早い段階で回収する
② 不要な在庫を処分する
③ 回収を遅く、支払いが遅くできるよう「条件交渉」を行う
④ キャッシュフローの範囲内で投資を行う
⑤ コストのさらなる見直し、固定費を減らす

 

①〜⑤について、以下で詳しく説明します。

 

① 売掛債権を早い段階で回収する

 

取引先から売掛金を決済する期日や、受取手形の延長を求められても、安易に受け入れるのは良くありません。誰にでも「良い顔」をしていると、資金繰り悪化に陥ります。支払いに関しては、担当者に任せきりにするのではなく「会社のルール」を制定し、支払いサイクルが短縮されるよう交渉してください。

 

資金繰りに余裕があり、資金繰りの管理をおろそかにしていると、いつの間にか売掛金と受取手形(割引手形含む)の売上高に対する割合が高くなってしまう場 合がある。これは、得意先からの要請などによって、売掛金の決済期日や受取手形のサイトの延長に応じることがおもな原因として考えられる。/出典:中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」より

 

同じ経営者同士「相手の支払い状況が厳しい」時に、催促するのは心苦しいかも知れません…。しかし、相手を立てて自社の経営が悪化しては、本末転倒です。

 

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s

 

また、資金繰り改善を行うには、自社優位になるよう巧みに計画を立てて、支出の流れを変える必要があります。例えば、自社の支払いサイクルについては、できるだけ「支払条件の緩和」を求めていくことが、資金繰りが悪化の防止策となります。

 

商品の仕入による買掛金、支払手形はいまだ資金が支出されていないので資金繰りを楽にする効果がある。仕入については、売上の時のようにいつの間にか決済 条件が不利になることは通常ない。しかし、業界平均に比して会社の支払サイトが短い(決済条件が悪い)場合などは、普段から支払条件の緩和(現金払いから 手形払いへ、手形サイトの延長など)を要請・実行することで資金繰りに強い企業体質にすることができるだろう。/出典:中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」より

 

売上債権回収サイトの判断指標(売上債権の回転日数)は、【平均売上債権残高/純売上高 × 365】という式を使って算定できます。業界の平均日数よりサイクルが短ければ「回収状況は良い」と言えます。

 

中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」

中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」

 

次に、仕入債務支払サイトの判断指標は【買入債務回転日数(日)=平均買入債務残高/純仕入高 × 365】という式で計算できます。

 

中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」

中小機構 J-Net21「資金繰り改善法」

 

ここでは、商品や原材料を購入し、現金決済するまでのサイクルを計算しますが、回転のサイクルが長ければ、その分「資金繰りの余裕」が生まれるので安心です。

 

② 不要な在庫を処分する

 

不要な在庫は、早めに処分を行いましょう。過剰な在庫は、購入資金を寝かせていることになり、経営悪化最大の原因となります。デットストックを抱えている場合は、できるだけ換金を行い、資金繰りを改善しておいてください。

 

 

適正な在庫を把握し管理することは、過剰な在庫を削減した「正しい仕入れ」へと繋がります。また仕入から売上までの日数が短くなれば、資金繰りに余裕が生まれます。

 

③ 回収を遅く、支払いが遅くできるよう「条件交渉」を行う

 

①でも説明した通り、取引先との交渉は、資金繰り改善で最も重要なことです。資金繰りが悪化すると、資金調達(金融機関からの借入)に意識が向きますが、まずは在庫の整理や、経営の見直し、取引先の与信管理が最重要課題となります。

 

 

取引先が「倒産のリスク」を抱えていないかどうかは、営業担当者と経理担当者が、密に情報交換する必要があります。また、危険を感じた場合は、現金取引に切り替えるなど、臨機応変に対応し、被害を最小限に食い止める必要があるでしょう。

 

④ キャッシュフローの範囲内で投資を行う

 

投資を行う場合は、キャッシュフローの範囲に抑える必要があります。手持ちの資金が目減りしては、資金繰りがますます悪化してしまいます。

 

「キャッシュフロー」とは、お金の流れのことをいいます。 一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」といいます。例えば、掛で商品を売った場合、お金が入ってないにもかかわらず、「売上」として計上してしまうため、決算書の損益計算書に記載されている売上高、純利益等は実際のお金の流れを表していないことになります。/日本証券業協会「株式投資編」より

 

投資が成功した場合、資金繰りの改善が見込めるでしょう。しかし、不要な投資は経営難を招きます。

 

 

例えば、設備投資を行う場合も、購入をするのかリースで間に合うのか(外注でカバーできる可能性もある)、冷静に判断しましょう。また、投資を行う前には「必要な出費かどうか」きちんと見極めることが重要です。

 

⑤ コストのさらなる見直し、固定費を減らす

 

資金繰りが悪化する前に「固定費にいくら使っているのか」ェックしてみてください。広告宣伝費、接待・交際費、営業費用に余計な費用を掛けていないでしょうか? 固定費の改善は、比較的簡単です。例えば、インターネットを活用して広告宣伝費をカットしたり、助成金・補助金を申請することで、大幅な固定費削減が見込めます。

 

また、必要があれば人件費の削減も検討しましょう。人材をリストアップして、貢献度をチェックし「今後の経営成長に必要な社員かどうか」見極めることが重要です。

 

本項、①〜⑤の内容を何度も確認し、資金繰り改善を実行してみてください。予想よりも簡単に、資金繰り悪化は解消できます。

 

銀行との交渉で、注意したいポイント

 

最後に「銀行と交渉する際の注意点」見ておきましょう。銀行と(資金繰り改善の件で)交渉する場合は、以下のポイントに気をつけて、手続きを進めてください。

 

銀行との交渉で注意したい4つのポイント
① 現状のキャッシュフローを提示、返せる額を具体的に示す
② リスケのメリットを銀行側に伝え、資金繰りを改善する
③ 経営改善計画書を正しく作成し、銀行の信頼を勝ち取る
④ 返済条件変更依頼書で、メリットをさらに打ち出す

 

①〜④について、以下で具体的に説明します。

 

① 現状のキャッシュフローを提示、返せる額を具体的に示す

 

資金繰りが厳しく、返済が難しい場合は 現状のキャッシュフローを提示、返せる額を具体的に示すようにしましょう。

 

 

銀行は厳しく取り立てをするのではなく、どのようにすれば経営が立て直せるのか、真面目に考えてくれます。キャッシュフロー計算書を使って「今後の方針」を説明すれば、倒産通知を受け取るよりもリスク無く、返済を待つことができます。

 

② リスケのメリットを銀行側に伝え、資金繰りを改善する

 

資金繰りで悩んでいる時は、銀行とリスケ(リスケジューリングの略)を行い、一定期間返済を猶予てもらいましょう。金融機関も、取引先が倒産するより(猶予を行うことで)返済の可能性が高くなることを望んでくれます。

 

③ 経営改善計画書を正しく作成し、銀行の信頼を勝ち取る

 

相手の信頼を損なわないためには(借りた側を)安心させる必要があります。特に、事業者融資のような「信用取引」は、健全な経営方針を打ち出し、実践することで信頼が回復できます。

 

支払いが厳しい時には、資金繰り改善を行い、銀行や信用保証協会に相談を持ちかけてみてください。銀行や信用保証協会は、②のリスケや資金繰り改善を親身になってアドバイスしてくれます。

 

④ 返済条件変更依頼書で、メリットをさらに打ち出す

 

返済が難しい時にはリスケを行うため「返済条件変更依頼書」を作成しましょう。返済条件変更依頼書とは、条件変更(リスケ)や返済猶予を依頼する際、必要な書類です。

 

 

猶予に至った経緯と今後の経営改善計画、収益の見通しなどを具体的に(書類として)示してください。こうした作業は(銀行側にとって)大きな安心感へと繋がります。返済猶予を行うことで、どのようなメリットがあるのか、具体的文章として、説明を行ってください。

 

まとめ・ステップ毎に問題解決を図れば、資金繰りは改善できる!

 

今回は、資金繰りを改善する方法について解説しました。資金繰りでお困りの方は、ぜひ本記事の流れに沿って「問題解決法を実践」してみてください。

 

※ なお、銀行融資では「運転資金の調達が間に合わない…」という方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金繰り改善|関連情報

【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!
【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/19 00:04
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:48
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:31
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:22
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(90件)

1 2 3 4 5 18

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全474件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる