閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

「売掛債権担保融資」を100%成功させるには、たった『3つのコツ』をマスターするだけで大丈夫です! ここでは、ビジネス融資のプロに聞いた「売掛債権担保融資を成功させる」方法について、徹底解説していきます。資金調達でお困りの方は『売掛金』を活用して、会社の資金繰りを改善しましょう!

売掛債権,担保融資,事業資金調達

Image by OTA Photos

その前に・・・売掛債権担保融資は「審査のハードルが高そうなので、嫌だ…」とお考えの経営者も少なくありません。この場合「審査を気にせず、必要な事業資金を集めたい」という方は、以下のビジネスローンを申込まれた方が良いでしょう。これらは全てネット上で申込ができ、来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは、わずか10分で終わるので初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】エフワン 最短30分審査。全国対応、最大300万円融資可能。

 

また、既に「毎月200万円以上」の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用をオススメしています。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ この他にも「資金調達の成功を確実」にしたい場合には、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避可能です。

 

本記事と合わせてオススメの記事

① ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

② 【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

 

 

売掛債権(うりかけさいけん)とは?

 

一般的に貸した・返した資金やお金を「返してもらう」権利を債権(さいけん)と呼んでいます。売掛債権(うりかけさいけん)とは、取引先や販売先との取引や営業活動で生じた売掛金や受取手形を指します。

 

ちなみに売掛金(うりかけきん)とは、商品や製品、サービスの提供で営業取引上発生する「未収入金」のことです。例えば、商品を購入した代金を後払いや分割払い、後日払いで手に入れた場合、販売をした側は『現金受取までのタイムラグ』が生じるため、現金の未回収の状態に陥ります。

 

この売掛金(=未収入金)は、貸借対照表「借方項目」資産の部に計上されるのですが、流動資産のなかでは「当座資産」として仕訳されます。

 

売掛債権担保融資保証制度を利用すれば、資金繰りが解決できるワケ

 

売掛債権担保融資を利用すれば、以下のようなケースにも対応できます。以下の点でお困りの方はもちろん、これ以外の理由で資金調達が難しい方も、売掛債権を使って資金調達をしてください。

 

売掛債権担保融資保証制度を利用して、改善できる問題
✓ 担保不足で追加融資が受けられない
✓ 新会社の立ち上げ資金が欲しい
✓ 業務が悪化する中での、運転資金の調達
✓ 税金や社会保険料の支払いが厳しい
✓ 創業からの実績が乏しく、通常の銀行融資が受けられない

 

なお、本記事では「審査を100%通す」コツのほか、資金繰り改善の方法を詳しく説明します。まずは、売掛債権担保融資保証制度のしくみについて簡単に説明しましょう。

 

ABL(売掛債権担保融資)について

 

売掛債権担保融資の元になる「売掛債権」について説明します。売掛債権担保融資は、別名ABLと言います。ABLは「Asset Based Lending」の略称で、アメリカや北米ではよく知られた商取引の方法です。また、日本国内でもABL(売掛債権担保融資)は、徐々に浸透しつつあります。

 

ABL(売掛債権担保融資)を利用すれば、相手に債権譲渡を知られることなく、資金繰りが解決できるので非常に便利です。

 

売掛債権担保融資保証制度(Image by 資金調達プロ)

売掛金担保融資

 

ABL最大のメリットは、信用保証協会の一般補償額(2億8,000万円まで)とは別に、売掛債権担保融資保証(ABL)制度が使える点です。

 

参考:全国信用保証協会連合会

 

売掛債権担保融資は、既に取引がある銀行を介して融資を受けます。また銀行に限らず、ノンバンクでも売掛債権担保融資を行っています。ノンバンクの良さは、銀行よりも柔軟な審査と保証を行う点です。実際に、銀行の融資が難しい場合は「ノンバンクで融資を受ける」中小企業が多いです。

 

担保の種類によって(融資の)申請に必要な書類は異なります。どのような資料が必要なのか、制度を利用する前に下調べをしておきましょう。各金融機関でも「必要な書類」について教えてくれます。金融機関によって諸費用は異なりますが、共通して必要なものは「印紙代や債権譲渡登記申請費用」等です。

 

売掛債権担保融資保証制度・取引の条件

 

売掛債権で担保になるのは、取引の相手が国内の企業や官公庁でなければいけません。海外の企業は、売掛債権担保融資保証制度の条件に該当しないので注意しましょう。

 

ここで取り上げる「売掛債権」のほかにも、『棚卸資産』を担保にした融資が可能です。棚卸し資産とは、仕入れ等で抱えている在庫、製品のストック、貯蔵品や製品の元となる材料を含みます。ただし、企業の持っている設備や車両は棚卸資産に含まれないので(手続きの際)間違えないようにしましょう。

 

ABL融資制度は二種類の形がある

 

ABL制度の保証には、二種類の形があります。1つめは「根保証型」と呼ばれるもので、あらかじめ決めた「借入限度額」の中から、期間内(1年単位で延長や更新ができる)は自動保証される形式です。2つ目は「個別保証型」と呼ばれる形で、あらかじめ決まっている回収の金額や回収日に基づき保証を行います。個別保証の期間は1年で、借入の度に保証を申請しなければなりません。

 

『売掛債権担保融資保証制度とは?』 2007年の中小企業信用保険法改正(平成19年6月1日法律第70号)により同制度は流動資産担保融資制度(ABL保証)へと拡充された。参考サイト:中小企業庁「売掛債権担保融資保証制度の創設 」平成14年4月発表の資料より

 

日本政策金融公庫や日本政策投資銀行でもABLの扱いがあります。日本政策投資銀行のABL取引例は以下のページを参照してください。(※ 本記事では、銀行とノンバンクを中心に融資の仕組みを説明します)。

 

日本政策投資銀行

「ABL投資」の事例とケーススタディ①

「ABL投資」の事例とケーススタディ②

 

※  なお、「どのファクタリングを選べば良いのか分からない…」という方は、以下ファクタリング10秒診断で「自社にマッチするサービス」を確認してみてください。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングに加えてビジネクスト(ビジネスローン)の両方を申し込んでおかれると安心です。二つのサービスを先に申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

売掛債権の仕組み

 

売掛債権は「請求」を行ったサービスや物の提供に対し『支払いができていない債権』のことを指します。営業などを通じて商品やサービスを販売したものの、相手からの支払いが回収できていない場合に「売掛債権」が発生します。

 

売掛債権は別名、売上債権とも呼ばれ、具体的なものには「受取手形」や「売掛金」があります。こうした債権は「企業の資産」と見なされ、債権をもとにした担保融資や(第三者による)買い取りが認められています。

 

参考:中小企業庁「売掛債権担保融資保証制度の創設 」

 

12434-NO8F1O

 

売掛債権で「資金を調達する方法」は、大きく分けて二種類あります。

 

売掛債権担保融資保証制度を利用して、改善できる問題
① 売掛債権担保融資・・・本ページで解説する資金調達の方法
② ファクタリングサービス・・・売掛債権を資金化する方法

 

売掛債権を資金化することを別名「ファクタリング」と言います。ファクタリング取引は、銀行のほか(ファクタリング)専門業者で利用できるサービスです。銀行の中には、ファクタリングサービスを「支払い手形削減サービス」と呼ぶこともあります。

 

中小企業が売掛債権を回収するのは大変です。取引先がすぐに支払ってくれると良いのですが、業種によっては、支払いまでに数ヶ月〜半年程待つケースがあります…。 こうした「資金繰りの問題」を一気に解消してくれるのが、売掛債権担保融資やファクタリングサービスです。

 

ここからは、売掛債権担保融資とファクタリングサービスの「手続きの流れ」を見て、それぞれの違いを確認しましょう。

 

① 売掛債権担保融資・特徴

 

企業は「売掛債権」を担保にし、金融機関に対して『売掛債権担保融資』を申し込みます。次に、融資を行う金融機関は信用保証協会に対して「売掛債権の保証」を申し込みます。企業側が返済できない場合は、信用保証協会が代位返済(債務者の代わりに返済をすること)を行います。また、資金の回収にともない、銀行と信用保証協会は「売掛債権」を使って資金の回収を行います。

 

売掛債権担保融資は、売り掛け先への通知や承諾を必要としません。このため「資金繰りで困っていること」は、取引先に知られずに済みます。

 

② ファクタリングサービス・特徴

 

ファクタリングサービスは、売掛金を現金化するサービスです。まず(ファクタリングサービスの)利用者は、取引先に対して「ファクタリングの了承」を得る必要があります。売掛債権担保融資が通知を必要としないのに対し、ファクタリングサービスは「資金繰りの苦しさ」が(取引先に)知られるリスクがあり、注意が必要です。

 

ファクタリングの承諾と契約が得らたら「請求金額」を確認しましょう。次に、ファクタリング事業者と利用者が契約を結び、請求金の通知を行った後「早期売掛金」を受け取ります。早期売掛金とは「売掛金を現金化したもの」です。最後に、取引先はファクタリング業者に対して「売掛金の支払い」を行います。請求金額を確認すれば、ファクタリング取引は完結します。

 

※ なお、ファクタリングに興味を持たれた方は(ファクタリングだけでなく)ビジネスローンとの併用がオススメです。例えば、ファクタリングとビジネクストの両方に申込をしておけば、どちらかの審査がダメだった場合でも、確実に資金ショートが回避できるので、安心して「必要な事業資金」が受け取れます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ファクタリングを選ぶか、売掛債権担保融資保証制度を選ぶか?

 

「相手先へ譲渡の通知があるかどうか」 で(ファクタリングと売掛債権担保融資保証制度の)利用を迷われる方は多いです。資金繰りについて相手に知られたくないという方は、売掛債権担保融資保証制度を利用してください。売掛債権を簡単に「現金に換えたい」を目的なら、ファクタリングサービスを活用しましょう。ファクタリングサービス専門の業者に依頼をすれば、素早く資金調達が行えます。

 

売掛金債権担保「融資を100%成功させる」3つのコツ!

 

売掛債権担保融資を活用して「資金繰りを改善する3つのコツ」を紹介しましょう。

 

売掛債権担保融資保証制度を利用して、改善できる問題
① 審査が厳しい場合「ノンバンク」で融資を受ける
② 売掛先に担保がバレないようにする
③ 売掛債権で調達できる額を事前審査等で調べておく

 

① 審査が厳しい場合「ノンバンク」で融資を受ける

 

売掛債権担保融資は、銀行のほかノンバンクでも取り扱いがあります。ただ、銀行の場合はリスクを恐れるため「売掛金担保融資」に積極的ではありません…。利用する企業に「返済能力がある」と認めない限り、融資はスムーズに実施されないのがネックです。また、銀行で売掛債権担保融資を利用する場合は、銀行と信用保証協会の両方で審査を受ける必要があり、手続きに時間がかかります。

 

一方のノンバンクの場合では(銀行よりも)、柔軟な審査が行われます。また、民事再生中や債務弁済中でも契約できるよう、相談に乗ってくれるので安心です。このほか一部の「インターネット銀行」でも、新しい金融機関では「前期が赤字決済でも取引可」としています。融資を受ける場合は「審査のハードルが高くない」銀行を選びましょう。

 

メモ:売掛債権と手形の違いは?

 

ビジネスローンで人気のビジネクストでは、売掛債権担保融資は行っていません。その代わりにビジネクストでは「ファクタリングサービス」を取り扱っています。このほか、事業融資で人気の「日本保証」では、手形割引のサービスを行っています。手形割引(もしくは、割引手形)は、売掛債権の一部を指します。

 

参考サイト:日本保証の手形割引

http://www.nihon-hoshou.co.jp/product/bill.html

 

手形割引・売掛債権、どちらも同じ「流動資産」ですが、手形が発行されるものを「手形割引」と呼び、手形の発行されない債権を「売掛債権」と呼んで区別します。手形は「小切手」と似ているのですが、小切手は現金の代わりに機能するのに対し、手形は「記載された期日以降しか」払い戻しができません。このため、資金繰りに困った経営者は、売掛債権や手形を換金するか、債権を担保にして融資の申込を行います。

 

② 売掛先に担保がバレないようにする

 

「事業資金」を手にしても、今後のビジネスに悪い影響が出てはいけません。どんなに良い付き合いをしていても、資金繰りの苦しい会社と取引をするのは気が引けるものです。

 

特に、取引先に「売掛債権の譲渡」を知られるのは、会社の信用を損なう恐れがあります。売掛債権で資金調達をする場合は、なるべく「相手に知られない方法」を取りましょう。ファクタリングサービスの場合は、相手に通知を行い(売掛先からに承諾を得てから)売掛債権を現金化するため一定の注意が必要です。

 

対して、売掛債権担保融資は「相手に通知されない」ことが多く、銀行や売掛債権に強い専業の金融業者も「通知しない取引」を全面に打ち出しています。

 

通常、売掛債権担保融資では(売掛債権を譲渡する際)法務局に登記が行われます。このあと、必要があれば売掛先に通知が行われますが(多くの場合)相手に通知しないので安心です。相手に譲渡を知られたくない方は、融資担当者に相談の上「通知しない」取引で、手続きを進めてもらいましょう。

 

③ 売掛債権で調達できる額を事前審査等で調べておく

 

売掛債権で調達できる金額は、金融機関と信用保証協会によって決定されます。担保と数債権によって金額は異なりますが、債権の約70%〜90%の金額が設定されます。

 

ただ、回収が遅れている債権は、売掛債権担保融資が利用できません。ほかにも、譲渡できない特約付「売掛債権」もあるので注意しましょう。売掛債権で受けられる融資の額は事前に調べておいてください。事前審査などを利用すれば「おおよその調達額」は把握できます。

 

このほか、経済産業省「中小企業庁」が無料配布している「売掛債権担保融資保証制度ユーザーマニュアル」を確認しておけば、安心して債権の取引が行えます。また、売掛金については「資金調達プロ」でも多数のファイナンスコラムを紹介しています。借入のマニュアルとして積極的にご活用ください。

 

参考記事:資金調達プロ 専門家コラム

 

photo-1424894408462-1c89797f2305

Image by Chris Davis

 

※  なお、素早く売掛金を現金化したい方は、以下ファクタリング10秒診断を使い「自社にピッタリ合う」ファクタリング業者を確認してみてください。さらに、資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングに加えてビジネクスト(ビジネスローン)の両方を申し込んでおいてください。二つのサービスを先に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

売掛債権担保融資『審査を100%通過させる』裏技

 

次は『審査』に照準を合わせ『売掛債権担保融資を100%可決させる』裏技を3つ紹介します。

 

① 誰もが融資をしたくなる! 「相手を動かす行動術」
② 成功率100%に導く「融資に必要な心構え」
③ 売掛債権担保融資の審査を100%通過させる「プロの準備術」

 

売掛債権の審査は、比較的「難しい」とされています。ぜひ、本項の裏技を覚えて「審査に可決されやすい」状況を作りましょう。ポイントを押さえておけば「融資可決率は100%」に近づけます。

 

photo-1430165558479-de3cf8cf1478

Image by Negative Space

 

① 誰もが融資をしたくなる! 「相手を動かす行動術」

 

事業融資全体に共通しているのですが、企業の信用度と共に、法人や経営者の信用度も細かくチェックされます。ここで「代表者に高い返済能力」があれば、厳しいとされる審査もスムーズに通りやすくなります。

 

融資の相談をする時には、きちんとした話方や態度を心がけましょう。また、提出する書類は不備が無いか何度もチェックしましょう。誤字や脱字(表の場合は計算等)があると、審査する側の心証が悪くなるので、書類の取り扱いには気をつけてください。

 

審査は「普段の人付き合い」と同じです。相手からの信頼を勝ち取れば「融資にも良い結果が得られる」のです。融資をスムーズに受けるため、相手から「融資をしたいと思われる言動」やマナーを心がけましょう。

 

② 成功率100%に導く「融資に必要な心構え」

 

次に「審査の可決率をアップさせる」心構えを紹介します。融資に必要な心構えは「会社の経営状況に合った金融機関」を見つけることです。例えば、資金繰りに困り保険料や税金の滞納があると、銀行からの融資は難しくなります。しかし、大手銀行やノンバンクの中には「赤字決済や税金の滞納中でも融資可能」な金融機関が存在します。

 

審査が不安な場合は「審査の難易度」をチェックしてから、融資を申し込むようにしましょう。本記事の最後には「審査の柔軟な金融機関」を紹介しています。資金繰りや審査でお困りの方は、ローン選びの参考にしてください。

 

③ 売掛債権担保融資の審査を100%通過させる「プロの準備術」

 

売掛債権の担保融資は「準備段階で審査結果が分かる」と言われています。賢い経営者は(以下の点に注意して)正しい方法で申請準備を始めます。

 

【プロが実践する・売掛債権融資の準備ポイント】
● まずは、融資を受ける金融機関から「所定の書類」を取り寄せる
● 赤字や税金の滞納があっても融資が通るかどうか、各金融機関の審査難易度をチェックする
● 取引先との取引内容・実績を証明する資料は早めに準備する
● 振込を受けている口座の通帳もすぐに提出できるよう準備を進める
● 取引先からの発注書や納品時の書類、請求書などは、普段からきちんと整理しておく
● 売掛先からの支払い通知書を準備しておく

 

みなさんも、プロの「準備術」を参考にして申込を進めてみてください。正しく実践すれば、今まで可決されなかった方も、より審査が通りやすくなります。

 

メモ:売掛債権担保融資の「連帯保証」について

 

通常の事業性融資とは違い(売掛債権担保融資では)代表者の個人保証は求められません。信用保証協会で保証を依頼し、融資を受けるのが一般的です。ただ、ノンバンクの場合は銀行や他の金融機関に該当しない、多様な担保融資のケースに対応しています。銀行融資が難しい場合は、事業融資に強い専業の金融業者に相談してみましょう。

 

※  なお、「どのファクタリングを選べば良いのか分からない…」という方は、以下ファクタリング10秒診断で「自社にマッチするサービス」を確認してみてください。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングに加えてビジネクスト(ビジネスローン)の両方を申し込んでおかれると安心です。二つのサービスを先に申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

売掛債権担保「銀行・ノンバンク」融資のメリットとデメリット

 

売掛債権担保融資で「おすすめの金融機関」を紹介する前に、銀行やノンバンクで融資を受ける場合の「メリットとデメリット」を先に説明しておきましょう。

 

preview

 

銀行で借りるメリットとデメリット

 

銀行と取引をすることは、大きな「安心」を生みます。また、銀行から経営への適切なアドバイスも受けられ、資金繰りの改善には相応しい相手と言えるでしょう。

 

ただし、銀行からの借り入れは(ノンバンクよりも)審査が厳しいのが難点です。信用保証協会で保証を付ければ、審査が通りやすくなりますが、銀行と信用保証協会の双方で審査を受ける必要があります。

 

銀行で借りるメリット 銀行で借りる
銀行と取引をしているという「安心感」がある 業歴・業績の無い企業には、審査が厳しい

 

審査に不安を感じる場合は、東京スター銀行など「前期が赤字決済でも融資ができる」金融機関(銀行)を探してみましょう。インターネット銀行は、従来の銀行に無い「柔軟な審査」を実施しています。取引銀行やメガバンクでの利用が厳しい場合は、ネット銀行など「新しいサービス」を取り入れる金融機関に注目してみてください。

 

また、銀行にこだわらずに「ノンバンクの利用」も検討してみましょう(※ ノンバンクを利用するメリットとデメリットは、次項で説明します)。

 

ノンバンクで借りるメリットとデメリット

 

ノンバンクからの融資は、審査のハードルが低い点です。通常、大手銀行の審査は「赤字決済や税金の滞納があればNG」としています。一方、ノンバンクの場合は売掛債権融資の貸付条件を引き下げ、資金繰りが苦しい時には融資できるよう、前向きに審査を進めてくれます。

 

ノンバンクで借りるメリット ノンバンクで借りる
柔軟に対応してくれる、審査のハードルも(銀行より)やや低め 銀行に比べると、金利は若干高めに設定される

 

ビジネスローン専門の金融業者であれば(例:ビジネクスト日本保証ビジネスパートナー等)、融資の相談だけで無く、資金繰りの問題について、的確なアドバイスが得られます。

 

ノンバンクで借りることは、決して危険なことではありません。実際に、多くの中小企業や個人事業主は、ノンバンクで事業融資を受けています。ノンバンク系の強みは、融資までの手続きが速いことです。また(申込をする)経営者の話に耳を傾け、最良の資金調達法を考えてくれる「頼もしい味方」です。

photo-1444718070663-99afd7176287

Image by Taylor Nicole

 

売掛債権担保融資でおすすめの金融業者

 

取引銀行があれば、売掛債権担保融資について相談してみましょう。信用保証協会の保証を受けて、売掛債権を担保に融資を受けることが可能です。

 

また、売掛債権の審査可決が厳しい場合は、ノンバンクや債権融資に強い金融機関を利用しましょう。ここでは「売掛債権担保融資」で人気の金融業者を10社紹介します(※ ⑩番のみ、日本政策投資銀行を含む)。

 

サイト名・URL
① 日本保証
② 東京スター銀行
③ みずほ銀行
④ 関西アーバン銀行
⑤ ビジネクスト(※ファクタリングのみ)
⑥ 新東京銀行
⑦ 京葉銀行
⑧ 武蔵野銀行
⑨ 千葉銀行
⑩ 日本政策投資銀行

 

中小企業や個人事業主の間で「どの業者が人気?」

 

中小企業や個人事業主から人気が高いのは、①の日本保証、②の東京スター銀行、⑤のビジネクストです。

 

ビジネクスト」は、売掛債権担保融資を取り扱っていませんが、ファクタリングサービスが人気の「ビジネスローン専門業者」です。ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングの利用で迷った場合は、上記の金融機関に相談してみてください。

 

特にノンバンク系のビジネクスト、日本保証は柔軟な審査や「資金調達のスピードが速い」ことで評価が高いです。また、東京スター銀行の「スターABL」では「他行では難しい状況」にも、柔軟に対応してもらえますので安心です。

 

17621-NR7PZ4

 

※  なお、「どのファクタリングを選べば良いのか分からない…」という方は、以下ファクタリング10秒診断で「自社にマッチするサービス」を確認してみてください。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングに加えてビジネクスト(ビジネスローン)の両方を申し込んでおかれると安心です。二つのサービスを先に申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

売掛債権担保融資の申込方法

 

ここでは「売掛債権担保融資の申込み方法」について確認しておきましょう。申し込む金融機関リストは、本記事内にある売掛債権担保融資でおすすめの金融業者を参考にしてください。

 

売掛債権担保融資の申込は、5ステップでOK!
① まず、金融機関に「売掛債権担保」の融資を申し込みましょう。金融機関によっては、あらかじめ「取引先」をデータベース化するか、過去の取引内容を見せるよう求められます。
② 銀行の場合は、必要な書類を提出し、信用保証協会を付けて審査を受けることになります。ノンバンクの場合は、融資の相談を行った後、申込に必要な書類を提出しましょう。
③ 金融機関によって、売掛債権担保評価の範囲内で融資の金額が決定されます。
④ 金融機関から融資を受け取ってください。
⑤ 取引先が入金した後、借入をした金融機関に返済を行います。

 

このほか、東京スター銀行「スターABL」のように、信用保証協会を介さないABL(売掛債権担保保証)が一部存在します。

 

【番外編】売掛債権の理解に役立つおすすめ記事一覧

 

資金調達プロ内で『売掛債権の理解』に役立つ記事を集めてみました。

 

ファクタリングと電子登録債権の違い

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

 

photo-1414690165279-49ab0a9a7e66

 

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

ファクタリングによる手形削減と4つの効果

個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

 

ぜひ、本記事と合わせて売掛金を使った「事業資金の参考」としてお役立てください!

 

まとめ|売掛債権担保融資で資金ショートを回避しよう!

 

今回は「売掛債権担保融資を100%成功させる」アイデアとして、銀行やノンバンク、専業の金融業者で融資を受ける方法を紹介しました。売掛債権で融資を受ければ、資金繰りの問題をスムーズに改善することが可能です。

 

また、担保融資のほかにも、ファクタリングで債権が現金化できます。まずは、売掛債権担保融資保証制度とファクタリングのメリット・デメリットを知り、自分の会社にふさわしい「資金調達方法」を探してみましょう

 

取引先に「債権の譲渡」が通知されないという点では、売掛債権担保融資の利用がおすすめです。一方「売掛債権を手早く現金化したい」という方には、ファクタリングサービスの利用がおすすめです。調達が厳しい時に、一助として本記事のデータをご活用ください。

 

※  なお、「どのファクタリングを選べば良いのか分からない…」という方は、以下ファクタリング10秒診断で「自社にマッチするサービス」を確認してみてください。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングに加えてビジネクスト(ビジネスローン)の両方を申し込んでおかれると安心です。二つのサービスを先に申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 07/17 21:37
    無料診断がされました。
  • 07/17 20:41
    無料診断がされました。
  • 07/17 20:14
    無料診断がされました。
  • 07/17 18:27
    無料診断がされました。
  • 07/17 17:44
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(73件)

1 2 3 4 5 15

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全447件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる