ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/16

ファクタリングは、売掛金を素早く現金化できる「資金繰りの改善」に欠かせない方法です。本記事では、ファクタリング4種類の内容を説明し、ファクタリングを利用するメリットを中心に解説していきます。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

なお、以下の記事では『ファクタリングの仕組み』について、より詳しく解説しています。ぜひ本記事と合わせて、ご覧ください。

関連記事①:ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則!

関連記事②:売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

4種のファクタリングとそれぞれの特徴

 

「ファクタリング」というキーワードで検索したことのある方は思い当たる節が有ると思われますが、ファクタリングにはいくつかの種類が存在いたします。その「〇〇ファクタリング」というキーワードがいくつも出て来て、何が何なのか、自分はどのファクタリングが対象なのか混乱してしまう方も多いのではないのでしょうか。それぞれのファクタリングの特徴を知る事で、今後の悩みを解消して契約に臨みましょう。

 

あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

 

4種のファクタリングとは

ファクタリングとは売掛金などの売上債権を、早く現金にする手段のことを指します。そのため、どのファクタリングでも基本的には原理は同じです。ただし、売上債権の種類や引き受け方の違いなどから、大きく4つの種類に分けることができます。そして、それぞれの特徴を表にまとめると次のようになります。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

以下、詳しく各項目について見ていきましょう。

 

(1)一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、ファクタリング事業者が売掛金などの売上債権を購入して、それと引き換えに代金を支払う方法です。一括ファクタリングには「二者間取引」と「三者間取引」とがあり、違いは以下の通りです。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

大きな違いはファクタリング事業者が支払企業に関与するか否かと言う点です。ファクタリングを利用する企業経営者の多くは、売上債権の譲渡が支払企業に気づかれるのを嫌います。そこで有効な方法は二者間取引です。二者間であれば、支払企業の合意等を取らなくても債権を譲渡することができます。そのため、一括ファクタリングは売上債権をファクタリング事業者に購入してもらう方法で、二者間取引と三者間取引があるということを押さえておきましょう。

 

ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

ファクタリング|債権流動化による注意点と知っておきたい3つの事

 

(2)医療報酬債権ファクタリング

医療(診療)報酬債権ファクタリングとはファクタリング事業者が、医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権を購入し、現金化する制度のことです。一括ファクタリングとの違いは、債権の種類が医療報酬債権となっており、支払企業が国保や社保になっている点です。また、医療報酬だけでなく介護報酬や、調剤報酬も大きなくくりとしてこのファクタリングに含まれます。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

その他は基本的に同じで、一括ファクタリングの三者間取引と同様です。ただし、国保や社保からの同意が必要ない場合がほとんどです。そのため、医療報酬債権ファクタリングは医療機関が行うファクタリングだということを押さえておくといいでしょう。

 

【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

 

 

(3)保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売上債権などに対してその金額を保証する制度のことを指し、保険的な役割を果たします。一括ファクタリングとの違いは、売上債権に対してあくまで保証する点です。したがって、支払企業が倒産などして支払不能状態に陥った時に、ファクタリング事業者が依頼会社に現金を支払います。

A-01-11_4

また、保証ファクタリングには「下請債権保全支援」と呼ばれるものもあり、建設業者や資材業者を保護する制度もあります。この制度を利用すると、通常は建設業者が支払う保証料金を国土交通省が2/3まで負担してくれます。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

このように保証ファクタリングは、売上債権に対して金額を保証する制度と言うことを知っておくといいでしょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングによる手形削減と4つの効果

個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

 

(4)国際ファクタリング

 

国際ファクタリング(グローバルファクタリング)とは、ファクタリング事業者が輸出債権を買取する制度のことを指します。一括ファクタリングとの違いは債権の種類が輸出債権であり、国際的なファクタリング事業者同士が連携してサービスを提供している点です。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

国際ファクタリングの場合、あくまでL/Cの代わりという役割があります。そのため、ファクタリング事業者が支払企業(輸出先企業)から代金回収完了を遂行することが重視されている点を知っておくことが大事です。

 

・ ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

あなたにあったファクタリングは?

 

ファクタリングは大きく分けると4種類存在し、利用できる業種が異なります。そこで各業種に合ったファクタリングの方法を紹介します。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

(1)全ての業種に該当するファクタリング方法

 

売上債権を持つほぼ全ての業種で利用できるファクタリング方法が「一括ファクタリング」と「保証ファクタリング(根保証)」です。それぞれの特徴は次の通りです。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

このように資金繰りが苦しく即座にキャッシュが必要な企業にとっては「一括ファクタリング」がおすすめです。また資金繰りではなく、売上債権のリスク保証を目的としている企業にとっては「保証ファクタリング」が有効な手段となります。

 

ファクタリングと電子登録債権の違い

 

(2)保証ファクタリングを利用する

 

建設・資材産業建設産業や資材産業でも一括ファクタリングは利用できます。けれども、急な資金調達ではなく、現在持つ売上債権の保証を考えている場合、「下請債権保全支援」が有効です。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

そのため、建設業・資材産業に所属しており、元請先から資金回収に不安がある場合は「下請債権保全支援」を利用することがおすすめとなっています。

 

(3)輸出をする業種に該当するファクタリング方法

 

海外取引をしているメーカーや卸売業、小売業などでは「国際ファクタリング」を利用することができます。国際ファクタリングを導入することのメリットとデメリットは次の通りです。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

このように貿易取引を行っている企業で、輸出先企業に不安がある場合には「国際ファクタリング」が有効な手段となります。ただし、輸出先企業からの合意が必要な点は注意が必要でしょう。

 

【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

 

(4)医療機関に該当するファクタリング方法

 

債権として医療報酬債権などを持つ医療機関では、「医療報酬債権ファクタリング」を利用できます。このファクタリング方法のメリットとデメリットは下記の通りです。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

このように医療機関だからこそ利用できる資金調達方法が「医療報酬債権ファクタリング」なのです。そのため、医療機関で資金繰りに困っている場合にはこの手段を利用することがいいでしょう。

 

(5)売掛債権を持たない企業の方法

 

最後に売上債権等を持たない企業の場合を紹介します。売上債権を持たない企業の場合、ファクタリングを利用することはできません。そのため、融資や直接投資などによる資金調達を行う必要があります。

また、資金難に悩んでいる企業の場合は、金融機関にリスケなどを申し込むことも1つの手段となります。そのため、売上債権を持たない企業の場合にはファクタリング以外の方法にて資金調達をすることを検討しましょう。

 

ファクタリング&事業融資のおすすめ記事一覧

 

資金調達プロ内で、ファクタリングについて取り上げている記事を集めてみました。

 

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

【徹底解説】ファクタリングを利用した資金サイト調整法

ファクタリングで良くあるトラブル5例と優良業者の見分け方

 

ぜひ、本記事と合わせて売掛金を使った「事業資金の参考」としてお役立てください!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングの種類|まとめ

 

4種類のファクタリングの概要やそのメリット、デメリットなどの特徴について見てきました。基本的にファクタリングは早期に現金を調達する手段ですが、場合によっては保証をするための手段ともなります。そのため、自社の状態や事業の目的に合わせて適したファクタリングを導入することが肝心です。

また、もしこのファクタリングの概要を見て分からない点、疑問に残る点がある場合には専門家に相談することが大事です。一番大切なことは事業を継続することなので、なるべく早くに専門家へ相談するように心がけましょう。

 

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

 

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****s様が
    300万円を調達しました。

  • w*****l様が
    800万円を調達しました。

  • m***f様が
    900万円を調達しました。

  • e****r様が
    900万円を調達しました。

  • j*****h様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング