【2022年】NFT関連銘柄でおすすめは?NFTの投資方法を解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

NFT関連銘柄

 

「NFT関連銘柄って何だろう?」

「NFTの投資ってどのような仕組みなのかな?」

 

メタバース関連のニュースと共に、NFT関連銘柄のニュースが頻繁に上がってくるようになりました。NFT関連銘柄とは、近年急成長を遂げたNFT市場に関連する暗号通貨やNFT関連の企業の株を意味します。

 

NFTプラットフォームが数多くリリースされていますが、どのような銘柄があるのでしょうか。

 

この記事では、

 

◉ NFT関連銘柄とは?

◉ NFT投資とは?

◉ そもそもNFTとは?

◉ おすすめのNFT関連銘柄

◉ NFT関連銘柄の注意点

 

について解説します。この記事を読むことで、「NFT関連銘柄」の基礎的な部分が理解できます。この記事を参考に、資産運用や資金運用に活用してみてください。

 

この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

TwitterQuora

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

資金調達プロの専門家はコチラ

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

NFT関連銘柄とは?

NFT関連銘柄は、2021年に急成長するNFT市場と連動した仮想通貨になります。そして、NFT企業や仮想通貨事業を行う企業の株式は、NFT株式と呼ばれます。

 

多くのNFT関連銘柄は、NFTプラットフォームで利用できるトークンとして利用されることになります。

 

NFTは、ブロックチェーン技術を利用して所有者情報を不変の形で保存する非譲渡性のトークンです。これにより、アートや音楽などのデジタルコンテンツに独自の価値を持たせることができます。

 

従来、デジタルデータは容易に複製が可能であり、その価値を保存することが困難でした。しかし、ブロックチェーン技術により、デジタルデータの改ざんが不可能になりました。

 

NFTの最大のメリットは、これまで簡単にコピーできたデジタルアートや音楽、ゲーム、漫画などに価値を見出すことが可能になることです。現在、多くのアーティストがコンテンツをNFT化し、非常に高い値段で販売しています。

 

また、NFT技術は、デジタルコンテンツが取引されるたびにクリエイターが収益を得る仕組みを提供することで、クリエイターの地位を大きく向上させるという点でも注目されています。

 

NFT市場の拡大に伴い、多くの産業が影響を受けると予想されます。NFTのプラットフォームや利用者の増加により、NFT関連の株価は急騰しており、今が投資のチャンスと言えるでしょう。

 

NFT投資とは?

NFT投資とは、その名の通りNFTを使用した投資のことです。NFTの投資方法は大きく分けて3種類あります。

 

  1. NFT関連の暗号資産を購入する
  2. NFT取引の売却で利益を求める
  3. マーケットプレイスで自作NFT作品の公開

 

NFT関連の暗号資産を購入する

暗号資産の中には、特定のNFTゲームやNFTプラットフォームで使用するために開発されたNFT関連アイテムがあります。

 

一般に、ゲームやプラットフォームなど、基盤となるNFTの需要や知名度が高まると、関連するクリプトアセットの価値も上昇する傾向があります。そのため、株式市場で有望と思われるNFT関連銘柄を購入し、価格が上昇した時点で売却することで利益を得ることが可能です。

 

NFT関連銘柄として有名なのは、エンジンコイン(ENJ)です。エンジンコインは、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin」上で発行される暗号資産担保型ファンド(NFT)で、主にゲーム開発分野で利用されています。

 

NFT取引の売却で利益を求める

世の中にはあらゆる種類のNFTが流通しており、その多くはCoincheck NFT(β版)などNFTを取引する取引所で取引されています。

 

NFTの価値は、株式や暗号資産、不動産などと同じように、時間の経過とともに変動します。そのため、購入したNFTを市場に出し、価格が上昇したときに売却することで利益を得ることができます。

 

また、NFTのオリジネーターは、プログラマビリティによって、二次流通による収益の一部を得ることができます。プログラマビリティとは、データに様々な付加機能をプログラムすることができることを指します。

 

このプログラマビリティにより、NFTの作者は、二次流通における手数料や取引量制限などをあらかじめプログラムしておくことができます。つまり、コンテンツが作者の手元を離れても、「流通時に購入代金の一部が作者に支払われる」仕組みを構築することができるのです。

 

また、このプログラム性により、NFTの著作者はJASRACなどの徴収団体を通さずに使用料を徴収することが可能となる。

 

マーケットプレイスで自作NFT作品の公開

NFTマーケットプレイスでは、自作のNFT作品を出品・販売することも可能です。

したがって、自分でイラストや音楽、VRアートなどの作品を制作できる人は、マーケットプレイスで販売し、買い手が見つかれば収益を得ることができます。

 

そもそもNFTとは?

NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、「非代替性トークン」のこと。NFTは開発中の技術であり、誕生して間もないため、その将来性に注目が集まっています。

 

これまで、インターネット上で流通するデジタルデータは、簡単にアクセスできる反面、偽造や改ざんなどのリスクにより、その価値を証明することが困難でした。

 

これに対し、安全性の高いブロックチェーンを使ったデータ管理は、デジタルデータの偽造・改ざんを不可能にし、データの固有性を証明する技術として注目されています。

 

このような背景からデジタルデータに独自性や希少性という資産価値が付与され、音楽や映像など多くの分野に影響を与えることから、世界的に話題となっています。

 

仮想通貨で使用されているブロックチェーン技術を利用し、データとデジタルコンテンツなどを紐付け、データが世界で唯一であることを証明することが可能です。

 

NFTトークンは償還不可能なトークンですが、詳しい説明に入る前に、NFTトークンで何が実現できるかを紹介します。

 

NFTが登場する以前は、デジタルデータは簡単にコピーすることができました。コピー前とコピー後では、どちらがソースでどちらがコピーなのかを判断することは困難でした。例えば、この記事の画像は、誰でも簡単にコピーすることができました。

 

しかし、NFT技術を使えば、デジタルコンテンツはもうコピーできないので、どれが本物か判断できるようになります。つまり、「自分だけのデジタル資産」を持つことができるのです。

 

日本では、コインチェックが国内初の取引所内蔵型マーケットプレイスであり、その勢いは留まるところを知りません。今後もマーケットプレイスの数は増え続け、多くのデジタル創作物が販売され、利益を得ることができるようになることでしょう。

 

おすすめのNFT関連銘柄

おすすめのNFT関連銘柄をピックアップして紹介します。

 

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン(ENJ)は、NFTのプラットフォームとして有名な「Enjin」で使用されている基軸通貨です。エンジンコインは、ゲームをプレイすることで獲得できる仮想通貨です。

 

ブロックチェーン技術を利用して作成されたNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)において、レアアイテム、レアカード、レアキャラクターを出品・販売することが可能です。

 

また、オリジナルのアイテムやカード、キャラクターを作成し、販売することも可能です。ゲーム内の土地や建物も、現実世界の不動産のように売買することが可能です。

 

ゲームを通じて資産形成を狙うことが可能な時代に、すでに突入しているのです。カジノのように遊べるゲームであれば、プレイヤーの引き出しが減るので、ゲーム開発者やゲームプロバイダーにとっては大きなメリットとなる。

 

今後、ゲームを利用する人が増えれば、機械通貨への期待も高まると思われますが、エンジンコインは、2021年に仮想通貨市場を席巻したNFTブームの影響を受け、価格が大きく上昇しました。

 

エンジンコインは、2009年にシンガポールで設立されたEnjinが運営するNFTプラットフォームで使用されている仮想通貨です。NFTプラットフォームであるEnjinで発行される基軸通貨であり、近年のNFTブームで盛り上がった時価総額ランキングでは78位と急成長の実績を誇っています。

 

また、国内の有名な仮想通貨取引所であるコインチェックやGMOコインに上場したことにより、価格が大きく上昇したことも特徴であり、今後、取引所への新規上場などの情報にも注視していきましょう。

 

現在は仮想通貨全体の下落により価格が下がっていますが、NFTの爆発的な普及が続いていることを考えると、今後NFTのトークン通貨として注目される可能性があります。

 

Engine Coinは、NFTのプラットフォームであるEnjin上で発行される仮想通貨で、エンジンコインはイーサリアムベースの通貨となっており、通貨記号は「ENJ」と呼ばれています。

 

エンジンコイン自体は2017年に通貨として発行されましたが、Enjinのプラットフォームは2009年から運営されており、2022年1月時点ですでに2000万人以上のユーザーを確保しており、NFTゲーム市場のキープレイヤーとして確立しています。

 

すでに多くのユーザーを確保していることから、NFTゲームでの利用など実需を確保した仮想通貨と言えます。エンジンコインのプラットフォームである「Enjin」では、ゲームやアート、音楽など様々なNFTを生産(発行)することができます。

 

特にEnjinプラットフォームは、専門的なブロックチェーンの知識などがなくてもNFTを発行できることが特徴で、利便性の面でも多くのユーザーを集めています。作成されたNFTは市場で販売することができ、毎日多くのNFTが機械プラットフォーム上で売買されています。

 

テゾス(XTZ)

テゾス(XTZ)は、KathleenとArthur Breitmanによって立ち上げられたプロジェクトです。テゾス(XTZ)は、スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの使用に適したブロックチェーンプラットフォームですが、特許取得済みの技術を通じて、世界規模で社会的、政治的、経済的イノベーションを促進することを目的としています。

 

テゾス(XTZ)の特徴は、自己修正型であることで、互換性のない2つの異なるブロックチェーンに分かれることなく、ネットワークが自己更新されることです。これにより、開発リソースが分散されず、開発者コミュニティがコミュニティ内の不一致で分裂することがないため、安定した運用が可能です。

 

テゾス(XTZ)は、Liquid Proof of Stake(LPoS)という、チェーン内ガバナンスと形式的コントロールの分散性に優れたプロトコルを持ち、コードの安全性に貢献し、他のブロックチェーンと差別化を図っています。

 

最近では、アクティブな運用に対応し、取引コストを削減するためにブロックチェーンの合理化が進み、DeFi(分散型資金調達)などの活動に対応するためのインフラが整備されつつあります。

 

テゾス(XTZ)が仮想通貨取引の承認に使用しているコンセンサスアルゴリズムは、独自の「LPoS」 LPoSは「Liquid Proof of Stake」の略です。これは「PoS」(Proof of Stake)というアルゴリズムに基づいており、通貨の量が多いほど「採掘」(取引承認プロセス)が成功しやすくなります。

 

しかし、LPoSは、通貨保有量が少ない人ほどチャンスが大きいという特徴もあります。保有量が少ない人は、保有量の多い人にペソを委ねることができます。その結果、より多くの人がブロック生成に関わることができ、従来のPoSに比べて取引の承認や送金がより迅速に行えるようになるのです。

 

仮想通貨Tezosは、bitFlyerやGMOコインなどの国内取引所でも利用されるようになり、注目を集めています。2022年現在、テゾス(XTZ)が取引できる国内取引所は、bitFlyerとGMOコインの2社です。

 

フロウ(FLOW)

フロウ(FLOW)は、カナダのDppar Labs社が開発した独自のブロックチェーン技術です。フロウ(FLOW)は、新世代のゲーム、アプリ、およびそれらを支えるデジタル資産の基盤として設計された、高速で分散型、かつ開発しやすいという特徴があります。

 

CryptoKitties、Dapper Wallet、NBA Top Shotなど、消費者に優れたブロックチェーン体験を一貫して提供してきたチームによって独自開発された唯一のレイヤーワンブロックチェーンです。

 

LOWトークン(「FLOW」)はFlowネットワークのネイティブ通貨で、新しい包括的でボーダレスなデジタル経済の礎となります。Flowがデジタルインフラだとすれば、FLOWトークンはネットワークを動かす燃料となるものです。

 

フロウ(FLOW)は、ネットワークとその上のすべてのアプリケーションが機能するために必要な通貨です。FLOWは、決済手段としてだけでなく、Flowの経済全体のための長期準備金として設計されています。

 

トークンは、バリデータ、開発者、ユーザーがFLOWネットワークに参加するための報酬として使用されます。また、プロトコルの委員会や将来のガバナンスに参加するために使用されます。Dppar Labsは、NFT CryptoKittiesゲームとNFT NBA TOP Shotコレクターズアイテムをリリースしました。

 

サンドボックス(SAND)

サンドボックス(SAND)は、現代のメタヴァースを舞台としたNFTゲームです。2011年にPixowl社によって立ち上げられたサンドボックス(SAND)は、ブロックチェーンベースの仮想世界で、ユーザーはゲーム形式でデジタル資産を生成、デザイン、売買することができます。

 

分散型自律組織(DAO)と非代替トークン(NFT)の力を組み合わせることで、The Sandboxはゲームコミュニティを動かす分散型プラットフォームを提供します。

 

公式ホワイトペーパーによると、サンドボックス・プラットフォームの主な使命は、ブロックチェーン技術をメインストリームのゲームにうまく導入することです。

 

このプラットフォームは、ユーザーがクリエイターとプレイヤーの両方になることを可能にする、創造的な「プレイ&ウィン」モデルを促進することに重点を置いています。

 

サンドボックス(SAND)はブロックチェーン技術の力を活用し、プラットフォーム上の取引を促進するユーティリティ・トークンであるSANDを導入しています。

 

他のプレイヤーがプレイするゲームを作成したり、NFTキャラクターやアイテムを作成し、マーケットプレイスで取引するなど、さまざまなゲームプレイ要素を備えています。

 

LANDと呼ばれるメタバース上の仮想ランドを提供し、ユーザーはLANDでプレイするオリジナルゲームや、ゲームで使用するキャラクターやアイテムの作成を楽しむことができます。最近では、有名企業がLANDの保有を検討し、イベントやオンラインショップを作るなど、LANDの活用の場が広がっています。

 

サンドボックスの利用には、LANDのレンタル、作成したゲームのプレイ、作成したキャラクターの販売など、マネタイズする方法がいくつか用意されています。

 

ANDトークンは最大3,000,000個まで提供されます。現在、約680,266,194個のSANDトークンがアクティブに流通しており、2021年3月に利用できる総供給量の23%に相当します。

 

総供給量のうち、約25.82%は内部で予約されています。さらに17.18%はトークン販売用に確保されています。創設者とチームメンバーは、配布されたトークンの総供給量の約31%を確保しました。

 

総供給量の約12%はBinance Launchpadの販売専用に確保され、さらに10%はプロジェクトのアドバイザー還元するために確保されています。

 

サンドボックスは投資家とユーザーの両方から関心を集め、ますます多くの取引所がSANDトークンの取引を開始しました。BinanceはSAND/BUSDの取引量が最も多く、2021年3月時点で7,015,941米ドルのSAND/BUSDが処理されています。

2022年5月には、SANDが国内有数の取引所であるCoincheckに上場したことは大きなニュースとなりました。

 

チリーズ(CHZ)

チリーズ(CHZ)は、ビットコインやイーサリアムと異なり、チリーは比較的用途が限定された仮想通貨です。IPO後、市場は低迷していますが、提携スポーツクラブや取扱取引所の増加により、徐々に価値が向上しています。

 

チリーズ(CHZでは、ファン投票やリワードのためのプラットフォームアプリケーション「Socios.com」と、スポーツクラブ公式ファントークンを取引するための暗号資産(仮想通貨)取引所「Chiliz Exchange」を提供しています。

 

ファントークンは、欧州サッカーなどのクラブチームをはじめとするスポーツクラブが発行する独自の暗号資産(仮想通貨)で、クラブファンにはクラブが定める報酬や特別な体験をする権利が与えられます。

 

また、チリーズ(CHZは、サッカー、バスケットボール、テニス、eスポーツなど様々なチームの公式ファントークンの発行をサポートしており、CHZはこれらのチームの公式ファントークンを販売するために使用されています。

 

チリーズ(CHZは、ファン投票・特典アプリ「Socios.com」上でそのクラブのチームが開催する投票イベントの「投票権」で、スタジアム名やユニフォームデザイン、試合フォーメーションなどを決定する投票イベントに参加することができるのだそうです。

 

ファン投票以外にも、先ほど紹介した「クーポンハント」やゲームモード、特典など、いくつかの機能がアプリで利用できます。

 

ファンにとっては、応援しているチームの運営に参加できる、とても魅力的なサービスです。チリーズ(CHZは市場に導入されて間もない新しい仮想通貨であるため、現状では取引可能な取引所が非常に少ないのが現状です。

 

そのため、チリーズ(CHZ)の新たな仮想通貨取引所での導入は、取引量の増加につながり、市場に大きな影響を与えることが予想されます。

 

ラリブル(RARI)

Alex SarnikovとAlexei Farinによって2020年初頭に設立されたRaribleは、誰もが簡単にNFTアートを作成し、売買できる洗練された「NFTマーケットプレイス」です。

 

Raribleのティッカーシンボル(銘柄を特定するためのコード)と単位は「RARI」です。Raribleは、NFTデジタルアート作品を売買するためのNFTプラットフォームであり、2021年初頭から大きな注目を集めています。並行して、政府トークンであるRarible仮想通貨(RARI)の人気も高まっています。

 

RARIは完全に自律分散型であることを意図しており、コミュニティが独自のトークンであるRARIを使用し、Defiの一部である分散型取引所であるUniswapで売買できるように設計されています。

 

仮想通貨RARIを獲得するには、RaribleをNFTプラットフォームとして利用し、NFTを売買してRARIを獲得する方法と、RARIトークンをUniswapのプラットフォームで利用する方法があります。

 

ただし、Raribleを利用するには、ビットコインかイーサリアムが必要です。そのため、まずは日本の仮想通貨取引所に口座を開設し、日本円をビットコインまたはイーサリアムに交換する必要があります。

 

エアドロップとは、マーケティングキャンペーンの一環として、仮想通貨を無料で配布するイベントのことです。エアドロップに参加すると、一定の条件下で仮想通貨を受け取ることができる場合がほとんどです。

 

過去には、アートギャラリー「Rarible」のオープニングで、Decentraland VRプラットフォーム上でRARI配布イベントが開催されました。今後、プロモーションイベントが開催されれば、無料でRARIを入手できるチャンスと言えるでしょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

マナ(MANA)

マナ(MANA)はDecentraland内で使用されるトークンで、ゲーム内の生活や探索に使用することができます。2021年以降、10億枚以上のMANA仮想通貨が発行されており、最大発行上限は約28億枚です。

 

Decentralandでは、MANAを使ってLANDという土地を獲得したり、他のユーザーに自分のアプリやコンテンツを遊んでもらうことでMANAを獲得したり、ゲーム内のDecentralandマーケットプレイスでアイテムやアバターの売買をしたりすることが可能です。

 

アイテムやアバターの売買ができる。いずれも所有権が明確なNFTトークンで、交換はできません。なおDecentralandでは、仮想通貨MANAを使用することができます。

 

Decentralandの土地はLANDと呼ばれ、LANDではイーサリアムのブロックチェーン技術を使って誰が所有しているかが明確になり、オーナーになれば自分で管理・運営することができます。このLANDを「区画」と呼ばれるプロットに分割し、自分好みにカスタマイズすることができます。

 

カスタマイズして自分だけの「パーセル」を作り、Decentralandのマーケットプレイスで自由に売買することができるのですが、ちなみに、「小包」の数は有限であり、乱数で作成した後、切り捨てることが可能です。パーセル」の数は、MANAの最大発行数によって制限されます。

 

MANAはまだどの国の取引所でも購入できるわけではありません。これは懸念事項ではありますが、将来的な期待という点ではメリットでもあります。

 

MANAが国内の取引所に上場されることを想定しています。日本は世界的に見ても仮想通貨トレーダーが非常に多い国であり、多くの日本人トレーダーが購入することが予想されます。

 

そうなれば、価格がどうなるかは火を見るより明らかです。仕込むなら、国内取引所が立ち上がる前の今がチャンスかもしれません。取引できる取引所の数は、仮想通貨の流動性に直結するので、多くの国内取引所に上場してほしいものです。

 

NFT投資の始め方

NFTを購入するには、支払いに必要な暗号通貨資産を保有している必要があります。そのため、まず暗号通貨取引所に口座を開設する必要があります。口座を開設し、NFTを購入するための原資を準備することができます。

 

口座を開設したら、NFTの売買に使用する「ウォレット」を作成します。ウォレットは、所有する暗号通貨資産を管理するためのツールです。暗号通貨取引所によってはウォレットを備えているところもあるので、利便性の高いところを選ぶとよいでしょう。

 

ウォレットを作成したら、そこに暗号通貨資産を入金します。NFT市場ではイーサリアムがよく使われるので、暗号通貨資産取引所でイーサリアムを購入しましょう。

 

NFTコンテンツはNFT専用市場(プラットフォーム)で販売されています。これらのNFT市場を利用するには、ログインが必要です。

 

一部のNFT市場では、持っているウォレットの種類を使ってログインすることができます。たとえば、NFT市場の1つであるOpenSeaでは、MetaMaskを使用してログインできます。

 

NFTマーケットにログインしたら、購入したいNFTコンテンツを選択します。欲しいコンテンツの「購入」ボタンを選択するだけです。

なお、支払いはウォレット内の暗号資産で行われるため、ウォレットに十分な通貨がない場合は購入することができません。

 

NFT投資の注意点

NFTは画期的な技術ですが、一方で「NFTは危険だから手を出すな」という声もあります。実際、NFT市場には規制がない側面があり、マネーロンダリングの温床になる可能性が指摘されています。

 

ブロックチェーンは基本的にすべての取引が記録されるため、マネーロンダリングは困難とされています。シャドーマーケットや本人確認ができない取引所の利用は避けましょう。

 

NFTの価値は書面で一定額ではなく、あくまで売り手と買い手の取引行動によって担保されるものです。

 

例えば、NFTを購入する際には、買い手がNFTの公正価値を判断する必要があります。虚偽の過大評価を受けたNFTを購入しないよう、購入者は購入後に得られる利益を十分に認識する必要があります。

 

また、市場には不正なNFTが多く出回っています。NFTの場合、データの改ざんは極めて困難ですが、データそのものが虚偽であればどうしようもありません。

 

既知の著作物のコピー販売、NFT化されていない著作物の販売、第三者が無断でNFTを製造、著作権を侵害するNFTの販売など。よくある詐欺商材には、以下のような手口があります。

 

また、NFTの問題点として、取引後に問題が発生した場合、「誰に責任があるのか」が分かりにくいことが挙げられます。NFTは「PoW」で動作するイーサリアムブロックチェーンに依存することが多く、環境への悪影響が懸念されています。

 

まとめ|NFT関連銘柄

今回は「NFT関連銘柄」について解説しました。「NFT関連銘柄」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「NFT関連銘柄」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。「NFT関連銘柄」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h***d様が
    400万円を調達しました。

  • r**d様が
    100万円を調達しました。

  • x****q様が
    700万円を調達しました。

  • v******q様が
    1000万円を調達しました。

  • l****n様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り7社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング