閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

フィンテックを取り巻く国内の状況と、注目すべき「日本の関連企業50社」を一挙公開!

フィンテック(FinTech)は、日本でも大きな注目を集めるようになりました。フィンテックは「金融と最新テクノロジ−」を融合させた新しいサービスの仕組みです。フィンテックの発祥はアメリカですが、日本でも「2016年〜2017年頃、フィンテックブームが到来するのでは」と言われています。

フィンテック 日本の関連企業

事実、国内のITグループ、金融企業、各社が「フィンテックを導入しよう」と、活発な動きを見せるようになりました。特に(フィンテック事業で)大きな注目を集めるのが「金融業務」です。

 

現在は「クラウドファンディングサービス」やソーシャルレンディングの分野でのみ、資金調達が認められています。なぜなら、実際の融資や預金などの業務を本格導入するには、銀行法の改正や規制緩和が必要になるからです。

 

アメリカでの成功例を見て、国内各社は「法の整備や銀行法の改正」を求めるなど、活発な意見交換と議論を行っています。世界的な「フィンテック革命」の流れは、日本の金融制度を大きく変えて行くことでしょう。また、フィンテックの分野は金融だけに留まりません。新たな決済サービスの導入や、セキュリティサービスの向上、クラウドを使った資産運用法など。フィンテックは、私たちの生活を「より豊かで便利なもの」へとアップデートしてくれるのです。

 

本記事の前半では、フィンテックを取り巻く国内の状況を取り上げて見たいと思います。また、記事の後半では国内で注目されるフィンテック関連企業を50社紹介します。なお、フィンテックの最新情報と「融資を受ける方法」については、以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:【保存版】フィンテック事業融資を100%成功させる方法

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

アメリカから日本へ・熱気を帯びるフィンテック革命

 

フィンテックの関連市場は、融資や預金などの金融業務、カード決済や資産運用など多岐に渡ります。日本では、まだ馴染みのないサービスですが「次世代の金融サービス」として、国内のIT業者はフィンテックサービスの本格導入を急いでいます。

 

(前 略)スマホでのカード決済サービスも一種のフィンテックです。また、個人の資産管理を行なうアプリが多数創出されており、マネーフォワードやマネーツリー などが代表的存在です。ネットを介して小口融資できるユニークなフィンテック・サービスもあります。SBIやマネオ、日本クラウド証券などが提供していま すが、利回りは銀行預金より高いことから一部のユーザーは重宝しているとのこと。/出典:マイナビニュース2016年1月15日掲載記事:日本にも進出してきた「フィンテック」 今後の動向と課題

 

また日銀をはじめ、国内の銀行・各金融機関も「フィンテック市場との共存」を目指すべく、フィンテック分野の分析と研究を進めています。

 

アメリカでは、既にフィンテックの大きなムーブメントが起こっている

 

アメリカでは既に、金融業務の大半を「フィンテック企業がカバーできる状態」にあります。また、銀行の決済分野や企業向け融資、資産運用、住宅ローン分野における大きな利益を(約20%〜35%)をフィンテック企業が、奪い去るとも言われています。

 

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

 

フィンテックの急激な成長は、銀行にとって「最大の脅威」となっています。このため、日本の各金融機関も「フィンテックベンチャーに関する有識者会議」を頻繁に開催するようになりました。

 

日本国内の「フィンテック」を使用した決済サービス

 

日本国内にも、フィンテックを利用した「決済サービス」が普及しています。2016年現在、以下の企業が「スマートフォン決済サービス」をリリースしています。

 

日本国内のスマートフォン決済サービス

サービス名提供元
・ Square(スクエア)Squareup Pte.Ltd.(アメリカ)
・ Coiney(コイニー)コイニー株式会社(日本)
・ 楽天スマートペイ楽天株式会社(日本)
・ Paypal Here(ペイパル・ヒア)ソフトバンク株式会社(日本)

 

国内の決済サービスは、今後「融資分野」にも、サービスを拡大すると言われています。例えばスクエア(日本)では、スマートフォンを使った「ウォレッ トサービス」の導入が決まっており、利用者の消費分析や所得の動向から、独自の融資制度を展開することが予測されています。

 

また、国内の大手「楽天株式会社」でも、楽天銀行や楽天カードとの連携し、独自の審査基準を設けるなど「融資の枠組みを広げるのでは」と、業界内で大きな注目を集めています。実際に、2015年11月12日には「Rakuten FinTech Fund」を設立し、国内外のフィンテック事業へ投資業務がスタートさせています。

 

 楽 天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、新たに1億米ドルの「Rakuten FinTech Fund(ラクテン フィンテック ファンド)」の運用を開始しましたので、お知らせいたします。(中略)「Rakuten FinTech Fund」は、楽天がこれまで実施してきたFinTechへの投資の成功事例(Currency Cloud、WePay、およびBitnetなど)に基づきさらに発展させたもので、主には北米と欧州を中心とするスタートアップ企業や成長著しい企業に 投資を行います。/楽天株式会社 2015年11月12日発行プレスリリースより

 

2016 年5月の時点で、楽天がフィンテック事業を行っているのは、アメリカ、ドイツ、イギリスの三カ国に限定されています。しかし、2016年に入ってからは 「国内のFinTechエキスパート」を養成する取り組みを(楽天)グループ内でスタートし、FinTech金融サービスの拡大を狙っていると言います。

 

ビックデータを利用し、融資に役立てる

 

各フィンテック関連サービスで得られたデータは「個人の信用情報」として、融資やローン利用に役立てられています。日本国内でも、今後このような「新しい審査基準」や融資制度が、広く導入されることでしょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

フィンテックのメリットとデメリット

 

便利で革新的なフィンテックサービスにも、それぞれメリットとデメリットが存在します。

 

フィンテックのメリットは、金融機関を通さず取引ができること

 

フィンテック最大のメリットは、データを有効活用し「必要な融資が受けられる」点です。これまで、銀行から融資を受けるのは、ハードルの高い作業でした。例えば、会社の事業計画書や過去の売り上げ履歴など、膨大な資料を準備して、融資審査を受ける必要がありました。

 

しかし、フィンテックの場合は、各社の所有データをもとに「より正確な審査」が実施できます。融資実施までに、数日も待つ必要がなく、その場で「融資可能かどうか」判断できるのです。

 

フィンテックのデメリットは、すべての情報が第三者に管理されること

 

フィンテックのデメリットは、情報が第三者によって管理されることです。フィンテックは情報を一括管理しているため、クレジットカードの利用歴から、ショッピングの動向、どのようなサービスを受け、どのような顧客を持っているのか、すべてのデータがストックされます。

 

データが厳重に取り扱われれば問題はありませんが、第三者からハッキングを受けた場合、情報漏洩やデータ流出の被害が生じます。もしも、銀行やクレジットカードの情報が悪用されれば、莫大な損害を抱えることになるでしょう…。

 

フィンテックを安全に運営するには、これまで以上に強固な「セキュリティ対策」が求められます。

 

日本で注目を集めるフィンテック企業50社

 

ここからは、2016年「日本で注目を集めるフィンテック関連企業」を50社紹介しておきましょう。これら企業への投資は、今後大きな利益を生むはずです。資金調達だけでなく「有益な投資先」として、ぜひ注目をしてみてください。

 

2016年「日本で注目を集めるフィンテック関連企業」50社(順不同)

社名主なサービス・特徴
・ 野村総合研究所金融ITソリューションサービス業務。
・ 日本クラウド証券国内で始めてソーシャルレンディングを行った証券会社。
・ 電通グループフィンテック関連の会議を開催。その他、住宅ローン借換アプリの開発など多岐に渡る。
・ ロイヤルゲートスマートフォンを使った決済システム、ITソリューション全般。
・ レジュプレスレバレッジを使ったビットコインの取引サービス。
・ リンク・プロセシングスマートフォン、タブレットを使った決済システム。
・ ユビレジiPadを使用した、レジ(POS)システムの提供。
・ ユーザベース企業や金融機関へのコンサルティング業務、ビジネスに関連するオンライン情報の提供。
・ メリービズ経理データの入力代行サービス。
・ メイクリープス法人向け書類作成ツール、ソフトウェアの提供。
・ マネーフォワードクラウドを使った家計簿、資産管理ツール、会計ソフトウェアの提供。
・ マネーツリーアプリ等を使った、複数の銀行口座の一括管理サービス。
・ フライトHDスマートフォンを使った決済アプリの開発とサービスの提供。
・ バンクガードネット口座間の不正送金を防止するサービス。
・ ナウキャスト経済統計データベースの提供。
・ セレスポイントサイト「モッピー」の運営。
・ ソースネクストウイルス対策ソフトの開発とツールの提供
・ スマイルワークスクラウドを使った会計・給与・仕入れ管理に特化した業務管理サービス。
・ スマートドライブビックデータを使った、運転情報サービス。
・ サイバーエージェントMakuake(クラウドファンディング)のほか、Amebaを運営。
・ ココペリインキュベート中小企業と経営の専門家をマッチングさせるサイト。
・ コイニー医療・不動産・自動車販売業にクレジットカード決済を導入。
・ クラビス領収書の作成・データ作成ツール。
・ クラウドクレジット海外の消費者ローン・事業者ローンへの投資サービス。
・ クラウドキャストクラウドを使用した経費の計算、精算アプリ・ソフトウェアの開発。
・ キッチンスターター飲食業に特化したクラウドファンディングサービス。
・ カンムネットを使った飲食業、サービス業への送客サービス。
・ オプトHDネットでの広告代理店業。
・ お金のデザイン低価格が自慢の投資信託関連のサービス。
・ エクスチェンジコーポレーションメールアドレスや電話番号を使用した独自の決済サービス「Paidy」の運営。
・ ウェルスナビ低コストで利用できる資産運用サービス。
・ ヴェルククラウドを使用した経理管理システム。
・ ウェブペイLINEを使用したクレジットカード決済サービス。
・ アカウンティング・サース・ジャパンクラウドを利用した、税理士専門の会計・給与・税務サービスの提供。
・ AlpacaDB.Inc(Ikkyo Technology)人工知能と関連サービスの開発。
・ BASEネットショップ無料作成、クレジットカード決済サービスの運営。
・ bitFlyerビットコインの取引サービス。
・ BTCボックス国内最大級のビットコイン取引所。
CAMPFIREクリエイターに人気のクラウドファンディングサービス。
・ Capy Inc.不正ログイン、アカウントの乗っ取り、ハッキングなどを防止するサービス。
・ Freeeクラウドを使用した会計サービス(個人・法人)。
・ GMOペイメントゲートウェイクレジットカード、コンビニ決済、後払いサービスを扱う。
・ JPリンクス金融機関と連携し、少ない手数料で指定口座への送金業務を行う。
・ Kyash個人間の送金プラットフォームの開発とツールの提供。
・ Liquid指紋認証など、本人確認に関するテクノロジーの開発とサービスの提供。
・ maneo投資家と資金調達をしたい個人・企業をマッチングさせる「ソーシャルレンディング」を行う。
・ NTTデータ金融機関、企業へのフィンテック支援サービス。
・ One Tap BUYスマートフォンを使った投資信託サービス。
・ Zaim国内最大級の家計簿管理サービス。
・ ZUU投資、金融関連のニュース、データ提供。

 

上記の企業を中心にして、日本でもフィンテック市場は拡大し、関連企業の数も急速に膨れあがることでしょう。

 

まとめ・フィンテックが社会に与える影響は無限大!

 

今回は、国内のフィンテック事情と注目すべき「関連企業50社」を紹介しました。

 

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

 

世界的に始まった「フィンテック革命」の勢いは、衰える気配を見せません。私たちもフィンテックを活用し、事業資金の調達だけでなく、マーケティング戦略のほか、クラウドシステムを使った顧客管理、決算システムなどを利用してみましょう。

 

フィンテックの仕組みは、資金面だけでなく、生産やサービスの効率、市場リサーチの力を飛躍的に高めてくれます。みなさんもぜひ「最新のビジネスモデル」として参考にしてみてください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/19 14:07
    無料診断がされました。
  • 10/19 13:45
    無料診断がされました。
  • 10/19 11:45
    無料診断がされました。
  • 10/19 11:15
    無料診断がされました。
  • 10/19 10:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

個人投資家からの借入の関連記事(72件)

1 2 3 4 5 15

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全835件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる