個人事業主が活用できるビジネスローンの特徴とメリット・デメリット

資金情報ライター
資金情報ライター
更新日2022/6/30

ビジネスローンは個人事業主でも利用可能です。急いで資金調達が必要になったようなケースや、まとまった資金を借りたいと考えた個人事業主が活用できます。

 

個人事業主が活用できるビジネスローンの特徴とメリット・デメリット

 

ですが、初めてビジネスローンを利用するにあたり、不安を覚えている個人事業主の方もいるのではないでしょうか。ビジネスローンは確かに便利なものではありますが、計画性をもって正しく使わなければ経営状況が悪化してしまう可能性もあります。

 

そこで「正しい知識を持って安全にビジネスローンを活用したい」と考えている個人事業主のため、特徴や仕組み、メリット・デメリットなどについて解説します。

この記事を読むことによってビジネスローンの活用方法や、カードローンとの違いなどが分かるようになるので、個人事業主の方はぜひ参考にしてみてください。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ビジネスローンとは?

 

ビジネスローンとは、その名の通り開業資金や設備資金のほか、運転資金など、ビジネス関連の目的で利用できる融資のことです。ビジネス目的であれば誰でも利用できるものではなく、法人経営者・個人事業主(フリーランスを含む)のみが利用できます。

銀行のほか、信販・クレジットカード会社や消費者金融業者などでビジネスローンを取り扱っています。

 

具体的にどの程度の金利が設定されているのかは融資先によって変わりますが、一般的にそれほど低くはありません。

年齢制限についても金融機関によって異なります。例えば「満20歳以上満60歳以下の個人事業主」のように定められていることがあるので、事前に確認しましょう。

 

個人事業主が利用できる資金調達方法

 

個人事業主が選択できる資金調達の方法はいろいろあります。ビジネスローンやそれ以外の選択肢について解説します。

 

資金調達方法① ビジネスローン

事業用に使えるローンです。ビジネスローンは、他の資金調達の頬と比較して、審査結果が出るまでの時間が早いです。そのため、緊急に用意しなければならない資金が発生したような場合で活躍してくれます。

ただし、金利が高めに設定されていることが多いので、計画的に利用しましょう。

 

資金調達方法② ファクタリング

ファクタリングとは、所有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達の方法です。個人事業主でも利用可能で、利用するサービスによっては、即日資金化することも可能です。

例えば「来月になれば取引先の企業から売掛金300万円が入金されるものの、すぐに100万円の商品を購入したい」といったケースもあるでしょう。ファクタリングを利用すれば、300万円の売掛金を売却し、すぐに商品の購入に充てることが可能です。

期日よりも速い段階で資金化できるのが魅力ですが、手数料が引かれてしまいます。ただ、借り入れ扱いにならないことや、自社の経営状況が悪化していても売掛先企業の信用情報が高ければ審査に通りやすいなどの魅力があります。

 

個人事業主で銀行からの融資が受けられないけれど売掛金はあるといった状況でよく選ばれている方法です。

ただ、個人事業主で売掛金があれば必ずしもファクタリングで資金調達ができるわけではありません。売掛先となる取引企業の信頼度が低い場合、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらえないことがあるからです。

信頼度の高い企業の売掛債権であれば、審査に通りやすくなります。

 

資金調達方法③ 銀行融資

銀行からの融資が受けられれば、ビジネスローンと比較して低い金利で利用可能です。個人事業主でも大きな金額を借りることも不可能ではありません。

ただ、手続きや審査には時間がかかることが多く、必要な時に融資が受けられない可能性があります。個人事業主だと審査内容も厳しめです。

 

一般的に、銀行に比べると信用金庫のほうが審査に通りやすいといえます。ただこのあたりも申し込みをする信用金庫によって異なるので、一概にはいえません。中には銀行と変わらない審査基準となっているところもあります。

借りられる金額については、個人事業主の経営状況などによって違いが大きいです。それぞれ個別に判断されることになるので、審査に通っても思っていたほど借りられないこともあれば、期待していた以上に融資が受けられることもあります。

 

資金調達方法④ ビジネスファンディング

ビジネスファンディングとは、将来的に発生する売り上げや賃貸収入の一部などを買い取ってもらう契約のことです。個人事業主でも現在の経営状況が良好であれば、まとまった金額を借りられます。

債権譲渡による資金調達の方法であり、借り入れ扱いにはなりません。個人事業主が選択できる資金調達の方法のうち、比較的資金調達スピードが速いのも特徴です。

 

利用にあたりクレジット加盟店契約が必要になることや、手数料が高めに設定されていることがデメリットだといえます。

 

資金調達方法⑤ クレジットカードのキャッシング

個人事業主が事業資金として利用できるクレジットカードを持っている場合、キャッシングで手にしたお金を資金として活用可能です。すでに持っているクレジットカードのキャッシング枠を活用できれば、申し込みをすることなく即日利用できます。

まとまった金額というよりも、少ない金額を繰り返し借り入れたいといった場合に適しています。ただし、個人事業主の事業資金として利用することが認められていない場合もあるので注意しましょう。

 

ビジネスローンの特徴

 

個人事業主が活用できるビジネスローンの特徴とメリット・デメリット

 

ビジネスローンについてより詳しく知るためには、特徴を理解しておきましょう。以下のような特徴があります。

 

特徴① 原則として無担保

原則、個人事業主が申込可能なビジネスローンは無担保で借りられます。また、保証人が必要かどうかも金融機関によって異なります。

 

個人事業主は担保などが不要なケースが多く、利用を検討しやすいです。一般的にノンバンクの場合は無担保・無保証のビジネスローンに対応していることが多いため、担保や保証人を用意できない個人事業主も検討してみてはいかがでしょうか。

実際、個人事業主の多くは保証人を用意するのが難しいことも多く、なかなか担保・保証人が必須の銀行融資については検討できません。担保・保証人が用意できず銀行融資を諦めている個人事業主も、ビジネスローンの利用がおすすめです。

 

特徴② 個人事業主でも利用が可能

ビジネスローンは、個人事業主でも利用できます。資金繰りなどに悩んでいる際に活用してみるのがおすすめです。ただし、対象については、各サービスによって取り決めが異なるので、確認が必要です。

基本的に個人事業主として事業を営んでおり、そのサービスで設定されている申し込み可能年齢に該当する方が対象となります。個人事業主は事業所得を申告していることなどの条件が定められていることもあるので、よく確認が必要です。

 

特徴③ 総量規制の対象外

賃金業法において、個人事業主が借りられる金額は年収の3分の1までと定められていますが、ビジネスローンは対象外です。そのため、ビジネスローンで年収以上の借り入れをしたいと考えた場合、重量規制には引っかかりません。

例えば、すでに銀行から年収の3分の1程度の金額を借りている状況で追加資金が必要になってしまった個人事業主でも、融資を受けられることがあります。

 

ビジネスローンの仕組み

 

ビジネスローンは、個人事業主や個人経営者が利用できる無担保の法人・個人事業主向けローンです。どのような仕組みのローンなのか確認しておきましょう。

 

仕組み① スコアリングシステムによる自動審査

ビジネスローンの審査では、スコアリングシステムが採用されています。スコアリングシステムとは、できるだけスムーズにクレジットカードの発行、または融資を行うためのシステムです。スコアリングを用いた審査行うことにより、素早い判断が可能となりました。

コンピューターがあらかじめ設定されている情報をもとに申し込み者である個人事業主に点数を付け、融資が可能かどうかを判断します。

 

スコアリングでは、その個人事業主にどの程度の貸し倒れリスクがあるのかを判断した上で審査に通るか否かが決まることになります。

具体的にどのようなスコアリングシステムを取り入れているのかはサービスによって異なりますが、システムで貸し倒れリスクが高いと判断された個人事業主の場合、審査に通るのは難しいです。

 

ビジネスローンの審査において重視されるのは、以下のような項目です。

 

  • 現在の事業実績と事業状況
  • 借入状況などの信用情報
  • 提出する書類の不備

 

ビジネスローンを借りる以上、返済をしなければなりません。そのため、返済が確実に行えないのではないかと不安に感じるような個人事業主の場合、なかなか審査に通ることは難しいでしょう。

ですが、現在経営状況が安定しており、確実な返済が見込めるような個人事業主は審査に通りやすくなります。長年にわたって事業を行っている実績がある場合や、将来性が高い個人事業主については審査に通る可能性が高いです。

このあたりについては、信用情報も重視されるポイントです。例えば、ローンや税金を滞納していたり、延滞したりしている個人事業主はリスクが高いと判断されることがあります。

 

将来的にビジネスローンを借りたいと考えている個人事業主の方は、ローンや税金を確実に支払っておくように心がけておきましょう。

また、提出する書類に不備があるような場合も正しく審査ができません。嘘の書類を提出すると審査が不利になってしまうこともあるので、不備なく、正しい書類を揃えてください。

 

仕組み② 一般的な限度額は500万円~1,000万円

ビジネスローンは、事業関連の費用であればいくらでも借りられるものではなく、一般的に限度額が500万円~1,000万円に設定されています。

個人事業主でも1,000万円を超える事業資金が必要になってしまうこともありますが、その場合、ビジネスローンだけでは対応できない可能性も出てくるでしょう。

ただし、銀行系などだと1,000万円を超える融資に対応しているケースもあります。

 

仕組み③ つなぎとしての役割が大きい

ビジネスローンは、サービスによっては即日融資も可能で、一時的な借り入れにも適しています。そのため、個人事業主のつなぎ融資として活用をすることも可能です。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ビジネスローンのメリットとデメリット

 

個人事業主がビジネスローンを利用する前に確認しておきたいメリットとデメリットについて解説します。

 

 ビジネスローンのメリット

ビジネスローンは急な資金が必要になった際に活用できる非常に便利なものです。以下のようなメリットがあります。

 

メリット① 審査結果が出るまでのスピードが速い

申し込みをするサービスによって異なりますが、審査結果が出るまでのスピードが非常に速いです。サービスによっては、申し込みから数分~1時間程度で結果が分かるものもあります。

これは、コンピューターによるスコアリングシステムを用いて審査を行っているからです。できるだけすぐに資金調達したいと考えている個人事業主に適した方法だといえます。

 

インターネットを利用することにより来店不要ですぐに申し込みが可能で、結果も即日で出るようなサービスもあります。中には、経営状況が安定しており、ビジネスローンではなく、銀行からの融資も受けられそうな個人事業主の方もいるでしょう。

ですが、銀行融資の場合、早くても1ヶ月前後の時間が必要となってしまいます。

資金が必要になるまでにまだ期間的な余裕がある個人事業主の方なら問題ありません。ですが、すぐにでも資金を準備しなければならない個人事業主は、銀行融資よりもビジネスローンのほうが向いている可能性が高いです。

 

メリット② 総量規制の対象外

特徴の項目でも紹介しましたが、ビジネスローンは総量規制の対象外です。まとまった資金を確保したいと考えている個人事業主も活用できます。

 

メリット③ 限度額の範囲内であれば繰り返し利用可能

ビジネスローンのうち、カードローンタイプのものについては、融資限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用できます。大きな金額を長く借りてしまうと利息の負担が大きくなってしまいますが、短期で借りればその心配もありません。

例えば、あと数日でまとまった金額が入ってくる予定がある個人事業主の場合、一時期に高額を借りてもすぐ返済すれば利息負担が抑えられるメリットがあります。

また、カードタイプであれば、コンビニの ATM などを利用して手軽に借りられるのがメリットです。

 

メリット④ 銀行融資よりも審査に通りやすい

個人事業主だと銀行融資審査の難易度が高いとされていますが、ビジネスローンであれば比較的通りやすいです。中には、赤字決済の個人事業主でも融資が受けられるケースもあります。

もともと、ビジネスローンは銀行から融資を受けるのが難しい個人事業主や中小企業を対象とした商品です。

「自社は赤字の状態だから申し込みをしても審査に通らないはず」と考えている個人事業主も、諦めることはありません。

 

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンを利用する前に、デメリットについても確認しておきましょう。個人事業主が注意すべき代表的なデメリットは以下です。

 

デメリット① 金利設定が高い

ビジネスローンは金利設定が高いので、よく考えて利用しなければなりません。日本政策金融公庫や銀行などの金融機関から融資が受けられる個人事業主の場合、先に金利が低いそちらの融資を検討するのがおすすめです。

具体的な金利は利用するサービスによって異なるものの、一般的には銀行以上の金利が発生することになります。消費者金融ほどではありませんが、金利負担についても考えなければなりません。

 

デメリット② 創業資金として役立てることはできない

ビジネスローンはこれから事業を始めようとしている方ではなく、すでに事業を行っている個人事業主が対象です。そのため、創業資金としてビジネスローンを活用することはできません。

 

デメリット③ 借りられる金額が低い

借入限度額はサービスによって異なりますが、個人事業主を対象にしたものだと、ビジネスローンの限度額は500万円~1,000万円となります。これ以上の金額が必要になる場合は、ビジネスローン以外の融資を受けることについて検討が必要です。

事業において必要な資金をすべてビジネスローンでまかなうというより、不足してしまった部分を補う目的で利用しましょう。

 

デメリット④ 用意しなければならない書類が多い

ビジネスローンのための審査では書類が重視されることもあり、さまざまな種類の書類を準備しなければなりません。事業計画書や決算書などが必要です。個人事業主の場合は、計算書ではなく、所得証明書を提出することもあるので、必要な書類についてよく確認しておきましょう。

どのような書類が必要になるのかについては、利用するサービスによって異なります。

 

デメリット⑤ 審査スピードが遅いケースもある

ビジネスローンは審査結果が出るまでのスピードが速いメリットがある一方で、2~3週間以上かかるような会社もあります。即日で融資が受けられると考えてビジネスローンを利用しようとしている個人事業主は注意しましょう。

どの程度で融資が受けられるのかについて確認しておいたほうが良いです。

特に、必要な書類を直接持参しなければならないような場合は、審査完了までに時間がかかります。

 

デメリット⑥ 法人限定のサービスもある

ほとんどのビジネスローンは個人事業主からの申し込みに対応していますが、中には法人限定のものもあります。個人事業主の方は、自分が申し込みできるかどうか確認した上で申請しましょう。

 

デメリット⑦ 返済専用の商品もある

商品によっては限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できるものもありますが、返済専用の商品もあります。返済専用のビジネスローンを選択した場合、必要になった際に気軽に借りることはできません。

一口にビジネスローンといっても選択する商品によって特徴が大きく異なるので、よく確認しておきましょう。

 

デメリット⑧ 今後の融資に響くことがある

ビジネスローンを利用したことが今後の融資に響いてしまう可能性があります。

ビジネスローンの中でも消費者金融から借りるノンバンク系のローンは審査難易度が低く、借りやすいのが特徴です。特に個人事業主の場合は銀行のビジネスローンを利用するのが難しいケースもあり、消費者金融系でなければ借りられないこともあります。

 

ですが、消費者金融は銀行系や信販系と比べて金利が高いため、借入先としては最終手段ともいえるものです。

消費者金融からビジネスローンを借りた事実があると、将来的に銀行から借りようとした際「銀行からは借りられなかった個人事業主」と判断されてしまうことがあります。

どこからどの程度の借り入れをしているのかについては、審査をする際に提出する書類で知られてしまいます。そのため、将来銀行や公的機関に対して融資を申し込みたいと考えている個人事業主はよく検討してください。

 

ビジネスローンの種類

 

ビジネスローンにはいくつか種類があります。代表的なのは、消費者金融、銀行系、信販系の3つです。それぞれの特徴について解説します。

 

種類① 消費者金融ビジネスローン

消費者金融系のビジネスローンはノンバンク系とも呼ばれ、審査に通りやすいのが特徴です。金融機関などとは異なる独自の審査システムを構築しています。

一般的に金利が高めに設定されていることが多いので、銀行系や信販系が選択できるのであれば、そちらから検討したほうが良いでしょう。借りやすさを重視したいのであれば、消費者金融のビジネスローンが第一に挙げられます。

金利が高いことを考えると、長期間にわたって大きな金額を借りるよりも、つなぎのような目的で使うのに適した種類だといえます。

 

即日融資に対応しているケースも多いので、急いで資金を用意しなければならない場合に適した選択肢です。なお、即日融資が可能なサービスについては来店が不要で、申し込みについてもインターネット上から行えるものがほとんどとなっています。

借り入れと返済はATMからできるサービスもあるので、利用しやすいのが魅力です。

 

ただ、融資限度額は銀行系や信販系よりも低く設定されていることがあります。必要な資金が本当に借りられるのかについては事前に良く確認しておきましょう。

 

種類② 銀行系ビジネスローン

銀行が提供しているのが、銀行系と呼ばれるビジネスローンです。都市銀行や地方銀行など、多くの銀行で個人事業主向けのビジネスローンに対応しています。

消費者金融のビジネスローンと比較すると審査は厳しいです。ある程度個人事業主として会社の状況が安定していなければなかなか審査には通りません。

 

ですが、金利が低めに設定されているメリットがあり、一般的な銀行融資と比較すると審査が簡略化されているのが特徴です。金利のことも考えると、まずは銀行系のビジネスローンから審査を申し込んでみると良いでしょう。

 

種類③ 信販系ビジネスローン

信販系とは、クレジットカード会社が提供しているビジネスローンのことをいいます。消費者金融や銀行系のビジネスローンにはないポイントサービスなどを取り入れているところも多いです。

ローンを活用しながらポイントを貯めることもできます。

 

金利はサービスによって異なるものの、銀行系とそれほど変わりないほどの低金利でサービスを提供しているところも多いです。

審査については、銀行系よりも優しいケースが多いです。また、信販系でもどのサービスを選択するかによって審査にかかる日数が変わりますが、銀行のビジネスローンよりも審査スピードに期待できます。

場合によっては最短即日で審査が可能なサービスもあります。

 

融資限度額は、一般的に銀行のほうが上です。ただ、中には高額融資に対応しているところもあります。

先に銀行系のビジネスローンに審査を依頼し、通らなかった場合は信販系のビジネスローンに申し込むといった考え方もできます。

 

ビジネスローンとカードローンの違い

 

個人事業主が活用できるビジネスローンの特徴とメリット・デメリット

 

ローンで資金を用意するのであれば、ビジネスローンではなくカードローンでも良いのではないかと考える方もいるでしょう。ですが、ビジネスローンとカードローンには、以下の違いがあります。

 

違い① 資金の使い道

ビジネスローンは事業資金に関連した費用にしか活用できません。一方、カードローンの場合は用途が限られていないため、個人事業主の生活費として活用することもできれば、事業資金に使うことも可能です。

事業資金だけではなく、生活費として使う可能性があるのなら、カードローンのほうが向いているでしょう。

 

ただし、個人事業主の事業資金として利用できるかどうかはカードローンによって異なります。事業資金として利用が禁止されているものも多いので、申し込みをする前に確認しておきましょう。

事業資金としての利用を不可としているものについては、別途事業資金用の商品が展開されているケースが多いです。

万が一、事業用に使うことが禁じられているカードローンを利用し、借りたお金を事業用に使った場合、規約違反となってしまいます。利用停止の可能性があるだけではなく、場合によっては強制解約にもなります。

トラブルに繋がってしまう可能性が高いので、この場合はビジネスローンを活用するようにしましょう。

カードローンは使い道が限定されていないと考え、自己判断で事業資金にあてないように注意が必要です。

 

違い② 審査のスピード

一般的に、ビジネスローンの場合、仮審査は即日で済みますが、本審査に2~3日程度かかります。一方、カードローンは即日発行に対応しているものもあり、中には最短1時間で審査が終了するものもあります。

審査スピードでいえば、カードローンのほうが上です。

 

違い③ 審査難易度

審査の通りやすさについては、カードローンのほうが通りやすいとされています。ビジネスローンは銀行融資に比べれば審査難易度は低いのですが、カードローンよりは厳しいケースが多いです。

 

違い④ 金利の低さ

金利に関しては、ビジネスローンのほうが低いケースが多いです。これは、カードローンと異なり、ビジネスローンは利用の目的が限定されているためだといえます。ただ、商品によって違いが大きいです。

カードローンの中には、ビジネスローンよりも金利が低く設定されているものもあります。

 

ただ、カードローンの場合は30日間無利息のサービスを行っているものも多いです。これは、契約から30日以内であれば金利0円で借り入れができるサービスのことをいいます。ビジネスローンの場合、30日間無利息サービスが適用されるものは多くありません。

 

違い⑤ 総量規制の対象となるか

ビジネスローンは総量規制の対象となりませんが、カードローンは対象です。

総量規制とは、借り入れ可能な額を年収の3分の1までに規制することにより、過度な借り入れを防ぐためのシステムのことをいいます。

ビジネスローンも借り入れに該当しますが、総量規制で対象となるのは、貸金業者の貸付けです。そのため、銀行などが行うローンであれば対象外となり、年収の3分の1を超える金額でも借りられます。

 

ビジネスローンの中には銀行ではなく消費者金融系や信販系のものもありますが、個人事業主に対する貸し付けは総量規制の対象外です。

 

違い⑥ 借入可能な金額

借入可能な金額については、ビジネスローンのほうが上です。カードローンの場合、限度額は多くても500万円程度です。一方、ビジネスローンは商品によっても異なるものの、限度額を1億円としているものもあります。

ただし、個人事業主の場合は限度額が500万円~1,000万円のケースが多いため、利用可能な金額を事前に確認しておきましょう。

 

ビジネスローンの利用は計画的に

 

個人事業主が活用できるビジネスローンとはどういったものなのかについて解説しました。うまく活用できれば急な資金繰りにも対応できる非常に便利なものです。

しかし、デメリットもあるので計画的に、慎重に利用しましょう。

資金調達の方法について悩んでいるのであれば、一度 資金調達プロまでご相談ください。ビジネスローン以外にも公的融資制度や金融機関からの借り入れなど、適した方法についてアドバイスしています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h******c様が
    600万円を調達しました。

  • m**e様が
    1100万円を調達しました。

  • t****i様が
    700万円を調達しました。

  • e****f様が
    400万円を調達しました。

  • g*****k様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り7社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング