閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

長期的な利用を見据えたファクタリング業者選びと注意点

契約

資金繰りが悪化して、今月の支払いが難しいのでファクタリングを利用した。という話はよく耳にします。その時は助かるのかもしれませんが、根本的な資金繰りが改善された事にはなりません。単発でなく、資金繰りそのものを改善するためにファクタリングを中・長期的に利用する計画を立ててみては如何でしょうか。ファクタリング利用時に発生する手数料がコストである事は間違いありません。しかしながら、資金繰りの根本的な改善がされなければ、常に資金調達が必要な体制は変わらないでしょう。根本的に資金繰りを改善させる事を目標として有意義な資金調達を実現しましょう。

 

ファクタリングで資金繰りを改善するコツ

単純に翌月入ってくる予定だった予定だった売掛金が前もって入金されるだけでは資金繰りが改善されたとは言えません。そこでファクタリング実行後に資金繰りを改善するコツをみてみましょう。

・銀行融資を利用できる状態にする。

ファクタリング申込者で多いのは「銀行融資の審査に通らない」「銀行融資では間に合わない」「保証協会で断られた」といった方が多いと思われます。しかしながら銀行融資は金利が圧倒的に安いので、他の資金調達方法を利用した後でも乗り換える事を検討する価値はあります。なぜ、銀行融資を受けられなかったのかその点をはっきりさせ、融資を受けられるように少しずつ準備をすすめるのも一つの方法でしょう。銀行での融資が受けられるまでのつなぎとして、厳しいときはファクタリングを利用する。しかしながら目標はしっかりと銀行融資を目指しましょう。

 

 

 

長期的なファクタリング利用によるメリット

ファクタリングも、ビジネスとして行われる以上、「親しいお客様」には優遇してくれる、という部分は少なからずあります。では、ファクタリングの場合、その「優遇」とはどのように行われるのでしょうか。次の2点について解説します。

 

・手数料を引き下げてくれる

ファクタリング会社にとっては、長い付き合いをしてくれている会社というのは「信頼に値する会社」です(例外もありますが)。そのため、信頼に応える、という意味で手数料の引き下げに応じてくれるファクタリング会社も少なくありません。「ここの会社の取引先には優良企業が多いから、債権の回収可能性も高い。だから手数料は安くしてもいいのでは?」という経営判断が働くからです。逆に、お客様のほうからも、「御社とは長いお付き合いをさせていただいているので、手数料の引き下げをご検討いただけないでしょうか?」と働きかけてみるのも「アリ」でしょう。

 

・債権が現金として入金されるまでのサイトが短い

先ほど書いたこととも重複しますが、ファクタリング会社と長い付き合いをしているということは、「この会社が保有している債権は信頼できる」と思われていることの証でもあります。そうでなければ、ファクタリング会社から「お断り」されることも少なくないからです。そのため、新たなファクタリング契約を持ち掛けた場合、従前に比べて債権が現金として入金されるまでのスパンが短くなる、ということも考えられます。やはり、「この会社なら大丈夫だろう」と思っていただける、ということがポイントです。

 

この2点が達成されるだけでも、資金繰りには随分といい影響が出てきます。ファクタリングは1回で済む、ということはあまりないです。そのため、何回も繰り返していると、手数料の出費もばかになりません。それが少しでも節約できる、ということは重視すべきことです。また、ファクタリング契約を結んでから、実際に債権が現金として入金されるまでのサイトが短い、ということは、より機動的な資金調達を行うことができるということにつながります。

 

長期的なファクタリング利用によるデメリット

では、長期的にファクタリングを利用することで、何かデメリットはあるのでしょうか。大きな問題として挙げられるのは、やはり「手数料」です。銀行等からの融資等の金利に比べて、ファクタリングの手数料は高めに設定されています。そのため、長期にわたってファクタリングで資金調達を行っていると、資金繰りに大きな影響を及ぼします。一回の手数料は少額であったとしても、長期間、複数回にわたると大きな金額になるからです。ただ、定期的に、適切な資金繰りの見直しを行うことで、この問題も改善できることがあります。それでも、「手数料が資金繰りに影響を及ぼすこともある」ということは、頭にとどめておいたほうがいいでしょう。

 

長期利用に適したファクタリング会社とは

ファクタリング会社にもいろいろあります。では、「あまりお付き合いしないほうがいい」ファクタリング会社はどういう会社なのでしょうか。条件をまとめてみました。

 

・手数料が高い

ファクタリングの手数料はお客様が保有する取引先、お客様の財務状況など様々な要因によって異なるので、一概にこれ、という数値を明示するのが難しいです。しかし、一般的には債権の15%~20%程度と言われています。これを大きく上回る手数料を請求されるようであれば、考え直したほうがいいかもしれません。ボーダーラインとしては、30%以上請求されるようであれば、やめておいたほうが無難でしょう。

 

・手続きが雑

他でも触れられていますが、ファクタリングを行った場合、債権譲渡登記が必要になることがあります。本来、この債権譲渡登記は「そのファクタリング契約で扱う債権の当事者である会社」に対して行うべきものです。しかし、中には雑な法律手続きをするファクタリング会社もあります。

ひどいところになると、お客様の取引先全部に対して債権譲渡登記を行い、しかもその旨を取引先全部に対して知らせた、というファクタリング会社も存在するようです。残念なことですが、取引先の中にはファクタリングを利用することで「この会社の資金繰りは大丈夫だろうか」という疑念を抱き、取引を停止する、という判断もする会社もあります。そのため、お客様が取引先に対する信用を一気に失う、というリスクもあるのです。こういった、「手続きが雑」なファクタリング会社も避けたほうがいいでしょう。

 


 

それでは、逆に「長くお付き合いしたほうがいい」ファクタリング会社はどういう会社なのでしょうか。条件をまとめてみました。

 

・柔軟な対応をしてくれる

先ほど書いたことと重複してしまいますが、お客様に合わせて柔軟な対応をしてくれるファクタリング会社は「よい会社」であるといえるでしょう。長期的な取引を前提とする場合、最初から手数料を引き下げる、というプランを提示してくれるファクタリング会社もあります。そういった会社は、「お客様を大事にする」という経営方針を持っていることが多いと考えられますので、取引を検討してもいいかもしれません。

 

・資金繰りの相談にも応じてくれる

資金調達の手段は、何もファクタリングだけがすべてではありません。お客様の経営戦略、会社としてのステージによって、最適とされる資金調達の手段は異なってくる可能性もあります。そういった「お客様の状況」を勘案しながら、資金調達、資金繰りの方針を一緒に考えてくれるファクタリング会社を選ぶことも重要です。ファクタリングといえども、ビジネスです。古い言葉で言えば、商売です。「腹を割って」話せるかどうか、ということも重要なポイントである、と心得ておきましょう。

 

「そんな会社がどこにあるのかわからない」と判断にお困りのようでしたら、ぜひ「資金調達プロ」の診断をご利用ください。お客様にとっての「一番いいファクタリング会社」選びのお手伝いをさせていただきます。

 

まとめ

ファクタリングの利用は、会社の経営にとって大きな影響を及ぼす事項です。そのため、いかにして「いいファクタリング会社を見つけ、長期的な信頼関係を築いていくか」がテーマとなります。信頼関係を築くことはビジネスの基本です。そのことを意識して、お客様にとって最適なファクタリング会社に巡り合うことができれば幸いです。

 

メリット・デメリットと言っても、ファクタリング利用時に発生する手数料がコストである事は間違いありません。しかしながら、資金繰りの根本的な改善がされなければ、常に資金調達が必要な体制は変わらないでしょう。根本的に資金繰りを改善させる事を目標として、ファクタリングの利用を考えてみては如何でしょうか。

非常用の資金調達手段として、ファクタリングの契約を済ませておき、いつでも資金調達をできる手段を備えておく事は重要です。

 

本記事と合わせて読みたい、お役立ち記事!

・ 【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

・ 【保存版】ファクタリングの仕組み、売掛金を現金化するまでの流れを徹底解説!

・ 【保存版】返済条件変更(リスケジュール)中に資金調達&融資を受ける方法3選!

・ 【最新版】個人事業主・経営者にオススメ!資金調達の方法50選!

・ ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

・ 営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/19 00:04
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:48
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:31
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:22
    無料診断がされました。
  • 10/18 20:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(53件)

1 2 3 4 5 11

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全474件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる