ファクタリングと電子登録債権の違い|便利なファクタリングで資金調達をしよう!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/16

ファクタリングと電子登録債権の違い|便利なファクタリングで資金調達をしよう!

ファクタリングと電子登録債権の違い

みなさんは、ファクタリングと電子登録債権の違いをご存じでしょうか? ファクタリングと電子登録債券(通称:でんさい)は、似て非なるものです。

 

ファクタリングと電子登録債券(でんさい)には、受取企業が売掛債権を譲渡できる点や、債権を譲渡することで期日前に現金化できること、またシステムを使って自動的に手続きが行なわれる点や、支払期日には支払企業の銀行口座から決済が行われるなどの「共通点」があります。

 

なお、以下の記事では『ファクタリングの仕組み』について、より詳しく解説しています。ぜひ本記事と合わせて、ご覧ください。

関連記事:ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則!

 

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

***

この記事は、資金調達プロ『お金の専門家』Tommyが作成しました。

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaブログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j**s様が
    500万円を調達しました。

  • t*****l様が
    600万円を調達しました。

  • t**e様が
    800万円を調達しました。

  • g***v様が
    1000万円を調達しました。

  • a****p様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング