ファクタリングで資金繰りは改善される?成功事例とともに解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/9/7

ファクタリングによる資金繰り改善を行いたい経営者の方に向けて、本記事をまとめました。

そもそも資金繰り悪化の原因は何であるか、ファクタリングを利用することによる変化、実際の成功事例を紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

なお、以下の記事では『ファクタリングの仕組み』について、より詳しく解説しています。ぜひ本記事と合わせて、ご覧ください。

関連記事①:ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則!

関連記事②:売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 

その前に・・・ファクタリングと併用しておきたいのが、審査が速く、事業資金専門ローン「ビジネスローン」の利用です。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングとはそもそも何なのか、そこから見ていきましょう。一口にファクタリングと言っても、様々な種類があります。しかし、基本的に行うことは「売掛金の即現金化」であるといってよいでしょう。

 

翌月入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社(ファクター)に買い取ってもらい、その買い取り金額が即入金されるというものです。

 

「翌月入る予定のお金を、手数料を払うことで、すぐに入手する」というイメージでしょうか。もしくは、翌月入ってくる予定のお金を請求する権利を、他の会社に少し安い金額で売るといったところでしょうか。実際の流れは以下のようになります。

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

 

この際に注目すべき点は「入金までのタイムラグの解消」という部分でしょう。

そしてファクタリングの最大の特徴であるのが「借金ではない」という部分です。債権を売る、という事が他の資金調達の方法との大きな違いではないでしょうか。

 

ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

 

ファクタリングは米国で発達した制度ですが、日本では主に手形が利用されたことから普及しませんでした。

バブルの崩壊以降は日本の手形利用率は減少を続けており、特に中小企業では資金を得ることが難しくなってきています。

こうした状況の中、現在、国も売掛債権の有効利用を推奨しています。

 

(経済産業省は『売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である』との認識を示しています)

 

・ ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

・ 三社間ファクタリングとは?ファクタリング利用時の債権の流れを図式で説明

 

ここでは簡単にファクタリングの概要について触れましたが、ファクタリングとは何であるか正しく理解できていますか?

下記のページでファクタリングを詳しく解説していますので、興味のある方はこちらを参考になさってください。

 

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

ファクタリングと融資の違い

 

ファクタリングと融資の違いとはなにか、そもそもファクタリングとは融資ではないのか? 早めに資金調達ができる、となるとそう思いがちです。そこで簡単にファクタリングと融資の違いをまとめてみました。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

比較してみるとわかりやすいのですが「ファクタリングはとにかく早い」ので融通の効く資金調達方法だという事が分かります。 

 

「保証協会で断られた!」

「業績が落ち込んでいて銀行の融資を受けられない!」

「急な出費で銀行融資では間に合わない!」

 

そういった方はファクタリングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

通常の金融機関の融資では審査から入金まで1か月以上かかることも多く、急な資金繰りの悪化への対応は難しいといえます。

また、そもそも資金繰りが悪化している状況では融資自体を断られる可能性もあります。

 

一方、ファクタリングは売掛債権を売却するものなので普通にモノを売るのに近い感覚で資金調達が可能であり、ファクタリングの審査は売掛元の企業の会社内容よりも、売掛先の企業の会社内容を重視して審査される事もポイントです。

 

【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

・ ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

・ あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

 

ファクタリングを導入するとどう変わるのか?

 

ファクタリングを実際導入するとどうかわるのか、どうしても気になる「コスト」に触れながらみていきましょう。

 

ファクタリングを導入するためにはまずファクタリング会社、または専門の斡旋・相談窓口に連絡する必要があります。

ファクタリング会社毎に契約内容もかなり違ってきますので、営業電話やインターネットの情報に飛びつくのではなく、直接話を聞いて検討するか、相談窓口に連絡する事が重要です。

 

 コストに関して言えばどうしても融資よりも高くなりがちですが、それには債権譲渡に関する手数料や事務代行料等も含まれてきます。

詳しくは手数料などに関して書かれているコンテンツを見ていただいた方が良いでしょう。

 

 ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

 

資金繰りの側面から言えば、ファクタリングを導入することにより、通常売掛債権の発生から現金化まで1カ月~2カ月かかるところを即日現金化することが可能になります。

結果、キャッシュフローが改善され、金融機関からの評価もアップするでしょう。

 

ファクタリングを導入した企業の多くは、一時的に資金繰りが悪化したものの、売掛金の現金化によりキャッシュフローを改善させ、数カ月の利用で銀行からの評価も回復させています。

こうしたメリットのあるファクタリングですが、ファクタリングに支払う手数料や割引料の発生があることには注意が必要です。

 

窓口に相談して、契約完了・実行した場合まず大きく変わるのは、サイトの短縮です。請求書・明細を提出し、1カ月後に資金が入ってくる。それが請求書を出した翌日には入ってくるようになるわけです。

という事は、資金ショート回避のための資金調達だけでなく、事業展開にも利用できます。

 

資金繰り改善に関しては、とにかく手元に一度大きな金額を入れ、そこで資金繰りを調整してしまうのがベストだと言われています。

必要最低限のお金を借りる事だけが最も良い選択であるとは限らない場合もあるでしょう。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

「入金までのタイムラグ解消に手数料を支払い、資金繰りを一気に改善できる方法」とファクタリングを認識しておく事が、良い選択の一つでしょう。

 

※ なお、ファクタリングと併用しておきたいのが、審査が速く、事業資金専門ローン「ビジネスローン」の利用です。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

・ ファクタリングによる手形削減と4つの効果

個人事業主がファクタリングを利用出来ない理由と対策

・ 【徹底解説】ファクタリングを利用した資金サイト調整法

 

ファクタリング導入の成功事例

 

実際にファクタリングを導入して成功した事例を挙げて紹介していきます。

A社・建設業・売掛金額700万円

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

A社では仕事を請ける際に材料購入費を掛払いで支払っていました。

得意先から毎回買い付けていたので、工事完了後の入金を受け、工事に使った材料の費用を支払う、といった流れで経営していました。

しかし、受注先の顧客から「今回は知人の会社から材料を購入して欲しい」と言われてしまい突然材料費が必要になったのです。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

いつも仕事をもらっている会社からの契約後の申し出だったのですが「今回上手く行けば、もっと仕事を紹介出来るかもしれない」といわれ、懇意にしている顧客でもあるため「どうしたものか」とA社は頭を抱えていました。

 

そこでA社はインターネットで見つけた資金調達の専門家に相談し、ファクタリングの導入を勧められたのです。

ファクタリングは実行までがとても早いため、すぐに資金を調達することができ、工事に取りかかる事が出来ました。

 

ファクタリング(売掛金の買取)

ファクタリング(売掛金の買取)

 

無事に資金調達できたA社は、工事を予定通り完了し、ファクタリング会社との契約も無事完了しました。

契約したファクタリング会社の資金繰り改善のコンサルも受け、その後の案件数拡大もあって今は徐々に業績を伸ばしているとの事です。

 

このように緊急で資金が必要となる話は珍しいものではありません。様々な資金調達方法と上手く付き合う事で、業績を伸ばせるように工夫していきましょう。

 

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

・ ファクタリングと電子登録債権の違い

・ 資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

ファクタリングに向いている業種や参考事例

 

売上を上げるほど良いというのは、ある側面から見ればその通りなのですが、売上を上げたところでその売上代金を回収ができなければ資金繰りは悪化してしまいます。

ファクタリングに向いている業種というのは、売上を上げてから売上代金を回収できるまでの期間が長い(売上代金回収時期が長い)業種です。

 

売上代金回収時期は業種によって異なります。特にイベントなどを行う会社においては回収時期が長くなりがちです。

こうした業種ほどファクタリングの導入には向いているといえるでしょう。

 

また開業したばかりで不動産などの資産を持たない会社にとっては、担保に提供するものも少なく、銀行から融資を引き出すのにも苦労します。

こうした場合、業務が安定軌道にのるまでファクタリングを利用することでスムーズな資金繰りを実現することが可能になります。

 

・ ファクタリング|債権流動化による注意点と知っておきたい3つの事

・ ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣

 

ファクタリングの事例1:製造会社A社の導入事例

 

大手企業の下請けとして部品製造を行っているA社ですが、売掛金の入金が2~3カ後になることが多く、いつも資金繰りに困っている状況でした。

とはいえ、ちゃんと入金はあるし、大事な取引先のため強いこともいえず、困っていました。

 

そうした時にファクタリングという仕組みがあることを知ったA社は早速ファクタリングを導入。

即日売掛金を現金化することができ、資金繰りを改善。銀行への融資も随分通りやすくなったそうです。

 

ファクタリングの事例2:開業間もないアパレル会社B社の導入事例

 

開業間もないB社では実績も、不動産などの担保に提供できる資産もなく、銀行からつなぎ融資などを受けることが難しい状況でした。

チャンスはあったものの、大きな取引を引き受けることで資金繰りが回らなくなることを恐れてお断りしている状況でした。

 

そんな時にファクタリングを導入することで売掛金を現金化できることを知ったB社。

ファクタリングを導入してからは資金繰りの悪化を恐れることなく大きな取引の受注に動き出すことができるようになりました。

 

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

 

まとめ|ファクタリングと資金繰り

 

ファクタリングは「利便性」に特化した資金調達方法のひとつと言えるでしょう。緊急である場合や、一気に資金繰りを改善させたい時。緊急時の保険としてファクタリングを知っておく事がリスク分散につながるのではないでしょうか。

 

例え今は好調でも、将来はなにがあるか分かりません。経済の状況や社内の一時的な問題により、資金繰りが悪化してしまうこともあり得ます。

10日先に資金が入金されることは分かっている、その間のつなぎ資金がどうしても必要というときに「ファクタリング」があることを知っていれば、安心して会社を経営していくことができるのではないでしょうか。

 

※ なお、ファクタリングと併用しておきたいのが、審査が速く、事業資金専門ローン「ビジネスローン」の利用です。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • x**h様が
    300万円を調達しました。

  • w******p様が
    700万円を調達しました。

  • i**r様が
    800万円を調達しました。

  • h***v様が
    500万円を調達しました。

  • p******r様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング