閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】フィンテック革命の最新情報と、フィンテックで事業融資を100%成功させる方法

ITを使った新しい金融サービスをFinTech(フィンテック)と言います。アメリカでは、既にフィンテックを活用した決済サービス、クラウド経理システムのほか、個人向けローン、事業融資、スタートアップ(起業家)向けの資金融資が、頻繁に行われています。

image via Unsplash

image via Unsplash

フィンテックの融資は、金融機関よりもスピーディーで、柔軟な審査を行うのが最大の魅力です。実際に、銀行から融資が受けられなかった個人や経営者が、次々とフィンテック企業からの支援や、多額の資金援助を受け取っています。本記事の前半では、フィンテックの仕組みや最新情報を取り上げます。また、記事の後半では「フィンテック事業融資を100%成功させる」方法を紹介しましょう。

 

フィンテックについて解説するその前に・・・

今後拡大が予測されるフィンテックですが、本格的な導入までには数年の時間が掛かるでしょう。このため、経営者の方で「今すぐ事業資金が必要」という方は、先に以下のビジネスローンを申込まれた方が良いでしょう。

これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また既に、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている経営者の方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

フィンテックで銀行は不要に? お金は自動でやってくる・資金調達の「新しい時代」

 

フィンテック(FinTech)は、アメリカで誕生した「画期的な金融システム」を指します。Finance(金融)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせて、フィンテックという新しい用語が誕生しました。

 

FinTech(フィンテック)は、「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語をいいます。/出典:「iFinance」金融情報サイトより

 

フィンテックが画期的なのは、金融機関を通さず、スマートフォンやパソコンを使って、融資や資金調達が受けられる点です。各フィンテック企業は、独自の審査方法を採用し、より正確に「利用者が必要な資金が受け取れるよう」融資の間口を広げています。

 

もちろん、自社で貸し倒れのリスクを抱えないよう、顧客の信用データを活用し、双方にメリットがある「新しい融資システム」を確立しています。こうした背景もあり、フィンテックサービスの利用者は年々急増しています。

 

フィンテックが生まれた背景について

 

2008年に起こったリーマンショックから「新たな金融のトレンドを生み出したい」というムーブメントが起こり、フィンテック革命が誕生しました。

 

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

 

フィンテックの流れは徐々に勢いを増していましたが、2014年に入ると、フィンテックを通じた融資は「約1兆2,000億円」にまで膨れあがっていま す。これは、前年比の約3倍もの大きな数字です。2014年以降「フィンテック革命」は、世界中に知れ渡るようになりました。

 

フィンテックの範囲は「融資から決済サービス」まで、幅広い!

 

フィンテックのサービスは、資金調達やスタートアップ資金の融資に留まりません。送金サービス、支払い決済、資産運用、銀行の代替サービス(預金業務)のほか、複数のクレジットカードを一枚のカードにまとめて決済できるサービスなど広範囲に渡ります。

 

(前略)モバイル決済やオンライン送金、小口の融資マッチング、スマホ用アプリの提供、ビッグデータの活用など、新しいソリューションやソフトウェアなどを開発したベンチャー企業等が高利便性と低コストの金融サービスを提供する事例が増えてきたことにより、世界的に注目されるようになりました。/出典:「iFinance」金融情報サイトより

 

ここで「フィンテックで扱われるサービス」の一部をご紹介しましょう。

 

フィンテック(FinTech)で扱うサービス

区分 詳細
事業資金調達・スタートアップ融資 個人や個人事業主、ベンチャー企業に対して事業資金に必要な融資を行う。起業家に対しては、スタートアップ資金を融資し支援する。
個人への小口融資 カードローン、キャッシング
家計簿サービス オンラインバンクと連携し、家計簿をクラウド管理できるサービス
送金サービス 個人、企業への送金サービス
経理・経営支援のクラウドサービス 個人事業主〜大企業まで、経理や経営を円滑にするためのビジネスサービス(クラウドシステムを使用)
仮想通貨を使った決済 仮想通貨を使った決済サービス
支払い決済 ショッピング、サービス利用時の決済
資産運用 クラウドを使った資産の運用サービス
銀行代替サービス 預金・積み立て、ローン融資など銀行業務に似たサービスを行う
企業や個人へのコンサルティング業務 ビックデータを利用した、企業や個人事業主へのコンサルティング業務
クレジットカード代用カードの発行 複数のクレジットカードをひとつにまとめた、独自カードの発行

 

フィンテックの関連サービスは、上記以外にも範囲を拡大しています。今後は、国を超えた取引や、国際融資も実現することでしょう。

 

フィンテック関連のスタートアップ企業への世界の投資額は、2013年の40億ドルから2014年の122億ドルへ3倍にまで急増したほか、投資先もアメ リカからヨーロッパ、アジアなど地域にも広がりが出てきた。アジア太平洋地域の投資額だけをみても、2015年に急拡大している。/出典:日本総研「アジアで広がるフィンテックと環境整備」2016年4月28日記事より抜粋

 

既に、米国内の大手銀行やクレジットカード会社は、フィンテック企業に投資を行い、金融業界の行く末を見守っています。日本でもフィンテック市場は、今後急速に拡大し「金融機関」を超える「莫大な利益」を生み出すことでしょう。日本への導入は、既に2014年頃からスタートしていますが、本格的な導入は2016年の後半から、2017年頃と予測されています。

 

参考記事: フィンテックで注目される「日本の関連企業50社」を一挙公開!

 

「IT革命以来のムーブメント」フィンテックは、テクノロジーと金融業界を一新する

 

フィンテックは「IT革命」に次ぐ、大きなムーブメントを生み出しました。2015-2016年における「米国内の投資内訳」を見ると、小売業への投資が約200億ドル(日本円=2.1兆円)、ヘルスケア部門が170億ドル(1.8兆円)なのに対し、フィンテック関連への投資は、約300億ドル(3.25兆円)を突破しています。

 

0db43aa2f298cce2c4d0302a4a02cfcf_s

 

Twitter創業者による、フィンテック金融革命!

 

Twitterの創業者、Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)は、国際的に知られる実業家の一人です。彼はTwitterの事業以外にも、ウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役に就任するなど、素晴らしいキャリアを積んでいます。そんなジャック・ドーシーが、今手掛けているのが、フィンテックの決済サービスSquare(スクエア)です。

 

Square(スクエア)米国国内向けサイト

Square(スクエア)米国国内向けサイト

 

Square(スクエア)は、スマートフォンやタブレット端末を使い、クレジットカード決済ができるサービスです。最近ではレジの導入を止め、SquareのPOSサービスを採用する企業や個人商店の数も増えてきました。また、店舗内だけで無く、小さな屋台やイベントブースでも、スマホやタブレット端末を使ったPOSシステムが導入され、誰もがクレジットカードや電子マネーを使い、少額決済ができるようになりました。

 

Squareで出来ること、扱うサービスとは?

 

Square(スクエア)のサービスは、ただ決済や支払いができるだけでなく、店舗の売り上げ動向や利用者が「どのようなサービスを望んでいるのか」データ化する役目も果たします。また、取得されたデータは『ビックデータ』として、経営コンサルティング業務や事業融資、新たなマーケティング戦略へと活用されます。

 

Square USAより

Square USAより

 

Square(スクエア)による、画期的な融資の仕組み

 

Square(スクエア)では「どの企業が将来性のある事業を展開」しているのか、リアルタイムで分析しています。ここで分析されたデータは、今後発展の見込める個人や企業に対して「融資を実施」するため使用されます。Squareの金融サービスは「銀行を通さない金融システム」として、世界から注目を集めました。

 

アメリカ国内では、既に多くの個人やベンチャー企業が、Square(スクエア)から融資を受け、事業資金を活用しています。Squareのサービスは北米だけに留まりません。既に2015年10月より国内にも決済システムが導入されており、今後は金融(融資)の分野にも旬出することが予定されています。

 

Square「日本語版サイト」より

Square「日本語版サイト」より

 

アメリカ国内ではSquareをはじめ、Paypal、VeriFone、Intuitなどの決済サービスが、広く普及するようになりました。

 

フィンテック事業融資を100%成功させる方法(日本編)

 

フィンテックのサービスでは、個人への融資のほか、事業融資、スタートアップ支援など、さまざまな「融資方法」が設けられています。ここからは「日本で、フィンテック事業融資を100%成功させる方法」について説明しましょう。

 

bdd6e64e38a7609dd124854de63ee3e4_s

 

フィンテック事業融資を100%成功させる方法

 

フィンテックで資金を集める方法は、大きく分けて三種類存在します。

 

フィンテックで資金を集める方法

① クラウドファンディングサービスを利用する
② ソーシャルレンディングでマッチングを受ける
② 今後導入予定の「融資サービス」実施を待つ

 

 ① クラウドファンディングサービスを利用する

 

2016年5月の時点で「事業資金が調達できる」国内のフィンテック企業は、複数あります。代表的なサービスは『クラウドファンディング』と呼ばれる事業で、CAMPFIREやMakuake、READY FOR? 等の代表的サイトが存在します。

 

資金調達プロの記事では、クラウドファンディングを使った資金調達について、詳しく解説をしています。サイトの使い方から、資金の受け取り方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

参考:クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

 

② ソーシャルレンディングでマッチングを受ける

 

ソーシャルレンディングとは、融資を受けたい側と支援したい側をマッチングさせるサービスです。クラウドファンディングは「資本金を出す」という意味合いが強いのですが、ソーシャルレンディングの場合は「融資や投資をする」という意味合いが強く「企業と企業」など、事業性の高い投資モデルを持っています。ただ、クラウドファンディングの中にも、投資や貸付を行うモデルもあり、双方の線引きは曖昧になりつつあります。

 

区分 詳細
ソーシャルレンディング 投資型・貸付型
クラウドファンディング 購入型・寄付型・貸付型・ファンド型・投資型

 

国内の有名な「ソーシャルレンディングサービス」には、maneo(マネオ)や、日本クラウド証券、クラウドクレジットなどのサイトがあります。

 

上記、ソーシャルレンディングの詳細については、以下の記事を参考にしてください。

 

参考:フィンテックで注目される「日本の関連企業50社」を一挙公開!

 

③ 今後導入予定の「融資サービス」実施を待つ

 

まだ、国内には導入されていませんが、今後「法の整備」や緩和が整い次第、フィンテック企業による融資サービスが導入される予定です。実際に、アメリカ国内では数多くのフィンテック企業が「銀行を介さない融資」を実施しています。また、国内ではSquareやPaypalのほか、日本の「楽天グループ」が、いち早く融資を始めるのではと、大きな期待を集めています。

 

Paypal日本公式サイト「導入事例」より

Paypal日本公式サイト「導入事例」より

 

フィンテック企業は独自に収集したデータのほか、クレジットカード会社と提携し、利用者の所得状況や過去のショッピング・サービスの利用歴などを詳しく把握しています。このため、審査や申込の手続きは(他の金融機関に比べ)より完結に行われます。今後は(日本国内でも)銀行では無く「フィンテックから融資を受ける」起業家・実業家の数が急激に増えることでしょう。

 

まとめ・2016年以降「フィンテック」は、日本にも本格上陸を果たす!

 

今回は、フィンテックの最新情報と「事業融資を100%成功させる方法」について説明しました。なお、国内のフィンテック関連企業については、以下の記事を参考にしてください。現在、国内資金調達のモデルは、大きな「転換期」を迎えています。みなさんも、今後に備え「フィンテックの最新情報」を確認するようにしてください。

 

※ なお、フィンテックの本格導入までには、まだ数年の時間が掛かります。このため「今すぐ、事業資金を調達する」のであれば、フィンテックでは無く、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.MRF
大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

フィンテックで注目される「日本の関連企業50社」を一挙公開!

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/15 11:07
    無料診断がされました。
  • 11/15 01:00
    無料診断がされました。
  • 11/14 23:09
    無料診断がされました。
  • 11/14 22:44
    無料診断がされました。
  • 11/14 21:18
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

個人投資家からの借入の関連記事(59件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全490件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる