ファクタリングの優良業者の見分け方はある?よくあるトラブル事例とともに紹介

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/9/7

ファクタリングを利用する際に優良業者に依頼したいですよね。

資金調達でやむをえずトラブルに巻き込まれる事も珍しくありません。

そのような状態にならない為に、本記事のトラブル内容や予防方法、契約後になにが出来るかを参考になさってください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングとは、未回収の売掛金を業者(金融機関やファクタリング専門の会社)に買い取ってもらい、資金調達する方法を指します。なお、ファクタリングの仕組み、メリットについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

・ 【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

・ ファクタリングによる手形削減と4つの効果

 

ここでは簡単にファクタリングの概要について触れましたが、ファクタリングとは何であるか正しく理解できていますか?

下記のページでファクタリングを詳しく解説していますので、興味のある方はこちらを参考になさってください。

 

 

ファクタリングでよくあるトラブル5例

 

ファクタリングで良くあるトラブルをまとめてみました。

 

その1 法外な手数料を取られ資金繰り改善どころではない

 

ファクタリングは売掛債権を支払期日よりも先に現金化できるため、短期的な資金繰りに困っている場合には大変利用価値があるといえます。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリングでよくあるトラブル5例

 

しかし、売掛債権の支払期日まで待てば売掛債権金額が満額入金されるのに対し、ファクタリングを利用する場合にはファクタリング会社に手数料を支払う必要があるため、入金額は手数料を支払った分だけ減ることになります。

 

この手数料がいくらになるかはファクタリング会社によって異なります。そのため、悪徳ファクタリング会社を利用した場合、資金繰りに困っている経営者の弱みにつけこみ法外な手数料を取られ、資金繰りの改善どころか逆に悪化してしまったというトラブルが発生しています。

 

その2 契約書が作成されないため内容確認が出来ない

 

ファクタリング契約の際には対象となる売掛債権、掛け目や手数料等、旧債権者と新債権者間で合意した契約内容をきちんと文書として残すことが大切です。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング|契約書が作成されないため内容確認が出来ない

 

しかし、ファクタリング契約時にそういった契約書を作成しない悪徳ファクタリング会社も存在しています。その結果、契約内容について確認することができず、後から契約内容についてトラブルになる例もあります。

 

その3 虚偽申告によって直前審査で実行不可

 

ファクタリング契約の内容を少しでも自分の希望額に近づけようとして、ファクタリング会社に対し売掛先の情報等、重要な事項について虚偽の申告をするトラブルが発生しています。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

ファクタリングは、利用者とファクタリング会社との信頼関係によって成り立っています。申請内容を審査した結果、虚偽の内容が発覚した場合はファクタリングの実行金額が減ってしまうのではなく、ファクタリングの実行自体が不可となってしまう可能性があります。

 

個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

・ ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

・ あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

・ ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

その4 直前に登記確認したら過去の契約残りがあった

 

ファクタリング契約においては、通常、トラブルが発生して債権の回収ができないといった事態に備えて、今後発生する売上債権からも回収可能といった内容で譲渡登記ができるように準備がなされています。

 

契約握手

ファクタリング(売掛金の買取)

 

そのため、ファクタリング契約を締結するにあたり、過去の譲渡契約が登記されたままであることが判明し、ファクタリング契約ができないといったトラブルが発生しています。

 

その5 債権売却後の他業者利用による横領、法的措置

 

ファクタリング契約は、大きく三者間契約と二者間契約の二種類に分類されます。売上債権が手形のように有形ではないことから、特に二者間ファクタリングにおいて、既にファクタリング業者に譲渡済みの売上債権を、既に譲渡済みだと伝えずに他のファクタリング会社に譲渡してしまうといったトラブルが発生することがあります。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

 

よりよい条件を提示してくれるファクタリング会社に出会い、思わず二重契約をしてしまったという例もあるようですが、そういった行為は当然横領となり、悪質だと判断された場合はファクタリング会社に法的措置を取られる可能性があります。

 

・ ファクタリングと電子登録債権の違い

・ 資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

 

悪徳ファクタリング会社の問題、売却する経営者の問題

 

先に記述したトラブル例から分かるように、ファクタリングのトラブルの原因は実は悪徳ファクタリング会社による問題のみではありません。とりわけ、二重譲渡をしてしまった場合には、二者間ファクタリングを選択していた場合であっても、売掛先に債権譲渡の事実を知られることになります。

 

その上ファクタリング会社から法的措置をとられてしまう等、会社を経営していく上で最悪の事態になりかねません。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

資金繰りに困っている状況で、焦りから不適切な判断をしてしまわないためにも、資金調達の際に気をつけておかなくてはならない点をしっかり把握して、余裕のある資金調達を計画しましょう。

 

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

 

 

万が一悪徳ファクタリング会社を利用してしまった場合

 

まずは悪徳ファクタリング会社に騙されないよう、ファクタリング契約を締結する際には十分に気を付けることが一番です。しかし、運悪く悪徳業者を利用してしまったという場合には、専門家に相談する等して一刻も早くファクタリング契約を解除し債権の譲渡を無効にする措置をとっていく必要があります。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

また、今後ファクタリング会社を利用する際には、そのファクタリング会社が本当に信頼できる取引相手であるのか十分に検討するようにしましょう。悪徳ファクタリング業者の多くには以下のような特徴が見受けられます。

 

・あっという間に契約できてしまう(必要書類がほとんど無い)

・手数料が異常に高い

・きちんとした契約書を作成しない

・良い条件しか言わない

・直前になって契約内容の変更を要求する

・本社が存在しない

 

通常、ファクタリング業者を利用する際に必要となる書類は以下のような資料です。このような資料をそろえ、信頼できるファクタリング会社を見つけましょう。

 

・商業登記簿謄本

・決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料

・売掛先との契約書とその実態が確認できる資料

 

参考記事①:ファクタリングに必要な5つの書類とその理由

参考記事②:三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

 

どうしてもファクタリング会社の選定に失敗した経験から、信頼できるファクタリング会社を選ぶ自信がない。ファクタリングが初めてなので自信が無い。といった場合には、10秒診断を実施してみてはいかがでしょうか。10秒診断では、多数のファクタリング業者を紹介先に持っているため、乗り換えの相談に乗ることも可能です。

 

まとめ|ファクタリングは「信頼できる業者」の見極めが何より重要!

 

ファクタリングは中小企業にとって大変利用価値のある資金調達方法です。しかし、その反面、しっかりと吟味しないと取り返しのつかない事態につながる可能性も秘めています。そのため、資金調達をする際には早く事態を解決しようと焦りすぎたり、弱みに付け込まれたりしないよう普段以上に余裕を持った行動を心がけましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**s様が
    100万円を調達しました。

  • w******u様が
    300万円を調達しました。

  • h****f様が
    100万円を調達しました。

  • g**j様が
    200万円を調達しました。

  • r*****q様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング