閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ファクタリング契約から40日後までの流れとその後やるべき事

ファクタリング(factoring)は、売掛金を素早く現金化できる、経営者にとっては大切な『資金調達手段』です。売掛金でお困りの方は、銀行や専門業者に依頼することで、素早く売掛金を現金化できます。

1484c67acb674197be27d73f13de725c_m

ただ、ファクタリングについて調べていても、実際にどういう流れになるのか把握出来ている人は多くはないのではないのでしょうか。

 

いろんなサイトに図が載っていたりしますが、形態も様々有り、なかなか導入に踏み切れない方もいらっしゃると思います。今回は最も基本的な流れを見ながら、ファクタリング契約後に忘れてはいけない事や、注意点、やるべき事まで確認していきましょう。

 

なお、ファクタリングの仕組みについては、以下の記事で徹底解説をしています。本記事と併せてぜひご覧ください。

 

関連記事:【最新版】ファクタリングとは?売掛金の買取で資金調達に成功する10の法則!

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリングの仕組みと契約後の流れ

 

まず、大事なことは、ファクタリングには「2社間」の場合、「3社間」の場合によって、契約後の流れが異なることです。そこで、両者の違いについて抑えましょう。

2社間ファクタリングの場合

Slide1

1)商品の販売、サービスの提供によりクライアントとその取引先との間に売掛金が発生する。

2)ファクタリングサービス提供会社とクライアントで、ファクタリングサービス提供会社が買取をした売掛債権の集金代行に関する業務委託契約を締結する。

3)売掛金のファクタリングを行い、ファクタリングサービス提供会社からクライアントへ売買代金を支払う。

4)ファクタリングサービス提供会社が買い取った売掛金をクライアントが取引先から回収する。これは集金業務委託契約による。

5)クライアントが集金代行業務により受け取った売掛金の回収代金をファクタリングサービス提供会社に支払う。

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

3社間ファクタリングの場合

Slide1

1)商品の販売、サービスの提供によりクライアントとその取引先との間に売掛金が発生する。

2)クライアントとその取引先でファクタリングサービス提供会社との契約に関する承諾を取り付ける。

3)取引先とファクタリングサービス提供会社との間でファクタリング契約に承諾する。

4)ファクタリングサービス提供会社がクライアントに売掛金ファクタリングによる売買代金の支払いを行う。

5)ファクタリングサービス提供会社が取引先に対し、期日通りに売掛金の支払いを求める。

 

大まかに言えば、2社間では「ファクタリングサービス提供会社と取引先が直接やりとりすることはない」のに対して、3社間では「ファクタリングサービス提供会社と取引先が直接やりとりする」という違いをあげることができます。

 

ファクタリングの理解に役立つ記事(資金調達プロから)

 

最後に、ファクタリングについて取り上げている記事を『資金調達プロ』の中から集めてみました。

 

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

ファクタリングと電子登録債権の違い

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

このほか、手形割引については以下の記事が参考になります。

 

【手形割引】

・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

・ 約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

ぜひ、本記事と合わせて売掛金を使った「事業資金の参考」としてお役立てください!

 

※ なお、事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

ファクタリング、売掛金買い取り額の入金方法について

1e5fccd15a3b8d52a573a896424e192b_s

売掛金買取額の入金について、前提となる知識をお話します。ファクタリング会社は、取引先からの売掛金の金額と、クライアントから売掛金を買い取るときの金額との差額で利益を得ているのです。

 

また、ファクタリングサービスを利用する際には、システム手数料がかかります。つまり「ファクタリングを利用すると、売掛金は満額手元には入ってこない」のです。ファクタリングを利用する際は、このことも考えて、入念に計画を練る必要があります。

 

一般的に、ファクタリングに当たって適用される金利は日本銀行が定める「短期プライムレート」と同水準と考えられています。2015年2月現在、1.15%となっています。これを具体的な数値を用いて考えてみましょう。

 

たとえば、あなたがファクタリングを利用して、1,000万円の売掛金を期日前に回収したいとします。ファクタリングサービス提供会社からの入金から、実際の売掛金の支払い期日まで40日あったとしましょう。その場合、ファクタリングサービス提供会社に対しては、「1,000万円×0.0115×40日÷365日≒12600円」の利息を支払わなければいけません。

 

実際はこのほかにシステム手数料などがかかるので、これからさらに差し引かれることが考えられます。また、あくまで与信対象は取引先企業であり、その査定結果次第で売掛金の買取料金が決まります。100%で評価されることはまずありえません。良くて90%、良くなければ70%近くまで落ち込むことも考えられます。

 

「この売掛金なら、いくらぐらい回収できるか?」と思ったら、まずは専門家に相談してみましょう。

 

※ なお、ファクタリングを利用する前の段階で、資金繰りを改善する方法があります。例えば、審査が早いビジネスローンを利用すれば、資金繰りが悪化する前に資金ショートを回避し、運転資金が確保できます。

また、個人事業主や経営者の方には、信頼度が高く、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぎましょう。

例えば、下のローンであれば、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■ SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

ファクタリングの入金について

aadaf795afcc39b32456ba263940343c_m

ファクタリングの特徴として、「期日前に売掛金の代金を割り引いて支払ってもらうこと(=期日前入金)」が可能である、ということがあげられます。従前の取引で言えば、手形の割引に近い性質を有しているといえるでしょう。

 

しかし、ファクタリングにより期日前入金を行うのと、手形の割引により期日前入金を行うことには、大きな差があります。それは「取引先が倒産した場合等の取り扱い」です。

 

まず、手形の割引の場合を見てみましょう。取引先が倒産し、割り引いた手形が不渡りになったとします。手形を割り引いた銀行は手形の割引を依頼した会社に対して、手形分の代金を請求してきます。つまり、取引先の倒産に関するリスクを背負うことになるのです。

 

一方、ファクタリングの場合はどうでしょうか。ファクタリングの契約を分類する基準として、「買戻請求権」の有無があげられます。この買戻請求権とは、取引先が倒産するなどして売掛金が不払いとなった場合に、ファクタリングサービス提供会社からクライアントに売掛金を買い戻すよう請求できる権利のことです。

 

この権利があるタイプの契約の場合、手形の割引と同じく、取引先の倒産に関するリスクはクライアントが背負うことになります。しかし、ないタイプの契約の場合、取引先の倒産に関するリスクはファクタリングサービス提供会社が背負うことになるのです。「取引先の倒産に関するリスクを背負いたくない」と考えるのであれば、契約にそれを盛り込むことも考えましょう。

 

ファクタリング契約終了後の注意点

check!

ファクタリングの契約によっては、譲渡登記を求められることがあります。その場合、譲渡登記を行うことになりますが、ここで注意していただきたい点があります。それは、「売掛金の売却、およびその後の入金が終了した後に、譲渡登記記録を抹消すること」です。

 

なぜ、このような事をしなければならないのかというと「今後、別の会社でファクタリングをする際にトラブルになるから」です。ファクタリングに際し、譲渡登記を求めてくるケースの場合、クライアントの売掛債権すべてに対し向こう5年、10年の譲渡登記を設定するというケースも珍しくありません。

 

しかし、クライアントがいつも同じ会社を使ってファクタリングをするとは限りません。

 

そこで、他の会社でファクタリングをするとき、同じように譲渡登記をしようとするとトラブルが発生します。登記は後でした方に優先権があります。つまり、先にファクタリングした会社があるにも関わらず、そのことを忘れてファクタリングをしてしまうと、譲渡登記の劣後が起こってしまうのです。

 

言い換えれば、同じ売掛債権を二重譲渡してしまうことになるのです。どっちが本当の債権者だかわからない、という状況が生じます。そして、最悪のケースでは、裁判などのトラブルに発展する可能性もあります。

 

登記を抹消するには所定の手数料(1~2万円程度)がかかります。しかし、手数料を払うのが面倒だからといって、この手続きをおそろかにしては、あとで手数料だけではすまないほどのトラブルに巻き込まれることもあるので、絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

ファクタリング|まとめ

 

ファクタリングは、「資金繰りに何らかの問題を抱えているときに、有効に活用すればいい結果をもたらす」手段であるのは間違いありません。ま銀行などに融資を申し込むよりも早く現金を手にすることができ、また、借入金とは性質が異なるので、企業の評価に影響することもありません。

 

しかし、利用に当たっては細かいところまで気を使わなければいけないのも事実です。まずは、信用できる専門家に相談することを心がけましょう。

 

※ なお、事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

 

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

 

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ なお「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/19 23:59
    無料診断がされました。
  • 12/19 23:26
    無料診断がされました。
  • 12/19 22:10
    無料診断がされました。
  • 12/19 22:00
    無料診断がされました。
  • 12/19 21:07
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(56件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる