閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

信用保証協会を攻略すれば、銀行融資や公的融資など「事業資金の調達」はラクになります。信用保証協会を利用「信用保証付き融資」を受けてみましょう。

 

本記事では、銀行融資と、信用保証協会を攻略する「3つの裏技」について説明します。なお、資金調達プロでは「信用保証協会」の仕組みについて、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ本記事と合わせて、資金調達の参考にしてみてください。

 

参考記事:【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

 

その前に・・・銀行融資や信用保証協会の審査は、速くとも1〜2カ月、通常は3か月程度かかってしまいます。このため『融資が間に合わない」という方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

信用保証協会を使った、各自治体の「制度融資」について

 

信用保証協会は、中小企業や個人事業主の「資金調達が円滑になるよう」信用保証を行い、借入をサポートする公的機関です。

 

「信用保証協会」は、昭和28年に設立された公的な機関です。ここでは、中小企業や個人事を資金面でバックアップし金融の円滑化を図っています。信用保証協会は「保証人」の代わりを務め、私たちの「信用保証」を行い、資金調達ができるようサポートしてくれます。/出典:【保存版】信用保証協会とは? 100%融資審査を通す!3つのコツとメリット・デメリット(資金調達プロ)

 

信用保証協会を使う(保証を受ける)事業者は多く、平成26年3月末には約146万もの企業が、公的融資や銀行「保証付き融資」利用しています。

 

 

信用保証協会を利用した借入には、銀行融資のほか、自治体毎の「制度融資」があります。

 

区分 内容
・ 金融機関の融資 銀行など
・ 自治体の融資 自治体融資・制度融資・都道府県融資・市町村融資など

 

保障付きの融資は、以下のようなメリットを含んでいます。

 

「保証付融資」では、万が一、借主の返済が滞った場合に、借主に代わって信用保証協会が金融機関に「立て替え払い」を行います。なお、保証をご利用いただく対価として、中小企業・小規模事業者の皆さまに所定の信用保証料をお支払いいただきます。保証をご利用いただく際には、原則として、法人代表者以外の連帯保証人は必要ありません。また、担保に過度に依存しない保証の推進に努めています。 /出典:一般社団法人「全国信用保証協会連合会」公式サイトより

 

(信用保証協会を利用した) 融資の仕組みは、以下の記事を参照してください。本記事では「信用保証協会の攻略方法」を重点的に解説たいと思います。

 

【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

 

信用保証協会・攻略する方法は3つ!

 

信用保証協会を利用すれば、債権者の信頼を得て、良い条件で融資が受けられます。ここからは、信用保証協会を攻略する方法を3つ紹介しましょう。

 

 

保障付き融資は、以下のポイントを押さえることで「融資がスムーズ」に受けられます。

 

信用保証協会を攻略する方法
① 初めての融資は、メインバンクを利用しよう
② 最初の借入は、金額を少なく設定する
③ 信用保証協会を間口に、融資の可能性を広げていく!

 

①〜③について、以下で詳しく説明します。

 

 

① 初めての融資は、メインバンクを利用しよう

 

まず、信用保証協会を利用する場合は、メインバンクを通じて申し込みをしましょう。メインバンクとは、「最も取引が多く」信頼できる銀行を指します。各企業は「財布代わりの銀行」や金融機関(メインバンク)を通じ、お金の管理を行います。

 

私は初めて保証協会を利用する時は、既に借り入れをしている金融機関を通して申し込むのが良いと思っています。なぜなら金融機関にとっても保証協会にとっても最初の審査というのは一見さんの場合は特に注意を要します。初めて融資の申し込みを受ける時、店頭に一見さんで来られるより、どなたか信頼できる方の紹介の方が取り組みしやすいのは金融機関も保証協会も同じです。/出典:KENBIYA「信用保証協会を利用して融資を申し込むときの注意とポイントとは?」より

 

当たり前ですが、メインバンクには残高が多くなるため、信用取引を行う際(預金情報が)有利に働いてくれます。また、知り合いや付き合いの長い担当者がいれば、各企業の経営状況を把握しているため(信用保証協会を利用する場合)話が進めやすくなります。

 

 

もし、保障付き融資を利用するのなら「新規口座」を開設せず、既に取引実績のあるメインバンクを利用しましょう。

 

既にその金融機関で借り入れの実績があると、その金融機関は保証協会に保証を依頼する時に、いつから融資取引が開始されたか、今現在いくら預金と融資の取引残高があって、担保をどれぐらい受けているか通知することができます。その他にも、融資を希望する方の事業経験や計数管理能力、人物や取引方針について所見を書いたりします。/出典:KENBIYA「信用保証協会を利用して融資を申し込むときの注意とポイントとは?」より

 

保証協会の申し込みは、機関への(直接)申し込みでは無く、 大半が「融資を受ける銀行を経由」し申請されます。まずは、普段から付き合いのある「メインバンク」で、借入の相談をしてみてください。

 

② 最初の借入は、金額を少なく設定する

 

事業融資や保障付きの融資に限らず、初回の借入は、設定金額を低くすることが大切です。どの金融機関も、実績のない企業に「多額の融資」を実施しません。クレジットカードやカードローンの例と同じく少しずつ実績を見て、借入の条件を増やしていくのが「通常の流れ」です。

 

 

このため、最初に数千万円単位の融資を申し込むのでは無く、比較的「金額の低い範囲内」で、保障付き融資を申し込むようにしましょう。(次項でも詳しく説明しますが)信用保証協会での借入実績を増やせば、今後の取引範囲が広くなり、新たな借入や追加融資も受けやすくなります。

 

③ 信用保証協会を間口に、融資の可能性を広げていく!

 

これから「借入の規模を拡大したい」いう方は、最初の借入をきっかけに、融資の可能性を広げてみましょう。

 

 

信用保証協会は、もともと「中小企業の融資を円滑化するため」設立された機関です。このため、銀行のプロパー融資を利用するより、高い確率で審査が通るようサポートしてくれます。保証料は必要ですが、銀行から融資してもらえるメリットは大きいです。

 

まずは、信用保証協会の借入をスタートとして「融資の実績」を積んで行きましょう。また、信用保証協会で借入経験のある起業家(知り合い)がいれば、どのように融資を進めたのか、アドバイスを求めてみてください。

 

中には、税理士の紹介で、保障付き融資に申し込む(起業者)ケースも見られます。信頼できる知り合いがいれば、信用保証協会への紹介をお願いしてみましょう。

 

信用保証協会は、なぜ「知り合いへの融資」を好むのか

 

信用保証協会は、借入実績の無い人より借入実績のある人に対して「優先して融資」行います。これは、融資が不正に利用されないよう警戒しているのと、優れた経営者を口コミで紹介してもらい「機関の融資実機に繋げたい」という(二つの)理由があるからです。

 

【補足】信用保証協会にも、保証人が必要?

 

信用保証協会は、保証業務を行う機関です。しかし、企業の規模が小さくなれば「第三者保証人を立てる」よう、金融機関から求められます。信用保証協会は「原則、第三者保証人を要求しない」よう努めていますが、従業員規模が少ない企業ほど、メインバンクへ人的担保を提供する傾向が強いです。

 

 

また、人的保証だけで無く(中小企業は)担保提供を行う割合も大きいです。以下は「中小機構」の統計結果ですが、中小企業の約85.7%が不動産担保を提供し、保障付き融資を利用しています。人的保証の大半は、代表者(経営者)を「保証人」として立て、融資の申請を行っています。

 

保証協会を利用している中小企業の動向を見ると、その約2/3が保証協会の保証付き融資のみの借入れを行っている5(第2-2-13図〔2〕)。さらに、第2-2-14図から中小企業が提供している担保の内訳を見てみると、そのほとんどが不動産であることが分かる。/出典:中小機構「経済構造変化と中小企業の経営革新等」より

 

 

 

大企業と中小企業では、借入の額・金利(貸し付け条件)は、ほとんど変わりません。しかし「担保」に関しては、大企業の方が貸し付け条件が良く、不動産や第三者担保を提供することが少ないです。

 

制度融資を利用する場合、注意したいポイント

 

本記事の冒頭でも説明した通り、制度融資は、都道府県や自治体が、融資する制度を指します。

 

参考:東京都で利用できる融資制度一覧(東京都産業労働局)

 

制度融資を利用する場合は、以下の点に注意して申し込みをしてください。

 

制度融資を利用する場合、注意したいポイント
✓ 申込みから、融資の実施までに「長い時間」がかかる
✓ 支払利息のほか、保証料が発生する
✓ 運転資金と設備投資で、金額条件が異なる
✓ 申し込める制度の種類が多く「自分に合った制度」が探しにくい
✓ 審査の情報、利用者の口コミが少ない

 

1項目ずつ、順番に解説しましょう。

 

✓ 申込みから、融資の実施までに「長い時間」がかかる

 

まず、制度融資を利用する場合は、申し込みか融資実施までに「長い時間」が必要す。最低でも1カ月の時間が掛かるので(待ち時間には)注意しましょう。資金繰りで「一刻も早く資金繰り改善をしたい」という方は、審査期間の短い融資制度やノンバンク融資を上手に活用してください。

 

参考記事①:【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

参考記事②:銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

 

✓ 支払利息のほか、保証料が発生する

 

信用保証協会を使った「保障付き融資」は、一定の保証料が発生します。各企業の信用状況、利用する保障付き融資によって、保証料は異なります。

 

信用保証料の料率は、中小企業・小規模事業者の財務状況などを考慮し、原則として9つの料率区分から適用されます。担保のご提供がある場合や「中小企業の 会計に関する基本要領」の適用状況を確認できる場合等には、割引を行っています(一部、割引の対象とならない保証制度もあります)。また、経営安定関連保証(セーフティネット保証)など一部の保証制度では、特別料率が適用されます。/出典:一般社団法人・全国信用保証協会連合会

 

保証料・保証料率の詳しい内容は、以下のページで確認をしてみてください。

 

一般社団法人・全国信用保証協会連合会「信用保証料」について(公式サイト)

 

 

✓ 運転資金と設備投資で、金額条件が異なる

 

各自治体は(各事業者の)目的に合わせた、制度融資を設けています。例えば、設備投資とスタートアップ融資、運転資金、経営再建融資では、それぞれ貸し付け条件は異なります。借入できる金額も変わってくるので、先に「どのような制度があるのか」確認しておいてください。

 

✓ 申し込める制度の種類が多く「自分に合った制度」が探しにくい

 

各都道府県ごとに、さまざまな融資制度が設けられています。利用できる数が多いため(申請する制度で)迷わないよう注意しましょう。「利用すべき制度」が見つからない場合は、自治体の窓口やメインバンクに相談してみましょう。どちらの窓口も、起業家の話を聞いて「ふさわしい制度」を教えてくれます。

 

✓ 審査の情報、利用者の口コミが少ない

 

他の銀行ローンやノンバンク融資に比べると、信用保証協会や制度融資「利用者の口コミ」は非常に少ないです。このため、審査の傾向と対策を立てるのは「やや難しい」のが現状です。

 

確実に融資を受けるには、メインバンクの担当者に相談するか、自治体の窓口に相談されることをおすすめします。また、中小機構の相談窓口も活用してみてください。ここでは、中小企業の資金調達や経営の問題、疑問・質問などを無料で答え、相談に乗ってくれます。

 

参考サイト①:中小機構「経営サポート|創業・ベンチャー支援」

参考サイト②:J-Net21・中小企業ビジネス支援サイト(中小機構)

 

信用保証協会の攻略方法|まとめ

 

いかがでしたか? 信用保証協会を上手く活用すれば、スタートアップ資金や、必要な資金調達が、スピーディーに実現します。

 

 

普段から付き合いのある「メインバンク」を使えば、過去の取引状況や経営状態を見て、無理のない範囲で「融資が受けられるよう」サポートをしてくれます。保証人がいない場合も、代表者本人を(保証人として)立てればOKです。

 

金利や可決額など「貸し付け条件」も良いので、ぜひ「保障付き融資」にチャレンジしてみてください。

 

※なお、銀行融資や信用保証協会では「資金繰り改善」が間に合わないという方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

制度融資・関連情報

【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/16 23:17
    無料診断がされました。
  • 12/16 22:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 13:28
    無料診断がされました。
  • 12/16 12:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 01:50
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

公的融資制度の関連記事(39件)

1 2 3 4 5 8

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる