閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

銀行融資を100%成功させる近道は「コネと人脈」って、ホント?

銀行融資を成功させるコツは、銀行との「コネと人脈」が重要と噂されています。創業期の企業は、経営実績が乏しく、融資条件をクリアするための材料が揃っていません。このため、銀行(支店長クラスの人物)との「コネや人脈」に頼りたい起業家は、多いと言います。

Image via Unsplash

Image via Unsplash

しかし、コネがあるからと言って、審査条件が緩やかになったり、無制限に融資が受けられる訳ではありません。

 

融資をスムーズに受けるには、コネや人脈ではなく、メインバンクとの誠実な付き合いが重要になります。本記事では、銀行融資を100%成功させる近道である「メインバンクとの付き合い方」について詳しく説明をしましょう。銀行から相手にされずお困りの方は、ぜひ資金調達の参考にしてみてください。

 

参考記事:【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント 

 

その前に・・・銀行融資の審査は、通常1〜2か月程度の時間が必要です。銀行融資では「資金調達が間に合わない!」という方はまず、ビジネスローンに申込まれた方が良いでしょう。例えば、以下のビジネスローンは「ネット申込」で、今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間等もありません。

また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので便利です。お急ぎの場合は、今すぐ以下のリンクをクリックし申し込んでくみてださい。申込みは「わずか10分」で完結するので、初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

銀行融資には、コネが存在する…?

 

「会社設立」をする際、印鑑証明と謄本が揃っていても(銀行の)法人口座は、すぐに開設できません。なぜなら(法人口座は)振り込め詐欺や、融資犯罪に使われることがあり、銀行の審査が厳しくなっているからです。

 

しかし、知り合いに銀行の重役(支店長クラス)がいれば話は別です。銀行は「身元のしっかりしている人物」に対し、口座開設手続きを優遇してくれます。実際に、元銀行員に話を聞くと「重役に知り合いのある顧客は、優先して口座開設の手続きをサポートしていた」と言います。

 

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

 

反対に、身元がはっきりしない個人や、設立間もない企業には、口座開設のハードルを上げ、資金の出所や会社の所在地を厳しくチェックすると言います。法人口座の開設がなかなか通らないという方は「コネが利用できないか」家族や友人に聞いてみましょう。

 

銀行に知り合いがいれば「融資が通る」というのはウソ!

 

巷では、銀行の支店長クラスに知り合いがいれば「コネ融資が受けられる」と言う噂があります。家族や親戚、知り合いに銀行の支店長がいれば「融資が通りやすい」というのですが、真相は「真っ赤なウソ」です。どんなに良いコネがあっても、借り入れる側に問題があれば(事業融資の)審査は通りません。

 

もちろん、コネで何とかなる時代も(昔は)あった様ですが、コネ融資が「大きな事件」に繋がったことがあり、現在は「コネ融資」は、行われなくなりました。例えばコネ融資が、大きな事件に発展した例として「コシ・トラスト事件」が有名です。コシ・トラスト事件は、

 

コシ・トラストによる巨額詐欺事件が明るみになったのは、1年前の読売新聞のスクープ記事だった。08年3月13日付で、コシ社が紹介した関連企業60数 社に、三井住友銀行が03年11月から05年秋までの3年間に総額約170億円を融資し、うち100億円以上が回収不能になっていると報じた。(中略)中林容疑者が資金調達に使ったのが、メガバンクから紹介融資を引き出す手法だった。紹介企業があれば運転資金名目で無担保融資も可能であることに目をつけた。詐欺の手口が、紹介融資だったのである。/出典:NET IB NEWS 2009年6月 1日掲載記事より

 

このように、コネ融資が無くなる大きなキッカケとなりました。銀行融資は「信用で融資」を行っています。このため「支店長の権限範囲であれば」身元が分からない他人よりも、素性の分かる、親戚や知り合いなどに貸したいというのが本音でしょう。

 

9f811adaec56f2782593f07d089e4374_s

 

かつて(大きな事件が起こる前の時代は)経営者として信頼が厚く、第三者から見て「信頼できる人物」であれば、コネ融資が堂々と行われていたそうです。

 

コネを使いなさい。銀行の支店長が親戚にいないか。親兄弟の知り合いや、学校の先輩にいないか探して、その人に取り入るのだ。都市銀行の支店長クラスならば、1000万円や2000万円ぐらいのカネ、その気になれば担保なしに貸せる。なにせ1億円以内の融資までは信用で貸せるだけの権限を持っているんだから。/出典:Business Journal「銀行の恐ろしい素顔 コネ融資、接待漬け、倒産目前の社長宅に深夜押しかけ」

 

この時代「銀行の重役」クラスに家族や友人がいれば、事業融資だけで無く(本項の前半で説明した)会社設立の口座開設、ローンの案内なども優先して実施されていたと良います。銀行を利用する場合は、できる限りのコネやツテを使い「事業融資」が受けられるという、柔軟な時代があったのです。

 

しかし現在は、コネだけで融資が通りやすくなったり、無条件で融資されることは無くなりました。もちろん、親戚や家族が銀行員というだけで、審査が優遇されることは絶対にありえません。また、大企業の重役が「支店長クラス」と人脈を持っていたとしても「経営者としての信頼」がなければ(金融機関は)融資を実施してくれません。

 

手っ取り早く「融資をスムーズに受ける」には、メインバンクとの付き合いを増やし、担当者と良い関係を築くことが重要です(※ メインバンクとの付き合い方については、記事の後半で詳しく説明します)。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

補足|バーチャルオフィスは、審査の際「不利」になる

 

最近では、自社ビルやオフィスを持たず「バーチャルオフィス」を借り、会社設立を行う個人事業主や法人が増えてきました。バーチャルオフィスとは、一定の費用を払って、住所をレンタルするサービスです。

 

事務所を所有・賃借することなく事業を行えるように、住所・電話・郵便などに関して事務所に必要な機能を提供する業態。また、そのサービスを利用することで実現される仮想的な事務環境のこと。住所や電話番号の貸し出し、郵便物の受け取りや電話応対の代行などのサービスが提供される。/出典:コトバンク「バーチャルオフィス」より

 

バーチャルオフィスでは、実際に部屋を借りるのではなく「名義を借りる」だけで、建物や不動産の実態はありません(※ 電話や郵便物は、オプションで転送してもらえる)。バーチャルオフィスを利用すると、同一の住所に複数の企業が登録を行うため、さながら「シェアハウス」のような状態で、会社経営を行うことになります。

 

バーチャルオフィスの信用度は、非常に低いです。特に、銀行の融資審査では「オフィスが持てないくらい、事業資金が乏しい企業」と見なされ、審査の可決率は低くなります。会社としての信頼度を高めるには、賃貸でオフィスを持つか自宅で開業されることをおすすめします。特に、不動産などの資産があれば、いざという時、不動産担保融資が受けられるので安心です。また、不動産担保融資を利用しない場合も、銀行側の貸し倒れリスクが少ないため、審査の可決率は高くなります。

 

長い付き合いの長い銀行は、資金調達がしやすい(メインバンクとの付き合い方)

 

現在、コネ融資は行われなくなりましたが「法人口座の開設」については、ある程度コネがある効き、優先案内してもらえます(本記事前半を参照)。みなさんも金融関係者と「良い付き合い」があれば、人脈を頼りに法人口座開設の相談をしてみましょう。余程、経営者として大きな問題が無い限り(融資と違い)、法人口座の開設はスムーズに受けられるはずです。

 

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

 

もちろん、会社としての信頼性、経営者がきちんとした人物でなければ「法人口座の開設」は認められません。

 

法人口座をコネ無し、個人の力で開設するコツ

 

まずは、会社の最寄りの銀行で口座開設を依頼しましょう。謄本、(代表者)個人口座の内訳、決算書、会社のホームページなどの資料を集めれば、口座開設はスムーズに完結します。また、メガバンクよりもゆうちょ銀行や、インターネット銀行での法人口座開設は、比較的(審査の)ハードルが低いのでおすすめです。メガバンクで口座開設を断られた方は、難易度の低い金融機関を探し、口座を開設してみてください。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

メインバンクを積極的に利用し、信頼を築く

 

血縁関係に知り合いが居なかったとしても、問題ありません。例えば「長い付き合い」のある銀行や金融機関があれば、融資は優遇してもらえます。

 

メインバンクとは?

 

普段から利用する機会が多く、付き合いの長い銀行のことを「メインバンク」と言います。メインバンクは個人だけで無く、法人にとっても(財布代わりになる)貴重な金融機関です。

 

メインバンク 

企業の経営活動において,その取引銀行の中で最も多額の融資を受け,人的・資本的に,あるいは情報の上で密接な関係にある銀行をいう。経営活動,特に資金調達面での安定性をもたらす。/出典:コトバンク「メインバンク」より

 

「借入金はきちんと返済している」のが条件ですが、メインバンクで手続きをすれば、新規で借入をするより、スムーズに融資が受けられます。

 

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

 

クレジットカードの相談もメインバンクにおまかせ

 

設立間もない企業は、法人口座だけでなく「法人クレジットカード」の取得が難しくなります。もし、信頼関係のあるメインバンクがあるならば、クレジットカード取得についても「融通が利く」可能性が高いです。メインバンクと提携するクレジットカードがあれば、カード取得について(担当者に)相談をしてみましょう。

 

また、一部の信販会社では、取得しやすい「法人向けクレジットカード」を発行しています。法人がカードを申し込む場合、外資系(アメリカン・エキスプレス・カードなど)のクレジットカードなら、独自審査を行うため、比較的スムーズに(クレジットカードが)取得できるでしょう。ただ、国内ブラン ドの場合(JCBやセゾンなど)は、固定電話の有無、法人設立2〜3年以上、黒字経営等の条件をクリアしなければ、クレジットカード取得は難しいかもしれません。

 

メモ:クレジットカードで、会計事務をラクにする

 

会社の経費を決済する場合は、上手にクレジットカードを活用しましょう。カードを取得しておけば、会計ソフトで自動計算する際(手続きを簡略化して)、事務処理のスピードアップが見込めます。また、正しい会計事務は、融資を受ける際「説得力のある資料」として機能します。

 

政策金融公庫でも「コネ」が、重要な役割を担っていた

 

政策金融公庫関連の融資でも、コネが重要な役割を果たします。例えば、知り合いの紹介で融資を受けるのと、全くの新規(単独)で融資を受けるのでは、審査の結果や可決率は大きく変わってきます。知り合いが政策金融公庫を利用していたら、紹介で借りられるようお願いしましょう。

 

また、一度融資の実績を作っておけば、二回目・三回目の融資は、より可決率が高く、スムーズに審査が通るようになります。最初の借入は「ハードルの低い」制度で、融資経験を積むようにしてください。

 

メインバンクとの付き合いが重要|具体的な例を3つ紹介

 

ここからは、銀行融資における「メインバンクとの付き合いが重要」な例を3つ紹介しましょう。

 

メインバンクとの付き合いが重要な例①|企業の3分の2が、メインバンクとの付き合いを重視している

 

金融庁が昨年9月に全国約1000社を対象に始めた聞き取り調査の中間報告(318社)として公表した。 (中略)「メインバンクを選ぶ理由」(複数回答)では、「自社や事業への理解」が最多の196社で、「融資の金利」(76社)を上回った。/出典:毎日新聞 掲載記事より

 

メインバンクとの付き合いが重要な例②|金融機関は、借り手との信頼関係を重視

 

民間金融機関は、徐々に担保に頼った融資から、計算書類などの信頼性や業界での評判、企業の技術力や代表者の資質といった定性面をこれまで以上に重視する融資にかわってきています。このようにリレーションシップバンキング機能が強化されている現状から、金融機関とのつき合い方のポイントとしては、リレーション、つまり貸し手と借り手の信頼関係の構築が大切だとされています。/出典:中小機構 J-Net21「メインバンクとの関係づくりのポイント」より

 

eec1610477c90ec37a20ead2f90cc19e_s

 

メインバンクとの付き合いが重要な例③|融資残高の多さが、融資を有利に

 

企業にとってメインバンクとは、前向き・後向きにかかわらず、必要なときに資金を貸してくれる銀行です。業容が拡大し、設備投資を行なう、あるいは増加運転資金が必要になったときに融資をしてくれる。逆に業績が悪化してきたときに、必要な資金を供給し企業を支えてくれる銀行が該当します。

企業サイドからすると、必ずしも融資残高が一番である必要はありません。しかし、外部からみると、「融資残高トップ=メインバンク」とされます。そのためメインバンクの融資残高をトップにしておいたほうが自然だということになります。

/出典:エヌジェイ出版 2012年4月26日掲載記事より

 

538d24b7c77371bcecbe5b05da74f6c5_s

 

このように「メインバンクとの良い付き合い」は、会社経営を円滑にし、事業資金の調達に役立ってくれます。みなさんも、信頼できるメインバンクを味方に付けてみてください。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

まとめ|銀行融資はメインバンクとの付き合い方が最も重要!

 

ここでは、メインバンクとの付き合い方を軸に、融資をスムーズに受けるポイントをお伝えしました。融資調達を成功させるコツは、コネではなく「信頼」す。以下の記事と合わせて、審査を受ける際の参考にしてください。

 

※なお銀行融資には、1〜2カ月の時間が必要です。このため「資金繰りが間に合わない…」とお悩みの方は、審査が速いファクタリングやビジネスローンを利用しましょう。また資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように「ファクタリングとビジネクスト」の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

【PR】資金調達プロの最新ニュースはTwitterでも好評配信中!

 

銀行融資の理解に役立つオススメ記事一覧

最後に本記事と併せてオススメの記事をまとめておきます。

・ 事業資金の借り換えの注意点!銀行融資で借り換えるメリット・デメリットとは?

・ 銀行融資枠(コミットメントライン)とは?追加融資を受ける5つのコツ!

・ 銀行融資の必要書類一覧|融資実現を叶える100%の準備ガイド!

・ 銀行融資担当者が「思わず融資したくなる」100%完璧な事業計画書の書き方ガイド!

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(実務編)

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(準備編)

・ 【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

・ 銀行融資完全ガイド・銀行との交渉は「5つのポイント」を守ればOK!

・ 銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

・ 【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

・ 銀行融資を100%成功させる近道は「コネと人脈」って、ホント?

・ 銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ

・ 【保存版】銀行融資を受ける為の12の秘訣。金融機関からの借入の審査対策!

・ 銀行融資の仕組み

・ 直接金融と間接金融(銀行融資について)

・ 銀行との付き合い方、銀行融資を活用するため良い関係を築こう!

・ 銀行融資(資金調達プロ)

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/16 23:17
    無料診断がされました。
  • 12/16 22:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 13:28
    無料診断がされました。
  • 12/16 12:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 01:50
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(105件)

1 2 3 4 5 21

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる