閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ファクタリングによる手形削減と4つの効果|ファクタリングで資金繰りを改善しよう!

ファクタリングと手形の関係。皆さんはどこまでご存知でしょうか。ファクタリングとは切っても切れない関係にある手形。今回は手形との関係をみながら、改めてファクタリングによる効果を考えていこうと思います。

なお、以下の記事では『ファクタリングの仕組み』について、より詳しく解説しています。ぜひ本記事と合わせて、ご覧ください。

 

【参考記事】

ファクタリングで良くあるトラブル5例と優良業者の見分け方

ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

・ ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則!

 

その前に・・・ファクタリングと併用しておきたいのが、審査が速く、事業資金専門ローン「ビジネスローン」の利用です。例えば、以下のローンであればオンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、本記事で紹介しているファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用がオススメです! ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。

 

ファクタリング導入に伴う手形利用の減少

 

最初に、日本企業全体のバランスシートを見てもらいましょう。「手形取引は少なくなっているのだな」ということをお分かりいただけるかと思います。2005年のデータですが、大まかなバランスシートは以下のようになっています(出典:財務省『法人企業統計年報』(平成 17 年度))。※なお、ここでは中小企業を資本金1億円以下の企業とする。

 

年代別の受取手形の残高推移で見ると以下のようになります。

ファクタリングとは?売掛金の買取について

ファクタリングとは?売掛金の買取について

2005年の時点ですでに「売掛債権に比べれば受取手形は企業の取引の現場では使われていない」ということが読み解けると思います。現在では、さらに受取手形が企業のバランスシートに占める割合は少なくなっているでしょう。よりわかりやすくするために、グラフを作ってみました。

「いかに売掛債権が多いか、そして、いかに受取手形が少ないか」ということが一目瞭然だと思います。

ファクタリングとは?売掛金の買取について

ファクタリングとは?売掛金の買取について

また、政府はファクタリングを含めた売掛債権を担保とした融資の推進を行っています。そのための施策として、具体的には以下のような取り組みが挙げられます。

 

<売掛債権担保融資保証制度>

 

2001年12月から開始。信用保証協会の保証を付けることで、中小企業がその保有する売掛債権を担保とした融資を受けやすくする制度。この制度の利用促進を図るため、政府は手続きの簡略化を行うとともに、国の物品・役務調達における債権譲渡禁止徳卓の部分解除を実施。都道府県にも同様の取り組みを要請。

 

<普及と啓蒙>

 

経済産業省は中小企業の資金調達について以下のような問題点を指摘しています。

 

・中小企業は自己資本比率が低く、借入金の割合が高い。そのため、経営基盤が不安定であることが指摘できる。
・中小企業は信用力という点でどうしても大企業に劣る部分が大きく、直接金融(株主等から資金を調達すること)も間接金融(銀行等から資金の融資を受けること)も困難なことがある。
・中小企業の資金調達の手段は不動産を担保とした融資に依存している部分が大きいが、十分な資金を調達できるだけの不動産を保有していない中小企業が多いのも事実である。

 

そこで、このような問題を解決するべく、政策としてファクタリングを含む売掛債権担保の活用を推進しているのです。

 

【徹底解説】ファクタリングを利用した資金サイト調整法

【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

 

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

 

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、

今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

ファクタリングと手形の違いとは

 

ファクタリングと手形。「一体何が違うのか?」ということをはっきり答えられる人は少ないかもしれません。

 

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収(債権の管理・回収)を行う金融業務をいいます。これは、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。

 

ファクタリングの4つの効果をまとめてみましょう。

 

・売掛金の一部を現金化することができるので、機動的な資金調達ができる。

・条件次第では、金利をかなり安くすることができる。

・申し込みをしてから資金を手に入れられるまでのスパンが短い。

・特約次第だが、取引先の倒産に関するリスクを負担しなくてもよい。

 

 

また、ファクタリングした売上債権については、その支払先が決済期日に支払不能に陥った場合に、それを依頼企業とファクタリング会社のどちらが負担するかによって、依頼企業が負担する「償還請求権のあるファクタリング」と、ファクタリング会社が負担する「償還請求権のないファクタリング」の二つに分類されます。

 

つまり、一言でいえば「ファクタリングをうまく使えば、短時間、かつローコスト、かつローリスクで資金調達ができる」ということです。

 

 

なぜ、ファクタリングがあまり浸透していないのか

 

残念なことに、ファクタリングを含む売掛債権を担保とした資金調達は、あまり浸透しているとは言えません。その原因だと考えられる2つの理由をご説明します。

 

まず、売買契約、請負契約など企業において行われるたいていの契約において、債権譲渡禁止特約が存在していることが多いためです。ファクタリングを含む売掛債権を担保とした融資は、基本的に売掛債権を譲渡担保として行われます。そのため、契約の中に債権譲渡禁止特約が存在する場合、そもそも売掛債権を担保にした資金調達を行うことができないのです。

 

ファクタリング|債権流動化による注意点と知っておきたい3つの事

・ ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣

 

もう一つは、風評被害の存在です。つまり、売掛債権を担保に資金調達を行うということは、「売掛債権を担保にしないと資金調達ができないほどこの会社は行き詰っている」と思われてしまう、というリスクが未だに存在しているようです。最悪の場合「取引の停止」というケースも考えられるでしょう。

 

通常は、ファクタリング会社における信用調査の煩雑さや信用調査能力の限界があることから、「償還請求権のあるファクタリング」が多く採用されています。

 

何も、ファクタリングを含む売掛債権を担保とした融資を受ける会社のすべてが資金繰りに困っているわけではありません。しかし、制度そのものが認知されていない日本の現状では、こうやって思われてしまうリスクも存在するということです。

 

これらの状況を一言でいえば、「日本の商慣行がファクタリングを根付かせるところまで追いついていない」ということになります。

 

それでは、日本以外の国ではどうなのでしょうか。ファクタリングの歴史からそのあたりの事情を紐解いてみたいと思います。もともとファクタリングは、16世紀ごろ、イギリスにおいて発生した資金調達の手段がその原点と言われています。当時のイギリスは、植民地であるアメリカと活発な交易を行い、経済を発展させていきました。

 

アメリカへの移民たちは、渡航費、植民地建設のための物資を買う資金を工面する必要があり、イギリスで活躍していた仲介人(ファクター)を利用したのです。つまり、移民たちはファクターと、自分たちがアメリカで得た物資の販売権を与える代わりに、自分たちが必要なものの供給をしてもらう契約を取り交わしました。これがファクタリングの原点と言われています。

 

その後、両国の経済の発展に伴い、物資の交換から資金提供・浸透調査を目的とする契約へとファクタリングは変化していきました。時代を経て、契約そのものの性質は変化したものの、広く一般に認知された資金調達方法として、アメリカ、イギリスなど諸外国では広く用いられています。

 

日本では認知度がまだまだ低いですが、他の国では当たり前に用いられている手段です。

 

ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

 

ファクタリング|その他の効果について

 

ファクタリングの効果として大きいのは、「機動的な資金調達を行うことができる」ことです。これが経済全体にどのような影響を及ぼすのかというと「活発な設備投資が行われる」ことになります。企業は資金を調達すれば、それを設備などの経営資源に投資します(内部留保をする場合もありますが)。

 

そのことにより、新たな経営資源の需要が生じます。そのことで、新しい雇用が生まれたり、ビジネスチャンスが創出されたりするのです。これらの営みが活発に行われるようになっていけば、景気の底上げにつながっていきます。

 

【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

 

つまり、ファクタリングを行い、機動的な資金調達を行うことで、企業がより活躍することができる社会を創出することができるといっても過言ではありません。

 

【番外編】売掛債権ファクタリング|おすすめ記事一覧

 

資金調達プロ内で、ファクタリングについて取り上げている記事を集めてみました。

 

【ファクタリング】

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

ファクタリングと電子登録債権の違い

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

このほか、手形割引については以下の記事が参考になります。

 

【手形割引】

・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

・ 約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

まとめ|ファクタリングによる手形削減

 

日本政府も、売掛債権を担保とした資金調達を中小企業の資金調達の施策の一つとして推奨しています。この流れを受けて、今後、ファクタリングの利用はますます広がっていくものと思われます。ただ、たいていの人にとっては耳慣れない言葉であるのも事実です。そのため、利用する際は「ファクタリングとはどんなものか」ということについてしっかり理解した上で利用していただきたいと思います。

 

※  なお、ファクタリングと併用しておきたいのが、審査が速く、事業資金専門ローン「ビジネスローン」の利用です。例えば、以下のローンであればオンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、本記事で紹介しているファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用がオススメです! ご希望の方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/17 19:23
    無料診断がされました。
  • 11/17 15:12
    無料診断がされました。
  • 11/17 15:11
    無料診断がされました。
  • 11/17 15:02
    無料診断がされました。
  • 11/17 14:21
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(53件)

1 2 3 4 5 11

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全490件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる