ファクタリング手数料を抑える4つの要素!何%でファクタリングが利用できるかチェックしよう!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/16

ファクタリングや融資を利用する際に一番気になるのは、やはり「手数料」ではないでしょうか。

保存版】ファクタリング手数料を抑える4つの要素!何%でファクタリングが利用できるかチェックしよう!

ファクタリング(売掛金の買取)

実際に手数料決定の材料を見る事で無駄な出費を抑えましょう。どうしてもファクタリングや融資の初回利用は手数料が高くなりがちですが、2度目以降は手数料も下がってくるのが一般的です。あなたの利用している業者はどうでしょうか? もう一度契約内容を見直していきましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

 

ファクタリング手数料|あなたの手数料は何%?

 

まずは、2社間ファクタリングで必要な手数料を確認してみましょう。2社間ファクタリングにおける手数料の相場は20%~25%ほどだとされています。仮にファクタリング手数料を20%だとして、買い取り債権額が100万円の場合、手数料がどうなるか見てみましょう。手数料20万円の内訳は以下の円グラフのようになります。

 

2社間ファクタリング手数料

【保存版】ファクタリング手数料を抑える4つの要素!何%でファクタリングが利用できるかチェックしよう!

 

【注1】売掛先与信状況、ファクタリング会社の契約内容等の条件で数字は変動します。

【注2】売掛債権の譲渡、および、ファクタリングにかかる手数料について消費税はかかりません。

 

手数料の内訳を構成するのは、ファクタリング会社の利益だけではありません。ファクタリングを行うにあたり必要不可欠な費用によっても構成されます。

 

あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

 

だいたい20%~25%とされている2社間ファクタリンングの手数料ですが、もちろんそれを下回る会社もあるでしょうし、逆に上回る会社もあるでしょう。手数料は、売掛先の与信状況などにも左右されるので、かならずしも20~25%が絶対に適正とは言い切れません。だいたいのめどにしていただければよいと思います。

 

 3社間ファクタリングの手数料

 

2社間ファクタリングのメリットは、売掛先にファクタリングの事実が知られないということです。これは、あなたの会社にはメリットですが、ファクタリング会社にとっては売掛金回収のリスクが高くなる、という側面も持ちます。ですので、ファクタリング会社にとって回収リスクが下がる3社間ファクタリングは、それだけ手数料も下がる、という可能性もあります。3社間ファクタリングについても再度、検討してみるのもよいでしょう。

 

・ ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣

 

 

ファクタリング手数料はどうして高いの?初回の手数料相場と4つの決定材料

 

手数料は、どのようにして決まるのでしょう。4つの決定材料を見てみましょう。そのうえで、ファクタリング手数料を下げるやり方について考えてみます。

 

ファクタリング手数料と4つの決定材料

 

決定材料1 売掛先与信

 

ファクタリング契約をする際、ファクタリング会社は売掛先の与信状況を調べます。もし与信に不安な点があるようなら契約に踏み切ってもらえない場合もあります。信用力のある売掛先はリスクが低いので、それだけ手数料も低めに設定される可能性があるでしょう。ファクタリング契約の際、売掛先の信用調査は必ず行われるものです。しかし、2回目以降の契約においては、初回ほどの手間がかからないので、2回目以降からは手数料が下がるということもあるでしょう。

 

決定材料2 買取金額

 

ファクタリングを行う際、売掛債権額すべてが必ず買い取られるというわけではありません。一般的に売掛債権の75%から99%程度買い取られるという形になります。

 

買取額に幅が出る要因は以下のようなものがあります。

・ファクタリング会社によって掛け目の料率が違う。

・売掛先の与信状況

・あなたの会社の与信状況(2社間ファクタリングの場合)

 

売掛金回収の確実性(売掛債権の信用力)が高ければ高いほど買取額は高くなります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

【保留金・留保金】

 

買取式ファクタリングは償還請求権がないので、売掛先の倒産等の回収困難に陥った場合、ファクタリング会社がリスクを負担します。ですので、ファクタリング会社によっては、保留金を設定するところもあります。保留金は、売掛金がファクタリング会社にきちんと支払われた後、ファクタリング会社より返還されます。

 

決定材料3 2者3者の違い

 

ファクタリング手続きの際、売掛先(債務者)に債権譲渡の事実が発覚する要因として以下のものがあります。

 

1 売掛先への債権譲渡通知or債権譲渡承諾の依頼

2 売掛の入金先がファクタリング会社に変更されること

3 売掛先が債権譲渡登記を確認する

 

2社間ファクタリングの場合、1~2は留保されます。1~2が留保されることでその分手数料がかからない、ということもあります。一方、3社間ファクタリングの方が、売掛金回収リスクが低いということでファクタリング手数料を押さえられる、ということもあるでしょう。

 

登記をした場合、ただちに売掛先(債務者)に債権譲渡の事実を知られるわけではありません。登記は自発的に確認しないと内容はわからないからです。

 

ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

 

決定材料4 初回以降かどうか

 

2回目以降のファクタリング契約については、以下のような理由で手数料が下がる可能性があります。

 

・売掛先の信用調査費が初回ほどかからない。

・自社の信用調査費が初回ほどかからない(2社間)。

・初回にきちんと売掛金を回収できた場合、信用力がつくので次回からは手数料が下がる。

 

2回目以降のファクタリング契約で手数料が下がらない、という業者は乗り換えを検討してもよいでしょう。信頼のおける1社を見つけておき、継続しておつきあいしていくことで、複数の会社とファクタリング契約をして二重契約になってしまう、というミスを犯さずに済む、ということもあるでしょう。

 

【徹底解説】ファクタリングを利用した資金サイト調整法

 

ファクタリング手数料を抑える賢い使い方

 

手数料を抑えるには、ファクタリング申し込みをする以前から、日頃よりきちんと売掛債権管理をしておき、優良な売掛債権を提示できるようにすることや、自社の与信も関係する2社間ファクタリングの場合には、自社の与信管理も怠らないようにするとよいでしょう。

 

債権譲渡通知や登記を留保するのなら、それらに関する費用は発生しませんが、回収リスクの分手数料はあがる可能性があります。ですので、2社間ファクタリングを利用した場合、3社間ファクタリングを利用した場合のバランスを考えるようにしましょう。

 

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

 

また、上述のように、手数料にはファクタリング手続きを行うための必要不可欠な費用が含まれます。そのうち大分部を占めるのが登記費用なので、債権譲渡登記をする場合、割安で仕事を引き受けてくれる懇意の司法書士がいるのなら、そちらに頼むという工夫をするのもよいでしょう。

 

さらに、2度目以降の取引の際、手数料減免があるファクタリング会社もあります。ですので、余裕のあるときに初回に小さな金額でファクタリングを実行し、引き続き利用することで、いつでも安めの手数料でファクタリングを実行できるように準備しておくことも賢い利用の仕方だといえます。

 

手数料減免があるかどうかのご相談は、比較サイトをご利用ください。また既にファクタリングを導入している場合も、手数料が安くなるならば別のファクタリング業者へ乗り換えるということを検討しましょう。

 

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

ファクタリングによる手形削減と4つの効果

 

ファクタリング手数料を知るのに役立つ記事一覧

 

資金調達プロ内で、ファクタリングについて取り上げている記事を集めてみました。

 

【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

ファクタリングで良くあるトラブル5例と優良業者の見分け方

ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

ファクタリング|債権流動化による注意点と知っておきたい3つの事

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

ファクタリングと電子登録債権の違い

個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

 

ぜひ、本記事と合わせて売掛金を使った「事業資金の参考」としてお役立てください!

 

まとめ|ファクタリング手数料は、工夫次第で安くできる!

 

ファクタリングの手数料を押さえる4つの要素を確認するとともに、手数料の賢い抑え方をご紹介しました。ファクタリングに不慣れであるがゆえに、手数料についてもよくわからないまま利用することのないよう、相場や手数料に影響する要素をしっかり把握して賢くファクタリングを利用するようにしましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

 

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • v***p様が
    600万円を調達しました。

  • a**e様が
    500万円を調達しました。

  • c*****t様が
    700万円を調達しました。

  • n******h様が
    500万円を調達しました。

  • o***g様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング